FXに勝ち方なんてあるの!?トレードがうまくなる方法とは?

2018年9月17日

アイキャッチ

FXに勝つための方法には、世界中にさまざまなものがあります。

インターネットや書籍などでもFX関連のものが多く、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

 

「FXを始めたいと思っているけれど、ルールがわからない」

「大きな損失を出さないか不安」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

こんにちは、毎日FXの勉強している大輔です。
僕も最初に、FXをはじめるとき不安になりました。

そうね。
FXをはじめようとする人は誰しも通る道になるわね。
基本的なルールを覚えて、リスク管理をきちんとすれば、大きな損失を出す心配もないのよ。

 

というわけで、今回はFXの勝ち方について紹介していきます。

僕と一緒にFX取引に必要な証拠金などの基本的なことやFXで勝つために必要なことを見ていきましょう。

 

証拠金に余裕を持つことが大切

FX(外国為替証拠金取引)とは2つの国の異なる通貨を交換する取引で、交換比率が外国為替レートです。

 

FX

たとえば、1ドル100円のとき1ドル買ったとします。

そして、1ドル105円になったときに持っているドルを売ることにより、差分の5円がFXとしての利益になります。

 

取引を行うには、FX取引業者に口座を開設し、一定の金額を担保として預け入れなければなりません。

この担保として預け入れたお金が証拠金です。

 

FXでは、差金決済という方式で取引をします。

差金決済とは、現金・現物の受渡しを伴わない、反対売買によって発生する差額分のみを決済する取引方法です。

 

そのため、証拠金の何倍もの大きな額で取引を行っても、決済時に売買の差額で生じた損失以上の証拠金が口座に残っていればよいということになります。

FXでは、このような取引システムになっているため、証拠金の数十倍の取引が可能です。

必要証拠金とは、ポジションを取るために取引額に応じて最低でも必要な預託金のことをいいます。

 

必要証拠金の額は、取引業者によって違い、為替レートの水準によって常に変動するのが特徴です。

FX取引をすると為替差益または為替差損が出ますが、為替差益の場合は証拠金に上乗せされ、為替差損の場合は証拠金から差し引かれることになります。

 

その結果、残った証拠金が有効証拠金です。

証拠金を口座に入金するタイミングはFX取引業者によって違いがあり、口座を新規で開設するときに必要なところと実際に取引を始めるときに入金するところがあります。

 

FXには大きく利益を出せるチャンスがありますが、リスクもあるのが特徴です。

そのため、感情的なトレードをしないためにも、証拠金には余裕のある自己資金をあてる必要があります。

 

証拠金維持率を軽視してはいけない

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める有効証拠金の割合のことで、「有効証拠金÷必要証拠金×100%」で算出します。

証拠金維持率が高いほど、証拠金の何倍もの金額で取引したときに生じるレバレッジリスクは低くなるのが特徴です。

証拠金維持率が高ければ、取引の安全性が高いことを意味します。

 

FX取引業者は、取引を継続するために必要な証拠金維持率を設定しています。

この証拠金維持率を保つために最低限必要な証拠金が維持証拠金です。

 

証拠金維持率を軽視してしまうと、ロスカット追証(おいしょう)が発生する要因となってしまいます。

ロスカットとは、ポジションの損失が一定のレベル以上になったとき、それ以上の損失を出さないように、そのポジションを取引業者が強制的に決済することです。

ロスカットになる証拠金維持率は、取引業者ごとに決まっています。

 

追証とは、取引を継続するために必要な証拠金がなくなったため、追加で証拠金を必要であることを知らせることで、マージンコールやロスカット・アラートとも呼ばれます

ロスカットや追証にならないためにも、ゆとりを持った証拠金維持率を保つようにしましょう。

 

高レバレッジの取引を避ける

レバレッジとは、「てこの原理」のことです。

FXでは、差金決済が使われているため、証拠金の何倍もの外国為替取引ができます。

 

レバレッジ

たとえば、1ドル100円のとき、レバレッジが最大25倍のFX業者の口座に証拠金として4万円預けた場合、4万円×25倍で1万ドル(100万円)相当の取引をすることが可能です。

