ローソク足、恐るるに足らず!FXで利益を出すためのチャートの見方


FXを始めると最初にぶち当たる壁。

それがチャート分析です。

 

「FXを始めてみたけれど、チャートの見方が全然わからないよ」

「チャートを見ることに何か意味があるの?」

 

このように、チャートをどうやって使えばいいのかわからなくて困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

こんにちはFX勉強中の大輔です! なかなかFXで利益が出せなくて・・・。 どうしたらFXで利益が出せるようになりますかね?

大輔くん、チャートは見てる?

見てるんですけど、どのようにみればいいかよくわからないんですよねぇ。 わからなさすぎて、いつのまにか寝落ちしてます。

寝落ちして損失をださないためにも、チャートの見方を覚えることが必要よ。

とリサさんにいわれたものの、あのローソクのようなものを見ていると、やっぱり寝落ちしてしまいます・・・。

では、一体チャートはどのように、見ればいいのでしょうか?

今回は僕と一緒にチャートの見方について見ていきましょう!

チャートって何?

そもそもチャートとは一体何でしょうか?

もともと海図のことをチャートと呼んでいたそうです。

 

FXでは、為替相場が過去にどのように変動したのか記録したものをチャートと呼んでいます。

では一体なぜ、FXをするときにチャートを見るのでしょうか?

 

なぜ、チャートが必要?

先ほどご説明しましたが、チャートには過去の為替相場がいつ、どのように変動したのかが記録されています。

そのため、チャートを見れば、何が起きると為替相場が上昇または、下落するのかを読み取ることができます。

さらに、チャートには投資家の心理「買い意欲が強いのか、弱いのか」もあらわれるんです。

 

チャートを分析していると、未来の為替相場の変動を推測することができるようになってきます。

すると、売買のタイミングがわかるようになり、FXで利益を出す確率が上がってくるんですね。

 

つまり、FXで利益を出す確率を上げるためには、チャートの分析すなわちテクニカル分析が必要なのです。

では、チャートの種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

チャートの種類

チャートの種類は、バーチャート・ラインチャート・ローソク足チャートの3つがあります。

それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう!

 

バーチャート

為替相場がどのように変動したのかを棒の形で表示したものがバーチャートになります。

バーチャートには、4本値(よんほんね)と3本値(さんぼんね)があります。

 

4本値とは始値(はじめね)・終値(おわりね)・高値(たかね)・安値(やすね)、3本値とは高値・安値・終値のことをいいます。

次の図に4本値と3本値を示してみましたので見ていきましょう。

 

バーチャート

・始値:一定期間の為替相場のなかで取引開始後、最初に約定された価格

・終値:一定期間の為替相場のなかで取引開始後、最後に約定された価格

・高値:一定期間の為替相場のなかで最も高い価格で約定された価格

・安値:一定期間の為替相場のなかで最も安い価格で約定された価格

 

そして、3本値でチャートを作成すると次の図のようになります。

バーチャート全体図

このように3本値でチャートをあらわすと終値がほとんど見えず、高値と安値だけをつないだ1本の棒が並んでいるように見えます。

したがって、バーチャートはシンプルな線でチャートパターンをあらわすため、トレンドがつかみやすいというメリットがある一方で、シンプルすぎて始値と終値の区別がつきにくい、陽線と陰線の区別もつきにくいというデメリットがあります。

 

ラインチャート

ある期間の終値だけをつなげていくと線があらわれます。

それがラインチャートです。

 

では、下の図を見ていきましょう。

これがラインチャートです。

ラインチャート

 

バーチャートと違って、始値・高値・安値が表示されないため細かさに欠けますが、終値だけをつないでいますので、トレンドをつかみやすいというメリットがあります。

また、シンプルに値動きをあらわすので、余計な情報に惑わされにくいというメリットもあります。

 

ローソク足チャート

「ローソク足チャートのローソク足って何のこと?」

そう思われる方もいるかもしれません。

 

じつは、4本値を表した図形がローソクのように見えることからそう呼ばれているのです。

なかにはダイナマイトに見える方もいるかもしれませんが・・・。

 

ちなみに、ローソク足の分析法としてプライスアクションと酒田五法があります。

ここでは酒田五法に基づいたローソク足の見方をご紹介しますね。

では、下の図を見ていきましょう。

ローソク足チャート

ローソク足チャートは日本で非常によく使われているチャートですが、最近では、アメリカでも使われていて、キャンドルチャートと呼ばれています。

どのチャートを使っても構いませんが、ローソク足チャートは陽線と陰線を色分けするため、3種類のチャートのなかで一番みやすいです

 

また、4本値に加えて上ヒゲ・下ヒゲを使っている点で、バーチャートやラインチャートよりも値動きを詳しくあらわしているので、オススメです!(陽線と陰線、上ヒゲと下ヒゲについては後述します)

では、どのようにローソク足チャートを見たらよいのでしょうか?

