トレーダーの武器!FXで押さえておきたい7つのテクニカル分析

 

「FXをはじめたいけど、まずは何を勉強したらいいのかわからない・・・」
そんな方も多いのではないでしょうか?
誰でも最初は不安になりますよね。

「そもそもFXの基本って何!?」
「FXってたくさん勉強しなきゃ始められないの?」
そんなイメージをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんにちは!
FXを勉強中の大輔です!
僕もわからないことだらけなので、一緒に勉強して行きましょう!

あら大輔君、張り切ってるわね!
それならビシバシ厳しくいっちゃおうかしら。

せ、先輩・・・
お手柔らかにお願いします。

知らない世界にいきなり飛び込んでも、どの方向へ向かって行けばゴールにたどり着けるのかわかりません・・・。
FXのテクニカル分析とは、チャートを分析して為替の動きを分析することです。
まさに地図のようなイメージですね!

地図を見て行きたい方向へ向かって行く!
今回は基本的なFXのテクニカル分析をご紹介していきます。

 

まずはチャートの見方を知ろう

FXのテクニカル分析はチャートを使って行います。
チャートというのは、為替の値動きをグラフ化したもので、日付や時間を軸に価格を表示したものです。
FXの口座会社のページなどからチャートを見ることができますよ。

早速、チャートを見ていきましょう!
まずは価格一覧表とチャートを合わせて見比べてみますね。

日付 始値 高値 安値 終値
1日 112.67 112.69 112.64 112.11
2日 112.67 112.8 112.06 112.3
3日 112.3 112.61 112.17 112.5
4日 112.5 112.87 112.46 112.75
5日 112.75 113.32 112.72 113.08
6日 113.06 113.39 112.89 113.09
7日 113.11 113.19 112.36 112.66
8日 112.66 112.78 111.28 111.44

まずはチャートの見方を知ろう

価格一覧表に書かれている単語の意味ですが、

ある期間の最初の取引が始まった時点の値段を始値(はじめね)
ある期間の取引の最後の値段を終値(おわりね)
ある期間の取引の中で一番高い値段を高値(たかね)
ある期間の取引の中で一番低い値段を安値(やすね)

といいます。

チャートの図を見ると、四角い棒のようなものと、その上下に線が伸びているのが見えます。
四角い棒をローソク足といいます。

ローソク足

左側のローソク足を見てみましょう。
始値より終値が高いと、為替の価格が上昇しているということです。
そのときのローソク足を陽線といいます。

次は右側のローソク足を見てみましょう。 始値より終値の価格が低いと、価格が下降しているということです。 下降のときのローソク足を陰線といいます。

例えば価格一覧表で、日付が1日のとこを見ると、

・始値が112.67円 ・終値が112.11円

なので、1日の価格は下降したということになります。 チャートで1日のローソク足を見ると黒色(陰線)になっていますね!

ローソク足の上下に伸びている線がヒゲと呼ばれるものです。
上のヒゲの一番先が高値、下のヒゲの一番先が安値を表しています。

まずはこのローソク足の見方を知ることが大切です。

ローソク足についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
初心者必見!『ローソク足』の見方を知るのがFXの第一歩!

 

FXって何を参考にして取引をしたらいいのかわからなかったけど、とりあえずチャートを見ればいいんですね!

最初は見慣れないから難しく見えちゃうかもしれないけど、ローソク足のしくみがわかるだけでも、ぐっとチャートが見やすくなるわよ。

 

テクニカル分析の種類①【トレンド系】

FXのテクニカル分析には、大きくわけてトレンド系オシレーター系という2つの種類があります。
といってもどれの方法がトレンド系で、どれがオシレーター系かを覚える必要はありません。

全てを使いこなす必要もありませんので、自分に合いそうなものを選んで極めてもいいかもしれませんね。
ご紹介するテクニカル分析は、自分の口座を開いてから、チャートの設定をして見ることができます。

まずはトレンド系についてご紹介していきます。
トレンド系とは、現在のトレンドの強弱や上下の動きを判断するテクニカル分析です。
では、一つ一つの方法を簡単にご紹介します!

