FX業界の老舗!ひまわり証券で取引をはじめよう

2018年8月17日

アイキャッチ ひまわり

 

こんにちは!

今日も、ひまわりみたいに明るい笑顔の大輔です。

FXの勉強もはかどっています!

こんにちは。

今日もお調子者の大輔くんに振り回されて、疲れているリサです。

え?

リサさん、僕に疲れてるの!?

ショックだ・・・。

ふふふ。

大輔くん焦ってるわね。

たまにはちょっとお調子者にお灸を据えないとね。

 

リサさんを疲れさせないように、僕は大人の男になる!

なれるかな・・・。

さて、そんなことは置いといて。

 

FXをはじめるとき、たくさんあるFX会社の中からどれを選べばいいのか迷ってしまうこともあると思います。

今回はFX会社の1つひまわり証券をご紹介します。

 

ひまわり証券は、ひまわりホールディングスを親会社に持ち、日本で初めてFXのサービスを提供した会社です。

いわばFX業界の老舗ですね!

そんなFX業界のパイオニアのひまわり証券はどんな特徴があるのか、一緒に見ていきましょう。

 

ひまわり証券の口座情報

(参考:ひまわりFX口座概要
最小取引単位 1万通貨
通貨ペア数 24通貨ペア
各種手数料 取引手数料・口座開設・維持手数料は無料
取引時間

米国標準時間

(月曜)7:00〜翌6:55

(火曜〜金曜)7:05〜翌6:55

メンテナンス時間

 (火曜〜土曜)6:55〜7:05

 

米国夏時間

(3月第2日曜〜11月第1日曜)

(月曜)7:00〜翌5:55

(火曜〜金曜)6:05〜翌5:55

メンテナンス時間

 (火曜〜土曜)5:55〜6:05

サポート受付時間

(フリーダイヤル・メール)

午前9:00〜午後5:00(土日・年末年始を除く)
レバレッジ 最大25倍
注文の種類 クイックトレード(成行) / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFDO / トレール

 

ひまわり証券の特徴はどんなところ?

ひまわり証券には独自のいろいろなサポートサービスがあるんです!

せっかくなので、ひまわり証券が提供している情報を活用してFXの取引に役立てたいですよね。

どんなサポートサービスがあるのか、一緒に見ていきましょう。

 

充実した3種類のサポートサービス

ひまわり証券には大きくわけて、

1. ひまわりFXアカデミーチョイス

2. 独自のテクニカル分析ツール

3. FXに精通した講師陣のレポートやコンテンツ

の3種類のサポートサービスが用意されています。

1つずつ簡単にご紹介します。

 

1. ひまわりFXアカデミーチョイス

ひまわり証券のホームページにはひまわりFXアカデミーチョイスと呼ばれる4つのアカデミーがあります。

ひまわりFXアカデミーチョイスは、FXの基礎知識や取引ツールの使い方の解説など、顧客に向けてFXの取引に役立つ情報を動画で提供しているんです。

 

・ひまわりFX Evening:平日の16:00に更新されるFX情報番組です。 月曜日~金曜日までそれぞれの曜日別で担当のナビゲーターGirlsが、毎日10分ずつ経済指標やトレードポイントを伝えます。 顧客に、日々の経済の流れや取引の判断力を養ってもらう目的で作られている番組です。
・ひまわりFX Lesson:FXの基本知識や取引ツールの使い方などを解説しているビデオコンテンツです。 動画は「初心者」「中級者」「上級者」向けにわかれており、FXの基礎からテクニカル分析まで、取引に必要な知識を提供しています。
・ひまわりFX Seminar:各講師が得意分野を活かした、FX初心者のナビゲーターとの対談方式のWEBセミナーです。 クローズアップされた今現在の為替に関する出来事やFXの取り組み方、デイトレードテクニックなどを学ぶことができます。
・ひまわりFX赤ペンFollowUp:2018年7月25日時点では準備中

 

2. 独自のテクニカル分析ツール

ひまわり証券にはさきどりテクニカルHWBRという、独自のテクニカル分析ツールがあります。

 