 

陽線と陰線

先ほどのローソク足チャートではローソク足がの2種類が表示されていました。

この2種類はどのような違いがあるのでしょうか?

では、下の図を見ていきましょう。

ローソク足

ローソク足には陽線と陰線があり、この図では赤は陽線、青は陰線をあらわしていますが、陽線と陰線の色はわかりやすければよく、陽線を青色、陰線を赤色であらわす人もいれば、陽線を白色、陰線を黒色であらわす人もいるんですね。

(以下、赤色は陽線、青色は陰線でご説明させていただきます。)

 

ローソク足は、

・赤色、青色で塗られている部分が実体

・実体から上にでている線を上ヒゲ

・下にでている線を下ヒゲ

になります。

 

上ヒゲの一番先が高値、下ヒゲの一番先が安値になりますが、バーチャートと同じように、陽線と陰線で始値と終値の位置が違うことに注意しましょう。

 

陽線は価格の上昇をあらわしますので、

・始値の位置が実体の一番下

・終値の位置が実体の一番上

にきます。

陰線は価格の下落をあらわしますので、

・始値の位置が実体の一番上

・終値の位置が実体の一番下

にきます。

 

例えば、ドル/円で取引をしている場合、円安になると投資家が考えた場合、円が売られてドルが買われますが、逆に円高になると投資家が考えた場合、円が買われてドルが売られることになります。

 

では、下のローソク足チャートを見ていきましょう。

 

円安ドル高のローソク足

このチャートでは、赤色のローソク足が陽線、青色のローソク足が陰線、縦軸に1ドルあたりの円の価格が記載されています。

つまり、1ドルに対する円の価格が上昇する(円安)と陽線、ドルに対する円の価格が下落する(円高)と陰線であらわされるんですね。

ちなみに、円安はドルに対する円の価値の下落、円高はドルに対する円の価値の上昇を意味します。

 

日足チャートに出現する陽線と陰線の種類

では、日足チャートに出現する陽線・陰線にはどのような種類があるのでしょうか?

陽線は大陽線・小陽線、陰線は大陰線・小陰線に大きく分けることができます。

さらに細かく見ていきましょう。

 

大陽線

代表的な大陽線は3つあります。

では、次の表を見ていきましょう。

陽の丸坊主

陽の丸坊主は、上下のヒゲが無いので坊主といいます。

また、実体が長いので、その日の相場は大きく上昇したと判断できます。

また、ヒゲがないので、終値が高値です。

したがって、通常、相場上昇の勢いは翌日以降にも続きそうだと判断します。

 

陽の大引け坊主

陽の大引け坊主は、上ヒゲが無いので大引け坊主といいます。

引けとは市場の終了前のことです。

また、長い実体に下ヒゲがついています。

下ヒゲがあるので、始値よりも安い価格で取引した時間帯があったけれども、投資家の安い価格での買い意欲は強いといえます。

また、実体が長いので1日を通して相場は大きく上昇したと判断することが可能です。

さらに上ヒゲがないので、終値が高値になり、通常、相場上昇の勢いは翌日以降にも続きそうだと判断します。

陽の寄付き坊主

陽の寄付き坊主は、下ヒゲが無いので寄付き坊主といいます。

寄付きとは市場の開始後のことです。

また、長い実体の上にヒゲが付いています。

実体が長いので、1日を通して相場は大きく上昇しましたが、上ヒゲが出ているため、利益確定売りと判断することもできます。

上ヒゲが長ければ長いほど高値でポジションを保有することに対する警戒感が強まっており、陽の寄付き坊主が出た場合は、通常、上昇の勢いは弱くなっていると判断し、翌日以降、反落の可能性に注意です。

 

このように、大陽線は、相場が大きく上昇したことを意味しますが、上ヒゲと下ヒゲがつくことによって、相場の状況に対する解釈が違ってくるんですね。

ちなみに、FXで外貨を買ってまたは売って、まだ決済されていない状態のことを「ポジションを保有する」といいます。

 

小陽線

代表的な小陽線として以下の4つがあります。

 

