DMMFX口座開設の流れ|申込時に失敗しやすい部分を合わせて紹介


DMMFXは2019年現在において国内口座数No.1と、多くの方に選ばれているFX会社です。

今回はDMMFXの口座開設から取引開始までの流れをご紹介すると共に、FX初心者が口座開設で失敗しやすいポイントを解説していきます。

DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

 

DMMFX口座開設から取引開始までの流れ

はじめにDMMFXの口座開設から取引を始めるまでの流れと、取引までにかかる必要最低日数を簡単に説明します。

1. 口座開設の申込

【所要時間5分程度】

規約の確認、開設者のプロフィール入力、投資についてのちょっとした質問の流れで作成をおこないます。

2. 本人確認書類とマイナンバー提出

【所要時間3分程度】

web上でマイナンバーカード裏表1枚、もしくは顔写真つきの本人確認書類+マイナンバー通知カードを用意します。

3. DMMFXの審査開始

【所要時間1日程度】

土日は審査されないので、最短で開設したい場合は平日金曜の午前中までには申し込みしましょう。

4. DMMFXログインID・パスワード郵送

【所要時間1日程度】

簡易書留で送られてくるので、受け取れる日時に合わせて申込をおこなうとスムーズに進められます。

DMMFXの口座開設は、目安として2日程度で郵送、最短で翌日には取引開始できます。

 

DMMFX口座開設画面入力の手順

それではさっそくDMMFXで口座開設の申込をやってみましょう。

口座開設はDMMFXの公式ページから「口座開設(無料)はこちら」のボタンをクリックで申し込み画面へ進みます。

 

口座開設時の規約のチェック

まずはDMMFXでの取引に関する文書を最初にチェックしましょう。

取引時の手数料に関する事項やリスクに関する注意が記載されているので、文書を読んで理解できれば問題ないと思います。

各文書が確認出来たらチェックリストにチェックをいれていきましょう。

DMMFXでの口座開設の規約の確認

注意点として、DMMFXで取引できるのは日本国内に居住している方のみです。

日本人であっても現在日本に住んでいない場合はDMMFXで取引をおこなうことができません。

 

お客様情報の登録

次に名前・住所等の個人情報の入力をおこないましょう。

必須項目を全て入力しなければ次の項目へ進むことができません。

お客様情報

 

職業情報・財務情報の登録

次に職業情報を入れていきます。

会社員の場合、現在勤務中の会社の入力が求められますが、DMMFXから会社へ連絡がいくことはないのでご安心ください。

DMMの職業確認

年収、金融資産・自己資産は口座開設の審査でチェックされる項目なので、正確な情報入力が必要です。

年収を大幅に増やしたり、資産を偽ると審査に落ちる可能性もあるので注意しましょう。

投資予定資金は、現在の生活から余裕を持って投資できる分の資金を入力してください。

 

投資目的の入力

職業・財務情報を入力したら、次は投資目的の入力です。

DMMFXでどういった方法でFX取引をおこなうのか入力しましょう。

短期売買はいわゆるデイトレード等の日を跨がずに決済までおこなう取引、中長期運用は取引から1週間程度の期間まで保有して決済をおこなう取引です。

為替差益は売って買っての繰り返しで稼ぐ方法、金利・配当重視はいわゆるスワップポイントで稼ぐ方法です。

DMMの投資目的

以上で口座開設に必要な入力は終了になります。

最後に確認画面から登録ボタンを押せば、DMMFXの口座開設登録が完了です。

 

口座開設用の本人確認書類の提出

口座開設の入力が完了すると、次の画面で本人確認書類の提出が求められます。

本人確認書類にはWEBアップロード・メール・FAX・郵送の4つの方法がありますが、最も簡単に完了できるのはWEBアップロードです。

今回はWEBアップロードを参考に提出方法を解説します。

 

提出に必要な本人確認書類の組み合わせ

口座開設に求められる本人確認書類には、必ずマイナンバーの確認が必要になります。

マイナンバーカードがある場合は、マイナンバーカードの裏表の画像を撮影しましょう。

ない場合はマイナンバー通知カードと顔写真つきの本人確認書類か、顔写真つきのものがなければ本人証明の書類を2点用意する必要があります。

口座開設の本人確認書類とマイナンバーについて

提出後はDMMFXの営業日内であれば、半日から1日程度で審査が完了します。

審査が通れば、登録した住所に郵送でログインIDとパスワード、振込用の口座情報が届きます。

郵送物は簡易書留で送られてくるので、必ず本人が受け取るようにしましょう。

届いたログインIDとパスワードでDMMFX公式からログインすれば、いよいよ取引開始です!

 

【要チェック!】DMMFX口座開設時の注意点

ここまでDMMFXで口座開設する流れを解説しましたが、一見すると簡単そうな口座開設も、思わぬ箇所でつまずくことがあります。

そこで口座開設を進める際に、意外と失敗しやすいポイントをまとめてみました。

口座開設前にこちらを確認しておくとスムーズに進められますよ!

 

書類は事前に準備しておこう

審査をすぐに終わらせるためにも、提出が必要な確認書類は事前に揃えておきましょう。

マイナンバーカードか、マイナンバー通知カードのどちらかの提出が必須ですが、多くの方はマイナンバー「通知」カードの方をお持ちだと思います。

こちらの場合はマイナンバー通知カードと合わせて本人確認書類が必要です。

そのため、本人確認書類もある程度提出できるものを事前に選んでおくといいでしょう。

本人確認書類に利用できるのは「運転免許証」をはじめ、「健康保険証・パスポート・住民票」などが利用できます。

 

本人確認書類に記載の住所を再確認しよう

多くの方が失敗しやすいポイントです!

申込み時の住所とマイナンバー・本人確認書類の住所が違っている場合、審査に進むことができません。

マイナンバー通知カードの裏面に住所が記載されていなかったり、運転免許証が前の住所のままだったので審査が進まなかったという経験を非常に多く耳にします。

そのため、本人確認書類の写真を撮る前に、各書類に記載されている住所が現在の住所か、記載が洩れていないか確認が必要です。

もし通知カードと免許証等どちらも前の住所のままという場合、現住所が記載されている公共料金の領収書を本人確認書類と併せて提出することで審査を進めることができます。

 

書類が受け取れる日を調整して申込しよう

口座開設申込から審査まで完了すると、DMMFXからIDとパスワードが同封された書類が自宅へ郵送されます。

このIDとパスワードがなければFX取引を始めることができません。

書類は簡易書留になっており、必ず申込者本人が受け取る必要があります。

そのため、口座開設をおこなう際はできるだけ書類が受け取れる日程に調整して申込しましょう。

DMMFXの場合、申込から早くて翌日、遅くとも3日以内に届くようになっています。

「留守がちでなかなか家にいる時間が無い…」という方は、再配達依頼でしっかりスケジュールを確認しておきましょう。

 

郵送されてきた書類は必ず大切に保管しよう

ログインIDやパスワードが記載された書類は捨てずに必ず保管しましょう。

自動ログインに頼ったままでPCやスマホが壊れてしまった場合、IDを忘れてしまうとログインできなくなる恐れがあります。

そのため、ログインIDとパスワードが記載された書類はその他の重要な書類と一緒に保管してください。

もし書類を紛失してしまった場合、問い合わせフォームでIDの再発行をお願いしましょう。

 

DMMFXの口座開設まとめ

DMMFXの口座開設申込は5分程度で完了できるので、いつでも気軽に申し込むことができます。

さらに口座開設を途中で中断しても再開できるシステムもあるので、一度に全て終わらせる必要はありません。

ただ、スムーズに口座開設をおこなうためにも、本人確認書類の準備は事前に済ませておきましょう。

仮にDMMFX以外で口座開設をおこなうことになったとしても、同じ本人確認書類のデータを使えば口座開設時の面倒を減らすことができるので便利です。

審査に関しては、しっかり正しい情報を入力すれば審査に落とされる心配はありません。

口座開設の流れが分からなかったという方は、この機会にDMMFXの口座を開設してみましょう。

 

関連記事
DMMFXの詳細はこちらをご覧ください。
DMMFXの評判|初心者も安心なメリットいっぱいの口座を徹底解説

DMMFXのアプリ徹底解説!FXはスマホだけで取引する時代に!

DMMFXのアプリは2017年にリニューアルされ、PC版の取引と変わらないくらい使いやすさが改善されました。

デザインにDMMFXらしさを残しつつも、操作性や画面配置などスマホで効率的に取引をおこなうための工夫が施されています。

今回はDMMFXのスマホアプリについて、機能面やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

DMMFXスマホアプリのメリット
直感的操作ができるデザイン
多彩な注文方法(成行・ストリーミング・指値・IFD・OCO・IFO)
チャートを4分割表示可能
チャート上で売買できるスピード注文機能
DMMFX利用者の売買比率が確認できる
出金申請もアプリから簡単
DMMFXスマホアプリのデメリット
描画ツールが使えない
チャート・テクニカルの色が変更できない
取引通信簿が使えない
DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

 

使いやすいDMMFXアプリのデザイン

DMMFXのスマホアプリはデザインがシンプルに作られており、PC版と変わらない操作性で取引をおこなうことができます。

取引で必要な情報は大きく、その他は最適な配置になっているため、長時間スマホで取引しても苦にならないような作りです。

また、横画面にも対応しているため、PC版に近づけてより本格的に取引したい方にもおすすめです。

 

チャートを見ながら同時に注文可能

今までのスマホアプリは、チャート画面と注文画面が別々になっているものがほとんどでした。

DMMFXのスマホアプリでは、チャート画面内に注文ボタンを表示させる「スピード注文機能」があるため、チャートから直感的に取引をおこなうことができます。

また、同じ画面からFIFO・損切・スリッページ設定もできるので、チャートの状況に合わせて取引設定を簡単に変更することが可能です。

DMMFXアプリ取引設定

 

チャートは4分割にして取引可能

縦画面のみで通貨ペア別のチャートを4分割表示することができます。

右上の四角ボタンを押すことで4分割チャートを呼び出せます。

4分割チャートは通貨ペアが同じもので時間足が違う並べ方から、通貨ペアが違うものまで様々にカスタマイズすることが可能です。

dmmfxアプリ4分割機能

 

横画面でもっと快適に

スマホの横画面表示にも対応しており、縦表示よりチャート画面をより大きくさせることができます。

横画面にすることでチャートが見やすくなり、よりPC版と同じ感覚で操作することができます。

特に画面が小さ目のスマホを利用している方なら、横画面の効果をさらに感じると思います。

DMMFXアプリ横画面

 

PC版とほぼ同じ機能が使える

DMMFXのスマホアプリはただデザインが見やすいというだけでなく、PC版同様に利用できるテクニカル分析や、DMMFXならではのサービスが揃っています。

さらにはFX入門ガイドも入っているので、初心者の方からプロまで幅広く利用することができます。

 

テクニカル指標が揃っている

DMMFXのアプリで使えるテクニカル分析は、トレンド系・オシレーター系合わせて以下の11種類になります。

トレンド系
・移動平均(SMA)
・指数平滑移動平均(EMA)
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・スーパーボリンジャー
・スパンモデル

オシレーター系
・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・スローストキャスティクス
・RCI

スーパーボリンジャーとスパンモデルが使えるのは驚きです!

基本的な指標からテクニックが必要なものまで、ある程度のテクニカル分析はスマホアプリ版でも揃っていると思います。

 

マーケット情報もスマホで簡単確認

チャート以外にも、マーケット情報をDMMFXのスマホアプリから確認することができます。

マーケット情報の画面では「ニュース」「経済指標」「スワップ/証拠金」の3つが利用可能です。

dmmfx市場

ニュースではリアルタイムの経済情報が速報として入ってくるので、外出中の移動時間などちょっとした時間に確認できます。

また、経済指標情報は発表前の通知設定もできるので、大事な指標を逃すことなく活用することができます。

 

DMMFX利用者の売買比率が確認できる

DMMFXのスマホアプリでは、DMMFXのユーザーが売り買いどちらに注文しているか比率を確認できる「売買比率情報」を利用できます。

現在の注文数を確認できる「注文比率」と、注文者の人数割合が確認できる「人数比率」が確認できます。

DMMFXスマホアプリ版売買比率

対象がDMMFXユーザーのみですが、それでも売買比率を調べて市場の過熱具合を理解できれば、さらに有利なトレードになることは間違いありません。

 

DMMFXアプリのデメリット

機能性に優れたDMMFXのスマホアプリですが、他のスマホアプリと比べると少し不便な部分も見られます。

今後さらにアップデートで改善されると思いますが、現状でデメリットと感じられる部分を少しご紹介します。

 

描画ツールが入ってない

DMMFXのアプリには描画ツールが入っていないため、スマホアプリ単体では線を引いたりといったライントレードができません。

現在搭載されているテクニカル指標のみでも分析はできますが、より精度を高く取引をおこなう上でも今後のアップデートに期待したい要素です。

ライントレードを使う場合はPC版DMMFXを利用するか、スマホで線を引きたいという方はGMOクリック証券のスマホアプリ等の描画ツールが使えるアプリの利用をおすすめします。

 

チャート・テクニカル指標の色を変えられない

チャートやテクニカル指標に使われる線の色を自由に変更することができません。

そのため、テクニカル分析を一度にたくさん使いすぎると少々見づらいかも可能性があります。

見分けやすいようにテクニカル分析ごと色分けはされていますが、「PC版ではこの色で使ってたのに!」という方は、使い始めの間は違和感があると思います。

 

取引通信簿が使えない

PC版では利用することができた取引通信簿ですが、スマホアプリにはこのサービスが入っていません。

スマホアプリだけでは過去の自分のトレードを振り返ることができないので、ここも是非追加してほしい要素です。

ただし、アカウントはPC版共通なので、スマホアプリで取引した情報はPC版の取引通信簿で確認することができます。

 

DMMFXのスマホアプリまとめ

FXのアプリは7年ほど前の初登場時においては、まだ取引用として使うには粗が多すぎるなど、PCでのFX取引の補助的なものという認識でしかありませんでした。

しかし、スマホユーザーの普及やスマホ自体の性能が大幅に向上したことから、各社スマホ取引ができる環境に力を取り入れています。

DMMFXのスマホアプリも、幾度ものアップデートにより現在の形まで進化してきました。

これからスマホアプリ取引を考えている人だけでなく、今までPCでの取引しかやってこなかった人や、過去のDMMFXアプリしか知らないという人も、これを機にDMMFXのアプリでスマホ取引に挑戦してみることをぜひおすすめします。

 

関連記事
DMMFXの詳細はこちらをご覧ください。
DMMFXの評判|初心者も安心なメリットいっぱいの口座を徹底解説

DMMFXの取引応援ポイントサービスとは?取引前に仕組みを知ろう


DMMFXでは他のFX会社にはないサービスとして、取引のたびに現金へ交換できるポイントが貯まっていく「取引応援ポイントサービス」があります。

ポイントは1ポイント1円に現金化できるほか、取引回数が一定回数になるともらえるポイントがアップするシステムとなっています。

今回はDMMFXのポイントの貯め方や、取引前に知っておきたいポイントの注意点を詳しくご紹介していきます。

DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

DMMFXの取引応援ポイントサービスとは

DMMFXのポイントサービス

 

DMMFXが提供する「取引応援ポイントサービス」とは、毎月の取引量に応じて現金化できるポイントが付与されるサービスです。

このポイントサービスは新規取引回数に応じてランクが上がるシステムで、ブロンズ・シルバー・ゴールドの順にポイントランクが上がっていきます。

ポイントランクが高くなっていくほど1回のポイント付与数も上がるため、よりポイントが貯めやすくなっていく仕組みです。

取引をすればするほど上がっていくシステムなので、スプレッド等のコスト面で考えてもお得なサービスといえます。

 

貯めたポイントは1ポイント1円で現金化できる

貯めたポイントは、1,000ポイントまで貯めることで1ポイント=1円で現金に交換することができます。

交換した現金は、現在利用中のDMMFXの口座に振り込まれます。

交換した現金をそのまま引き出すことも、取引用の資金として利用することも可能です。

 

取引に応じてポイントランクが上がっていく

DMMFXのポイントランクアップ条件

取引応援ポイントサービスのランクはブロンズから始まり、最終的にゴールドまでランクを上げることができます。

ゴールドまでに必要な各ランクアップ条件は下記のようになります。

・ブロンズランク⇒シルバーランク

前月の新規取引回数が200回以上、または前月までの3ヶ月連続で新規取引回数が10回以上になる

・シルバーランク⇒ゴールドランク

直近3ヶ月の新規取引実績が月間200回以上

 

条件をキープできないと1ランクダウン

ポイントランクは一度上がったらそのままというわけではありません。

前月末までに同ランクの条件をキープできなければ翌月から1ランクダウンとなります。

シルバーランクの場合

シルバーポイントランク維持条件

シルバーランク維持条件2

ゴールドランクの場合

ゴールドランク維持条件

ゴールドランクの場合毎月常に200回以上の取引が必要になります。

この条件は狙わなければ難しいと思うので、ポイントランクは3ヶ月連続10回以上取引するだけで維持できるシルバーランクを目安にした取引が安定的でしょう。

 

