覚えやすいチャートパターン!下降トレンドで狙うダブルボトム

2018年9月17日

アイキャッチ

FXで難しいのは、相場の動きを予測することです。

しっかりとチャートを読まずにエントリーしていると、いつの間にか大損となってしまいます。

 

「チャートのパターンって覚えにくいんだもん」

「特徴のあるチャートパターンってないのかな・・・」

という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなエントリーポイントを見極めるために重要なチャートパターンの1つとしてダブルボトムがあります。

こんにちは、FXの勉強している大輔です。
ボトムって底という意味でしたっけ?
釣りに行ったとき、話している最中に出てきたような・・・。

そうよ。
大輔くん、釣りに行ったりするのね。
案外男らしい趣味を持っているじゃない。

リサさんと一緒に釣りに行ってみたいな・・・。

 

ということで、今回はダブルボトムとともにエントリーするときの判断方法や注意点など一緒に解説していきます。

 

ダブルボトムの基礎知識

ダブルボトムとは、下降トレンドが続いた後に価格が上下し、2つの谷ができた後で上昇に転じるチャートパターンのことです。

ダブルボトム

安値までどんどん価格が下がった後に一度跳ね返されると、1つ目の谷ができます。

 

そして、もう一度下降したときに前回の安値近くで反転すると2つ目の谷ができ、ダブルボトムとなります。

チャートがアルファベットのWと似た形になると考えると分かりやすいでしょう。

 

安値付近で二度跳ね返されるダブルボトムは、価格が上昇トレンドに転じるサインです。

もちろんダブルボトムが現れたからといって100%反転するわけではありませんが、相場の動きを予測するための1つの大きな指標になることは間違いないといえるでしょう。

 

そして、ダブルボトムと同時に覚えておきたいものとしてダブルトップがあります。

ダブルトップはダブルボトムの逆で、上昇トレンドの後に山が2つできるチャートパターンになります。

ダブルトップ

アルファベットのMの形になり、このチャートパターンも相場の反転を示唆しています。

ダブルボトムとダブルトップではトレードのコツがとてもよく似ているので、まとめてマスターしておきたいところです。

 

ダブルボトムとダブルトップはエントリーポイントが明確なため、FX初心者にとってもトレードがしやすいといえます。

さらに再現性が高いため、FXの投資家の間では最もポピュラーなチャートパターンの1つとなっています。

 

ダブルボトムは人によって捉え方が違う

ダブルボトムは、定義だけを聞くと簡単そうに思えるかもしれません。

しかし、実際に描くチャートパターンはさまざまで、常にきれいなアルファベットのWの形になっているわけではありません。

 

さらに、ダブルボトムは安値圏で起こるものです。

安値圏以外でチャートがWの形になってもダブルボトムとは呼べないため、どのくらいの値かによっても判断は異なります

 

このような理由から、FX経験者の間でもダブルボトムになっているかどうかについて意見が分かれることは少なくありません。

ダブルボトムはFXでトレードをするなら絶対に知っておくべきチャートパターンですが、決して単純明快なわけではないのです。

 

そのためダブルボトムの捉え方は人によって異なり、必ずしも正解があるわけではありません。

ただし、そんなあいまいなダブルボトムでも典型的な形というものはあります。

 

主なパターンは2種類ある

ダブルボトムの主なパターンは、大きく分けて2種類あります。

ここでは、それぞれのダブルボトムのパターンの特徴をみていきましょう。

2種類

1つ目は先ほどの図にもありましたが、2つの谷の値が近いほど、アルファベットのWとよく似た形のパターンがあります。

これがきれいなW型のダブルボトムで、視覚的にもダブルボトムだと判断しやすいといえるでしょう。

 

2つ目はダブルボトムが必ずしもきれいなW型になるわけではなく、1番目の底よりも2番目の底が浅くなるパターンです。

このような形になるのは、売りの勢いが弱く前回の安値まで到達できないためです。

こちらもFXにおいて典型的なチャートパターンだといえます。

 

きれいなW型の方が判断しやすい

どちらのパターンのダブルボトムでも、最終的に出来上がった形を見ればダブルボトムだと判断できます。

しかし、実際にトレードをするときにはダブルボトムが完成する前から「ダブルボトムが形成されそうだ」と予測を立てなければいけません。

 

