初心者向け!デモトレードで本番と同じ環境で取引の練習をしてみよう

2018年9月17日

アイキャッチ

FXを始めるときに口座開設をして、最初に取り組んだほうが良いのが「デモトレード」です。

デモトレードでは、本番と同じ環境で仮想資金を使ってさまざまな練習が行えます。

 

「デモトレードって何?」

「デモトレードってお金がかかるんじゃないの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

こんにちは、FXにだいぶ慣れてきた大輔です。
僕も最初はデモトレードから始めました。

初心者の人がいきなり本番で取引するのはちょっと怖いわよね。
デモトレードで感覚をつかんでから、本番のFX取引を始めてみるのがおすすめよ。

 

デモトレードとは、FX会社が提供しているサービスで、本番と同じ環境で取引のシミュレーションができます。

デモトレードはほとんどのFX会社が無料でサービスを提供しています!

 

FX会社によって利用期間や設定条件などが異なるため、その違いをしっかりと押さえて使いこなしていくことが大切です。

この記事では、デモトレードの基本的な仕組みと注意点について、詳しく解説していきます。

 

FX取引では何よりも投資ルールが大事

FX取引では、自分なりの投資ルールを見つけていくことが大切です。

ルールがなければ日々変動していく相場に対して、冷静に対応ができないかもしれません。

 

損切り利益確定のポイント、保有するポジションの数などをしっかりと把握することで、相場状況に左右されずに自分に合ったトレードを行えるでしょう。

また、長期的に利益を狙っていくのか短期での売買を繰り返すのかといった視点も大切です。

 

長期投資であれば、ゆっくりと時間をかけて大きな値幅を狙っていくことになります。

短期投資であればスプレッド(売値と買値の価格差)の幅が、できるだけ狭いFX会社を選ぶことが大切になってきます。

 

FX初心者がいきなりルールを決めて、それを実行しようとしても思うようにいかない場合もあります。

そんなときは、FX会社が提供しているデモトレードを活用してみるといいでしょう。

 

それぞれの注文方法を身につけたり、為替レートの動きを実際に体験したりできます。

また、各通貨ペアの特徴チャート分析の方法といったものも学べるでしょう。実際に資金を入れるわけではないものの、損失や利益が出たときに自分の心の動きを探ることにもつながります。

 

そうした体験を通じて、徐々に自分なりの投資ルールを身につけていくことができるはずです。

どのFX会社を利用するかを考えるときは、まずはデモトレードから始めてみるのがおすすめです。

 

デモトレードを始める方法

デモトレードを始める方法は、FX会社の公式ホームページにアクセスして、「デモトレード」と表示されているところをクリックしましょう。

申し込みフォームが現われるので、氏名・住所・生年月日・電話番号・メールアドレスなどを入力します。

パソコン

また、デモトレードを始めるためにアプリケーションをダウンロードする必要がある場合は、画面の指示に従って設定してみましょう。

わずか数分程度の作業でデモトレード用の口座が開設されるため、すぐに始めることができます。

ほとんどのFX会社のデモトレードは、数百万円単位の仮想資金が用意されているので練習をしてみましょう。

 

デモトレードはいくら負けても実際に損失を被るものではないため、まずはゲーム感覚で相場に慣れることが大切です。

また、FX会社によって異なるものの、デモトレードの有効期間は一般的には1か月~3か月程度である場合が多いです。

ただ、何度でもデモトレードを申し込みすることができるので、自分の投資ルールに自信が持てるまで何度も挑戦してみましょう。

 

まずはすべての注文方法を試す

FX取引で利益を上げていくためには、さまざまな注文方法について学んでおくことが大切です。

注文方法をしっかりと身につけることによって、トレードにかける時間を短縮できますし、安心してFXと向き合っていくことができるでしょう。

 

「成行注文」は基本的な注文方法であり、その時々の相場変動に合わせて注文を出していくものです。

メリットは売買したい通貨ペアのポジションをすぐに保有できる点にあります。

 

「指値注文」は、値段を指定して注文を出す方法です。

価格は日々変動しているものの、自分が取引をしたい価格を設定しておくことによって、有利なトレードを行うことができます。

 