通貨ペアごとに獲得ポイント数が違う

DMMFXでは20種類の取引通貨ペアが用意されていますが、各通貨ペアによってもらえるポイントが変わってきます。

現在の各通貨ペア別付与ポイントは以下のようになっています。

取引通貨ペアブロンズランクシルバーランクゴールドランク
米ドル/円1pt1pt2pt
ユーロ/円1pt1pt2pt
ポンド/円1pt2pt3pt
豪ドル/円1pt1pt2pt
NZドル/円1pt2pt3pt
スイスフラン/円1pt2pt3pt
カナダドル円1pt2pt3pt
南アフリカランド/円1pt2pt3pt
ユーロ/ドル1pt1pt1pt
ポンド/ドル1pt2pt3pt
豪ドル/ドル1pt2pt3pt
NZドル/ドル2pt3pt4pt
スイスフラン/ドル2pt2pt3pt
カナダドル/ドル2pt2pt3pt
ポンド/ユーロ2pt3pt4pt
豪ドル/ユーロ2pt3pt4pt
NZドル/ユーロ2pt3pt4pt
スイスフラン/ユーロ2pt3pt4pt
豪ドル/ポンド2pt3pt4pt
スイスフラン/ポンド2pt3pt4pt

ポイントは値動きの変動が激しく、DMMFXでのスプレッドが広いものほどポイントも大きくなっているようです。

ゴールドランクになると最高で4ポイント発生する通貨ペアもありますが、シルバーランクでも3ポイントとかなり多めにもらえるので、無理にゴールドランクを狙って取引する必要はないと考えられます。

 

取引応援ポイントサービスの注意点

ポイント判定は取引数量でなく新規取引回数分

ポイントの判定は取引数量ではなく、取引回数ごとにポイントがもらえるシステムです。

例えば1回の取引で10Lot分の取引をおこなったとしても、1回分のカウントということになります。

デイトレードのような取引回数の多い手法だと、気づかないうちにポイントが貯まっていると思いますが、枚数を増やして1週間に1回程度の取引という場合、あまり恩恵が受けられないかもしれません。

 

ポイントの有効期限は1年間

DMMFXで貯めたポイントには有効期限があります。

ポイント期限は付与されてから1年間となっており、1年を超えたポイント分については期限切れ扱いとして現金化することができません。

そのため、1,000ポイント貯まった段階で現金化することを忘れないようにしましょう。

 

ポイントは二の次で考えよう

スプレッドなどのコスト面を軽減してくれるのはかなりお得ですが、1取引1円と考えるとポイント目的でトレードするのはかなり根気が必要です。

そのため、FX取引をメインとして、ポイントはあくまでボーナス的に考えるようにしましょう。

ランクアップについても、おそらくゴールドランクまではかなりの頻度で意識的に取引しなければ到達は難しいと思われます。

ゴールドランク狙いならスキャルピング取引のような短期の取引を繰り返す必要がありますが、DMMFXではスキャルピング取引は口座凍結の恐れがあるので、シルバーランクにいければ上出来くらいの考えで取引するのが一番でしょう。

 

まとめ

DMMFXのポイントサービスは他のFX業者にはない面白いシステムです。

ただ、もらえる金額を考えてもポイントをそこまで重要視する必要はありません。

ポイントのランクアップも、ある程度取引回数を維持しないといけないので、あまり意識的に考えてなくても大丈夫です。

ポイントはおまけ程度に考えて、FX取引に集中していればポイントも知らず知らずに貯まっていくでしょう。

 

関連記事
DMMFXの詳細はこちらをご覧ください。
DMMFXの評判|初心者も安心なメリットいっぱいの口座を徹底解説

DMMFXはスキャルピング禁止?口座凍結に関するうわさを徹底解明


DMMFXは業界最狭のスプレッドと取引ツールの使いやすさから、口座数が国内No.1と多くの人に支持されているFX会社です。

ただ、そんなDMMFXでも不穏なうわさを耳にすることがあります…。

「DMMFXでスキャルピングしたらいつの間にか口座凍結されていた」

「DMMFXでスキャルピングすると2度と取引できなくなる」

スキャルピングとは1回の取引を数秒~数分で終わらせ、これを繰り返して少しずつ稼ぐ手法ですが、決して悪い方法ではなく立派な戦略です。

ツイッター等のSNS上でも度々このような話題を目にすることがあります。

今回は、なぜDMMFXではスキャルピングがNGとされているのか、口座凍結される限度はどれくらいなのかを解説していきます。

DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

 

DMMFXはスキャルピングを禁止していない

そもそもDMMFXではスキャルピング取引を禁止しているのでしょうか。

実は、DMMFXには明確にスキャルピングをしてはいけないという明記はされていません。

では何がスキャルピングで引っかかっているかというと、DMMFXでは約款第7条の禁止事項の中に「短時間での注文を繰り返し行う行為」という一文があります。

この短時間での注文を繰り返し行う行為というのがスキャルピング取引に該当すると考えられているのです。

 

DMMFXのスキャルピングがNGな理由

DMMFXはスプレッドが業界内でもかなり狭いので、せっかくならこれを活かせるスキャルピングを使いたいところ。

スキャルピングもFXの立派な戦略のひとつなので、禁止されるのはかなり痛いところです。

なぜDMMFXではスキャルピングのような短期の取引をNGにしているのでしょうか。
その理由として、以下の2つが考えられます。

 

FX業者が不利益になる可能性がある

DMMFXは、「DD方式」と呼ばれる投資家とインターバンク市場の間にFX業者が入る仕組みを取っています。

この方式は、例えばトレーダーが買いのポジションを取った場合、FX業者はインターバンクを通して反対の売りのポジションを取って売買のバランスを保ちます。

この際、トレーダーが頻繁にスキャルピングをおこなうと、FX業者は反対ポジションの維持が難しくなるので損失が発生してしまう可能性があるのです。

 

サーバーに負荷がかかる

スキャルピングは何度も取引を繰り返すため、その分サーバーにも負担がかかります。

サーバーに負荷がかかれば約定がずれてしまったり、最悪の場合取引できなくなるといった他のトレーダーにも影響を及ぼす可能性があります。

このようなトラブルを避けるためにDMMFXではスキャルピングを禁止していると考えられるのです。

 

スキャルピングの限度は?

では、どれだけ短時間の取引を何回繰り返せば口座凍結されてしまうのでしょうか。

DMMFXの口座凍結について調べてみると、凍結された状況や回数は様々で、これくらいなら大丈夫といった確定的な情報は得られませんでした。

SNS上でも、数秒のスキャルピングを繰り返しているにも関わらず口座凍結されていない人や、反対に数分単位でも口座凍結されてしまったという方が見受けられます。

 

実際に問い合わせてみた結果

こうなったら直接聞いてみるしかありません!

DMMFXへ口座凍結と判定されるのはどれくらいなのか問い合わせてみました。

DMMFXではLINEを使って簡単に問い合わせができるサービスがあり、今回はこちらを利用しています。

バランスをとって「1回10分、1日10回取引」と想定して質問してみました。

DMMFX口座凍結の質問

結果、以上の回答をいただきましたが、やはり詳しい部分については教えてもらえませんでした。

しかし、分単位の取引であれば禁止事項に該当しないということは、よほど頻繁な取引でない限りは凍結の心配はないと考えていいかもしれません。

 

指標前後はかなり厳しい

スキャルピングを禁止する理由に「サーバーに負荷がかかる恐れがある」というお話をしました。

ここから推測するに、サーバーに負荷がかかる値動きが激しいタイミングでのスキャルピングは、どんなに回数が少なくても口座凍結の可能性が高まると考えられます。

実際に口座凍結された人の中には、指標前後の値動きが激しいタイミングでスキャルピングをおこなったら凍結されたという報告もあります。

そのため、指標前後のような値動きが必ず大きくなる時間帯でのスキャルピングには注意が必要ということになります。

 

口座凍結後のDMMFX口座はどうなる?

DMMFXで口座凍結後どうなる

もしDMMFXで口座凍結されてしまった場合、手持ちの口座はどういうことになるのでしょうか。

口座凍結後にDMMFXでできることをまとめてみました。

 

口座凍結の解除は不可能

DMMFXでは口座凍結されてしまうと、口座凍結の解除申請などはできません。

新たに口座を作り直すこともできないので、一度凍結されてしまうと2度とDMMFXでの取引はできないということになります。

 

口座凍結後でも出金は可能

口座が凍結されても資金が引き出せないというわけではありません。

口座凍結後は入金を受け付けておらず、出金のみ対応が可能です。

口座凍結後は口座解約に関するメールが届き、期日までに出金をするように催促されます。

また、口座凍結後は決済注文のみできるので、決済が済んでいないポジションはそのまま持ち続けることができます。

取引ツールや、確定申告の際に必要な期間損益報告書はダウンロードできるので、取引以外に関しては引き続き利用することができます。

 

DMMFXのキャッシュバック狙いならどうするべき?

おそらくDMMFXの「500Lot達成で2万円キャッシュバックキャンペーン」を目的にスキャルピングを考えていた方もいると思います。

ただ、現状DMMFXではスキャルピングに対して厳しいこともあり、あまりスキャルピングを利用してのキャッシュバック狙いはおすすめできません。

DMMFXのキャッシュバックを狙うのであれば、投資資金を増やして1度に取引するLot数を増やすか、必要証拠金が少ない通貨ペアを選んでLot数を稼ぐことをおすすめします。

DMMFXのスキャルピングまとめ

DMMFX関連で必ず話題になる口座凍結ですが、基本的に口座凍結の対象となるのはサーバーに負荷がかかるほど短期な取引の繰り返しのみです。

そのため普通の取引であれば問題なくDMMFXの利用を続けることができます。

それでも不安だという方は一度手法を変えてみるか、他のFX会社の利用もおすすめします。

 

DMMFXのキャンペーンは簡単?500Lot達成で2万円手に入れる方法


DMMFXでは新規口座開設者全員を対象に、条件を達成することで2万円がもらえるキャッシュバックキャンペーンをおこなっています。

2万円を自由に使うもよし、FX初心者なら2万円を軍資金の足しにするのもアリだと思います。

ただ、「条件が厳しいんじゃないの?」「そもそも本当にもらえるの?」と疑問もお持ちではないでしょうか。

そこで今回は、DMMFXのキャンペーンについて詳しく解説すると共に、キャンペーンを攻略するためのポイントもご紹介していきます。

DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

 

1. そもそもFXの「キャンペーン」とは?

よくFXの口座開設の特典として「キャンペーン」というのを目にすることがあると思います。

これは一定回数取引といった条件を達成することで、各社が出している様々な特典を受け取ることができるFX会社のサービスです。

例えば取引ごとに現金を受け取ることができる「キャッシュバック」や、中には食品をプレゼントしてくれるキャンペーンなど、FX会社によって様々な特典が用意されています!

キャンペーンを受け取るための条件やもらえる金額はFX会社によって大きく変わりますが、DMMFXの場合500lotを達成することで、なんと2万円がキャッシュバックされる仕組みになっています。

 

2. DMMFXの2万円キャッシュバックの条件

DMMFXのキャッシュバックキャンペーン

DMMFXでは新規に口座開設した方全員を対象に、2万円をゲットできるキャッシュバックキャンペーンがおこなわれています。

このDMMFXのキャンペーンで2万円を獲得するには以下が条件となっています。

キャッシュバック条件
・新規口座開設完了時点から3ヶ月以内に500Lot以上の新規取引を達成

補足として、LotとはFXにおける取引単位のことです。

FXではまとまった通貨を一括で1セット分として取引するシステムなので、このような呼び方になっています。

DMMFXでは1万通貨単位の取引なので、1Lot=1万通貨分の取引ということになります。

1Lot分取引するための最低資金は通貨ペアによって異なりますが、例えば米ドル円で1ドル=100円というレートでレバレッジ25倍で取引する場合、1Lotに必要な資金は最低でもおよそ4万円必要です。

1Lot分に必要な資金の5万円程度しかなくても、1Lot分で何度も取引できれば500Lotの条件はクリアできます。
ただし、資金が多ければ一度の取引に2Lot、3Lotと枚数を増やして少ない取引回数で達成もできるので、可能なら多めの資金で臨みたいところです。

 

3. DMMFXで500Lot達成までの道のり

DMMFXキャッシュバックまでの流れ

「3ヶ月もあれば500Lotいけるんじゃない?」という方もいらっしゃると思うので、実際1日あたりどれくらい取引が必要なのか計算してみたいと思います。

まず、500Lotの判定期間が3ヶ月あるとはいえFXは土日の取引ができません。

そのため、1ヶ月で取引できる日数が大体20日とすると、20×3=60日分しかありません。

ここから500Lot分達成までに必要な1日のLot数を考えると
500÷60=8.3 で、1日およそ8.3Lot分の取引が必要となります。

ということは、1日あたり8回取引するのを連続60日分繰り返せばキャッシュバックを受け取ることができる流れになります。

 

4. DMMFXのキャッシュバックキャンペーン攻略法

正直毎日8回分取引しなければいけないというのは、平日会社員をやっていてFXをやる暇がない人にはかなりつらい内容だと思います。

平日に比較的時間がとりやすい主婦や学生の方でも、毎日8回分の取引をおこなうには根気のいる作業です。

そこで、500Lot取引をできるだけ早めに終わらせるための方法をここでご紹介していきたいと思います。

 

4-1. 南アフリカランド円で一気に取引

南アフリカランド円

500Lotをクリアするために毎日8回分取引が必要とご説明しましたが、これはあくまで米ドル円で取引をする場合です。

1Lot取引に必要な資金は通貨ペアにより異なるというお話を覚えていますか?

そう、1Lotに必要な資金が一番低い通貨ペアで取引すれば、同じ資金でも一気にLot数を稼ぐことができるんです!

そこでおすすめしたいのが南アフリカランド/円の通貨ペアでの取引です。

DMMFX公式の証拠金シミュレーションを参考に、南アフリカランド円で1Lotに必要な証拠金を確認してみましょう。

ZAR/JPYに現在のレートを設定して、数量(Lot)に1を入れると、1Lotあたり3,000円前後であることが確認できると思います。

米ドル円の1Lotあたりおよそ4万円の証拠金が必要なのを考えると、南アフリカランド円なら5万円の資金で一度に10Lot分の取引ができることになります。

1日1回10Lot分を取引できれば50日で完了できるので、毎日8回分取引をする手間も必要ありません。

 

5. DMMFXのキャンペーンでの注意点

DMMFXのキャンペーンは、ただ漠然と取引をおこなっていればいいというわけではありません。

適当に取引を続けると、2万円を獲得する前に退場という可能性もあります。

ここでDMMFXのキャンペーンに挑戦する際に必要な注意点をまとめました。

500Lotを達成するためにも、以下のことを守って取引に挑戦しましょう。

DMMFXキャンペーンの注意点
  • 損切りと利確は確実に
  • 証拠金はある程度余裕を持っておく
  • 今Lot数はどれくらいか確認する
  • 短期間に連続して取引しない

 

5-1. 損切り・利確は確実におこなうこと

損切りとは取引がマイナスに進んだ際に、これ以上損失が大きくなることを防ぐためにあえて現状のマイナスで決済することです。

FX取引では基本的な損切りですが、キャンペーンを狙うならマイナスは2万円以下におさえておきたいところでしょう。

また、利益がでているからといって「まだ上昇するのでは?」と期待しすぎるのもいけません。

欲を出しすぎれば損失につながる可能性もあります。

あくまで目的はLot数を稼いで2万円を確実にゲットするということを念頭に、しっかり利確をおこなっていきましょう。

 

5-2. 証拠金はある程度余裕を持っておく

FX取引に必要な資金が証拠金です。

DMMFXであれば、5万円も証拠金があればほとんどの通貨ペアで1Lot分の取引ができるでしょう。

しかし、5万円は取引できるギリギリの証拠金になるので、万が一マイナスになった場合強制決済される可能性もあります。

そのため10万円は余裕を持って口座に入れ、1Lot分だけ取引するといった証拠金に余裕を持たせておくと安全に取引を進めることができます。

 

5-3. 今どれくらいLotを稼いでいるか確認する

「500Lot到達したと思っていたら10Lot分足りなかった…」なんてことになったら目も当てられません。

キャンペーン条件に必要なLot数は常に確認しておくことが大切です。

現在どれだけのLot数を取引したのかは、DMMFXの約定履歴画面からチェックすることができます。

 

5-4. 短期間に連続して取引しない

焦って短い時間で何度も取引をするのは避けましょう。

DMMFXでは約款の第7章の禁止事項において、「短時間で注文を繰り返す行為」を禁止しています。

これはサーバーへの負担を減らす目的で取り決めをおこなっており、最悪の場合口座が凍結される恐れがあります。

といっても、1日10回程度であれば心配はないと思われます。

口座凍結が不安な方は、証拠金を増やして一度に取引するLot数を増やすか、南アフリカランド円のように1Lotあたりの必要証拠金が少ない通貨ペアで一気に稼ぐことをおすすめします。

 

6. まとめ

DMMFXのキャッシュバックキャンペーンは一見達成が難しいように見えますが、しっかり対策ができれば問題なく3ヶ月以内には500Lot取引を目指すことができます。

もちろん500Lot分の取引なので、根気がいる作業であることは間違いありません。

キャッシュバックは新規に口座を開設した方全員が対象なので、もしこれからDMMFXでFX取引を始めてみようという方は、キャッシュバックキャンペーンも同時に挑戦してみることをおすすめします。

くりっく365なら岡三オンライン証券!情報コンテンツの充実さが最強

 

くりっく365って色々なFX会社が提供してますよね。
くりっく365でFX取引したいんですけど、どこで取引しようか迷っちゃいます。

くりっく365で取引できる業者はどこも信用性が高いわ。
中でも岡三オンライン証券は情報量豊富で初心者から上級者までおすすめよ!

