FXの練習で効果的な方法は?いちおしアプリと実践をすすめる理由


FXの練習方法と少額から実践がおすすめな理由

 

「お小遣いを稼ぎたいからFXに興味がある」
「いきなり本番は不安だから、やる前に練習をしたい」
と思っている人も多いでしょう。
そこで今回はFXを練習する方法や練習する意義などについて紹介します。

 

こんにちは!FXをやろうと思っているけど、不安だらけの大輔です。
FXってお金を投資するわけですし、よくわからないまま取引するのが怖いんですよね。

あら、私は練習せずにぶっつけ本番で慣れたわよ。

リサさんのこういうところ、見習いたいなぁ。

 

FXは練習ができる

FXはアプリやデモトレードなどを使用して、本番前に練習ができます。
練習をするにあたって、具体的に以下のメリットがあります!

  • 取引の基本的な流れや注文方法を理解できる
  • チャートに慣れることができる
  • 資金管理を意識できる

 

取引の基本的な流れと注文方法が理解できる

デモトレードを利用すると、「レートを確認→注文→決済」の基本的な流れを事前に理解することができます。
FXのことは本で読んだり、ぼんやりとしかわかっていない」
という人でも、実際に取引画面に触れることで「こんな流れになるんだ!」と実感できますね。

またFXでは通貨を買って売るという流れが基本ですが、その注文方法にもいくつか種類があります。
どのような注文なのか実際に試すことができるので、本番前に確認するのもよいでしょう。

成り行き注文
注文をいれたいと思ったタイミングでリアルタイムに注文できます。
値段を指定せずに注文をいれる方法です。
指値注文
値段を決めて、「ここで買いたい(売りたい)」というところで注文が入るように設定します。
逆指値注文
値段を決めて注文が入るようにするのは指値注文と同じです。
ただ指値注文とは違い、損がこれ以上大きくならないようにするために注文を入れます。
「ここまで高くなってしまったら買い、ここまで安くなってしまったら売る」という、いわゆる損切りができます。
IFD注文
指定した値段で新規注文と決済を同時に出すことができます。
OCO注文
利益目的の注文と損切り注文を同時に出すことができる注文方法です。
片方が成立したら、もう片方の注文はキャンセルとなります。
IFO注文
IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。
新規注文と利益確定注文、また損切り注文を同時に出すことができます。

 

チャートに慣れることができる

株などをしていた人は見慣れているかもしれませんが、FXではチャートを見て、売買のタイミングを判断します。
DMMのチャート画面

デモトレードでは、実際にリアルタイムのチャートが表示されているので、チャートで「どこでどのように注文を入れるのか」を実際に操作しつつ確認することができますよ。

 

資金管理を意識することができる

多くのデモトレードでは、証拠金維持率(保有しているポジションに対する必要証拠金の割合)を確認できます。
デモトレードなので、あくまで仮想的に用意された資金での割合ですが、実際に取引をしているときには「自分が適切な資金管理ができているのか」を判断する重要な指標となります。

証拠金維持率の目安は短期トレードの場合、300%。
長期トレードの場合は1,000%を維持するのが一つの目安といわれています。

FXの練習をしている時点で資金管理を意識できていると、本番で困ることも少なくなるかもしれませんね。

 

成功するための練習

少し精神論のような話になりますが、FXを練習する上でいくつかポイントがあります。
効率的にFXを身につけるためにも、ポイントをおさえて練習してみましょう。

反復と分析をしぼる

【手順1】まずは反復練習で取引の流れをつかもう

FXでは売買のタイミングを判断するために、相場を読む力が必要となります。
相場を読む力は、取引を繰り返すことによって身についていきます。

FXトレーダーは、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使して、相場の動きを予測しており、単なる直感で注文を入れているわけではありません。
「直感で注文をいれた」というのは、長年の経験があってからこそのものであり、初心者がいう直感とは異なります。

