DMMFXはスキャルピング禁止?口座凍結に関するうわさを徹底解明


DMMFXはスキャルピングがNG?


DMMFXは業界最狭のスプレッドと取引ツールの使いやすさから、口座数が国内No.1と多くの人に支持されているFX会社です。

ただ、そんなDMMFXでも不穏なうわさを耳にすることがあります…。

「DMMFXでスキャルピングしたらいつの間にか口座凍結されていた」

「DMMFXでスキャルピングすると2度と取引できなくなる」

スキャルピングとは1回の取引を数秒~数分で終わらせ、これを繰り返して少しずつ稼ぐ手法ですが、決して悪い方法ではなく立派な戦略です。

ツイッター等のSNS上でも度々このような話題を目にすることがあります。

今回は、なぜDMMFXではスキャルピングがNGとされているのか、口座凍結される限度はどれくらいなのかを解説していきます。

DMM FX

DMMFX

    • スマホアプリでどこでもお手軽取引!
    • 業界最狭水準のスプレッドを提供
    • 新規口座開設で2万円プレゼント!

DMMFXはスキャルピングを禁止していない

そもそもDMMFXではスキャルピング取引を禁止しているのでしょうか。

実は、DMMFXには明確にスキャルピングをしてはいけないという明記はされていません。

では何がスキャルピングで引っかかっているかというと、DMMFXでは約款第7条の禁止事項の中に「短時間での注文を繰り返し行う行為」という一文があります。

この短時間での注文を繰り返し行う行為というのがスキャルピング取引に該当すると考えられているのです。

 

スキャルピングがNGな理由

DMMFXはスプレッドが業界内でもかなり狭いので、せっかくならこれを活かせるスキャルピングを使いたいところ。

スキャルピングもFXの立派な戦略のひとつなので、禁止されるのはかなり痛いところです。

なぜDMMFXではスキャルピングのような短期の取引をNGにしているのでしょうか。
その理由として、以下の2つが考えられます。

 

FX業者が不利益になる可能性がある

DMMFXは、「DD方式」と呼ばれる投資家とインターバンク市場の間にFX業者が入る仕組みを取っています。

この方式は、例えばトレーダーが買いのポジションを取った場合、FX業者はインターバンクを通して反対の売りのポジションを取って売買のバランスを保ちます。

この際、トレーダーが頻繁にスキャルピングをおこなうと、FX業者は反対ポジションの維持が難しくなるので損失が発生してしまう可能性があるのです。

 

サーバーに負荷がかかる

スキャルピングは何度も取引を繰り返すため、その分サーバーにも負担がかかります。

サーバーに負荷がかかれば約定がずれてしまったり、最悪の場合取引できなくなるといった他のトレーダーにも影響を及ぼす可能性があります。

このようなトラブルを避けるためにDMMFXではスキャルピングを禁止していると考えられるのです。

 

スキャルピングの限度は?

では、どれだけ短時間の取引を何回繰り返せば口座凍結されてしまうのでしょうか。

DMMFXの口座凍結について調べてみると、凍結された状況や回数は様々で、これくらいなら大丈夫といった確定的な情報は得られませんでした。

SNS上でも、数秒のスキャルピングを繰り返しているにも関わらず口座凍結されていない人や、反対に数分単位でも口座凍結されてしまったという方が見受けられます。

 

実際に問い合わせてみた結果

こうなったら直接聞いてみるしかありません!

DMMFXへ口座凍結と判定されるのはどれくらいなのか問い合わせてみました。

DMMFXではLINEを使って簡単に問い合わせができるサービスがあり、今回はこちらを利用しています。

バランスをとって「1回10分、1日10回取引」と想定して質問してみました。

DMMFX口座凍結の質問

結果、以上の回答をいただきましたが、やはり詳しい部分については教えてもらえませんでした。

しかし、分単位の取引であれば禁止事項に該当しないということは、よほど頻繁な取引でない限りは凍結の心配はないと考えていいかもしれません。

 

指標前後はかなり厳しい

スキャルピングを禁止する理由に「サーバーに負荷がかかる恐れがある」というお話をしました。

ここから推測するに、サーバーに負荷がかかる値動きが激しいタイミングでのスキャルピングは、どんなに回数が少なくても口座凍結の可能性が高まると考えられます。

実際に口座凍結された人の中には、指標前後の値動きが激しいタイミングでスキャルピングをおこなったら凍結されたという報告もあります。

そのため、指標前後のような値動きが必ず大きくなる時間帯でのスキャルピングには注意が必要ということになります。

 

口座凍結後はどうなる?

DMMFXで口座凍結後どうなる

もしDMMFXで口座凍結されてしまった場合、手持ちの口座はどういうことになるのでしょうか。

口座凍結後にDMMFXでできることをまとめてみました。

 

口座凍結の解除は不可能

DMMFXでは口座凍結されてしまうと、口座凍結の解除申請などはできません。

新たに口座を作り直すこともできないので、一度凍結されてしまうと2度とDMMFXでの取引はできないということになります。

 

口座凍結後でも出金は可能

口座が凍結されても資金が引き出せないというわけではありません。

口座凍結後は入金を受け付けておらず、出金のみ対応が可能です。

口座凍結後は口座解約に関するメールが届き、期日までに出金をするように催促されます。

また、口座凍結後は決済注文のみできるので、決済が済んでいないポジションはそのまま持ち続けることができます。

取引ツールや、確定申告の際に必要な期間損益報告書はダウンロードできるので、取引以外に関しては引き続き利用することができます。

 

キャッシュバック狙いならどうするべき?

おそらくDMMFXの「500Lot達成で2万円キャッシュバックキャンペーン」を目的にスキャルピングを考えていた方もいると思います。

ただ、現状DMMFXではスキャルピングに対して厳しいこともあり、あまりスキャルピングを利用してのキャッシュバック狙いはおすすめできません。

DMMFXのキャッシュバックを狙うのであれば、投資資金を増やして1度に取引するLot数を増やすか、必要証拠金が少ない通貨ペアを選んでLot数を稼ぐことをおすすめします。

DMMFXのスキャルピングまとめ

DMMFX関連で必ず話題になる口座凍結ですが、基本的に口座凍結の対象となるのはサーバーに負荷がかかるほど短期な取引の繰り返しのみです。

そのため普通の取引であれば問題なくDMMFXの利用を続けることができます。

それでも不安だという方は一度手法を変えてみるか、他のFX会社の利用もおすすめします。

 

合わせて読みたい
外為ジャパンのキャンペーンは良心的?2万円獲得するための攻略法を解説

外為ジャパンのキャンペーンは良心的?2万円獲得するための攻略法を解説

OANDA Japanのスプレッドは狭い?他社と比較してわかった事実

OANDA Japanのスプレッドは狭い?他社と比較してわかった事実

FXブロードネット口座開設までの流れ

FXブロードネット口座開設の流れ|申込から入金方法まで詳しく解説!

【最大10万円】LIGHT FXのキャンペーン|条件達成のためのおすすめの方法とは

【最大10万円】LIGHT FXのキャンペーン|条件達成のためのおすすめの方法とは

ひまわり証券口座開設までの流れ

ひまわり証券口座開設の流れ|必ず確認したい申込条件・手順を解説!

外為ジャパン口座開設の流れ

外為ジャパン口座開設の流れ|書類提出までをわかりやすく解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x