岡三オンライン証券は、2006年に設立されたインターネット証券会社で、株式や投資信託なども取り扱っている大手の証券会社です。
くりっく365を取り扱う業者のなかではトップクラスの口座数なんですよ!
この記事では、くりっく365である岡三オンラインFXについて紹介していきます。

岡三オンライン証券2つのサービスがある
・岡三アクティブFX(店頭取引)
→1,000通貨単位(実質約4,000円で取引可能)
→とりたてて大きなメリットはないが、デメリットもとくにない。
・岡三オンラインFX(くりっく365)
→1万通貨単位(実質約4万円で取引可能)
→手数料無料で、くりっく365を扱うFX会社のなかでは情報量など取引環境がよい

くりっく365は公的な取引

くりっく365とは、公的な取引所である東京金融取引所でおこなうFX取引のことです。
FX会社を仲介するかたちで取引所と取引をおこなうため、どのFX会社を介しても提供される価格は同じものになっています。

日本では1998年にFXが解禁されましたが、当初は法律が整っていなかったということもありトラブルが絶えませんでした。
しかし、2005年7月にFX会社を規制するために改正金融先物取引法が施行され、それと同時に公的なFX取引であるくりっく365も誕生し、より透明性の高い取引が可能になっています。

くりっく365では、このような背景もあり厳正な審査を通ったFX会社しか取り扱っていません
ちなみに現在は16社がくりっく365を取り扱っています(2019年5月16日時点)。

透明性の高いレート表示で安心

くりっく365では、マーケットメイク方式でレート提供をおこなっています。
マーケットメイク方式とは、主要な金融機関が提示したレートのなかなら、最も安い買値と最も高い売値をリアルタイムで採用しながら提供するシステムです。

通常のFX取引の場合は、FX会社が独自にレート提供をおこなっているため価格提供に透明性がないですが、くりっく365では常に複数の金融機関が提示したレートをもとに価格を提示するため価格提供の仕組みが透明性が高くなっています。

価格提示は取引所が指定した信頼性の高い銀行や証券会社がおこなっています!
(野村證券やゴールドマン・サックス証券、三菱東京UFJ銀行など)

くりっく365のマーケットメイク

証拠金は全額が取引所に預託される

くりっく365では、トレーダーの証拠金は全額取引所に預託されます。
通常のFX取引では「信託保全」というかたちで証拠金が保全される仕組みになっているところが多いですが、くりっく365でもトレーダーの証拠金は保全されます。

くりっく365の場合は、銀行に預託されるわけではなく取引所に直接証拠金が預けられるため、公的機関に預託されるという安心感は高いといえるでしょう。
万が一FX会社が破綻するようなことがあっても資産が保全されるため安心です。

スワップポイントが売買同額で店頭取引よりも高い

くりっく365では、スワップポイントが売りと買いで同額になっています。
スワップポイントとは売買する通貨間での金利差分の利益のことで、低金利通貨で高金利通貨を買うことで受け取ることができますが、反対に金利の高い通貨を売ると支払う必要があります。
「売りと買いのスワップポイントが同じ金額だと何かメリットあるの?」
と疑問を感じている人もいると思いますが、平たくいうとトレーダーにとって支払いが多くなる事態を避けられます

通常のFX取引では、FX会社の利益にするために受取り額よりも支払い額のほうが高額になっているということも多く、トレーダーにとっては不利になっていることもあるのです。
くりっく365では同額になっていることで、両建て(ポジションを買いと売り両方同時にもつこと)した際にもコストが余分にかかることがありません。

また、くりっく365ではスワップポイントが高いという特徴があります。
以下は店頭取引でスワップポイントが高いといわれるGMOクリック証券みんなのFXで直近1カ月間から1日平均のスワップポイントを比較したものです。
※2019年4月17日~2019年5月17日(1万通貨単位)

FX会社米ドル/円豪ドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円
くりっく36595.76円39.00円13.33円106.90円12.49円
みんなのFX83.95円39.58円12.08円109.80円12.42円
GMOクリック証券81.38円33.45円10.29円80.09円-

スワップポイントが魅力のみんなのFXに劣らず、くりっく365も主要通貨をはじめとして高金利通貨のスワップポイントが非常に高くなっています。
そのため、スワップポイント目的の長期取引をする場合には、くりっく365で取引することをおすすめします。

大手が扱わない通貨ペアも充実

くりっく365が扱う通貨ペアは、30通貨ペア!
トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨や、ノルウェークローネなど大手が取り扱っていない通貨もあり充実しています。

くりっく365の取り扱い通貨ペア

スリッページが発生しにくい

くりっく365は公的な取引所を介したFXということもあり、恣意的な約定拒否はありません。
レートには取引可能な数量が常に表示されるようになっていますが、その範囲内であれば注文をいれた時点で約定します。

また、注文と約定した価格がすべることをスリッページといいますが、有利にスリッページが発生した場合は最も有利な価格で約定されます。
反対に、損する方向にスリッページが発生した場合は、あらかじめ設定したスリッページ許容幅の範囲外であれば約定されずに済みます。

岡三オンラインFX(くりっく365)の特徴

岡三オンライン証券のくりっく365サービスである「岡三オンラインFX」では、おもに3つの特徴があります。

・豊富な情報コンテンツ
・レバレッジコースを選べる
・くりっく365ラージを利用できる

豊富な情報コンテンツ

くりっく365を取り扱っているFX会社は複数ありますが、レートやスワップポイントが同じなので、その違いはサービス面に現れます。
岡三オンラインFXでは、くりっく365を取り扱うFX会社のなかでも豊富な情報コンテンツを配信しているため、取引環境がよいです。
岡三オンラインFXの情報コンテンツはおもに3つです。

 

 e-profit FX

岡三オンラインFXのe-profit

岡三オンラインFXではe-profit FXという情報ツールがあります。
e-profit FXでは、みんかぶ社アナリストの独自レポート「アフター5ストラテジー」やスイングトレーダー向けのコンテンツ「今週のスイングストラテジー」で、週ごとにレポートを参考にすることが可能!

また「買われすぎ」か「売られすぎ」かを一目で確認できる「出来高&レシオ」があるので、注文を入れる際に参考にできます。

 

 Chart Plus(チャートプラス)

チャートプラス

チャートプラスはWEBブラウザで利用できる、インストール不要のツールです。
売買建玉チャートでは、通貨ペアごとの出来高や建玉数量、売買比率を確認することができます。
「くりっく365で取引している投資家が今売りを入れているのか、買いを入れているのか」というトレード状況を一目で確認することができるのは、他社にはない魅力といえます。

また通常のチャート画面を表示できるので、テクニカル分析も手軽におこなうことが可能です。

 

 投資情報局

投資情報局は、株式や投資信託なども取り扱っている岡三オンライン証券ならではの情報ツールです。
投資に関する総合的な情報を集めることができ、アプリからでも開くことができます。
ニュースサイトのように気軽な情報チェックに最適です。

レバレッジコースを選べる

岡三オンラインFXでは、レバレッジの上限を初めから制限することができます。
レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引ができるシステムであり、入金金額や取引量によって自動的に変動する仕組みです。

レバレッジは自動で変動するため、「いつの間にか高レバレッジになっていて強制ロスカットに遭った!」という事態になる可能性もあります。
そのため、証拠金維持率を常に安全圏に保つのが難しい方は、岡三オンラインFXのようにあらかじめレバレッジが固定できるFX会社で取引することをおすすめします。

関連記事
証拠金維持率についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
証拠金維持率に要注意!目安を知ってロスカット防止につなげよう

ちなみに、くりっく365でレバレッジを選択できるのは、岡三オンラインFXインヴァスト証券のみです。

岡三オンラインFXでは、通常コースとレバレッジ1倍コースから選ぶことができ、また通常コースであればいつでもレバレッジ倍率を変更可能です。

通常コースレバレッジ1倍コース
レバレッジ25倍、10倍、5倍、2倍1倍

くりっく365ラージが利用できる

くりっく365ラージは、スプレッドを重視する投資家や法人をはじめとした大口投資家向けのFX取引です。
建玉に上限がないため、多くの注文を同時に発注することが可能です。

1回の注文は10万通貨単位で、通常のくりっく365よりも刻み値(値動き幅)が細かくなっているため、わずかな値動きでも大きな利益を見込むことができます。
また、くりっく365と比較するとスプレッドが狭くなっているのも特徴の一つです。

くりっく365ラージで取引できる通貨ペアは、人気の5種類(米ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円、豪ドル/円、英ポンド/円)!
現在は10社がくりっく365ラージを取り扱っており、手数料は各取り扱い業者によって異なります。(2019年5月16日現在)

FX会社手数料(税込み)
岡三オンライン証券 ロゴ1枚あたり1,000円
GMOクリック証券約定枚数が100枚以下:972円
約定枚数が101枚以上:756円
FXブロードネット新規注文時に1,080円
決済注文時に1,080円
外為オンライン新規注文時に1,080円
決済注文時に1,080円

岡三オンラインFXの取引ツール

くりっく365を取り扱っているFX会社のなかでも、岡三オンラインの取引ツールは専業トレーダーの利用者が多いといわれているほど、充実の高機能となっています。
証券会社ならではの情報コンテンツをツールから直接利用できるのも、魅力といえます。

・WEB版取引サイト
・ネットトレーダー365FX
・スマートフォンアプリ
・iPadアプリ
・RSS 365FX

WEB版取引サイト

初心者の方から上級者の方まで幅広く利用できるシンプルな構造の取引ツールです。
取引に必要な情報を一画面に集約しています。

またWEB版取引サイトでは「シミュレーション機能」があり、仮想のレートを設定し建玉の損益や口座状況をシミュレートすることが可能です。
「この設定でどれだけの損益がでるのか」をシミュレートすることによって、リスク管理においても役立つのではないでしょうか。

ネットトレーダー365FX

ネットトレーダー365FX

インストール型の取引ツールです。
表示したいツールだけをカスタマイズしたり、直感的な操作が可能になっています。

最大の特徴が1クリックで大口注文ができる「分割注文機能」がある、ということです。
例えば、発注上限枚数が500枚の注文で2,000枚の注文を出したいときにこの機能を活用すると、1クリックで2,000枚の注文を500枚×4回にわけて一気に発注することができます。
1クリックするだけで自動的に分割注文できるので、手間を省きつつ約定価格も大きくずれることなく発注することが可能です。

またリアルタイムのレートをエクセルに出力することができるため、データの保存などに活用できます。

スマートフォンアプリ

くりっく365で取り扱っている30通貨ペアのリアルタイムレートを配信しています。
アプリですが、31種類ものテクニカル指標を使用でき、自動でトレンドラインを表示させることが可能です。
1日に300本以上の経済ニュースで、相場変動の予測にも役立ちます。

岡三オンラインFXのスマートフォンアプリ

iPadアプリ

iPadアプリも、スマートフォンアプリと同様に直感的な操作と機能性、情報量を兼ね備えたツールとなっています。
買気配チャートや約定値チャートなども表示できるのが特徴です。

RSS 365FX

こちらはエクセルを使って自動売買をおこなうことができるツールです。
関数を組み込むことによって、プログラミングの知識がなくてもストラテジー(自動売買で選択するプログラムのこと)を構築することが可能となっています。

RSS 365FX

WEBセミナーは無料で視聴可能!

岡三オンラインFXのこの情報量、さすが大手証券会社ですね!
それに加えて、セミナーもやってるんですか?

岡三オンライン証券では過去の動画コンテンツが充実しているの。
セミナーというより、動画で自由に学べるという感じね。

岡三オンライン証券は、証券会社ならではのマーケット情報を発信しています。
FXを学べるコンテンツはおもに2つです。

東京マーケットワイド

東京マーケットワイドは、TOKYO MXで放送されている投資情報番組です。
岡三オンライン証券の投資情報部長である武部氏が出演した回を、自由に視聴することができます。

東京マーケットワイドはほぼ毎月配信されています。

株と為替の売買シナリオ

また岡三オンライン証券では、毎日セミナー資料(PDF)とともにその日の売買シナリオを配信しています。
価格動向や利益確定の予測もあるので、初心者はもちろん上級者も具体的に取引の参考にすることが可能です。

売買シナリオ

まとめ

今回は岡三オンライン証券の「岡三オンラインFX(くりっく365)」について紹介してきました。
くりっく365では、どのFX会社でも価格やスワップポイントが同じになるため、FX会社を選ぶ基準としては「情報コンテンツ」や「取引ツール」といったサービス面になります。

岡三オンラインFXではどちらも比較的充実しているため、くりっく365を利用するならおすすめです。
あなたも、より良い取引環境でくりっく365を利用してみませんか?

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ


「元手どれだけあればFXで稼げるのかな…100万円くらい必要?」

「初めてのFX取引っていくら用意したらいいの?」

多くのFX初心者を悩ませる問題といえば、「FXは元手にいくら必要か」ということでしょう。

FXも投資のひとつとして多額の資金が必要に見えますが、10万円もあれば十分始めることができます!

FXって最低でも100万円くらい必要なのかと思っていました。
そんな少額から始めても大丈夫なんですか?

いきなり100万円なんて用意しなくても大丈夫!
FXは10万円から始めても十分稼ぐことができるわ!

確かに資金を100万も用意できればその分儲ける額も増えるので、資金が多いに越したことはありません。

しかし、稼ぐことが目的のFXで多額の資金を必要とするのは本末転倒です。

そこで今回は、元手資金に10万円がおすすめである理由を紹介するとともに、儲けるためのポイントについても詳しく解説していきます。

 

初心者が失敗しないために
FX初心者のおよそ半分以上が最初の口座を適当に選んでしまい、取引に失敗してそのまま退場というケースに陥っています。
そのため、10万円でFXを始める方は、国内口座の中でも利用者が多く手厚いサポートが受けられるDMM FXで始めることをおすすめします。
DMM FXで元手10万円から始めよう
DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

1. 10万円で初心者がFXを始めるべき理由

1-1. FXは4万円あればレバレッジを使って取引ができる

まずFXは本来、1回の取引に最低100万円なければ取引を始められませんが、レバレッジを利用することで元手に最低約4万円と、少額から始めることができます。

レバレッジとは、少ない証拠金で大きな金額を取引することができるFX特有の仕組みです。

このレバレッジはFX口座に入金する資金の量で調節でき、最大25倍まで設定することが可能です。

レバレッジの仕組み

国内のFX業者の多くは基本的に、最低1万通貨単位から取引ができる設定になっています。

FX業者によっては最低1,000通貨単位の設定、レバレッジによって最低資金約4,000円から始めることができるFX業者もあります。

  • 1万通貨から取引できるDMM FX⇒約40,000円から取引可能!
  • 1,000通貨から取引できるLIGHTFX⇒約4,000円から取引可能!

 

1-2. 10万円あれば証拠金にも余裕を持って取引できる

「じゃあ4万円・4,000円の証拠金で取引できるなら、10万円もいらないんじゃない?」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、ギリギリの証拠金で取引を始めてしまうと、相場変動でちょっとでもマイナスに動いた瞬間、すぐに強制決済(ロスカット)が発動してしまいます。

そのためロスカットが発動しない相場の動きに耐えられる証拠金として、10万円が最も余裕を持って取引できる少額資金になるのです。

 

1-3. 10万円あれば1万通貨単位と1,000通貨単位どちらの口座も取引できる

1万円あれば最低約4,000円から始められる1,000通貨単位のFX会社でも始めることはできますが、証拠金約40,000円必要な1万通貨単位のFX会社は選択肢から外れてしまいます。

FX会社は通貨単位以外にそれぞれサービスや取引ツールの特徴がちがうため、1,000通貨単位の口座だけでは選択肢が狭まります。

口座開設自体はどのFX会社も無料なので、できれば選択肢が多い方が色々試しやすいですよね。

とくにメイン口座として初心者でも長期的に使っていける大手口座が使えないのはつらいところです。

FX取引の自由度を増やすという意味でも、初心者のうちは10万円を資金として始めることが推奨されているのです。

 

1-4. 10万円の方が1万円で始めるより利益もモチベーションも高くなる

資金10万円からのFX取引は、1万円からの取引に比べると、狙える利益が10倍ちがいます。

仮に1,000通貨口座で資金1万円からFXを始めるとして、米ドル/円を1ドル100円で1万円分限界まで買って、100.10円に動いた場合の利益はおよそ200円です。

一方、1万通貨口座で資金10万円からFXを始める場合、同じ額動いた場合の利益はおよそ2,000円になります。

FX資金1万円と10万円の利益差

同じ苦労で200円稼ぐのと、2,000円稼ぐのであれば断然2,000円を選びますよね!

1万円でも取引はできますが、利益面や精神面からできる限り10万円で始めた方が現実的であると考えられるでしょう。

 

1-5. 初心者はまず10万円を元手にトレードに慣れることが優先!

