トレンドの強さや継続性が分かる!チャネルラインを引いてみよう!

チャネルラインを活用しよう!

 

テクニカル分析の一つの手法であるチャネルラインはFX取引において非常に重要な指標です。

FXで売り買いの取引をするにあたって上昇・下落トレンドのどちらの場合にも使うことができる指標であり、これからFXを始めたいと思っているなら、まず知っておきたいものの一つといえるでしょう。

 

「チャネルラインって何?」

「チャネルラインから何が分かるの?」

と思っている方もいらっしゃるかと思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!
チャネルって聞くとチャンネルという言葉が頭に浮かびますね。

どちらも英単語の「channnel」からきているから、
ただ発音が違っているだけなのよ。

へ~、元は一緒な言葉だったんですね!

ということで今回は、僕と一緒にチャネルラインについて勉強していきましょう!

 

チャネルラインの基礎知識

チャネルラインとは、トレンドラインに並行して描くラインのことをいいます。

この線のことをアウトラインと呼び、トレンドラインとアウトラインの2本の線を合わせてチャネルラインと呼ぶことも多いです。

 

トレンドラインとは、相場の流れ(トレンド)を知るためのツールです。

トレンドラインは、ローソク足と呼ばれる相場を時系列で示したものの高値もしくは安値同士を結んだ線のことをいいます。

 

トレンドラインには上昇トレンドライン下降トレンドラインの2種類があります。

 

上昇トレンドライン下降トレンドライン

 

相場の中で目立つ安値同士を複数結んだ線が上昇トレンドライン、高値同士を複数結んだ線が下降トレンドラインです。

トレンドラインを引くと、一定期間の相場の大きな値動きを把握することができます。

 

チャネルライン

 

チャネルラインは、このトレンドラインに平行してトレンドラインの外側に引いた線、もしくはこの両方の線のことを指します。

上昇チャネルラインは高値側にトレンドラインと平行に引き、下落チャネルラインは安値側にトレンドラインと平行に引きます。

 

また、トレンドラインとチャネルラインの間にできる空間はチャネルまたはトレンドチャネルと呼ばれます。

 

チャネルラインがもたらしてくれる情報

チャネルラインはトレンドの継続性や強さ、方向性などFX取引にとって重要なさまざまな情報をもたらす重要なものです。

 

何も線を引かないでただチャートを眺めていても、相場はアップダウンを絶えず繰り返しているので、今どんなトレンドが生じているのかひと目では把握できません。

しかし、トレンドラインとそれに平行するチャネルラインを引くと相場がこの2本線の間に収まり、上昇・下降といった大きなトレンドが見えるようになります。

 

しかし、時としてチャネルの範囲内で反発しないで外に相場が飛び出ることがあり、これをブレイクといいます。

ブレイクはFX取引を行う上で大きなポイントの一つです。

 

ブレイクについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

相場が大きく変化する!レンジブレイクを見極めよう!

 

チャネルラインの引き方

チャネルラインは値動きを読む上でとても重要なので、どのように引けばよいのか知っておく必要があります。

 

チャネルラインを引くには、まずトレンドラインを引きます

目立った値動きのある2点を結ぶだけでもOKですが、できれば3、4カ所選んで引くとより正確なラインになるでしょう。

 

そして、トレンドラインと平行してチャートの反対側にチャネルラインを引きます(これを別にアウトラインと呼ぶこともあります)。

上昇トレンドにある場合でも下降トレンドにある場合でも、引き方はまったく同じです。

FXツールにはチャネルラインを簡単に引ける機能がついているものが多いので、利用するとよいでしょう。

 

チャネルラインが上昇している場合をチャネルアップ、下降している場合をチャネルダウンと呼びます。

 

チャネルラインを見るときのポイント

次に、チャネルラインを見るときのポイントについて知っておきましょう。

 

相場は高値と安値を繰り返しますが、高値も安値も基本的にこのチャネルの値幅の範囲で動いていきます。

 

チャネルラインで値動きを読む場合にポイントになるのは、ラインの長さ角度そして幅の広さなどです。

これらを見ることで、トレンドの勢いや継続性がある程度予測できるようになります。

 

チャネルラインの長さ

チャネルラインが一方向に長期間に渡って続いていればそのトレンドが強いといえますし、短期間しか続いていなければ変わりやすいトレンドだといえるでしょう。

 

チャネルラインの角度

ラインが作る角度がゆるやかであれば同じトレンドが長く続くことが多く、角度が急であればトレンドが小刻みに変化することが多い傾向です。

 

チャネルの幅

チャネルの幅が広ければ安定感を持って続くことが予想でき、幅が狭ければあまり長くは続かないと判断できます。

また、一定の値幅の中でジグザグに値動きしていた相場がチャネルラインにだんだん届かなくなってきている場合には、トレンドの力が徐々に弱くなっている可能性があります。

 

 

このように、ポイントを押さえておくとトレンドの傾向がよくわかるようになります。

また、チャネルラインだけを頼りにしないことが大事です。

 

FXでは、相場が上昇トレンドにあるときに買いエントリーし、チャネルラインにぶつかって反落したところで売れば利益が出ます。

逆に、下降トレンドにあるときに売りエントリーし、チャネルラインにぶつかって反落したところで買えば利益になります。

 

しかし、このやり方はトレンドが継続してチャネルラインの値幅の中で動くことを前提にしており、相場にはブレイクがあることを考えるとリスクがあるといわざるをえません。

チャネルラインは重要な指標ですが、あくまで目安にすぎないことを理解しておきましょう。

 

