FX初心者でも大丈夫!各FX会社の自動売買システムの特徴を紹介!

FX会社の自動売買の特徴を紹介

SBI FXトレード

 

FXは少ない資金で大きな取引ができるのが特徴であるものの、自ら資金管理をおこなったり、ポジション管理をおこなったりすることは大変な部分もあります。

すると、損切りがなかなかできずに損失を大きくしてしまい、精神的にストレスがかかってしまうこともあるでしょう。

 

「いつも損切りできなくて、ロスカットされちゃう」

「決済のタイミングを逃してしまう」

という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そうした悩みを解決するひとつの方法として、FXでは自動売買による取引があります。

こんにちは、FXの勉強している大輔です。
僕が毎日悩んでいることを自動売買でも解決することができるでしょうか?

あら、大輔くんはどんなことで悩んでいるのかしら?

リサさんには、ちょっと相談できないです・・・。

なにかしら、気になるわね。

 

リサさんのことで悩んでいるなんて言えないです・・・。

少し脱線してしまいましたが、今回はFXの自動売買について紹介していきます。

FX初心者であっても使いこなすことができ、普段はなかなか相場に向き合えない人にもおすすめです。

僕と一緒に、自動売買システムの基本的な仕組みや注意点などについて詳しく見ていきましょう。

 

目次

自動売買システムの特徴

自動売買システムの特徴

 

自動売買システムを利用するメリットは、FXにまつわるストレスを減らすことに役立つ点があります。

FXの自動売買を行うには、FX会社から提供されているプログラムを選ぶだけで大丈夫です

最初の設定だけをしてしまえば、後は自分で取引を行わなくても自動売買システムがポジションの構築と決済を自動で行ってくれます。

 

自動売買システムを使った取引のことをシステムトレードと呼び、この仕組みによって多くの人がFXに取り組む機会が増えています。

「FXで稼いでみたいけど、勉強する時間がとれない」と感じる人にはおすすめの仕組みです。

 

提供されているプログラムは、海外の研究所で専門家が作ったものも多く、プロの視点を基にして設計されています。

1つのFX会社でも数百種類のプログラムを提供していることはめずらしくなく、勝率などの基準で選んでいくこともできるのです。

自動売買システムのなかには、相場状況に合わせて勝率の高いプログラムに自動で切り替えてくれるものもあり、投資家自身はたまに相場を確認するだけで気軽に取り組むことができます。

 

また、システムを自分が思うようにカスタマイズすることも可能であるため、FX取引に慣れた上級者であっても活かせる仕組みになっています。

 

基本的な仕組みについて押さえておく

FXの自動売買システムの大きな特徴として、リピートイフダン注文があげられます。

リピートイフダン注文とは、イフダン注文を繰り返し注文する方法です。

 

「イフダン注文?」

と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

イフダン(IFD)注文とは、新規注文を出したときに同時に決済注文を出す仕組みです。

 

たとえば、「ドル円を100円で購入する注文」と「105円になったら決済する」という注文を2つ同時に出すことができます。

そのため、損益の幅をあらかじめ限定することができるので、FX取引において有効な注文方法です。

 

 

リピートイフダン注文は一定の価格帯で値が動いていくレンジ相場において、大きな力を発揮していきます。

自分で1回ずつ取引を行うときと比べて感情に左右されることがなく、機械的に売買を繰り返すことができる点が特徴です。

 

さらに、勝率の高いストラテジー(戦略)を選ぶことができるため、自分で相場観を判断する必要もありません。

FX会社によって、さまざまな自動売買システムが提供されているので、ほかの投資家たちの評価も見ながら自由にストラテジーを選ぶことが可能です。

 

FX初心者でも自動売買はできる

システムトレードの良い点は、FXの知識がなくても取引を始められるところにあります

為替相場は日々変化していくものなので、その動きについていくだけでもそれなりの労力が必要です。

自分で取引を行う場合は、チャート分析ポジション管理資金管理などさまざまなことに取り組まなければなりません。

 

また、FXにおいて損切りは付き物であるものの、裁量トレードでは損切りのポイントも自ら判断することが求められます

損失を限定させるためにあらかじめ逆指値注文などを入れておくこともできるものの、FX初心者だとストップロスを入れていないこともあるかもしれません。

なかなか損切りができないまま、損失ばかり膨らんでしまっては精神的にも大きなストレスがかかってしまいます

 