FXは資金が多いほど有利になりますが、FX初心者がいきなり大金で始めることはおすすめしません。

FX初心者の失敗のひとつに、大きく稼ぎたいから全額投入してそのまま全財産失ってしまうケースが少なくありません。

そのため、初心者のうちはまず10万円で少額から取引に慣れていくことが重要です。

FXはいきなり大きな金額の資金を口座に入れたからといって、安定して儲かるということはありません。

プロの投資家でも長い取引経験があってこそ大きな利益を稼いでいます。

まずは10万円を元手に勉強しながら取引経験を積んでいきましょう。

 

2. 10万円を資金にFXを始めるならDMM FXがおすすめ

DMMFX10周年キャッシュバックキャンペーン

    • 全通貨ペアを業界最狭水準のスプレッドで取引できる
    • 無料口座開設から最短翌日で取引可能
    • 「取引通信簿」で取引をデータ化して振り返り分析できる
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!
    取引通貨単位取引手数料通貨ペア数
    1万通貨0円20ペア
    スプレッド(原則固定)
    米ドル/円:0.3銭ユーロ/円:0.5銭ポンド/円:1.0銭

    DMM FXはFX口座数が国内No.1で、初心者や上級者にも幅広く利用されています。

    スマホアプリも使いやすく、どこでもお手軽に取引ができるので、お昼のちょっとした時間や通勤時間にも気軽にトレードできます。

    スプレッドも広がりにくく、取引コストもFX業者内で最狭水準なので、FX初心者の10万円スタートに有利な口座です。

    3. お試しでFXをやりたい人は、1,000通貨単位のFX業者で始めよう

    「稼ぐことよりまずはFX取引に慣れていきたい!」という方は、1,000通貨単位で取引できるFX会社を選ぶことをおすすめします。

    1,000通貨単位の口座であれば、最低約4,000円から取引することができるので少額で取引の練習ができます。

    10万円あればレバレッジも1倍~25倍まで選択でき、トレードスタイルに応じて無理のない範囲で取引が可能です。 

    1,000通貨口座なら気軽にシンプルに取引できるLIGHT FX

    LIGHTFX

    • とりあえずFXを始めたい人(口座申し込みから最短翌日取引できる)
    • デザインがシンプルで使いやすいアプリ
    • 米ドル円0.3銭の業界最狭水準のスプレッド
    取引通貨単位取引手数料通貨ペア数
    1,000通貨0円23ペア
    スプレッド(原則固定)
    米ドル円:0.3銭ユーロ円:0.4銭豪ドル円:0.6銭

    LIGHTFXはみんなのFXでおなじみのトレイダーズ証券が201810月から提供を始めたFXサービスです。

    シンプルをコンセプトにしたFX口座のため、余計な情報が入っていない初心者向け口座となっています。

    4. 10万円を複利運用すれば1億にすることも夢じゃない!?

    「でも10万円だけじゃそんなに稼げないのでは…?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

    せっかくFXをやるからには早く稼ぎたいですよね。

    じつは、資金10万円でも運用方法によっては1億を目指すことも夢じゃありません!

    その方法が複利運用と呼ばれる運用方法です。

    これは「最初の投資金+稼いだ利益分」を次の投資金にまわしてどんどん利益を増やしていくという方法です。

     

    4-1. 10万を1日10pipsで複利運用したときの増え方

    複利運用なら、資金10万円でも1日たった10pipsの利益を継続して出し続けることができれば大きく稼ぐことができます。

    米ドル/円が1日におよそ60~100pips程度動くと考えると、1日10pips程度であれば無理なく稼ぐことができると思います。

    ここで、元本10万円をレバレッジ25倍で1日10pips利益の複利運用していった場合、どれくらい資金が増えていくのか見てみましょう。

    経過日数取引枚数1日の利益総資産
    (元本と利益分)
    1日目2ロット2,000円102,000円
    10日目2ロット2,000円120,000円
    20日目3ロット3,000円144,000円
    60日目7ロット7,000円326,000円
    120日目27ロット27,000円1,218,000円
    240日目417ロット417,000円18,502,000円

    スタートから1ヶ月(20日目)の利益はおよそ4万円程度です。

    これを1年間少しずつロットを増やして複利運用すれば、元本+利益で18,502,000円と、およそ2000万稼ぐことができる計算です。

    この流れで行くと、3年後には1億に到達する計算となります。

    せいぜい一泊二日の国内旅行が関の山だった資金が、たった3年で世界旅行を50周はできる資産に!

    これぞ複利の力を利用した運用方法です!

    「もっと早く稼ぎたい!」という方は、1日の取引目標を10pipsの2回取引にすれば上記の半分の期間で稼ぐこともできます。

     

    4-2. 実際のところ複利運用で利益を出すのは難しい

    注意してほしいのが、この運用方法はあくまで全ての取引に勝ち続けることを前提とした計算ということです。

    初心者のうちはそもそも毎日勝ち続けることがかなり難しいことや、10pips確実に勝てる保証もありません。

    仮に勝ち続けることができたとしても、途中から欲が出てしまいトレードルールを破って失敗してしまったという人も少なくありません。

    FXは誘惑に負けた時点で今まで築き上げてきたものが全て崩れ去る可能性があります。

    そのため、まずはしっかりとした口座選び、さらに目先の利益に惑わされないための取引ルールをしっかり取り決めていきましょう。

     

    5. 10万円が元手なら株や仮想通貨よりFXの方がいい?

    FX以外にも、10万円を元手にして始められる投資としては株や仮想通貨があります。

    「10万円で始めるなら株や仮想通貨取引の方が儲かるんじゃないの?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

    正直なところ、初心者が10万円を元手に投資をするならFXは最もハードルが低く適した投資であるといえます。

    なぜFXが10万円いいのか、株や仮想通貨と比較しながら見ていきましょう。

    FX仮想通貨
    投資対象各国通貨仮想通貨企業
    対象数20通貨ペア以上1,000種類以上3,500社以上
    必要最低資金4,000円~1万円~数万円~
    レバレッジ~25倍~25倍3倍
    取引手数料0.3銭~3円~80円~
    取引時間平日24時間24時間365日平日9時~15時

     

    5-1. FXは投資対象として安全性が高い

    投資先でポイントになるのが投資対象の安全性と規模です。

    株は会社の経営状況によって変動があり、経営状況が良くなれば株価も上がりますが、悪化すれば株価も下がり、最悪の場合上場廃止等で紙切れ同然の価値になることもあります。

    一方でFXは外国為替という国ごとの通貨が投資対象であり、対象の国がなくならない限りは安全な投資対象なのです。

    また、FXは対象数が50以上あるのに対して株は3,500以上です。

    一見株の方が選択肢が多く有利に見えますが、対象が多すぎるとどれを選んだらいいのか初心者にはわかりづらく、かえって取引しづらくなります。

    仮想通貨については、法整備がまだ進んでいないことによる不安や、FX以上に先が読めない状況が多くギャンブル性が高いことから、投資初心者の方にはおすすめできません。

    そのため少額で安全に始める投資としてはFXが有利といえるのです。

     

    5-2. FXは少額でも株や仮想通貨より余裕を持って始めることができる

    株は銘柄により数万円から始めることもできますが、低リスクな銘柄で始めようとすると最低でも数十万必要とされるほど初期の投資額が高くなりがちです。

    仮想通貨は最低でも1万円用意できれば始められますが、初心者には変動が激しいことや取引所のセキュリティ問題といったリスクが大きすぎます。

    FXは1,000通貨単位の口座なら最低でも約4,000円から始めることができ、信託保全によって利用者のお金が守られるため、資金10万円で余裕を持った取引ならFXが最適です。

     

    5-3. FXは取引コストが圧倒的に少ない

    株の場合、1回の取引時の手数料で最低およそ80円から、仮想通貨では銘柄や販売所によりますが最低でもおよそ3円からです。

    FXはスプレッドが実質の手数料ですが、このスプレッドが1回の取引で最低でも0.3銭~とかなり低い手数料となっています。

    さらに仮想通貨の場合、販売所によっては入金時・出金時、さらにレバレッジをかける場合に手数料が必要になります。

    FXではスプレッド以外の手数料は一切発生しません。

    そのため、元手10万円という余計な手数料がかけられない資金での投資ならスプレッド以外の手数料が必要ないFXが向いています。

     

    6. 資金10万円で利益を出すための大事な6つのポイント

    6-1. まずは1ヶ月の利益1万円を意識してトレードすることから始めよう!

    複利運用のありなしに関わらず、はじめのうちは1ヶ月の利益1万円を目標にしてFX取引しましょう。

    目標もなしにFX取引をしてしまうと、そのままギャンブル感覚での取引になりかねません

    はじめのうちは1ヶ月の利益1万円を目安に取り決めて、計画的に利益を積み重ねていくことを覚えるのが大事です。

     

    6-2. 10万円からのトレードスタイルはスキャルピングかデイトレード

    FXはほかの投資とは違い、平日24時間取引することができるのがひとつの魅力です。

    取引ができる時間が多いことから、FXは取引時間に応じた様々な投資スタイルが存在します。

    その中でも10万円でFXを始める場合は、スキャルピングデイトレードをおすすめします。 

    スキャルピング数秒~数分で小さい値幅で取引する超短期スタイル。
    一瞬の値動きの利益を狙います。
    デイトレード注文した当日以内に決済する短期スタイル。
    相場観に慣れていないFX初心者におすすめ。

    スキャルピングとデイトレードのような短期取引のメリットは、ポジションを1日以内に決済するために資金管理がしやすいことです。

    スイングトレードと呼ばれる1日~1週間程度ポジションを持つ投資スタイルの場合、寝ている間に相場が大きく動くリスクがあるため、急な変動が10万円だと致命傷になる可能性があります。

    また、個人差はありますがポジションを抱えて寝ることになるので、見えない不安でメンタルに支障をきたすデメリットも考えられます。

    スキャルピングやデイトレードでは寝る前に必ず全ての決済を済ませることになるので、1日の利益と損失も把握しやすく、体調面の不安もありません。

    また、1日で取引する経験が自然と増えていくので、為替相場の動きにも慣れていきます。

    そのため、はじめのうちはスキャルピングやデイトレードでコツコツ利益を積み、資金を増やしてから様々なトレードスタイルに挑みましょう。

     

    6-3. 目先の誘惑に負けない・焦らない

    FXの取引に慣れ始めてきたり、順調に利益を出し続けているとやってくるのが「目先の誘惑」です。

    FXはそもそもお金を稼ぐための手段にすぎないので、目の前に稼げる誘惑があれば必然的に乗ってしまうのがヒトというものです。

    例えば1日10pipsの利益というルールを課しているとして、たまたま数秒で10pipsまで稼いでしまったとしたら…

    「調子がいいから今日はもっと稼げるかも!」

    「もっと待ち続けたら、倍以上稼げるのでは…」

    ここでルールを守って10pipsの利益で終わらせられるかどうかがFX初心者最初の壁です。

    誘惑に負けて当初のルールを破れば欲も大きくなっていき、最終的にどこかのタイミングで大きな損失として返ってきます。

    10万円という少額取引は、スキャルピングなどでコツコツと利益を積み上げていく忍耐があって初めて成り立つ手法です。

    まずは誘惑に負けない精神力を鍛える練習として、ルールを1ヶ月徹底してやりきることを目標に取引をおこなっていきましょう。

     

    6-4. FXは相場分析が重要!

    FXで利益を出していくためには、日々の相場の分析は欠かせません。

    相場を分析し、値動きを予測することで、有利なポジションを保有していきます。

    そして、相場分析する手段にはテクニカル分析ファンダメンタルズ分析の2種類があります。

    テクニカル分析過去の相場の値動きからパターンなどを分析し、今後の相場を予測する手法。
    トレンド系オシレーター系2種類がある。
    【例】移動平均線・ボリンジャーバンド・ストキャスティクス
    ファンダメンタルズ分析要人発言や経済指標などの経済情報から、今後の相場の値動きを予測する手法。
    取引する通貨ペアによって異なる
    【例】米ドル/円・・・米雇用統計や失業率
       ユーロ/円・・・ECB政策金利発表やドイツGDP

    利益をあげられていない多くのトレーダーは「テクニカル分析しかしていない」「毎日ニュース見ているだけ」など、ひとつの分析だけをしているパターンになりがちです。

    相場の分析をするときはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせておこないましょう

    組み合わせておこなうことで相場の値動きの予測する精度を高めることが可能になります。

    FXのチャート分析の基本であるテクニカル分析を詳しく知りたい方はこちら

    6-5. 一度に取引する金額(ロット数)を決める

    一度に大きく利益を取りたいからといって、証拠金ギリギリのロット数での取引は避けましょう。

    初心者の多くは少額の中でとにかく儲けようと、取引限界ギリギリのロット数でエントリーしてしまいがちです。

    10万円あれば、1万通貨単位の口座だとおよそ2ロット分(約8万円分)取引できますが、ポジションと反対に動いた瞬間にロスカットになるほどギリギリの取引です。

    10万円で始める場合、まずは1ロットで無理のないエントリーから始めることをおすすめします。

    ある程度資金が増えてきたら、レバレッジと相談しながら少しずつロットを増やしてドンドン稼いでいきましょう。 

     

    6-6. 損切りラインで損失を最小限に

    FXで損失を抱えている場合、それ以上大きな損失を避けるために損失を抱えたまま決済してしまうことを損切りといいます

    といっても、どれくらい損失が出たときに損切りしたらいいのか初心者には難しいと思います。

    当たり前ですが、10万円を資金にしているのに損切りのラインをマイナス5万円としたら資金の半分は消えることになるので、これでは損切りの意味がありません。

    そこで、損切りのカンタンな考え方として、損切りラインは1回の利益目標の半分を下回るくらいが目安と考えておきましょう。

    例えば、1回の取引での利益目標を2,000円としたら、損切りラインはマイナス1,000円以下になるようにしておきます。

    これで1回目の取引がマイナス800円の損失となっても、2回目の取引で2,000円の利益を出せば結果としてプラス1,200円の利益になります。

    このように損切りラインを決めて「損は小さく利益を大きく」していくことで、少しずつ資金を増やしていきましょう。

    初心者のうちは、チャートの誘惑に負けそうになると思いますが、しっかり損切りラインを守ることが今後につながるので頑張っていきましょう!

    資金管理について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

    7. まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    元手が10万円でも少額で大きな取引ができるレバレッジを利用すれば、初心者でもFXを始めることが可能です。

    スキャルピング等で複利の力を利用すれば大きく稼ぐことも可能ですが、その分スキャルピングでは多くの誘惑に打ち勝たなければならないことを覚えておいてください。

    またFX「相場分析・トレードスタイル・資金管理」3つを実践することが大事です。

    最小限に損失を抑えつつ、コツコツと利益を積み上げていくことができれば大きな利益を稼ぐトレーダーになれるでしょう。

    元手10万円で始めるのにおすすめのFX業者はここ!
    DMM FX

    10万円から始めるならDMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供!
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!
    LIGHTFX

    LIGHTFX

    • 1,000通貨単位(最低4,000円から)取引可能!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供!
    • 新規口座開設+取引で50,000キャッシュバックキャンペーン開催中!

     

    サラリーマンの副業はFX取引がベスト!おすすめ投資スタイルを紹介

     
    近年「働き方改革」などの影響により本業とは別に副業をする人も増えてきて、政府も副業を推奨するようになってきました。

    たとえば、安定した収入に上乗せして副業で2~3万円稼げたら……。

    • 家賃や光熱費、食費などの生活費の足しにできる
    • ローンなどの支払いが少し楽になる
    • いつもよりちょっと贅沢な食事ができる
    • 心に余裕が持てるので、もしかしたら仕事もリラックスしてやれるかも?

    いつもの生活にちょっとした選択肢が生まれるかもしれません!

    また現代は昔のように終身雇用や年功序列などが薄れてきて、
    「ボーナスがもらえない・・・」
    「このままじゃ昇給は望めなさそう・・・」
    と給料面での不安を払拭できるのが副業とも言われています。

    とはいえ副業といっても色々あるし、サラリーマンをしながらの副業なら簡単なものがいいですよね。

    そこで、サラリーマンが始めるのにオススメする副業こそFXなんです!

    FXは他の副業に比べて、片手間で副収入を稼ぐことのできる魅力的な投資になります。

    今回はFXがサラリーマンにおすすめの理由や、副業として稼ぐコツなどを詳しく紹介していきます。

    サラリーマンの副業にオススメのFX会社
    初めてのFXならGMOクリック証券

    GMOクリック証券

    • FX取引高が7年連続で世界第1位!※
    • スマホアプリ高機能かつ操作性が抜群
    • 米ドル円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準のスプレッド
    自動売買で簡単取引のFXブロードネット
    FXブロードネット
    • 24時間自動で利益をコツコツ積み上げる「トラッキングトレード」
    • 少額の1,000通貨から取引可能!
    • 業界トップクラスの低取引コスト

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

    1. サラリーマンの副業にFXがおすすめな理由

    1-1. 副業禁止の会社でもFXなら大丈夫

    会社の就業規則として副業が禁止という方も多いと思いますが、FXなら問題なく副業として始めることができます!

