チャート分析に欠かせない!ボリンジャーバンドを身につけよう

アイキャッチ

FXではさまざまなテクニカル指標が使われますが、その中でも特によく使われるものの1つがボリンジャーバンドです。

「テクニカル指標って全部難しそう・・・」

「ボリンジャーバンド?ゴムかベルトで何かとめるの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
初めてボリンジャーバンドを見たときは難しそうに見えて苦手でしたが、線の意味を知れば視覚的にわかりやすいテクニカル指標ですよね?

そうなの!
ボリンジャーバンドを使って、ぜひ相場の動きを予想してみましょう。

FXに興味がある人なら、ボリンジャーバンドという単語を見たことがあるかもしれません。

ここでは、ボリンジャーバンドの基本的な見方を説明し、実際のトレードでの使い方などを解説していきます。

 

ボリンジャーバンドの基本的な知識

ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことです。

線の幅のことをバンドといいます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは一般的に、逆張りに有効な指標といわれます。

理由は「上下の補助線を超えたら価格が真ん中の移動平均線に戻ることが多い」からです。

 

ボリンジャーバンドは以下の7本の線から成り立っています。

+3σ(シグマ)

+2σ(シグマ)

+1σ(シグマ)

移動平均線

-1σ(シグマ)

-2σ(シグマ)

-3σ(シグマ)

 

σは上下にどれだけ価格が動くかを表しています。

移動平均線から見て価格がこの中に収まる確率は、以下の通りです。

・1σは上下ともに約68.26%

・2σは上下ともに約95.44%

・3σは上下ともに約99.73%

 

また、バンドが狭くなってきたら、近いうちに強いトレンドが来る可能性があります。

強いトレンドが発生しているとバンドの幅は広がります。

 

ボリンジャーバンドの合計6本の補助線は、すべて「上がり過ぎか下がり過ぎの状態を知らせるもの」と考えることもできます。

考案者のジョン・ボリンジャー氏はボリンジャーバンドを活用した順張りを推奨しています。

順張り

順張りとはトレンドの流れに沿って取引をすることです。

例えば上昇トレンドでは「買い」、下降トレンドでは「売り」でポジションを持ちます。

 

3つの基本的な動きを押さえる

ボリンジャーバンドの基本的な値動きは以下の3つです。

スクイーズ

エクスパンション

バンドウォーク

 

スクイーズは、ボリンジャーバンドの上下の幅が狭いものです。

逆にエクスパンションは上下の幅が広がっている状態を指します。

スクイーズ・エクスパンション

バンドウォークは、上下どちらかの線に沿って相場が動いている状態です。

バンドウォークは売り・買いのチャンスといえます。

バンドウォーク

バンドウォークは「エクスパンションが起きれば大抵発生する」「スクイーズでは発生しない」という点で、エクスパンションの一部ともいえるものです。

 

スクイーズでは値動きが小さいので、売っても買っても利益は小さくなりがちです。

売買は手数料がかかってしまうので、スクイーズでは多くの投資家が売買を控えます。

 

一方、エクスパンションは値動きが激しく、大きな利益を出すチャンスです。

もちろん、損失も大きくなる可能性があります。

 

エクスパンションが起きると、バンドウォークが発生しやすくなります。

「バンドウォークがエクスパンションを引き起こす」と考えてもいいでしょう。

 

バンドウォークが起きないということは「上がったらすぐ下がる」「下がったらすぐ上がる」ということだからです。

この状態ではボリンジャーバンドの上下の幅は広がりません。

 

収縮するのでスクイーズになります。

逆にバンドウォークが起きれば、幅が広がってエクスパンションになるということです。

 

ここで疑問が湧くかもしれません。

バンドウォークは「上がり続ける」か「下がり続ける」というどちらかの状態です。

 

「それでなぜ上下の差が開くのか。上限や下限が一緒にずれていくのでは?」と疑問に思う人も少なくないでしょう。

これは、長期で見ればその通りです。

しかし、短期だとそうはならないのです。

 

「これだけ上がり続けたなら、同じように下がり続ける可能性がある」と考えられます。

このような理由から、バンドウォークとエクスパンションは常にセットになるのです。

 

ボリンジャーバンドが役立つ相場展開

ボリンジャーバンドは、逆張り順張りどちらでも使えます。

逆張りでは「為替レートが±2σ付近になる」という展開です。

 

これは統計的には「上がり過ぎか下がり過ぎ」ということなので、その逆の動きをします。

順張りでは、ボリンジャーバンドが収縮から拡大に変わるという展開です。

ここで順張りをする理由は「しばらく収縮した後の拡大は同じ方向で続くことが多い」からです。

 

上がる方向で拡大が始まったらしばらく上がり続けます。

下がる方向で始まったら下がり続けます。

 

これらの逆張り、順張りそれぞれの展開は成功確率が高いので、初心者がボリンジャーバンドを使いやすい場面です。

 

ボリンジャーバンドで注意をしたい「だまし」

チャートを見ていると、だましと呼ばれる現象が起きます。

だましとは、サインが出ているのにも関わらず、相場が予想と反対の動きをすることです。

 

通常、+2σに達したら「上がり過ぎたのでこれから下がる」と判断されます。

しかし、「下がると思っていたのに上昇した」という場合もあります。

 