その反面、システムトレードであれば、損切りや資金管理などに頭を悩ませることがありません。

売買注文も選択したプログラムが自動で行ってくれるため、裁量トレードを行わなくて済みます。

「仕事は忙しいけど、FXをやってみたい!」と感じる人にシステムトレードはおすすめです。

 

自動売買システムを選ぶ基準

自動売買システムを選ぶ基準

 

自動売買システムは一度選ぶと、システムを入れ替えないかぎりずっと使用することになります。

システム選びは得られる収益にそのまま直結するものなので、ポイントを押さえたうえで選んでいく必要があるでしょう。

システム選びで重視しておきたい点は、まずは安全性に問題がないかという点です。

 

相場の急変時に機能しないということがあると、安心してFXに取り組んでいくことができません。

また、利用者の少ないシステムを選んでしまうと、得られる情報も必然的に少なくなってしまい不安に感じてしまうでしょう。

勝率などの面から見ても信頼性がきちんと確保されているものを選ぶことが大切です。

 

資本力やセキュリティ面で安心感のある会社を選んでみてください。

自動売買では提供されているシステムを利用して収益を上げていくものの取引コストについても意識を向けておく必要があります。

ただ、単に取引コストが低ければ良いシステムであるともかぎらないので、システムの勝率なども踏まえたうえで総合的に判断していくことが大切です

 

自動売買システムには4つの種類がある

自動売買システムはリピート発注型選択型プログラム型MT4型の4種類があります。

 

リピート発注型

リピート発注型の自動売買は、自動的に何度も繰り返し売買を行うシステムであり、設定もシンプルなのが特徴です。

具体的にはトラリピ(マネースクウェア・ジャパン)iサイクル注文(外為オンライン)などがあります。

 

実際に利益を上げているトレーダーの真似を行いやすく、FXやパソコンの知識が少なくても問題ありません

 

リピート発注型の自動売買であれば、感情に左右されて取引を行うこともないため、安定的に収益を上げていくチャンスがあります

また、日をまたいでポジションを保有することも多いため、高金利通貨であればスワップポイントを受け取ることもできます。

 

注意点としては、リピート型ではナンピン買いをメインとしているため、下落相場のなかでもロスカットしないための資金量が必要になります

ほかの取引と比べても、2~3倍の資金量をあらかじめ用意しておきましょう

預け入れている証拠金が少ないと、大きな含み損に耐え切れずにロスカットしてしまうリスクがあるため、資金管理には注意が必要です。

 

選択型

選択型の自動売買は、FX会社からあらかじめ提供されているプログラムを選択するだけです。

具体的には、シストレ24(インヴァスト証券)セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)などがあります。

 

選択型の特徴は、世界各地のプロのトレーダーが作ったプログラムのなかから、自分が好きなものを選べることです

また、FX初心者やパソコンの操作が苦手な人でも、気軽に始められるメリットがあります。

選択型のなかでもミラートレーダーは相場と合致すると、大きな利益を上げることも可能です。

 

その一方で思惑が外れてしまうとロスカットを起こしやすい面もあるので、使用するプログラムを選ぶときは慎重になる必要もあるでしょう。

利用者数の少ないプログラムについてはあまり情報が出回っていないため、プログラムの仕組みを理解するのが困難なものもあります。

できるだけ、利用者数の多いプログラムを選んでみましょう。

 

プログラム型

プログラム型の自動売買は、売買に関する設定を自分で決められるのが特徴です。

ある程度FXに慣れた人向けのものであるものの、自分でプログラミングするわけではないため、使い勝手の良いシステムを作成することができます。

具体的には、トライオートFX(インヴァスト証券)シストレFX(カブドットコム証券)などです。

 

プログラム型は選択型などと比べるとそれほど種類も多くないため、中級者や上級者向けといわれています。

しかし、初心者向けと比べて細かな設定を行えるため、自分のトレードルールを反映させたものを作ることができるのがメリットです。

 

MT4型

MT4(メタトレーダー4)型は選択型自動売買システムの一種ではあるものの、自由にカスタマイズできるのが特徴です。

具体的には、FXTF MT4(FXトレード・フィナンシャル)Meta Trader4(OANDA Japan)などがあります。

MT4型を使いこなすためには、ある程度のプログラミング能力が求められるため、FX上級者向きです。

 

