FXTFの評判は?国内で希少なMT4が使える口座をオススメするこれだけの理由

FX業者選びのポイントの中でも重要視されるのが、取引ツールの使いやすさです。

FX業者によって、取引ツールの特徴は見た目から性能までガラッと変わります。
特に業者ごとで使えるテクニカル分析が違ってくるので、「いざ口座開設したらあのテクニカル分析が使えなかった!」なんてことも。

「なんでここまでバラバラなの?一括してテクニカル分析使いたいんだけど!」

と思った方も多いのでは?

そんな方におすすめのFX業者が、ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社のFXTFです!

FXTFは、国内でも数少ない「MT4」と呼ばれる世界基準のフリーソフトを使った取引が可能なFX業者です。

今回はそんなFXTFの魅力について、徹底解説していきます。


※FXトレード・フィナンシャルは2019年4月1日にゴールデンウェイ・ジャパン(株)に社名変更しました。FXTFの紹介

FXTF公式サイトはこちら

FXTFでの取引に向いている人
  • とにかくいろんなテクニカル手法を使って勝率を高めたい人
    →FXTFのMT4なら高度な分析やプロのテクニカル手法が可能!シグナルも自由自在!
  • 忙しくて取引する暇もないけどなんとか儲けたい人
    MT4の自動売買プログラムなら簡単に設定可能!さらにプロ考案の自動売買プログラムも使える!
  • まったく動かない相場の時でもガッツリ稼ぎたい人
    レンジ相場はバイナリーオプションの「バイトレ」でレンジ取引がおすすめ!
FXTFでMT4取引を始めよう
FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

  • 国内で数少ないMT4が使える口座
  • スプレッドが業界最狭水準で低コスト
  • 1,000通貨単位(最低約4,000円)から取引可能

1. FXTFをおすすめする理由

ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTFは多くの国内FX業者のような独自のトレードツールを持っていません。
その代わり、FXTFでは「MT4」と呼ばれる世界標準で使われるトレードツールを使った取引ができます。

このMT4をうまく使いこなすことで、様々な投資法を実践することができます!

MT4でできること
  • 自由なカスタマイズで自分好みの取引スタイルを選択可能
  • 自動売買プログラムを使って自動取引
  • プロ投資家がおこなっている戦略と同じスタイルで取引ができる

1-1. MT4(MetaTrader4)でさらに自由な取引ができる!

おすすめする最大の理由は、なんといっても世界的に大人気なトレーディングソフトであるMT4(MetaTrader4)が使えるということです!

このMT4はロシアのソフトウェア会社であるMetaQuotes社が開発しており、豊富なインジケーターと自由度の高いカスタマイズ性が評価され、世界中で最も使われているFX取引ツールとされています。

多くのFX業者が提供する取引ツールにも様々なインジケーターが搭載されていますが、必ず全て搭載されているわけではありません。
そのため、やってみたいインジケーターの組み合わせを思いついても取引ツールによっては実行ができない場合があります。

FXTFではMT4を使って既存のインジケーターの組み合わせや、プロ考案のオリジナルインジケーターといった普段ではできない取引をおこなうことができます!

実際にボリンジャーバンドと一目均衡表を組み合わせてスパンモデルを作ってみました。
さらにエントリーポイントがわかりやすいようにシグナルも追加しています。
このように、組み合わせや手法に合わせて思い通りの環境を構築することができるんです!

また、30種類以上のテクニカル指標が最初から搭載されているため、「どんなカスタマイズしたらいいのか分からない!」という方もカスタマイズせずにすぐ始めることができるのもポイントです。

1-2. 自動売買でラクラク取引!

FXTFではなんと自動売買による取引をおこなうことができます!

MT4にはEA(エキスパートアドバイザー)という自動売買プログラムが搭載されており、無料で500以上のEAが使用できます。

無料のEA以外にもEA販売サイト(例:GogoJungle)等の国内のEA販売サイトで手に入るプロが作成した売買プログラムを使ったり、自分で売買ロジックを作成して運用することも可能です。

また、他のFX業者が導入している自動売買プログラムとちがい、導入したEAを独自の仕様にカスタマイズができるため、取引の仕組みを自分好みに改変することもできます。

2. 【期間限定】FXTFで無料口座開設すると有料EAが無料で手に入る!

FXTFでは口座開設した方限定で、人気の有料EAを無料で手に入れることができるキャンペーンを開始しました!

EAは無料有料合わせて多くのプログラムが公開されていますが、やはり有料EAは収益率などの総合成績では高い結果を出しています。

安いEAでも20,000円かかると考えると、導入コストが気になってEAを使った自動売買に踏み込めなかった方もこの機会がチャンスです!

今回のキャンペーンでは口座開設につき、お好きな有料EAをひとつだけ獲得できるため、どのEAを貰ったらいいのか難しいところだと思います。

そこで、今回手に入る有料EAのうち取引の成績結果が良いEAを厳選してご紹介していきます。

ぜひこの機会にMT4で自動売買を使った取引を試してみましょう!

SilverCoyote(Basic版)

MT4EA用silvercoyote

SilverCoyote(Basic版)概要
勝率73.72%
収益率90.57%
プロフィットファクター1.54
おすすめ通貨ペアUSD/JPY
取引スタイルスキャルピング

SilverCoyote(Basic版)は、早朝のレンジ相場を狙ったEAです。

主に15分足を使って早朝のレンジ相場をスキャルピングスタイルで取引をおこないます。

ポジションを長くとることがあっても、昼前には決済をおこなうシステムなので含み損を抱えたままになることもありません。

勝率73.72%、収益率も90.57%となっており、現在でも多くの方に利用されているEAとなっております。

 

Beatrice RISE1

EA用BeatriceRISE1

Beatrice RISE1 概要
勝率66.67%
収益率100.61%
プロフィットファクター

1.73

おすすめ通貨ペアEUR/USD
取引スタイルデイトレード・スイングトレード

Beatrice RISE1は、スイングトレードとデイトレードで15分足を狙っていくEAです。

こちらは2015年度のインヴァスト証券シストレ24において最優秀賞を獲得したBeatriceの改良後継版になります。

なんと本物のAIによる判断で売買をおこなうという今までのEAのロジックとは全く異なるタイプです。

収益率も100.61%、プロフィットファクターも1.73となっており、他のEAを大きく超える実績を生みだしています。

 

sheep6

EA用sheep6

sheep6  概要
勝率89.28%
収益率91.03%
プロフィットファクター

5.00

おすすめ通貨ペアNZD/JPY、AUD/JPY
取引スタイルスイングトレード・レンジトレード・マーチンゲール・ナンピン

sheep6は、豪ドル円とNZドル円を中心にロングポジションのみを狙っていくEAです。

こちらはEAの設定で一番めんどくさいパラメータの設定を自動的に最適化してくれるため、EA初心者もすぐ導入できるものになっています。

さらに収益率は91.03%、通常2.00あれば成績上々というプロフィットファクターの評価も5.00というとてつもない成績を生みだしています!

 

3. FXTFに向いている人

・世界で一番使われている取引ツールを使ってみたい人
MT4は世界標準の取引ツールと言われているほど多くの方に利用されているツールになります。
他にも日本でMT4を使えるFX業者は少ないということもあり、MT4を使って取引がしたい人に最もおすすめです。

・自分だけの最強の取引手法を見つけたい人
MT4なら様々なテクニカル分析を使うことができるので、自分だけのオリジナル手法を見つけることもできます。
いろいろな手法を試してみることで、自身の取引のレベルアップにつなげることができるでしょう。

・FXで稼ぎたいけど忙しくて時間がない人
裁量取引以外にも自動売買プログラムも搭載されているので、FXをやっている時間がないという方にもオススメです!

自動売買プログラムもいくつかのタイプから選択できるので、初心者の方でも自分に合ったものを選ぶだけでカンタンに導入できます。

4. FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)のキャンペーン

その他にもFXTFでは毎月トレーダー向けにいろいろなキャンペーンを実施しています。
ここでは、現在のキャンペーンから、特に好評の3つをご紹介します。

4-1. MT4スタート&カムバックキャンペーン

FXTF口座開設キャンペーン

FXTFでは、初めて口座開設して取引を始める方を対象に、最大で21,000円のキャッシュバックキャンペーンをおこなっています。
口座開設後にMT4で往復20万通貨以上取引された方に3,000円のキャッシュバック!
口座開設後10営業日以内に往復20万通貨取引を達成できれば1,000円のボーナスキャッシュバック!
さらに往復2,000万通貨以上の取引達成で17,000円のキャッシュバックで、合計21,000円のキャッシュバックチャンスとなっています!

カムバックキャンペーンは2019年1月2日から2019年6月28日までに取引が無い方を対象としたキャンペーンです。
期間中にMT4で往復20万通貨以上の取引をされた方に1,000円のキャッシュバック!
さらに往復100万通貨以上の取引達成で1,000円を追加キャッシュバック、最大2,000円のキャッシュバックチャンスを実施中です!

 

4-2. FXTF MT4GBPJPYスプレッド縮小キャンペーン

FXTFキャンペーン1弾

FXTFMT4の1000通貨コースで取引すると、なんとポンド円のスプレッドが2.0銭から0.9銭に大幅縮小で取引することができます!
値動きの激しいポンド円だからこそ、スプレッド縮小のうちに大きな取引も期待できるかもしれません。

4-3. マーフィー スパンモデル基本マスター

FXTFキャンペーン3弾

新たに口座開設された方を対象に、スーパーボリンジャーやスパンモデルといったテクニカル指標がマスターできるDVDや資料をプレゼントしています。
さらに、スーパーボリンジャーの生みの親である柾木利彦氏に直接質問ができる掲示板やメルマガ配信も1ヶ月無料で利用することができます。

FXTFでは、他にも新規で取引される方が対象のキャンペーンもおこなっています。
気になった方は、ぜひ最新のキャンペーン内容をご確認ください。

5. FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)の充実したサービス

次はサービス内容について見ていきましょう。
FXTFにはMT4以外にも取引が有利になる様々なサービスがあります。

5-1. バイナリーオプションの老舗「バイトレ」

バイトレは、少額から取引できるバイナリーオプションサービスです。

バイナリーオプションとは、為替取引の投資方法の1つで、数秒後、数分後の為替相場が目標レートより高いか低いかを予測するだけの取引方法です。
近年様々なFX業者が参入しているバイナリーオプションですが、実は国内でバイナリーオプションを初めに開始したのがFXTFなのです!

バイトレでは、1ロット1,000円未満で取引するか、10,000円未満で取引するかを選べます。
また、業界初の「ラダー」「レンジ」「タッチ」の3種類のタイプを選んで取引することができます。

バイトレ取引画面

バイトレの取引は3種類
  • ラダー取引
    判定時刻に目標レートより高くなるか低くなるかを予測する、バイナリーオプションの王道ともいえる取引形式
  • レンジ取引
    判定時刻に、2つの目標レートの幅からなる目標レンジの中に、価格が収まるか収まらないかを予測する取引形式
  • タッチ取引
    判定時刻までに、価格が目標レートに1度でもタッチするかしないかを選ぶ取引形式

レンジ取引はバイトレの中でもイチオシの取引です!
トレンド相場ではMT4でFX取引、レンジ相場のようなFXではエントリーが難しい場面はバイトレでレンジ取引といったように、相場に応じて手法を変えながら稼ぐことができます。

例えば朝方5時~7時の時間帯や、アメリカの祝日やクリスマス、さらにスーパーボウルがアメリカで開催されている時間帯はほとんど動きません。
つまり、動きも少なく普段はエントリーを避けるようなこの時間も、バイトレを使えば絶好の取引チャンスに変わるのです!

5-2. 相場を自動予想「FXTF未来チャート」

独自のツールとして、相場の行方を自動で予測してくれる「FXTF未来チャート」というツールを利用することができます。

この未来チャートは未来のチャートの動きを予想する「未来チャート」と、売買タイミングを分かりやすく表示する「シグナルパネル」という2つの機能を使うことができます。

2017年にFXTF未来チャートはバージョンアップをおこなっており、チャートの未来時間が表示されるようになりました。
その結果、判定時間ごとの判断が重要なバイナリーオプションにおいて一番効果を発揮できる取引ツールになっています。

MT4と合わせて使えるので、売買タイミングの判断に悩んでいる方の背中を後押ししてくれる頼もしいツールでしょう。

5-3. スマホ取引も使いやすい

FXTFではスマホ版MT4を使って取引することができるため、スマホでもPC版と変わらない操作感とスピードで取引をおこなうことができます。

PC版のようにオリジナルインジケータを追加することはできませんが、30種類ものインジケータが導入されているため自分の取引に合ったものにカスタムすることが可能です!

MT4のスマホアプリ画面

スマートフォン版アプリの特徴
  • 画面をタッチでショートカットキーが使える!(※画像左のサークル表示)
  • PC版のようにチャート上にラインやマーカーが引ける
  • 30種類のインジケータを使って取引できる

5-4. 投資に関わる情報も充実

FXTFはFX初心者のための最低限知っておくべき知識や仕組みについて詳しく教えてくれる「FX初心者講座」も開設しています。

また、プロの投資家による相場状況のレポートや経済指標をわかりやすくまとめた「グローバルインフォ24」という配信サービスも利用できます。

相場に関する情報をわかりやすく一目で確認できるので、自分から調べる手間を省けるのがポイントです。

MT4も魅力的ですけど、未来のチャートが見えるって超能力みたいじゃないですか!
一度は使ってみたいです!

もちろん必ず未来チャートの通りになるわけではないから、MT4と併用してより精度を高めた取引をおすすめするわ。

6. FXTFにおける主要通貨ペアのスプレッド情報

業者選びで最も比較対象となるのがスプレッドだと思います。
国内のMT4口座の中で最もスプレッドが狭いとされているのがFXTFです。

FXTFでは業界最狭水準のスプレッドを提供しているということですが、実際に他の最狭水準とされる国内FX業者と比較してもその水準に達していることが分かると思います。

FX会社米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル英ポンド/円
FXTF
0.3銭
(原則固定)
0.6銭
(原則固定)
0.8pips
(原則固定)
0.9銭
(原則固定)
DMMFX
0.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
0.4pips
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
GMOクリック証券0.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
0.4pips
(原則固定)
1.0銭
(原則固定)
外為オンライン
0.3銭
(原則固定)
0.6銭
(原則固定)
1.0pips
(原則固定)
3.0銭
(原則固定)

7. FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)の評判

7-1. 良い口コミ

男性/30代/会社員
/投資歴10年以上
評価:★★★★4
私にとってはMT4が使える業者であることが最重要でした。そのなかでもスプレッドが狭くコスト面で非常に有利にトレードできる点が非常に良かったです。約定もスムーズでとくに大きな問題もなくトレードをすることができ、おおむね満足です。
サーバーダウンがたまにあることと、日本時間の朝方のスプレッドの拡大が少し気になるところではありましたが、大きくトレードに支障をきたすほどではないと思います。


女性/40代/自営業
/投資歴2年~5年
評価:★★★★4
一度短期売買で失敗しているため、長期のスワップ狙いという意味では不満は特にないです。スプレッドも狭くて何よりも使いやすいのが良いと思います。私でも操作を始めて早い段階で理解できて取り引きもスムーズにできています。
初心者にはオススメしにくいかもしれませんが、テクニカル重視や投資判断をした後、取り引きの為の利用であれば問題もなく快適に取り引きできると思います。


男性/30代/自営業
/投資歴10年以上
評価:★★★3
未来チャートなど他社にはないツールや、指標発表された際の動きの幅などを随時最新ニュースとして更新するといった面白い要素がある。意外と役に立つのはセミナー動画の紹介。役に立つかどうかは別としてMT4用のFXTFオリジナルインジケーターを配布している。

7-2. 悪い口コミ

男性/30代/公務員
/投資歴5年~10年
評価:★★★3
情報量がやや少なめで、外為どっとこむなど情報に力を入れている業者と比べるとやはり見劣りすると思います。また経済指標発表時など、スプレットがかなり広がることがあります。指標だけでなく、ロールオーバーの時も広がるので、スワップ派にはオススメできない。
ただ、他社のアプリと比べて描画ツールが充実しているので、一度MT4を使うともう他のツールには戻れません。

男性/30代/会社員
/投資歴2年~5年
評価:★★★3
取引の決済を瞬間的にしたいと思った時に、ごく稀にですが決済できなかったことがありました。大した額ではなく、それほど頻繁に起こることではないので特に気にしていませんが、もう少し決済がスムーズにいけばいいかなと思います。

 

8. FXTFのメリット

8-1. MT4を使いこなすために徹底されたサポート

FXTFの最大の特徴であり、メリットとも言える点は、やはり何といってもMT4が使えるということです。

公式サイトにはMT4の裁量取引セミナー動画があるため、MT4を使ったことがない方でも気軽に使い方を学ぶことができます。
裁量取引とは、チャートなどを見ながら自分で売買のタイミングを決めて取引する方法です。

「FXTF MT4」では、たくさんの独自インジケーターツール(PCインストール版のみ)を無料で使用することができます。

また、標準のMT4には搭載されていない、新たに追加できるインジケータ(罫線分析ツール)やスクリプト等のオリジナルツール、有名トレーダーのテクニカルチャートが使えるので、自分でしっかり分析をしたうえで取引をしたい人にはうれしいですね。

さらに取引手数料をはじめ、各種手数料が無料です。
24時間即時に入金できるクイック入金に対応しているので、入金指示した金額がすぐに反映されて大変便利です。

そして、取引システムが安定しているという点もメリットの1つでしょう。

8-2. 1,000通貨(最低4,000円)から取引できる

FXTFでは1,000通貨単位(最低4,000円)での取引が可能です。
口座開設時に「1,000通貨コース」と「10,000通貨コース」の2つのコースがあり、1,000通貨コースを選ぶことで少額から取引を開始できます。

1,000通貨コース10,000通貨コース
最小取引単位1,000通貨=最低約4,000円10,000通貨=最低約4万円
スプレッド米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.6銭米ドル/円0.8銭、ユーロ/円1.4銭
スリッページ許容範囲設定不可
最大取引枚数100万通貨300万通貨

人気FX口座だと1回の取引に10万円程度必要になりますが、これなら1万円から始めることも可能です!
とにかく少ない資金でFXをやってみたい方、FXがどんなものか試してみたい方にもおすすめの口座です。

さらに1,000通貨コースの場合、米ドル/円が0.3銭と主要通貨ペアに関しては業界最狭のスプレッドとなっています。
MT4を使って様々な分析パターンを利用するうえで、スプレッドがここまで低いのはかなり助けになると思います。

8-3. 手数料無料&クイック入金に対応

もちろん取引手数料・各種手数料は完全無料です。
よくスプレッドは安いのに別途手数料が必要なFX会社もありますが、FXTFではスプレッド以外の手数料は一切発生しません!

