FXってなに?投資初心者が稼ぐために必ず見るべき入門基礎知識


FX初心者が最初に知っておきたい基礎知識

「FXってそもそも何をする投資なの?」

投資について調べていたら、FXにたどり着いたという方も多いと思います。

FXとは一言でいうと、各国の通貨同士を売買して稼ぐ投資です。

「意味不明な用語だらけだし、FXって難しそう」

一見難しそうなやり取りをしているFXですが、仕組みを知れば誰でも簡単にできる投資であることが分かると思います。

そこで今回は、FXがそもそも何をして稼ぐ投資なのか、初心者がFXを始めるのに何をしたらいいのかを徹底的に解説していきます!

FXの口座の作り方から取引の流れまでを知りたい方はこちらをご覧ください。 ⇒初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FXとは何か?初心者にもわかりやすく解説

FXとは「外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)」の略称です。

簡単に言うと、国ごとの通貨同士を安く買って高く売ることで利益にしていく投資になります。

FXは2つの通貨同士で売買するのが基本になります。

例えば日本円でアメリカドルを買えば「ドル買い円売り」、ユーロでアメリカドルを買えば「ドル買いユーロ売り」というように、世界各国の通貨同士を利用して売買することができるのです。

ここで実際に米ドル/円の売買で利益を出す一連の流れを見てみましょう。

FXの仕組み

このように、「これから米ドル/円が上がるな」と思ったら買いで入り、為替が円安の方向に動けば上記のように1円分の利益が発生します。

逆に「これから米ドル/円が下がるな」と思ったら売りで入り、為替が円高の方向に動けばその分利益が発生します。

これをどんどん繰り返し、利益を重ねていくのが基本的なFXの仕組みになります。

FXの主なメリットは4つ

FXは、株や商品先物といった他の金融商品には無い大きな特長があります。

ここではFXのメリットについて大きく4つご紹介します。

FXのメリット1:売りでも買いでも取引できる

FXは「買い」と「売り」どちらでも利益を出すことができます。

株の場合、基本的に「買い」でしか入れず、買った株の相場が上がらなければ利益になりません。

FXでは選んだ通貨ペアの相場が上がっても下がっても予測が当たれば利益になります。

さらに株は相場が上がらないと利益にならない=不景気のような相場が下がり続ける状況では利益が出ない一方、FXなら不況時でも売りで入ればチャンスになるメリットがあります。

FXのメリット2:少ない資金で始めることができる

FXは少額から取引を開始することが可能です。

FX会社により異なりますが、5,000円もあればFX取引を始めることができます。

株取引の場合、人気な企業の株になると、最低でも50万~100万は資金を用意しなければいけません。

一方でFXは「レバレッジ」と呼ばれる仕組みがあり、投資金に対して最大25倍分の資金力で取することができます。

例えば10万円を資金として用意した場合、これに最大25倍のレバレッジをかければ250万円分の取引ができるようになります。

このようにFXなら10万円しか資金が用意できなくても、レバレッジを使うことで25倍分の利益を狙うことが可能になるんです。

FXのメリット3:投資対象が少ないから分かりやすい

FXで投資対象となっている通貨ペアは主要なもので20通貨、マイナー通貨も合わせると50通貨程度になります。

株の場合、投資対象の銘柄は3,000以上にななるため、多すぎて何を選んでいいか分かりづらく、さらに選ぶ前に企業やジャンルの分析までしないといけません。

FXは銘柄を選択するための分析も必要ないので、初心者でも気軽に取引をスタートさせることができます。

FXのメリット4:FXなら24時間取引できる

株の取引が可能な時間をご存知ですか?

