エリオット波動理論で相場のパターンを把握しよう!

2018年11月12日

エリオット波動理論で相場のパターンを把握しよう

DMM FX

 

「エリオット波動理論って?」

「なんの波動・・・?」

なんて思われる方もいらっしゃるかと思われます。

 

こんにちは、FX勉強中の大輔です!
さあ、リサさん、どんどん教えてください!

はりきってるわね、大輔くん。
それじゃあ、今回はエリオット波動についての勉強をしていくわよ。

波動・・・ビーム的ななにかですか?

あなた、ちょっとゲームのやりすぎみたいね。

そ、そんなことないですよ!

さて、気を取り直して、エリオット波動理論について勉強していきましょう!

 

エリオット波動理論はもともと株式投資の世界で生まれ、FXの分野でも広く用いられるようになった理論です。

テクニカル分析の理論はたくさんありますが、その中でも特に重要なものといえます。

 

テクニカル分析を中心としてFXのトレードをするのであれば、エリオット波動理論はぜひマスターしておくといいでしょう。

ここでは、エリオット波動理論の基本的な考え方や、実際のトレードでどのように使えるのかなどの内容を解説していきます。

 

エリオット波動理論の基本的な捉え方

エリオット波動理論とは、相場は5つの上昇波と3つの下降波で、1つの周期を形成するという考え方です。

 

エリオット波動理論の基本的な捉え方この5つの上昇波というのは、全てが上がる波ではありません。

「上→下→上→下→上」と、3回上がって2回下がるものです。

全体的には上がるため、これら5つの波をすべて含めて5つの上昇波とします。

 

3つの下降波も「下→上→下」という具合に、ジグザグに動きながら全体的に下がるものです。

これによって、上昇波で「最後に上がって終わった」状態が修正されます。

5つの上昇波を推進5波、3つの下降波を修正3波と呼ぶこともあります。

 

エリオット波動理論の3原則

エリオット波動理論には3つの原則があります。

これは「エリオット波動となるための3つの条件」という方がわかりやすいでしょう。

この3つの条件は推進5波で出そろうものなので、ここでエリオット波動だとわかれば、修正3波の動きが予想しやすくなるということです。

 

エリオット波動の3原則自体は、偶然起こるものです。

これから「波動2が波動1のスタート地点を下回ることはない」などの原則を書いていきますが、そこに理由はありません。

「これらの3つの条件が偶然揃ったら、エリオット波動の理論を適用しやすい」ということであり、以下がエリオット波動の3原則です。

 

・原則(1)…波動3が波動1・波動3・波動5の上昇の中で一番短くなることはない

・原則(2)…波動2が波動1のスタート地点を下回ることはない

・原則(3)…波動4が波動1の高値を割り込むことはない

 

いずれも理由がないという根拠は明白で、相場は需要と供給で成り立つからです。

「必ずこうなる」という法則があれば、そこにヘッジファンドが数千億円などの大金を投入します。

これにより、法則があったとしてもすぐに崩れるのです。

 

そのため、これらの3原則はあくまで、エリオット波動に該当するパターンを見つけるための手段になります。

 

相場はN字の動きをする

エリオット波動理論を中心にテクニカル分析に取り組むとき、意識すべき基本が1つあります。

それは、相場はN字の動きをするということです。

まっすぐの向きのN字ではなく、斜めに傾いたN字と考えてください。

 

相場はN字の動き方をする無数のN字が並んで、相場のジグザグを形成しているということです。

これはエリオット波動理論が当てはまる相場だけでなく、どんな相場でも必ず、大小さまざまなN字が連続して構成されているということです。

この相場の原則をあらためて思い返すことで、エリオット波動理論の内容を理解しやすくなります。

 

フィボナッチと組み合わせる

「このチャートでエリオット波動理論が成り立つ」という予測が正しければ、上昇5波・下降3波が発生することはわかります。

しかし、これだけでは「それぞれの波の転換点がどこか」がわかりません。

波が起こる回数はわかっても、場所がわからないということです。

 

この場所を推測するために、フィボナッチ比率を活用します。

フィボナッチ比率とは、フィボナッチ数列(隣り合う2つの数字の和で作られている数列)で現れる比率です。

中でも特に有名なものが黄金比と呼ばれる1.618という比率です。

2つの数字の大きい方を小さい方で割ると、1.618になるパターンを指します。

 