また、クイック入金にも対応しているため、緊急で資金が必要な場合でも口座への反映を待つ必要がありません。

出金に関しても、当日~遅くても2営業日以内※に出金できるので、スムーズに引き出すことができます。
※出金額・時間帯により左右されます。

 

9. FXTFのデメリット

9-1. MT4が自由過ぎて逆に使いこなすのが難しい?

MT4は高機能であるがゆえに初心者の方が使いこなすのは少し難しいかもしれません。

ただし、他の口座でFX取引をおこなっていて、初歩的なチャート分析ができる方であれば、これほど強力なツールはないと実感できるかもしれません。
機能も自由にカスタマイズできるため、自分に合ったトレードスタイルが完成すれば世界でひとつだけの最適なツールと化すでしょう!

9-2. スキャルピングが推奨されていない

FXTFではスキャルピングが推奨されていません。
スキャルピングとは、短い期間に何度も取引をし、利益を積み重ねていく取引方法です。

ただし、スキャルピングはどのFX業者でも原則禁止とされており、その理由として頻繁におこなわれる取引によってサーバーへの負荷がかかるため、FX業者側が禁止としている背景があります。

よく「スキャルピングやりすぎて口座凍結された!」といった話がありますが、これも実際のところ非常に稀なケースなためあまり悩む必要はありません。

9-3. 1,000通貨コースではスリッページの設定ができない

FXTFの1,000通貨コースではスリッページ範囲の設定ができません。

スリッページとは、取引をおこなった際に注文した地点とズレて約定されてしまうことです。
注文がズレればその分利益が減ってしまう可能性もあります。

FXTFの場合、10,000通貨コースのみズレを許容できる範囲を事前に設定することができます。
しかし、1,000通貨コースではこのスリッページの範囲設定ができません。

そのため、1,000通貨コースでスリッページが気になる場合は10,000通貨コースに切り替えて取引をおこなってみましょう。

スリッページの対策についてはこちらの記事をご覧ください。
⇒FXスキャルピングの大敵スリッページを防ぐ2つのポイントを紹介!

 

MT4は高性能だからこそ、FXに触れたことがない人がいきなり使うにはちょっと難しいみたいですね。
初心者の方はまず取引自体に慣れてから導入してみるのもいいと思います

10. 口座開設の方法

新規に口座開設をおこなう際には、登録情報(氏名・住所等)と同一の内容が記載された「本人確認書類」「マイナンバー確認書類」が必要です。
本人確認書類
  • 本人確認書類は、具体的には運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、パスポートの、いずれか1つが必要です。
マイナンバー確認書類
  • マイナンバー確認書類は、マイナンバー通知カード、個人番号カード(両面)、マイナンバー記載の住民票の写し(発行日より3か月以内のもの)のいずれか1つが必要になります。
以下の1~3の組み合わせの中から1つを選び、書類を提出します。
提出書類の組み合わせ
1.「個人番号カード(マイナンバーカード)」の1点
2.「通知カード」と「本人確認書類」の2点
3.「マイナンバー記載の住民票」と「本人確認書類」の2点

FXTFの口座開設は以下の流れでおこなっていきます。
⇒FXTの公式ページはこちら

  • 【1】口座開設申し込みページからも仕込みフォームの入力&必要書類の提出
  • 【2】審査
  • 【3】IDとパスワードが郵送で届いたらログインする
  • 【4】入金後取引スタート
それでは口座開設の流れを簡単に説明します。

10-1.「お申込みの前に」を確認します。

「取引口座開設の申込み受付基準」と「本人確認書類、その他口座開設に関する注意はこちら」をクリックして内容を確認します。

FXTF口座開設1


10-2. 規約・約款等を確認し、チェックを入れます。

FXTF口座開設2

10-3. 氏名・住所・勤務先情報などフォームにそって入力します。

FXTF口座開設3


10-4. 「出勤先金融機関の設定」でFXTFの口座から資金を引き出す際に使用する銀行等の口座情報を入力します。

FXTF口座開設4

10-5. 投資に関する事項の確認を入力します。

FXTF口座開設5


10-6. コースを選択します。

FXTFでは2つのコースが用意されています。
1,000通貨コースまたは10,000通貨コースのどちらかにチェックを入れます。

FXTF口座開設6

それぞれのコースの特徴は以下になります。
1,000通貨コース
・スプレッドはドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭
(原則固定、例外あり)
・1回のお取引は1,000通貨から20万通貨まで
・約定優先(価格再提示がなく、受注時の市場価格で約定)

10,000通貨コース
・スプレッドはドル円0.8銭、ユーロ円1.4銭
(原則固定、例外あり)
・1回のお取引は1万通貨から300万通貨まで
・価格優先(価格変動に対するプロテクション設定可能)

10-7. 入力が完了したら、マイナンバーと本人確認を提出します。

必要な書類を提出する方法は、アップロード郵送の2つから選択できます。

【アップロードの場合】
デジタルカメラや携帯電話などで書類を撮影するか、スキャナでスキャンした画像をアップロードして提出します。

【郵送の場合】
書類をコピーした用紙を、FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)の「口座開設申込係」まで郵送します。


口座開設の申込が完了したら審査が始まります。
審査が終わったら「ID・パスワード」が郵送で届きますのでログインし、入金したら取引スタートです!

FXの口座を開設したあとに、マイページにログインしサイドメニューの「バイトレ口座開設申し込み」から「バイトレ」のサービス追加もできます。

初めてFX取引をするという方なら、簡単な取引ができる「バイトレ」も便利なので、「FXTF MT4」口座と「バイトレ」口座両方の口座開設をおすすめします。
MT4を使ってテクニカル分析がしたいだけという方であれば、FXのみの口座開設でもいいでしょう。

11. FXTFとOANDA JAPANを比較!

国内のFX業者でMT4を使えるところは、ほかにもOANDA JAPANがあります。
OANDA JAPANでは3つのコースが用意されているんです。
FXTFとOANDA JAPANの違いを簡単に比較してみましょう。

FXTFOANDA JAPAN
ベーシックコース
OANDA JAPAN
プロコース
OANDA JAPAN
東京サーバーコース
スプレッド原則固定(例外あり)原則固定(例外あり)原則固定(例外あり)変動制(一部固定)
通貨ペア数29通貨ペア71通貨ペア71通貨ペア28通貨ペア
最低取引通貨量1,000通貨
10,000通貨※1
MT4(1,000通貨)
fxTrade(1通貨)
MT4(1,000通貨)
fxTrade(1通貨)
10,000通貨
最大通貨発注量100万通貨
300万通貨※1
25万通貨※2300万通貨※250万通貨
100万通貨※3
取引ツールMT4MT4
fxTrade
MT4
fxTrade
MT4
自動売買不可
取引方式DDOTCOTCNDD
取引手数料無料無料無料無料
※1 コースによって異なる
※2 一部通貨ペアで1,000万通貨の取引可
※3 一部通貨ペアで300万通貨の取引

それぞれのスプレッドも比較してみましょう。
通貨ペアFXTF
1,000通貨コース
FXTF
10,000通貨コース
OANDA JAPAN
ベーシックコース
OANDA JAPAN
プロコース
OANDA JAPAN
東京サーバーコース(500K)
米ドル/円0.3銭0.8銭0.4銭0.8銭0.3~0.4銭
ユーロ/円0.6銭1.4銭0.7銭1.3銭0.4~0.9銭
ポンド/円0.9銭2.4銭1.4銭2.8~4.4銭0.8~2.1銭
豪ドル/円0.6銭2.0銭1.0銭1.6~1.7銭0.6~1.1銭
ユーロ/ドル0.8pips1.4pips0.5pips0.8pips0.4~0.6pips
南ア・ランド/円5.0~10.0銭5.0~10.0銭1.3銭1.3銭1.0~1.1銭
通貨ペアごとによってそれぞれスプレッドは異なってきますが、2社とも米ドル/円など代表的な通貨ペアのスプレッドは業界の中でも狭い水準に設定されています!

11-1. FXTFとOANDAの大きな違い

OANDA JAPANはデフォルトのインジゲーターは入っているものの、オリジナルのインジゲーターは用意されていません。
一方、FXTFのMT4では、デフォルトで入っているインジゲーターのほかに、「FXTF-MACD_2line」や日本時間が表示できる「FXTF-Japan Time」など、約20種類のFXTFオリジナルのインジゲーターが用意されています。
なお、このFXTFオリジナルのインジゲーターはほかのMT4で使用することはできません。

またFXTFではバイナリーオプションのサービスがありますが、OANDA JAPANでは用意されていません。
しかしOANDA JAPANは、80種類以上のインジゲーターと50種類以上の描画ツールを標準で搭載している独自のツールfxTradeが用意されています。
またオートチャーティストという自動で相場を分析してくれる機能はOANDA限定でしか使うことができません。

このように同じMT4を使えるFX業者でも異なる部分がいくつかありますので、目的に合った口座を選んで口座開設をしましょう。

 

FXTFのよくあるQ&A

FXTFは誰でも口座開設することができますか?

「日本国内に居住している方」、「満20歳以上、満75歳以下の方」といったFXTFが定める申込み受付基準を満たしている方であれば口座開設可能です。

口座開設の流れはこちらにまとめているので、宜しければ一度ご確認ください。

FXTF以外にMT4が使える口座はありますか?

国内でFXTF以外にMT4が使えるFX業者としてはOANDA JAPANがあります。

こちらは条件別に3つの口座開設コースがあるため、自分に合ったコースで始めることをおすすめします。

詳しくは「OANDA Japanは国内でMT4が使える会社!口座サービスの特徴を紹介!」でご確認ください。

どんな人にFXTFがおすすめですか?

FXTFは世界基準で使われている取引ツール「MT4」を使ったFX取引ができます。

このMT4は自由度に優れており、表示を細かくしたりオリジナルインジケーターを入れたりといった大幅なカスタマイズが最大の魅力になります。

そのため、国内FX業者の取引ツールでは満足できない人、既存の取引ツールには入っていないインジケーターを使ってみたい人におすすめです。

また、MT4が使えるその他のFX業者と比べると主要通貨ペアのスプレッドが圧倒的に安いため、同時にコストも抑えたいという方にもおすすめできるFX業者です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTFは国内の数少ないMT4が使えるFX業者の中でもオススメのひとつです。

最大の特徴はMT4を使って取引するだけでなく、自動売買によってチャートが見られない間も取引ができるところです。
また、MT4だけでなく独自のサポートツールや、バイナリーオプションも利用した豊富な取引手法も魅力といっていいでしょう。

MT4は、FX取引をする方であれば1度は使ってみてほしい世界的人気のトレーディングソフトです。
特にテクニカル分析をもっと色々と自由に使ってみたいという方は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

▼5分で無料口座開設可能!▼

FXTFでMT4取引を始めよう
FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

  • 国内で数少ないMT4が使える口座
  • スプレッドが業界最狭水準で低コスト
  • 1,000通貨単位(最低約4,000円)から取引可能

複雑そうでも意外と簡単!DMIを用いてトレンドを発見しよう!

 

FXでは、テクニカル分析が欠かせませんよね。

今回はテクニカル分析の1つ「DMI」についてご紹介します!

 

「テクニカル分析をしたいけど、どの指標を使えばいいの?」

「DMIって難しそうで、どう扱っていいか分からない!」

と思っている方もいらっしゃると思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
リサさん、まだ僕の勉強していない中でおすすめのテクニカル分析はありますか?

そうね。
計算はややこしいけど、使いやすいトレンド系のDMIなんかおススメよ。

計算がややこしいなんて、僕には無理なんじゃ・・・

と思いましたが、テクニカル分析はFX会社のツールが勝手に計算して表示してくれるから別に気にしなくても大丈夫ですよね!

 

ということで、今回は僕と一緒に、トレンド系のテクニカル分析であるDMIについて勉強していきましょう!

 

DMIとは何か?

DMIとは「Directional Movement Index」の略で方向性指数という意味です。

リサさん、もう何を言っているか分からないです。

大丈夫よ。
名前の難しさはそんなに気にしなくていいわ。

DMIはトレンドが上下、どちらの方向に強いのかを示すトレンド系のテクニカル分析です。

DMIを求める計算式はかなり複雑なので、とりあえず一旦スルーしておきましょう。

 

そもそもトレンドってなんだっけ?と思った方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXにも流行がある?FXトレンドの意味とは?気になるFXの基本を解説!

 

DMIです

 

DMIは図のように+DI-DI、そしてADXという3本の線で構成されています。

3本の線の位置関係や、上昇の仕方を見て相場を分析します。

図を見ると複雑そうに見えますが、DMIを読み取るのはそれほど難しくありません。

 

DMIは、有名なオシレーター系のテクニカル分析の1つであるRSIを考案したJ.W.ワイルダー氏によって考案されたテクニカル分析であり、RSIのサポート的な役割を果たします。

DMIの計算式やRSIについては、本記事の後半にて解説します!

 

DMIの読み取り方

それでは、ここからはDMIの読み取り方について紹介していきます!

 

+DIと-DIの位置関係に注目!

まず、初めに+DIと-DI に注目しましょう。

+DIは上昇の大きさを、-DIは下降の大きさをそれぞれ示す指標です。

 

+DIと-DI

 

+DI-DIより大きいときは相場の上昇の力が強いということを示します。

反対に、-DIが+DIより大きいときは相場が下降の力が強いということが分かります。

 

つまり、2本の線がクロスしたときが上昇の力と下降の力の力関係が入れ替わるタイミングです。

+DIが-DIを上に抜けるようにクロスしたときは相場が上昇するサイン、+DIが-DIを下に抜けるようにクロスしたときは相場が下降するサインになります。

 

それでは実際にチャートに当てはめて考えてみましょう。

 

クロスはしたけれど

オレンジの〇で囲まれたクロスの1つ目で上昇トレンド、2つ目で下降トレンドが発生していますね!
あれ?
黒色の〇に囲まれたクロスの場所ではトレンドが発生していないですよ。

いいところに気が付いたわね。
+DIと-DIのクロスを見るだけではトレンドは掴めないということよ。

実は、+DIと-DIのクロスだけに注目していては、「トレンドが来た!」と思っても来なかったというだましにあってしまうのです。

そのだましを防ぐために、DMIの3本目の線であるADXを見る必要があります!

 

ADXでだましを防ごう!

ADXはトレンドの強さを示す指標です。

トレンドが上昇、下降のどちらでもトレンドが発生すればADXは上昇します。

 

ADXでトレンドの発生を確認

ADXが上昇すればそのトレンドは勢いがあるということになります。

ADXが停滞、下降し始めたら、それはトレンドが終了するサインです。

 

ADXが25付近から上昇してくれば強いトレンドだと言われています。

また、ADXは60近くまでは上昇しますが、60以上に伸びていくことはあまりないのでADXが60に近づいてきたらそのトレンドがそろそろ終わると考えることができます。

 

先ほど、+DIと-DIについて勉強した画像にADXを追加してみましょう。

 

DMIをよく見る

 

図を見ると、1と3の丸ではADXが上昇しているのでトレンドが発生し、2ではADXが下降しているのでトレンドが弱まっていますね。

+DI と-DI のクロスが起こってもADXが下降状態であれば、強いトレンドは発生しないということになります。

 

ということで、+DIと-DIのクロスが起こったときにすぐに「トレンドが発生する!」と判断するのではなく、ADXでトレンドの勢いを確認するようにしましょう。

+DIと-DIの位置関係でトレンドが上昇か下降か判断して、ADXでトレンドの勢いを確かめるんですね!

そうよ。
やればできるじゃない!

 

ADXRを活用する!

先ほど、ADXが60に近づいてきたらトレンドが終了のサインだというお話しをしましたね。

実は、ADXを用いて、トレンドの終わりを読むもう一つの方法があります。

 

それはADXと更に、ADXRという指標を用いるという方法です。

ADXRとはADXの移動平均線です。

 

移動平均線とは一定期間の価格の平均値を結んだ線のことです。

期間は14日に設定されることが多いです。

 

ADXRというのもある

 

基本的にADXとADXRのクロスに注目です。

ADXがADXRを上に抜けたときにトレンドが発生したと判断します。

反対に、ADXがADXRを下に抜けたときは、トレンドが終了したと判断します。

 

ADXRは、このようにトレンドの始まり、終わりを知るための有力なサインを教えてくれます。

ADXRも活用して有利に取引を行いましょう!