    まず前提として、会社の就業規則で副業を禁止することに法的な根拠はありません。

    会社側が雇用契約上で社員に制約できるのは就業時間中のみであり、帰宅後といった業務時間外の行動を縛ることはできないからです。

    それでも副業禁止を強くおしてくる会社もあると思いますが、そもそもFXは投資にあたるので、副業という位置づけにあたりません。

    そのため、副業禁止の会社員が安心して副業をおこなうのにピッタリなのがFXなのです。

     

    1-2. 他の副業に比べてFXは簡単にすぐ始められる!

    何か副業を始めようとして、「やっぱり忙しくて副業をやってる時間がない!」と思われて副業を断念された方も多いでしょう。

    FXはFX取引口座資金の2つを揃えるだけで始められるため、ほかの副業に比べて簡単に始められます。

    FX取引を始めるにはFX取引口座と資金を準備するだけ

    FX取引口座は開設費や維持費が一切かからず、無料で口座開設することが可能です。

    口座開設する際にはマイナンバーと本人確認書類の提出が求められますが、写真を撮ってweb上にアップロードして送るだけで提出することができます。

    口座開設の申込み自体は5分程度で済むので、提出書類さえそろっていれば、ほんの空いた時間でも申請することができるでしょう。

    そして、口座開設の審査は営業日内である場合は約半日~1日以内で完了し、IDとパスワードが届き次第入金して取引を始めることができます。

    ⇒最短5分でできるFXの口座開設の手順について知りたい方はこちら

     

    1-3. FXの副業なら少額から取引を始められる!

    FXが副業において最も魅力である理由が少額から取引を始められることです。

    少額の資金で大きな金額の取引をすることのできるレバレッジと呼ばれる仕組みがFXにあり、最低でも約4万円または余裕を持って10万円程度の資金から始めることができます

    レバレッジで元手資金10万円でFX始められる

    基本的には1万通貨からの取引が基本になりますが、FX会社によっては1,000通貨単位から取引ができるところもあります。

    1,000通貨単位である場合は資金約4,000円、余裕を見ても1万円程度あれば取引を始めることが可能です。

    ただし、資金ギリギリの取引は非常にリスクが高いため、資金には多少余裕を持っておくことが大事です。

    余裕資金の中から投資にまわせるお金は、どの通貨単位でも余裕をもって取引のできる10万円以上の資金を準備することがベストです!

     

    1-4. 儲かりやすい時間帯が帰宅後から!

    FXで利益を狙いやすい時間帯がサラリーマンの帰宅後の時間にあたります。

    FXが取引可能な時間帯は、月曜日の朝7:00頃~土曜日の朝7:00頃まで(夏時間は6時頃)の間になります。

    ですが、FX市場の動きが活発になる時間帯が22:00~25:00と、サラリーマンの仕事終わりにピッタリな時間帯なんです。

    これはニューヨーク市場というFXで最も大きな為替市場が開くためであり、この時間になると世界中のトレーダーが参加するので値動きが大きくなり、その分利益を狙いやすくなります。

    値動きが大きいと、たった1回のトレードで5,000円~1万円の利益を狙うことができます。

    仕事終わりのFXは疲れていることもあってトレードはせいぜい1、2回が限界でしょう。

    なので1回の利益が大きくなる時間帯が狙えるという意味でも、サラリーマンの帰宅時間と噛み合っているFX取引こそ、副業として最適なのです。

     

    2. サラリーマンの副業におすすめの投資スタイルは2種類!

    まず初めに、FXには以下のような4つの投資スタイルがあります。

    基本的に投資スタイルは、1回の取引にかかる期間、またその期間中の戦略によって手法が決まります。

    • スキャルピング(超短期取引)・・・数秒~数分の取引で数銭~数円の利益を狙います。
    • デイトレード(短期取引)・・・その日ポジションを持ったらその日のうちに決済をします。
    • スイングトレード(中期取引)・・・1回の取引が数日~数週間になります。為替相場の1周期の大きな流れを狙います。
    • 長期保有・・・1回の取引が数か月~数年で主にスワップポイント(金利)狙いの人向けです。

    2-1. サラリーマンの副業なら短期取引がピッタリ!

    FXを副業として始めるサラリーマンであれば、短期取引であるスキャルピングとデイトレードがおすすめです。

    サラリーマンの場合、自然と昼休憩や仕事終わりなどの限られた時間の中で取引をおこなっていくことになるでしょう。

    そのため、ちょっとした時間を使って取引するスキャルピングやデイトレードといった投資スタイルがピッタリです。

    さらにスキャルピングやデイトレードなら日をまたいでポジションを持つこともないため、仕事中にFXを気にする必要がありません。

    短期取引するなら総合力No1のGMOクリック証券

    GMOクリック証券

    • 米ドル円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準のスプレッド
    • スマホアプリが高機能かつ操作性が抜群!
    • スワップポイントも高い水準を維持

    GMOクリック証券はFX取引高が7年連続の世界1位に輝いた人気のFX会社です。※ファイナンスマグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

    業界最狭水準のスプレッドに加えて、高性能のスマホアプリツール「GMOクリック FXneo」や高水準のスワップポイントと提供しているFXサービスが総合的に優れています。

    通勤中や昼休憩などの空いた時間で取引することを考えると、スマホアプリに優れたGMOクリック証券がオススメです!

    3. どうしても取引できる時間がないときは自動売買

    「日中の相場が活発な時間でも利益を稼ぎたい」「寝ている時間も取引したいけど、明日仕事ある・・・」という方にはFXの自動売買サービスの利用もオススメになります。

    自動売買とは、為替チャートの分析や新規注文の発注、決済を24時間自動ですべておこなってくれるツールです。

    各FX会社によってプログラムを選択するだけで運用できるものや、自分でプログラムを作成したりする自動売買など初心者から上級者用まであります。

    また自動売買は24時間自動で取引してくれること以外にも大きなメリットが2つあります!

    • トレーダーの感情を挟まない取引で効率よく利益を大きくできる傾向がある。
    • 初心者でもプロの投資家が作成したプログラムを利用してプロと同じ取引ができる。

    ただし、自動売買は定期的に運用しているプログラムを入れ替えることが大切です。

    自動売買のプログラムは要人発言や経済指標の発表などの影響で為替が大きく変動し、うまく機能しない場合あります。

    そのため、定期的にプログラムがうまく機能しているかを確認し、相場状況に合わせて利益を出すことのできるプログラムに変更することが重要です。

    FXの自動売買を利用するなら初心者でも扱いやすいFXブロードネットの「トラッキングトレード」がオススメです。

    FXは自動売買におまかせ!FXブロードネット

    FXブロードネット

    • 少額の1,000通貨から取引できる!
    • 業界トップクラスの低取引コストを提供!
    • 今話題の24時間利益をコツコツ積み上げる自動売買「トラッキングトレード」

    FXブロードネットのトラッキングトレードは最初の注文を4つの項目を選ぶだけで、24時間トレーダーの代わりに取引してくれます。

    そのため、日中忙しい時間や寝ている間でもFXで稼ぐことができます。

    また1,000通貨から取引することができるので、最低資金約4,000円から自動売買を始めることも可能です!

    4. サラリーマンがFXを副業にする際注意するべき4つのポイント

    サラリーマンがFXを副業にする上で注意点がいくつかあります。

    まず証券会社、銀行、保険会社で働いている方はFXを禁止されている場合が多いので、FX会社の記載をあらかじめチェックしておきましょう。

    また、自分が働いている会社が副業を禁止しているかどうかを確認しておく必要があります。

    ではここから、4つの注意点をお話ししていきます。

    4-1. FXの確定申告は利益が20万円を超えたとき

    FXで得た副収入は雑所得にあたるので年間20万の利益を超えなければ確定申告の必要はありませんが、20万を超えた場合は確定申告が必要です。

    確定申告が必要な場合、自身で税の計算をおこない確定申告書を提出して税金を支払うことになります。

    ここで注意するポイントが、そのまま確定申告をおこなうとFX分の住民税の情報が会社に知られるため、副業がバレる可能性があるということです。

    副業がバレないようにする対策として、確定申告書作成の際に住民税の納付方法を「自分で納付する」にチェックする方法があります。

    「自分で納付」にチェックを入れると、給料分の住民税のみ会社から天引きされるため、残りの住民税を納付するだけになるので副業バレを防ぐことができます。

    4-2. 取引が本業に影響のないようにする

    サラリーマンがFXをやる上では本業に影響を出さないようにすることが大切です。

    副収入が大きくなってくると「今、為替相場はどうなってるのかな?損失が大きくなったらヤバイ……」と、本業の仕事が手につかなくなってしまうかもしれません。

    また、投資スタイルのスイングトレードも注意が必要です。

    スイングトレードは取引開始から決済まで1週間程度なので、あまりFXに慣れていない方だと仕事中でも相場の変動が気になってしまうでしょう。

    そうならないためにも、「逆指値をあらかじめいれておく」、「決済はその日のうちに済ませる」など、本業に影響が出ない取引を心がけることが重要です。

    4-3. 資金管理をしっかりして損失を減らす

    FXでは利益を出すことも重要ですが、「いかにして損失を減らすか」という考え方が一番大切です。

    FXでは自分の資金を担保に取引をおこなうため、損失が膨らんでいけば当然資金は減っていきます。

    自分の資金を守るためにも、以下のことに注意しましょう。

    • 自分の資金に見合った取引量や取引スタイルで取引をおこなう
    • エントリー前に損切りポイントを決めて、損切りポイントに到達したら必ず損切りを実行する

    損切りをすると損失が確定することになるので、一見マイナスなイメージかもしれませんが、損失をそれ以上大きくしないためにも大切です。

    自分の資金を守るためにも、感情的になるのをおさえて冷静に取引していきましょう。

    資金管理についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
    ⇒FXは資金管理が重要!初心者にもわかりやすい資金管理講座

    4-4. FXの知識や経験も大切

    FXで副収入を得るには、ただやみくもな取引をしても意味がありません。

    知識がないまま取引をしていても、チャート上のサインに気づかなかったり、エントリーポイントや損切りポイントが分からずそのまま退場となってしまうこともあります。

    FXで利益を伸ばしていくためには知識と経験を積み重ねていくことが大切です。

    知識を活かし、自分の予測と実際の相場の動きがどのようにうごくのかを照らし合わせていくことでチャートのサインに根拠を持って取引をすることができるようになってきます。

    勝率を上げるためにもコツコツ勉強と経験を積み重ねていきましょう。

    FXの勉強のやり方についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
    ⇒FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

    5. まずは毎月2~3万円の利益を狙ってみよう

    FXは通貨ペアによっても動きが激しいものやゆるやかなものがありますが、一番オーソドックスな「米ドル/円」の場合だと1日に動く値幅は約0.5円(50 pips)~1円(100 pips)ほどを狙っていきます。

    ただし、最安値から最高値を狙うのはプロの投資家でも難しいので、まずは1日に狙う利益は10pips~20 pipsほどを目安にしてみましょう。

    取引量と1ヶ月の利益に対しての資金の目安を、下の表にまとめました。
    ※資金は1,000通貨の取引ごとに1万円の資金で計算しています。

    利益早見表
    (レバレッジ25倍)
    5pips10pips20pips
    1,000通貨単位 (資金1万円)月1,000円の利益月2,000円の利益月4,000円の利益
    1万通貨単位 (資金10万円)月10,000円の利益月20,000円の利益月40,000円の利益

    毎月2~3万円の利益を出そうと思うと毎日10pipsの利益を目標とした場合は、資金10万円~20万円ほどが目安になります。

    毎日20pipsの利益が20日間取れた場合は、資金10万円で月4万円の利益を出すことができる計算になります。

    そして、サラリーマンの1日の時間のうち22時~24時は相場も活発な時間帯であり、10pips~20pipsの利益を稼ぐにはおすすめの時間帯です

    22時から24時が相場が活発な時間帯

    しかし、FXはプロの投資家でも全勝することは難しいといわれているので、「毎日必ず10pips利益を取らなきゃ!」ときっちり決めるのではなく、「トータルでプラスになればいいな」と気楽に構えていたほうがいいかもしれません。

    だいたいの目安を決めてコツコツと取引を続け、利益を積み重ねていくことが大切です。

    6. FXの副業でサラリーマン年収と同じくらい利益を稼ぐには?

    FXをサラリーマンの副業としておすすめしましたが、おそらくここを見に来た方の多くは、こういう期待が多少あるのでは?

    「もしFXで同じ年収分を稼げるようになったら今の仕事を辞めたい……」

    そこで年収を400万円と定めて、FXで同じ金額を稼ぐために必要な資金や、1日にどのくらい利益を上げればいいのか見ていきましょう。

    単純計算で年収400万円÷12カ月=約34万円なので、年収400万円を目指すなら1ヶ月に34万円ほど利益を上げる必要があります。

    月に20日間、利益を出した場合だと、34万円÷20日=1日17,000円の利益が必要になってきます。

    下の表は、1日に17,000円の利益をあげるために必要な資金・取引量・pipsになります。

    年収400万円稼ぐために必要な資金と利益
    自己資金取引量1日の利益
    30万円5万通貨40pips
    50万円7万通貨30pips
    100万円10万通貨17pips
    200万円20万通貨9pips

    注:税金を考慮しない場合

    5万通貨で取引をした場合は1日に必要な利益は40pipsになりますが、1日で40pipsを取るのはなかなか難しいといえます。

    また資金に対してポジションを持つのに必要な証拠金がギリギリだと、急に大きく相場が変動したときに強制ロスカットされてしまうことも考えられます。

    目安としては、レバレッジ10倍程度で取引をすることがおすすめです。

    たとえば以下の計算式の通り、資金10万円で1万通貨の取引をするとレバレッジ10倍となります。

    米ドル/円が100円だとすると、100円×1万通貨=100万円
    資金10万円×レバレッジ10倍=100万円

    5万通貨の取引をするなら資金50万円、10万通貨の取引をするなら資金100万円ほどが目安になります。

    まとめ

    今回は、FXがサラリーマンの副業におすすすめな理由をご紹介しました。

    FXは副業の中でも少額で24時間取引をおこなうことができます。

    為替相場が活発に動く時間帯が22時から24時頃なので、FXは帰宅後の時間で副業するのにぴったりの方法です。

    FXで副収入を稼ぐには、とにかくスキャルピングやデイトレードで少しずつ利益を積み重ねていくことが大切です。

    短期取引で本業に支障をきたさない程度に稼いでいくことが大きな副収入への近道になります。

    副業をお考えのサラリーマンの方は、FXを始めてみてはいかがでしょうか。

    サラリーマンの副業にオススメのFX会社
    GMOクリック証券

    GMOクリック証券

      • FX取引高が7年連続で世界第1位!※
      • スマホアプリ高機能かつ操作性が抜群
      • 米ドル円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準のスプレッド
      • ※ファイナンスマグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
    FXブロードネット
    FXブロードネット
      • 24時間自動で利益をコツコツ積み上げる「トラッキングトレード」
      • 少額の1,000通貨から取引可能!
      • 業界トップクラスの低取引コスト

     

    初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

    最近FXを始める人が学生からサラリーマンまで幅広く増えており、自分もFXを始めてみたいという方も多いと思います。一方で…

    「FX始めたいけどやり方が分からないし、まず何を準備したらいいんだろう…」
    「FXって借金背負うって聞いて怖いよ…」
    FXについてこういった不安や疑問で、なかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

     

    FXのやり方が分からない初心者でも、仕組みを理解できれば決して怖いものではありません。
    しかし、FXは9割の人が負けると言われるほど厳しい世界であることも事実です。

     

    そのためFXの業者選びから正しい知識を身につけるところまで、しっかりとした準備が大切になります。

     

    そこで今回はFXを始めるために準備するものや、口座開設の詳しい手順から初めての取引までFXのやり方をわかりやすく紹介していきます!

     

    FXの始め方手順はたった3ステップ

    初めて口座開設するなら総合力No.1のGMOクリック証券

    預かり資産No.1
    • FX取引高が7年連続で世界第1位!※
    • パソコンやスマホでの操作性が高く使いやすい
    • 24時間の無料サポート体制で安心

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月

     

    FX口座は複数ありますが、始めるなら無難にスプレッドの狭さ取引ツール・スマホアプリの使いやすさ等が評価されるFX会社を選ぶことが大切です。
    初めてのFX口座をどこにしようか迷っている方は、まずはGMOクリック証券から始めてみましょう。

    1. FXとは?

    そもそもFXについてよくわからないという方もいらっしゃると思うので、まずはFXについてカンタンに解説していきます。
    FX(Foreign Exchange)とは「外国為替証拠金取引」のことで、これは異なる国の通貨同士で発生する差額を狙う取引です。

     

    ニュースなどで「今日の為替は1ドル=〇〇円です~」といった放送を聞いたことがある方もいると思います。
    このように国の通貨価値は毎時毎秒と常に変化しており、この変動による差を投資にしたものがFXと呼ばれているのです。

    日本円とアメリカドルを例にして考えましょう。
    「1ドル=100円」のときに日本円で1ドルを交換して、その後「1ドル=101円」になったときに1ドルを日本円に交換したら「101円-100円=1円」と、1円儲かりましたね!
    このように「安く買って高く売る」を繰り返して儲けることがFXの主なやり方です。

    FXの仕組み

    FXでは「安く買って高く売る」の逆パターンで「高く売って安く買う」ことで儲けるやり方もあります。
    これは「空売り」と呼ばれており、値下がりする外貨を先に売って値下がり後に買い戻すことで差額を得る取引です。

     

    このようにFXは相場が上がっても下がっても、どちらのやり方でも儲けることができる仕組みを持っているのが特徴です。

     

    2. FXを始めるにはまずFX口座と資金を準備しよう!

    FXを始めるにはFX口座と資金を準備するだけ!

