複雑そうでも意外と簡単!DMIを用いてトレンドを発見しよう!

DMIを活用しよう

 

FXでは、テクニカル分析が欠かせませんよね。

今回はテクニカル分析の1つ「DMI」についてご紹介します!

 

「テクニカル分析をしたいけど、どの指標を使えばいいの?」

「DMIって難しそうで、どう扱っていいか分からない!」

と思っている方もいらっしゃると思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
リサさん、まだ僕の勉強していない中でおすすめのテクニカル分析はありますか?

そうね。
計算はややこしいけど、使いやすいトレンド系のDMIなんかおススメよ。

計算がややこしいなんて、僕には無理なんじゃ・・・

と思いましたが、テクニカル分析はFX会社のツールが勝手に計算して表示してくれるから別に気にしなくても大丈夫ですよね!

 

ということで、今回は僕と一緒に、トレンド系のテクニカル分析であるDMIについて勉強していきましょう!

 

DMIとは何か?

DMIとは「Directional Movement Index」の略で方向性指数という意味です。

リサさん、もう何を言っているか分からないです。

大丈夫よ。
名前の難しさはそんなに気にしなくていいわ。

DMIはトレンドが上下、どちらの方向に強いのかを示すトレンド系のテクニカル分析です。

DMIを求める計算式はかなり複雑なので、とりあえず一旦スルーしておきましょう。

 

そもそもトレンドってなんだっけ?と思った方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXにも流行がある?FXトレンドの意味とは?気になるFXの基本を解説!

 

DMIです

 

DMIは図のように+DI-DI、そしてADXという3本の線で構成されています。

3本の線の位置関係や、上昇の仕方を見て相場を分析します。

図を見ると複雑そうに見えますが、DMIを読み取るのはそれほど難しくありません。

 

DMIは、有名なオシレーター系のテクニカル分析の1つであるRSIを考案したJ.W.ワイルダー氏によって考案されたテクニカル分析であり、RSIのサポート的な役割を果たします。

DMIの計算式やRSIについては、本記事の後半にて解説します!

 

DMIの読み取り方

それでは、ここからはDMIの読み取り方について紹介していきます!

 

+DIと-DIの位置関係に注目!

まず、初めに+DIと-DI に注目しましょう。

+DIは上昇の大きさを、DIは下降の大きさをそれぞれ示す指標です。

 

+DIと-DI

 

+DI-DIより大きいときは相場の上昇の力が強いということを示します。

反対に、-DIが+DIより大きいときは相場が下降の力が強いということが分かります。

 

つまり、2本の線がクロスしたときが上昇の力と下降の力の力関係が入れ替わるタイミングです。

+DIが-DIを上に抜けるようにクロスしたときは相場が上昇するサイン、+DIが-DIを下に抜けるようにクロスしたときは相場が下降するサインになります。

 

それでは実際にチャートに当てはめて考えてみましょう。

 

クロスはしたけれど

オレンジの〇で囲まれたクロスの1つ目で上昇トレンド、2つ目で下降トレンドが発生していますね!
あれ?
黒色の〇に囲まれたクロスの場所ではトレンドが発生していないですよ。

いいところに気が付いたわね。
+DIと-DIのクロスを見るだけではトレンドは掴めないということよ。

実は、+DIと-DIのクロスだけに注目していては、「トレンドが来た!」と思っても来なかったというだましにあってしまうのです。

そのだましを防ぐために、DMIの3本目の線であるADXを見る必要があります!

 

ADXでだましを防ごう!