波動とフィボナッチ比率の関係性

エリオット波動理論の中でも、この1.618の比率で値動きを予測できるケースが多くあります。

たとえば、第2波の下り坂が終わったあとの、第3波の上り坂の長さです。

これは、下り坂の1.618倍の長さになることが多くなっています。

 

あくまで、その相場がエリオット波動理論で動くという予測が的中すればですが、このように細部まで値動きを予想することが可能です。

 

エリオット波動理論の6つのパターン

エリオット波動理論の8つの波は、それぞれ下の6つの波動のいずれかになります。

エリオット波動理論の6種類

I波動…単純な上昇・下落

V波動…上昇からの下落、下落からの上昇

Y波動…上下動を繰り返し、その落差がだんだん広がっていく

P波動…上下動を繰り返し、その落差がだんだん縮まっていく

N波動…I波動とV波動の合体

S波動…急激な上昇・下落

 

I波動はあくまで、その1本の線だけに着目したときの分類です。

一方向に動き続ける相場はないため、I波動は必ずいつかV波動になります

そして、V波動もいつか次のI波動が合体し、N波動になります。

 

Y波動とP波動は、N波動が連続したものです。

連続するN字が大きくなるか、小さくなるかが両者の違いといえます。

Y波動は大きくなり、P波動は小さくなります。

 

グラフが<の形で広がっていくのがY波動、>の形で狭まっていくのがP波動です。

それぞれYの字のVの部分、Pの字の⊃の部分に見えることから、このような名前がついています。

 

S波動は、N波動の変則的なものです。

N波動は通常、Nの文字は4つの点を結んで描かれます。

右下の点に落ちてくるときは、スタート地点である左下の点と同じ低さまで下落し、上がるときは左上の点と同じ高さまで上昇します。

 

相場のN字は、ここまで規則的ではありません。

しかし、高値と安値にある程度のパターンがあるのは確かです。

このパターンの中で動くのがN波動です。

 

S波動はそのパターンを突き破ります。

「大きく下がる→わずかに上がる→また大きく下がる」という動きをします。

 

チャートパターンを見つけることが重要

6つの小波動は、明確なチャートパターンを形成するときがあります。

パターンは多数ありますが、大別するとトレンド回帰型トレンド転換型となります。

 

それぞれのパターンを見逃さずにとらえることで、トレードの成功率をより高くすることが可能です。

ここではそれぞれのチャートパターンについて解説します。

 

トレンド回帰型のチャートパターン

エリオット波動の第2波・第4波では、5つのチャートパターンがよく見られます。

ここではその5つのパターンを紹介します。

 

1. トライアングル

トライアングル

トライアングルは、相場の上昇・下落の値幅が徐々に狭まっていくものです。

狭まる方向に向かってグラフが>の形で三角形になることから、トライアングルと呼ばれます。

 

2. ブロードニング

ブロードニング

ブロードニングはトライアングルの逆で、上昇・下落の値幅が広がっていくものです。

グラフの形は<となります。ブロードとは英語で「幅が広い・幅を持つ」という意味があります。

 

3.ペナント

ペナント

ペナントとは三角の旗のことですが、グラフが>になるため、この名前がついています。

トライアングルとの違いは、出現する前に急激な上昇・下降があるということです。

 

Pの文字をイメージしてください。

この文字はよく見ると旗に見えるでしょう。Pの⊃の部分が尖って、>になったと考えてください。

 

この旗は|と>に分かれており、最初の|が急激な上昇・下降です。

そのあとでしばらくジグザグの相場になりますが、それが>になります。

 

4.フラッグ

フラッグ

フラッグは、ペナントの旗の部分が長方形になっています。

フラッグと呼ばれる理由は、普通の旗の形だからです。

 

ペナントの>の部分がロになっています。

正確にはロでなく=のような2本の線で、この2本の間で価格が上下を繰り返し、均衡状態となっています

「なかなかこの金額帯から出ない」という状態です。

 

このような状態は通常はボックスと呼ばれます。

グラフが「ロ」の中に収まるためです。

 

ボックスとフラッグの違いは、トライアングルとペナントの違いと同じといえます。

旗の棒部分の|に当たる、急激な上昇・下降が直前にあったかどうかです。

あればフラッグ、なければボックスとなります。

 