    FX取引に必要な物は、FX口座資金の2つだけでOKです。
    この2つが準備できれば、すぐにでもFX取引を始めることができます。

     

    次にFXを始める際に最低限あるといい資金と、口座開設の流れについて説明していきます。

     

    2-1. FXの資金は余裕をもって10万円用意しよう!

    FXは取引に最低限必要とされる資金が口座に入っていなければ取引できません。
    この最低限口座に入っていなければいけない資金を「証拠金」と呼びます。


    FXは、この証拠金を担保とすることで資金以上の大きな金額で取引することができます。
    これはレバレッジと呼ばれるFXならではのシステムです。

    【レバレッジとは】
    少額の資金で大きな金額の取引をすることができるFXの仕組みです。(最大で25倍)

    25倍のレバレッジを使えば4万円程度の証拠金だけで100万円分の取引ができます。
    (4万円×25倍=100万円)

    「レバレッジの説明通りなら4万円あれば始められるんじゃない?」と思った方もいるのでは?
    実はその通りで、証拠金は最低でも約4万円用意できれば取引を始めることができます。

     

    ただし、4万円が取引の最低ラインとなると、4万円用意しただけではちょっと損失を出した瞬間に最低ラインを超えてしまい、取引ができなくなります。
    そのため、初心者のうちは余裕を持って10万円を資金に始めることをおすすめします。

     

    2-2. FXの口座はWebサイトから開設の申込みができる

    FXはスマホやパソコンでFX会社の各公式サイトから簡単に口座開設できます。

     

    FXの口座開設には維持費や手数料といった費用が一切かからないため、無料で開設することができます。
    口座といっても銀行の口座とは全然ちがうので、印鑑なども必要ありません。

     

    口座開設の申し込みは24時間対応しているため、いつでも申し込みが可能です。(営業日によっては口座開設の審査が遅れることがあります)

     

    3. 初心者はどこのFX会社で口座開設したらいいの?

    口座開設といっても、FXの業者は国内だけで20社以上もあるため、どこで始めたらいいのか迷ってしまうと思います。

     

    口座開設は無料なので、手始めに色々開設するのも手ですが、まずはメイン口座を決めることが優先です。

     

    メイン口座には信頼性・スプレッド・取引ツールやスマホアプリの使いやすさ等の勝つために必要な要素を持つ総合力に優れたFX会社を選びましょう。

     

    総合力に優れたFX会社として、メイン口座におすすめしたいのがGMOクリック証券になります。

     

    FXを始めるならGMOクリック証券

    GMOクリック証券

    • 24時間体制の手厚いサポート
    • 大手のGMOインターネットグループなのでシステム障害にも強い
    • 最大30,000円キャッシュバック特典も!(口座開設+期間内に新規2,500万通貨取引)

    GMOクリック証券はFX取引高が7年連続世界1位※を達成した人気のFX会社です。※(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)

     

    口座の維持費用もなく、実質的なコストも業界最狭水準のスプレッドのみなので、取引コストの心配はありません。
    サポート面でも、GMOクリック証券なら電話やメールでの問い合わせも24時間対応なので、取引や操作に不安がある方でも安心です。

     

    これからFXを始める方、FXの口座選びに悩んでいる方はGMOクリック証券から始めてみましょう。

    取引通貨単位取引手数料通貨ペア数
    1万通貨0円20ペア
    スプレッド(原則固定)
    米ドル円:0.3銭ユーロ円:0.5銭ポンド円:1.0銭

    4. 口座開設に必要な本人確認書類を準備しよう!

    FX口座を開設する際は本人確認書類とマイナンバーの提出が必要です。
    書類は事前に用意しておくと、申し込みをスムーズにおこなうことができますよ。

     

    書類はスマホで撮影し、画像を申し込み画面で送信するだけなので簡単に提出できます。

     

    本人確認の書類は、以下の組み合わせのいずれかを提出する必要があります。

    口座開設の本人確認書類とマイナンバーについて

    顔写真のついたマイナンバーカード(個人番号カード)であれば、これを裏表撮影したものを用意すればOKです。

     

    マイナンバーカードが無いという方は、マイナンバーの通知カードと顔写真つきの本人確認書類それぞれ裏表を撮影して提出しましょう。

     

    顔写真付き本人確認書類が無い方は、マイナンバー通知カード1点と健康保険証等の写真が無い本人確認書類をそれぞれ2点用意しましょう。

     

    注意点として、マイナンバーと本人確認書類に記載されている住所が違っていると口座開設審査が遅れてしまうので、事前に書類ごとの住所を確認しておきましょう。

     

    審査はFX会社の営業日内であれば半日~約1日で終わります
    審査が終わった時点で口座開設は完了です!

     

    5. 最短5分で完了する口座開設のやり方手順

    口座開設は住所等の基本情報の入力がほとんどなので、難しい情報を入れることはありません。
    スマホでも最短5分で手軽に申し込みできます。

    FX口座開設の手順

    提出に必要な必要書類は事前にスマホで撮影しておきましょう。
    撮影した画像は残しておくことで、今後別のFX会社で口座開設する際にも利用できます。

     

    今回はメイン口座として、当サイト運営スタッフもメインで使っているGMOクリック証券を例に口座開設の手順をご紹介します。

     

    5-1. 必要事項の記入

    まずは口座開設に必要な必要事項の記入をおこないましょう。

    GMOクリック証券のPCでの口座開設の基本情報入力画面
    GMOクリック証券の口座開設の国籍情報入力画面

     

    住所などは提出する本人確認書類と同じところを入力するよう注意してください。
    住所が異なっていると審査が進まない可能性があります。

     

    GMOクリック証券の口座開設の投資情報入力画面

     

    年収や資産は自分に当てはまるものを選びましょう。

    よく「年収欄はある程度大きく出したほうがいい」という噂がありますが、審査において年収の大きさは一切関係ありません。

    職業欄に収入が安定しない大学生や無職の方も含まれていることから、余裕を持った投資ができるということが審査のポイントになります。

     

    5-2. 取引規約への同意

    規約に目を通してチェックを入れていきましょう。

    GMOクリック証券の口座開設の規約確認画面

     

    一番上の「一括で選択」を選べば早く済ませることができます。

    記入後に「入力内容の確認ページへ」をクリックすると確認画面がでてくるので、記入漏れなどがないか確認しましょう。

     

    5-3. 本人確認書類とマイナンバーを提出する

    申し込みをすると、本人確認書類とマイナンバーの提出画面が出てきます。
    書類は裏表セットのものを必ず提出する必要があるため、アップロード前に書類の裏表がセットになっているか確認しましょう。

     

    アップロード送信を選択すると、撮影した画像を選択するだけでOKです!
    選択したら、「選択した画像の送信」をクリックして提出しましょう。(アップロードのほかに、コピーを郵送で提出することも可能です)

     

    5-4. 入力内容や提出書類の審査(最短半日~1日)

    本人確認書類とマイナンバーを提出すると審査が始まります。
    審査が開始したかどうかは、登録したメールアドレスに送信されているので確認しましょう。

     

    審査にかかる日数の目安は2日~3日ですが、営業日内であれば最短で半日~1日で終わります。

     

    5-5. 審査が終わると口座開設完了!

    審査に通ると、登録した住所に郵送でログインIDとパスワードが届きます。
    ログインIDやパスワードはなくさないよう厳重に保管しましょう。

     

    郵送されてきたログインIDとパスワードをログイン画面に入力すれば取引ができます。
    これでFXを始めるための準備はすべて完了です!

     

    さて、ここまで口座開設の流れが分かったところで、さっそく実際に口座開設を始めてみましょう!
    GMOクリック証券で口座開設をしたい方は、下記ページから申し込みができますよ。

    6. 口座開設が完了したら入金してみよう

    見慣れない画面に戸惑うかもしれませんが、多くは会員ページ取引画面から入金することができます。
    入金のやり方はおもに2つです!

    • クイック入金(FX会社によって名称は異なります)
      インターネットバンキングを利用して入金する方法で、24時間入金可能です。
      入金手数料が無料で、即座に金額が反映されるのでおすすめです。
    • 振込入金
      ATMや銀行などを介して入金する方法です。
      振込専用の口座が用意され、そこに現金で入金します。
      入金が反映されるまで2-3時間程度かかります。(FX会社によって異なる)

    以下はGMOクリック証券での入金方法です。

    ・クイック入金のやり方
    【マイページ】⇒【入出金・振替】⇒【即時入金サービス】からクイック入金を利用する金融機関を選択し設定することができます。
    パソコンだけでなくスマホからでもすぐに入金することができるので便利です。

    GMOクリック証券の即座入金サービス

    ・振込入金のやり方
    【マイページ】⇒【登録情報・申請】⇒【入出金先金融機関の振込入金先銀行口座】で入金先の口座を確認しましょう。
    利用できる金融機関は国内の本支店のみとなります。

     

    7. 入金したら取引を始めてみよう!

    7-1. 初心者のうちは取引の通貨ペアを米ドル/円で始めよう

    取引画面で「USD/JPY」などが表示されていますが、それが通貨ペアです。

     

    以下はGMOクリック証券の実際の通貨ペア選択画面です。

    通貨ペアを選ぶ場所

    通貨ペアとは取引をする通貨の組み合わせのことで、例えば米ドル/円(USD/JPY)だと「円で米ドルを売買する」という意味です。

     

    初心者のうちは、通貨ペアを低リスクな米ドル/円に設定して取引を始めましょう。

     

    米ドル/円は比較的値動きが穏やかで、買いか売りかの判断材料にできる情報量も多いからです。

     

    値動きが激しいと分析や予測も難しく、予測とは反対に動いたときに大きな損失がでてしまうおそれがあります。

     

    米ドル/円は国内でも多くのトレーダーが取引しており、初心者におすすめです。

     

    通貨ペアについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

    7-2. 注文のやり方:タイミングはまず順張りで!

    さっそく米ドル/円で実際に注文を入れていきましょう。

     

    初心者の方で「注文ってどのタイミングで入れればいいの?」と疑問をお持ちの方もいると思います。

     

    FXで基本的な取引のやり方は「安く買って、高く売る」「高く売って、安く買う」です。

     

    まずは、価格が上昇しているときに買い注文をいれ、下落しているときに売り注文をいれましょう。
    これは順張りと呼ばれる手法です。

    FX初心者は順張りで始めよう!

    順張りはトレンド(相場の流れ)に沿って取引できるため、初心者でもわかりやすい手法です。
    まずは順張り注文に慣れていきましょう。

     

    7-3. 注文の種類は成り行き注文でやってみよう

    さて、注文のタイミングがわかったところで実際に取引画面を開いてみると、「成り行き注文」「OCO注文」など知らない言葉が出てくると思います。

     

    これはどのように注文をいれるのか、という注文の種類です。

     

    注文方法にも種類がありますが、初心者のうちはFXの基本となる「成り行き注文」で注文をいれましょう。

     

    成り行き注文は、自分が注文をいれたいタイミングで注文できる方法です。
    つまり、自分が「今買いたい!」と思った為替の価格で、すぐに注文をいれることができます。

     

    取引画面で注文タイプが選択できるので、ここを「成行」にして取引しましょう。

    GMOクリック証券の注文画面

    • 注文タイプ
      成り行き注文を選択
    • 売買
      上昇してたら買い、下降していたら売り
    • 取引数量
      10,000通貨取引単位のFX会社なら、「1」と入力すると10,000通貨分の取引をするという意味です。 最初は少量から始めたほうがよいので「1」と入力しましょう。
    • 許容スリッページ
      スリッページとは時差などによって注文価格と実際に注文が確定する価格がズレてしまうことで、 許容スリッページは「この範囲以上のズレがあったら注文をキャンセル」することができる設定です。まずは「5~10」で入力するとよいでしょう。 

    取引後の決済も注文と同じように種類があります。

    最初は決済も「成行」でおこなっていきましょう。
    GMOクリック証券の決済画面

     

    7-4. リスクを抑えるために損切り注文をいれよう

    取引のやり方をある程度理解できるようになったら、損切り注文をいれるようにしましょう。

     

    損切り注文は逆指値注文でおこなうことができます。

    慣れてきたら活用しよう
    ・指値注文
    「いくらで買うのか、いくらで売るのか」を指定して注文をいれます。
    指定した期間内にその価格に届かなかったら、注文が入らずにキャンセルされます。
    ・逆指値注文
    指値注文は利益を確保するための価格指定なのに対して、逆指値注文はこれ以上損失を出さないための損切りラインを事前に決めての注文として使われます。

    指値注文と逆指値注文

    とくに損切りは取引中一番意識しなければいけません。

     

    ある程度慣れてきたら、「成り行き注文と同時に損切り注文」⇒「利益がでたら成り行きで決済」という流れを基本に取引していきましょう。

     

    7-5. 自分のトレードスタイルに合ったやり方で取引しよう

    トレードスタイルとは取引スタイルのことで、自分の生活スタイルや好みに応じたやり方を選ぶことができます。

     

    FXではおもに4つのトレードスタイルパターンになります。

    • スキャルピング:数秒から数分の取引で、小さな利益を積み上げていく超短期トレードスタイル。
    • デイトレード:注文を入れたその日のうちに決済をする短期トレードスタイル。
    • スイングトレード:数日から数週間にわたってポジションをもつ中・長期トレードスタイル。
    • 長期トレード:数カ月から数年にわたって、ポジションをもつ長期スタイル。 スワップポイントによる利益を狙うときに効果的。

    このように、「どれぐらいの頻度で取引するのか」という視点からトレードスタイルを決めて、FX業者を選ぶのもポイントです。

     

    初心者のうちはスキャルピングやデイトレードで少しでも経験を稼ぐことをおすすめします。

     

    取引が浅いうちは1回のポジションも恐怖そのものです。
    少しでも回数をこなしてFXの流れに慣れていきましょう。

     

    また、スキャルピングやデイトレードであれば、日を跨いで取引をすることがないため、宵越しのポジションを心配する必要がありません。

     

    始めのうちは精神的に余裕を持たせた取引を心がけるようにしましょう。

    8. 取引が不安な人は1,000通貨単位の口座で練習しよう

    「そもそも10万円も投資金がないよ……」
    「不安だから練習感覚で始めたい」

    という方は、1,000通貨単位の口座から始めてみましょう。

     

    FX会社は10,000通貨単位(レバレッジ25倍で最低4万円)から取引できる口座がほとんどですが、近年はより少額で取引ができる1,000通貨単位(レバレッジ25倍で最低4,000円)の口座もあります。

     

    利益は10,000通貨取引より少なくなりますが、その分マイナス時のリスクも減らすことができます。
    そのため、FX取引に慣れるまでの練習として1,000通貨単位の口座で経験を積むのもおすすめです。

     

    また、普段は1,000通貨口座で取引の練習をしながら、大きく儲けられるチャンス相場では10,000通貨口座で取引といったように、別の口座との使い分けもポイントです。

    取引通貨単位別の違い
    ※米ドル/円でレート100円と想定しての例
    ・10,000通貨単位口座の場合
    最低でも4万円が必要(レバレッジ25倍時)
    1円±で動いた場合の損益=±1万円
    ・1,000通貨単位口座の場合
    最低でも4,000円が必要(レバレッジ25倍時)
    1円±動いた場合の損益=±1,000円

    取引に慣れていないうちは、少額取引で少しでも多くの経験を積むことが大切です。
    1,000通貨口座で資金に余裕をもって取引に慣れていきましょう。

     

    8-1. 1,000通貨口座のおすすめは「みんなのFX」

    スワップポイント運用を始めるならみんなのFX

    • 業界最狭水準のスプレッドを提供!
    • トルコリラ/円100円・メキシコペソ/円120円の業界最高水準のスワップポイント
    • 新規口座開設+取引量に応じて最大50,000円キャッシュバック!

    みんなのFXはトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。

     

    GMOクリック証券のようにスプレッド(取引する際の実質手数料)が業界水準でも低く、1,000通貨口座の中でも低リスクで取引が可能です。

     

    また、スワップポイント(外貨を保有しているだけでもらえる金利差による利益)が総合的に最も高く、スワップポイントでの利益も狙っている人におすすめです。

    みんなのFXの
    詳細はこちら

    みんなのFXで
    無料口座開設

     

    9. 初心者がFXを始める前に最低限覚えておきたい基礎知識

    FXをやっていると必ず立ちはだかる問題が「FXの用語」といった基礎知識です。

     

    「FXについてちょっと調べたけど、横文字多すぎて分からない!」と思った方も多いのではないでしょうか。
    実際は取引をおこなう上でFX用語全ての知識は必要なく、最低限のことを理解できれば問題なく取引を進めることができます!