さきどりテクニカル:過去のデータをもとに、類似したチャート形状から未来の為替の動きを予想するツールです。

決められたルールをもとに現在の相場の強弱を分析して視覚的にアドバイスをくれます。

新規でポジションを持つときや、今持っているポジションを決済するときなど参考にできます。

 

HWBR:トレンド系テクニカルの「ボリンジャーバンド」と、オシレーター系テクニカルの「RSI」を組み合わせたひまわり証券オリジナルのテクニカル分析です。

デイトレードなどの短期の取引向けで、損切りポイントと利益確定ポイントを教えてくれます。

 

 

3. FXに精通した講師陣のレポートやコンテンツ

ひまわり証券の口座を持っている顧客限定で、FXに精通した講師たちのレポートや、相場の情報を伝えているコンテンツが公開されています

 

江守哲の今日のドル円予想:エモリキャピタルマネジメント代表取締役の江守哲氏が、ドル/円の動きを分析し、今後の値動きを予想しているレポートです。

毎日更新されています。

 

・GIweekly: 株式会社DZHフィナンシャルリサーチによる週刊レポートです。

コメンテーターの一言・経済指標・ピックアップテクニカルという構成になっています。

 

・デイトレNAVIGATION:Win-invest Japan株式会社のトレーダー兼講師:齊藤トモラニ氏による動画レポートです。

その日のおすすめの通貨ペアやテクニカルポイント、売買戦略などを毎日動画で配信しています。

 

・マーケットニュース(FXi24):株式会社DZHフィナンシャルリサーチが、グローバルなニュースをタイムリーに公開しているコンテンツです。

 

・柏葉の月刊テクニカルレポート:ひまわり証券社員のWEBセミナー講師である柏葉克俊氏が相場分析を解説しているレポートです。

毎月第3金曜日に更新されています。

 

・著名人による限定特別レポート

鳥居万友美氏、雨夜恒一郎氏などFX取引に精通した著名人による、ひまわり証券だけのために執筆した限定特別レポートです。

こちらは不定期更新です。

 

 

サポートサービスが充実していると1人で取引をしていても心強いですね!

そうね。

知識や経験が豊富な人の意見を参考にできると、取引もやりやすくなるわね。

ひまわり証券の4つのおすすめポイント

ひまわり証券は先ほどご紹介したサポートサービスが充実していますが、それ以外にもおすすめポイントがありますので見ていきましょう。

 

1.通貨ペア数が多い

扱っている取引通貨ペア数は24通貨ペアです。

世界でも多く取引されている米ドル/ユーロをはじめ、クロス円やそれ以外の通貨ペアなど豊富なラインナップのなかから通貨ペアを選ぶことができます。

 

2.信託保全で資金が安心

ひまわり証券では、会社の資産と顧客の資金を区分管理しているので、万が一ひまわり証券が破綻しても顧客の資金は守られているので安心です。

信託保全の対象は預けている現金だけではなく、保有ポジションやスワップポイントも含まれます。

 

3.デモ口座がある

本番と同じ環境で取引のシミュレーションができるデモ口座があります。

まだFXの取引に慣れていない初心者の方は、まずはデモ口座で相場の動きに触れ、テクニカル分析などを練習して感覚をつかんでから本番に臨むのがいいでしょう。

 

4.PC、スマホ、タブレットで取引できる

相場は24時間動いているので、外出したときなどパソコンが見ることができないと、今どんな状況になっているのか気になりますよね。

ひまわり証券のFX取引はパソコンだけではなく、アプリを使ってスマートフォンやタブレットから取引することができたり、チャートやポジション状況を見ることができます。

 

 

 初心者におすすめ!ループイフダン

ひまわり証券ではループイフダンというシステムトレード(自動売買)のサービスを提供しています。

システムトレードとは、あらかじめ決まった売買ルールに従ってシステムが自動で取引をすることです。

ループイフダンのイメージ図を見てみましょう。

ループイフダン

ループイフダンはリピート型と呼ばれる仕組みで、売りと買いを繰り返して利益を伸ばしていくシンプルなルールです。

図の場合、15pipsごとに買い注文をして、15銭ごとに利益を確定するルールになっています。

持てるポジションの数は自分の資金や取引の目的によって異なります。

 