この場合、1万ドルの買いでポジションを持ったとすれば、1円円安になれば1万円の利益、1円円高になれば1万円の損失になります。

 

もし、4円円高になると4万円の損失で証拠金がなくなり強制的にロスカットされます。

このように、レバレッジを利用すれば資金効率を高めることができますが、レバレッジをきかせるほどハイリスクで大きな損失になることもあるので注意が必要です。

 

日本では、金融庁の規制で2011年8月以降、FXのレバレッジ倍率の上限が25倍になりました。

取引業者もそれぞれ、レバレッジ倍率の上限を25倍以内で設定しています。

 

損切りは必要コストだと認識する

損切りとは、持っているポジションに損失が出ているとき、損失を最小限にするために決済することで、ストップロスともいいます。

 

FXでは、自分の持ったポジションと為替レートが反対に動き損失が出てしまうのは、よくあることです。

そのときに、少し待てばレートが戻るだろうと損切りのタイミングを引き延ばしてはいけません。

損切りをずるずる引き延ばして損失が大きくなるのが、FXで最も多い負けパターンになっています。

 

損切りのタイミングを間違えると最悪の場合、強制ロスカットになる危険性もあります。

損切りを引き延ばすのを避けるためには、ポジションを持つ際に、損切りと利食いの注文も同時に出すのが効果的です。

 

損切り注文では代表的な注文方法として、ストップ注文(逆指値注文)があります。

ストップ注文は、新規でも決済でも使うことが可能です。

 

初心者は、まず、リスク管理のための損切り設定ができるストップ注文を使いこなせるようにしましょう。

ほかにも損切りが設定できる注文方法として、OCO注文IFDO注文などがあります。

一度、設定した損切りのレベルは、徹底して守ることが大切です。

 

設定した損切りのレートを遠くに変更すると、損失が大きくなるリスクが高くなります。

強制ロスカットは、ほとんどのFX取引業者が採用している方式で、証拠金維持率が20~30%以下になると発動されます

 

この方式は、証拠金がなくなるのを防ぐのを目的としており、追証の危険性は低くなるのが特徴です。

強制ロスカットになりそうなときは、証拠金を追加するか、ポジションを決済しなければなりません。

FXを長く続けるためには、強制ロスカットのリスクがあるような取引は避ける必要があります。

 

FXで勝つためには本質を見抜くことが大事

FXで勝つためには、FXに対する基本的な理解や注文方法、取引画面の操作方法といった基本的な部分をしっかりと身につけるようにしましょう

また、どのような仕組みでFXが成り立っているのかを把握することも重要です。

 

FXで取引を始める際には、まず、デモトレードでシステムに慣れるようにしましょう。

注文や決済の方法、取引画面の操作方法などを身につけることができます。

その後、証拠金による実際の取引でも、小さいポジションで取引を始めることが大切です。

 

デモトレードについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

「FXを始めるなら練習は必須!スマホアプリ・デモトレードで勉強しよう」

 

為替レートがよく動く時間帯を、把握しておきましょう。

日本時間 平日の8~10時は、東京市場が動き始める時間帯です。

16時頃にはロンドン市場が開き、20時頃にはニューヨーク市場が開きます。

 

特に、16時~翌1時頃までは、為替レートの動きが活発になるのが特徴です。

 

資金配分とポジション管理も、FXでは重要な要素になります。

証拠金として預け入れる資金は、自分の生活に余裕のある範囲の金額にして、資金に応じて1日の損失許容額、ポジションのサイズも決めておきます。

 

FXでは、取引を始めてすぐに勝てるようになるわけではありません。

長い期間、取引の回数を重ね経験を積みながら、勝ちパターンを身につけていく必要があります。

そのため、短期間で証拠金がなくなるリスクのあるような大きなサイズのポジションでの取引は、しないようにしましょう。

 

長く続けることを前提にした、1日の損失許容額やポジションのサイズを設定することが大切です。

 