株は9時~15時の間しか取引できません。

会社員として働いていれば、この時間に参加するのは正直きついですよね。

その点FXなら土日を除いて24時間取引することができます。

これなら帰宅後くらいしか自由時間が無い会社員でも、安心して取引に参加することが可能です。

FX初心者が知っておきたい用語と基礎知識

FXって専門用語がいっぱいで、「これからホントに取引やっていけるのかな…」と不安になった方も多いと思います。

いきなりすべての専門用語を覚える必要はありませんが、最低限知っておくといい用語や知識があるのは確かです。

そこで、FXで取引を始めるまでに知っておきたい用語と基礎的な知識を紹介します。

FX基礎知識1:通貨単位とLot

株の取引で1株だけでは買えないように、FXでも1ドル分だけ買うといったことはできず、基本的に1万ドル分をまとめてひとつとして購入しなければいけません。

FXにおける「通貨単位」とは、この1回の取引に必要な最低数量を意味します。

FX会社により最低限取引に必要な通貨単位が異なりますが、「1万通貨単位」もしくは「1,000通貨単位」が基本です。

そしてこの通貨のひとまとまり分を意味するのがLot(ロット)と呼ばれるFXにおける取引単位になります。

【1ロットで1万通貨単位の場合】 0.1Lot=1,000通貨単位 1Lot=10,000通貨単位 10Lot=100,000通貨単位 100Lot=1,000,000通貨単位

FX基礎知識2:レバレッジ

レバレッジの仕組み

レバレッジとは、預けた資金から最大で25倍分の金額で取引できるFXならではの仕組みです。

FXでは最低でも1万通貨単位分の資金が必要ということは、ドル/円(1ドル=100円換算)で取引する場合は1万ドル×100円=100万円の資金が必要になります。

このような本来100万円が必要な取引も、レバレッジ25倍で取引をすれば100万円÷25=4万円となるので、たった4万円の資金で100万円分の取引をおこなうことができるのです。

FX基礎知識3:スプレッド

スプレッドの仕組み

スプレッドとは、取引時にかかる実質の取引手数料です。

例えば米ドル/円で取引するとき、ドルを買う時とドル円を売る時ではそれぞれで微妙に価格が違います。

この差をスプレッドとしてFX会社に支払う必要があるのです。

スプレッドは通貨ペアごとに違い、さらに同じ通貨ペアでもFX会社ごとに異なります。

仮に米ドル/円を取引した場合、スプレッド設定が0.2銭のところが多いので、1万通貨単位の口座なら1回の取引でおよそ20円のコストが発生することになります。

「20円くらいなら大丈夫」と思いがちですが、1日に何度も取引する人にとってはこの数十円の差が後々大きく影響します。

そのため、FX初心者はできるだけスプレッドが狭いFX会社で取引を始めるようにしましょう。

FX基礎知識4:ポジション

FXのポジションとは

ポジションとは、通貨を買ったり売ったりしてから、決済をおこなうまでの保有状態を意味します。

例えば「米ドル/円の買いポジションを持っている」と言う場合は、現在米ドル/円で買い注文を入れて利益になるまで待っている状態ということです。

他にポジションがからんだ用語だと「ポジションメイク」があり、これは新規のポジションを持つことを意味します。

逆に「ポジションクローズ」とは、今持っているポジションを決済することになります。

FX基礎知識5:スワップポイント

FXにおけるスワップポイントの仕組み

FXでは通貨の売買で稼ぐ以外に、外貨を購入して持っているだけでも稼ぐことができます。

これは取引する2国間の金利差がもらえるという仕組みで、例えば金利1%の国の通貨で金利6%の国の通貨を買って保有すれば、毎日5%の金利差分がもらえるということです。

この金利差分の利益の仕組みを「スワップポイント」と呼んでいます。

スワップポイントは購入した分だけ1日あたりもらえるスワップポイントを増やすことができます。

さらに、金利が高い通貨との組み合わせによっては、受け取れるスワップポイントも大きくなります。

FX取引で初心者におすすめの通貨ペア

FXを始めた際によくある質問が「初心者はどの通貨ペアで始めたらいいの?」という問題です。

基本的に初心者のうちは円やドルが関連する通貨をメインで取引すれば問題ありません。

そこで、初心者向けオススメ通貨ペアを通貨の傾向と合わせて解説します。

米ドル/円(USD/JPY)