 

移動平均線

テクニカル分析の中でも一番メジャーなのが移動平均線です。
そのため、移動平均線はぜひ覚えていただきたいです。

移動平均線とは為替のある期間の平均価格を線でつないだもので、為替の動きの勢いや流れを見やすくするためのものです。
FXのチャートは、世界中の投資家が為替を買ったり売ったりしているトレンドが反映されています。
例えば、5日間の為替の平均価格の移動平均線を見てみましょう。

価格表で見ると1日~5日の平均価格が、5日の移動平均(5日間)のところに計算してあります。
6日のところは2日~6日の平均価格、7日のところは3日~7日の平均価格というように、5日間ごとの平均価格になります。
これを線でつないだものが移動平均線になります。

日付 始値 高値 安値 終値

移動平均(5日間)

1日 101.67 101.88 101.35 100.59  
2日 101.3 101.9 101.2 101.13  
3日 100.99 101.35 100.87 101.45  
4日 101.53 101.87 99.22 101.67  
5日 101.77 101.98 101.66 100.32 101.285
6日 101.99 102.23 101.56 101.89 101.394
7日 102.33 103.55 101.95 102.22 101.62
8日 102.67 103.55 102.55 101.12 101.8815
9日 103.2 104.22 102.98 103.9 102.377
10日 104.3 104.56 103.45 104.45 102.9285

移動平均線

 

移動平均線より価格が下がってきたら下降の勢いがあり「売り」のサイン
移動平均線より価格が上がってきたら上昇の勢いがあり「買い」のサイン
になります。

移動平均線の期間は、自分で日にちを設定して見ることができます
また、一本の移動平均線だけではなく、何本かの移動平均線を組み合わせてチャートを分析する方法がおすすめです。

3本の移動平均線

 

トレンドの動きは短期、中期、長期の視点で見ることが大切です。

よく使われている移動平均線の組み合わせは

・25日の移動平均線(短期)
・75日の移動平均線(中期)
・200日の平均線(長期)

になります。

短期だけを見てしまうと、「だまし」と呼ばれる手法にひっかかりやすくなってしまいます。
「だまし」とは、資金をたくさん持っている数名の投資家が、例えば「買い」をたくさん入れて、相場が上がったように見せかけて、他の投資家たちがたくさん「買い」を入れた瞬間、仕掛けた投資家たちが一気に「売り」を入れ、自分たちだけが儲かるという手法です。

短期で今のトレンドの動きを知ることも大事ですが、目先の動きだけにとらわれず、短期、中期、長期の3つの視点から相場を分析することが大切です。
短期、中期、長期の移動平均線が重なったときは、多くの投資家が「売り」や「買い」を行う傾向にあり、為替の動きがより信頼しやすくなります。

移動平均線についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください。 絶対に知っておいてほしい!移動平均線を活用してFXがうまくなるコツ

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線とその上下に値動きを示す線を表示させた指標で、ジョン・ボリンジャー氏が考えたテクニカル指標です。

ボリンジャーバンド

シグマ(標準偏差)とは、価格がどのくらい動く可能性があるのかを表しているものです。
移動平均線を真ん中に挟んで

+3シグマ
+2シグマ
+1シグマ
移動平均線
-1シグマ
-2シグマ
-3シグマ

という順番になります。

基本的な使い方としては、

+2シグマを越えたら買われすぎなので「売り」のサイン
-2シグマを越えたら売られすぎなので「買い」のサイン

になります。

ボリンジャーバンドについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ!見極めるには?