FXには、大きく分けて5つのトレードスタイルがあります。

スキャルピングデイトレードスイングトレードポジショントレードスワップトレードの5種類です。

それぞれのスタイルで、取引時間やポジションの大きさ、利食いの値幅などが異なります。自分の生活状況などに合わせて、スタイルを選ぶようにしましょう。

 

また取引をする通貨ペアには、ドル円ユーロドルユーロ円ポンドドルなどがあります。

通貨ペアによって、値動きに特徴があるため、癖をつかむことが大切です。

初心者のうちは、変動幅の小さいドル円などで取引したほうがリスクは低くなります。

 

FXで勝つことができない原因のひとつに、トレード技術がおろそかになっているということがあげられます。

FXで勝つためには、トレード技術の精度を上げることが大切です。

そのためには、優位性のあるエントリーポイントしっかりしたリスク管理的確な損切りや利食いのレベルの設定相場の状況を予測したトレードプランなどを学ぶ必要があります。

 

まずは勝っている人のやり方から学ぶ

FXで勝ちたければ、成果をあげている人の方法を学ぶことが大切です。

FXで成果をあげている人の書籍などで、手法を勉強します。

友人などFXで勝っている人が近くにいれば、直接教えてもらうのが効果的です。

 

またトレード環境を整えるのも、FXで勝てる力をつけるためには必要になります。

パソコンでチャートを見ながら、為替レートの動きを検証する必要があるためです。

スマートフォンでのトレードは、検証には向いていません。

経験を積んで勝てる力が身についてから、スマートフォンを使うようにしたようがよいでしょう。

 

そして過去チャートリアルトレードエアトレードの検証をしましょう。

過去チャートでは、自分が使う手法のルールに有効性があるかどうかを確認します。

リアルトレードでは、エントリーポイントや決済ポイントをマーキングして、手法通り、予想通りになっているかトレードごとに検証することが大切です。

 

エアトレードでは、動いているチャートを見ながら、エントリーポイントと決済ポイントを予想する練習をします。

トレードを開始する前の準備作業として、市場の特性や通貨ペアの特性を把握することも必要です。

 

市場では、東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間といった、時間帯ごとの値動きの特徴があるのでつかんでおきます。

経済指標や要人発言の時間も、毎日、チェックするようにしましょう。

経済指標や要人発言によっては、値動きが大きくなることがあるので注意が必要です。

 

通貨ペアでは、1日、直近5日間の平均、25日間の平均などのボラティリティー(変動比率)をチェックしましょう。

取引業者によっては、通貨ペアごとのボラティリティーを確認できるところもあります。

 

リアルトレードでは、トレードごとの記録をつけるようにしましょう

取引した通貨ペアや売り買い、エントリーしたレート、決済したレートなどを記録に残し、後で検証ができるようにしておくことが大切です。

 

FXで負けてしまうポイントをよく押さえる

FX初心者の場合、負け始めると連敗が続いたり、一度の取引で大きな損失を出してしまったりする傾向があります。

 

そういう状況になると、自分の学んだ手法が信じられなくなり、ほかの手法に目移りしてしまい、次から次へと手法を変えることになりがちです。

それを繰り返すと、いつまでも1つの手法を身につけることができず、負け続け証拠金がなくなったり、追加入金しなければならなくなったりします。

 

FXでは、勝ち方ばかりに意識が向いてしまいがちですが、負けてしまう事例をよく研究することが重要です。

テクニカル指標やファンダメンタルズ分析を使いこなしても、FXで100%勝てる手法はありません

1つの手法を身につけ、自分の負けパターンを把握すれば、そのパターンではポジションを持たないようにすることも可能です。

 

FXトレードで負けが多くなってしまうのには、いくつかの原因があります。

自分の手法のルールでのエントリーポイント利食いポイント損切りポイントをしっかり守れているかチェックしましょう。

 

エントリーのタイミングが早すぎたり、利食いや損切りのポイントを遠くに変えたりしてレートが予想と逆行して負けてしまうのは、よくあるパターンです。

エントリーしたとたんに、レートが予想とは反対の方向に向かっても焦らないようにしましょう。

最初のレートの動きで、負けトレードになると決まったわけではないからです。

 