米ドル円

FX取引経験者ならおそらく全員が取引したことがあるくらいオーソドックスな通貨ペアです。

通貨の流動性も高く、スプレッドも一番低い通貨ペアになるので、コストやリスクをおさえた取引ができます。

値動きも比較的わかりやすく、相場を判断する材料も豊富なので、通貨ペアの中でも比較的分析が簡単なのもポイントです。

はじめてのFX取引で通貨ペアに迷っている方は、まずは米ドル/円から始めてみることをおすすめします。

ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ円

ユーロ/円も米ドル/円に次いで人気が高い通貨ペアです。

こちらもスプレッドが低いため、ある程度コストをおさえて取引することができます。

ユーロ円の大きな特徴は「ボラティリティが高い」ということです。

ボラティリティとは価格変動する大きさを意味しており、ドル円と比べると倍近く相場が動くこともあります。

変動が大きいので、短期的な取引で有利に稼ぐことができます。

ただし、値動きが激しい=逆に動けば大きく損をする可能性もあることに注意してください。

ユーロ/米ドル(EUR/USD)

ユーロ米ドル

ユーロ/米ドルは世界で最も取引量が多い通貨ペアです。

世界的に取引するトレーダーが多いので、スプレッドも流動性も申し分ありません。

米ドルがメインなだけあって、相場の動きも米/ドル円以上にクセがなく読みやすいとされます。

円が絡まない通貨ペアなので少し怖い感じもしますが、為替が急激に動くリスクが他の通貨ペアに比べて格段に低いので、安定した取引をするにはおすすめの通貨ペアです。

FXを始めるならまずは口座開設から

実際にFXを始めるには、FX取引ができる環境を作る必要があります。

取引の中で学びながら経験を積むことで、少しずつFXで勝てるようになっていきます。

そのため、まずはFX会社で口座開設をしていきましょう。

今回初心者の方が始めるうえでおすすめのFX会社を厳選して3社ご紹介します。

DMMFX

DMMFX

  • 利用者が国内で一番多い
  • 分析も取引もスマホアプリだけで大丈夫
  • キャッシュバック特典が他社より簡単
  • スマホで申し込み後最短1時間で取引開始

FX初心者のはじめての口座開設で定番なのが、国内口座数No.1で人気なDMMFXです。

DMMFXは1万通貨単位の口座なので、5万円あればリスク面も利益面も両立した取引が可能です。

さらにシステムが分からない方のために、DMMFXでは24時間LINEを使った問い合わせに対応しています。

口座選びに迷ったら、まずはDMMFXで始めてみるのをおすすめします。

⇒DMMFXの詳細ページはこちら

LIGHT FX

LIGHTFXの特徴

  • 1,000通貨単位から取引できるので初心者に優しい
  • 取引ツール・スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • スプレッドも業界最狭水準
  • スワップポイントがFX会社の中でも高め

LIGHT FXはスプレッドやスワップポイントといったFX取引におけるスペックに優れたFX口座です。

特にLIGHT FXの通貨単位が1,000通貨単位設定なので、米ドル/円の取引をするのに最低でも5,000円の資金があれば始めることができます。

FXをやってみたいけど、そもそも投資にまわせる資金が無いという方は、手始めにLIGHT FXでFX取引に慣れることから始めてみましょう。

外為オンライン

外為オンラインの概要

  • 初心者向けセミナーが毎週開催
  • 1,000通貨単位から取引できる
  • 自動売買を使った取引ができる
  • プロの投資家によるマーケット情報が充実

外為オンラインはスプレッドがかなり高めなので、コスト面でいうとDMMFXやLIGHT FXよりやや劣る口座です。

なぜこの口座をすすめるかというと、外為オンラインでは業界でもトップクラスにセミナーへ力を入れており、口座開設者なら誰でも無料でセミナーへ参加することができるからです。

