初心者にはおすすめしない!FXのナンピンは高度で危険な戦略だった!

2018年9月17日

お金 悩む男性

みなさんナンピンという手法を知っていますか?

 

「ナンピンってなに?」

「ナンピン・・・麻雀とかで使われる手法かなにか?」

 

と思われる方もいるのではないでしょうか。

ナンピンはFXの手法のひとつで、手を出してはいけない手法といわれているんです!

こんにちは!

FXを勉強中の大輔です!

ナンピンはリサさんから初心者は手を出してはいけないと勉強したのを覚えています。

そうね。

ナンピンは初心者でも手を出しやすそうな手法に見えてしまうから、しっかり勉強していないと大変な目に合うのよ。

だから知っておいて損はないわ。

 

ナンピンは漢字で「難平」と書き、古くから「愚か者」「身の程知らず」という意味があります。

つまり、それほどナンピンはよくないと文字からも示されているのです。

そんなナンピンという手法がどのような仕組みや特徴があるのか、僕と一緒に見ていきましょう。

 

ナンピンとは

ナンピンとは通貨を買ったあと相場が下落し、含み損が出てしまった場合に新たに買いポジションを建て増やしていく手法です。

含み損とは決済してない状態での損失をいいます。

ナンピンは塩漬け(含み損を抱えたままポジションを維持する)の状態で下落した通貨を新たに買い、「通貨の平均価格」を下げる狙いがあります。

 

「通貨の平均価格ってなんなの?」

と思う方もいるでしょう。

 

通貨の平均価格とは、同じ通貨をそれぞれ違う価格で複数買ったときの平均化した価格をいいます。

ナンピンはこの部分が重要になるので、次章で仕組みとともに詳しく解説していきます。

(また反対に相場が上昇したときに、新たに売りポジションを建て増やしていく場合もナンピンに含みますが、今回は下落した場合で説明していきます。)

 

ナンピンの仕組みとは

ではここからはナンピンの仕組みを図でみていきましょう。

例として1ドル100円で1万通貨を買います。

 

しかし、予想とは違い相場が80円に下落してしまいます。

この場合1通貨あたり20円の損失になり、決済しなければ100円に戻るまで含み損です。

 

この時点で新たに80円の相場で1万通貨を買い増やしていきます。

これをナンピン買いと呼びます。

ナンピン仕組み

すると保有しているドルの通貨の平均価格が(100円+80円)÷2=90円となります。

これは100円まで戻さずとも90円まで相場が戻れば損失がなくなることを意味します!

 

さらには、損失が0となる90円よりも上の95円で決済した場合は差の5円分の利益が入るのです。

保有している通貨数が2万通貨であるため、結果的に5円×2万通貨=10万円の利益となります。

 

ナンピンはトレンド(通貨の人気)下降し続けている間は何回でもナンピン買いをすることができます。

改めてナンピンの仕組みだけを見ると、よくない手法とは思えないですよね。

ナンピンはトレードでの損失を軽減するための手法として用いられるから、仕組みだけでは悪いところは少ないわ。

でも、実際にナンピンしてしまうと危険な部分がたくさん見えてくるのよ・・・。

 

ナンピンのよくない3つの理由

ここまでナンピンの仕組みについてお話しをしてきました。

では、なぜナンピンが悪い手法と呼ばれているのか、ナンピンのよくない3つの理由についてみていきましょう。

 

1.ナンピンは含み損が増える長期戦!

ナンピンはトレンド下降しているのに対して複数のポジションを持ち、トレンド上昇するまで待ちます。

そのためトレンド上昇するまでは必然的にナンピンは長期戦になることが多くなってきます。

ではナンピン買いをしてトレンド上昇が起きなかった場合どうなるのでしょう。

ナンピン 損失

トレンド上昇が起きなかった場合は通貨の平均価格を下げるため、持っているポジションを増やすことになり、同時に含み損も増えることになります。

つまり、トレンド上昇が起きない限りずっと抱える損失が増えていくのです!

また塩漬けが続くことによって、損切りすることができず常に大きなストレスを抱えることになってしまいます。

 

2.ロスカットに陥るおそれが高い

ナンピンは含み損が増えていくとお話ししましたが、損失が増えることで心配になってくるのがロスカットです。

ロスカットとは損失がある一定のレベルまで達したときに、さらなる損失を防ぐために強制的にポジションを決済することをいいます。

ナンピンは塩漬けの状態が続く上での手法のため、トレンド上昇せず含み損が増え続けてしまうと資金不足となりロスカットされるおそれがあるのです。

ロスカットをされてはFX自体を続けることができない危険があります。

 

3.通貨がマイナススワップのときはダメ!

ナンピンは通貨のスワップポイントによってはリスクが増大することがあります。

スワップポイントとは低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことで金利差を受け取ることをいいます。

スワップポイントについて詳しくはこちらの記事「FXのスワップポイントを知る。FXの楽しみはトレードだけじゃない!」をご参考ください。

 

ナンピンは長期戦でポジションを維持するのでスワップポイントが入ります。

「利益が入るからラッキー!」と思うかもしれません。

 

しかし、持っている通貨がマイナススワップの場合は、毎日スワップポイントを支払うことになるのです!

ナンピンはただでさえ損失が常に増えている状況なのに、持っている通貨がマイナススワップであると毎日の支払いが発生するため金銭的・精神的ダメージが大きくなってしまいます。

ナンピンはトレンドが起きているときにしか使えない手法でもあるから、利益を得ることができる場面も限られてくるわ。

タイミング的にもナンピンは常に使える手法ではないってことですね。

 

ナンピンは初心者にはおすすめしない

先ほどお話ししたナンピンのよくない理由も含み、ナンピンには資金と相場の理解力が必要となります。

 

ナンピンはトレンド下降が継続しているかぎり、複数の買いポジションを維持するために含み損を考えた上での資金がいるのです。

資金がなければ、必然的にロスカット対象になってきます。

 

またトレンド下降からトレンド上昇に移り変わりを予測ができるほど、相場の理解ができていないとナンピンで利益を生むことは難しいです。

そのためFX初心者にはナンピンをおすすめできません。

ナンピンは初心者には難しい手法よ。

FX経験者の中でも相場の動きを理解できる人にしか扱うことができないわ。

僕がFXでナンピンを扱うことになるとしても、まだまだ先になりそうだな・・・。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ナンピンは利益よりもロスカットやマイナススワップなどの損失によるリスクが大きく、FXができなくなってしまうおそれのある手法となります。

 

扱うにしても損失を見越したうえでの資金とトレンドを読むことのできる相場の理解力がある上級者でないと難しいです。

くれぐれも初心者の方は手を出さないよう気を付けましょう。

 

GMOクリック証券テクニカルチャート全部で38種類もあります!
豊富なテクニカルチャートの中から自分に合ったものを選んで使うことができます。
あなたもGMOクリック証券で口座開設をしませんか?
GMOクリック証券