はじめようFX!初心者が覚えておきたい基本的な流れを解説

2018年9月17日

アイキャッチ ロスカット チャート FXの流れ

「FXをはじめたいけれど、はじめ方がまだイマイチよくわからないし・・・」

と思ってまだ踏み出せていない方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

そんなあなたの背中を押すべく、実際にこれから投資をするにあたってFXが基本的にどんな流れで取引が行われるのか、簡単に説明していきます!

 

こんにちは!

FXを勉強中の大輔です。

最初のうちは僕も、リサさんに教えてもらいながら見よう見まねでやってたので、初心者の方の「FXの取引の流れがわからない」って気持ち、すごくわかります・・・!

あら?大輔くん、いかにも「経験者です!」みたいな発言をするのね。

私に言わせれば、大輔くんもまだまだ初心者よ!

ええ、だから今回は一緒に・・・げっ!リサさん、いつからそこに!?

「こんにちは!」からよ。

それ最初からじゃないですかぁ~!

恥ずかしい・・・。

 

失礼しました。

それでは気を取り直して、FXの投資と取引の流れについて説明していきます。

途中で専門的な用語が出てくるタイミングもあるかと思いますが、それぞれのワードに関連した記事のリンクを貼っておきますので、それについて詳しく知りたい方はそちらもご覧くださいね!

 

手順その1~準備~

 

初心者チャート

FXは投資ですから、まずは投資をするための資金と、取引に使う口座が必要になります。

といっても、何百万円もの資金をいきなり用意するような必要はありません!

そもそも初心者がそんな高額の投資をするのはリスクが高すぎますし、おすすめできません。

 

FXの基本は「大きく儲けようとせずに、少しずつ稼ぐ」ことです。

では、最初はいったいどれくらいの資金を用意すればよいのでしょうか?

 

まずは資金準備

FXにはレバレッジというシステムがあります。

少額でも始められる投資なので、最初に用意する資金もそんなに多くなくても大丈夫です。

レバレッジとは「てこの原理」のことで、FXえは大きな金額を少しの資金で取引することができるシステムのことです。

詳しくは後ほど説明しますね!

 

さて、ここまでの話を聞いてあなたはFXに必要な資金をどれくらいの金額でイメージしていますか?

これは実際に取引をして稼ぎたい目標額の高さや利用するFX会社にもよります。

今すぐFXを始めるのなら最初に用意する資金は、具体的に言うと5万円~10万円ほどあればFXを始めることができます。

 

正直に言えば、資金は多いに越したことはありません。

資金が多ければ高額の投資ができますし、その分得られる利益も多くなりますよね。

 

しかし、ここがFXの落とし穴でもあります。

大きな投資額をすればその分、失敗したときの損失も高額なものになってしまいます・・・!

 

なので、いきなり高額の取引をして失敗するよりは少ない資金ではじめて、慣れるまで少額の投資を続ける方が安全と言えます。

 

通貨ペアを決める

では次に、用意した資金を使って取引をする外国通貨を決めましょう。

取引する通貨のペアによって、FXは難しくも簡単にもなります。

 

同じ通貨単位の取引でも、扱うペアによって損益の差も大きく違ってきますので、通貨ペア選びはとても重要なんです。

ちなみに、世界で最も多く取引されているのはユーロ/米ドル(EUR/USD)で、日本国内では米ドル/円(USD/JPY)が一番人気のようです。

 

通貨ペア選びについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

FX初心者に知ってもらいたい!オススメの通貨ペア

 

口座開設をしよう

資金も用意して通貨ペアも決めたら、次は口座開設です。

口座と言っても銀行口座ではなく、FX会社でつくるFX専用の口座で、このFX口座には他の金融口座などから入金します。

 

先ほど用意した資金をこのFX専用口座に送金するのですが、口座に送金された資金は「証拠金」と呼ばれます。

FXはこの証拠金で外貨を売り買いして取引をします。

 

FX口座の開設はFX会社のホームページの申し込みフォームなどからすることができます。

このとき、FX会社によって取引できる通貨単位に違いがあったり、通貨ペアの種類が豊富だったりとそれぞれ特徴がありますので、自分の投資に合う会社を選ぶことが重要です。

 

口座開設のときの注意点、スリッページについてはこちらに詳しくまとめています。

口座を開設する前に知っておくべき?スリッページについて詳しく解説

パソコンチャート

手順その2~チャートの見方~

さあ、準備が整ったらFXを始めましょう!

まずはチャートを見ます。

FXは基本的にこのチャートと呼ばれるものをネットで見ながら売り買いを繰り返していきます。

 

チャートって?

そもそもFXとは、外国為替証拠金取引のことです。

この「外国為替」というのは、簡単に言うと「海外の通貨の価値」です。

 

為替相場は、その国の情勢や経済状況によって刻一刻と変化していきます。

通貨の値動きが折れ線グラフで表示され、かつ高値と安値の変化を示す「ローソク足」という記号がついています。

そのため、チャートを見るためにはローソク足の見方を覚える必要があるんです。

 

チャートの基本「ローソク足」

先ほど出てきた「ローソク足」について少し説明します!