     

    そこで、初心者の方が戸惑いやすい用語や、FXで頻出する基礎知識についてここで解説していきます。

     

    9-1. 証拠金

    FXは一定の資金を担保とすることで、資金以上の金額で取引することができる仕組みです。
    この時最低限預けておかなければいけない資金が証拠金です。

     

    必要な証拠金はレバレッジや取引する量によって変わりますが、基本的に取引額の4~5%を必要証拠金として求められます。
    例えば米ドル/円で取引となると1万通貨単位のFX業者なら約40,000円、1,000通貨単位なら約4,000円の証拠金が必要です。

     

    9-2. スプレッド

    スプレッドとは、通貨の売り値と買い値の差額で発生する実質的な取引手数料のことで、どのFX会社でもこの差が発生します。

     

    たとえば、通貨の売り値が「100円30銭」、買い値が「100円32銭」の場合、この差額である「2銭」がスプレッドです。 
    このスプレッドが大きいほど、1回の取引にかかるコストも大きくなってしまうので、スプレッドが狭いほどトレーダーに有利ということになります。

     

    FX会社によってスプレッドは「原則固定制」「変動制」に分かれており、原則固定であれば相場が急激な変動が起きない限り基本的に固定のスプレッド、変動制の場合市場の変化に合わせて常にスプレッドが変化します。

     

    とくに取引を始めたばかりの初心者の方だと、初期投資額も少な目で必然的に取引回数も多くなるため、GMOクリック証券のようになるべくスプレッドが狭く原則固定制を導入しているFX会社を選ぶことが最適です。

     

    9-3. スワップポイント

    スワップポイントとは2国間の金利差の利益のことです。

    スワップポイントはFXでは低金利の通貨を使って高金利の通貨を買って保有しておくことで、その差額分の利益を毎日受け取ることができます。

     

    FXは売って買ってを繰り返す「裁量取引」というやり方以外にも、このスワップポイントだけを狙ってほったらかしで利益を獲得する方法もあります。

    FXにおけるスワップポイントの仕組み

    スワップポイントはほったらかしでも毎日自動的に利益が入ってくるので、「忙しいけどFXで利益は出したい!」という方はスワップポイントだけ狙って運用することもオススメです。

     

    ただし、通貨を保有し続けなければいけないので、場合によってスワップポイント以上のマイナス取引になってしまう可能性もあるため、リスク管理はしっかりおこないましょう。

     

    スワップポイントの詳細や最新情報について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

    9-4. 通貨ペア

    通貨ペアとは「日本円」「米ドル」のように、売買における2国間の通貨の組み合わせを意味します。

    例えば「米ドル/円(USD/JPY)」の通貨ペアの場合、左側を基軸通貨と呼び購入する通貨側、右側は決済通貨と呼び売買に使う通貨となります。
    つまり、「米ドル/円=円を使ってドルを売り買いする」ということです。

     

    米ドル/円以外にも通貨ペアは20種類以上ありますが、FX取引初心者の方は米ドル/円から取引を始めることをおすすめします。

     

    10. FX初心者が利益を目指すために守るべきこと

    10-1. 感情的になって取引をしない

    FXで勝つためには、精神面も大切になってきます。
    「チャートはトレーダーの心理を表す」と言われているほど、為替の動きと心理状態は結びついているのです。

     

    初心者の多くは取引をしていると損失に焦ってしまい、思ったところとは違うところで決済してしまうこともあります。
    確実に利益を積み上げるには、感情的にならず冷静に取引することが大切です。

     

    また、取引する金額が大きくなるほど初心者は損に傾いたときの焦りが大きくなるので、慣れるまでは少額での取引を繰り返すことをおすすめします。

     

    まずは、「順張りの成り行き注文→損切り注文→利益がでたら決済」を意識しておこなっていきましょう。

     

    10-2. 取引環境を整えておこう

    FXでよりよい取引をするにあたって、自身に合った取引環境を整えておくのも大事です。

     

    外出先で取引する人はスマホアプリ、家で取引する場合はパソコンを見直しましょう。

     

    とくにこれからパソコンで取引しようと考えている方は、取引画面とチャートを同時に表示できるマルチモニターで取引することを推奨します。

     

    マルチモニターならFXと別の作業で画面を切り替える手間が省けるため、初心者の方はこれを機会に導入してみてはいかがでしょうか。

     

    11. よくあるFXのQ&A

    Q.FX会社ってよく分からないのですが、自分の資金をちゃんと管理してもらえるのでしょうか?

    A.FXには信託保全という仕組みがあり、トレーダーの資金は安全に管理されます。

    信託保全とは、FX会社が投資家の資金を第三者機関(信託銀行など)に預けることによって、FX会社の資産とは別に管理されるシステムです。

     

    FX会社での事業に自分の資金が使われることもなく、FX会社が破綻したときも代理人等を通して資金が返却されます。
    また、FX会社は大手ネット証券会社のグループ会社であることが多く、信頼性も高いところがほとんどです。

     

    ただし、海外のFX会社は国内の規定に当てはまっていないところもあるので、FXは国内で運営されているFX会社から始めましょう。

     

    Q.学生や主婦、無職の人でもFXを始めることはできますか?

    A.誰でも始められます。実際に学生や主婦でFXをやっている方も多いです。

    収入がなくても給与は審査対象ではないため、収入が少なくても落とされることは基本ありません。

     

    また、FX業者は借金があったとしてもそれが審査対象になることはないため、ほとんどの場合正常にFX口座を開設できます。

     

    学生の場合、多くのFX業者が20歳以上を口座開設基準としているため、口座開設前に年齢制限の確認をおこないましょう。

     

    18歳以上から口座開設できるFX業者もあります。(例:みんなのFXLIGHT FX

     

    ただし未成年の口座開設は保護者の同意書が必要になるため、必ず親の同意のもと開設しましょう。

     

    Q.よくFXって大損するとか聞きますが、リスクは大丈夫でしょうか?

    A.資金管理がしっかりできれば、大損するということは基本ありません。

    ・早めに損切り(損失を限定する)をすること
    ・安全なところのみトレードする

    初心者はこの2点を意識しながら、損切りをマスターすることを前提にコツコツ利益を出すことが大切です。

     

    とにかく「損を小さく利益を確実に」を心がけましょう。

     

    また、勝っているトレーダーほど極力低リスクで確実に勝てる場面のみ狙ってトレードをおこないます。
    そのため「確実にこう動く!」という確実性が無い限り取引しないようにすることが大切です。

     

    FXの選択肢は上か下かだけではありません。取引しないことも選択肢だということを意識しましょう。

     

    初心者のうちはできるだけ低リスクに少額から始めることをおすすめします。

     

    資金管理についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

    Q.FXでの収入による税金はどうなるのでしょうか?

    A.FXでの利益は雑所得に当たるため、年間利益が20万円以上あると税金がかかります。

    FXにかかる税率は、20.315%(内訳:所得税+住民税+復興特別所得税)です。

     

    FXで儲けた場合は確定申告をおこなって税金を支払わなければいけませんが、確定申告の必要がある人は利益額と立場によって異なります。
    (個人事業主は基本的に確定申告の必要があります)

    【確定申告をする必要がある人】

    年間利益立場
    20万円を超えた場合・給与所得が2,000万円以下の会社員
    ・年金収入が400万円以下の年金受給者
    38万円を超えた場合・専業主婦
    ・無職の人
    ・学生

    またFXの利益は繰越控除できるので、損失だけの場合も確定申告しておくことをおすすめします。
    例えば、今年損失3万円だとして次の年が利益10万円だとすると、その年の利益を相殺できるため節税することが可能です。

     

    FXの税金や確定申告についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

    Q.副業としてFXを始めるときの注意点を教えてください。

    ・会社にバレたくない人は確定申告の住民税の納付方法で「普通徴収」にチェックを入れる
    ・確定申告は損失が出てもしっかり申告した方が有利!

    会社で確定申告を済ませる方も多いと思いますが、会社によっては副業禁止としているところもあります。(ただし法的にFXが副業である根拠はありません)
    もし、会社に知られたくないという場合は「普通徴収」にチェックし、自分で確定申告をするようにしましょう。

     

    また、その年が損失で終わってしまったとしても、確定申告をおこなえば翌年以降の3年間で利益が出た場合の税を損失分から相殺することができます。
    損失が出てもしっかり確定申告をおこなうようにしましょう。

     

    12. まとめ

    ここまでお付き合いいただきお疲れ様でした!

     

    ここまででFXの始め方をおわかりいただけたら幸いです。

     

    FXは資金と口座があれば誰でも簡単に始めることができます。
    口座は無料で開設できるので、気になったFX業者があればとりあえず作っておくこともひとつの手です。

     

    ただ、FXが初めてという方はずっと使い続けることを想定したFX口座をひとつ決めてから準備を始めることをおすすめします。

     

    資金は各FX口座の最低取引単位によって異なり、1万通貨単位口座であれば実質約4万円、1,000通貨単位口座なら実質約4,000円から取引可能です。
    ただしどちらの口座にしても、初心者のうちは最低限のリスク対策として10万円を元手にスタートすることをおすすめします。

     

    口座開設時には提出書類があるので、事前に用意しておくとスムーズに進められますよ。

    初めて口座開設するなら総合力No.1のGMOクリック証券

    預かり資産No.1
    • FX取引高が7年連続で世界第1位!
      ※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~12月
    • パソコンやスマホでの操作性が高く使いやすい
    • 24時間の無料サポート体制で安心

     

    その他のFX会社については、下記のFX会社人気ランキングで紹介しているので、よろしければご参考ください。

     

    【FXの勝ち方】6つのコツ教えます!勝つ方法は意外とシンプル!


    「さあ稼ぐぞ!」とFXを始めてみたものの、思うように勝てず現在に至る初心者の方も多いのではないでしょうか。

    初心者の方に限らず、FXをやっていると必ずぶつかるのが「全然勝てない、稼げない」という問題です。

    FXで勝つためには、6つのコツをおさえて取引する必要があります。

    この記事で紹介する6つのコツは、大きな利益を一時的に狙うのではなく、FX取引をする上で継続的に利益を得るためにも大切です。

    実際勝つためのコツって何したらいいんですか?
    すごく難しそうなんですけど……。

    そんなに難しく考えることはないわよ。
    初歩的だけど、今後も取引で大切になることだからしっかり覚えましょう!

    FXで勝つには、基本をおさえつつ対策を講じることが大切です。

    どうしても勝てないという方は、まずこの記事で紹介する6つのコツをおさえて取引していきましょう。

    ↓始めたばかりで口座選びに悩んでいる方は、総合力No.1のGMOクリック証券がおすすめ!↓

    GMOクリック証券

    預かり資産No.1

      • スプレッドが広がりにくい
      • 24時間無料サポートで安心
      • PC取引ツール以上に使いやすいスマホアプリ

    FXで勝つためのコツ~その1~「取引を記録して振り返る」

    まず、FXで儲けるためには勝率よりも利益がしっかり出ているかということが重要になります。

    いくら勝率が高くても、利益がともなっていなければ元も子もありません。

    自分の取引でどれだけ利益が出ているかを確認するためにも、振り返って分析をすることが大切です。

    そのために取引の詳細をノートやメモ帳などで記録しておくことをおすすめします。

    現在の手法で利益が出ていない場合は、その手法を変えていく必要があります。

    取引記録にはトレード結果の記録だけではなく、「なぜそこでエントリーしたのか、その時どういう気持ちだったか」などそのときのメンタル状況も記録しておきましょう。

    DMMFXやFXブロードネットの取引分析機能でクセを見直そう!

    取引の振り返りは大切ですが、過去の損益を自力で分析となると膨大な時間も必要なので大変ですよね。

    「自分の記録を毎回つけるのはめんどくさい!」という方におすすめなのがDMM FXFXブロードネット取引分析機能です。

    自動で全ての取引を分析できるツールを用意しているため、わざわざ履歴を探さなくても取引の振り返りが簡単に確認できます!

    FXブロードネットの取引分析機能を例にご紹介します。

    FXブロードネットの取引分析

    ①損益の種類…決済損益・売買損益・スワップ損益で現在の損益状況を確認できるほか、時間別スポット損益・通貨ペア別スポット損益で細かい損益状況を把握することができます。
    個別にそれぞれの状況を確認できるので、何が損失に大きく関わっているのか簡単に判断可能です。
    ②取引の比率…取引におけるそれぞれの比率を表示できます。
    利食いと損切りの割合を確認出来たり、エントリーの比率を確認できるので今まで見逃していた細かい利益を見つけることができます。

    取引分析ツールを使えば、自分の取引がグラフなどで視覚化されるので一目でわかりやすくなっています。

    取引を分析して自分の負けパターンを理解しないまま取引していては勝ちパターンは見えてきません。

    まずは自分の取引パターンをしっかり把握することから始めましょう。

    FXで勝つためのコツ~その2~「自分に合ったトレードスタイルを選ぶ」

    FXで勝つには生活スタイルや資金、目的などによってトレードスタイルを変えることも必要になります。

    自らのトレード目標に合わせてトレードスタイルが合っているのか選び直すことも大切です。

    トレードスタイルは1回の取引にかかる時間別に、短期取引のスキャルピング・デイトレード、中長期取引のスイングトレード・長期トレードの大きく4つの方法にわけることができます。

    スキャルピングの人の勝ち方

    スキャルピングのコツ
    • 流動性の高い時間帯で取引する(16時~1時あたり)
    • 米ドル円のようなスプレッドが比較的安い通貨ペアを選ぶ
    • 一度に大きな利幅をとろうとしない
    • 損切りラインは徹底してあらかじめ設定しておく

    スキャルピングは数十秒~数分の短い時間で10pips程度の利幅を確実に儲けるトレードスタイルです。

    常にチャートと向き合ってかすめとれる所を狙っていかなければいけない取引なので、目の前のことに集中して機械的に取引できる人にスキャルピングが向いています。

    スキャルピングにおいてはわずかなコストが命取りになる可能性があるため、スプレッドの狭さが重要になってきます。

    スキャルピングの際はスキャルピングの際は、GMOクリック証券といったスプレッドが狭いところで取引することをおすすめします。

    デイトレードの人の勝ち方

    デイトレードのコツ
    • 流動性の高い時間帯で取引する(16時~1時あたり)
    • 流通量の多いメジャーな通貨ペアを選ぶ
    • チャートの動きが良くても欲張って利益確定ラインを超えない
    • 基本は5分足だが時間足や日足も確認して取引する
    • トレンド相場のみを狙って取引する

    デイトレードはスキャルピングと似ていますが、1回の取引が数分~数時間、狙う利幅は10~100pipsとスキャルピングより大きく儲けるトレードスタイルになります。

    流動性が高い夜の時間を狙っていくことになるため、サラリーマンなどの日中に取引ができない方がよく利用するトレードスタイルです。

    デイトレードにおいてもGMOクリック証券のようなスプレッドや約定力が高いFX会社で取引するのがポイントです。

    短期取引向けのFX会社はGMOクリック証券!

    約定力の高さとスプレッドの狭さで、短期取引で最も効果を発揮するFX会社として人気なのが、FX取引高7年連続世界1位※のGMOクリック証券です。
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月

    GMOクリック証券は金融商品以外にもサーバー等のシステム運用もおこなっているため、約定力に関わるサーバーの信頼性も高く短期取引を安定させるにはピッタリの口座といえます。

    GMOクリック証券

    実際に提供しているスプレッドを他のFX会社と比較すると、より高水準なことが分かるかと思います。

    短期取引では、取引コストをいかに抑えて利益を稼ぐことが重要であり、低水準の取引コストを提供するGMOクリック証券で取引することがおすすめです。

    FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円ユーロ/ドル豪ドル/円
    GMOクリック証券0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips0.7銭
    DMMFX0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips0.7銭
    外為オンライン1銭2銭3銭1pips3銭
    みんなのFX0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips0.7銭
    FXブロードネット0.3銭0.5銭1.5銭0.3pips0.6銭
    外為ジャパン0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips0.7銭

    ※スプレッドは全て原則固定のものです。

    スイングトレードの人の勝ち方

    スイングトレードのコツ
    • トレンドを追いかけるようにエントリーする
    • ドル円のようなトレンドが長く続く通貨ペアを選ぶ
    • レバレッジはおさえて取引する
    • 損切りラインは徹底してあらかじめ設定しておく
    • 売りでエントリーする場合はマイナススワップに気を付ける

    スイングトレードは数日~数週間の中で1回の取引で大きな利益を狙っていくトレードスタイルです。

    長い期間で取引をおこなうので、相場やリスクの判断もしやすく忙しい方でも落ち着いて取引できます。

    さらにエントリーの頻度も数日に1回程度なので、スプレッドを気にせず取引できるのもポイントです。

    スイングトレードにおいて最も気を付けなければいけないのはレバレッジです。

    1日で決済しない分、見ていない間に相場が大変動ということもあるため、レバレッジは3倍程度におさえて取引しましょう。

    ただし、1万通貨取引の口座でレバレッジを低くすると必要な資金も多くなるため、少ない元手で始める初心者の方は1,000通貨取引ができるみんなのFXFXブロードネットでスイングトレードを始めましょう。

    長期トレードの人の勝ち方

    長期トレードのコツ
    • スワップポイントを意識した通貨ペアを選ぶ
    • スワップポイントが高いFX会社を選ぶ
    • マイナススワップにならないようできるだけ買いでエントリー
    • 経済動向は常に把握しておく
    • レバレッジは必ずおさえて取引する

    長期トレードはポジショントレードとも呼ばれ、数週間~数ヶ月、長いと1年を目安として1回の取引で利益を狙っていくトレードスタイルです。

    スイングトレードと同じくスプレッドなどのコストを一切考える必要がありません。

    大きなトレンドだけを狙って追うので、目先の変動も無視して取引することができます。

    また、長期的に保有するのでスワップポイントを意識しながら取引すれば、為替差益と合わせて利益を伸ばすことができます。

    そのため、長期トレードではみんなのFXのようにスワップポイントが比較的高いFX会社で取引をおこないましょう。

    中・長期取引向けのFX会社はみんなのFX!