「逆指値注文」は、現在価格よりも不利な価格帯になったときに、損切りや利益確定の手段として利用できるものです。

あらかじめ決済するポイントを指定しておくことで、トレードによるストレスを減らせます。

 

「両建て」は相場が上昇するのか下降するのか判断がつかないときなどに、買いポジションと売りポジションの両方を持つことです。

これによって、どちらの方向に相場が動いたとしても、損失を最小限に抑えることができます。

 

そして、「OCO注文」はすでに保有しているポジションに、自動決済機能をつけるものです。

損切りと利益確定の注文を同時に出せることが特徴であり、片方の取引が成立した場合にはもう一方の注文が取り消される仕組みです。

 

為替レートの値動きに慣れてみる

FXは為替レートの変動があるからこそ、利益を上げるチャンスが生まれます。

ただ、やみくもに相場を追いかけても、思いがけない方向に価格が変動してしまうこともあるでしょう。

 

デモトレードでは、1時間や1日といった単位で、為替レートがどれくらい動くのかを体感しておくことが大切です。

動きを見るためにはチャート分析を行う必要があり、長期や短期といった時間軸や時間帯でどのような変化があるのかを観察することを心がけましょう。

 

為替の変動に慣れることによって、損切りや利益確定のポイントを理解することができます。

しっかりと感覚が身につくことで、些細な動きに左右されないトレードを行えるようになるでしょう。

値動きは日々変化していくものの、重要なのはトレンドがどちらの方向に向いているかという部分でしょう。

 

特に、デイトレードやスイングトレードにおいてトレンドの方向性を間違ってしまうと、大きな損失を抱え込んでしまう恐れもあります。

ただ、相場を100%予測することはできないので、為替レートをチェックするときは、同時に損切りのポイントを押さえておくようにしましょう。

 

通貨ペアによって特徴がある点を学ぶ

FXではドル/円ユーロ/ドルといったさまざまな通貨ペアの種類があります。

通貨が異なれば、値動きも違ってくるのでデモトレードのときに、特徴をよく押さえておくことが大切です。

 

FX取引では1つの通貨ペアにこだわる必要はなく、その時々で最も有利な通貨ペアを見つけることが大切になります。

自分のトレードスタイルに合わせて、最適な通貨ペアを選んでみましょう。

 

たとえば、スキャルピングと呼ばれる短期の売買を繰り返す手法であれば、できるだけスプレッドの狭い通貨ペアを選ぶのが良いといえます。

また、デイトレードやスイングトレードなど1日から数週間単位で取引を行うときには、スプレッドよりも強いトレンドが発生しているかを重視します。

どの通貨ペアが強いかの判断は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析によって予測をしましょう。

 

勝ち続けるための資金管理のやり方を身につける

FXで勝ち続けていくためには、何よりも「資金管理」が重要になってきます。

資金が多ければ利益を得るチャンスが増える一方で、過大なポジションを構築してしまい、損失が膨らんでしまうこともあるでしょう。

 

自分がどれくらいの損失を許容できるのかを見極めたうえで、預ける資金の額を考える必要があります。

FXに慣れていないうちは少額から始めて、経験を積んでいくうちに資金を積み増していくほうが良いでしょう。

自分の実力を振り返るためにも、日々のトレード記録をしっかりと付けておくことが大切です。

 

FX取引では証拠金維持率にも気を配る必要があります。

証拠金維持率とは、ポジションを持つために必要な証拠金に対する純資産(評価額)の割合を指すものです。

 

・純資産÷必要証拠金×100

という計算式で証拠金維持率を求めることができます。

特に、レバレッジ取引を行うときに証拠金維持率は大切であり、一定の水準を保つことを意識しておきましょう。

 

FX会社が定める証拠金維持率を下回ると、追証(追加証拠金)を求められたり、ロストカットされたりするため注意が必要です。

ロストカットは証拠金維持率が一定の水準まで下がり損失が膨らむと、強制的にポジションを決済される仕組みのことを指します。

FX初心者のうちは、レバレッジを2~3倍程度に留めて十分な証拠金維持率を保っておきましょう。

 