5.ウェッジ

ウェッジ

ウェッジはエッジと言い換えるとイメージしやすいでしょう。

エッジとは英語で刃物を意味します。

日本語でも「エッジが利いた」といいますが、ウェッジは鋭い形のグラフです。

 

トライアングルやペナントの>が、鋭く尖ったものを指します。

>が尖るということは、値幅が小さい状態が長く続いているということです。

 

つまり、トライアングルやペナントより、長い時間をかけて徐々に値幅が狭くなっている状態になります

この点では、ウェッジという言葉のイメージとは裏腹に、相場が穏やかに推移しているといえます。

ただ長く静かな状態が続いていたということで、その後の反発は急激になる可能性があります。

 

ウェッジ自体は比較的穏やかな相場ですが、その終了後は穏やかとは限らないということです。

第2波・第4波でこれら5つのパターンが起きやすいことを理解していれば、より深く相場を観察できるでしょう。

 

トレンド転換型のチャートパターン

エリオット波動の第3波や第5波では、トレンド転換型のチャートパターンが発生しやすくなっています。

ここでは特によく見られる5つのパターンを紹介します。

 

1. ダブルトップ

ダブルトップ

ダブルトップは山が2つあるグラフで、文字でいうとMのような形になります。

第3波・第5波が2つの山に該当します。

 

なお、第2波・第4波は2つの谷なのでダブルボトムです。

こちらはWの形になります。

 

2. ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーは3つの山ができるグラフで、まん中の山が一番高いというのが特徴です。

この部分が頭、両わきの山が肩に見えるため、この名前がついています。

 

エリオット波動では第5波の頂点が頭に当たります。

第3波が1つ目の肩、第5波が終わったあとのB波が2つ目の肩です。

 

3. ライン

ライン

3つ目はラインです。

これは相場の横ばいが続いている状態です。

高値でのラインはライントップといい、相場の天井を示すものです。

 

天井に達すると相場は下落に転じることが多いものですが、エリオット波動では第3波・第5波の頂点部分で、このライントップが見られることがしばしばあります。

 

4. ソーサー

ソーサー

ソーサーはラインとほぼ同じもので、ソーサートップであれば相場の天井を示します。

ラインとの違いは、その天井が直線でなく曲線ということです。

ソーサーとはカップの下に多く皿のことですが、その皿のようにゆるやかな曲線になっていると考えてください。

 

5.スパイク

スパイク

スパイク瞬間的に突出した高値・安値がついた状態です。

スパイク(spike)は英語で「急上昇・急増する」という意味があります。

FX用語のスパイクは、ここに下降の意味も含めたものです。

 

急激に下降し上昇することをスパイクボトムといいます。

逆に、急激に上昇し下降するのはスパイクトップです。

エリオット波動では、第3波・第5波の前の上昇、あるいは後の下降でスパイクが見られることがあります。

 

エリオット波動理論では値幅観測が可能

エリオット波動理論では、値幅観測が可能です。

「このポイントからこの値幅だけ上昇するだろう」という予測です。

この値幅観測の方法は主に4つあり、それぞれ値幅が異なります。

 

4つの観測方法は、同じグラフでそれぞれ別々のポイントを区切りとして「長さ」・「高さ」を測ります

同じグラフで別の測り方をする以上、幅が「長くなる測り方」・「狭くなる測り方」が、最初から決まっているわけです。

では、エリオット波動理論の4つの観測方法を紹介していきます。

 

1. N計算

N計算

Nの文字は4つの点でできています。

N計算では、まず、1つ目~2つ目の点の長さを測ります。

最初の縦線の|の長さです。

 

続いて、2つ目の点~3つ目の点斜線の長さは無視します。

そして、3つ目の点~4つ目の点の長さは、測るのではなく予測します。

この予測は「最初の縦線の長さと同じ」というものです。

 

当たるとは限りませんが大体そのくらいになることが多いのです。

この値幅予測をN計算といいます。「N予測」というとイメージしやすいでしょう。

 

2. E計算

E計算

Eの文字は3本の横線でできています。

これを高値・中値・安値と考えてください。

 

E計算の考え方は「この3本の横線は、等間隔になる」というものです。

Eの文字は等間隔で3本の線が並んでいますが、高値・中値・安値の間隔も、そうなると考えます。

 

エリオット波動理論では、まず安値から中値に上がったときの値幅を測ります。

そして、中値から高値に上がるときも、同じ値幅で上昇すると考えます。

 

