流れをつかめ!FXで利益を出していくためのチャート分析

2018年9月17日

アイキャッチ画像statistics-706381_1920

FXのチャートは種類がいろいろありますよね。

 

「どう活用するのかよくわからない」

「全部覚えておかないと取引できないの?」

そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕もチャート分析を身につけたいけれど、いっぱいあって躊躇しちゃうな・・・。

こんにちは、FX勉強中の大輔です。
僕、まだチャートの見方がよくわからなくて・・・。

まずはトレンド系から勉強しましょう。

 

詳しい知識がないうちは、為替変動やトレンド相場は何の脈絡もなく動いているように見えます。しかし、チャート分析を始めてみたら、実はFXで利益を得るためのノウハウがたくさん詰まっていることがわかるでしょう。チャート分析によって何がわかるのか、詳しく説明していきます。

 

チャート分析とは何か?

チャート分析はテクニカル分析ともいいます。

さまざまなテクニカル指標を用いてチャートを分析するのがチャート分析です。

テクニカル指標はチャートを分析するために生み出された予測方法で、すべてを覚えるにはたくさんの時間を費やすことになるでしょう。

 

テクニカル指標の種類は多彩で、それぞれに違った特徴やメリット、デメリットがあります。

トレード戦略やチャートの傾向によって複数のテクニカル指標を使い分けるのが、より詳細にチャート分析をするコツです。

ところで、なぜチャート分析を行う必要があるのでしょうか。

チャートとは、過去の相場をグラフにしたものです。

別の言い方をすれば、これまで取引に関わってきたトレーダーたちの心理を反映した記録でもあります。

 

FXに参加しているトレーダーたちは、なるべく多くの利益を得ようと、チャートをチェックしてはさまざまな予測を立てるのが基本です。

ある程度チャートについて勉強をしていると、値動きの特徴がわかってくるので、多くのトレーダーが同じような見立てをします。

 

これが相場変動に表れて、上昇トレンドや下降トレンド、レンジ相場の状態を作り出します。

もちろん、相場変動の理由はこれだけではありませんが、値動きを判断する1つの材料として、チャート分析は非常に有効です。

 

チャート分析によるメリット

チャート分析の主なメリットは2つです。1つは、最適な売買タイミングが理解できる点です。

前述したとおり、チャートはトレーダーの心理を強く反映します。

チャート分析により相場の予測ができるのは、歴史が変わっても人の心理はそうそう変わるものではないからです。

 

過去のトレーダーたちの思惑が詰まったチャートを分析することは、人はどのようなシチュエーションでどう動くのか、ひも解く作業でもあります。

 

トレンド相場が起きるとき、チャートは特徴的な形を示します。

チャートの型によってどのようなトレード戦略を練るべきかがわかれば、自分にとって最適な売買タイミングをつかむことができるでしょう。

もう1つのメリットは、感覚で取引していると見落とすような相場の流れもつかめる点です。

FXに興味を示す人のなかには、チャート分析をするよりも感覚でトレードしたほうがうまくいくと思う人も少なからずいるようです。

しかし、感覚的なトレードでは大雑把にしか相場の流れをつかめません。

 

チャート分析をした結果見つかった、小さなエントリーポイントを見逃す可能性が高いのです。

FXで利益を出すには、小さなチャンスも逃さずとらえて、コツコツ稼いでいく必要があります。

 

チャート分析を行いながら、地道に勉強していく姿勢が大切です。

 

チャート分析によって生じるデメリット

デメリットも2つ挙げられます。1つは、勉強するチャートの種類がかなり多い点です。

ひと目見ればすぐにわかるようなチャートもあれば、ややこしくて別のチャートと間違ってしまいそうな場合もあります。

 

同じチャートでも時間足を変えると、また違ったチャートに見えるケースもあります。

初心者のうちは頭の中がごちゃごちゃになって、混乱する人もいるかもしれません。

 

チャート分析のために使用するテクニカル指標選びに迷うケースもあるでしょう。

それぞれのチャートをしっかり覚えて使いこなしていくなら、基本のスタイルを勉強して、少しずつ実践投入できるようにしていきましょう。

チャート分析のもう1つのデメリットは、チャート上に表れた「だまし」に引っかかってしまう可能性がある点です。

だましとは、一見取引に有利なように見えるサインが、実は間違っていた、むしろ損失を出しかねないサインのことを指します。

 