選択型の自動売買システム

選択型の自動売買システムを提供しているFX会社について紹介していきます。

 

プログラムの入れ替えも自動で行うシストレ24

インヴァスト証券

 

インヴァスト証券が提供するシストレ24の大きな特徴は、フルオート機能が備わっている点にあります。

フルオート機能とは、ストラテジーの入れ替えをもっとも好調な成績のストラテジーに自動で入れ替えてくれるシステムです。

 

シストレ24は6000を超えるストラテジーが用意されており、数あるFX会社のなかでも豊富な種類を取り揃えています。

通常であれば、6000を超えるストラテジーのなかから自分に合ったものを見つけるのは難しいものです。

しかし、シストレ24ではその6000種類のなかから最適なものをフルオート機能が選んでくれるため、面倒な手間がかかってしまうこともありません。

 

フルオート機能にもいくつか傾向があるので、ユーザーはどのような傾向の運用をしていくのか設定をするだけで自動売買を始めることが可能です。

それぞれのプログラムには、収益率のほかに最大リスクや最低運用資金額なども記載されているため、目的に合わせた運用ができます。

 

スプレッド幅が狭いセントラルミラートレーダー

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com

 

セントラル短資のセントラルミラートレーダーは、すでに用意されているストラテジーを選ぶだけでシステムトレードを始めることができます。

数百以上あるストラテジーのなかから好みに応じたものを選ぶだけで、プロのトレーダーの手法を真似することが可能です。

複数の種類のストラテジーを組み合わせて運用ができるため、自分独自のポートフォリオを構成することができます

 

また、サーバー型システムトレードであるため、パソコンの電源を落としていても、24時間稼働して取引を行ってくれる仕組みです。

 

セントラル短資とセントラルミラートレーダーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

短資会社で安心!ミラートレーダーもあるセントラル短資FXをご紹介!

 

みんなのシストレはストラテジー数が350種類

みんなのシストレ

 

トレーダーズ証券のみんなのシストレは、サーバー型のシステムトレードであるため、MT4型のようにパソコンを付けっぱなしにしておく必要がありません

1,000通貨単位からの取引が可能であり、通貨ペアや取引手法を分散することができます。

FX初心者でもリスクを抑えながら取り組める仕組みを作っているため、安定したトレード可能です。

 

みんなのシストレが提供しているプログラムは、投資助言業の登録業者のものに限られているため信頼性が高い特徴もあります。

さらに、ストラテジーは自動売買プログラムだけでなく、実際に取引をおこなっているトレーダーも参加しています。

優秀なトレーダーの取引手法をコピーすることも可能です。

 

みんなのシストレについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください

専門知識なしでもOK!みんなのシストレで他人の戦略を使いこなそう

 

MT4型の自動売買システム

MT4型の自動売買プログラムを提供しているFX会社について紹介していきます。

 

1000通貨単位に対応しているFXトレードフィナンシャル

FXトレードフィナンシャル 口座開設
FXトレードフィナンシャル 口座開設
FXトレードフィナンシャル 口座開設?|?fx-on.com

 

FXトレードフィナンシャルのMT4の特徴は、ほかの業者と比較してスプレッドが狭い点1,000通貨単位からの取引が可能である点です。

スキャルピングのような短期トレードが中心の人にとっては魅力的なFX会社になります。

 

また、移動平均線やフィボナッチといった30種類以上のテクニカル指標が利用でき、チャート上からの注文も可能であるため、スピード感を持ったトレードが可能です

FXトレードフィナンシャルは約定力が高く、システムの稼働にも定評があり、2018年7月現在では29種類の通貨ペアの取引ができます。

 

低スプレッドが魅力の楽天証券

楽天証券

 

楽天証券のMT4の特徴は、すべての取引サーバーを国内でのみ管理しているため、システム面で安定しています

海外のサーバーだと注文にタイムラグが発生してトラブルに遭うリスクもあるものの、国内のサーバーであればトラブルが起こりにくくなります。

 

楽天証券のMT4はEAが搭載されているため、過去におこなわれた膨大な量の取引データを基に、自動で売買をおこなってくれるのでFX初心者でも安心できる仕組みです。

MT4には「シナリオ作成」「バックテスト」「チューニング機能」などが備わっているため、より精度の高いトレードができます。

また、FX業界でも有数のスプレッドの狭さとなっているので、短期トレードが中心の人にとっては魅力的な会社です。

 