その1つが「ヒゲだけが+2σに触った」というものです。

ヒゲとは「区切った時間の中の最高値と最安値」のことをいいます。

最高値が上ヒゲ、最安値が下ヒゲです。

ローソク足

「区切った時間」というのは5分や10分などさまざまですが、5分で区切ると「5分足」と呼びます。

すべての時間の足の総称がローソク足です。

このローソク足は、しばしば異様に長くなることがあります。

5分足のローソクが長い場合は「その5分間で相場が急上昇または急下降した」という意味です。

 

そして、最高値である上ヒゲが、偶然+2σに触れることもあります。

これが偶然かどうかは、上ヒゲ以外の部分を見ることで判断できます。

 

通常、上ヒゲでもどこもで「+2σにタッチする』ということは「全体が上がっている」はずなのです。

しかし、なぜか全体が横ばいか逆に下がっているということもあります。

 

この場合、上ヒゲが+2σにタッチしたのはだましの可能性があるのです。

反対に下降でも同じ考え方です。

 

バンドの収縮は強いトレンドが発生するサイン

ボリンジャーバンドは、収縮と拡大を繰り返します。

収縮は値動きが小さい状態、拡大は値動きが大きい状態です。

 

収縮と拡大、どちらかだけがずっと続くということはありません。

長く続けば続くほど「もうすぐ反転する」と考えられます。

 

多くの投資家が反転を期待して待ち構えているため、一度反転が始まったら急激なトレンドが発生することが多いのです。

そのため、ボリンジャーバンドの見方として「収縮はトレンドのサイン」とされます。

 

ただ、このサインを初動で見極めるのは難しいものです。

最初に上方向に激しく動き、その後はずっと下落に転じるという流れはよくあります。

 

この「最初だけ逆に動く理由」ですが、これは明確にはわかりません。

毎回起こるものではないので偶然か、あるいは「ヘッジファンドが揺さぶりをかけた」など可能性もあります。

どんな背景にしても初動でトレンドを掴むのは難しいので、ある程度トレンドが確定してから流れに乗る方がリスクが少なく済むでしょう。

 

チャート分析とファンダメンタルズ分析

ボリンジャーバンドの活用も含め、FXではチャート分析が重要です。

しかし、チャート分析だけでは予想できないことも起こります。

 

外貨の場合は各国の政治経済の情勢が絡んでいることが多いのです。

そのような「根拠のない価格変動」は様子を見たほうがいいかもしれません。

 

FXではチャートの動きやサインで相場の動きを分析する手法をテクニカル分析といい、政治経済などの情勢から判断する手法をファンダメンタルズ分析といいます。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析はどちらか1方を使うのではなく、それぞれ両方を上手に取り入れて、より為替予想の精度を高めていきましょう。

 

他の指標と組み合わせて活用する

ボリンジャーバンドを他の指標と組み合わせることで、投資判断の精度はさらに上がります。

ボリンジャーバンドと組み合わせて効果を発揮する指標の1つがMACD(マックディー)です。

MACD

MACDは日本語に直訳すると移動平均収束拡散法となります。

簡単にいうと「現時点で上昇トレンドか下降トレンドかがわかる」という指標です。

 

「それだけならボリンジャーバンドと変わらない」と思われるかもしれません。

しかし、トレンドを判断する時に使う要素が違うのです。

別々の要素から分析して「両方上昇トレンド」と判断できたなら、上昇する確率がさらに上がったといえます。

 

MACDがトレンドの判断に使うのは移動平均線です。

これを短期と長期の2種類で見ます。

 

「短期移動平均線と長期移動平均線を比較する」ということです。

MACDの数字は中央がゼロ、上がプラス、下がマイナスとされています。

 

MACDがプラスなら買い、マイナスなら売りのサインです。

ボリンジャーバンドで出た売りや買いのサインと合わせて、MACDのサインも利用すれば、より的確な判断ができるでしょう。

 

テクニカル分析のツールを備えているFX会社を選ぶ

ボリンジャーバンドはFXでも代表的な指標の1つです。

そのため、どのFX会社でもボリンジャーバンドは使えるようになっています。

 

テクニカル指標の知識がある場合、自分が使いたい指標が取引ツールに導入されているFX会社を選ぶようにしましょう。

 

「どの指標が自分に必要かわからない」という場合は、ひとまず取引ツールが使いやすそうなFX会社を選ぶのがいいでしょう。

一般的に必要とされる指標はどのFX会社のツールでも揃っているので、画面の操作のしやすさがポイントです。

 

ボリンジャーバンドを正しく理解して活用する

いかがでしたか?

ボリンジャーバンドは、FXでも代表的なテクニカル指標の1つです。

この見方をマスターすることで、FXで成功するために役立つ指標といえます。

 

知識として理解するだけでなく、実際にトレードの場数を踏むことで、ボリンジャーバンドの使い方をしっかりと理解できるようにしましょう。

 

GMOクリック証券テクニカルチャート全部で38種類!
豊富なテクニカルチャートの中から自分に合ったものを選んで使うことができます。
あなたもGMOクリック証券で口座開設をしませんか?
GMOクリック証券