たとえば「上昇トレンドのサインを見つけたので急いで買いポジションを保有したら、実際はそこまで上昇せずにレンジ相場に入ってしまった」というケースがあるとします。

 

この場合、上昇トレンドのサインがだましです。

このあとすぐに下降トレンドに転じてしまえば、早いうちに損切りをしないと損失が大きくなってしまうでしょう。

 

売買タイミングのサインを見つけるとつい注文を出したくなってしまいますが、だましではない、とわかるまで安易な注文は控えるべきでしょう。

 

完璧に相場予測を行うのは不可能

チャート分析を学ぶ前に、踏まえておきたいポイントが3つあります。1つ目は、100%勝てるテクニカル指標は存在しない点です。

 

FXに挑戦するからには、多かれ少なかれ確実に利益を得たいと思うものです。

チャート分析は、トレーダーを勝ちに導く重要な方法でもあります。

 

だからといって、100%勝てるかどうかはまた別な話です。

チャートパターンはあくまでも「このチャートのときはこういう値動きになりやすい」という傾向をつかむための使用であることを忘れないようにしましょう。

2つ目のポイントは、相場変動に応じて正しいチャート分析方法を行っても、必ずしも思惑通りには相場が動かない点です。

1つ目のポイントと同様、チャートは相場変動の傾向をつかむために分析するのであって、分析どおりにいかない場合ももちろんあります。

 

3つ目は、チャート分析とファンダメンタルズ分析の2つを用いる点です。

勝てるトレードの確立を上げるには、多角的に分析を行い、総合的に判断していく必要があります。

 

チャート分析もファンダメンタルズ分析も万能ではありませんが、互いの足りない点をそれぞれの分析方法で補い合えば、より勝ちに近い分析ができるようになるでしょう。

 

チャート分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせる

チャート分析でエントリーポイントを見つけたら、本当に利益の出るエントリーポイントになり得るのか、ファンダメンタルズ分析で確認するのがおすすめです。

チャート分析には、トレーダーの群集心理のほか、相場に影響を与える実際の出来事が反映されます。

 

チャートに表れた急激な動きは一体何なのか、事実を確認するためにファンダメンタルズ分析を行います。

ファンダメンタルズ分析とは、それぞれの国で発表された経済指標や経済的ニュースを確認し、チャートにどのような影響を与えているのかを分析する方法です。

ひたすらグラフと向かうチャート分析と違い、ファンダメンタルズ分析はテレビや新聞、インターネットなどのニュースをチェックする必要があります。

ただ、普段からニュースを読む人にとっては、これらの情報収集はそう難しくはないでしょう。


たとえば、これまで上昇トレンドだったチャートがレンジ相場になり、急激な下降トレンドが生じたとします。

トレンドが急激に変わる場合は、災害や事件など世界規模で話題になるような出来事が起こっている可能性があります。

 

大きな出来事は必ずといっていいほどチャートに反映されます。

世界の出来事は新聞やインターネットなどで簡単に調べることが可能ですから、チャート分析とファンダメンタルズ分析の組み合わせで、適切なトレードを心がけましょう。

 

チャートを大きく変動させる要因

チャートを大きく変動させる要因を2つ紹介します。

1つは、トレンド転換です。

 

為替相場には上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場の3種類があります。

FXの場合、トレンド相場、レンジ相場、ブレイク、トレンド相場のサイクルを繰り返していきます。

 

レンジ相場がブレイクしてトレンド相場に移行するときが、トレンドの転換期です。

トレンド相場が続くと、価格の反転を狙ってトレンドとは反対の圧力がかかります。

トレンド勢力よりも圧力のほうが強ければ、トレンドは大きく転換します。

 

トレンドが転じる要因はいろいろありますが、何らかの圧力がかかって起きるのがトレンド転換であることを覚えておきましょう。

もう1つは、ファンダメンタルズ要因です。

なかでも有名なのが、経済指標、要人の発言、金融政策です。

 