チャートを見ると、縦長の長方形が並んでいますよね。

これがローソク足です!

 

「え?ローソクの・・・足!?」

「これはいったいなんのマークなの?」

 

そうですよね、説明しますね!

 

ローソク足はチャート上で起こった為替の変化を表していて、長方形から上と下に向かって伸びている線をそれぞれ、上ヒゲ・下ヒゲと呼び、長方形そのものの長さがそのときの為替の値動きの幅を表していて、これを実体と呼びます。

 

ローソク足 仕組み

その時間帯でもっとも安かった値段を「安値(やすね)」、最も高かった時の値段を「高値(たかね)」といいます。

そしてその時間帯で取引が始まったときの値段を「始値(はじめね)」、終わったときの値段を「終値(おわりね)」といいます。

 

始値が終値より安い場合を「陽線」、逆の場合が「陰線」となります。

 

ローソク足についてわかりやすく書いてある記事はこちら!

FXを始めるなら、まずはおさえておきたいテクニカル分析

 

トレンド(流れ)を読む

ローソク足の見方が分かったら、今度はトレンド予測です。

FXにおけるトレンドとは、為替レートの上昇や下落の変化の傾向や流れのことをいいます。

 

トレンドは3つの種類があります。

ローソク足の並びが上昇していれば「上昇トレンド」、下がっていたら「下降トレンド」で、小さい上下を繰り返していてその幅があまり変わらない場合を「横ばいトレンド」といいます。

予測はある程度経験があると有利ではありますが、トレンド分析は初心者でもそんなに難しくありません!

このトレンドを読んで投資をするのがFXでは基本となりますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

トレンドの意味、種類、見方についてはこちらで詳しく解説しています。

FXにも流行がある?FXトレンドの意味とは?気になるFXの基本を解説!

 

手順その3~注文~

口座を用意して、通貨ペアを決めて、チャートの見方がわかったらいよいよ注文です!

注文方法はFX会社によりますが、基本的な方法が3つあります。

 

・1つめは「成行注文」といって、チャートをみてリアルタイムで売買をする方法です。

・2つめは「指値注文」という、為替をあらかじめ指定した金額で売り買いをする方法。

・3つめは「逆指値注文」という、指定してある金額より上がったら買い、下がったら売るという設定で売買をする方法。

 

この3つがあります。

指値注文や逆指値注文について、こちらもあわせて読んでいただくのがおすすめです。

買うのも売るのもおまかせ!指値注文でFXの効率を上げよう!

 

では、注文の前にレバレッジを決めておきましょう。

 

レバレッジの設定

まず、資金準備の際に少しだけ登場した、「レバレッジ」について説明したいと思います。

レバレッジとは用意してある証拠金の数倍の金額で取引をすることができるという、FXの制度です。

FXが少額の資金でも始められる秘密はここにあります。

 

このレバレッジは最初に用意した資金以上の金額を取引することになるので、利益も大きいですが損失も大きくなるというリスクもあります。

 

国内でのレバレッジは、最大25倍までとなっていますが、最初のうちは2~3倍におさえておいたほうがいいでしょう。

 

ポジションを決める

ポジションというと、サッカーや野球などを想像しますよね。

FXの場合、新規注文することを「ポジションをたてる」「ポジションを持つ」などといいます。

 

「買い」からはじめると「買いポジション」もしくは「ロングポジション」、売った状態で始める場合は「売りポジション」もしくは「ショートポジション」といいます。

口座に証拠金が残っていれば複数のポジションをたてることもできますが、まずは1つか2つくらいにしておきましょう。

 

このポジションを維持した期間に発生した為替の金利差で利益を得ることを「スワップポイント」といいます。

スワップポイントの詳細についてはこちらもあわせてご覧ください。

FXのスワップポイントを知る。FXの楽しみはトレードだけじゃない!

 

ロスカットに注意

口座に入金されている証拠金の残高の割合を「必要証拠金維持率」といいます。

現在のポジションの損益が、この必要証拠金維持率を下回った場合に強制的に取引が決済される設定を「ロスカット」といいます。

 

このロスカットがあることによって、為替レートが下降しても損をしすぎないように自動で取引を終えることができるんです。

 

要注意のロスカットについてはこちらの記事もあわせて読んでみてください。

ロスカット後の上昇はストップ狩りかも!?発生しやすい条件とは

 

手順その4~決済~

注文をしたポジションと逆の売買をする(買いポジションから始めた場合は、買った通貨を売る)と、決済となります。

 

決済

まとめ

今回は全体の順を追って、ざっと説明させていただきました。

これでだいたいの流れをつかめたのではないでしょうか?

 

詳しい用語や気になるポイントがあれば、是非ほかの記事も読んでみてください!

きっとあなたのお役に立つはずですよ!

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。