初心者には危険!?逆張りってどんな取引方法なの?

2018年9月17日

キャッチ画像逆立ち

FXの取引方法は大きく分けて2種類あります。

それは「逆張り(ぎゃくばり)」「順張り(じゅんばり)」です

今回は「逆張り」をご紹介していきたいと思います。

 

「逆張りって何?」

「逆張りと順張りってどっちがいいの?」

 

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、取引には順張りと逆張りの2つしかないので、あなたも気づかずに逆張りしているかもしれませんよ。

 

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!

僕はまっすぐな性格なので、逆に行くなんてありえません!

あら、大輔くんは意外と素直じゃないところあるわよ。

例えば・・・。

わっ!リサさん!

こんなところで僕の個人的なことを暴露しないでくださいよ・・・。

 

あ、焦った・・・リサさんは何を言うつもりだったんだろう?(ちょっと気になるけど)

 

さて気を取り直して、逆張りについてご紹介していきます。

逆張りとは「トレンド転換を狙ってエントリーする方法」なので、トレンドの流れが意識できるようになって取引に活かせます。

では、逆張りについて一緒に見ていきましょう!

 

逆張りってどういう方法?

逆張り(ぎゃくばり)とはFXの取引方法の1つで、トレンドと反対のポジションを取る方法です。

つまり上昇トレンドで売りを入れ、下降トレンドで買いを入れます。

 

「え?わざわざトレンドに逆らって取引するなんて、損するだけじゃないの?」と思われるかもしれません。

しかし、ちゃんと利益を狙っているんです!

逆張り

逆張りは、

・上昇トレンドが上がりきって「そろそろ下降トレンドに切り替わる」と予想したとき

・下降トレンドが下がりきって「そろそろ上昇トレンドに切り替わる」と予想したとき

にエントリーします。

トレンドの始まりでエントリーするので、成功すれば利益を伸ばすことができます。

 

反対に順張り(じゅんばり)は、トレンドの流れに乗って取引をします。

順張りは上昇トレンドで買いを入れ、下降トレンドで売りを入れます。

順張り

多くの投資家はこの順張りで取引をしています。

順張りは「今トレンドが上昇しているのか、下降しているのか」を分析することが大切です。

 

実は初心者の人がやりがちなんだけど「こんなに上がったんだからもうそろそろ下がるだろう」と思って売りを入れたり、「こんなに下がったんだからもうそろそろ上がるだろう」と思って買いを入れたりすることがあるの。

そう聞くと、なんだか危険な感じがしますね・・・。

そうなの。

自分の感覚だけで適当にエントリーするのは危ないわね。

FXで取引するときはチャート分析をして、ちゃんと予想を立ててからエントリーするようにしましょう。

損切りポイントもあらかじめ決めておいてね!

 

逆張りのメリット・デメリット

次に逆張りのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

トレンド転換が予想通りだと利益が伸びる!

逆張りのメリットは、トレンド転換の場所を狙ってエントリーするのでうまくいけば利益が伸びることです。

 

例えば上昇トレンドの途中で買いを入れるより、上昇トレンドがはじまった場所で買いを入れたほうが利益は伸びますよね。

また、下降トレンドの途中で売りを入れるより、下降トレンドが始まった場所で売りを入れたほうが、利益はより伸びます。

 

トレンド転換の判断は難しい

逆張りのデメリットは「トレンドが転換するかどうかを判断することは非常に難しい」ということです。

もし「トレンドが転換しそうだ」と思ってエントリーしても、そのままトレンドが継続してしまったら損失が出てしまいます。

また、確実なトレンド転換を狙うため「待つ」ことが多くなり、エントリーするチャンスは順張りに比べると少なくなります。

 

逆張りのやり方

逆張りはトレンドが転換するかを見極めることが重要です。

トレンド転換を見極めるために「ダウ理論」も知っておくといいでしょう。

 