 

DMIが活躍する場面

ここからは、DMIをどのようなトレードをする際に用いればよいのかを解説します。

 

順張りに活用しよう!

DMIは、トレンド系のテクニカル分析です。

うまく使えばトレンドの始まりから終わりを予測することができます。

 

ということで、トレンドに沿って取引を行う順張りにDMI活用しましょう!

 

順張り

 

順張りは上昇トレンド中なら、買い注文を入れて上昇トレンドの中で決済、下降トレンド中なら、売り注文を入れて下降トレンドの中で決済をするというトレード手法です。

DMIでトレンドを把握することで、順張りを有利に行うことができます!

 

順張りについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をご参考にしてください。

初心者に知ってほしい!FXの順張りに適した3つのエントリーポイント

 

スイングトレードに活用しよう!

DMIできれいなシグナルが出るのは大きな値幅が出る、中長期の設定で使用しているときです。

ということで、DMIは中長期でトレードを行うスイングトレードに便利な指標であるといえます。

 

スイングトレードは、ポジションを長い間保持しながら、長期的な流れを読んで取引するというトレード手法です。

ポジションを長く保持することでスワップポイントを稼ぐこともできます。

 

スイングトレードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

中長期のFXトレード!時間がない方にはスイングトレードがおすすめ!

 

DMIを活用する上での注意点

DMIの注意点

 

先ほど、DMIは中長期のトレードであるスイングトレードに向いているテクニカル分析であるというお話をしました。

しかし、裏を返せばDMIはデイトレードやスキャルピングなどの短期トレードには向いていないということになるんです。

 

短期の時間足では、大きな値幅が出ないのでDMIはうまく機能しなくなってしまいます。

短期トレードを行う人にとっては、DMIがあまり役に立たないということを頭に入れておきましょう。

 

また、DMIはトレンド相場に強いテクニカル分析であり、レンジ相場では役に立ちません

レンジ相場になると、DMIの3本の線は横ばいになって何度もクロスするようになってしまうからです。

 

DMIの計算方法

DMIの計算式

 

それでは、DMIの計算方法について紹介します。

かなりややこしいので、「どうせ自分で計算することはないし、計算方法はどうでもいい」という方は読み飛ばしてください。

 

+DIと-DIを求める。

DMIは+DI、-DI、そしてADXの3つで構成されていましたね。

初めに+DIと-DIの計算から始めましょう。

 

+DIと-DIを求めるには、+DM(上昇幅)-DM(下落幅)TR(実質的な変動幅)の3つを求める必要があります。

 

・+DMの計算式

+DM=当日高値-前日高値 (ただし+DM>0 かつ +DM>-DMでなければ +DM=0 )

+DMが0より大きく、かつ-DMより大きくなければ+DMは0として扱うことに注意しましょう!

 

・-DMの計算式

-DM=前日安値-当日安値 (ただし-DM>0 かつ -DM>+DMでなければ -DM=0 )

+DMと同じように、-DMも0より大きく、かつ+DMより大きくなければ0として扱います。

+DMと-DMは必ずどちらか、あるいは両方が0になるわ!

・TRの求め方

1、当日高値と当日安値の差

2、前日終値と当日安値の差

3、当日安値と前日終値の差

の3つの中で一番大きいものをTRとします。

 

これで+DM、-DM、TRを求めたので+DIと-DIを計算することができます。

・+DIの計算式(よく使われている14日間の設定の場合)

+DI=14日間の+DMの合計÷14日間のTRの合計×100

 

・-DIの計算式(よく使われている14日間の設定の場合)

-DI=14日間の-DIの合計÷14日間のTRの合計×100 

 

ADXを計算しよう!

+DI、-DIの次はADXです!

え、まだ続くんですか?

ADXが分からないとだましに引っかかるわよ!
さあ、勉強♪勉強♪

ADXを計算するにはDXを求める必要があります。

・DXの計算式

|+DI-(-DI)|÷+DIと-DIの合計

ということになります。

|+DI-(-DI)|は言い換えると+DIと-DIの差の絶対値ということです。

 

ADXは、DXの一定期間の平均値です。

期間はよく14日が使用されます。

ADXの計算式は以下のようになります。

 

・ADXの計算式(14日間の設定の場合)

14日間のDXの合計÷14 

 

ここまでで求めた+DI、-DI、ADXの3つでDMIを表示することができます!

また、ADXRはDXの平均であるADXの平均を用いるもので、計算式は以下のようになります。

 

・ADXRの計算式(14日間の設定の場合)

ADXR=14日間のADXの合計÷14

やっと・・・
これでやっと、DMIが表示できるんですね・・・

DMIの計算方法まとめ

 

DMIと合わせて使いたいRSI

DMIはRSIの弱点を補うトレンド系のテクニカル指標として考案されたという話を最初にしましたね。

RSIもまた、DMIの弱点を補う指標なので、合わせて使えるようにしましょう!

 

DMIはトレンド相場に強く、レンジ相場に弱いテクニカル指標です。

RSIはDMIと逆で、レンジ相場に強く、トレンド相場に弱いテクニカル指標となります。

RSIを用いると、相場の買われすぎ、売られすぎが分かります。

 

RSIも活用しよう

 

RSIが30%を下回ったら「売られすぎ」の状態なので買いのサイン、70%を上回ったら「買われすぎ」の状態なので売りのサインです。

レンジ相場では、DMIではなくRSIのようなレンジ相場に強いテクニカル分析を使うようにしましょう。

 

RSIについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXのテクニカル指標を紹介!オシレーター系の代表格RSIとは?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DMIを使えば、トレンドの方向性や期間が分かります。

 

計算は複雑ですが、読み取り方は難しくありません。

+DIと-DIでトレンドの方向性、ADXでトレンドの強さを読み取りましょう。

 

DMIはトレンド相場には強いテクニカル指標ですが、レンジ相場では効果が出ません。

RSIなど、他のテクニカル指標も使って相場を分析し、テクニカル分析の精度を高めましょう!

 

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商 (詳細はこちら)

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。

初めてのバイナリーオプション!二者択一の投資で気をつけるポイント

バイナリーオプションは投資の一種で、二者択一で取引をします。
FXの場合はどこでエントリーして、どこで利益を確定するか、または損切りをするかを考えなければなりませんが、バイナリーオプションは円安か円高になるかを予測するものです。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!
リサさん、僕バイナリーオプションも始めようと思っています。
だって「円安になるか」「円高になるか」を予測するだけなんてとっても簡単そうじゃないですか!

ちょっと大輔くん!
バイナリーオプションはそんな簡単に勝てるものじゃないのよ。
FXと一緒で、バイナリーオプションもちゃんと為替相場の動きを予測することが大切なの。

うわぁ、リサさんに怒られちゃった・・・。
そうか、バイナリーオプションもきちんと根拠を持って取引をしないといけないんですね!

さて、今回はバイナリーオプションの仕組みや取引のポイントをご紹介していきます。
バイナリーオプションは一見すると、丁半博打でギャンブルのようなイメージかもしれませんが、それは相場の動きを理解しないまま取引をおこなっているからです。

 勘で取引するのではなく、きちんと相場の動きを分析することでバイナリーオプションでの勝率をあげることができます。
さっそく見ていきましょう!

 

バイナリーオプションとは?

バイナリー(binary)とは「二進法」のことを指しており、0、あるいは1のどちらかを選ぶことを意味しています。
一方、オプション(option)は権利を購入する金融商品のことを意味しています。
つまり、バイナリーオプションとはある条件を満たすか満たさないかという2択のうち、どちらかを選択してその権利を購入する金融商品であるということになります。

 一般的にバイナリーオプションという場合、為替レートが「円安になるか」「円高になるか」を予測するケースがほとんどです。
下の図はバイナリーオプションのイメージ図です。

ハイロー取引

たとえばドル円のレートが100円のとき、2時間後のレートが100円より高くなるか低くなるかをまず予測します。
次に、予測にしたがって「高くなる」チケットか「低くなる」チケットを購入します。

 レートが100円よりも高くなった場合
・「高くなる」チケットを購入していたら、倍率に応じたペイアウト(配当金)がもらえる
・「低くなる」チケットを購入していたら、チケットの代金の分だけ損をする

 レートが100よりも低くなった場合
・「低くなる」チケットを購入していたら、倍率に応じたペイアウト(配当金)がもらえる
・「高くなる」チケットを購入していたら、チケットの代金の分だけ損をする

 

取引開始から結果判定までの流れ

バイナリーオプションの取引の流れは以下の図のようになります。

バイナリーオプション取引の流れ

バイナリーオプションは取引が始まった後、ある時刻からチケットの購入ができるようになります。
チケット購入終了時刻になると、この時点で新しいチケットを購入することができなくなります。

 そして、あらかじめ決められた時刻に判定が開始されます。
最後に利益がある場合は、支払時刻になると倍率に応じた金額が利益として受け取れる、という流れになります。
チケットが購入できる時間や、チケット購入終了から判定が行われるまでのあいだの時間の長さは、業者によって変わってきます。

 

FXとの違い

バイナリーオプションとFXの違いを下の表で見てみましょう。

 

FX

バイナリーオプション

取引時間の目安取引によって異なる2~3時間
利益取引によって異なる予測が当たればペイアウトがもらえる
損失取引によって異なるチケット代のみ
最低資金(ドル/円)1,000通貨で5,000円くらい~1枚(1Lot)約50円~1,000円
レバレッジありなし
ロスカットありなし

バイナリーオプションはFXと違い、時間が決まっています。
そのため決まった時間内での為替の動きを予測する必要があります。

 

バイナリーオプションの特徴

ここからはバイナリーオプションの特徴をいくつかまとめてご紹介します!

 

無理のない金額から始められる

バイナリーオプションはチケットがリアルタイムで変動するため、差はありますが1枚(1Lot)約50円~1,000円ほどで購入することができます。
FXの場合、1,000通貨から取引を始めるとしても、最低数千円~1万円程度の資金は必要になります。

 

取引する時間は23時間ほど

FXではポジションを持つのも決済をするのもその時々によって異なるため、取引時間は一定ではありません。
しかしバイナリーオプションは取引開始から決済までの時間が決まっています。
FX会社によって時間は異なるものの、1回の取引がだいたい2~3時間程度になります。

 取引をする前に、そのFX会社では自分が希望する時間帯にバイナリーオプションの取引を扱っているかどうかをしっかり確認しておきましょう。
あるいは、複数のFX会社に口座を開いておいて、取引をしたい時間帯に合わせて会社を変えるという方法もあります。

 

わずかな値動きでもリターンが得られる

FXの場合、レートの値動きの大きさがそのまま利益に直結します。
値動きが0.01円しかなければ1万通貨保有していたとしてもわずかに100円の利益にしかなりません。

 しかし、バイナリーオプションの場合は値動きの幅と利益のあいだにあまり関係性がありません。
バイナリーオプションではある時点よりも「高くなる」または「低くなるか」を選ぶので、値動きが1円でも0.01円でも、勝ちは勝ちということでその分の利益を得ることができます。
このように、ほとんど動かないようなレンジ相場であっても、一定の利益を狙うことができるのがバイナリーオプションの大きな強みだと言えます。

 

利益は購入代金との差額

バイナリーオプションで得られる利益は、ペイアウトからチケットの購入代金を差し引いたものとなります。
ペイアウトの倍率のことをペイアウト倍率といい、ペイアウト倍率は各FX会社によって異なります。
下の図はGMOクリック証券のバイナリーオプションの画面です。

GMO外為オプション

為替レートは一定幅で決められていて、まずはその中から為替レートを選び、選んだ為替レートよりも円安になるか、円高になるかを予測してチケットを購入します。
ペイアウトは1,000円の固定になります。
たとえば青い枠のところの円高の購入金額が523円となっています。

チケットを1523円で購入して、予測が当たればペイアウトの1,000円をもらうことができます。
1,000-523円=477円が利益となります。

ペイアウト倍率とはチケットの購入金額とペイアウトの比率をあらわします。
円高の青い枠内の倍率は1.91倍となっていますよね。

 523円×1.91倍=998.93円(1,000円)
となります。

 つまり、倍率が高いほどチケットを安く購入でき、利益が大きくなるということです。
たとえばペイオフ倍率が20倍だと50円でチケットを購入することができます。
1,000円÷2050

 ペイオフ倍率が20倍のときは50円でチケットを購入できるので、利益が大きくなります。
1,000-50円=950
このようにペイアウトからチケット購入金額を引いたものが利益になります。

 

リスクはチケットの購入金額内

バイナリーオプションではチケット購入代を最初に支払う仕組みなので、損失はチケットの購入金額内におさまります
バイナリーオプションの仕組みは非常にシンプルで、予測が当たれば配当がもらえ、予測が外れればチケット代金が損失になるということです。
下の図で例を出してみます。

バイナリーオプション利益と損失

たとえば「米ドル/円」が100円のときに「円安になる」と予測してチケットを1500円で購入したとします。
しかし予測と反対に価格は下がり、99.50円になったとしましょう。
FXだと1万通貨で取引した場合5,000円の損失になりますが、バイナリーオプションはチケット代のみの500円が損失となります。

 反対に「円高になる」予測としてチケットを1500で買ったとします。
99.50円まで価格が下がればFX1万通貨で取引した場合5,000円の利益となりますが、バイナリーオプションの場合は、ペイアウト1,000-チケット代500円=500円の利益になります。
FXの場合は損失がでたときは損切りをする必要があり、損切りをしないままだとどんどん損失が大きくなってしまうこともありますが、バイナリーオプションはチケット代のみが損失になります。

 

チケットは途中で売却することが可能

バイナリーオプションでは、取引時間中であれば購入したチケットを途中で売却することができます。
たとえば、チケットを購入してから相場が予測通りに動いていったとします。

 そうすると、チケットの売却価格が購入時の代金を上回ることがあります。
その時点で利益を確定させたい場合には、保有しているチケットを売ればすぐに差額分の利益を得ることができます。

 反対に、チケットを購入してから相場が急変して予測とは反対に動いたとき、そのまま判定時間まで保有していてはチケットの代金の分だけ損失が出る可能性があります。
そこで、その時点でチケットを売ってしまえば損失は小さく抑えることも可能です。

 

バイナリーオプションをギャンブルにしないために

バイナリーオプションは「円安になるか」か「円高になるか」を予測するものです。
ギャンブルでも「2択」というのは人間が「とくに熱中しやすいもの」と言われています。

 ギャンブルは依存性が高く、負け続けていてもなかなかやめることは難しくなります。
バイナリーオプションをギャンブルではなく投資として資産を増やしていくためには、やみくもに予測するのではなく、為替相場の動きをしっかりと予測していくことが大切です。

 FXと同じように、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を活用していきましょう。
また、取引をする前に「取引をするのは11回」や自分の資金と照らし合わせながら自分でルールを決めて、そのルールにそって堅実に取引をおこなっていくことが大切です。

 

テクニカル分析

テクニカル分析とは、為替相場の動きをグラフであらわしたものをもとに、今後の為替相場の動きを予測していく方法です。
テクニカル分析にはトレンドの方向や強弱を分析するトレンド系と、為替相場の「買われすぎ・売られすぎ」を判断するオシレーター系があります。
たくさん使いすぎるとかえって混乱してしまうかもしれないので、自分に合ったものを23つほど組み合わせて使い込んでみましょう。

テクニカル分析についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
テクニカル分析で押さえるべき4つのポイントをご紹介!

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、世界の経済や出来事などから為替相場の動きを分析していく方法です。
為替相場に影響を与える経済指標や重大なニュースは、必ずチェックしておきましょう。

 重大なニュースというのは、たとえば最近ですとアメリカの大統領選の発表や、イギリスのユーロ離脱が決定したときなどです。
大きなニュースがあって為替相場が大きく動きそうなときは無理に取引をせず、様子を見ることも大切です。

経済指標についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
毎月の確認が必須!経済指標で世界経済の状況を把握しよう!

