フィボナッチで勝率UP!的確に相場を把握してトレードに活用しよう!


取引画面で「フィボナッチ」ってあるんですけど、これって何ですか?
数学とかで聞いたことがあるような気もするんですけど・・・。

よく覚えていたわね。
フィボナッチは、簡単にいうと数学的に導かれる黄金比をFXに活用したものよ。
トレンド転換の参考に使われることが多いわ。

黄金比(フィボナッチ比率)は自然界にも存在しており、意外と身近にあるものです。
黄金比は人が心地よいと感じる比で、ピラミッドやパルテノン神殿などの建造物にも活用されているんですよ。

そんなフィボナッチはどのようにFXで活用するのか、使い方について学んでいきましょう!

要点
  • フィボナッチの中で最も使われているのは「フィボナッチ・リトレースメント」
  • 押し目買いと戻り売りで効果的
  • FXプライムbyGMOはフィボナッチをスマホで自動表示できる!

フィボナッチをスマホで自動表示できるFX会社はこちら!

おすすめFX会社の特徴
FXプライムbyGMO
FXプライムbyGMO
  • スリッページなしの強靭なサーバー
  • 取引ツール「プライムチャート」

FXでのフィボナッチの使い方

FXで使用するフィボナッチにもさまざまな種類があります。
この中で最も多くの投資家に使われるのがフィボナッチ・リトレースメントです。

先ほど、フィボナッチは数学的に導かれる黄金比をFXに活用したものといいましたが、フィボナッチ・リトレースメントはその比率の線をチャートに直接表示させて使用します。
フィボナッチ・リトレースメント(以下フィボナッチ)で表示させた線はそのままレジスタンスライン、サポートライン、またトレンド転換のサインとして活用できるのです。

具体的に使用方法を見ていきましょう。

フィボナッチの引き方

フィボナッチでは、まず直前の高値と安値を結びます
線を結ぶときに、ヒゲから引くのか実体から引くのかを迷うかもしれませんが、どちらでも構いません。

フィボナッチの引き方

すると、そのラインを起点にして、「23.6%」、「38.2%」、「50.0%」、「61.8%」、「76.4%」のラインが表示されます。

フィボナッチの引き方

線が表示されたら、それがそのまま指標となります。
50%の線はフィボナッチ比率ではないのですが、活用できることも多く、たいていは表示されます。 

先ほど、「トレンド転換を見ることができる」といいましたが、線に価格が触れたらトレンド転換の目安となります。
ではどのように活用するのか具体的にみていきましょう。

フィボナッチの活用手法

フィボナッチは「押し目買いや戻り売りのタイミングを予測するとき」に、多く使用されます。

 フィボナッチの押し目買い

押し目買いとは、上昇トレンドの途中で一時的に相場が下落したときに通貨を買うことです。

フィボナッチ押し目買い

図ではで示した箇所が押し目買いのエントリーポイントになります。
61.8%、50%、38.2%の線でそれぞれ価格が反発していますよね。
上昇トレンドの途中で下降し、比率線に触れたら押し目買いのチャンスと認識しておくとよいでしょう。

また、フィボナッチはトレーダーでも使用している人が多いため、比率の線付近では取引が活発になることが多いです。
取引の攻防状況によっては反発せずにそのまま抜けることもあるので、線付近では動きを注視するようにしましょう。

そのまま抜けるかどうか不安なときは、短期の時間足に変えて見極めるのもおすすめです。

 フィボナッチの戻り売り

戻り売りとは、下降トレンドの途中で一時的に相場が上昇したときに通貨を売ることです。
戻り売りでは押し目買いのときとは反対に、下降トレンドを起点に線を引きます。

フィボナッチの戻り売り

上の図では、で示した部分が戻り売りのポイントとなります。
ここでは、38.2%で反発していますね。
下降トレンドの途中で上昇し、比率線に触れたら戻り売りのチャンスと認識しておくとよいでしょう。

このようにフィボナッチは、押し目買いと戻り売りのエントリーポイントを見極める際に役立ちます。

フィボナッチを自動で表示できるFX会社

意外とシンプルなんですね。
僕でも使い方がわかりました!

だけど、フィボナッチは自分でトレンドを見つけて、適切に線を引く必要があるわね。
自動的にフィボナッチを表示できるアプリを持つFX会社もあるから、試しにやってみるのも手ね!

え、自動で表示してくれるなら、あとはエントリーポイントを判断するだけということじゃないですか!
スマホだったらスキマ時間にトレードすることも多いし、大きなトレンドを追わない「押し目買い」や「戻り売り」をするにも最適ですよね。
ということで、フィボナッチを簡単に使用できるFX会社を紹介します。 

FXプライムbyGMO1,000通貨取引)

FXプライムbyGMO

FXプライムは半数以上が初心者で、直接講師にチャットで質問できるオンラインセミナーも人気です。
また、約定力(注文の成立しやすさ)が高いのも特徴です。
スリッページ(サーバーの影響などにより注文時を価格が異なること)も起こりにくいため、思い通りのところで注文が通りやすいという特徴があります。 

FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券と同じGMOインターネットのグループ会社です。
そのため、FXプライムbyGMOのアプリもGMOクリック証券と同じような高い操作性があります。

FXプライムbyGMOのフィボナッチ

 

フィボナッチ比率の仕組み

ここまでフィボナッチのFXでの使い方について紹介してきました。
しかし、「そもそもフィボナッチの正体が気になる・・・」という方もいるのではないでしょうか。
フィボナッチ比率を理解するためには、まずフィボナッチ数列を理解する必要があります。

フィボナッチ数列とは、2つ前の数字と1つ前の数字を足していくことで作られる数列です。
最初は「01」から始まり、「0、1、123581321345589144」というように続きます。

じつは、この数列に黄金比が隠れているのです。
数列から黄金比が生まれる理由を説明していきますね。

黄金比は数列を計算することで出てきます。
簡単にいうと、数列の数字を上の数字で割るのです。
ある数字より一つ上の数字で割ると0.618に、二つ上の数字で割ると0.382に、三つ上の数字で割ると0.236という倍率に近い数字になります。

例えば、フィボナッチ数列が「0、1、123581321345589144」と並んでいるとします。
ある数字を「34」とすると、

34÷55=0.618181
34÷89=0.382022
34÷144=0.23611

となります。
この倍率を「黄金比(フィボナッチ比率)」と呼ぶのです。

そして、

1=0
1=1
2=0.5

この0,1,0.5もフィボナッチ数列から導き出されるため、黄金比に含まれます。
ちなみに黄金比は、1:1.618ですが、上の例で言うと55÷34=1.61764となります。

つまり、ある数字とその数字の1つ上の数字との比率が黄金比になるというわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フィボナッチは多くの投資家が活用する指標で、トレンド転換を見つける際に有効です。

とくに、押し目買いや戻り売りのときには効果を発揮しやすくなります。
スマホでトレードするときには、アプリのフィボナッチ自動表示を活用することをおすすめします!

合わせて読みたい
FX始めるなら元手資金10万円がベスト!少額投資で稼ぐためのコツとは

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる5つのコツ

FXの始め方

FX初心者のための始め方!口座開設から取引までのやり方を徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x