 

MACD

MACD(マックディー)とは移動平均収束発散法という意味で、ジェラルド・アペル氏が考案したテクニカル分析です。
トレンド系としてもオシレーター系としても使われることがあります。
MACDは移動平均線を改良したもので、古いデータより新しいデータを重視し、よりトレンドを早くつかむためのものになります。

MACD

MACDは基本となるMACDラインという線と、シグナルラインという線の2本の線の動きで為替の動きを分析します。
MACDラインとは、短期の移動平均線と長期の移動平均線の差を示したものです。
短期の移動平均線を12本、長期の移動平均線を26本に設定します。

シグナルラインはMACDの数値を移動平均化したもので、MACDの動きに対して少し遅めに動きます。
シグナルラインは9本に設定しますが、これはMACDで設定した12本と26本の移動平均の差を示しています。
初心者の方にはなかなか難しいところなので、今は「MACDは早く動くライン、シグナルは遅く動くライン」と覚えておきましょう。

ゴールデンクロス:MACDがシグナルを上に抜いたときは「買い」のサイン
デッドクロス:MACDがシグナルを下に抜いた時は「売り」のサイン
になります。

MACDについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。 トレンド系の代表!?MACDのクロスでトレンドを見極めよう

 

テクニカル分析の種類②【オシレーター系】

次はオシレーター系のテクニカル分析についてお話していきたいと思います。
オシレーター系は、現在の相場が売られすぎなのか買われすぎなのかを判断するテクニカル分析です。
では、一つ一つの方法を簡単にご紹介します。

 

RSI

RSIはJ.W.ワイルダー氏が考案した、現在の為替は売られているのか、買われているのかを数値化して相場を分析する方法です。
RSIには計算式が2種類あり、どちらの計算式かはFXの口座を扱う会社によって違いますので、自分が使っている設定はどちらなのか調べてみるといいかもしれません。

RSI

【J.W.ワイルダー氏の計算式】
最初の日のRSIを求める式
RSI=A÷(A+B)×100

Aは14日間の終値から上昇した値上がり幅の平均
Bは14日間の終値から下降した値下がり幅の平均

2日目以降のRISを求める式
RSI=C÷(C+D)×100

C=(前日までのRSI×13+当日の値上がり幅)÷14
D=(前日までのRSI×13+当日の値下がり幅)÷14

【カトラー氏の計算式】
RSI=A÷(A+B)×100

A:14日間の終値から上昇した値上がり幅の平均
B:14日間の終値から下落した値下がり幅の平均

計算式を使い、導き出した数字が0~30は売られすぎ70~100は買われすぎという目安になり、売られすぎのときは「買い」、買われすぎのときは「売り」のサインになります。

RSIについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。 FXのテクニカル指標を紹介!オシレーター系の代表格RSIとは?

 

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、ジョージ・レインが考案したテクニカル分析です。
設定した期間の高値から安値の値動きを分析し、買われすぎか売られすぎを判断します。

ストキャスティクス

%Kと%Dという2本の線の動きを見ます。
%Kと%Dの計算式は以下になります。

%K=A(現在値–過去9日間の最安値)÷B「過去9日間の最高値–過去9日間の最安値」×100

%D=Aの3日間の移動平均÷Bの3日間の移動平均×100

%Kの計算式に使われる期間は9日間だけではなく、5日間なども使用されます。
%Dは%Kの平均値ともいえます。

・%Kが%Dより上に抜けたときが「買い」のサイン
・%Kが%Dより下に抜けたときが「売り」のサイン

になります。

ストキャスティクスについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。 3種類の線の特徴をつかめ!ストキャスティクスはレンジ相場が得意!

 

モメンタム

モメンタムの意味は「勢い」で、相場の勢いを知ることができます。
単独で使うよりも、他のテクニカルを組み合わせて使うことがおすすめです。

モメンタム

モメンタムの計算式は以下になります。
・当日のモメンタム=当日の終値-〇日前の終値

何日前に設定するのか決まりはありませんが、一般的には10日や25日がよく使われます。
ゼロラインは上にも下にも勢いが発生していないラインです。

・線がゼロのラインより上のほうにいけば上昇の勢いがあるので「買い」のサイン
・線がゼロのラインより下にいくと下降の勢いがあるので「売り」のサイン
という判断ができます。

 

サイコロジカルライン

日本語に訳すと「心理的な」という意味のサイコロジカルライン。
相場はFXをやっている人の心理が反映されています。

サイコロジカルライン

サイコロジカルラインの計算式は、

・サイコロジカルライン=分析期間の陽線のローソク足の数÷分析期間のローソク足(陽線・陰線両方)の本数×100
です。

「自分が設定した分析期間の中で陽線のローソク足が何本あるか」というのがサイコロジカルラインの基本の考え方です。
あまり細かい動きを知るというより、おおざっぱな動きを見るような感じのテクニカルです。

サイコロジカルラインは0%~100%の間で見ます。
目安として25%以下は売られすぎなので「買いシグナル」、75%以上は買われすぎなので「売りシグナル」となります。

テクニカル分析って色々あるんですね!
見れば見るほど、なんだか難しそう…

今は「こんな方法もあるんだなぁ」と参考程度にしてもらえばオッケーです!
まずは移動平均線を見ながら為替の動きを分析してみましょうね!