プロが使っているテクニカル手法をそのまま再現することもできる一方で、自分が使いやすいようにカスタマイズすることもできます。

楽天証券を利用する際の注意点としては、FX口座だけでなくMT4口座も合わせて開設する必要があるので注意しましょう。

 

楽天証券について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

初心者におすすめ!楽天FXならレバレッジも選べて1000通貨から取引可能

 

チャートの更新頻度が速いフォレックスドットコム

フォレックスドットコムのMT4の特徴は、2009年からサービスを提供しているため多くのユーザーから支持を受けている点です。

50種類のチャート分析ツールが使え、注文やポジション管理もチャート上でできるため、視覚的に操作しやすいのが魅力になります。

 

フォレックスドットコムでは、日本で初めて1,000通貨単位での取引を始めており顧客サービスに力を入れています

取り扱っている通貨ペアは22種類あり、少ない資金から幅の広いトレードをおこなうことが可能です。

 

チャートの更新頻度が速く、投資家にとって有利なサービスを展開しています。

フォレックスドットコムはアメリカGAIN社グループの会社ではあるものの、日本でのFX業務に関して信託保全を完備しています

また、外国通貨だけでなく金や銀などの貴金属の取引ができる点も特徴のひとつです。

 

スプレッド幅が小さいOANDA Japan

OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設?|?fx-on.com

 

OANDA JapanのMT4の特徴は、スプレッドの幅が狭く、1ロットあたり1,000万通貨(ドル円は300万通貨)までの約定が可能という安定感を備えている点になります。

大量の取引でもきちんとこなしてくれるため、FX取引を頻繁におこなう人にとっては魅力的なFX会社です。

 

EAでの自動売買が可能であり、50種類以上のテクニカル指標を搭載しているため、MT4の基本的なスペックは備えているので安心です。

バックテストの機能も備わっているため、実際に自動売買プログラムの効果をテストしてから設定できます

 

また、スマートフォンなどのモバイル端末でもMT4を起動させることができ、パソコンと変わらないトレードの環境を整えることが可能です。

注文もチャート上でできるため、大切な場面で注文を逃してしまうこともありません。

 

プログラム型の自動売買システム

プログラム型の自動売買システムを提供しているFX会社について紹介していきます。

 

豊富なストラテジーのちょいトレFX

FXプライムのちょいトレFXの特徴は、マウス操作だけで運用条件を設定して、システムトレードを手軽に始めることができます。

プログラミングの知識は不要で、簡単にストラテジーを作成できる点が魅力です。

取引画面はインストールが不要であり、ブラウザで作業できます。

 

システムトレードについて何かわからないことがあっても、便利なサポート機能も充実しています。

各テクニカル指標には詳しいガイドが付いているため、事前に知識がなくても始めることが可能です。

 

また、過去の相場トレンドを基にして、売買条件を自動で最適化する機能も搭載されているので難しい操作もありません。

スマートフォンでもシステムトレードができ、運用状況の確認やポジションの確認、ストラテジーの運用開始と停止をいつでもできます。

 

イフダン注文も可能なトライオートFX

トライオート

 

インヴァスト証券のトライオートFXの特徴は、スプレッドが狭く、最低取引単位も1,000通貨からとなっているため手軽にFXに取り組める点です。

運用条件を設定するだけでイフダン注文による自動売買を繰り返してくれるもので、わずか5分程度で設定ができます。

 

最大の特徴は年間収益率30%以上のレンジ追尾機能が備わっていることであり、レンジ相場において高い収益性を誇っています。

また、ユニークな取り組みとしてFXで1万通貨を取引するごとに寄付ポイントを得られます。

認定NPO法人に寄付ができ、確定申告のときに寄付控除を受けることも可能です。

 

トライオートFXについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

自動売買で長期運用を目指す!インヴァスト証券のトライオートFX

 

オリジナルのストラテジーが作れるシストレFX

カブドットコム証券のシストレFXの特徴は、三菱UFJフィナンシャルグループのなかの1社であるため、資本力などの面で安心ができる点です。

新規に口座を開設してシストレFXナビゲーターをインストールすると、わずかなステップでシステムトレードを始められます。

 

利用するストラテジーを設定したあとでバックテストもできるため投資戦略に活かすことができるでしょう。

バックテストでは合計損益・トレード回数・価値トレード回数・総利益などが確認できます。顧客サポートも充実しており、通常の電話サポートに加えて、会員同士が相互交流によって問題を解決する「教えて!kabu.com」というコミュニティもあります。