 

自分のルールを決めて冷静に取引をする

バイナリーオプションでこつこつと利益を上げていくためには資金管理も重要になります。
そのときの気分で取引を行うのではなく、自分なりにルールを決め、常にそのルールに従って取引をしていくのが資金管理の観点からは大切なことになります。

口座残高の25分の1の金額でエントリーする、取引は11回にする、1カ月間に上げる利益の目標額を設定するなど、規律正しく取引を行えるようなルールを決めましょう。
また、焦ってあいまいなシグナルでチケットを購入するのではなく、わかりやすいチャンスのときのみにエントリーをしていくことも大切です。

 

バイナリーオプションがおすすめの会社

バイナリーオプションは海外の会社などは、詐欺やトラブルも多くあります。
そのためバイナリーオプションを始めるときは、国内の信頼性が高い会社を選ぶことがとても重要です。
今回は信頼性の高い国内のおすすめの会社をご紹介します。

 

取引画面が使いやすいGMOクリック証券「外為オプション」

GMOの外為オプション

GMOクリック証券の提供する「外為オプション」は、取引画面がシンプルでわかりやすいバイナリーオプションサービスです。
見やすさと使いやすさにこだわった取引画面では、1つの為替レートをじっくり見られるシングルモードと複数の為替レートで同時に取引ができるマルチモードを切り替えて使うことができます。
また、目標とするレートを選び、「円安になるか」「円高になるか」を予測し、取引するLot数を指定して購入するという3ステップで簡単に取引を行うことができます。

GMOクリック証券の「外為オプション」では登録不要ですぐにデモトレードを行うことができます。
リアルと同じ為替レートや取引ツールを使ってデモ取引が行えるので、バイナリーオプションに慣れるために利用するにはおすすめのサービスです。

 ※FX口座を開設する際に外為オプション口座を同時に開くことができます。

 

スマホアプリの使い勝手が良い「選べる外為オプション」

FXプライムの選べる外為オプション

FXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」は機能性が高く使い勝手のよいスマートフォンアプリに定評があります。
操作性を重視した取引画面設計で、PCを使わずに気軽にバイナリーオプションを利用できます。

 取引画面では為替チャートと同じ画面内に購入ボタンを配置しており、リアルタイムで値動きを追いながらスムーズにチケットを購入することができます。
また、10種類以上のテクニカル分析に対応した高機能チャートが搭載されているので、バイナリーオプション上級者にもおすすめの取引ツールです。

 ボリンジャーバンドや移動平均線などのベーシックな分析手法からRCIMACDなどの本格的なものまで網羅しており、相場のトレンドを見極めながら取引することができます。
さらに、即時入金、資金振替機能も付いており、入金や資金振替をリアルタイムでスムーズに行うことができます。

 ※FX口座を開設する際に外為オプション口座を同時に開くことができます。

 

約50円~990円から始められる!トレーダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプション

トレイダーズ証券の「みんなのオプション」は1Lotあたり50円~990円から取引をすることができます。
みんなのオプションはレートが上がるか下がるかを予測する「ラダーオプション」と、目標レートの幅の中にレートが収まるか収まらないかを予測する「レンジオプション」の2種類が用意されていて、好きなほうを選んで取引をすることが可能です。

 通貨ペアは4種類の中から選ぶことができ、1日の取引回数は11回になります。
またスマートフォンからも取引をすることができ、iPhoneなどで使えるブラウザ版とAndroid対応のアプリが用意されています。

※FX口座を開設する際にみんなのオプション口座を同時に開くことができます。

 

まとめ

今回はバイナリーオプションについてお話ししてきました。
バイナリーオプションの特徴をまとめてみます。

・二者択一で取引をする投資
・利益が限定されている
・損失はチケット代のみなのでリスクが低い
・無理のない金額から始められる
・取引時間は2~3時間


バイナリーオプションは「円安になるか」「円高になるか」を予測するものですが、勘でおこなうとギャンブルになってしまいます。
バイナリーオプションで取引をする際は、きちんと為替相場の動きを分析し、根拠を持って取引をしましょう。

豪ドル今後の見通しと特徴まとめ!スワップポイントで上手な資産運用

【最新情報!2019年5月8日更新】

金利だけを見ると豪ドルの1.5%よりも、トルコリラ24%、メキシコペソ8.25%、南アフリカランド6.75%と新興国通貨のほうが圧倒的に高くなります。
しかし、新興国通貨は変動幅が大きいため相場が下落してしまうと「気づいたらスワップポイントよりも差損のほうが大きくなって利益がマイナスになった」なんてことも考えられます。

一方、先進国である豪ドルは新興国通貨と比べると変動が安定しています。
しかも、ここ2年~3年は70円台~90円台の中で上下しているので、米ドルよりも比較的少ない資金で取引をすることができるんです。

こんにちは、毎日FXを勉強している大輔です。
豪ドルでスワップポイントを狙うって、もう過去の取引方法ですよね?

そう思っている人も多いかもしれないわね。
でもまだまだ豪ドルでスワップポイントを狙っていくメリットはあるのよ!

豪ドルの取引ならみんなのFXLIGHT FXが最もスワップポイントが高くおすすめの口座です!

この記事のポイントまとめ
  • 豪ドルは先進国なので比較的経済が安定していて、長期運用におすすめ!
  • 豪ドルは米ドルよりも少ない証拠金で取引可能
  • 現在豪ドルのスワップポイントが最も高いのはみんなのFXLIGHT FX

国内で豪ドルのスワップポイントが一番高いFX会社はここ!

スワップポイント狙いの取引にイチオシ!みんなのFX

みんなのFX

ここがポイント
・1,000通貨単位から取引が可能
・サポートは24時間対応
・南アフリカランド・メキシコペソ・トルコリラなど豪ドル以外の高金利通貨のスワップポイントも高い

みんなのFXFX会社の中でもスワップポイントが高い水準で設定されているので、スワップポイント狙いの取引におすすめです!
また、スマホ用のアプリが高機能で外出先でもスムーズに取引が可能。

ほかにもマーケット情報ではGI24、fx waveなど有力情報ベンダーのニュースを見ることができます。
みんなのFXではフリーダイヤルと問い合わせフォームで24時間サポート対応しているので、ツールの使い方がわからなくて困ったときなど、すぐに問い合わせをすることができるので安心です。

シンプルな取引サービスや高機能スマホアプリで快適取引!LIGHT FX

LIGHTFX

ここがポイント
・新規口座開設+取引で最大50,000円のキャッシュバックキャンペーン
・スマホアプリが使いやすい
・1,000通貨単位から取引ができる

LIGHT FXでは新規口座開設と取引高によって、最大で50,000円キャッシュバックキャンペーンをおこなっています!
またスワップポイントは業界最高水準なので、豪ドルをはじめ高金利通貨のスワップポイント狙いの取引にもぴったりです。

スマホアプリは1画面にチャートと注文画面を表示させることができたり、描画部分を拡大できるので、自分が思ったところにピンポイントでトレンドラインを引くことが可能!
LIGHT FXでは1,000通貨単位から取引ができるので、比較的少額の資金からコツコツと取引をすることができます。

FX会社別スワップポイント比較

FX会社別でスワップポイントの比較表を見てみましょう。

※2019年4月26日時点
1万通貨で取引した場合の「買い」スワップポイントです。

FX会社豪ドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円南ア・ランド/円NZドル/円米ドル/円
みんなのFX4511015.5303080
LIGHTFX4511015.5303080
ヒロセ通商4310314154130
JFXロゴ43--154130
GMOクリック証券4370-114181
FXブロードネット34--113278
DMMFX32--123172
セントラル短資FXロゴ30721582749
FXプライム byGMO308015303070
外為オンライン2570751075

豪ドル/円を見ると、みんなのFXLIGHT FXが1番高くなっていますね!

1日に45円スワップポイントがもらえると・・・。
・1年間 45円×365日=16,425円
・5年間 16,425×5年=82,125円
・10年間 16,425×10年=164,250円

スワップポイントが現状のままなら、ポジションを持っているだけで年間16,425円もらえる計算になります。
もちろん通貨量を増やせば、その分もらえるスワップポイントも増えます。

日本では銀行に預ているだけだと0.1%しか金利がもらえません。
100万円を預けたとしても100万円×0.1%=1,000円となり、スワップポイントのほうが断然たくさんもらえるんです!

豪ドルの特徴

オーストラリアは鉱業や農業が盛んで、資源を多く輸出している資源国です。
そのため、豪ドルは資源価格に影響を受ける資源国通貨という特徴があるのです。
特に鉄鉱石石炭金、原油の価格に、AUD/USD(豪ドル/米ドル)が影響を受けています。

では、例として2010年~2017年の「豪ドル/米ドルと原油」、「豪ドル/米ドルと金」の2種類を見ていきましょう。
まずは、豪ドル/米ドルと原油のチャート図からです。

豪ドル/米ドルと原油価格の関係

チャート図の青い線が原油の終値、黒い線が豪ドル/米ドルの為替を表しています。
続いて、豪ドル/米ドルと金のチャート図を見ていきます。

豪ドル/米ドルと金の価格の関係

上のチャート図のオレンジの線が金の価格、黒い線が豪ドル/米ドルを表しています。
チャート図を見ると、豪ドル/米ドルは原油と金の価格の動きに合わせて、乱高下しているのが分かります。

このように、豪ドルは資源価格との連動性が高いのです。
また、資源国通貨は資源の輸出先相手国の影響を受けやすい一面があります。

オーストラリアの資源の大きな輸出相手国は中国日本です。
つまり、中国や日本の経済状況が減速すれば、オーストラリアの資源消費量が減少するとともに利益が減り、為替も変動することがあります

現在の豪ドルの動き

現在の豪ドル/円の動きを見ていきましょう。
ここ1年(2018年5月1日~2019年5月5日)の豪ドル/円は70円台~80円台となっています。
※最安値は1月のフラッシュクラッシュの下落時に一瞬69円台になりました。

1年間の豪ドル円の動き



ここ10年(2009年1月1日~2019年5月5日)の豪ドル/円は、55円台~105円台となっています。
2008年に起こったリーマンショックでは豪ドル/円は55.02円まで下落しましたが、その後は徐々に上昇、70円台から100円台の中で上下をしています。
10年間の豪ドル円の動きチャートを見るとわかる通り、豪ドル/円は変動幅内で上下を繰り返しているため、比較的予測がしやすい通貨といえます。

豪ドルの今後の見通しは?

過去10年間の豪ドルと米ドルの政策金利を比較すると、豪ドルの方が過去何年も高くなっていましたが、2018年から米ドルが追い越す形となりました。
豪ドル米ドル政策金利過去10年

しかし現在はアメリカの経済は少しずつ景気が回復傾向にあり、金利引き上げはスローダウンするのではないかと予測できます。
FRB(米国連邦準備制度理事会)によると2019年はアメリカの金融政策の現状維持を決定しました。

一方、オーストラリアの政策金利は直近の金融政策会合(2019年5月7日)では1.5%に据え置きで決定されていますが、今後インフレ率が上昇した場合、利上げする可能性も見えてきました。
ただしインフレの状況によっては利下げする可能性もあるので注意が必要です。

ただ、過去ではほとんどの場面で米ドルよりも豪ドルの方が高い政策金利になっており、今後は再び豪ドルの金利が米ドルを抜くと考えられます。
金利が上昇し豪ドルが多く買われれば、豪ドル/円のレート上昇の期待も高まります!

スワップポイントは長期保有でコツコツ積み上げていくことが前提なので、保有期間が長いほど利益につながっていきます
豪ドルは為替レートが上がる前の今が買い時かもしれませんね!

その他の高金利通貨はこちらで紹介しているのでぜひご覧ください。
⇒【毎週更新】2019年最新の各FX会社のスワップポイントを徹底比較!

取引に適切なレバレッジと必要資金の目安

ではここから「適切なレバレッジ」と「必要資金の目安」を豪ドルと米ドルで比較してみます。

豪ドルに適切なレバレッジと必要資金の目安

ここ1年の豪ドル/円は70円台~80円台を行き来しています。
しかし安心して取引をするにはリーマンショックのような大暴落にも耐えられるレバレッジを想定した取引が理想です。

リーマンショック時の豪ドルの最安値は55円で、現在の豪ドルを80円として、1万通貨の取引で計算してみます。
800,000ー550,000=250,000が現在からリーマンショック級まで下落した場合の最大損失額となります。

各社の最低証拠金が1万通貨単位に対して33,000円なので
1万通貨単位に必要な金額=250,000+33,000=283,000が下落に耐えられる必要資金です。

ここからレバレッジを算出すると、800,000÷283,000=2.28
この結果、豪ドルで適切なレバレッジは2.8倍です。

豪ドルが80円のときに1万通貨を取引する場合、レバレッジ2.8倍で約30万円の資金が目安なんですね。

米ドルに適切なレバレッジと必要資金の目安

次に米ドル/円を見ていきましょう。
米ドル/円はここ1年、104円台~114円台の中で動いています。

リーマンショックの時の米ドル/円の最安値は75円で、現在の米ドルを110円として1万通貨の取引で計算してみます。
1100,000ー750,000=350,000が現在からリーマンショック級まで下落した場合の最大損失額となります。

各社の最低証拠金が1万通貨単位に対して44,000円なので
1万通貨単位に必要な金額=350,000+44,000=394,000が下落に耐えられる必要資金です。

ここからレバレッジを算出すると、1100,000÷394,000=2.8
この結果、米ドルで適切なレバレッジは豪ドルと同じく2.8倍となります。

米ドル/円が110円のときに1万通貨を取引する場合、レバレッジ2.8倍で約40万円の資金が目安です。

そのため米ドルよりも豪ドルは、1万通貨あたり約10万円も少ない資金で取引が可能です!

豪ドルでチェックするべき経済指標

ここからは豪ドル取引をするうえで、注目すべき経済指標について紹介していきます。

オーストラリアの経済指標

指標名重要度発表時期発表時間(日本時間)
RBA政策金利発表★★★★毎月(第1火曜日)13時30分
CPI/消費者物価指数★★★★1月・4月・7月・10月(下旬)10時30分
豪・実質GDP四半期★★★3月・6月・9月・12月(上旬)10時30分
豪雇用統計
(新規雇用者数・失業率)
★★★毎月(中旬)10時30分
小売売上高★★★毎月(上旬)10時30分
RBA理事会議事録★★★毎月(第3火曜日)10時30分

  RBA政策金利発表

オーストラリア準備銀行が金融政策委員会を実施して、政策金利や金融政策を発表しています。

  CPI/消費者物価指数

4半期ごとにオーストラリアの小売り、サービスの販売価格の調査結果を示す経済指標です。
具体的には消費者が購入するときの価格を調査します。


  豪・実質GDP四半期

豪統計局が発表する、オーストラリア国内で生産された最終製品やサービスなどの付加価値の合計を示す経済指標です。

  豪雇用統計(新規雇用者数・失業率)

オーストラリアにおける雇用情勢の景気関連の経済指標です。
個人所得や個人消費に関連して、今後の景気への影響が大きいのが特徴です。

新規雇用者数とは、年度ごとに新たに雇用する人数を示しており、景気の後退とともに減少して、不景気終わりとともに回復します。
失業率とは、労働人口にしめる失業者の割合を示し、雇用者数と合わせて判断します。

  RBA小売売上高

オーストラリアの百貨店やスーパーなどで小売り・サービス業の月間売上高を集計した、景気関連の経済指標です。
前月比で増加すれば、個人消費が上昇傾向で、経済が良い状況になっています。
反対に前月比で減少すれば、個人消費が下降傾向で、経済が悪い状況となっています。

  RBA理事会議事録

オーストラリア準備銀行(RBA)が金融政策委員会の議論内容をまとめた議事録を発表します。
政策金利などの金融政策がメインとなっています。

日本の経済指標 

指標名重要度発表時期発表時間(日本時間) 
日銀金融政策決定会合★★★★毎月(1~2回)会合終了後 
日銀短観★★★★4月・7月・10月(月初)
12月(中旬)
8時50分 

  日銀金融政策決定会合

日銀の金融政策委員会によって、金融政策決定会合が開催され、決定された金融政策や政策金利が発表されます。

  日銀短観

4半期ごとに全国企業動向を的確に把握して、金融政策の適切な運営に資することを目的に公表している統計調査です。

中国の経済指標

指標名重要度発表時期発表時間(日本時間)  
中国・実質GDP★★★★4月・7月・10月・1月(中旬) 11時
CPI(消費者物価指数)★★★毎月10日頃10時30分 
財新製造業PMI(購買担当者景気指数)★★★毎月月末10時45分

  中国・実質GDP

中国の一定期間内に生み出された財とサービスの付加価値の総額であり、国の経済規模を見るための指標です。
国そのものの経済成長率を表します。

  CPI(消費者物価指数)

中国の小売り、サービスの販売価格の調査結果を示す経済指標です。

  財新製造業PMI(購買担当者景気指数)

製造業の購買担当者を調査し、それをもとに景気が良いか悪いかを判断する指数になります。
PMIには中国政府が調査して公表する「国家統計局中国製造業購買担当者景気指数(国家統計局PMI)」と、民間のマークイット社が発表する「財新マークイット中国製造業購買担当者景気指数(財新マークイットPMI)」の2つがあります。
どちらかというと、中国政府よりも民間の財新マークイットPMIのほうが信頼性が高いといわれています。


経済指標についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。
⇒毎月の確認が必須!経済指標で世界経済の状況を把握しよう!

てっきり、オーストラリアの経済指標だけチェックすればいいと思っていました。

豪ドルは資源国通貨だから、オーストラリアの資源の輸出先相手である中国と日本の経済指標もチェックする必要があるのよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は豪ドルについて紹介してきました。

豪ドルは過去には高金利通貨として浸透していましたが、現在では金利が1.5%に下がっています。
しかし豪ドルの変動幅は新興国通貨に比べ比較的安定しているため、長期で安定したスワップポイント取引をしたい方は、豪ドルで取引をしてみてはいかがでしょうか。

豪ドルのスワップポイント狙いの取引なら、みんなのFXLIGHT FXが一番高いスワップポイントになるため、おすすめの口座です!

トレンド系の代表!?MACDのクロスでトレンドを見極めよう

 

FXで相場を予想しようと思っても、チャート分析ってなんだか難しそうな感じがしますよね。

今回は比較的チャートのサインがわかりやすいMACD(マックディー)についてご紹介していきます!

 

「MACD?横文字が難しそうな感じがするけど・・・」

「マック?マクドナルドの新しいセットメニュー?」

とイメージする人もいるかもしれませんね。

こんにちは、今日もFXと共に生きている大輔です!
僕も最初はどのテクニカル分析がいいのかサッパリわからなくて、リサさんにみっちり教えてもらいましたね。

そうね、どのテクニカル分析を使うか最初は迷うかもしれないわね。
すべてを使いこなす必要はないから、2~3種類を選んで慣れるのがいいんじゃないかしら。

僕はトレンド系もオシレーター系も、ブレイヴスタイルもレンキンスタイルも、すべてを使いこなす男です!