 

基本中の基本!トレンドラインの引き方

色々なFXのテクニカル分析の方法を簡単にご紹介しましたが、まずは移動平均線と合わせて覚えておきたいFXテクニカルの基本中の基本トレンドラインの引き方をご紹介します。

チャートにトレンドラインを引くと、相場の動きの基準が見えてくるんです。
トレンドラインを引いて、今のトレンドは上昇しているのか、下降しているのか、どこまで上がりそうか、どこまで下がりそうかなどを分析します。

トレンドラインは、ローソク足の2点~3点をつないで線を引きます。
上昇を知りたいときは安値同士をつなぎ、下降を知りたいときは高値同士をつなぎましょう。
特に動きが大きく、目立つところに引いてみてください。

トレンドライン1

・ローソク足がトレンドラインに触り、下に抜けたら「売り」
・ローソク足がトレンドラインに触り、上に抜けたら「買い」
の目安になります。

トレンドライン2

移動平均線と同様に、トレンドラインも短期、中期、長期の視点で分析していくことが大切です。
こちらのローソク足の記事にも書いてありますが、ローソク足には

【分足】1分間のレートの動き
【日足】1日のレートの動き
【週足】1週間のレートの動き
【月足】1か月間のレートの動き
【年足】1年間のレートの動き

があります。
短期、中期、長期ごとにローソク足の期間を設定して、それぞれトレンドラインを引いてみてください。
トレンドライン上で価格がバウンドしながら上昇や下降している部分が、世界中の投資家が意識を向けているポイントになります。

トレンドライン3

ぜひトレンドラインを引いて、売りや買いのサインを見つけてくださいね!

トレンドラインについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。 チャートに『トレンドライン』を引いて相場の波に乗ろう!

移動平均線とトレンドライン!
まずはこの2つを使えばいいんですね!

トレンドラインを実際に引いてみると、チャートがとっても見やすくなるわよ。

 

テクニカル分析に頼りすぎちゃダメ!?

ここまでざっくりテクニカル分析についてお話してきました。
しかし、あまりFXテクニカル分析に頼りすぎるのは良くありません。

FXをやる上で勉強はもちろん大切ですが、FXを始めたばかりで知識ばかり増やしすぎると、判断材料が多すぎて混乱してしまう可能性があります。
慣れてきたら少しずつ知識を増やしていくほうがいいかもしれませんね。

テクニカル分析はあくまで目安!!
深追いしすぎず、冷静に判断することが大切です!
チャートを分析して、予想を立てたら、きちんと自分の決めた通りに実行できるかどうか。

・損をしたときに早めに「損切」できるか。
・予想通りの利益が出たら、そこで確定する。

それが大切なんです!!
むやみに取引を延長しては、大損につながる可能性があります・・・。
感情に振り回されず、冷静な判断をしていきましょう。

冷静な判断かぁ・・・
僕はすぐ頭に血が登っちゃうからなぁ・・・

大丈夫!
大輔君の頭に血が登ったら、頭からバケツいっぱいに水をかけてあげるわ♪

リサさん、怖いなぁ・・・

 

取引ツールがおすすめなFX会社

テクニカル分析を行って取引をするには、取引ツールが使いやすいFX会社がおすすめです! 今回は取引ツールがおすすめなFX会社を3つご紹介します。

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券の「プラチナチャート」は38種類のテクニカル指標を取り揃えています。 また25種類の描画オブジェクトも用意されていて自分が取引しやすいようにカスタマイズすることができます。 他にも、即時注文が得意な「はっちゅう君FXPlus」も用意されていてスピーディーな取引が可能です。

FX会社 おすすめポイント

GMOクリック証券

FX取引高世界第1位

6年連続でFX取引高が世界第1位!