たとえば、経済大臣や中央銀行の総裁など、金融政策に関係のある要人が「物価が高い」という発言をしたとします。

これは、インフレを抑えるために利上げの可能性がある可能性を示唆するものです。

 

そこで、トレーダーたちは利上げを期待して買い注文を行い、上昇トレンドが形成されていくわけです。

ファンダメンタルズ要因に対してトレーダーが敏感に反応し、為替相場が動いていくのがチャートを大きく変動させる要因になっています。

 

相場の上下を判断するトレンド系指標

トレンド系指標は、順張りで利益がでるかを確認するための指標です。

トレンド系で代表的な指標をいくつか紹介します。

 

移動平均線は、終値の平均を結んだ線のことです。

短期線、中期線、長期線の3本を組み合わせることで、トレンド相場の大きな流れをつかめるでしょう。

移動平均線4

ボリンジャーバンドは、移動平均線の上下にある値動き幅を表す指標です。

たとえば、為替レートがボリンジャーバンドを上に超えた場合は、相場が上昇しすぎているため逆張りで売りポジションを保有しようと考えます。

ボリンジャーバンドは順張りでも逆張りでもエントリーポイントを見つけるのに効果的です。

MACDは、MACDとシグナル、2本の移動平均線でエントリーポイントを見つける方法です。

MACDがシグナルを上抜けば買いサイン、下抜けば売りサインと判断します。

クロスする角度が深いほど信頼できるサインとみなします。

 

一目均衡表は、転換線、雲、基準線の3つに着目してトレンド相場を見極める方法です。

雲とローソク足の位置関係や、転換線と基準線の方向などで上昇トレンドか下降トレンドかを判断します。

 

DMIは、レートの上昇と下落の幅を数値化して、トレンドの方向と強さを分析する方法です。

前日と当日の高値に着目し、前日より当日のほうが高値なら上昇、前日より当日のほうが安値なら下降しているとします。

それぞれ、トレンド相場を見極めるのに欠かせない分析方法です。複数の指標を用いることで、より強いトレンド傾向を見つけられるでしょう。

 

相場の過熱具合を確認するオシレーター系指標

主に売られすぎや買われすぎの傾向を分析して、逆張りによる利益を狙うのがオシレーター系指標です。

 

RSIは、オシレーター系のなかでもよく使用されるテクニカル指標のひとつです。

14日間でどの程度レートが上下しているかを、0~100%で測ります。

上部70%以上なら買われすぎなので売り注文を、下部30%以下なら売られすぎなので買い注文と判断します。

RSI

ストキャスティクスも、買われすぎと売られすぎを見極める有名な方法です。3つの線が指標になる、レンジ相場でのエントリーポイントを探すのが得意などの特徴があります。

RCIは、価格と時間の相関関係を表にしたものです。

-100~+100の値のなかで、+100%に近いほど高値圏、-100%に近いほど安値圏とみなします。

RCIはトレンド相場では逆張りの判断がしやすいものの、レンジ相場ではだましになりやすく、注意が必要です。

 

CMOは、買われすぎと売られすぎのほかに、トレンド相場の強さも判断できる指標です。

CMOが+50以上なら買われすぎ、-50以下なら売られすぎ、CMOの値が100に近ければ上昇トレンド、-100に近ければ下降トレンドが強いと判断します。

 

買われすぎや売られすぎをチェックするのは、トレンドが転換するポイントを探り、逆張りをするためです。

相場が過熱しているときは、オシレーター系分析で冷静にエントリーポイントを探るようにしましょう。

 

上昇トレンドか下降トレンドかを判断するトレンドライン

トレンドラインは、トレンド相場が上昇しているのか下降しているのかを判断するうえで、とても重要です。

トレンド傾向が強ければ、ローソク足だけでもトレンド傾向の見極めはできるような気がするでしょう。

 

しかし、トレンドラインを引くことでトレンド転換や押し目、戻し目のポイントがわかりやすくなります。

パッと見ればわかると過信せずに、まずはトレンドラインを引いて効果の程を確かめてみましょう。

 