ループイフダンは3つの項目を選ぶと取引をはじめることができます。

1.取引したい通貨ペアを5種類の通貨ペアのなかから選ぶ

2.売りでエントリーするか、買いでエントリーするかを決める

3.値幅を決める

項目を選んでスタートしたら、あとはループイフダンが繰り返し取引を行ってくれます。

 

ひまわり証券の通常のFXだと1万通貨単位からしか取引ができませんが、ループイフダンは1,000通貨から取引できます。

通貨単位が小さいと利益も少なくなりますが、リスクも小さくなるので、まずは1,000通貨からはじめて様子を見つつ、徐々に資金を増やして通貨単位を大きくしていくのもいいかもしれませんね。

 

ループイフダンのメリットとデメリットを簡単にまとめてみます。

【メリット】

初心者でも簡単にはじめられる

感情に振り回されず取引できる

チャートをずっと見ていなくていい

一般的なシステムトレードでは手数料がかかる場合が多いが、ループイフダンは新規・決済も手数料がかからない

 

【デメリット】

100%勝てるわけではない

システムに売買を任せるので相場を読む力が身につかない

レギュラー口座よりスプレッドが大きくなる場合がある(2018年7月25日時点では「米ドル/円」のみ)

 

 

ループイフダンにもデモ口座があります。

気になる方はまずはデモ口座でループイフダンがどのような取引をするのか、試してみてはいかがでしょうか。

 

通貨ペア一覧

ひまわり証券で取引できる通貨ペア一覧になります。

スワップポイントは1万通貨単位です。

 

※レギュラー口座とループイフダンのスプレッドは現時点では「米ドル/円」のみ異なります。

(ひまわり証券の公式ホームページ参照・2018年7月25日時点)

通貨ペア

スワップ

(買い)

スワップ

(売り)

スプレッド

(レギュラー口座)

スプレッド

(ループイフダン)

USD/JPY(米ドル/円) 50円 -80円 1銭 2銭
EUR/JPY(ユーロ/円) -25円 0円 3銭 3銭
EUR/USD(ユーロ/ドル) -115円 85円 2pips 2pips
EUR/GBP(ユーロ/ポンド) -65円 25円 4pips  

EUR/AUD

(ユーロ/オーストラリアドル)

-85円 60円 6pips  

EUR/NZD

(ユーロ/ニュージーランドドル)

-85円 60円 11pips  
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル) -70円 50円 10pips  
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン) 15円 -45円 4pips  
GBP/JPY(ポンド/円) 0円 -25円 5銭 5銭
GBP/USD(ポンド/ドル) -65円 35円 3pips  

GBP/AUD

(ポンド/オーストラリアドル)

-55円 30円 10pips  

GBP/NZD

(ポンド/ニュージーランドドル)

-90円 65円 24pips  
GBP/CHF(ポンド/スイスフラン) 50円 -85円 7pips  

AUD/JPY

(オーストラリアドル/円)

20円 -55円 4銭 4銭

AUD/USD

(オーストラリアドル/米ドル)

-30円 0円 3pips  

AUD/NZD

(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)

0円 -20円 12pips  

AUD/CHF

(オーストラリアドル/スイスフラン)

70円 -105円 6pips  

NZD/JPY

(ニュージーランドドル/円)

35円 -65円 7銭  

NZD/USD

(ニュージーランドドル/米ドル)

0円 -30円 3pips  
CAD/JPY(カナダドル/円) 15円 -40円 7銭  
USD/CAD(米ドル/カナダドル) 0円 -12円 7pips  
CHF/JPY(スイスフラン/円) -30円 0円 6銭  
USD/CHF(米ドル/スイスフラン) 85円 -115円 3pips  
ZAR/JPY(南アフリカランド/円) 5円 -30円 4銭  

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はFXの老舗「ひまわり証券」をご紹介しました。

 

ひまわり証券はサポートサービスが充実していて、取引で迷ったときでもツールや講師のレポートなどを参考にできるので心強いです。

また、初心者の方には自動売買のループイフダンがおすすめです。

FXの取引にまだ慣れていなくても、システムが自動で決まったルールに従って売買してくれます。

 

あなたも、ひまわり証券でFXをはじめてみてはいかがでしょうか。

ひまわり証券