仮に、負けトレードになったとしても、FXでは負けも必要なことと受け入れることが大切です。

負けが続くと、いっきに損失を取り返そうと大きなポジションでのトレードをしてしまうことがあります。

そんなトレードをすると、かえって損失が大きくなるので、そういうトレードは絶対しないようにしましょう。

 

FXで最初のうちは、なかなか勝てず負けが続いていても、毎日こつこつトレードを続け、負けてしまう事例を地道に研究すれば、勝てるトレーダーに近づくことができます。

 

テクニカル指標は丁寧に学ぶ

FX取引を行う上で、テクニカル指標はとても役立つものです。

しかし、中途半端な知識でトレードしてしまうと、思いがけない失敗を被ってしまうことがあります。

 

テクニカル指標には多くの種類がありますが、自分が学んだ手法で使われている指標の特性を理解し、使いこなせるようになりましょう。

 

手法によって、さまざまなテクニカル指標の組み合わせがあります。

たとえば、ローソク足トレンド系の移動平均線ボリンジャーバンドオシレーター系のRSIの組み合わせなどです。

 

使う指標が決まったらデモトレードなどで練習し、経験を積む必要があります。

デモトレードでも安定して利益を出せるようになってから、実際のトレードで使うようにしましょう。

 

1つの指標を使いこなして次に取り組む

先ほどお話したテクニカル指標を、次から次に学べばいいというものではありません。

1つのテクニカル指標をきちんと身につけてから、次の指標を学ぶことが大切です。

 

実際のトレードに使うテクニカル指標は、ローソク足とトレンド系2つオシレーター系1つなどといった組み合わせになります。

頻繁にテクニカル指標を変えたり、テクニカル指標の数が多すぎたりするのはよくありません。

 

相場の状態を把握したり、トレードの判断をしたりするのが複雑になりすぎて、混乱してしまうためです。

テクニカル指標には、それぞれメリット、デメリットがありますが、指標を組み合わせることによってデメリットを補う効果があります

 

自分の手法で使われているテクニカル指標を集中的に学び、使いこなせるようにすることが重要です。

 

勝率よりも損益率を重視

FXでは、どうしても1回のトレードでの勝敗や利益にこだわりがちになりますが、トータルでの損益を考えることが重要です。

 

自分の手法を使ってトレード技術を向上させても、負けることはあります。

ある月に大勝しても、次の月に大負けするようなトレードを繰り返していれば、資金が増えていくことはありません。

資金を増やしていくためには、毎月、安定した利益を得ることが大切です。

 

またFXで利益を出すためには、勝率よりも損益率を重視する必要があります。

損益率とは利益と損失の比率のことで、「勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失」で算出され、ペイオフレシオ、リスクリワードレシオとも呼ばれる指標です。

 

リスクリワードレシオについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

「利益だけで判断してはダメ!プロフィットファクターで分析しよう」

 

勝率を向上させても、資金はマイナスになることがあります。

仮に1回のトレードで1万円ずつ利益を出して9連勝すれば9万円の利益になりますが、次のトレードで9万円の損失を出してしまうとトータルでは資金が動かなかったことになります。

 

このように、勝率がよくても損益率が低ければ、利益は出ないということです。

FXでトータルして勝つためには、勝率と損益率のバランスを考慮した利食いや損切りのポイント設定をする必要があります。

 

気になるキーワードは1つ1つ解消していく

FXでは、わからない部分をそのままにしておくと、さらにわからなくなるという負の循環に陥ってしまいます。

むやみに焦ってしまわずに、1つ1つのキーワードを正しく理解していくことが重要です。

 

FXでは、普段の生活では使わない専門用語がたくさんあります。

いっきに覚えるのは難しいので、少しずつ丁寧に抑えていきましょう。

実際にFX取引を始める前に、インターネットや書籍などで、基本的な用語は理解しておかなければなりません。

 

たとえば、通貨ペアには米ドル/円(USD/JPY)ユーロ/円(EUR/JPY)ユーロ/米ドル(EUR/USD)など多くの種類があります。

 