陽のカラカサ

陽のカラカサは実体が短く、下ヒゲが長いのが特徴です。

相場の上昇が続いているけれど、チャートの山の頂上でこの陽線が出ると、通常、上昇の限界が近づいてきていると判断します。

逆に、相場の下落が続いているなかで、陽のカラカサが出現すると、相場が下落から上昇に転じる可能性が高くなります。

上ヒゲ陽線

上ヒゲ陽線は実体と下ヒゲは短く、上ヒゲは長いのが特徴です。

上ヒゲが長いため、1日のなかで大きく上昇する場面があったものの、投資家は高値でポジションを保有することを警戒したことから、利益確定の売りに押され、終値は高値から大きく下げた価格になりました。

上ヒゲ陽線が出た場合は、通常、相場上昇の勢いはかなり弱まってきていると判断し、翌日以降は反落する可能性があります

下ヒゲ陽線

下ヒゲ陽線は実体と上ヒゲは短く、下ヒゲは長いのが特徴です。

下ヒゲが長いため、1日のなかでいったんは大きく下げたものの、大きな買いが入ったことにより、終値は高値に近い価格となりました。

下ヒゲ陽線が出た場合、通常、投資家の買い意欲が強いと判断します。

 

陽のコマ

陽のコマは実体が短く、上ヒゲと下ヒゲは長いのが特徴です。

上ヒゲと下ヒゲがともに長いことから、高値圏でポジションを保有することに対する警戒感が強く、安値圏では投資家の買い意欲が強いことをあらわしています。

したがって、通常、少しだけ買いが強いものの、相場は買いと売りのどちらに行こうか迷っていると判断します。

 

このように小陽線は、上ヒゲと下ヒゲの長さと、チャートのどの位置であらわれるかによって、相場の状況に対する解釈が違ってきます。

 

大陰線

では、ここから陰線です。

代表的な大陰線の形として次の3つをご紹介します。

陰の丸坊主

陰の丸坊主は実体が長く、丸坊主なので、上ヒゲと下ヒゲがありません。

実体が長いので、1日を通して相場は大きく下落です。

終値が安値ですので、通常、相場の下落は翌日以降も続きそうだと判断します。

陰の大引け坊主

陰の大引け坊主は、実体が長く、上ヒゲがあるのが特徴ですが、大引け坊主だから下ヒゲはありません。

上ヒゲがあるので、始値より上昇する時間帯があったけれども、高値圏での売り意欲は強いことから、1日を通して相場は大きく下落しています。

終値が安値ですので、通常、相場の下落は翌日以降も続きそうだと判断します。

陰の寄付き坊主

陰の寄付き坊主は、実体が長く、下ヒゲがあるのが特徴ですが、寄付き坊主だから上ヒゲはありません。

実体が長いので、1日を通して相場は大きく下落しています。

下ヒゲが長ければ長いほど、安値圏では買う意欲が強いです。

したがって、この陰線が出たときは、通常、下落の勢いが弱まっており、反転上昇する日が近いことをあらわしています。

 

このように大陰線は、相場が大きく下落したときにあらわれますし、大陽線・小陽線と同じように、上ヒゲと下ヒゲの長さによって相場の状況に対する解釈も違ってくるんですね。

 

小陰線

次は、代表的な小陰線4つ。

下の表をご覧ください。

陰のカラカサ

陰のカラカサは、実体が短く、下ヒゲが長いのが特徴です。

下ヒゲが長いので1日のなかで相場は大きく下落しているにもかかわらず、投資家の買いの勢いが強いため、実体が短くなり、始値と終値が接近しています。

相場の下落が続いているなかで、この陰線が出ると、通常は、相場の下落は終わりつつあると判断します。

また、上昇相場の山の頂上で、この陰線が出た場合は、上昇する力が限界に達してきており、翌日以降、下落する可能性が高まります

上ヒゲ陰線

上ヒゲ陰線は、実体と下ヒゲが短く、上ヒゲが長いのが特徴です。

上ヒゲが長いことから、取引を始めた後大きく上昇する場面があったものの、高値圏では売る力が強かったため、最終的に終値は始値を下回っています。

ただし、安値圏では買う力が強いと読み取ることができます。

したがって、この陰線が上昇トレンドで出たら、通常、相場の上昇は弱まりつつある下降トレンドで出たら、相場の下落は継続すると判断します。

下ヒゲ陰線

下ヒゲ陰線は、実体と上ヒゲが短く、下ヒゲが長いのが特徴です。

下ヒゲが長いことから、取引をはじめてから大きく下落したものの、その後大きく上昇し、最終的に終値は始値に近いところになっています。

したがって、この陰線が出ると、安値圏では投資家の買いが強いことをあらわしているため、通常、翌日以降、相場が下落から上昇に変わる可能性が高く、下ヒゲが長ければ長いほどその可能性は高くなります