大輔くん最後のほうは何いってるかわからないけど、FXじゃなくて多分ゲームのことよね・・・。

リサさんと一緒にモンハンやりたいな・・・。

さて、それは置いといて・・・今回はトレンド系のテクニカル指標、MACDについて解説していきます!

 

トレンド系の代表指標!MACD

MACD(マックディー)は1979年にジェラルド・アベル氏によって開発されたテクニカル指標です。

MACDとはMOVING AVERAGE CONVERGENCE / DIVERGENCE TRADING METHODの略で、移動平均収束拡散トレード法という意味です。

 

「移動平均しゅうそくかくさん・・・?」ちょっとわかり辛いですよね。

そもそも「その長い英語の名前を見るだけで頭が混乱しそう」という、僕みたいな人もいらっしゃるかもしれません。

 

MACDは簡単にいうと移動平均線を進化させたものです。

移動平均線だとどうしても現在のトレンドより遅れが出てしまいますが、MACDはより現在の相場の価格に近いデータを表すため、素早くトレンドを見つけやすくなります。

 

テクニカル指標には大きく分けてトレンド系オシレーター系の2つがあります。

トレンド系とは、「これから相場は上昇するのか?それとも下降するのか?」とトレンドの動きを予想するものになります。

MACDはトレンド系に分類されていて、MACDシグナルの2本の線から成り立っています。

 

テクニカル指標のMACD

簡単にいうと、MACDは早く動く線シグナルは遅く動く線です。

MACDでは、この2本の線の交差や位置などでトレンドの判断をします。

 

MACDはFX会社の取引ツールで表示させれば使うことができますが、計算式を知っておくとより理解が深まります。

ここでは最もメジャーな設定期間の12、26、9の組み合わせで算出しましょう。

MACDとシグナルの計算式は以下になります。

 

・MACD=短期(12)EMA - 長期(26)EMA

・シグナル=MACDの移動平均線(9)EMA

 

MACDは短期の移動平均線と長期の移動平均線の差、シグナルはMACDの移動平均線なんですね!

「ところでEMAってなんだ?」と思われるかもしれませんので、EMAを簡単にご説明します。

 

移動平均線には大きく分けるとSMAEMAWMAの3つがあります。

MACDはEMAを使うため、ここではWMAは省略しますね。

 

SMAは単純移動平均線で、指定した期間の終値の平均を表したものです。

EMAは指数平滑移動平均で、単純移動平均線よりも直近の価格を重視しています。

 

EMAの計算式は以下の通りです。

・1日目は単純移動平均と同じで「指定した期間の終値の平均」

・2日目以降は「前日のEMA+平滑化定数×(当日の終値 – 前日のEMA)

※平滑化定数=2÷(期間+1)

 

例として、実際に計算式に数字を当てはめてみましょう。

(例)

10月13日の12EMAを求める場合で考えてみます。

10月1日~10月12日のポンド/円の終値の平均が152.2825で、10月13日の終値が153.86とします。

 

152.2825+(2÷(12+1))×(153.86-152.2825)=152.5252

10月13日の12EMAは152.5252となります。

ふぅ、僕は計算式を見ると、頭がクラクラします・・・。

大丈夫よ!
そんな大輔くんのために、次は図を使ってMACDのサインを見ていきましょう。

 

MACDの活用方法

MACDのサインはシンプル

MACDは比較的サインがシンプルでわかりやすいです!

MACDとシグナルの2本の線の動きを見てみましょう。

 

ゴールデンクロスは買いのサイン・デッドクロスは売りのサイン

図の赤丸のところ、MACDとシグナルがクロスしていますよね。

基本的には以下の2つがサインになります。

 

・MACDがシグナルを下から上に抜けたらゴールデンクロスと呼ばれ、買い(上昇トレンド)のサイン。

・MACDがシグナルを上から下に抜けたらデッドクロスと呼ばれ、売り(下降トレンド)のサイン。

 

シンプルでわかりやすいっていいですね、リサさん!
まるで僕のようじゃないですか。

チャートのサインがわかりやすいのはいいわね!
ただ、私はちょっとミステリアスで何を考えてるのかわからない人が好みかな・・・。

(あれ?
遠回しに僕はタイプじゃないっていわれたような・・・)

大人の女性って難しいなぁ。

さて、MACDのサインでもあるクロスですが、少しポイントをお話しします。

 

ゴールデンクロスやデッドクロスは、角度が大きくなるほど精度が上がるんです。

クロスの角度が小さく、線と線の幅が狭いとサインとしての信頼性は低くなってしまいます。

 

角度が大きいほど精度が高いクロス

MACDのサインを見て取引をする際は、クロスしたからすぐエントリーするのではなく、クロスの角度なども確認してからエントリーをしていきましょう。

 

MACDはオシレーター系としても使える

MACDはトレンドを判断するトレンド系としてだけではなく、ゼロラインを使って相場の強弱を判断するオシレーター系としても使うことができます。

ゼロラインはMACDの計算式で出した数字が、ゼロよりも小さいか、ゼロよりも大きいか、になります。

 

MACDはゼロラインでオシレーターとしても使える

基本的には以下の判断ができます。

・ゼロより上は強気相場(買いが強く入っている上昇トレンド)

・ゼロより下は弱気相場(売りが強く入っている下降トレンド)

 

ゼロラインとクロスは組み合わせて判断することがおすすめです!

・ゼロラインより下でMACDがシグナルを下から上に抜けてゴールデンクロスしたら買いサイン。

・ゼロラインより上でMACDがシグナルを上から下に抜けてデッドクロスしたら売りサイン。

 

オシレーター系と一緒に使おう

相場の予想はいろいろな角度から判断をして、より信頼性を上げて取引をしていくことが大切です。

テクニカル指標も万能ではなくあくまで目安なので、1つのテクニカル指標だけでなく複数のテクニカル指標を組み合わせて使うことがおすすめです!

 

MACDはオシレーター系として使うこともできますが、基本的にはトレンド系なので、他のオシレーター系のテクニカル指標と一緒に活用していきましょう。

MACDで現在のトレンドを分析し、オシレーター系で相場の強弱をはかります。

 

今回はMACDとあわせて使いたい、オシレーター系のテクニカル指標を2つご紹介します。

1つめはストキャスティクス、もう1つはRSIです。

 

相棒候補の1つ目はストキャスティクス

ストキャスティクスは0%~100%で表し、価格が上昇するほど%が高くなり、価格が低くなるほど%も低くなります。

 

オシレーター系のテクニカル指標ストキャスティクス

0%~30%の中だと売られすぎと判断し、「買い」のタイミングと考えることができます。

70%~100%の中だと買われすぎと判断でき、「売り」のタイミングと考えることができます。

 

ストキャスティクスは%Kラインと、%Dラインという2本の線が表示されます。

%Kラインは「ある期間内での最高値と最安値の範囲の中で、現在はどの位置に価格があるのか」を表した線になります。

%Dは%Kの移動平均線で、%Kと比べると遅めの動きになります。

 

ストキャスティクスのサインは以下の通りになります。

・%Kラインが30%以下の位置にあり、%Dラインを下から上に抜けたら買いのサイン。

・%Kラインが70%以上の位置にあり、%Dラインを上から下に抜けたら売りのサイン。

 

MACDとストキャスティクスを組み合わせたサインは以下になります。

・ゼロラインより下でMACDがシグナルを下から上に抜けてゴールデンクロスし、ストキャスティクスが30%以下なら買いサイン。

・ゼロラインより上でMACDがシグナルを上から下に抜けてデッドクロスし、ストキャスティクスが70%以上なら売りサイン。

 

ストキャスティクスについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

 

相棒候補の2つ目はRSI

RSIは過去の相場の中で、ある期間の「値上がり幅と値下がり幅」を使って、現在は「買われすぎ」なのか、「売られすぎ」なのかを表すものです。

 

オシレーター系のテクニカル指標RSI

 

RSIのサインは以下の通りです。

・RSIが30%以下にあれば、売られすぎと判断でき買いのサイン。

・RSIが70%以上になれば、買われすぎと判断でき売りのサイン。

 

MACDとRSIを組み合わせたサインは以下になります。

・ゼロラインより下でMACDがシグナルを下から上に抜けてゴールデンクロスし、RSIが30%以下なら買いサイン。

・ゼロラインより上でMACDがシグナルを上から下に抜けてデッドクロスし、RSIが70%以上なら売りサイン。

 

RSIについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

 

ファンダメンタルズもチェックしよう

相場の予想はテクニカル指標だけでするのではなく、ファンダメンタルズもチェックしていきましょう。

ファンダメンタルズとは、相場の動きに影響を与える経済状況や出来事などのことです。

 

テクニカル指標だけで相場の動きを予想せず、こまめに経済ニュースなどもチェックしておきましょう!

ニュースを見て「もしかしたら大きく相場が動くかも!」と思ったらエントリーせずに様子を見ることも大切です。

 

例えば少し前でいうと、アメリカの大統領選やイギリスのユーロ離脱の投票などが挙げられます。

また、経済指標、各国の金融席政策、要人発言なども要チェックです。

経済ニュースはサイトなどもありますが、FX会社で口座を開設するとマイページから手軽にチェックできるところが多いので、取引する前に目を通しておきましょう!

 

ファンダメンタルズ分析についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

テクニカル分析だけじゃダメ?FX取引でファンダメンタルが大事な理由

 

MACDの注意点

MACDはサインがわかりやすく、初心者の方でも使いやすいというメリットがありますが、ここからはMACDの注意点を見ていきましょう。

 

ダマシに騙されるな!

角度が小さいクロスやレンジ相場では、ダマシが発生する場合があります。

ダマシとは、サインが出ているのに予想と反対に相場が動くことです。

相場ではだましと呼ばれる手法に注意する

ゴールデンクロスやデッドクロスなどは、多くの投資家が注目しているサインです。

そのため、そこを狙ったダマシも起きやすくなります。

 

ダマシは相場を動かせるほどの資金を持った投資家たちが行います。

例えば、大量に「買い」を入れゴールデンクロスをした後に、他の投資家たちが「お、ゴールデンクロスしたから上昇しそうだ!」と買いを入れたのを見計らって、一気に決済して自分たちだけが利益を上げるような手法です。

ダマシにあわないようにするためにも小さな角度のクロスや、サインがわかり辛いレンジ相場では下手に手を出さずに、様子を見たほうがいいわね。

 

レンジ相場に弱い

MACDは2本の線の動きでトレンドを判断しますが、価格が同じ幅を行ったり来たりしているレンジ相場では線が寄り添って動き、エントリーポイントを見つけるのが難しくなります。

 

MACDはレンジ相場では線がつかず離れずになりやすい

 

またレンジ相場では小さなゴールデンクロスやデッドクロスが見られますが、ダマシも発生しやすくなるので注意しましょう。

レンジ相場ではMACDは力を発揮できないんですね。
そんなときは他のテクニカル指標と組み合わせて判断していきましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はトレンド系テクニカル指標のMACDについてお話ししてきました。

 

MACDのサインはシンプルで、ゴールデンクロスなら買いのサイン、デッドクロスなら売りのサインとなります。

またゼロラインより上にMACDがある場合は強気相場、ゼロラインより下にMACDがある場合は弱気相場と判断することができます。

 

MACDはトレンドを判断するのに使いますので、オシレーター系のテクニカルと組み合わせて活用することがおすすめです。

ぜひ、MACDを活用してトレンドの分析をしてみてくださいね!

 

MACDが使えるおすすめのFX会社

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

 

 

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動や増減率への切り替えを可能としているために、通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商 (詳細はこちら)

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットやATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。

  トレイダーズ証券 (詳細はこちら)

トレイダーズ証券FXトレーダーには、トレンド系10種類、オシレーター系10種類のテクニカル指標が搭載されています。

最低取引通貨単位は1,000通貨単位で、比較的少ない通貨単位で取引できるので初心者にもおすすめです。

 

またサポートはフリーダイヤルとメールで24時間対応しているので、使い方がわからないときにも安心して問い合わせをすることができます。

スワップポイントをガッツリ狙え!南アフリカランドで取引しよう!

 

FXで取引を行う際には、まず最初に通貨ペアを選びますよね。

通貨ごとに異なる特徴を持っているので、取引を行う際は通貨の特徴を把握しておくことが重要です。

今回は、高金利という大きな特徴を持つ南アフリカランドについて紹介していきます。

 

「南アフリカランドってどんな通貨なの?」

「南アフリカランドでどういう風に取引をすればいいの?」

と思っているかたもいらっしゃると思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!
南アフリカランドって南アフリカにある遊園地のことですか?

ネズミの王国のイメージを引きずっているわね・・・。
南アフリカランドは通貨の名前よ。

南アフリカの遊園地ってどんな感じなんでしょうね?

さて、気を取り直して今回は僕と一緒に南アフリカ共和国の通貨である、南アフリカランドについて勉強していきましょう!

 

南アフリカランドはZARという名前でも表記されています。

南アフリカランドはFXでは魅力的な特徴を持つ通貨なので、ぜひ覚えておきましょう!

 

そもそも南アフリカってどんな国?

南アフリカランドは、南アフリカが発行しています。

相場には国の情勢などが大きく関わってくるので、南アフリカという国がどんな国なのかということを勉強しておきましょう!

 

南アフリカとは?

 

南アフリカ共和国はアフリカ大陸の最南端に位置する人口4,932万人の国です。

2010年に開催されたブブゼラが鳴り響くワールドカップが印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

本田選手の無回転フリーキック、興奮しましたね!

 

南アフリカは、2000年以降に著しい経済発展を遂げた5カ国「BRICS」の一角で、アフリカで唯一G20の会合に参加している有力な新興国です。

 

南アフリカを含む、サブサハラ・アフリカ地域は2030年代に総人口が中国やインドを抜くとみられ、長期的に見ても有望な市場と言われています。

また、南アフリカは金やプラチナなどの鉱業が盛んな国でもあります。

 

経済成長が著しい南アフリカですが、情勢は不安定です。

現状だと失業率がかなり高いことや、政治の混乱が起こっていることなどの問題も抱えています。

ブブゼラ買ったなあ・・・。
うるさすぎて近所の人に怒られたっけ。

南アフリカランドの特徴

ここからは、南アフリカランドの3つの特徴を紹介します!

 

1、高金利通貨である

南アフリカランドは非常に金利の高い通貨です。

FXでは、金利の高い通貨を扱うことで多くのスワップポイントが得られるので、金利の高さは大きな魅力と言えます。

 

スワップポイントとは、ポジションを持っているだけで得ることができる、通貨ペアの金利差から得られる利益です。

金利の高い南アフリカランドと金利の低い円の組み合わせである、南アフリカランド/円は、たくさんのスワップポイントが得られる通貨ペアとなります。

 

その他の高金利通貨はこちらで紹介しているのでぜひご覧ください。
【毎週更新】2019年最新の各FX会社のスワップポイントを徹底比較!

 

南アフリカランドは、金利を常に5%以上でキープしていて、現在(2018年10月)の金利は6.5%です。

円の金利が0.1%、米ドルの金利が2.25%(いずれも2018年10月のデータ)であるということをふまえるとかなり金利が高いということが分かると思います。

 

2、新興国通貨である

南アフリカランドは、新興国通貨であり市場の流通量が少ない通貨です。

流通が少ない通貨は、ボラティリティ(価格変動率)が高く不安定な通貨となります。

 

ボラティリティが高い理由の一つは、基本的に南アフリカの中央銀行が市場に介入しないことです。

そのため、為替相場の動きに投資家たちの考えがそのまま反映されて、ボラティリティが高くなっています。

 

ボラティリティの高さはうまく付き合えば大きな利益につながりますが、大きなリスクも伴うものです

南アフリカランドを扱う際には、リスク管理を徹底しましょう!

 

3、資源国通貨である

先ほども説明しましたが、南アフリカ共和国は金やプラチナなどの資源の輸出が盛んな国です。

資源の輸出が盛んな国の通貨は資源国通貨と分類され、通貨の価格が資源の価格と連動しやすいと言われています。

 

ブラジルレアルや豪ドルなども同様の特徴を持った通貨です。

また、資源国通貨は資源輸出が国の景気と大きく関係しているので、貿易収支などの経済指標の影響も受けやすい通貨と言われています。

 

南アフリカランド/円の相場動向

近年の南アフリカランド/円の相場動向がどうなっているのかを見ていきましょう!

 

南あランド/円の相場動向

 

南アフリカランドは2008年のリーマンショックが原因で大きく価格が下落しました。

その後、回復するように価格は上昇しましたが、大きな流れとしては、価格が下落していっている傾向にあります。

 

スワップポイントを狙って買いのポジションを持っていても、通貨の価格が下落してしまっていっては、損をすることにつながってしまいます。

相場の流れも読んで適切に資金を管理するようにしましょう。

 

また、南アフリカランドを扱った通貨ペアは、「南アフリカランド/円」だけではなく、「南アフリカランド/米ドル」や「南アフリカランド/ユーロ」などもあります。

扱っている通貨ペア数が豊富なOANDA Japanではこれらの通貨ペアでも取引を行うことができます。

 

注目するべき5つの経済指標

あつかうべき5つの指標

 

経済指標は、相場の動きを読むためには重要なものです。

今回は、南アフリカランドを扱ううえで見ておくべき経済指標を5つ紹介します。

 

1、政策金利

政策金利は、毎月下旬に南アフリカ準備銀行(SARB)が発表しています。

スワップポイントは金利によって決められています。

ですので、政策金利はスワップポイントを狙った取引を行っている人は確認すべき指標であるといえます。

 

スワップポイントはポジションを保持していれば毎日貰えるものです。

そのため、金利が1%変わるだけでも収支に大きな影響が出てきます。

 

2、消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数とは、消費者が実際に購入する商品の小売価格の変動を表す指数です。

毎月20日ごろの17時に発表されます。

 

消費者物価指数が高まると、インフレ率が高まっていると見ることができます。

インフレ率が高すぎると、インフレの抑制のために政府が金利を引き上げる可能性が出てきます。

政府のインフレ目標は3%~6%なので、消費者物価指数がその数値を超えているときは要注意です。

インフレってなんでしたっけ?
ニュースはテキトーに聞き流しているので、聞いたことはあるけどよくわからないです。

ちゃんとニュースは見ましょうね。
インフレはお金が市場に流れすぎて、お金の価値が低くなっている状態よ。

なんで政府はインフレの抑制のために政策金利をあげるんですか?