ロストカットを防ぐためには、損切りを行ってポジションを整理することも有効です。

最初に決めた損切りポイントに到達したら、自分の投資ルールに従って損切りするのも資産を守る点では大切です。

FXに損切りは付き物なので、逆指値注文などを利用して損失を膨らませないように気をつけましょう。

 

チャートの意味を理解できるようにする

FXで利益を出していくためには、相場の流れを読むことが重要です。

そのためには、テクニカル分析を使ってチャートを読む力を身につける必要があります。

 

相場は一見、不規則な動きをしているように見えても、大まかには「トレンド相場」「レンジ相場」の2つに分かれます。

トレンド相場は上昇と下降の流れのことを指し、レンジ相場は横ばいの状態が続く相場展開のことです。

 

チャート分析を行う基本として、ローソク足があります。

ローソク足は特定の時間軸で、始値と終値がどのような動きをしたかを示すものであり、このローソク足が連なることで現在の相場の方向性がどうなっているのかを探っていくものです。

ローソク足

そして、ローソク足からさらに情報を読み解くために、「移動平均線」などのテクニカル指標を使っていきます。

移動平均線とは、ある期間の終値を線でつないだものです。

例えば5日移動平均線なら、前日の値は「6日前から1日前までの5日間の終値の平均」になります。

移動平均線

FX会社はさまざまなチャート機能を用意しているため、デモトレードを行う段階で自分に合った分析方法を見つけることも大切です。

 

相場の流れは形成されるまでに時間がかかるほど精度が高まっていくため、短期投資か長期投資家にかかわらず多くの時間軸から判断してみましょう。

ローソク足も1分足・15分足・1時間足・日足・週足などがあります。

そして、移動平均線も25日・75日・100日といった具合に、投資スタイルに合わせて使い分けていきましょう。

 

チャート分析をきちんと行えるようになれば、どこでポジションを仕掛けるかといった判断を明確に行えるようになりますし、自分の思惑が外れてしまったとしても機械的に損切りを実行できます。

チャートの意味は単に知識として持っておくだけではなく、リアルな相場の動きを体験しながら身につけていくことが重要です。

 

また、スマートフォンアプリを提供しているFX会社であれば、スマートフォンで手軽にチャート分析を行うこともできます。

すべてのチャートを一気にマスターしようとするよりも、1つ1つをしっかりと身につけていきましょう。

 

主な経済指標のポイントを押さえる

FX取引を行ううえでは、経済指標についても関心を持つ必要があります。

特に、保有している通貨ペアに関係する指標は大切です。

 

主なものに、雇用統計GDP(国内総生産)・小売売上高・鉱工業生産指数・消費者物価指数などがあります。

注目度の高い経済指標が発表される前後では、大きく相場が動くため利益を上げるチャンスになるでしょう。

1つ1つの指標の意味を理解することによって、ファンダメンタルズ分析を行えるといえます。

 

FX初心者の場合は、重要な経済指標の発表前はポジションを決済してしまい、相場の動きを把握するところから始めてみましょう。

 

自分に合った取引のスタイルを決める

デモトレードを行う一番の目的は、自分に合った投資スタイルや投資ルールを見定めることにあります。

たとえば、損失や利益を抱えたまま翌日に持ち込みたくないことがわかれば、スキャルピングデイトレードなど短期的な投資が向いているということになるでしょう。

 

その一方で、コツコツと利益を積み上げていくよりも、大きく利益を出したいと感じるならスイングトレードなどの比較的長い時間をかけて投資をしていくほうが向いています。

また、スワップポイントが有利な通貨ペアで勝負をしたいなら、長期投資が合っているといえるでしょう。

 

大切なことは一度決めた自分のルールをしっかりと守っていけるかという点であり、デモトレードの段階で自分のクセをよく見極めておきましょう。

1回や2回勝つといったものではなく、勝ち続けていくことが大切だといえます。

 

コツコツと利益を積み上げるスキャルピングの特徴

スキャルピングは、毎日コツコツと利益を積み上げていく取引手法です。

1日あたり数十回程度もの取引を繰り返すもので、少ない利益を積み上げていく手法だといえます。

 

