売りと買いのサインは見極められる!?エンベロープを解説!


エンベロープアイキャッチ

みなさんは、エンベロープという用語をご存知でしょうか?
エンベロープはテクニカル分析の1つで、逆張りなどに有効だと言われています。
しかし、エンベロープのことをまったく知らない人からすると、

「エンベロープってなに?」
「逆張りに向いてるテクニカル指標って?」

などの疑問を感じるのではないでしょうか。

こんにちは、FX勉強中の大輔です。
エンベロープはテクニカル分析の1つですね!

当たりよ!
ちゃんと予習してきたのね、大輔くん!

ということで、今回はエンベロープについて紹介していきます。
エンベロープの売買サインや活用法、注意点まで詳しく見ていきましょう。

エンベロープとは?

エンベロープ移動平均線の考えを応用したテクニカル指標のことです。
移動平均線から、設定した割合で乖離した価格を「バンド」と呼ばれる線であらわし、上のバンドは「UPバンド」、下のバンドが「LOWバンド」になります。

そのため、エンベロープの線は移動平均線を中心にチューブ状に蛇行して表示されるのです。
バンドに価格がタッチしたならば、移動平均に向けて価格が戻る可能性が高いので、売り・買いのサインや手じまいの目安となるのです。

エンベロープ

移動平均線は、傾きでトレンドの強さを確認したり、反転のタイミングをつかむのに利用されます。
しかし、根本的な考えのひとつは、価格は上下するものの、平均に回帰するということです。
移動平均線から価格が乖離するほど、移動平均線に価格が戻ってくる可能性が高いという考え方が基本となっています。

通常、エンベロープは逆張り派のトレーダーが反転ポイントを見極めるために使用されています。
よく使われるパラメーターは、25日(25期間)移動平均線で乖離率を2~3%に設定する組み合わせです。

エンベロープの活用方法

エンベロープは移動平均線から設定した乖離率のところに線が引かれます。
そして、ボリンジャーバンドに比べて穏やかにバンドが上下する性質があり、上下のバンドにタッチしたことがわかりやすいです。

エンベロープのエントリーサインは、UPバンドにタッチしたときが売りサインまたはLOWバンドにタッチしたときが買いサインとなります。
しかし、人によってタッチしたときにエントリーにする方法や、タッチしたあと「ローソク足の高値」や「安値を切り上げ」、「切り下げた」などでエントリーするなど細かい手法は異なります。

スキャルピングで用いる

エンベロープはスキャルピングに使っている人は多い傾向にあります。
スキャルピングとは、1回の売買で2~3pips程度の利益を目標として、通常1日に何度も取引を繰り返す手法のことです。
売り・買いのサインに使うチャートは1分足~5分足ということになります。

スキャルピングのデメリットは手数料やスプレッドの割合が利益に対して多くなってしまうことです。
取引回数が多いと手数料もかさんできますので、料金が安い業者を選ぶなど工夫する必要もあります。

一方、メリットは1回に取るリスクが少なくて済むということです。
また、サラリーマンの人でも夜間の2~3時間だけトレードを行うなど、監視時間が短いというメリットもあります。

エンベロープを活用したスキャルピングにおすすめのFX会社はこちら!

おすすめFX会社の特徴
FXプライムbyGMO
FXプライム byGMO
  • プロも評価する強靭なサーバー
  • 人気の無料オンラインセミナー
マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
  • 10年連続約定力第1位
  • 業界最狭水準のスプレッド!
JFX
JFXのロゴ
  • 約定スピードは最速0.001秒!
  • 人気ツール「MT4」のチャートを搭載

逆張りに有効

エンベロープの基本的な使い方は逆張りであり、上下のバンドにタッチしたときがポジションを取るタイミングということを解説しました。
ただし、移動平均線に傾きがあり、トレンドが発生している場合にはトレンドに逆らう逆張りはリスクを伴います
一方、移動平均線が緩やかに蛇行しているときがエンベロープを逆張りに使うチャンスです。

エンベロープの逆張り手法

まず、移動平均線が比較的緩やかであることを確認したのち、バンドへのタッチを待ちます。
そして、バンドにタッチしたらすぐにエントリーするのではなく、下記のように同行をうかがってエントリーしましょう。

  • 前のローソク足の高値を切り上げたら買いポジションを持つ
  • 前のローソク足の安値を切り下げたら売りポジションを持つ

このように最低限の転換の動きや兆しを確認してからポジションと持つほうがいいとされ、急激な動きで大きな損失になることもなく、無駄なエントリーも少なくなるでしょう。
イグジットについてですが、エンベロープは移動平均線への回帰を狙いますから、通常は移動平均線にタッチしたら利食いを行います。
しかし、より積極的になるならば反対のバンドへのタッチまで利食いを伸ばすことも可能です。