上昇トレンドラインを引くには、特に目立つローソク足の安値を2つ以上探して、まっすぐの線で結びます。

上昇トレンド

下降トレンドラインの場合は、目立つローソク足の高値を2つ以上探して、線で結びましょう。

下降トレンド

上昇トレンドラインと下降トレンドラインの交差する場所が、トレンド転換点(ラインブレイク)です。

ローソク足だけ見ているより、かなり的確にトレンド相場を把握できます。

 

また、上昇トレンドラインは価格が上昇したときに跳ね返す支持線として、下降トレンドラインは価格が下降したときに跳ね返す抵抗線としても機能します。

 

支持線/抵抗線と反発している押し目、戻し目のポイントは、逆張りのエントリーポイントとして利益を伸ばしていけるのがメリットです。

相場は刻々と変化しますので、正確なトレンドラインを引くのが難しいケースもあります。

初心者のうちは何本もトレンドラインを引いて練習するようにしましょう。

 

サポートラインとレジスタンスライン

トレンドラインがトレンド相場のチャートに引く線であるのに対して、サポートラインとレジスタンスラインは、大きな流れのなかで相場がどのように変動しているのかを見極めるために必要なラインです。

 

サポートラインは安値の価格帯に引くラインで、別名は下値支持線ともいいます。

 

レジスタンスラインは高値の価格帯に引くラインで、別名は下値支持線です。

斜めに角度がつくトレンドラインと違い、サポートラインとレジスタンスラインは水平方向にある高値や安値を線で結びます。

サポートラインがその役割を果たしているときは、買い圧力が働いている状態です。

 

たとえば、下降トレンドでローソク足がサポートラインと反発した場合、売り圧力に対して買い圧力が反発するので価格は一時的に上昇します。

 

一方、上昇トレンドでローソク足がレジスタンスラインと反発しあう場合は、買い圧力に対して売り圧力が反発するので一時的に価格が下落します。

 

2つのラインは、押し目や戻し目のポイントを探したり、トレンド相場が続くのか転換するのかを判断したりするのに有効です。

サポートラインとレジスタンスラインを2本同時に引いておけば、さらにトレンド傾向が読みやすくなるでしょう。

 

さまざまなパターンがあるチャート分析

チャートにはさまざまなパターンがあり、それらの特徴を覚えておくと、相場変動の予測を立てやすくなります。

代表的なチャートパターンをいくつか紹介します。

まずは、ダブルトップとダブルボトムです。

 

ダブルトップは上昇トレンドのチャートパターンで、M字型をしています。

最後は必ず下降していることから、ダブルトップが出たときは上昇トレンドの終わりを示していると判断します。

 

一方、ダブルボトムとは下降トレンドで発生するパターンです。チャートの終わりが上昇しているので、下降トレンドが終わると見るのが一般的です。

ヘッドアンドショルダーは、V字のパターンが何回か続くなかで、真ん中のV字が突出しているパターンを指します。

ヘッドアンドショルダーは上昇トレンドの終わり頃に生じるパターンです。

ヘッドの前後には複数のネックラインが形成されており、エントリーポイントを探したりトレンド傾向をつかんだりするのに、かなり有効です。

 

Vトップは、いきなり目立った逆V字型を示すパターンで、トレンドラインから大きく離れるので相場の読みにくいラインです。

ペナントは三角持ち合いともいいます。レジスタンスライン及びサポートラインとトレンドラインの間にある三角スペースの相場を見極めることができます。

 

移動平均線はテクニカル分析の代表的な手法

移動平均線は、テクニカル分析のなかでも代表的な指標です。

 

一定期間のなかで終値の平均値を計算して、線を引いています。

計算期間は5日、25日、75日とさまざまですが、25日を短期線、75日を中期線、200日を長期線とするのが一般的です。

 

移動平均線は1本で見るよりも短期、中期、長期の3本セットで見たほうが、トレンドの傾向がつかみやすくなります。

過去の値動きと合わせて移動平均線の変化をチェックすると、次に移行するのが上昇トレンドなのか下降トレンドなのか見極めがしやすくなります。

トレンドが上昇でも下降でも、移動平均線は角度が急な方がトレンドの勢いが強いです。

中長期的にトレンドが続く傾向にあるので、トレンドフォローに徹すれば効率的に利益を伸ばしていけるでしょう。

 