ADXはトレンドの強さを示す指標です。

トレンドが上昇、下降のどちらでもトレンドが発生すればADXは上昇します。

 

ADXでトレンドの発生を確認

ADXが上昇すればそのトレンドは勢いがあるということになります。

ADXが停滞、下降し始めたら、それはトレンドが終了するサインです。

 

ADXが25付近から上昇してくれば強いトレンドだと言われています。

また、ADXは60近くまでは上昇しますが、60以上に伸びていくことはあまりないのでADXが60に近づいてきたらそのトレンドがそろそろ終わると考えることができます。

 

先ほど、+DIと-DIについて勉強した画像にADXを追加してみましょう。

 

DMIをよく見る

 

図を見ると、1と3の丸ではADXが上昇しているのでトレンドが発生し、2ではADXが下降しているのでトレンドが弱まっていますね。

+DI と-DI のクロスが起こってもADXが下降状態であれば、強いトレンドは発生しないということになります。

 

ということで、+DIと-DIのクロスが起こったときにすぐに「トレンドが発生する!」と判断するのではなく、ADXでトレンドの勢いを確認するようにしましょう。

+DIと-DIの位置関係でトレンドが上昇か下降か判断して、ADXでトレンドの勢いを確かめるんですね!

そうよ。
やればできるじゃない!

 

ADXRを活用する!

先ほど、ADXが60に近づいてきたらトレンドが終了のサインだというお話しをしましたね。

実は、ADXを用いて、トレンドの終わりを読むもう一つの方法があります。

 

それはADXと更に、ADXRという指標を用いるという方法です。

ADXRとはADXの移動平均線です。

 

移動平均線とは一定期間の価格の平均値を結んだ線のことです。

期間は14日に設定されることが多いです。

 

ADXRというのもある

 

基本的にADXとADXRのクロスに注目です。

ADXがADXRを上に抜けたときにトレンドが発生したと判断します。

反対に、ADXがADXRを下に抜けたときは、トレンドが終了したと判断します。

 

ADXRは、このようにトレンドの始まり、終わりを知るための有力なサインを教えてくれます。

ADXRも活用して有利に取引を行いましょう!

 

DMIが活躍する場面

ここからは、DMIをどのようなトレードをする際に用いればよいのかを解説します。

 

順張りに活用しよう!

DMIは、トレンド系のテクニカル分析です。

うまく使えばトレンドの始まりから終わりを予測することができます。

 

ということで、トレンドに沿って取引を行う順張りにDMI活用しましょう!

 

順張り

 

順張りは上昇トレンド中なら、買い注文を入れて上昇トレンドの中で決済、下降トレンド中なら、売り注文を入れて下降トレンドの中で決済をするというトレード手法です。

DMIでトレンドを把握することで、順張りを有利に行うことができます!

 

順張りについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をご参考にしてください。

初心者に知ってほしい!FXの順張りに適した3つのエントリーポイント

 

スイングトレードに活用しよう!

DMIできれいなシグナルが出るのは大きな値幅が出る、中長期の設定で使用しているときです。

ということで、DMIは中長期でトレードを行うスイングトレードに便利な指標であるといえます。

 

スイングトレードは、ポジションを長い間保持しながら、長期的な流れを読んで取引するというトレード手法です。

ポジションを長く保持することでスワップポイントを稼ぐこともできます。

 

スイングトレードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

中長期のFXトレード!時間がない方にはスイングトレードがおすすめ!

 

DMIを活用する上での注意点

DMIの注意点

 

先ほど、DMIは中長期のトレードであるスイングトレードに向いているテクニカル分析であるというお話をしました。

しかし、裏を返せばDMIはデイトレードやスキャルピングなどの短期トレードには向いていないということになるんです。

 

短期の時間足では、大きな値幅が出ないのでDMIはうまく機能しなくなってしまいます。

短期トレードを行う人にとっては、DMIがあまり役に立たないということを頭に入れておきましょう。

 

また、DMIはトレンド相場に強いテクニカル分析であり、レンジ相場では役に立ちません

レンジ相場になると、DMIの3本の線は横ばいになって何度もクロスするようになってしまうからです。

 

DMIの計算方法

DMIの計算式

 

それでは、DMIの計算方法について紹介します。

かなりややこしいので、「どうせ自分で計算することはないし、計算方法はどうでもいい」という方は読み飛ばしてください。

 