なぜなら、そうすることによって戦略が立てやすくなり、より適切なタイミングでエントリーできるからです。

きれいなW型のダブルボトムはほぼ同じ値で跳ね返るため、ダブルボトムの完成前でもダブルボトムの形成を予想できます。

 

しかし、2番目の底が浅いダブルボトムの場合はどうしても判断が遅れてしまいがちです。そのためトレードしやすいのはきれいなW型のダブルボトムが形成されるときでしょう。

 

特に初心者のうちは、きれいなW型のダブルボトムのときだけを意識してトレードをするといいかもしれません。

ダブルボトムって2種類の形があるんですね。

大輔くんは、まだ綺麗にWの形をしているときのダブルボトムでエントリーした方がいいわね。

まだまだ勉強しなきゃいけないな・・・。

 

チャート分析は1時間足で行う

ダブルボトムを利用したトレードの戦略について考える前に、まずは適切なチャート環境についてみていきましょう。

チャート分析には1時間足、4時間足、日足などさまざまな種類がありますが、1番おすすめなのは1時間足です

 

なぜなら、1時間足であればどのFX業者のチャートを使っている場合でもほぼ同じ形になるからです

1時間足は1時間に1回という短いスパンで確定するため、FX業者によって大きな誤差が出るということはほぼありません。

 

細かな違いはあるものの、トレードをする上で大きな影響はないといえるでしょう。

なお、いつも1時間足だけを使ってトレードをするわけではありません。

エントリータイミングを図るために短期足を併用することもあります。

 

その場合は、1時間足と5分足を組み合わせることをおすすめします。

 

下落トレンドを確認

下降トレンド

ダブルボトムは、下降トレンドの後に現れるチャートパターンです。

一見ダブルボトムのようでも、その前に相場が下降していないのであればダブルボトムだとはいえません。

まずは、下降トレンドの状態で以下の確認をしてエントリーしましょう。

 

・いったん反発することを確認

ダブルボトムであれば、下降トレンドの後に価格が跳ね返るはずです。

いったん反発し、1つ目の谷が形成されることを確認してください。

なお、このときに直近安値が形成されます。

 

・直近安値までの下落を確認

一度跳ね返った価格がもう一度下降し、直近安値まで到達することを確認します。

なお、このときの相場の下落が不十分な場合は売りの勢いが弱いと判断できます。

 

・1時間足の陽線を確認

2回価格が下がった後、1時間足のチャートの陽線が現れることを確認します。

これが、価格が上昇し始めるサインです。

・買いエントリー

すべての項目を確認が出来たら、買いエントリーをします。

 

ローソク足だけで判断が可能

ここでご紹介した買いエントリーの手順から分かるように、ダブルボトムはローソク足の形だけで判断可能です。

他のテクニカル分析などを用いる必要は少なくなります。

 

ローソク足について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください

「初心者必見!『ローソク足』の見方を知るのがFXの第一歩!」

 

だましに注意!ダブルボトムはむやみにエントリーしてはいけない

ダブルボトムでトレードをするときに無視できないのがだましです。

ダブルボトムにおけるだましとは、形成される抵抗線をやぶって価格がブレイクアウトすることです

 

ブレイクしたかもしれないと思ったら、チャートを見て、明確にラインを抜けているかどうかを吟味しましょう。

しかし、ブレイクのように見えるだけでブレイクではない「ブレイクもどき」もしばしば出現するので注意が必要です。

 

ブレイクするとエントリーのチャンスが訪れるためつい冷静さを欠いてしまいがちですが、そういったときこそ落ち着いてチャートを眺め、本物のブレイクなのかどうかを判断しましょう。

 

だましについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

「デッドクロスは売りサイン!移動平均線を活用した売買テクニック」

ダブルボトムでも、だましがあるんですか!?
だましの見分け方法、まだ勉強できていないんですよね。

だましはダブルボトムの他にもいろいろな、チャートパターンにあるから注意が必要よ。

 

終値で勢いよく下抜けをした場合には様子見が必要

ダブルボトムは相場の反発を示すチャートパターンであるため、それを期待した投資家は直近安値付近で買いエントリーをします。

 

しかし、実際には価格が跳ね返らずに下方向にブレイクすることもあります。

そのため、ブレイクを狙って売りエントリーをする投資家も一定数います。

ダブルボトムが形成されて上昇トレンドに移行するかどうかは、直近安置付近における投資家たちの動きによって大きく左右されるのです。

 

そのため、ダブルボトムが形成されそうだからといってすぐに買いエントリーをするのはおすすめしません

 