 

また、ホームページ内に取引ガイドを用意しているほかに「kabu.studio」という動画で勉強ができる機会も設けられているのです。

 

売買シグナルを音声でも知らせてくれる「店頭FXナビゲーター」は、カブドットコム証券の主要な取引ツールでもあります。

取引画面を見ていなくても、売買シグナルを音声で伝えてくれるので取引チャンスを逃すことがありません。

スーパークイックモードに設定をしておけば、発注画面を省略して注文することができるため、短期トレードをする人にとっては強い味方です。

 

リピート発注型の自動売買システム

リピート発注型の自動売買システムを提供しているFX会社について紹介していきます。

 

初心者でも簡単に設定できるトラリピ

マネースクエア 比較サイト様向け広告
マネースクエア 比較サイト様向け広告
マネースクエア 比較サイト様向け広告?|?fx-on.com

 

マネースクウェア・ジャパンのトラリピの特徴は、リピート機能を活用することによって、再注文の手間を省くことができる点です。

普段の仕事が忙しい人であっても、投資のチャンスを見逃さないため、コツコツと利益を積み上げていくことができます。

また、相場が思惑とは逆方向に動いてしまった場合であっても、ストップロスの設定ができるため、あらかじめ損失を限定して取引をすることが可能です。

 

トラリピは、トラップリピートイフダンのことを指し、3つの仕組みをまとめた独自の注文方法です

トラップはいくつもの注文を等間隔にまとめて設定するものであり、リピートによって決済注文が成立してからもさらに注文を繰り返していきます。

そしてイフダンは特定の価格で購入できたら、指定した価格で売るといった注文を同時に出せるものです。

 

これらの3つの機能を備えたトラリピを活用することによって、FXのために費やす時間を減らしながら投資のチャンスを狙っていくことができます。

 

マネースクエアとトラリピについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

FX会社に迷ったらここ!マネースクエアがおすすめな3つのポイント

 

レンジ相場で力を発揮するiサイクル注文

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

 

外為オンラインのiサイクル注文の特徴は、相場の流れに自動で追従していくという点にあります

一般的なシステムトレードでは、価格帯がレンジ相場から外れてしまうとうまく機能しないことも多いものの、iサイクル注文ではレンジ相場を外れて上昇や下落をしても、そうした流れに合わせて自動発注を繰り返していく機能を備えているのです。

 

イフダン注文とOCO注文を組み合わせたiサイクル注文では、投資リスクを抑えながら利益を狙っていくことができます。

設定についても簡単にできるため、FXが難しそうだと感じていた人でも手軽に取り組んでいくことが可能です。

 

外為オンラインでは、独自にシミュレーションをおこなって高い利益を獲得している注文内容をランキング形式で表示してくれます。

また、シミュレーションの結果を基にして、iサイクル注文によるさまざまな投資戦略を示してくれる特徴があります。

 

iサイクル注文について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

相場を追従して利益をコツコツと!外為オンラインのiサイクル注文

 

自動追尾機能があるトラッキングトレード

FX 比較

 

FXブロードネットのトラッキングトレードの特徴は、リピート型の注文方法を基本とした自動発注機能である点です。

一度に大きな利益を得ようとするよりも、売り買いをワンセットとして注文することでコツコツと利益を積み上げていこうとする手法になります。

 

一般的なリピート型注文では、注文する価格にズレが生じてしまうと、どんなに注文をしても売買が成立せず投資チャンスを失ってしまうこともあります。

しかし、トラッキングトレードでは注文を仕掛けてから待つのではなく、現在価格の範囲でリピート注文を連続して仕掛けるといった特徴があります。

そのため、相場の方向がどちらに動いたとしても利益を得るチャンスを見逃さないのです。

 

また、レンジ相場を脱してトレンドが発生しても、トラッキングトレードには価格の自動追尾機能が備わっています。

現実に動いている価格にあわせて、柔軟に動いてくれるため安心してシステムトレードに取り組むことが可能です。

 

トラッキングトレードは、スマートフォンでも確認ができるため、注文設定の変更や自動発注の停止をすぐにできます。

パソコンに張り付いていなくても、1日に何度か値動きを確認するだけで大丈夫な自動売買です。

 

トラッキングトレードについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

トラッキングトレードって?5つの項目を設定して初心者もスタート!