+DIと-DIを求める。

DMIは+DI、-DI、そしてADXの3つで構成されていましたね。

初めに+DIと-DIの計算から始めましょう。

 

+DIと-DIを求めるには、+DM(上昇幅)-DM(下落幅)TR(実質的な変動幅)の3つを求める必要があります。

 

・+DMの計算式

+DM=当日高値-前日高値 (ただし+DM>0 かつ +DM>-DMでなければ +DM=0 )

+DMが0より大きく、かつ-DMより大きくなければ+DMは0として扱うことに注意しましょう!

 

・-DMの計算式

-DM=前日安値-当日安値 (ただし-DM>0 かつ -DM>+DMでなければ -DM=0 )

+DMと同じように、-DMも0より大きく、かつ+DMより大きくなければ0として扱います。

+DMと-DMは必ずどちらか、あるいは両方が0になるわ!

・TRの求め方

1、当日高値と当日安値の差

2、前日終値と当日安値の差

3、当日安値と前日終値の差

の3つの中で一番大きいものをTRとします。

 

これで+DM、-DM、TRを求めたので+DIと-DIを計算することができます。

・+DIの計算式(よく使われている14日間の設定の場合)

+DI=14日間の+DMの合計÷14日間のTRの合計×100

 

・-DIの計算式(よく使われている14日間の設定の場合)

-DI=14日間の-DIの合計÷14日間のTRの合計×100 

 

ADXを計算しよう!

+DI、-DIの次はADXです!

え、まだ続くんですか?

ADXが分からないとだましに引っかかるわよ!
さあ、勉強♪勉強♪

ADXを計算するにはDXを求める必要があります。

・DXの計算式

|+DI-(-DI)|÷+DIと-DIの合計

ということになります。

|+DI-(-DI)|は言い換えると+DIと-DIの差の絶対値ということです。

 

ADXは、DXの一定期間の平均値です。

期間はよく14日が使用されます。

ADXの計算式は以下のようになります。

 

・ADXの計算式(14日間の設定の場合)

14日間のDXの合計÷14 

 

ここまでで求めた+DI、-DI、ADXの3つでDMIを表示することができます!

また、ADXRはDXの平均であるADXの平均を用いるもので、計算式は以下のようになります。

 

・ADXRの計算式(14日間の設定の場合)

ADXR=14日間のADXの合計÷14

やっと・・・
これでやっと、DMIが表示できるんですね・・・

DMIの計算方法まとめ

 

DMIと合わせて使いたいRSI

DMIはRSIの弱点を補うトレンド系のテクニカル指標として考案されたという話を最初にしましたね。

RSIもまた、DMIの弱点を補う指標なので、合わせて使えるようにしましょう!

 

DMIはトレンド相場に強く、レンジ相場に弱いテクニカル指標です。

RSIはDMIと逆で、レンジ相場に強く、トレンド相場に弱いテクニカル指標となります。

RSIを用いると、相場の買われすぎ、売られすぎが分かります。

 

RSIも活用しよう

 

RSIが30%を下回ったら「売られすぎ」の状態なので買いのサイン、70%を上回ったら「買われすぎ」の状態なので売りのサインです。

レンジ相場では、DMIではなくRSIのようなレンジ相場に強いテクニカル分析を使うようにしましょう。

 

RSIについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXのテクニカル指標を紹介!オシレーター系の代表格RSIとは?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DMIを使えば、トレンドの方向性や期間が分かります。

 

計算は複雑ですが、読み取り方は難しくありません。

+DIと-DIでトレンドの方向性、ADXでトレンドの強さを読み取りましょう。

 

DMIはトレンド相場には強いテクニカル指標ですが、レンジ相場では効果が出ません。

RSIなど、他のテクニカル指標も使って相場を分析し、テクニカル分析の精度を高めましょう!

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商

為替

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。