陰のコマ

陰のコマは実体がかなり短いため、1日を通して相場の下落は非常に小さいものであったと判断することができます。

また、上ヒゲと下ヒゲがともに長く、その長さも同じくらいであることから、少しだけ下落の勢いが強いものの、相場は買いと売りのどちらに行こうか迷っていると通常、判断します。

 

小陰線の場合も、小陽線と同じように、上ヒゲと下ヒゲの長さとチャートのどの位置であらわれるかによって、相場の状況に対する解釈が違ってくるんですね。

 

ここでご紹介した大陽線・小陽線・大陰線・小陰線のパターン以外にもいろいろなパターンがあります。

いろいろなパターンのローソク足と、ローソク足以外のテクニカル分析やファンダメンタルズ分析をあわせて行うことで、相場の状況をより的確に判断することができるようになるでしょう。

 

 

表示期間によって戦略が変わる?

表示期間の長さによって、ローソク足の呼び名が、月足(つきあし)・週足(しゅうあし)・日足(ひあし)と変わり、投資スタイルによって、ローソク足の使い方が変わります。

 

【月足】

(意味:1ヶ月の間にどれだけ価格が変動したのか)

・始値:1ヶ月の最初の日の始値

・終値:1ヶ月の最後の日の終値

・高値:1ヶ月のなかの最高値

・安値:1ヶ月のなかの最安値

 

 

 

 

月足の場合、約10年分の為替相場の変動をあらわすことができるため、数か月から数年の超長期にわたってポジションを保有するときに使われます。

 

【週足】

(意味:1週間の間にどれだけ価格が変動したのか)

・始値:1週間の最初の日の始値

・終値:1週間の最後の日の終値

・高値:1週間のなかの最高値

・安値:1週間のなかの最安値

 

 

 

 

週足の場合、一つの画面で約2年分の為替相場の変動をあらわすことができるため、数か月から1、2年の長期にわたってポジションを保有するときに使われます。

 

【日足】

(意味:1日の間にどれだけ価格が変動したのか)

・始値:1日のなかで、1番最初についた価格

・終値:1日のなかで、1番最後についた価格

・高値:1日のなかの最高値

・安値:1日のなかの最安値

 

 

 

 

日足の場合、一つの画面で約6か月分の為替相場の変動をあらわすことができるため、数日から数か月の短期または中期でポジションを保有するときに使われることが多いです。

 

これら以外にも分足(ふんあし)というものがあり、分足も投資スタイルによって1分足、5分足、10分足というように長さを変えて価格がどのように動いたのかを見ることができます。

例えば、1分足の場合、1分ごとにどれだけ価格が変動したのかをローソク足であらわすことができます。

したがって、分足の場合、売買から決済までを1日で終わらせる投資スタイルをとるときに使うことが多いです。

月足・週足・日足・分足でローソク足の意味が違うんですね!

月足・週足はトレンドを見るときにも使えるわよ。

 

上昇トレンド・下降トレンド

ローソク足チャートを使って、為替相場の上昇トレンド、下降トレンドを判断することができます。

では、下の図を見ていきましょう。

 

上昇トレンド
 

 

【上昇トレンドの特徴】

・チャートの形が右肩上がり

・ローソク足の始値と終値が階段状に切り上がっていく

・陽線の出現回数が陰線よりも増える

・陽線が2、3日以上連続で続くことが多くなる

 

下降トレンド

【下降トレンドの特徴】

・チャートの形が右肩下がり

・ローソク足の始値と終値が階段状に切り下がっていく

・陰線の出現回数が増える

・2、3日以上連続して陰線が続くことが多くなる

 

このように、為替相場には上昇トレンドと下降トレンドが発生するんですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ローソク足にもさまざまなパターンがあります。

パターンによってあらわしている意味が違うんですね。

 

しかし、ローソク足だけでチャートを分析するのは判断材料としては少ないです。

そこでテクニカル分析やファンダメンタルズ分析と組み合わせて活用し、より信頼性の高いサインを見つけていきましょう。

 

この記事を参考に、ぜひローソク足チャートでサインを探してみてくださいね。

 

チャートが使いやすいおすすめのFX会社

 

取引ツールがおすすめのFX口座

FX会社 特徴

DMMFX
(詳細はこちら)

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウなどのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMOクリック証券
(詳細はこちら)

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

ヒロセ通商
(詳細はこちら)

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

合わせて読みたい
FX始めるなら元手資金10万円がベスト!少額投資で稼ぐためのコツとは

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる5つのコツ

FXの始め方

FX初心者のための始め方!口座開設から取引までのやり方を徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x