 

手数料が無料のループイフダン

シストレi-NET

 

アイネット証券のループイフダンの特徴は、取引手数料が無料であり、シンプルなロジックを用いて自動売買をおこなってくれる点にあります。

システムトレードはコツコツと小さな利益を積み上げていくものなので、必然的に取引回数が多くなるものです。

したがって、1回あたりの取引コストには意識を向けておく必要があります。

 

たった1回の取引ではわずかな差であっても、数百回の取引となれば収益にも自ずと差が出てきます。

ループイフダンは取引コストを抑えながら、自動売買を繰り返していけるため、効率良く資産を運用できるのです。

運用を開始してからは、ポジション管理や価格変動への追従を自動で行ってくれるので運用の手間がかかりません。

 

また、1,000通貨単位からの取引が可能であり、1ロットあたり数千円からFXを始めることができます。

少ない元手であっても、しっかりと投資チャンスを狙える点でメリットがあります。

 

低コストの取引が魅力の連続予約注文

マネーパートナーズ

 

マネーパートナーズの連続予約注文は、その名の通り連続で複数の予約注文を入れられる特徴があります。

マウス操作だけで異なる注文を立て続けに設定できるため、日々の値動きにこまやかに対応することが可能です。

 

マネーパートナーズの口座はパートナーズFXパートナーズFX nanoの2種類があり、nanoでは100通貨単位からの取引も可能です。

想定するレンジの幅を広めにとれば、1,000通貨単位の取引であっても数十万円の資金が必要になるときもあるため、少額から始められる点はメリットです。

 

注意点としては、一度に連続注文を入れられる回数は最大20回までであり、20回を超える場合は注文を入れ直す必要があります

また、連続予約注文は指値だけでしか注文を入れることができず、逆指値での注文を入れることができません

 

対処法としては、逆指値の方向にイフダン注文やOCO注文をあらかじめ入れておくことです。

そして、逆指値のレートを超えたら、連続予約注文に切り替えることでうまく活用していくことができます。

 

勢いのあるトレンド相場に強いリピートトレール

YJFXのリピートトレールの特徴は、新規注文と決済注文が組み合わさった注文方法であり、決済注文が約定したときに自動的にドテン(逆の売買)を繰り返してくれる点です。

リピートトレール注文を使いこなすポイントは、トレードする時間軸と値幅をあらかじめ設定しておくことです。

 

また、チャートの動きをよく見極めておくことも大切です。

リピートトレール注文はレンジ相場で大きな力を発揮するため、できるだけきれいな形のチャートが形成されているときに運用しましょう。

必要となる証拠金は、新規に建てたポジションのみであるため資金効率が良く、一方的に上昇や下降をする相場で大きなチャンスを狙える可能性があります。

こんなにもFX会社の自動売買があるんですね。
でも、こんなに多いと、どんな人に向いているのかわかりません。

それじゃあ、初心者・中級者・上級者に合うタイプの自動売買についてそれぞれ見ていきましょうか。

 

FX初心者に向いているのは選択型

FX初心者や投資未経験者が最初に取り組むなら選択型の自動売買システムがおすすめです。

FX会社があらかじめ用意しているプログラムのなかから気に入ったものを選べばよく、設定もシンプルなものが多いので手軽に始めることができます

FXについての知識がなくても始められるため、システムトレードで少しずつ感覚をつかみながら、必要なことだけを学んでいけるでしょう。

 

また、スマートフォンでもパソコンと同様の機能を使うことができるので、日々の取引をチェックする手間もそれほどかかりません。

 

ただ、注意点としては相場が急変してしまったときに、利用しているプログラムがうまく機能しないことがある点です。

プログラムを一度設定したからといってそのまま放置をしてしまうと、思いがけない損失を抱え込んでしまうこともあります。

プログラムの運用状況を定期的に確認するとともに、重要な経済指標の発表時にはシステムの運用を停止させるなどして必要な対策を取ることが肝心です。

 

レンジ相場などで比較的安定した流れを見せているときは、選択型の自動売買システムは有効に機能していくので意識的に活用してみましょう。

裁量トレードに取り組んでみたものの「なかなか損切りできない」「思うように利益を上げられない」といった人に選択型は向いています。

 

