FXは運用方法で利益が変わる!複利運用と単利運用の違いとは?

2018年9月17日

単利と複利 アイキャッチ

FXをしていく上で資金の運用は重要です。

その運用の中でも「複利」「単利」と呼ばれる運用方法があるのをご存知でしょうか?

 

「複利と単利ってなんだろう?」

「複利と単利の運用が違うだけで、なにか変わるの?」

 

と思われるかもしれません。

実はこの2種類の運用によって利益がまったく変わってくるのです!

こんにちは!

FXを勉強中の大輔です!

僕も最初は複利と単利の運用法で利益効率がぜんぜん違うのに驚きました。

そうね。

複利と単利を知って実践するだけ利益は大きく変わってくるわ。

とくにFX初心者は資金の運用を考えず、利益を上げようとしてしまうから、この2種類の運用は知っておきましょう。

 

ということで今回は「複利」と「単利」について解説をしていきます。

「複利」と「単利」はもともと銀行の定期預金をするときに選択できる、受け取る利息の方式です。

FXでは2種類の方式が利益を効率よく獲得するために、資金の運用方法として利用されています。

FX初心者でも効率よく利益を獲得できる「複利」と「単利」の仕組みや特徴を一緒にみていきましょう。

 

複利とは

複利とは元金(資金)と利息に利息がつくことをいいます。

「元金と利息に利息がつく・・・?」わかりづらいですよね。

 

例として銀行に定期預金として100万円を預金したとします。

すると銀行にお金を預けることで利息が発生しますよね。

今回、金利は3%としましょう。

 

1年間預けたことで100万円の3%分として3万円を利息としてもらうことができます。

すると銀行に預けたお金が利息を合わせて103万円になるのです。

 

再び1年間、利息を加えた103万円を預金した場合どうなるでしょうか。

複利では資金と利息に対して利息がつくため、預金100万円利息3万円(1年目)=103万円の3%分となり3万900円を利息としてもらうことができるのです。

 

単利とは

単利とは元金だけに対して利息がつくことをいいます。

複利のときと同じく例として100万円を定期預金として預金したとき、金利を3%としましょう。

利息が預けた100万円の3%分なので3万円となり、利息を加えて103万円となります。

 

ここまで1年目は複利と利息のつき方が同じですよね。

しかし2年目からは利息のつき方が変わります。

 

単利では元金にしか利息がつかないので、この場合預けた100万円だけに利息がつきます。

つまり1年目にもらった利息と同じく100万円の3%分の3万円が利息としてつくので、定期預金していたお金が預金100万円+利息3万円(1年目)+利息3万円(2年目)=106万円になります。

ここまでお金を預けたときの複利と単利の運用をお話ししましたが、次からは本題のFXで運用するときの仕組みについて解説していきます。

 

FXで複利と単利の運用

「FXで複利か単利を運用する」と考えたとき、FXで利息に当てはまる“スワップポイント”が頭によぎるかもしれません。

しかし、今回スワップポイントではなく利益を扱います。

スワップポイントについてはこちらの記事で紹介していますので、ご参考ください。

FXの複利と単利による利益での運用について、比較をしながらみていきましょう。

1.FXの複利

FXの複利は取引で得た利益を資金に加え運用をしていきます。

わかりやすく例と図を使って仕組みを見ていきましょう。

1ドル100円のとき資金100万円で1万通貨を買い、100pips=1円の上昇を狙ってトレードをすると以下の図のようになります。

複利 仕組み

最初のトレードでは資金100万円で100pips=1円の上昇したときの利益が1万円になります。

ここまでは通常のトレードと変わりませんが、複利運用は次のトレードから利益で得た1万円を資金100万円に足して、101万円で運用します。

 

ということは通貨数も資金が101万円に増えたことで1万通貨から1万100通貨まで買うことができます。

つまり1万円の利益を足したことによって新たに100通貨多く買うことができるのです!

 

すると同じ100pips=1円狙いでも、次のトレードしたときの利益は1回目の1万円よりも多い1万100円になります。

 

「えっ?利益が大きくなってる!」と思われるかもしれません。

複利はこのように利益を資金に足すことで雪だるま式に利益が増えていくのです!