金利が上がればみんな銀行にお金を預けるようになるでしょ。
それで、市場に流れるお金を少なくしてインフレを抑えると言われているわ。

3、貿易収支

貿易収支とは、南アフリカの輸出と輸入の収支のことです。

南アフリカの歳入庁が毎月下旬の、日本時間21:00時ごろに発表しています。

 

南アフリカは資源輸出が盛んな国ということもあるので、貿易収支から南アフリカの景気をうかがえることができます。

貿易収支がよくなると、南アフリカランドの景気も良いと判断され、通貨が買われやすくなります。

 

4、VIX指数(恐怖指数)

VIX指数は、投資家の不安心理を示すと言われている指標です。

VIX指数が高いほど、市場の参加者に間に不安感が高まっているということを示します。

 

市場の不安感が高まってくると、投資家たちは安全な円やスイスフランなどの通貨を求めるようになるのです。

そのため、円やスイスフランなどの安全な通貨の価値が上がります。

 

円やスイスフランなどとは反対に、南アフリカランドのような高金利で不安定な通貨は、投資家たちから手放されるようになります。

よって、不安定な通貨は価格が下落することが見込まれるのです。

 

恐怖指数と南アランド

 

逆に、世界経済が安定しているときは、投資家たちがリスクのある高金利通貨を求めるリスクオン(リスク選好)のムードが高まり、高金利な通貨は価格が上昇しやすくなると言われています。

 

リスクオンについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXは世界の経済状況に左右される!リスクオン・リスクオフとは?

 

5、GDP

みなさんも、GDP(国内総生産)という言葉は耳にしたことがあると思います。

GDPとは、国内の経済活動によって、生み出された財やサービスの付加価値の合計金額です。

 

GDPからその国の経済成長率が分かります。

GDPを見ることで、その国の全体的な経済状態や景気の動向を分析することができます。

 

発表されたGDPの結果が良ければ、その国の通貨の価値も上がり、相場が上昇すると考えることができるでしょう。

 

オススメのトレード手法!

南アフリカランド/円の魅力はなんといっても大きなスワップポイントが得られることです。

そこで取引の手法としては、長くポジションを保持してスワップポイントを稼ぐスイングトレードがオススメです!

 

南アフリカランド/円でスワップポイントがもらえるのは、買いのポジションを保持しているときです。

売りのポジションを保持していると、逆にお金を支払うことになるので注意しましょう!

 

また、スイングトレード行うときのコツは、あまりレバレッジをかけないことです。

一般的にスイングトレードでは、レバレッジは5倍以内に収めるとよいと言われています。

南アフリカランドはボラティリティの高い不安定な通貨であることもあるので、高いレバレッジをかけて取引を行うことはリスクが高いと言えるでしょう。

 

スイングトレードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

頻繁にチャートを見る必要なし!忙しい人でもできるスイングトレード

 

南アフリカランドの注意点!

ここからは南アフリカランドを扱う際の3つの注意点を紹介していきます。

 

南アランドの注意点

 

1、相場の変動が大きい!

先ほども説明しましたが、南アフリカランドは流通量の少ない値動きが不安定な通貨です。

相場が変動するときは一気に大きく変動するので、気を抜いていると大きな損失を出すことになるでしょう。

 

ここまでなら、損を出してもいいという価格をあらかじめ決めておいて、逆指値注文などを用いるなどリスク管理は徹底して行うようにしましょう!

 

リスク管理について詳しく知りたいという方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXは危険と隣り合わせ!?リスクヘッジは必須スキルだった!

 

2、取引時間に注意!

南アフリカに関わる経済指標の多くは、日本時間の17:00~22:00に発表されます。

この時間帯は、南アフリカの経済指標の発表により取引が活発になるので、市場が動く可能性があり注意が必要です。

 

また、南アフリカは政治的にも安定しているとは言い難い状況です。

相場は、政治情勢の影響も受けるので南アフリカの政治関連のニュースにも目を向けるようにしておきましょう!

南アフリカのニュースかぁ・・・
まあ、でも意外と勉強ができる僕なら大丈夫ですね!

さっき、ニュースはテキトーに聞き流しているって言ってたわよね・・・

3、スキャルピングには不向き

スキャルピングとは、1回の取引が数秒~数分間で、数銭~数円の小さな利益を狙う超短期トレードです。

スキャルピングでは、一日に何度も取引を行うので取引のたびにかかるコストを抑えることが重要視されます。

 

取引にかかるコストのひとつにスプレッドがあります。

南アフリカランド/円は基本的にスプレッドが広く設定されている、取引コストが高い通貨ペアです。

つまり、取引コストをなるべく抑えたいスキャルピングには不向きと言えます。

 

スキャルピングについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

短時間でどんどん取引して稼ぐ!取引手法「スキャルピング」とは!?

 

どのFX会社を選ぶべきか

南アランドを扱うには

 

南アフリカランド/円で取引を行うなら、大きなスワップポイント狙っていくトレードスタイルがおススメです。

ということで、FX会社もスワップポイントが高く設定されているところを使うことをオススメします

 

実は、スワップポイントは通貨ペアごとにも異なりますが、FX会社によっても異なります。

スワップポイントは会社ごとにかなりの差があるので注意して確認しましょう!

 

南アフリカランド/円のスワップポイントが高く設定されている会社は、くりっく365を用いたサービスを提供している会社や、ヒロセ通商などが挙げられます。

 

くりっく365とは様々なFX会社で利用できる、東京金融取引所により開設されたFXの公設市場です。

くりっく365では、南アフリカランド/円のスワップポイントがかなり高く設定されています。

 

また、くりっく365は東京金融取引所が運営しているので店舗FXよりも信頼性が高く、安全に取引を行うことができます!

 

くりっく365はGMOクリック証券や、外為オンラインで利用することができます。

 

ヒロセ通商も南アフリカランド/円のスワップポイントがかなり高く設定されています。

また、ヒロセ通商はオリコンが実施するFX会社の総合的な満足度を測る調査で、何年も1位を取っているなど、ユーザーからの評価も高い会社です。

 

 

スワップポイントを重視しつつ、自分に合った会社を選びましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

南アフリカランドは高金利という大きな魅力を持った通貨です。

スイングトレードを行うことでたくさんスワップポイントを稼ぐことができます。

 

しかし、そのような魅力がある一方で、不安定な通貨でもあります。

リスク管理は徹底して行うようにしましょう。

 

また、スワップポイントを狙う場合は、FX会社選びがとても重要になるので、有利に取引ができる会社を選ぶようにしましょう!

相場の下落局面で活用する!なんとなくでショートするのは危ない?

 

FXに関心があるかたであれば、ロングとショートという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「ロングはわかるけれど、ショートは難しくて」

「ショートすると逆へ行くので怖い」

とお悩みではありませんか。

こんにちは、日々デモトレード実践中の大輔です。
僕がショートすると決まって逆へ行ってしまいます。
ショートって難しいですよね。

ロングは相場の流れに乗るだけともいえるけれど、ショートするには根拠が必要よ。
根拠を持って取引してる?

なんとなく「下がりそうだな」と・・・。

 

本文でも書いていますが、僕みたいな「なんとなくエントリー」は失敗しやすいんです。

根拠を持ってエントリーできるように、僕と一緒にショートポジションについて学んでいきましょう。

 

ショートポジションとは?

上がる?下がる?

 

FXにおいてよく用いられる「ショートポジション」という言葉ですが、実際には株式などでも用いられる「空売り」と同じ意味です。

FXの基本は「ある国の貨幣を購入」して、「為替レートを予測しながら売却する」ことの繰り返しです。

購入時よりも為替レートが高くなってから売却すれば、差額が投資家の利益となります。

 

そして、FXで成功を収めるためには貨幣を「買う」ことと「売る」ことを両立させなければいけません。

 

手元に現物がなかったとしても、「あとで買い戻す」ことを前提にして売却し、金銭を得るのが「空売り」の仕組みです。

空売りの図式

そして、空売り時よりも安い値段で現物を買い戻せば、差益が出る計算になっています。

FXでは、まだ所有していない売りポジションを建てる行為が「ショートポジション」にあてはまります。

ショートポジションは相場の下落局面で建てるポジションです。

ある貨幣の為替レートが下落してきたとき、買いポジションを建てると損失が生まれるだけです。

 

そこで、為替レートが落ち始めたらすぐに売りポジションを建て、さらにレートが安くなった頃を見計らってから買い戻せば収支はプラスとなります。

ただし、FX市場を見極めていかに素早くショートポジションを立てられるかが投資家の命運を左右するでしょう。

 

リスクヘッジとして活用できる

ショートポジションをうまく活用することで、損失を抑えるリスクヘッジとなります。

 

なぜなら、ショートポジションが重要なのは、FXとは「変則的に市場が動きやすい」投資だからです。

非常に安定していたはずの貨幣も、誰もが想像していなかった要因によって急激に下落するケースは少なくありません。

 

反転する恐れ

たとえば、ゆるやかな上昇傾向のあったポジションを建てていたとします。

特に何もせずに利益がふくらむため、ショートポジションを建てる必然性も感じないまま、時間が経過しがちです。

 

しかし、それだけ安全に思えたポジションすら「国家が自然災害に襲われた」などの予期せぬ事態で、下落傾向に反転する恐れはあるのです。

それでもなお、「買いポジション」を続けても、すぐには為替レートが回復しないため、損失はカバーできません。

 

そこで、リスクヘッジとしてのショートポジションが求められます。

ポジションを空売りすれば、とりあえずの損失拡大は抑えられます。

 

また、下落傾向を利用して、逆に利益を伸ばすことも可能です。

FXの世界に足を踏み入れたからには、「買い」の精神だけでなく、いざというときには柔軟に「売り」へとまわれるように準備しておきましょう。

 

投機的な流れには注意!

損をしないためにショートポジションを建てるのは大切ですが、目先の利益だけを考えて大胆すぎる取引をしてしまうと、逆に損失が大きくなりかねません。

たとえば、相場の下落局面では一気に値が下がってしまうことがあります。

 

そんなとき、なんとなく「下落局面では売りにまわるべき」と考え、ショートポジションを建ててしまわないようにしましょう。

なぜなら、その時点ですでに相場が大底を示している可能性があるからです。

 

それ以上為替レートが下落しない状態でショートポジションを建てても、利益は出ません。

むしろ、「スワップポイント」により、損失が出るケースもあると覚えておきましょう。

 

スワップポイントとは、FXにおける「金利差」です。

スワップポイントとは

貨幣には金利があり、ポジションを建てて一定期間保有しているだけでも金利分の利益は生まれます。

日本円は金利が大変低いため、買いポジションを建てておくと、スワップポイントで利益を得やすいのです。

 

しかし、ショートポジションを建てるとスワップポイントが逆にマイナスとなります。

スワップポイントまで考慮すれば、「レートが下落している途中」にショートポジションを建てるのはFXの基本だといえるでしょう。

 

ショートするときは短期保有が基本

FXでは買いポジションを「ロングポジション」ともいいます。

そして、ショートポジションとロングポジションのどちらか一方に偏るのではなく、両立させるような取引を続けると、利益を出しやすくなるでしょう。

 

たとえば、ロングポジションでは「長期保有」が基本です。

一度ロングポジションを建てたら、しばらくの間は「買い」を中心にして取引を続けます。

 

一方ショートポジションでは「短気保有」を心がけます。

なぜショートポジションは短期にした方がいいんでしょう。

下落局面では一気に下がるもの。
長く持つのはおすすめしないわ。

早めにショートポジションを建て、すぐに決済するのが利益を出すうえでの考え方です。

なぜなら、ロングポジションとショートポジションで保有期間を変えるのは、それぞれに相場の動向が異なるからです。

 

相場の上昇局面では値動きは比較的穏やかだといえます。

そのため、「買い」に走っても、短期間で大きな利益は得られることはまれです。

 

ロングポジションは長期保有に向いており、根気強く利益が生まれるのを待ちます。

逆に相場の下落局面では値動きが激しい傾向が見られます。

 

長期間、ショートポジションを建ててもあまり意味がないばかりではなく、時には損が出てしまう可能性もあるでしょう。

そのため、ショートポジションは短期保有が望ましいとされています。

 

FX初心者は注文の間違いに注意する

間違いに注意

ショートポジションとロングポジションの意味はしっかり把握しておき、慎重にFX取引を行うようにしましょう。

なぜならFX取引に慣れていない初心者は、買い注文をしたつもりがうっかり売り注文をしていたということもあるからです。

この間、デモトレードで含み損5,000万円と表示されて焦りました!

現実で再現しないでね。
原因は何だったの?

ショートとロングを間違えて注文してました・・・。

 

考えられる理由としては「取引所での操作ミス」のほか、「ショートポジションとロングポジションの誤解」が考えられます。

「ショート」や「ロング」を単に「保有期間」を指す言葉だと勘違いしていると、「売り」と「買い」が逆になってしまうケースもありえます。

 

注文時には自分のポジションについてよく確認するのが大原則です。

そして、「エントリーする貨幣を間違える」ミスも珍しくありません。

 

貨幣を正しく認識しておかないと、「ショートポジションを建てるべき」局面で、「ロングポジションを建てる」といった判断ミスへとつながります。

「取引数量を誤る」のもまた、ポジションの特性を理解していないからだといえます。

 

絶対的なルールではないものの、上昇局面は変動が穏やかなので、大量のポジションを建ててもリスクは大きくなりません。

逆に、下落局面ではポジションを大きくするほどリスクがふくらみます。

 

「うっかりミス」を防ぐのはもちろんですが、知識不足からくる損失もFXでは避けたいところです。

 

ポジション比率を公開しているFX会社を選ぶ

FXにおいては「必ずもうかる方法」がありません。

しかし、「もうかる確率を上げる方法」ならあります。

 

たとえば、「ポジション比率」に注目すると、リアルタイムで勢いのある貨幣が見つけやすくなります。

ポジション比率とは、特定のFX会社に登録している投資家全体の買いポジションと売りポジションの比率を指す言葉です。

 

このポジション比率ですが、ログインしなくても閲覧できるFX会社があるんです。

 

FX会社を選ぶ際には、ポジション比率が公開されているところを選ぶと、投資を続けるうえでの参考になるでしょう。

ログインしなくても見られるのは便利ですよね!

ポジション比率が役立つのは「投資家たちの大衆心理」を理解できるからです。

 

そして、キャリアの深い投資家たちの思考をなぞることも可能です。

 

たとえば、ショートポジションが70%、ロングポジションが30%になっている貨幣があったとします。

このポジション比率では、明らかに相場は「売り」に傾いているといえます。

 

自分でチャートを分析できない初心者でも、ポジション比率が分かればある程度は相場を読めるのです。

ただし、ポジション比率が「45%と55%」のように、「1:1」に近い局面では「売り」とも「買い」とも断定できません。

 

また、FXでは不測の事態で相場が大きく変動するのも常識です。

ポジション比率だけを信用するのではなく、さまざまな判断材料の一部として利用するのが賢明です。

 

初めてショートポジションを建てるならデモトレードを活用する

ロングポジションと比べて、ショートポジションは売りから入るため、初心者にはわかりづらいのがデメリットです。

 

「取引画面で操作を誤る」「感覚がつかめずポジションを建てすぎて大損をしてしまった」などのミスが生まれるのも、ショートポジションの取引の方が多いといえるでしょう。

 

そこで、FX初心者は、FX会社が提供するデモトレードで感覚をつかむことが大切です。

デモトレードとは、実際の貨幣を使わずにFXのシミュレーションが行えるシステムです。

 

「シミュレーション」とはいっても、採用されているのはリアルタイムの為替レート情報なので、現金が動いていないだけで本物と変わらない体験ができます。

デモトレードのメリットは何よりも「FXの練習になる」点です。

 

FXの考え方をデモトレードで学べるだけではなく、画面操作などの不安も解消され、経験を積んだ状態で本番にのぞめます。

また、デモトレードが完全な「シミュレーション」だけで終わらない会社もあります。

 

会社によってはデモトレードで出た利益の一部を還元してくれるキャンペーンも開催しているため、リスクがない状態でお金を稼ぐことも可能なのです。

デモトレードでFXを学びながら、大きな取引に対応できるだけのスキルを磨きましょう。

 

デモトレードについてはこちらで解説していますので、ぜひ参考になさってください。

初心者向け!デモトレードで本番と同じ環境で取引の練習をしてみよう

 

ショートカバーの発生に備えてリスク管理を行う

FXではショートポジションの買い戻しを「ショートカバー」と呼びます。

ショートカバーが入る理由はさまざまです。

 

まず「下落局面にあったときに建てたショートポジションで、利益を出すため」です。

ショートポジションを建ててからさらに為替レートが下落すると、ショートカバーが入った後で収支はプラスに傾くでしょう。

 

また、「ショートポジションを建てた貨幣の損切りを行うとき」にも、ショートカバーは入ります。

 

投資家は手持ちのポジションのリスクヘッジとしてもショートポジションを建てますが、下落局面が反転すると今度は逆に損失が生まれていきます。

「再び下落する気配がなく、これ以上の損失にはつきあえない」と判断すれば、ショートカバーが入って損失が食い止められるのです。

ショートカバーが入ると、値動きが急に変動するため、乗り遅れた投資家は大打撃を受ける恐れがあります。

 

ショートポジションを建てたなら、「ショートカバーが入る時間帯」を研究しておいて、手続きが遅れないように気をつけましょう。

そのほか、そもそも過大なポジションを持たないなどの注意が必要です。

 

思惑が外れた場合は損切りを考えておく

損切りも必要です

FXに限らず、あらゆる投資では相場の値動きが自分の思い通りになるわけではありません。

ベテラン投資家になっても、思わぬ原因で損失を出すことはありえます。

 

それでも、最終的には利益を出している投資家と、そうではない投資家がいるのは「損切り」という発想があるないかの差だといえます。

損失がふくらんでしまいそうな場合にはいさぎよく、損切りを検討することも大事です。
 

初心者ほど損切りについて消極的になりがちなのは、「損切りした後で相場が逆転すると悔やまれる」という考えが働くからです。

 

しかし、明らかな下落傾向を見せていた相場が、急に上昇傾向になるなどの逆転現象を見抜くのは、ベテラン投資家でも困難です。

わずかな利益の可能性に賭けるより、安全策をとるようにしましょう。

損切りを的確に行えば、「再びFXに利用できる」だけの資金が手元には残ります。

すでに状況が悪くなった局面でギャンブルのような投資を続けるよりも、「失敗を教訓にして、次の投資先で損失を取り返す」方向で考えるのが得策です。

 

そして、ショートポジションは損切りのために建てられることが多く、FXに足を踏み入れたなら深く知識を身につけるのが肝心です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はショートポジションについて解説いたしました。

 

FXにおいて、ショートポジションで利益を上げていくには、ある程度の経験が必要です。

そのため、FXはトレンドの流れを理解できるようになってから取り組むようにしましょう。

自力で為替レートを分析するのも効果的ですが、FX会社のデモトレードを利用するとより細かい情報を得られます。

「何が危険で」「何が吉兆か」感覚でも知識でも分かるようになれば、きっと利益が上げられますよ!