エンベロープの注意点

バンドにタッチしても転換しないことも

エンベロープを使うにあたり、最も重要な注意点は「UPバンド・LOWバンドにタッチしても転換しないことがある」ということです。
エンベロープにタッチして、少し反転したと思ったらまたタッチするということもあります。
このような場合、少し下がったときに利益確定できていないなら、エントリーした価格に戻ったときや、損切り価格に達したときに損切りをおこなうでしょう。

エンベロープは必ずしも転換するとは限らない

そして、まさにこのタイミングで再び売り・買いのサインが点灯してしまいます。
もしトレンドに逆らっていれば、何度も売り・買いのサインに反応して損失となるトレードを繰り返してしまうことになるのです。
このような状況に陥りやすいときは移動平均線に傾きが出ているときになります。

例えば、移動平均線が右肩上がりなら買いサインのみを採用するなどルールを作ると、損失を重ねることを防ぐことができるでしょう。
あるいは、横ばいのレンジ相場のときしかエンベロープを使わないと事前に決めておくなども有効です。
FXの初心者はエンベロープを過信するあまり、こうなるに違いないと思い込んでしまうことがよくありますが、リスクが高いので注意しましょう。

ファンダメンタルに対しては無力

エンベロープは経済指標の発表時要人発言、選挙時などのファンダメンタルには弱いことがあげられます。
これはエンベロープに限らず、すべてのインジケーターに共通した状況となるのでよく覚えておきましょう。

突発的な事実や事件の前にはすべてのテクニカル分析は無力です。
エンベロープのLOWバンドにタッチしたから価格が上がるだろうと期待しても、経済指標の発表内容がネガティブなものであったなら、LOWバンドを突き抜けて急激に下落してしまうでしょう。
しかも、バンドをただ抜けるのではなく、急激に大きく抜けてしまうので大きなリスクを伴います。

直近高値・安値のブレイクは注意

エンベロープを利用して、直近高値直近安値をブレイクしたときには注意が必要です
ブレイクしたときの価格は誰もが注目しており、「この価格をブレイクしたらポジションを取ろう」とか「この価格をブレイクしてしまったら損切りしよう」と待ち構えています。

エンベロープの直近高値・安値のブレイクは注意

したがって、ブレイクが発生したときというのは、大多数がブレイクした方向にポジションを取ろうとします。
このようなときは、逆張りでエントリーせずブレイクが失敗し、ブレイク前の価格に戻ってきたのを確認してからでも遅くありません。
逆張りはあくまでブレイク手前が基本で、ブレイクしたら損切りします。

流動性の低いときは利益少々

最後にエンベロープが向いていない状況は、取引参加者が少なく、流動性が低下しているときです。
このような状況のときは、バンドと移動平均の間に十分な値幅がありません。

この状況でエントリーすると、もし首尾よく価格が動いても利益は少なく、手数料やスプレッドの割合が大きくなるので利益を上げにくいです。
また、方向感がないのでブレが発生して損失になってしまうことも多いです。

パラメーターは細かく設定する

エンベロープは「エンベロープのバンドで価格が反転するかどうか」は移動平均線の期間の選び方、そして乖離率のパラメーターの設定によって決まります
そのため、テクニカル分析を過去のチャートにさかのぼって地道に検証すること、パラメーターを細かく設定することが重要となってきます。
また、エンベロープの長所を生かすためには他のテクニカル分析の知識、技術を学ぶことも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
エンベロープは移動平均線の考えを応用したインジケーターです。

通常、エンベロープは逆張り派のトレーダーが反転ポイントを見極めるために使用されています。
エンベロープは、移動平均線から、設定した割合で乖離した価格を「バンド」と呼ばれる線であらわし、上のバンドは「UPバンド」、下のバンドは「LOWバンド」といいます。

バンドに価格がタッチしたならば、移動平均に向けて価格が戻る可能性が高いので、売り・買いのサインや手じまいの目安として使うことができます。
しかし、「UPバンド・LOWバンドにタッチしても転換しないことがある」ということに注意が必要です。
エンベロープを正しく使って、利益を上げていきましょう!

エンベロープを活用したスキャルピングにおすすめのFX会社はこちら!

おすすめFX会社の特徴
FXプライムbyGMO
FXプライム byGMO
  • プロも評価する強靭なサーバー
  • 人気の無料オンラインセミナー
マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
  • 10年連続約定力第1位
  • 業界最狭水準のスプレッド!
JFX
JFXのロゴ
  • 約定スピードは最速0.001秒!
  • 人気ツール「MT4」のチャートを搭載
合わせて読みたい
FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x