1回の取引で得られる利益はたとえ数百円であっても、取引を100回や1000回と繰り返すことによって合計で大きな利益を得ていくものです。

取引を繰り返すのがスキャルピングであるため、取引コストには常に意識を向けておく必要があります

スプレッドの幅が狭いFX会社を選んだり、取引回数に応じてキャッシュバックがもらえたりするFX会社を選んでみるといいでしょう。

 

スプレッドの幅は通貨ペアによっても異なりますし、強いトレンドが発生しているときはスプレッドが開いてしまいがちです。

スプレッドが広がりやすい経済指標発表時や強いトレンドが発生しているときは避けて、レンジ相場のときに取り組むなど工夫をしてみましょう。

 

スキャルピングは「スリッページ」の発生にも気をつける必要があります。

スリッページとは、注文時の価格と異なる価格で注文が通ってしまうことです。

 

スリッページについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

口座を開設する前に知っておくべし!スリッページについて詳しく解説

 

FX会社のシステムの限界まで注文数が集まってしまうと、大きな負荷がかかってしまうことで短時間のうちに価格が動いてしまうことがあります。

そのため、システムの処理能力やサーバーの充実度が高いFX会社を選ぶようにしましょう。

また、システムトラブルなどに対応するためにも、複数の口座を開設しておくこともポイントです。

 

ポジションを持ち越さないデイトレードの特徴

デイトレードの特徴は1日に数回の取引を行い、ポジションを翌日に持ち越さないのが特徴です。

損失を限定できますし、コツコツと利益を積み上げられるため達成感を味わうことができるでしょう。

 

デイトレードで収益を上げていくコツは、自分の投資ルールをきちんと守ることです。

特に、損失を出してしまったときは厳格に損切りを行う姿勢を保ってみましょう。

 

損切りをしないといけないポイントで損切りできないと、次の日までポジションを持ち越してしまうことになるため、トレードスタイルそのものが崩れてしまいます。

損切りは損失を膨らませないためにはとても大切です。

 

デイトレードでは、まずはトレンドがどちらの方向に発生しているのかを見極める必要があります。

一度発生したトレンドは、その流れを否定する根拠ができるまでは同じ方向に継続すると考えていいでしょう。

 

そのため、トレンドの流れに沿って取引することを心がけていけば、自ずと収益を得やすい状況を捉えられます。

相場は必ずトレンドが生まれるので、トレンドをうまく見極められないときはトレードを休むことも大切です。

 

「何となく上がりそう」といった曖昧な判断でポジションを構築してしまうと、自分の投資ルールをゆがめてしまう恐れもあるでしょう。

トレンドの根拠を示すサインを見極めてから、ポジションを取るようにしてみてください。

 

一定の時間軸で捉えるスイングトレードの特徴

スイングトレードは、数日~数週間の時間軸で売買を行う手法であり、1回の取引で大きな値幅を狙う特徴があります。

日々の相場をチェックしなくて済むため、普段は忙しい人でもFXに取り組める手法だといえるでしょう。

 

ポイントとしては、トレンドが上昇方向か下降方向かを見極める点と資金管理を適切に行う点です。

トレンドの見極めは日足や週足、月足などの時間軸をそれぞれ見比べて、全体的な流れを押さえましょう。

 

また、デイトレードなどと比べるとポジションを保有している期間が長くなるため、損切りポイントにある程度の幅を持たせておく必要があります。

狭い範囲で設定をしてしまうと、たびたび損切りを行うことになるため資産を目減りさせる要因となるでしょう。

 

また、同時に利益確定のポイントも明確にさせておく必要があります。

少し利益が出た段階で決済をしてしまうと、スイングトレードのメリットが活かせなくなってしまうので注意しておきましょう。

いずれにしても一定の期間、ポジションを保有し続けることになるため、ポジションを構築するポイントをよく見極めておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

デモトレードは自分の取引に自信が持てるまで、何度でも繰り返すことができます。

実際のトレードでしかわからない部分もあるものの、デモトレードを行わずにいきなり取引をするのは避けたほうが無難です。

 

デモトレードを通じて、まずはFXの基本的な部分を押さえてみましょう。

そして、自分の投資ルールを発見した段階で実際のトレードに取り組んでみてください。

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。