3. V計算

V計算

Vの文字は2本の斜線で成り立っています。

 

V計算では、まず1本目の斜線の長さを測ります。

次に、2本目の長さは無視します。

そして、2本目の終わり、つまりV字の終わりの後、どれだけ上昇するかを予測します

 

この予測は「1本目の斜線の長さと同じ」というものです。

予測が当たれば相場はきれいなV字ではなく、右側が長いV字になります。

 

4.NT計算

 

NT計算

これはN計算を応用したものですが、なぜTがつくかというと〒に似た形が現れるからです。

より正確にいうと干の文字に近い形が現れます。

 

干の字は、Tが2つ合体した文字に見ることができます。

Tの文字は高値の線と底値の点を示します。

 

これが2つ重なって干の字になれば、高値の線・中値の線・底値の点が揃います。

この時点で「E計算と似ている」と思うかもしれませんが、原理はE計算と同じです。

違いは「中値をどう判断するか」が鍵となります。

 

中値は一定ではなく、実際にはジグザグしています。

「大体このあたりが中値」というとき、中値の最高値・最安値があるのです。

この最高値を選んで中値とするのがE計算、最安値を選んで中値とするのがNT計算になります。

 

エリオット波動理論の観測方法には順番がある

先ほどもお話ししましたが、エリオット波動理論の観測方法は値幅が異なります。

そのため、観測をするときは順番に注意する必要があるのです。

基本的には、値幅の小さい順に観測し、値幅の小さい順に並べると「NT計算→V計算→N計算→E計算」となります。

 

相場の予測をするときは、この順番でチェックします。

チェックするのは「それぞれのパターンを満たしているか」です。

4つとも満たしていたら、相場は反転する可能性が高いと判断できます。

 

値幅の小さい順に見るのは、小さいパターンの方が発生しやすいためです。

このため、一番値幅が小さいNT計算のパターンを満たしただけで、相場が反転すると判断するのは危険といえます。

そのあと「V・N・Eの3つのパターンをすべて満たした」となってから動く方が安全です。

 

もちろん、すべてのパターンを満たしても絶対に反転するとはいえず、あくまで確率が高くなるというだけです。

しかし、NT計算だけを見て動くよりは、4つの計算を全部見て動く方が堅実といえます。

 

N字を分析していくことでチャートが理解できる

比較的大きなN字が連続するとトレンドになります。

トレンドは上昇か下降かのいずれかであり、トレンドを見つけた時点で「上げ相場」か「下げ相場」の大きな区別がつきます

1つのトレンドだけでなく、それまでも中長期のトレンドも見ることで、大局をつかむことが可能です。

 

現時点で起きているトレンドを観察すれば、何かしらのチャートパターンが見つかることが多くあります。

たとえば、ヘッドアンドショルダーを見つけたら、「上げ相場は終わった」「4つ目の山はこない」という予測が可能です。

さらに値幅観測をすることで、実際にどこで売るか、あるいは買うかというポイントも決めることができます。

 

・売るべきポイント:もっとも多くの利益が出るポイントでの利益確定がしやすくなる

・買うべきポイント:多くの投資家が売りを出している中での逆張りが成功しやすくなる

 

このように「トレンドをつかむ→チャートパターンを分析する→値幅観測で実際に売買するポイントを決める」という流れでトレードをすると、成功する確率も高まるでしょう。

 

利益確定や損切りのタイミングの参考となる

エリオット波動理論は、利益確定や損切りのタイミングを考えるときに役立ちます

他の指標などと同じく、エリオット波動理論も絶対ではありません。

 

しかし、やみくもにタイミングを決めるよりは成功率が上がります。

また、利益確定・損切りとも何らかの根拠を持って行う方が、目論見が外れた場合でも学べることが多いでしょう。

このような理由から、利益確定・損切りのタイミングでエリオット波動理論を用いることは有意義だといえます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

エリオット波動理論とは、相場は5つの上昇波と3つの下降波で、1つの周期を形成するという考え方です。

 

エリオット波動理論を中心にテクニカル分析に取り組むとき、意識すべき基本として、相場はN字の動きをするということが挙げられます。

チャートパターンを分析してトレードに活かしていきましょう!

 

 

取引ツールがおすすめのFX口座

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商

為替

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。