このときに注目すべきことは、「売り圧力がどのくらい強いのか」ということです。

もしローソク足終値で直近安値を勢いよくブレイクしたのであれば、それは要注意です。

売り圧力が買い圧力を上回って価格の下落が続く可能性があるので、まずは様子見するようにしましょう。

 

ダブルボトムのロスカット・ルール

エントリーポイントを見極めることが大切なのはもちろんですが、適切に損切り設定を行って自分の資金を守ることも同じくらい大切です。

 

では、ダブルボトムの損切り設定はどのように行えばいいのでしょうか。

ダブルボトムに注目して買いエントリーするなら、損切りは直近安値マイナス1pipsに設定しましょう。

 

ちなみに、ダブルトップの場合は抵抗線を目安に直近安値プラス1pipsです。

ズルズルと損を増やすことがないように、ダブルボトムでトレードするときには必ず決めた方法で損切りするようにしてください。

 

ダブルボトムが勝ちやすいといわれる理由としては、トレンドが発生しやすいことやネックラインを越えれば値動きが加速しやすいことなどが挙げられます

そして、損切りラインが分かりやすいこともダブルボトムの勝率が高い理由の1つです。

 

損切りラインが分かりにくい場合は、気付かないうちにどんどん損失が増えていくことがあります。

しかし、ダブルボトムの損切りはFX初心者でも判別しやすいです。

損失が膨らみにくいことは、ダブルボトムでトレードをする大きなメリットだといえるでしょう。

 

なおポジションをすべて手放したくない場合は、抵抗線を突き抜けたときに部分的に決済して様子をみるという方法もあります。

ダブルボトムのトレードに慣れてきたら、このような方法も試してみてください。

 

含み益が発生したらストップロスを切り上げていく

買いエントリー後に順調に価格が上昇して含み益が発生したら、ストップロスを建値に切り上げます

とはいえ、価格が上昇し始めてすぐにストップを変更するのはいささか問題です。

 

なぜなら、一度大きな戻しがあった後にもう一度上昇を始める可能性もあるためです。

もし戻しがあったときに決済されてしまったら、利益があったはずなのにプラスマイナスゼロで終わってしまいますよね。

 

ストップロスの切り上げは重要ですが、タイミングを見誤ってはいけません。

目安として、含み益がプラス5pipsになったらストップロスを建値に変更しましょう。

そして、直近高値を更新したときや直近高値まで値上がりする動きがあったときには、ネックラインの1pips下にストップロスを動かしましょう

 

これらのルールに従ってストップロスを変更していくことで、前述したような利益を失う確率が低くなります。

 

しかし、ストップロスを入れないということはそれだけ大きなリスクを負うということでもあります。

ストップロスを入れない方法が100%間違いだとは言い切れませんが、多くのFX上級者はストップロスを利用したトレードを行っているということは心に留めておいてください。

 

複数の通貨ペアでダブルボトムのトレードチャンスを広げる

投資家の中には、「ドル円だけ」などと決めて1つの通貨ペアのみでトレードしている人がたくさんいます。

その一方で、複数の通貨ペアを見比べながらその時々の状況に合った通貨ペアでトレードをする人も数多くいます。

 

これにはどちらが正解というものはなく、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で自分なりのトレード方法を決める必要があります。

 

1つの通貨ペアのみでトレードをするメリットは、その通貨ペアの特性を把握しやすいということです。

ダブルボトムの出やすい1つの通貨ペアを極めれば、それだけ勝率も上がっていくといえるでしょう。

 

その一方で、なかなかトレードのチャンスがやってこないことがあるというデメリットもあります。

他の通貨ペアでは大きな動きがあるにもかかわらず、チャンスがなくひたすら待たなければいけないということは珍しくありません。

 

複数の通貨ペアを監視していればダブルボトムでのトレードのチャンスは多くなります

機会損失を防ぐためにも、まずは3~4つの通貨ペアでトレードしてみることがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はFXのチャートパターンの一つであるダブルボトムをご紹介してきました。

 

ダブルボトムは相場の反転のサインとなる重要なチャートパターンであり、これを理解することで理論的なトレードを行えるようになります。

また比較的勝率が高いといえますが、ダブルボトムでのだましには注意が必要です。

 

FX初心者でもチャレンジしやすいので、ぜひダブルボトムを利用してトレードしてみてはいかがでしょうか。

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商

為替

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。