業界最狭クラスのスプレッド!

最大30,000円のキャッシュバック!

 

DMMFX

DMMFXはシンプルでスマートな操作が可能な「DMMFX STANDARD」、多数の高機能を取り揃え、操作もわかりやすい「DMMFX PLUS」、29種類のテクニカル指標を使うことができる補助ツール「プレミアチャート」が用意されています。 取引の用途にあわせて取引ツールを使い分けることが可能です。

FX会社 おすすめポイント

DMMFX

DMM FXは初心者向け

6年連続でFX口座数国内第1位の65万口座!

・豊富なカスタマイズが可能なツール「DMMFX PLUS」

20ペア以上の通貨ペアを取り扱い!

 

トレーダーズ証券(みんなのFX)

トレーダーズ証券(みんなのFX)は1画面にレート、チャート、ニュース、口座照会などの必要な情報を表示させて取引をすることができます。 またトレンド系とオシレーター系のテクニカル指標が各10種類ずつ計20種類用意されていて、初心者から上級者まで満足できるチャート分析をおこなうことが可能です。

FX会社 おすすめポイント

みんなのFX

みんなのFX

1,000通貨から取引が可能!

業界最狭クラスのスプレッド!

・最高水準のスワップポイント

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は基本的なFXテクニカル分析についてご紹介しました。

やみくもにテクニカル分析を勉強すればいいというわけではないんですね。
最初は基本的なことを知って、為替の動きを冷静に分析し、実践を積んでいく!
まずは移動平均線やトレンドラインを使って、テクニカル分析をしていきましょう。

初心者必見!『ローソク足』の見方を知るのがFXの第一歩!

 

FXに興味がある人なら、多くの人がチャートを見たことがあると思います。 しかし、最初からチャートを完璧に把握することができる人はいないでしょう。

「チャートってどうやって見るの?」 「たくさん線が引いてあるけれど、何を表しているの?」

そんな感想を抱く人が多いのではないでしょうか? そのお気持ち、よくわかります。

こんにちは! FXを勉強中の大輔です。 僕も最初はチャートなんてチンプンカンプンでした・・・。 でも、少しずつ理解していけば恐れるに足らず!

大輔くんは本当に何も知らなくて、FX界の赤ちゃんみたいだったものね。 私も教えるのに苦労したわ・・・。

せ、先輩! やめてくださいよ・・・!

・・・コホン。 気を取り直して、今日はチャートを見るために必要な『ローソク足』の見方についてです。

江戸時代に日本で生まれたといわれるローソク足は、今ではFXや株の分野で広く使われています。 ローソク足を知らずにFXを始めるのは、明かりも持たずに夜のトンネルに踏み込むのも同じ! 儲けるどころか損をする確率が高いでしょう。

そんなことにならないように、ローソク足の基本的な見方を一緒に学んでいきましょう。

 

ローソク足の構造

まずはローソク足の構造を見てみましょう。 一見すると細長いローソクのようなローソク足ですが、あの形にはどのような意味があるのでしょうか?

ローソク足の構造

図に表すとこのようになります。 次に、それぞれの単語の意味を確認してみましょう。

始値 ある期間内で最初に取引された価格
終値 ある期間内で最後に取引された価格
高値 ある期間内で取引された最も高い価格
安値 ある期間内で取引された最も安い価格
実体 始値と終値の価格差
上ヒゲ 高値と実体との価格差
下ヒゲ 安値と実体との価格差
陽線 始値より終値の方が価格が高い場合のローソク足
陰線 始値より終値の方が価格が安い場合のローソク足

FX初心者ですと、この時点で「始値?終値?」と、頭の中がハテナでいっぱいになってしまうかもしれません。 そんな疑問を解決するべく、次からひとつひとつ順番に解説してきます。

 

ローソク足は4つの『値』で作られる!