内容もはじめての取引から分析の方法まで段階的に教えてくれるので、初心者がある程度独り立ちできるまで外為オンラインが徹底サポートしてくれます。

さらに外為オンラインでは自動売買による取引もできるので、FXに興味はあるけど時間が無いという方は自動売買の利用もおすすめです。

⇒外為オンラインの詳細ページはこちら

FX口座は複数持っておいた方がいい

ワンポイントアドバイスとして、口座開設するときは一つに絞るのではなく、いくつかの口座を同時に開設しておくことをおすすめします。

口座がひとつだけだと、その口座がメンテナンスに入ってしまった時にFX取引することができません。

また、FX会社によって提供している情報がちがうので、いくつか口座を持っておくことで色々な情報を仕入れておくことができます。

今回ご紹介した3つの口座をそれぞれ作っておくだけでも、用途別に利用できるのでおすすめです。

FXあるある!初心者でよく見る失敗

FXにおける失敗は悪いことではありませんが、先人の失敗を事前に知っておけば、少なくとも何も知らないまま始めるよりリスクを大幅に回避することができるでしょう。

そこで、FX初心者がよくある失敗パターンと、その解決策を解説していきます。

なんとなくで取引してしまう

「あ、ここたぶん上がりそう!」の「たぶん」という薄い根拠で取引している人のおよそ9割は失敗しています。

中には勘だけで成績を積み上げてきたトレーダーもいますが、そういう方は今までの取引経験をもとに自然と相場分析ができています。

勘だけの取引はギャンブルと変わりませんし、なによりFX取引の経験にも繋がりません。

まずは基本的な分析をおこなったうえで根拠を持った取引をおこないましょう。

損切りラインを超えても損切りしない

「損切り」とは、相場が予想と逆を行って損失を抱えたときに、これ以上損を大きくしないために現在の損失分のまま決済してしまうことです。

初心者に多いのは、最初に決めた損切りのラインを超えても、「また戻ってくる」という根拠の無い予想のもと損失がどんどん膨らんで退場というパターンです。

この場合、そもそも相場が予想と逆を行った時点で分析が外れていることになるので、この時点で決済を済ませておくべきでした。

初心者のうちは、いかにして損失をおさえるかということを理解しておく必要があります。

ポジポジ病になる

ちょっと初心者を抜けかけた人に多いのが「ポジポジ病」とよばれるパターンです。

このポジポジ病とは、取引で稼ぎたいあまり、無駄に何度もポジションを持とうとすることです。

ポジポジ病になりやすい人の傾向として、「とにかく今すぐ稼ぎたい!」という気持ちが強すぎる人や、「負けた分絶対に取り戻す!」と焦っている人に多いとされます。

ポジポジ病になると、根拠のないトレードを繰り返しやすくなり、本当にチャンスである相場が分からなくなってしまいます。

取引で損失が続いていると思ったら、いったん取引から離れたり、1日のトレード回数に制限をかけるといった冷静になれるルールを決めておくことが大切です。

他人の手法を鵜呑みに取引する

初心者のうちは自分の分析に自信が無いため、個人ブロガーやプロの投資家が公開している手法をそのまま真似して取引することがあると思います。

他の投資家の手法を真似ることは、自然と相場分析の研究にもなるのでおすすめです。

ただし、手法をそのまま真似るだけでは絶対勝てません。

勝てる人の手法は、その人なりの考え方や経験に基づいて生みだされています。

その手法がなぜ勝率が高いのか、どういう根拠なのかを研究・検証できなければ意味がありません。

手法を真似るのではなく、「なぜこの手法に至ったか」が見えるようになるまで検証を繰り返すことが必要です。

高金利通貨に手を出してしまう

スワップポイントの利益を狙って、「トルコリラ」といった高金利通貨に挑戦しようとする人もいます。

こうした高金利通貨は相場が不安定なので、気づいたら暴落してスワップポイントより損失が上回っていたというのも少なくありません。

相場自体に慣れるまでは、高金利通貨には手を出さない方がリスク管理としても健全です。

スワップポイントの運用をしたい方は、まずは豪ドルなどの暴落のリスクが少ない通貨で取引するようにしましょう。

まとめ

FXは通貨を売買して稼ぐ投資ということがおわかりいただけたかと思います。

仕組みやルールも初心者にわかりやすいので、「思っていたより簡単に取引できた」という方が多いです。

今回でFXに興味を持った方は、まずはFXの口座開設から始めてみることをおすすめします。

口座開設から取引までの流れについては、こちらのFXの始め方に関するページをご覧ください。

合わせて読みたい
FXを自動売買で始めよう!自動売買おすすめ口座5選

FX自動売買おすすめランキング5選!初心者でも儲かる仕組みとは

FXっていくらから始められる?

FXはいくらあればスタートできる?FXを始めるために最適な資金とは

FX会社の比較

FX会社は何を比較するべき?初心者おすすめFX会社の選び方とコツ

FXを10万円で始めよう

FXを元手10万円からスタートしよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

【たった3ステップ】FXの始め方|少額資金で稼ぐためのコツと基礎知識

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x