    みんなのFXはトレイダーズ証券株式会社が運営するFX口座です。

    1,000通貨から取引できるので、レバレッジをおさえて取引する場合も少ない資金で始めることができます。

    みんなのFX

    米ドル/円をはじめとした主要通貨や、メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨のスワップポイントも高く、中・長期の取引をするならみんなのFXの口座一つで十分といっても過言ではありません。

    実際に2019年5月10日現在でスワップポイントが上位の順に比較してみました。

    ※1万通貨取引でのスワップポイントになります。

    FX会社米ドル/円豪ドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円
    みんなのFX80円45円150円110円15円
    GMOクリック証券79円38円110円74円-
    DMMFX72円32円120円--
    ヒロセ通商30円43円150円110円14円
    FXブロードネット78円34円110円--

    多くの通貨ペアにおいて、みんなのFXが最もスワップポイントの高いFX会社となっています。

    FXで勝つためのコツ~その3~「勝てない時はFX会社を変えて取引してみる」

    FXで勝てないときは、使っているFX会社の取引ツールが使いにくかったり、そのFX会社が自分の取引手法と合っていないことも考えられます。

    その場合、自分に合ったFX会社を見つけるために複数の口座を開いて試してみましょう。

    「どうしてもメイン口座から変えたくない!」という方にも、サブとしての口座を持っておくことをおすすめします。

    多くのFX会社は独自のツールを持っていたり、発信する情報もFX会社によって異なるため、口座開設してしまえばそれらのツールを無料で利用することができるのです。

    口座開設自体は無料なので、勝つための方法としては今から手軽に試すことができるのもポイントです。

    そこで、サブとしてもメインとしても使えるおすすめのFX会社をご紹介します。

    情報量がトップクラス!その他ツールも便利な外為オンライン

    外為オンラインは3つの経済系ニュース配信会社と提携して為替情報を常時配信しているほか、会員限定の無料セミナーも全国で定期的に開催しており、セミナーのために口座を開いているというトレーダーもいるくらい利用されています

    外為オンライン

    • 情報コンテンツが豊富!会員限定の無料セミナーを全国で開催
    • 自動売買システムの「iサイクル2注文」でレンジ相場でも稼げる!
    • 「ディールスコープ」で他トレーダーのポジションや売買動向が丸分かり!

    さらにiサイクル2注文というリピート系(設定に沿って売買を繰り返すシステム)自動売買を使えば、レンジ相場内で自動的に売買をおこなってくれるので、レンジ相場時だけ自動売買に頼る使い方もできます

    外為オンライン口座を利用しているトレーダー情報限定ではありますが、ディールスコープという他のトレーダーがどこでポジションを持っているのかひと目で判断できるツールもあるので、エントリー前の指標のひとつとしての使い方も可能です。

    MT4を使って取引ができる「FXTF」

    FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社)は国内でも数少ないMT4を使って取引ができるFX会社です。

    MT4は世界で1番使われている世界標準の取引ツールで、FXTFでは30種類のテクニカル指標が搭載されており、さらに外部の配布サイトから自分が使いたいテクニカル指標を取り込んで利用することも可能です。

    FXTFの紹介

    • MT4を使って取引ができる
    • 1,000通貨から取引が可能
    • 独自ツール「未来チャート」を活用できる

    また未来の動きを予想したり、売買タイミングを表示してくれる「FXTF未来チャート」という独自のツールも利用することができます。

    FXで勝つためのコツ~その4~「証拠金には余裕を持たせる」

    ポジションを持っているときに為替相場が変動し、ポジションを維持するための証拠金維持率が低下すると、強制ロスカットをされる場合があります。
    強制ロスカットが実行され、ポジションを新たに持てる証拠金が不足している場合は、取引することができなくなってしまいます。

    FX会社によって強制ロスカットを実行する証拠金維持率は変わってきますので、取引する前に確認しておきましょう。
    為替相場がある程度変動してもすぐに強制ロスカットをされないように、証拠金には余裕を持って取引をおこなうことが大切です。

    FXで勝つためのコツ~その5~「トレードをしないという選択肢を身につける」

    FXをやっていると、動きが簡単な相場や判断の難しい相場に出会うことがあると思います。

    その場合、判断の難しい相場で「こっちに動くだろう」という場当たり的な予測のもと取引をおこなうと、思わぬ損失につながる可能性があります。

    とくに短期取引では、「チャンスを逃したくない!」という気持ちにかられてついついエントリーしてしまうポジポジ病にかかっている方が多く見られます。

    今の相場で確実に稼げるか判断が難しい場合、「トレードをしない」という選択肢があることを覚えておきましょう。

    休むも相場という格言があるように、トレードをしないことも取引手法のひとつです。

    手法に自信がなくなってきたり負けが込むようであれば、相場を見つめ直す機会と考えて取引から一度離れてみましょう。

    FXで勝つためのコツ~その6~「プロの投資家や勝っている人から直接学ぶ」

    FXには負けるパターンがあるように、勝つパターンもあります。
    勝つパターンを知らないまま取引し続けても、そのまま負けが重なってしまうかもしれません。

    勝つための法則を見つけるためには、勝つ人からパターンを学んでいくことも大切です。
    FXで勝っている人は「どんな取引をしているのか」「どんな目線で相場を見ているのか」を知って、自分の取引に取り入れてみましょう。

    ブログやSNSから探す

    まずは自らの手法を公開していたり、直近の取引を公開しているFX投資家のブログやTwitterを確認してみましょう。

    ただし、大勢いる投資家の中からどんな情報をチェックしたらいいのか選ぶのは難しいかもしれません。

    そこでまずは、セミナーや著書を出してるプロ投資家のTwitterやブログをチェックしてみましょう!

    プロの投資家の分析は個人の投資家とは違った視点を持っていたりするので、自分の取引に活かせるように常にチェックしていきましょう。

    プロ投資家のメールマガジンを購読してみる

    勝ち続けるプロ投資家の中には、メールマガジンで自らのFX手法や考え方を公開されている方がいらっしゃいます。

    相場の分析からエントリーポイントまで全て公開されているので、実際にトレードをおこないながらプロの投資技術を学ぶことができます。

    メールマガジンには無料の物から有料のものまでさまざまですが、てっとり早く勝ちを目指したい方は有料メールマガジンを購読することをおすすめします。

    「でもメルマガって色々ありすぎてわからない……」という方は、多くの投資家にも利用されている西原宏一氏のメールマガジンを試してみましょう。

     西原宏一のシンプルFXトレード

    西原宏一の思考パターンセミナーDVD

    このメールマガジンならではの特徴
    ・リアルタイムの相場予測と自らのエントリーポイントを配信
    ・会員限定掲示板で西原宏一氏に直接質問できる

    ZAiFXやラジオNIKKEIなどでおなじみの西原宏一氏のメールマガジンは、FXのメールマガジンによくあるシグナルを配信するといったものではありません。

    独自の分析による相場観から現在のエントリーポイントを配信するので、リアルなプロ投資家の相場観をトレードしながら吸収することができます。

    月額4,200円と有料メールマガジンの中でも比較的安く、10日間のお試し期間もあるため実際にメールマガジンを試してみるのもおすすめです。

    なぜ負けたのか理由を振り返ろう

    負け続けている時こそ、自分がどうして負けたのかを振り返ることが大切です。

    どんな優秀な投資家でも全ての取引で勝利することは不可能です。

    儲けを出せる投資家は、負けないためにも損失を小さくおさえ、利益を大きく伸ばしています。

    損失を小さく抑えるためには、自分がどんなときに負けているかを知って対策を取ることが重要です。

    ここからは負け続ける人に多い理由を1つずつ見ていきましょう。

     利益ばかりを狙いすぎる

    目先の利益を狙いすぎてしまい、「今利益が出ているからすぐに確定しよう」と急いで利確してしまうと小さな利益ばかりになりがちです。
    反対に損失が出ているときは「もう少ししたら価格が戻るかもしれない」と損切りをしないと、そのまま価格が予想と反対に動き続ければさらに損失が大きくなってしまいます。

    利益が小さく、損失が大きいとトータルではマイナスになってしまいます。

    利益ばかりを追うのではなく、損切りも意識して資金をなるべく減らさないように考慮しながら冷静に取引をしていくことが大切です。

    感情に振り回される

    FXで勝つには、基本的なことを守り、自分が決めたルールにそって冷静に取引をすることが大切です。
    しかし感情的になってしまうと、自分が決めたルールを守るのが難しくなってしまうかもしれません。

    また損失を出してしまったときに「早く取り返さないと!」と焦ったり、心配事で頭がいっぱいのときなどは、損切りのタイミングやエントリーポイントも冷静に判断をすることが難しくなります。
    冷静に取引ができない場合は、取引を休むことも大切です。

    リスク管理をおろそかにしている

    為替相場はその国の経済状況や出来事など、さまざまなことに影響を受けます。
    FXで勝つには突然の暴落や暴騰といった、急なリスクに備えることが大切です。
    FXには「為替が変動するリスク」「金利変動のリスク」「ロスカットのリスク」などがあります。

    リスクを考えずに取引をしていると、予想に反して為替相場が動いたときに対応が遅くなってしまうことが考えられます。
    あらかじめ逆指値注文を入れておく、経済情報をこまめにチェックしておくなどリスクを小さく抑える対策をしていきましょう。

    FXで予想されるリスク対策については↓こちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。
    ⇒FXは危険と隣り合わせ!?リスクヘッジは必須スキルだった!

    僕も感情に振り回されながら取引しちゃうな~。
    気をつけよう!

    基本をしっかりおさえて取引しよう

    FXで勝つためには、まずは基本をおさえておくことも大切です。
    土台をしっかり作り、利益を伸ばせる取引をおこなっていきましょう。

    通貨ペアの選び方

    FXで取引を始めるとき、まずはどの通貨ペアで取引するのかを選ぶことが大切です。

    FXで勝つ人は、自分の取引手法に合わせて選んだりと、状況に合わせて通貨ペアを変えています。

    たとえば米ドル円は世界で一番流通量が多く、チャートの動きも為替情報もわかりやすいため初心者向きの通貨ペアとされています。

    一方で豪ドルは比較的値動きがゆるやかで金利が高いといった特徴から、金利の高さを使ったスワップポイント狙いの通貨ペアとなります。

    自らの取引手法と合わせて、どんな通貨ペアで取引していくのがいいのか改めて見直しましょう。

    また特徴とあわせて、自分が取引をする通貨ペアは「どんなことに影響を受けるか」も知っておくことが大切です。

    影響を受けやすい国やニュースを知っておけば、国際的に大きなニュースが出たときは取引をさけるなど対策を取ることができます。

    通貨ペアについてもっと詳しくしりたい方は↓こちらの記事をご覧ください。
    ⇒最初の選択が肝心!FX初心者におすすめしたい3つの通貨ペア

    テクニカル分析

    テクニカル分析とは過去の相場の動きをグラフ化して、今後の動きを予想していく方法です。
    テクニカル分析にはトレンドの強弱や動きを予想するトレンド系と、為替相場の売られすぎ・買われすぎを判断するオシレーター系があります。
    チャート分析の元になっているといわれているダウ理論は、「チャートにはすべての情報が現れる」という考え方です。

    ダウ理論についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください。
    ⇒上昇・下降の波に上手に乗って「押し目買い」「戻り売り」を狙おう!

    数あるテクニカル分析をすべて使いこなしても、特徴を活かせないかもしれません。
    自分に合ったテクニカル分析を見つけて2つ~3つほどを組み合わせて使っていきましょう。

    ファンダメンタルズ分析

    ファンダメンタルズ分析とは、経済の基礎的要因をもとに為替がどう動くかを予想する方法です。

    たとえば各国の経済指標、政策金利、要人の発言や世界の出来事などから分析していきます。

    その出来事によって「投資家がどんな心理になり為替相場がどのように動くのか」を考えます。

    特にファンダメンタルズ分析はスイングトレードや長期トレードで負けないためには必ず必要になる分析です。

    FXで口座開設をすると、経済指標など為替相場に影響を与えるニュースをその都度見ることができるので、こまめにチェックしておきましょう。

    経済指標についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
    ⇒毎月の確認が必須!経済指標で世界経済の状況を把握しよう!

    通貨単位

    FX初心者の方は小さな通貨単位から取引を始めることがおすすめです。
    単純に単位が大きければ、大きな利益を狙うことができますが、その分リスクも高くなってしまいます。

    たとえば1ドルが100円だった場合に買い、その後下落して1ドルが98円に下がったとします。
    100円-98円=2円の差額になりますよね。
    「米ドル/円」を1,000通貨買った場合と、1万通貨買った場合を比較してみましょう。

    2円×1,000通貨=2,000円の損失
    2円×1万通貨=2万円の損失

    このように通貨単位が大きいほど、損失も大きくなります。
    FX会社によって最低通貨単位が変わってきますので、口座を開設する前に通貨単位もチェックしておきましょう。

    何事も基本が大切ね!

    まとめ

    今回はFXの勝ち方についてお話ししてきました。

    正直なところ、FXで絶対に負けない手法というものはありません。

    FXで勝つためのコツは難しい知識を次々と取り入れることではなく、基本的なことをコツコツ積み重ねたり、自分で決めたルールを守るなど、基本を守ることが大切です。

    自分が負けている理由をしっかり分析して、勝ち方のコツを取り入れ、利益を伸ばしていきましょう!

    FXで勝つための6つのコツ
    • 証拠金には余裕を持たせる
    • 自分で決めたルールを守る
    • 成功している人やプロの投資家から学ぶ
    • 取引を記録して振り返る
    • 自分に合ったトレードスタイルを選ぶ
    • 勝てないときはFX会社を変えて取引してみる

    おすすめのFX会社

    GMOクリック証券株式会社

    GMOクリック証券

    業界最高水準スペック・高機能な取引ツールが揃っているGMOクリック証券

    GMOクリック証券は、7年連続でFX取引高が世界第1位を取り続けています。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

    総合力が高いFX口座として有名で「業界最狭水準のスワップポイント」や「高機能の取引ツール」など、すべてのサービスにおいて他社と比較しても、トップクラスです。

    また、トレーダーの資金を守る信託保全では、業界最多の4つの金融機関と契約することで信頼性が高く、いろいろな投資をしたい方にはおすすめできるFX会社になっています。

    公式サイトはこちら

    DMM FX(株式会社DMM.com証券)

    人気とともにFX口座数がトップクラスのDMM FX

    DMM FXは、ファイナンス・マグネイト社の口座数調査(2019年1月末時点)で国内口座開設数70万突破、国内口座数第1位の実績を持つFX会社です!

    全通貨ペア20種類で業界最狭水準の低スプレッドとなっており、コストを最小限におさえた取引が可能です。

    さらにDMMFXでは、取引するたびに現金化できるポイント(1ポイント=1円)が付与される「取引応援ポイントサービス」という特典があり、取引をした分だけスプレッド以上に稼げる仕組みになっています!

    また多種多様の取引ツールを提供し、初心者でもわかりやすいシンプルな操作で取引が可能です。

    取引ツールの操作や入出金方法が分からない場合でも、業界初LINEによる24時間対応の問い合わせで安心して取引できます。

    公式サイトはこちら

    岡三オンライン証券(くりっく365)

    岡三オンライン証券のくりっく365

    くりっく365口座として圧倒的支持を受ける岡三オンライン証券

    複数の金融機関が提示するレートから最もトレーダーに有利なレートで取引をおこなうことができる「マーケットメイク方式」のため、市場に従ったレートそのままで取引できるので、スプレッドや約定力の心配がありません。

    取引時も手数料がかからないため安心して取引をおこなうことができます。

    ワンクリックですぐ注文可能な「ネットトレーダー365FX」や、他トレーダーのポジションがわかる「e-profit FX」といったトレーダーに有利なツールも利用することができます。

    マーケット部門による売買シナリオのリアルタイム配信やWebセミナー情報力で初心者から上級者まで幅広くサポートが受けられます。

    公式サイトはこちら

    条件や種類からFX会社を探す

    キャンペーン・特典

    お得な特典を逃さずチェック

    スプレッド(米ドル/円)

    取引コストを減らしたい方

    スプレッド(ユーロ/米ドル)

    取引コストを減らしたい方

    最少取引単位

    手軽に取引したい方

    デモトレード

    取引を試したい方

    find_more_btn@2x
    これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
    これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
    お好みの条件にあったFX会社を検索

    条件や種類からFX会社を探す

    bt_gotop@2x