チャネルラインをブレイクしたときに押さえておくべきルール

相場はチャネルラインの値幅の中だけを延々動いていくのではなく、いずれブレイクします。

ブレイクポイントは、その後大きな値動きが期待できるポイントなので、ここでうまくエントリーできれば大きな利益を上げることができるでしょう。

 

具体的には、上昇方向にブレイクしそうであれば高値になるため買いポジション、下降方向にブレイクしそうであれば安値になるため売りポジションを取ることになります。

 

このブレイクポイントを過ぎた後の値動きで注意しておきたいことがいくつかあるので押さえておきましょう。

まず、ブレイクしたように見せて、実はブレイクしない場合があります。

いったんは高値(安値)を更新するものの、また元の値幅に戻ってしまうのです。

これは「だまし」と呼ばれています。

 

また、いったんブレイクすると、その後は上昇トレンドでも下降トレンドでも直近の値幅の2倍になることが多くあります。

このことは、自分のチャネルラインの引き方や見方が正しいかどうかをチェックするのにも役に立ちます。

 

チャネルが2倍に!

 

明らかにブレイクしているのに2倍の値幅になっていなければ、自分の引き方や見方のどこかが間違っていたのかもしれません。

もしきちんとラインを引いていたのに2倍にならないようなら、トレンドが一時的なもので長くは続かないことを示している可能性もあります。

 

そして、ブレイク後に2倍の値幅できちんと推移している場合は、その後の値動きもほぼチャネルラインの値幅と同じ範囲で相場が推移していくという特徴があります。

 

チャネルラインは他の指標を組み合わせることで力を発揮する

チャネルラインは、長期売買のスイングトレード、短期売買のデイトレード、超短期取引のスキャルピングの3つのどの取引手法にも使える活用度の高いものです。

 

初心者でもこの方法をマスターしておけば、トレードの成功率を上げることができます。

もっとも、チャネルラインはあくまで便利な指標の一つであって、これだけで万能にトレンド分析ができるわけではありません。

 

実際に多くのトレーダーがチャネルラインのほかにもさまざまな指標を使って、トレードの成功率を上げています

 

たとえば、チャネルラインのほかにサポートライン(下値支持線:一定期間の最安値の限度ライン)やレジスタンスライン(上値抵抗線:一定期間の最高値の限度ライン)も、組み合わせると、相場のトレンドがいつ反転するのか、その時期がより正確に判断できるようになるでしょう。

 

レジスタンスラインとサポートライン

 

チャネルラインも便利だけど、
ほかの指標も組み合わせて使いましょうね!

 

ブレイク後は逆張りトレード

トレードには順張り逆張りの2つのトレード方法があります。

 

順張りとはトレンドに沿ったトレードで、たとえば相場が上昇トレンドにあるときに買って、より高値をつけたときに売ることで利益を得るトレードです。

 

順張り

 

一方、逆張りとはトレンドとは逆の方向にトレードするもので、相場が下降トレンドにあるときに買い、上昇トレンドに転じたときに売って利益を得るトレードになります。

 

 

順張りはトレンドに乗って売買するトレードですが、逆張りはトレンドが変わる節目を読むことが重要になるトレードだといえるでしょう。

相場にブレイクが起きた場合には、逆張りトレードをするのが有効な場合があります。

 

一例を挙げてみましょう。

上昇トレンド相場にブレイクが生じたら上昇トレンドはここでいったん終わり、その後は上昇トレンドが続くか下降トレンドに転じるのかのどちらかになります。

まず、これを見定めることが大事です。

 

相場がしばらく動かず上下どちらのトレンドに動くとも定まらない状態(レンジ)がしばらく続いた後、いったんは上昇を見せるという場合もあるでしょう。

 

トレンドラインとレジスタンスラインが低抗帯として働いて、もうこれ以上上昇しないだろうというプレッシャーが相場にかかると、相場はここから下降トレンドに転じることになります。

 

こうなった場合は、一般にブレイク後の値動きはチャネルラインの2倍の値幅で推移することが多いので、ここを利益確定ポイントと考えて逆張りトレードし、実際に2倍のラインに達したときに利益を確定します。

 

このように、上昇相場にブレイクが生じて、その後下降トレンドにあると見極められたときには、逆張りトレードが功を奏することがあるのです。

 

逆張りについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

初心者には危険!?逆張りってどんな取引方法なの?

 

順張りのトレードでチャネルラインを活用する方法

続いて、チャネルラインを順張りトレードで利用する方法を紹介しましょう。

 

チャネルラインから判断して相場が上昇トレンドにあるときには、サポートライン(下値支持線)近くで買いエントリーし、レジスタンスライン(上値抵抗線)近くで利益確定するのがベストです。

 

逆にチャネルラインから判断して相場が下降トレンドにあるときには、レジスタンスライン近くで売りエントリーし、サポートライン近くで利益確定するのがベストということになります。

 

順張りについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

初心者に知ってほしい!FXの順張りに適した3つのエントリーポイント

 

まとめ

いかがでしたか?

 

さまざまなトレードの場面でチャネルラインはとても役に立つので、チャネルラインはFX初心者でも早く使いこなせるようにしておきたいものの一つです。

 

FX以外のトレードでも使えますし、上昇・下落トレンドを問わず利用できるのでマスターするととても重宝するでしょう。

 

FX初心者の人は、まずチャネルラインを正しく引く練習をしましょう。

きちんとラインを引けるようになったら、実際にチャネルラインを使ってさまざまなトレードを試してみることで、FXのスキルを磨いていくことができます!

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。