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

  SBI FXトレード (詳細はこちら)

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。

月曜に起こる窓開け窓埋めって何だろう?窓が開く理由と対策について

 

「窓」、「窓開け」、「窓埋め」と呼ばれる用語があります。

「FXに関係あるの?」

「土日はポジション持たないから平気!」

という方がいらっしゃるのでは?

こんにちは、FXを少額で実践中の大輔です。
週末はポジション整理していますよ。
持ち越しはしません。

賢明なことね。
基本的に持ち越さない方がいいと思うわ。

僕も週明けの動きに警戒しているんです。

窓開け窓埋めについて解説していきます。

 

少額取引でも大切なポイントなんです。

僕と一緒に学習しましょう!

 

FXにおける「窓」とは?

「窓」とはローソク足を並べたときに、空いてしまう部分のことです。

窓について

例えば、金曜日の高値より月曜日の始値が高く、その後も金曜日の高値より上で終日価格が推移して終値が決まると窓ができます。

 

為替では月曜日によく起きる現象で、「窓開け」とも呼ばれます。

窓開けについてはこちらのリンク先でご紹介しています。

週をまたいでポジションを持つのは危険?FXにおける窓開けとは?

 

窓が発生してしまう原因

「窓」という現象は、なぜ発生するのでしょうか。

窓が発生するための原因のひとつは、取引時間外も相場は動いているからです。

 

東京・ロンドン・NYなどでは土日の取引は行われませんが、イスラム圏(中東バーレーン市場)では金曜日が休みなので土日に市場が開いています。

そのため、土日に取引されて上昇・下落した価格の推移が、月曜日の始値に影響を与えることは一般的です。

 

特に、取引時間外に大きな事件や政治的な動きなどがあった場合には、大きく窓を開けるということも発生します。

しかし、窓が開いていない後の大陽線や大陰線と違う点は、価格が飛んでいることです。

 

つまり、予想外の損失や利益を抱えて、始値を迎えるという特殊な状況になります。

 

窓発生時のトレーダー心理

もし、誰もが注目していたレジスタンス・サポートをブレイクした価格で窓を開けて寄り付きそうだったとします。

新規でポジションを取りたかった人は、遅れてはなるまいと少し価格が離れても新規買い・売りの注文を入れてくるのです。

 

遅れてはなるまい

逆に、含み損を抱えてしまったトレーダーは、予定していた損切りラインをオーバーしているため、成行で返済注文をしてきます。

このように大きく窓を空ける要因として、人間の恐怖や欲、また強制決済などが関係しています。

 

窓を開いて寄り付いた後、ほとんど価格が下がらず急激に上昇することがあるのもこのためです。

また、取引時間中であっても重要な経済指標が発表され、事前の市場予想と大きく違う場合などに窓ができることがあります。

 

ニュースなどに注意を払い、世界経済の動向に耳を傾けましょう。

 

窓埋めが起こることの意味

「窓」ができると、次に「窓埋め」という現象が起きる可能性が高いといえます。

 

窓埋めの動き

つまり、窓を開けた分、価格が逆行して戻ってくることが多いのです。

FX取引において、窓埋めというはどのような意味があるのでしょうか。

 

「窓は相場の総意である」という意味の相場格言があります。

窓は「調整完了からトレンドが発生したのではないか」「窓の方向に向かって相場に勢いが出たのではないか」と捉えることが可能です。

 

そうすると、窓埋めの動きはトレンドが出た後の「調整」という意味になります。

したがって、窓埋めが完了したあたりでポジションを取れば、調整完了からトレンドの継続に乗ることができます。

 

つまり、トレンドフォローとして窓埋め後の動きを、トレードチャンスとして活かすことができるでしょう。

また、窓埋めの動き自体を狙ってトレードすることもできます。

 

窓ができた段階では、参加者の多くは「トレンドが出たのかもしれない」と自信があまりない状態です。

上昇が続かずいったん調整になることは、相場ではごく一般的といえます。

 

そのため、窓ができると窓埋めという調整が起きる可能性が高いのです。

そこで、「窓埋めに向かうのではないか」というタイミングでポジションを取ることで、利益を上げることができます。

 

これは、窓という短期的な動きの方向に対して、逆張りを行うという方法になります。

このように、窓埋めという動きは、トレンドフォロー・逆張りのどちらも利用可能なトレードチャンスといえるでしょう。

 

連続して窓が開いた場合は要注意!

もし、窓ができたのに窓埋めが起こらず、再び窓ができた場合はどのように捉えたらいいのでしょうか。

三空

 

酒田五法の考え方では「三空」と定義され、窓はそれぞれ「一空」「二空」「三空」と呼ばれます。

初心者のFXのトレーダーが、まず覚えておきたいことは「連続して窓が開いた場合は相場の天井・底であるサインである」ということです。

 

酒田五法の言葉で言えば「三空踏み上げは売り向かうべし」「三空叩き込みは買い向かうべし」

ただし、三空はなかなか現実の相場では発生しにくいです。

 

二空したところに分かりやすいレジスタンス・サポートがあれば天井・底になりやすいので同じように考えることができるでしょう。

そのため、窓ができた方向にポジションを取っていた場合には要注意シグナルと考えましょう。

 

なぜなら、例えば、下落で二空・三空が発生した場合、売り方においては「投げ売り」が出ている大底のラインであることが推測できるからです。

また、勢いに目がくらんだトレーダーたちが強欲になって過剰に売っていることが分かります。

 

つまり、全体のポジションが売りポジションばかりとなっており、相場の転換が近い状態となっているのではないかと考えることができます。

もし、ポジションを持っていれば利食いを優先しましょう。そして、新規売りはリスクが高いので、様子見とするか反転の動きを狙います。

 

酒田五法についてはこちらで詳細を解説していますので、ご参考にいかがですか。

ローソク足はテクニカル分析の基本!酒田五法は今でも使えるのか

 

FX初心者は様子を見る姿勢も大切

窓や窓埋めの動きは相場のひとつの習性ではあるものの、FX初心者は様子見するのがよいといわれています。

なぜなら、窓ができた直後の動きや窓埋めの動きが急激で、値動きが荒くなりがちだからです。

 

これはアメリカの雇用統計や鉱工業生産指数などの発表直後の様子をイメージすればわかりやすいかもしれません。

経済指標

 

ポジティブ、ネガティブのどちらにしても予想と違った内容が発生すれば、1分足や5分足から見れば大きめの窓ができることがあります。

そして、窓から価格が順行するかと思いきや、急激に反転して窓埋めになったり、さらに窓を大きく突き抜けたり、再び反対方向に動いたりします。
 

このような状況でトレードすることは、火中の栗を拾いにいくようなもの。

値動きが落ち着いてからでも遅くはありません。

少なくとも、大切な資金を守ることができます。

 

窓はトレンドの見極めに活用できる

窓はトレンドの見極めに活用することができます。

例えば、長い期間に渡ってレンジ相場となっていたところ、あるとき窓を開けたとしましょう。

 

この場合、レンジが終了して窓が開いた方向にトレンドが発生したのかと予想することができます。

さらに、一度窓ができると、窓あたりの価格帯が強力なサポート・レジスタンスになることが多い傾向です。

 

そのため、窓埋めの動きが発生した後、窓がサポート・レジスタンスとなり、窓を開けた方向にトレンドが再開される可能性が高いといえます。

もし、窓埋めが完了後、トレンドに復帰したときにエントリーできなくても、トレンド方向に戻った可能性が高いということは分かります。

 

つまり、トレンドの見極めに使えるんです。

これにより、トレンド継続を狙ったトレードのプランを立てやすくなるでしょう。

 

下の窓埋めは絶好の押し目買いポイント

例えば価格が上に動いて窓を開けたとき、下の動きである窓埋めは絶好の押し目買いポイントとなります。

なぜなら、その後、再度上昇するケースも多いからです。

 

もし、窓埋め完了した後、再び上昇を開始すれば長期的な上昇トレンドに入りやすくなります。

うまく局面を見つけてエントリーしましょう。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 

窓を閉めて上昇すると相場は安定しやすい

窓を開けたまま上昇するより、窓を閉めてから上昇すると安定した上昇トレンドになりやすいといわれています。

なぜなら、窓埋めを行うことにより地固めが完了するからです。

 

窓埋めという現象が発生しやすいということは、テクニカル分析を知っている人なら常識です。

窓を開けて勢いよく価格が上昇するとしても、いつか窓埋めの動きになるかもしれないことを頭に入れつつポジションを取っている買い方が多くいます。

 

そのため、窓埋めが起こらず価格が上昇しつづけると、ちょっとした動きで利食いの動きが出やすくなるのです。

つまり、窓埋めをしないで上昇しつづけているとき、価格を上昇させているのは短期のトレーダーたちで、どっしりと腰の据わった買い方ではないことになります。

そのため、不安定な相場になりやすい傾向です。

一方、窓埋めが完了した後、上昇を始めると、長期の上昇トレンドを期待した腰の据わったトレーダー達が参加してきます。

 

そうなると、ちょっとした動きではポジションを手放さないので相場は安定した上昇になりやすいのです。

 

買いそびれた場合にも窓埋めを待つのが1つのポイント

窓埋めを待つ

勢いよく窓を開けて上昇するのを指をくわえて見ているのはつらいものです。

たとえ、窓埋めの動きがいつ起こるか分からないにせよ、少しでいいから利益を出したいと思う人は多いでしょう。

 

しかし、すでに解説したように、窓埋めをしていない場合、相場の動きは不安定になりやすく、上昇も継続しにくい傾向です。

利大損小のトレードが行いにくい状況といえるでしょう。

 

そのため、買いそびれた場合には、窓埋めを待つというのが賢い選択のひとつです。

窓埋めを待ってから、トレンド再開に乗るほうが、大きな利益を上げられる確率は高くなります。

 

スイングトレードを行うときの注意点

窓と窓埋めの動きはどの時間軸でも有効です。

もちろん、スイングトレードでも使えます。

 

しかも、デイトレードで使用する分足・時間足に比べ、スイングトレードで使う日足のほうがブレが少なく、窓埋めが発生しやすい傾向です。

 

スイングトレードの場合、前日の出来高に注目しましょう。

もし、窓が発生したとき出来高が急激に増えているなら、窓を開いた方向に動く可能性が高いです。

なぜなら、窓という現象が多くのトレード参加者に注目され、相場が活気づいている証拠であり、トレンド発生の可能性が高いからです。

もし、窓を開いてからの上昇に乗るならば、短期でポジションを決済しましょう。

 

スイングトレードでは特に窓埋めが起きやすいので、あまり欲張らず利益を確定しておきます。

そして、次に狙うのは窓埋めからのトレンドの再開に乗ることです。

窓埋めの動きを取ることもできなくはありませんが、トレンドではなく調整の動きを取りに行くので難易度は高いですし、値幅も小さいです。

忘れてはならないことが、もうひとつあります。

 

それは、マイナーな通貨ペアではメジャーな通貨ペアの動きや日経平均・ダウなど相場全体の動きにつられて動くので、窓・窓埋めの傾向が成立しないことが多いことです。

そのため、勝率を上げるにはメジャーな通貨ペアを選んだほうがいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は窓埋めについてご紹介しました。

 

窓ができると、相場が活発となり、急激に上昇・下落することがあり、つい追いかけてエントリーしたい気持ちになってしまう人は多いでしょう。

しかし、開いた窓は埋まる傾向にあるのです。

 

慌てて動くよりも、窓埋めが完了したのを見極めてポジションを取ることが大事です。

そうすれば、長期的な上昇トレンドに乗れる機会が増えるでしょう。

 

資金を守るという点でも、荒れた相場に参加するより、チャートのセオリー通り動く相場に参加するほうが簡単です。

初心者は、まず簡単な動き・長期的なトレンドに乗ろうとすることで、口座の資金を増やしていくことができるでしょう。

 

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

<

  SBI FXトレード (詳細はこちら)

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。

FXスキャルピングの大敵スリッページを防ぐ2つのポイントを紹介!

 

狙ったところとちがうレートで決済されてしまったんですけど!
結構儲かったと思ったのにちょっと損しちゃいましたよ……。

あら、それをスリッページっていうのよ。
でもちゃんとスリッページの対策方法もあるから、しっかり学んでいきましょう!

スリッページとは、取引をおこなった際に注文したはずのレートとちがうレートで約定してしまうことを言います。

スリッページが発生すると約定からズレた分利益の損失につながるため、スキャルピングといった小さな利幅を狙う短期取引においては死活問題になりかねません。

そこで今回は、スリッページが発生する原因から対策方法まで解説していきたいと思います!

▼スリッページの心配がいらないFX会社はこちら!▼

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
  • 10年連続約定率100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 東証一部上場企業で安心
FXプライムbyGMO
FXプライム byGMO
  • 「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で約定率100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 数少ないスキャルピング公認のFX会社

スリッページ(約定力)とは?

スリッページとは

スリッページ(約定力)とは、発注・決済したときの値と実際に約定(注文確定)したときの値がズレてしまうことをいい、「すべる」という言い方でも用いられます。

FXはFX会社を通じて取引をおこなうものですが、この取引の間に「注文をおこなう」⇒「注文をもとにFX会社がインターバンク市場へ同じ注文をおこなう」⇒「取引確定」という流れがあるためタイムラグが生じることがあるのです。

また、スリッページは相場が活発な時になると発生しやすくなります。

相場が活発ということは取引に参加している人が多い状態であり、取引の数が多い分注文が通りづらくなってしまうためスリッページが発生してしまいます。

約定がズレるということはスリッページによっては得するときもありますし、反対に損をすることもありますが、損失のデメリットを考えると歓迎されるものではありません。

短期取引に大きな影響を与えるスリッページ

スリッページ1日の取引量が多いトレーダーほど注意しなければいけません。

とくにスキャルピングやデイトレードといった短期取引手法を使った取引をおこなう方は、1日に何度も取引をおこなう分スリッページに気を付けましょう。

スキャルピングは小さな利益を積み上げる手法なので、たとえすべった数値が小さくてもスリッページが頻繁に続けば大きな損失につながります。

そのためスキャルピング等の短期取引をおこなう際は、スリッページで利益が左右されないFX会社で取引することが重要です。

スリッページを防ぐ方法その1:約定力が高いFX会社を選ぶ

スリッページにおける主な原因は、FX会社の約定力にあります。

そのため、約定力が高いということは、注文から約定までのスピードが速いのでスリッページが少なく、約定拒否も少ないことを表します。

トレーダーが望む価格とタイミングで取引ができているということを意味するので、約定力が高い会社ほど安心・安定した取引ができるといえますね。

また、スリッページの発生率や起こるタイミングはFX会社によって異なるため、スリッページによるリスクを減らすためにも、複数の口座を作っておくこともおすすめします。
それぞれのFX会社のスリッページが起こるタイミングなどを把握して、状況に応じて使い分けるのも最適です。
それでは、約定力の高いFX会社を詳しく紹介していきます。

マネーパートナーズ(100通貨から取引可能)

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは、外部機関に調査を依頼しており、サーバーの強化にも力をいれています

複数のFX会社を対象にした調査では、スリッページ発生率0%で「すべらない約定率」第1位を獲得!
調査結果は公式サイトでも公表しており、確認することができますよ。

また、100通貨(約400円※)から取引できるので、少額から取引したい場合にもおすすめです。
※レバレッジ最大25倍設定時

FXプライムbyGMO(1,000通貨取引)

FXプライムbyGMO

口座開設者の半数以上が初心者というFXプライムbyGMO。
こちらも外部機関に約定力の調査を依頼しており、調査結果を公表しています。
約定率は100%で、スキャルピングにもおすすめです。
講師による無料のオンラインセミナーもあり、直接チャットで質問できるのも魅力の一つです。

スリッページを防ぐ方法その2:許容範囲を設定しておく

FX会社によって違いはありますが、スリッページの許容範囲を自由に設定することができます。
多くの場合、取引画面の「スリッページ設定」というところで設定が可能です。

「○(任意の数値)×0.1pips」というふうに設定できます。
ここで設定を「10×0.1pips」にすれば、1pips(10×0.1)までのスリッページを許容するということになります。

この設定によって、上下1pipsまでのスリッページなら約定し、1pips以上の場合は約定しないようにできます。

スリッページはどの範囲で設定するのが適切か?