またスプレッドとは、売値と買値の差のことです。

米ドル/円で、売値が100.500円、買値が100.505円のとき差は0.005円(0.5銭)で、この差がスプレッドです。

 

スプレッドはFX取引の実質的な手数料で、取引業者や通貨ペアによって異なります。

pipsとは、すべての通貨ペア共通の単位として使われており、最小通貨単位の100分の1です。

 

pips

ドル円では、0.01円が1pipsになります。

ほかにも専門用語はたくさんありますが、気になるキーワードは、その都度、調べて確認するようにしましょう。

 

過去の成功パターンにとらわれ過ぎない

思惑通りの相場展開になって、利益を上げられれば嬉しいものです。

しかし、さまざまな要因が重なって、たまたま勝っているケースもあります。

過去の勝ちパターンにこだわらずに、冷静に構える姿勢を持つことが重要です。

 

FXでは、過去のチャートなどで自分の手法の効果などを検証する必要はあります。

しかし、過去のトレードで勝った結果だけにこだわりすぎると、大きな損失を招く危険性があるので注意が必要です。

 

過去に勝ったパターンだからという理由で、エントリーしたり、損切りを延ばしたりすることがあります

こういうトレードを続けていると、トータルで利益を出すのが難しくなるでしょう。

 

自分の使っている手法のルール通りに、トレードを行っているのであれば問題ありません。

しかし、ルールを守っていないトレードには、常にリスクが伴います

FXに限らず投資の世界では、精神的な心構えが利益を出すために重要な要素になります。

 

自分の手法のルールは、必ず守るという自己規律を保ってトレードすることが大切です。

 

日々のトレード記録をチェックする

日々のトレード記録を振り返ることによって、FX取引における自分のクセなどを見つけることができます

 

1回ごとのトレードを、しっかり記録に残すようにしましょう。

FXで勝っている人と負けている人の違いのひとつは、トレード記録をつけて自分のトレードを検証しているかどうかです。

 

トレード技術を向上させるためには、エントリーポイント、決済ポイント、損切りポイントなどを手法と合っているか確認することが大切です

この作業を繰り返すと、失敗するときのクセなどがわかり修正することができます。

 

記録をとって検証しないと、いつまでも同じような失敗を繰り返すものです。

記録する内容は、トレンド相場かレンジ相場かといった相場環境エントリーや決済損切りのポイント日時通貨ペアチャートやテクニカル指標の形状などです。

 

シンプルな投資ルールを確立させる

FXではさまざまな手法があるものの、最終的には自分に合ったシンプルなルールを見つけ出すことが大切であります

また、一度学んだ手法は、最低でも1~3カ月は使い続ける必要があります。

 

それくらいの期間、同じ手法を使ってトレードしてみないと、効果が確認できないためです。

いつまでも利益をだすことができないのは、ほとんどの場合、ひとつの手法をしっかり身につけていないことが原因になっています。

頻繁に手法を変えたり、ルールを守らずトレードしたりしないようにすることが大切です。

 

頻繁に手法を変えると、トレードのルールがより複雑になってしまいます。

できるだけシンプルなルールでトレードしたほうが、勝率や損益率は向上する傾向にあります

僕もこれに倣って、さらにFXで勝てるよう頑張るぞ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はFXの勝ち方についてご紹介してきました。

 

FXでの勝ち方は一朝一夕で身につくものではないため、じっくり時間をかけて習得していく必要があります。

FXの仕組みや専門用語、取引方法など理解しなければいけないことはたくさんありますが、地道に学んでいきましょう。

 

トレード記録をつけるかどうかによっては、トレード技術の向上のスピードが違ってきます。

また、資金配分やリスク管理、精神的な心構えが、勝つためには重要です。

 

FXの基本を理解して、検証を続けて勝てるようになりましょう。

 

DMMFXなら初心者向けと上級者向けのツールがそれぞれ用意されています。
初心者でも簡単に取引を始めることができます。


また、サポートも充実していて、電話・メールに加え、「LINE問い合わせ」も対応しています。
あなたもDMMFXで口座開設をしませんか?

DMM FX