 

2.FXの単利

利益の増えていく複利に対して単利は資金を固定し、一定の利益を狙っていく運用です。

1ドル100円のとき資金100万円で1万通貨を買い、100pips=1円の上昇を狙ってトレードしていくとしましょう。

下の図は単利運用でのトレードを示しています。

単利 仕組み

最初のトレードは資金100万円で100pips=1円の上昇したときの利益が1万円となります。

「利益が複利と同じじゃないか」と思われるかもしれません。

 

しかし単利運用の2回目のトレードでは資金の額を固定しているので、100pips=1円上昇時の利益も1万円となります。

 

単利は利益を資金に加えないため、自分の手元に利益を確保することができます。

つまりトレードして利益1万円獲得するたびに積み重ねた利益を手元に取っておくことができるのです。

そのため利益を活用して新しく取引をしたり、プライベートにまわしたりすることが可能になります。

 

3.FXの単利と複利の利益を比較

複利と単利の利益がどれだけ違うのか、表を用いて比較していきましょう。

例として1ドル100円で1万通貨から100pips=1円狙いで、10回トレードしたときの利益をみていきましょう。

上の図が複利下の図が単利の結果を示しています。

【複利】

取引回数 資金[円] 通貨数量[ドル] 利益[円]
1 1,000,000 10,000 10,000
2 1,010,000 10,100 10,100
3 1,020,100 10,201 10,201
4 1,030,301 10,303 10,303
5 1,040,604 10,406 10,406
6 1,051,010 10,510 10,510
7 1,061,520 10,615 10,615
8 1,072,135 10,721 10,721
9 1,082,857 10,829 10,829
10 1,093,685 10,937 10,937

【単利】

取引回数 資金[円] 通貨数量[ドル] 利益[円]
1 1,000,000 10,000 10,000
2 1,000,000 10,000 10,000
3 1,000,000 10,000 10,000
4 1,000,000 10,000 10,000
5 1,000,000 10,000 10,000
6 1,000,000 10,000 10,000
7 1,000,000 10,000 10,000
8 1,000,000 10,000 10,000
9 1,000,000 10,000 10,000
10 1,000,000 10,000 10,000

複利は得た利益を次のトレードの資金に足して、単利は資金を固定したままトレードしています。

すると単利の利益よりも複利の利益の方がトレードするたびに大きくなるのがわかりますね。

 

10回のトレードでの合計利益は複利を運用した場合、104,622円。

単利を運用した場合、100,000円。

なんと4,622円も差が出てきます。

こう見ると複利の方がトレードをするごとに利益が大きく獲得できるのに対し、単利は常に一定の利益を確保していく運用だとわかりますね。

複利は「攻め」で単利は「守り」のイメージですね!

複利も単利もいいところばかりで、運用しなきゃ損に感じます。

そうね。

でも複利と単利には運用していく上でいくつか注意点があるのよ・・・。

 

複利の注意点

ここまで複利はトレードをするたびに利益が上がり続けて儲かるとわかりましたが、複利には3つの注意点があります。

1.全資金を失うリスク

複利運用は勝ち続けることが前提として必要です。

今回例として複利運用の表は勝ち続けたときの結果を示していますが、実際は絶対に毎回勝てるという保証はありません。

取引で得た利益をすべて資金に加えて、次のトレードをしていくために一回の損失が出た場合にすべての資金を失うおそれが出てきます。

 

複利運用するときはトレードする回数や過度な利益の追求には注意しましょう。

またFXの勝率が低いときは目標pipsを下げることで、損失を減らすことも大切です。

 

2.精神的負担が大きくなる

資金に利益を足していくたびに買う通貨数も増えていくので、大きなトレードも必然的に増えていきます。

そのため日々少しの為替の変動によって「損失してしまったら?」と考えたりすると精神的にも負担が大きくなってしまうのです。

 

3.運用しているお金が使えない!

利益を資金に加えて次のトレードをしていくので、利益を一切使うことができません。

つまり「稼いだからちょっと贅沢しよう!」と思っても、できないのです。

利益をすぐにでも使いたいという方には複利の運用はしないほうがいいでしょう。

 

単利の注意点

複利に比べて単利の利益は一定で運用していくのだからデメリットはないとは思うかもしれません。

しかし、ひとつだけ単利を運用するのに注意点があります。

 

それはFXの資金が増えないことです!

単利は最初に決めた資金でトレードを続けていくので、利益を資金に加える複利とは違い資金を増やすことができません。

つまり単利は最初のトレードよりも大きなトレードをすることができなくなります。

複利と単利を運用するときはトレードで獲得する目標pipsを決めることも重要になってくるわ。

複利と単利はしっかり計画してからの運用が大切ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は複利と単利について紹介してきました。

 

FXの複利と単利の運用はどちらも一長一短です。

自分に合った資金の運用を選び、FXで効率よく利益を獲得していきましょう!

 

あなたもスワップポイントを狙った取引がおすすめのFX会社みんなのFX」で口座を開設しませんか?

スワップ例
・米ドル/円 買い44円
・オーストラリアドル/円 買い30円
・トルコリラ/円 100円
・メキシコペソ/円 15円
(2018年9月17日時点)

トレイダーズ証券[みんなのFX]