また、短期と中期の移動平均線は支持帯や抵抗帯としての役割も果たします。

レジスタンスラインやサポートライン、トレンドラインと合わせてチェックすれば、多くのエントリーポイントを見つけ出せるでしょう。

 

買われすぎか売られすぎかを判断するストキャスティクス

ストキャスティクスは、逆張りを目的とするオシレーター系分析です。

主にパーセントD、スローパーセントDの2本のラインから、買われすぎや売られすぎを判断します。

 

ストキャスティクスは、トレンド相場よりもレンジ相場で明確なサインを発するのが特徴です。

レンジ相場が続いて今後の動向が読みにくい場合は、ストキャスティクスと移動平均線を併用すると、お互いの苦手分野を相関しあってより詳しく相場の予測が立てられるでしょう。

通常、買い注文や売り注文を出すのはトレンド相場が生じているときで、動向の読みにくいレンジ相場では様子見をするのがセオリーです。

ストキャスティクスを利用すれば、レンジ相場であっても相場の上昇・下降を見極めることができます。

FXでは、ポジションはなるべく長く保有したほうが利益を伸ばせます。

 

長くポジションを保有するには、トレンド傾向をいち早く察知して新規注文を開始するのが効果的です。

トレンド傾向の読みはテクニカル分析で、レンジ相場の読みはストキャスティクスで行えば、トレードの幅をさらに広げることができるでしょう。

 

値幅の動きを確認するボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、統計学を用いたテクニカル指標です。

値動きの平均値からどの程度価格にバラツキがあるのかをグラフにしており、平均値からの値幅をσ(シグマ)で表しています。

 

高値ラインの最高値は+3σ、安値ラインの最安値は-3σで表します。

ボリンジャーバンドでは、為替レートが+2σを超えると上昇しすぎ(買われすぎ)、-2σを超えると下落しすぎ(売られすぎ)と判断するのが通常です。

 

このときにエントリーするとしたら、逆張りです。

一方、ボリンジャーバンドの幅が広がっている場合は値動きが激しい、トレンド傾向が強いと判断するので、順張りでエントリーを行います。

ちなみに、レンジ相場になるとバンド幅は狭くなるのが特徴です。

ボリンジャーバンドはトレンド相場でもレンジ相場でも相場変動の予測が立てやすく、順張りにも逆張りにも使えるすぐれものです。

最初は、移動平均線とボリンジャーバンドを示す線がごっちゃになったり、複雑に感じてわかりにくかったりするかもしれません。

 

とにかく最初は、何度でもチャートと向き合って慣れていくようにしましょう。

 

1つずつチャートのパターンを身につけていく

チャートの種類はたくさんあり、初めは覚えるのが大変かもしれません。

しかし、さまざまなチャートパターンをマスターすれば、最適なタイミングで売買ができたり、数多くのエントリーポイントを見つけたりできるでしょう。

 

FXで儲けを出すには、損失を最小限に押さえつつ、ポジションを長く保有する、もしくはエントリーポイントを複数見つけてトレードの回数を増やしていく必要があります。

 

確かに、チャートを覚えたり分析したりする手間はかかりますが、ここを怠ると利益が出にくいばかりか、思わぬ損失につながりかねません。

まずは、トレンドラインとサポートライン、レジスタンスラインを引けるようにしっかり練習したうえで、相場が変動するプロセスをじっくり観察しましょう。

そのあとは、テクニカル指標を1つ1つ覚えて、実践で活用できるようにデモトレードを繰り返すのがおすすめです。大切なのは、焦らずじっくり勉強していくことです。

チャート分析が不安なうちは、低レバレッジで取引をしたり損切り対策を万全にしたりして、損失を減らします。失敗と成功を繰り返しながら一歩一歩進んでいけば、多種多様なチャートパターンも使いこなせるようになるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はFXのチャート分析についてご紹介させていただきました。

 

全部で20種類以上ありますから、めまいがする思いですね。

僕もリサさんに言われたトレンド系分析から勉強していきたいと思います!

みなさんもトレンド系の分析から始めてみてはいかがでしょうか。

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商

為替

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。