文字だけではわかりづらいローソク足の見方。 ここでは、簡単なグラフと合わせてローソク足を見てみましょう。

ローソク足のグラフ

こちらのグラフは、4月1日から4月2日における為替レートの変化を表しています。 4つの値が以下のようになっているのがおわかりいただけるでしょうか?

始値:106(米ドル/円) 終値:108(米ドル/円) 高値:109(米ドル/円) 安値:105(米ドル/円)

この4つがわかれば、実体とヒゲの長さが同時にわかります。 もう一度こちらを思い出してください。

実体 始値と終値の価格差
上ヒゲ 高値と実体との価格差
下ヒゲ 安値と実体との価格差

つまりこの例の場合、実体は「106と108の間」、上ヒゲは「108と109の間」、下ヒゲは「105と106の間」に書くことができます。 ローソク足の長さの求め方がわかったところで、次に陽線と陰線について見ていきましょう。

 

『陽線』と『陰線』の違い

チャートを見ると、2色のローソク足があることに気づくはずです。 その2色のローソク足を「陽線」「陰線」と呼びます。

チャートによって色は変わりますが、ここでは白色を陽線、黒色を陰線とします。 もう一度こちらの図をご覧ください。

ローソク足のグラフ

ご覧のとおり、この例だと終値(108)のほうが始値(106)よりも大きいです。 この場合は陽線になります。

逆に、始値のほうが大きい場合は下のようになります。

ローソク足グラフ

ローソク足が黒い陰線になりました。 注意しなければならないのは、ローソク足の見方において「陽線は良い」「陰線は悪い」ということではないという点です!

陽線が続くなら、今後もレートの上昇が予想されるので「買い」のサインになります。 逆に陰線が続くなら、レートの下落が予想されるので「売り」のサインになります。 良し悪しではなく、あくまで売買の判断の手がかりになるということですね。

 

1本のローソク足が示す期間

横に何本も連なっているローソク足。 そんなローソク足ですが、実はチャートによって1本のローソク足が表す期間には違いがあります。 先ほどの例では「4月1日から4月2日」のローソク足だったため、1本のローソク足が1日のレートの変動を表していました。

これを「日足(ひあし)」と呼びますが、他にも種類があります。

分足(ふんあし) 1分間のレートの動き
日足(ひあし) 1日のレートの動き
週足(しゅうあし) 1週間のレートの動き
月足(つきあし) 1か月間のレートの動き
年足(ねんあし) 1年間のレートの動き

他にも「5分足」「2時間足」など、期間は非常に細かく分けることができます。 どれかひとつの期間だけを見るのではなく、自分の投資スタイルに合わせて臨機応変に視野を変えるのが、FXを成功させるために必要になるでしょう。

 

ローソク足の長さが表すこと

ローソク足は縦に細長いこともあれば、縦につぶれていることもあります。 また、実体が長くてヒゲが短いという場合もあれば、その逆のケースもあります。

ローソク足の長さは、ただ4つの値の差の大きさを表しているだけではありません。 長さを見極めることが、その後の為替相場の流れを見極めるために必要なのです。 ここからは具体例を交えつつ、ローソク足の長さとレートの流れを確認していきましょう!

見るべきポイントは「実体」と「ヒゲ」の長さ。 とくにヒゲが長い場合は要注意よ!

 

 リサさんはヒゲの長い男性のほうが好みなのかなぁ・・・?

 

実体が長いローソク足

実体が長いローソク足

実体が長い陽線を「大陽線」、実体が短い陰線を「大陰線」と呼びます。 実体が長いということは、レートが急激に上昇(もしくは下落)していることを表します。 実体が長いほど相場の勢いが強い状態なので、その流れがしばらく続くでしょう。

 

ところで、大陽線・大陰線と呼ばれる長さの基準はあるんですか?