スリッページの設定

スリッページの許容範囲は自由に設定ができますが、どのくらいの範囲で設定するべきなのかは投資金額やレバレッジ、投資スタイルや相場状況などによっても異なります。

スリッページの設定例
  • スキャルピングの場合・・・0.3~0.5pips
  • スイングトレードや今の取引を必ず約定させたい場合・・・5pips
  • 値動きの激しい相場で取引する場合・・・5~10pips

とくに1pipsの差が大きな影響を及ぼすスキャルピングでは必ず許容範囲を設定しましょう。

仮にドル円取引で0.5pipsすべってしまった場合、スプレッドの0.3pipsと合わせて0.8pipsを超えなければならないため、非常に不利な取引になってしまいます。

その他の投資スタイルでは、値動きが小さい場合は0pips近くのできるだけ小さな数値を設定しておくとよいでしょう。
ちなみに、スリッページはゼロに設定することも可能です。

じゃあ、スリッページはゼロにしておけばいいんですね!

でも、ゼロにしておくと注文した価格以外では約定しないことになるわ。
値動きが激しいときはまったく約定しないなんてこともあるし。
状況に合わせて設定を変えてね。


とくに、大きく相場が動いていて早く決済しないと損失が大きくなってしまうような場合には、スリッページゼロにしているといつまでも約定できなくなります。

相場の値動きが大きいとき、許容スリッページは5~10pips程度の大きめの値にしておくのがおすすめです。

許容範囲の数値はあくまで目安なので、一度許容範囲を設定してしまえばあとは安心というものではありません。

取引スタイルや相場の状況に応じて、柔軟に変えていくことが大切です。

逆指値注文ではスリッページが効かないこともある

チャートをしっかり見る

逆指値注文はあらかじめ指定した価格以上になったときに買い、価格以下になったときに売る注文です。
その条件を満たしたときに配信されるレートで約定するため、スリッページが生じます。
これを「逆指値が滑る」ともいいます。
逆指値注文はストップロス注文とも呼ばれ、主に損切りのために行われる注文です。

ストップロス注文は損失を大きくしないために行うもので、約定させることそのものが重要になる注文ですから、許容スリッページに関わらず指定された条件を満たせば約定することになります。
逆指値注文にはスリッページ設定が効かないというよりも、設定をしても意味がないといったほうが正確かもしれません。

スリッページを意識し過ぎるのもよくない

スリッページ設定は損失を防ぐために重要なポイントですが、スリッページを意識し過ぎるのもあまりよくありません。
スリッページのような細かな値幅にこだわり過ぎてしまうと、ポジションを建てるタイミングを失いがちです。

スリッページで損をしたくないからといって、スリッページゼロにこだわり過ぎてしまうと、逆に利益を上げるチャンスを失うことにもなりかねません。
スリッページに注意しておくことは大切ですが、ある程度の許容範囲をもっておくことも大切です。

スリッページの重要性は、投資スタイルによっても異なります。
スキャルピングや、デイトレードなど短期間に何度も取引を繰り返すようなスタイルの投資では、利益に直結するため重要度が高くなります。
しかしスイングトレードや長期トレードでは利幅(利益の大きさ)も大きくなるため、スリッページの重要度は低くなります。
自分の投資スタイルによって、スリッページ対策をおこなっていきましょう。

まとめ

スリッページはFXにおいて、とくにスキャルピングをおこなうときに影響を受けます。
しかし許容範囲を設定することで、スリッページによる損失を防ぐことが可能です。
長期トレードでは必要以上に気にする必要はありませんが、取引をする上でスリッページについて理解し対策をしていくことをおすすめします。

▼スリッページの心配がいらないFX会社はこちら!▼

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
  • 10年連続約定率100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 東証一部上場企業で安心
FXプライムbyGMO
FXプライム byGMO
  • 「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で約定力100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 数少ないスキャルピング公認のFX会社

 

FX初心者なら知っておくべき!テクニカル分析の基本

 

「テクニカル分析ってたくさん種類があって把握できない」

「全部知って活用したい!」

という方もいらっしゃると思います。

こんにちは、FXの勉強をしている大輔です。
テクニカル分析の種類がたくさんあって混乱してしまいます。

まずは代表的な指標から知りましょう。

代表的なものを知っておけば、十分に役立ちますよ!

僕と一緒に身につけましょう!

 

テクニカル分析の定義

テクニカル分析とは、過去の価格動向をもとに今後の相場の動きを予想し、売買のタイミングを計るために行われるものです。

チャートは誰でもいつでも手軽に見ることができるため、利益を出すか損失を出すかは正確なテクニカル分析ができるかどうかにかかっているともいえるでしょう。


テクニカル分析は、大まかに次のように分類されます。

  • チャート分析
  • フォーメーション分析
  • トレンド系指標を用いた分析
  • オシレーター系指標を用いた分析


どの手法を用いる場合でも、その手法の特徴を知ったうえで分析を行う必要があります。

特に、指標を用いる分析では、どの種類の指標を用いるか、どう設定するかといったことを相場ごとに適切に判断しなければなりません。

 

トレンド系指標とオシレーター系指標について正しく理解し、相場の流れと売買のタイミングを予測できるようにしましょう。

 

トレンド系指標について押さえる

トレンド系指標は、相場の動向を予測するためには欠かすことができないものです。

代表的なトレンド系指標に、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドがあります。

 

これらのトレンド系指標の特徴や計算方法を理解しておくことで、どのように価格が推移してきたのかを理解することができます。

また、初心者にとって難しい「最適なタイミングでのエントリー」ができるようになるでしょう。

 

テクニカル分析の基本「移動平均線」

移動平均線模式図

トレンド系指標の代表ともいえるものが、移動平均線です。

当日を含めた過去一定期間の価格について平均値をとったもので、細かい相場変動をなだらかにして見ることができ、トレンドがわかりやすくなります。

 

他の多くのトレンド系指標を導き出すうえでも使われる考え方であるため、しっかり理解しておくことが大切です。

 

移動平均線をチャートに表示させるためには、どれくらいの期間の平均値とするかを決定する必要があります。

この計算期間は、特に明確に定められているわけではありませんが、まずは多くの投資家が利用している期間で表示させるのがよいでしょう。

 

目安としては、5、21、25、75、89、200といった変数がよく使われます。

期間が短すぎると直近の値に反応し過ぎてラインが滑らかにならない一方、長すぎると反応の速度が遅くなってしまい、有効に利用することができません。

 

まずは多くの投資家が利用する期間で表示させ、分析に慣れてきたらより使いやすいような期間を試してみましょう。

 

移動平均線の詳細についてはこちらのリンクが便利です。

他の投資家たちの動きを予測!移動平均線を用いた分析手法とは?

 

雲に注目する「一目均衡表」

一目均衡表

価格動向の推移に着目している移動平均線に対し、時間の変化に重点が置かれた「一目均衡表という指標もあります。

日本で開発されたものですが、海外でも「ICHIMOKU」、「CLOUD」とよばれ、世界中の多くの投資家が利用する指標です。

 

一目均衡表の大きな特徴が、「雲」に着目していることであるといえます。

「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた、雲のような帯状の部分です。

先行スパン1は転換線と基準線の、先行スパン2は高値と安値の平均値をとったものなので、値動きの変動差を慣らしたものであるといえます。

 

この「雲」は、支持帯(サポート)や抵抗帯(レジスタンス)として機能することも珍しくありません。

つまり、ローソク足が雲の上限もしくは下限に近付くと跳ね返される可能性が高くなります。

レジスタンスラインって何でしたっけ?
抵抗帯?

上値抵抗線、抵抗帯と呼ばれる「高値を結んだ線」のこと。
跳ね返されたりするわ。

レジスタンスラインについてはこちらのリンクをご覧ください。

価格抵抗線とも呼ばれる『レジスタンスライン』を自分の武器にしよう!

 

さらに、雲の上限を完全に上に抜けた場合には、上昇トレンドへ転換したとして買いのサインととらえることが可能です。

一方、雲の下限を完全に下に抜けた場合には、下降トレンドへ転換したとして売りのサインととらえることができます。

雲に厚みがあればあるほど強い支持帯や抵抗帯として機能することも頭に入れておきましょう。


一目均衡表では、基準線と転換線に着目してトレンドを判断するという分析方法も多く用いられます。

上昇トレンドにおいてチャートをみると、上からローソク足、転換線、基準線という順に位置していることがわかるでしょう。

 

よって、転換線が基準線を下から上に抜けたときには上昇トレンドへの転換のサインととらえることができます。

転換線は、基準線の3分の1の期間、つまりより直近の値動きを表しているともいえるからです。

 

何かと使い勝手がいい「ボリンジャーバンド」

ボリンジャーバンド3

初心者にとって使いやすいトレンド系指標の一つに、ボリンジャーバンドがあります。

アメリカのジョン・ボリンジャーという投資家が開発したもので、統計学の考え方の一つである確率論を利用した指標です。

 

レンジ相場において逆張りを仕掛けるために利用できるほか、エントリーや決済の売買タイミングを計る際にも役に立ちます。
ボリンジャーバンドをチャート上に表示させると、移動平均線と、その上下に標準偏差から求めた乖離率を表すラインが引かれることがわかるでしょう。

 

このラインはバンドとよばれますが、このバンドの内側で相場が動いているときは正常な状態です。

標準偏差は自由に設定することができ、その値によって2本のバンドの内部にローソク足が収まる確率が異なります。

 

標準偏差が±1σの場合、バンドの範囲内に収まる確率は約68%です。

同様に±2σの場合はバンドの範囲内に収まる確率は約95%、±3σの場合には約99%となっています。


移動平均線の上に位置するラインはレジスタンスライン、下に位置するラインはサポートラインとして機能します。

よって、ローソク足が上下どちらかのバンドを抜けた場合には正常な状態が崩れたと解釈することができ、バンドに跳ね返されると予測することが可能です。

 

ボリンジャーバンドを利用すると、逆張りでエントリーや決済をする際に一目でタイミングがわかるようになります。


基本的に逆張りにおいて使われることが多いボリンジャーバンドですが、順張りでのポジションの構築で利用する投資家も少なくありません。

 

ローソク足が上下どちらかのバンドを大きく抜けた場合には、それだけの異常な事態が起きた、または相場を大きく動かす力が働いたとみることができます。

 

ボリンジャーバンドを順張りにいかしてみませんか?

初心者でも扱いやすい指標!ボリンジャーバンドを順張りに活用しよう!

 

オシレーター系指標のポイント

オシレーター系指標とは、左右に振れる振り子を表す言葉で、売られ過ぎと買われ過ぎを判断し、振り子のようにその振幅から相場を測る指標をオシレーター系指標といいます。

多くの投資家が着目するオシレーター系指標には、RSI、MACD、ストキャスティクスがあります。

 

これらのオシレーター系指標もエントリーでのタイミングを見極めるうえで大変有効なものですが、使い方を理解するとともに、デメリットについても知っておくことが大切です。

 

エントリーを意味づける「RSI」

RSI

RSIは、オシレーター系指標でもっとも人気のある指標の一つです。

相場の天井や底からトレンドが転換する時期を予測する、逆張りに用いられます。

一定期間で変動した幅に対して、上昇幅もしくは下落幅がどれくらいの割合を占めているかを表していることがRSIの特徴です。

 

一般的には9日、14日間という期間で計算されます。

RSIが70%を超えると買われ過ぎの状態を表し、売りのサインととらえます。

一方、30%を下回ると売られ過ぎの状態を表し、買いのサインとなります。

売買のタイミングがわかりやすいRSIですが、だましも多いことがデメリットです。サインが出たからといってすぐに逆張りを仕掛けず、慎重に判断することが求められます。

 

RSIについてはこちらで詳細を解説しています。

FXのテクニカル指標を紹介!オシレーター系の代表格RSIとは?

 

トレンド、オシレーターどちらでも使える「MACD」

MACD2

MACDは、価格のトレンドと売買のタイミングを同時に見ることができる指標で、視覚的にわかりやすく、精度が高いため、多くの投資家が参考にしています。

オシレーター系指標であるにもかかわらず、トレンド系指標の一つである指数平滑移動平均を用いて計算されることが大きな特徴です。


MACDとシグナルという2つのラインで構成され、それぞれの方向や動きをみて分析を行います。

 

MACDがシグナルを下から上に抜き、さらに2つのラインが0水準を上に抜けてプラスに転じた場合は強い買いサインとみることが可能です。

一方、MACDがシグナルを上から下に抜け、さらに2つのラインが0水準を下に抜けてマイナスに転じた場合は強い売りサインと解釈されます。

また、MACDは先行指標としてトレンドができる前にサインを出すこともあります。

 

ローソク足が上昇トレンドを表しているにもかかわらず、MACDとシグナルの両方が下落した場合、それがトレンド転換のサインであることも少なくありません。

このような現象を逆行現象といいますが、これを見逃さずにエントリーすることができれば、より多くの利益を得ることができるようになります。

 

「ストキャスティクス」でトレンドをつかむ

ストキャスティクスとは、過去の相場における高値と安値に対して、当日の終値がどのような水準にあるかを視覚的にわかりやすく数値化した指標です。

%K、%Dという2つのラインで構成されます。

 

%D が80%以上になった場合、買われすぎと判断して売りシグナルととらえます。

%D が20%以下になった場合、売られすぎと判断して買いシグナルととらえます。

 

ストキャスティクスは、%Kと%Dを同時にみることで順張りでも利用することができます。

 

%Dは%Kよりも遅れて動くという性質を利用し、%Kが%Dを下から上に抜けた場合には買いサイン、%Kが%Dを上から下に抜けた場合には売りサインと解釈されます。

オシレーター系指標で売買タイミングを計る際に、トレンドも考慮して分析をしたい場合には、このストキャスティクスが有効です。

 

まとめ

いかがでしたか?

これらの指標は、多くの投資家が利用しているものであり、しっかり理解すれば正確なテクニカル分析の強い武器になるでしょう。

しかし、どの指標にもいえることですが、それぞれメリットやデメリット、有効に機能する相場に大きな違いがあります。

一つの指標だけに頼ってしまうのではなく、状況に合わせて複数の指標を使い、多角的にチャートを分析することが大切です。

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

  SBI FXトレード (詳細はこちら)

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。

おすすめのFX会社

GMOクリック証券株式会社

GMOクリック証券

業界最高水準スペック・高機能な取引ツールが揃っているGMOクリック証券

GMOクリック証券は、7年連続でFX取引高が世界第1位を取り続けています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

総合力が高いFX口座として有名で「業界最狭水準のスワップポイント」や「高機能の取引ツール」など、すべてのサービスにおいて他社と比較しても、トップクラスです。

また、トレーダーの資金を守る信託保全では、業界最多の4つの金融機関と契約することで信頼性が高く、いろいろな投資をしたい方にはおすすめできるFX会社になっています。

公式サイトはこちら

DMM FX(株式会社DMM.com証券)

人気とともにFX口座数がトップクラスのDMM FX

DMM FXは、ファイナンス・マグネイト社の口座数調査(2019年1月末時点)で国内口座開設数70万突破、国内口座数第1位の実績を持つFX会社です!

全通貨ペア20種類で業界最狭水準の低スプレッドとなっており、コストを最小限におさえた取引が可能です。

さらにDMMFXでは、取引するたびに現金化できるポイント(1ポイント=1円)が付与される「取引応援ポイントサービス」という特典があり、取引をした分だけスプレッド以上に稼げる仕組みになっています!

また多種多様の取引ツールを提供し、初心者でもわかりやすいシンプルな操作で取引が可能です。

取引ツールの操作や入出金方法が分からない場合でも、業界初LINEによる24時間対応の問い合わせで安心して取引できます。

公式サイトはこちら

岡三オンライン証券(くりっく365)

岡三オンライン証券のくりっく365

くりっく365口座として圧倒的支持を受ける岡三オンライン証券

複数の金融機関が提示するレートから最もトレーダーに有利なレートで取引をおこなうことができる「マーケットメイク方式」のため、市場に従ったレートそのままで取引できるので、スプレッドや約定力の心配がありません。

取引時も手数料がかからないため安心して取引をおこなうことができます。

ワンクリックですぐ注文可能な「ネットトレーダー365FX」や、他トレーダーのポジションがわかる「e-profit FX」といったトレーダーに有利なツールも利用することができます。

マーケット部門による売買シナリオのリアルタイム配信やWebセミナー情報力で初心者から上級者まで幅広くサポートが受けられます。

公式サイトはこちら

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x