FX中級者に向いているのはリピート発注型

FX取引にある程度慣れた中級者であればリピート発注型の自動売買システムを利用してみましょう

想定している値幅の範囲に価格が収まっているなら、売買注文を繰り返すことで利益を積み上げていくことが可能です

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の結果、適切な変動幅を自由に設定することができます。

 

普段の取引はシステムトレードでおこないながら、必要に応じて裁量トレードをおこなうといった幅の広い運用方法ができるでしょう。

自動売買システムだけに任せきりにしてしまうのではなく、自分自身でも日々の相場の流れに関心を持つことによって、さらに大きなチャンスを狙っていけるはずです。

 

また、リピート注文であれば初期設定だけで注文を繰り返してくれるため、発注の手間を大幅に減らすことができるでしょう。

 

FX上級者に向いているのはプログラム型

すでにFXの経験が豊富な上級者であればプログラム型の自動売買システムを利用するのが良いでしょう。

最大のメリットは自分の好みに応じたプログラムを作成できる点です。

プログラミングの能力や知識は必要とされるものの、実際に運用している人も多いため、インターネットなどを通じて比較的情報は手に入ります。

 

また、MT4などは世界中の投資家から使われているものであるため、そこに豊富な投資経験の要素を加えることでさらに大きな利益を追い求めていくことができます。

 

プログラムを選ぶときの注意点

FX会社から提供されるプログラムは、数百種類あることもめずらしくなく、なかには数千種類のプログラムを提供している会社もあります。

ただ、プログラムの種類が多いからといって適当に選んでしまってはいけません

相場の流れやユーザーからの評価などを踏まえたうえで、使用するプログラムを選んでみてください。

 

また、一度設定したプログラムをそのまま放置してしまってはいけません

システムトレードに任せきりにしてしまうと、いつの間にか相場の流れについていけなくなってしまいます。

定期的に使用しているプログラムを見直していくことを習慣にしてみましょう。

 

そして、どんなプログラムを選択するとしても、短期間で成果を出そうと無理をしてしまわないことが肝心です。

選んだプログラムが現在の相場のなかで有効に働くかは、ある程度の期間がすぎてみないとわかりません。

短期間でプログラムの入れ替えをするのではなく、中長期的に見ていくことも忘れないようにしましょう

 

自動売買システムで失敗しやすいポイント

自動売買システムで失敗しやすいポイント

自動売買システムを利用して収益を上げていくためには、失敗しやすいポイントについて意識を向けておくことが大切です

FX会社から提供されているシステムは優秀なものも多く、きちんとしたプログラムを選んでいけば収益を得るチャンスは高くなります。

 

しかし、いくら自動売買だからといって、プログラムを適当に選んでしまってはいけません。

ほかのユーザーからの評価や勝率などを踏まえたうえで、利用するプログラムを選んでみましょう。

使用するプログラムの種類によっては、下落相場でもナンピン買いをするものもあるため、レバレッジが高ければロスカットを繰り返す恐れがあります。

 

何度もロスカットを繰り返してしまえば、証拠金はどんどん減っていくことになるので注意が必要です。

ポジション管理を適切にするとともに、相場の急変にも耐えられるように十分な証拠金を維持しておきましょう。

 

短期間で結果を求めないことが大事

システムトレードで注意をするべきポイントは短期間で結果を求めない点にあります。

たとえば、特定のプログラムを1カ月利用してみたものの、全く成果が出ないといったことはめずらしくありません。

ただ、1カ月程度の期間ではプログラムに問題があるのか、そもそも相場環境が悪いのかの判断がつかないものです。

 

一度設定したプログラムは、最低でも3カ月程度は利用して効果を検証していくことが大切です

そして、FX取引のすべてを自動売買システムに頼ってしまうのではなく、自分でも少しずつFXに関する知識を増やしていきましょう。

FXへの理解が深まるほど、良いプログラムを見極める力もついてくるはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、FXの自動売買について紹介してきました。

 

FXは少ない資金で大きな取引ができるため、ほかの投資に比べて投資初心者でも取り組みやすい特徴があります。

自分で直接取引をすることにためらいがあるときは、まずは自動売買システムを利用してみて、少しずつFXに慣れていくことをおすすめします。

 

FXを始めたからといって、無理をしていきなり何でも取り組んでいく必要はありません。

自分のトレードスタイルや取引ルールに合わせて、最適な自動売買を選んでいきましょう。

 

FX初心者におすすめのFX会社

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。