明確な基準はないみたいね。 あくまで相対的なものだから、「周りと比べて変動が大きいか」がポイントになるのよ。

ちなみに、ヒゲがないローソク足を「丸坊主」と呼びます。 後でご紹介しますが、ローソク足は形によってユニークな呼び方があります。 ローソク足の名前と特徴をセットにすると覚えやすくなるかもしれませんね。

 

ヒゲが長いローソク足

ローソク足のひげ

まずは①と②から考えてみましょう。 下ヒゲが長いということは、「レートが大きく下がったが、その後急激に上昇した」ということを表しています。 つまり、たとえ陰線だったとしても、その後もレートが上昇していくと予想されるので買いのサインです。

③と④の場合は、その逆となります。 上ヒゲが長いということは、「レートが大きく上がったが、その後急激に下落した」ということを表しています。 その後もレートが下落していくと予想されるので、売りのサインです。

ちなみに、②の形を「カラカサ」、③の形を「トンカチ」と呼ぶこともあります。 先ほどの「丸坊主」も同じですが、ローソク足の形の名前と陽線・陰線は関係ありません。 陽線のカラカサもあれば、陰線のカラカサもあるということですね。

 

実体が短いローソク足

実体が短いローソク足

実体が短い陽線を「小陽線」、実体が短い陰線を「小陰線」と呼びます。 図のように実体が極端に短い場合は「コマ」と呼ぶこともあります。 また、右のように実体がつぶれて十字型になっている場合もあります。

実体が短いということは、レートの変動が小さいということです。 市場全体が迷っていたり、上昇から下落(もしくは下落から上昇)に転換したりするときに現れやすいです。 むやみに売ったり買ったりせずに、しばらく様子を見るといいでしょう。

ただし、必ずしもここで紹介したとおりになるとは限らないわよ。 たとえば、下ヒゲが長いのに下落が続くというケースもあるの。

 

うーん、ローソク足の見方も奥が深そうだ・・・。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? ローソク足の見方について簡単にご紹介してきました。

ローソク足の見方を知ることは、FXを進めるうえでの必須事項といえます。 FXのノウハウを一度に理解するのは非常に難しいので、まずはローソク足の見方を知るためにお役立てください。

FX会社 おすすめポイント

GMOクリック証券 (詳細はこちら)

・高機能で便利なツール「プラチナチャート+」

・業界最狭水準のスプレッド!

・6年連続でFX取引高が世界第1位!

DMMFX 詳細はこちら)

・口座数が国内第1位!

・売買同値で業界高水準のスワップポイント

・業界初LINEによる24時間サポート

外為オンライン (詳細はこちら)

少額取引、デモトレード完備で初心者向け

・独自の自動売買機能「iサイクル注文」

・アナリストによるレポート等の情報量が豊富

おすすめのFX会社

岡三オンライン証券(くりっく365)

岡三オンライン証券のくりっく365

くりっく365口座として圧倒的支持を受ける岡三オンライン証券

  • 大手証券会社ならではの情報量
    アナリストによる為替予想やマーケット情報を無料配信
  • あらかじめレバレッジの制限ができる
    コースによって2倍~25倍まで上限レバレッジを決められる
  • スワップポイントが売買同値
    リスクを無視した両建てを実践できる

公式サイトはこちら

GMOクリック証券株式会社

GMOクリック証券

業界最高水準スペック・高機能な取引ツールが揃ったGMOクリック証券

  • FX取引高7年連続世界第1位!
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
  • 日本一の呼び声も高い高機能取引ツール
    ワンクリックスピード注文、50種類以上のテクニカル指標
  • スマホアプリが使いやすくPCいらず
    チャートの4分割表示可能、成行・指値注文もチャート上ですぐできる!
  • スプレッドも業界最狭水準!
    米ドル/円業界最狭の0.2銭原則固定、経済指標時の広がりも他社より小さ目

公式サイトはこちら

DMM FX(株式会社DMM.com証券)

初心者におすすめなDMMFX

人気とともにFX口座開設数業界トップクラスのDMM FX

  • 国内口座開設件数75万件で国内No.1!
    2020年1月末時点ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
    ※DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。
  • スマホでスピード本人確認!
    郵送物の受取を待たず申し込み当日に取引開始できる!
  • シンプル&快適な取引ツールデザイン
    初心者でもわかりやすいデザイン、為替と関連がある先物銘柄も同時に表示できる
  • はじめてのFX口座開設で迷っている方におすすめ!

公式サイトはこちら

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x