トレンド転換を見極めるダウ理論

ダウ理論は6つの法則から構成されています。

  1. 平均はすべての事象を織り込んでいる。(チャートには経済状況・投資家の心理など全てが現れる、という意味)
  2. トレンドは3種類ある。(長期・中期・短期)
  3. 主要トレンドは3段階で構成される。
    第1段階:腕の良い投資家がエントリーする場所・トレンドの始まり 
    第2段階:多くの投資家がエントリーする場所・トレンドを認識しやすいところ 
    第3段階:初心者がエントリーする場所・トレンドの終わり
  4. トレンドの平均は複数の指標で確認しなければならない。(異なるテクニカル指標を比べる必要がある)
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある。(参加者が少ないとトレンドとは言えない場合がある)
  6. トレンドは明らかな転換シグナルが発生するまでは継続する。(直前の高値を更新してさらに高値になる、または直前の安値を更新してさらに安値になる)

 

ダウ理論についてもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

逆張りに使うテクニカル分析

テクニカル分析は大きく分けると、オシレーター系トレンド系の2種類になります。

オシレーター系はRSI、ストキャスティクス、モメンタムなどで「買われすぎ、売られすぎ」を分析するための方法です。

トレンド系は移動平均線、ボリンジャーバンド、MACDなどで「今のトレンド」を分析するための方法です。

 

逆張りは主にオシレーター系を使ってトレンド転換を探しますが、強いトレンドになってくると天井や底にラインが張りついてしまい、エントリーポイントがわかり辛くなってしまいます。

エントリーポイントのタイミングを図るため、トレンド系の移動平均線なども合わせて使うのがおすすめです。

 

テクニカル分析についてもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

またダブルトップやダブルボトムと言った、チャートに現れるサインもトレンド転換の目安になります。

ダブルトップやダブルボトムについてもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

逆張りのエントリーポイント

逆張りのエントリーポイントをご紹介します。

まず上昇トレンドから下降トレンドに転換すると予想し、売りを入れる場合のエントリーポイントを見ていきましょう。

逆張りのエントリーポイント(売り)

1.レンジ相場内で短期のトレンドを狙うポイント

レンジ内で価格が上下しているときは相場をレンジ内に戻そうとする動きがあります。

その動きを利用して一旦上がったところで再び下降すると予想して売りを入れます。

 

2.短期間で急激に上昇したところを狙うポイント

相場は急激に上昇すると価格を戻そうとする動きがあります。

なぜかと言うと、上昇した値幅が大きいほど「大量の利益確定と、値動きに対する調整が入るため」です。

急激に価格が上昇、または下降する場合は何かしらの理由があることが多いので、重要な経済情報をチェックするなど、情報収集や経験が必要になります。

 

3.相場の「買われすぎ」を狙うポイント

相場はある程度買われたり売られたりすると、適正水準と現在の価格がずれてしまいます。

買われすぎると今度は反転して売りが多く入る可能性があるので、下降すると予想して売りを入れます。

 

次は下降トレンドから上昇トレンドに転換すると予想し、買いを入れる場合のエントリーポイントです。

考え方は「上昇トレンドから下降トレンドに転換するところを狙うパターン」と同じです。

逆張りのエントリーポイント(買い)

1.レンジ相場内で短期のトレンドを狙い、一旦価格が下がったところで反転すると予想して買いを入れます。

2.短期間で急激に下降したところを狙い、反転すると予想して買いを入れます。

3.相場の「売られすぎ」を狙い、反転すると予想して買いを入れます。

 

初心者は順張りがおすすめ

ここまで逆張りについてお話してきましたが、初心者の方には順張りがおすすめです。

なぜならトレンドが転換するかどうかを見極めるのはかなり難しいからです。

逆張りは大きな利益が狙えますが、失敗すれば損失が大きくなるため、順張りよりもリスクが高いと言えるでしょう。

 

しかし順張りの場合でもリスクはあります。

「トレンドはまだ続く」と思ってエントリーしても、反転する可能性があるのです。

過去の安値や高値をチェックしたり、テクニカル分析などを使ってトレンドに乗った取引ができるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

逆張りはただむやみにトレンドに逆らって取引しているわけではないんですね。

逆張りはトレンド転換を狙ってエントリーする方法ですが、初心者の方はトレンドが転換するかを判断するのはかなり難しいと言えます。

 

まずは「順張り」でトレンドに乗りながら取引をしていきましょう。

慣れてきたら少しずつ逆張りにも挑戦してみるといいかもしれませんね。

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。