車の運転に例えてみましょう。
初心者ドライバーは慣れない運転で車の距離感が分からなかったり、駐車も手間取ってしまうことがあります。
反対に、ベテランドライバーは自然と身についているので運転も手間取ることなくこなせます。
つまり、何度もその作業を繰り返しおこなうことによって、自然と身についた技術ということです。

FXでも同様に、取引歴が長くなるほど相場を予測するときに「なんとなくこうなるだろう」ということがわかるようになってきます。
相場を読む力をつけるためにも、反復練習は必要なのです。

また、FXは1回読みが当たったからといって、それからずっと成功するとは限りません
チャートは同じパターンになることはほとんどないため、その場その場のパターンを経験してからこそ相場を読む力が身についていきます。

さまざまな状況のチャートを見て、その後どのような動きをしたのかということを学んでいくことが大切です。

 

【手順2】練習するときは分析方法をしぼろう

反復練習をする際には、分析方法をしぼることも重要となります。
「この分析方法でも反復練習、あの指標でも反復練習」とたくさん身につけようとすると、どれも中途半端になってしまいがちです。

例えば、テニスでスマッシュの感覚を身につけたいと思ったら、しばらくスマッシュのみに絞って練習していくほうがいいですよね。
何かを身につけたいと思ったら、数をしぼって練習すると効果的です。

FXでも同様に、テクニカルを使用する際は「ボリンジャーバンドだけ!」などとある程度しぼって取引をしてみましょう。
テクニカル同士の組み合わせも考えて、13つ程度にしぼって練習するのがいいですよ。

 

スマホでも練習ができる

いまや、パソコンよりも触る機会の多いとされるスマホ。
普段からスマホでチャートを読む癖をつけておいたり、ポジションのタイミングを理解することも大切です。
スマホでFXを練習する方法として「アプリ」と「デモトレード」の2つが挙げられます。

おすすめのアプリ【FXなび】

FXなびは、「使いやすい!」と口コミ評価も高いバーチャルFXアプリです。
レバレッジを設定できるので、取引金額の変化なども体験できますよ。
また、FXなびは専門家に直接相談できるリアルタイムチャット機能があります。
わからないことを専門家に相談できるのは、初心者にとっても心強いですよね!

取引画面も売りと買いのボタンがわかりやすく表示されており、使いやすいです。
解説漫画もあるので、仕組みを学ぶにはうってつけのアプリといえるでしょう。
iOSAndroidどちらでも利用可能です。

FXなびの取引画面
FXなびの利益発生画面
FXなびの漫画解説

 

デモトレードはよりリアル

デモトレードは、どちらかというとFXの練習をするためのものというよりは、実際のFX口座を体験できるものです。
FX会社が「この口座はこのようなコンテンツになっていますよ」と提供しているものであり、仮想的に用意された資金を使って取引を体験することができます。

口座によって特徴も異なるので、本番前にどの口座でFXをおこなうのかを判断するときに参考にしてもよいでしょう。

チャートはリアルタイムのものになっているので、よりリアルに練習することができます!
またデモトレードは無料で使えるので、分析を試すにも最適です。
口座によって体験期間は異なりますが、1カ月間は体験できるところが多いので反復練習をするにも十分ですね。

 

実際は少額から始めるほうがおすすめ

今までFXの練習について解説してきましたが、実際のところは練習よりも本番で慣れるのが一番です。
「なんだって!?」
とびっくりされた方もいるでしょう。

・・・!
リサさんの始め方がよかったということでしょうか?

まぁ、人によるわよね。
ただ「練習と本番ではメンタル面が大きく異なる」ということがいえるわ。

一言でいうと、練習と本番では心持ちが変わってくるということです。
「メンタル?そんなのわかりきっているよ」と思っているかもしれませんが、FXではメンタル面が非常に重要な要素となります。

 

相手がいるからこそ実感がわく

FXは自分が売ったときに買う相手がいるからこそ成り立つ“取引”です。
本番で自分が取引したときに相手がいるから、やり取りができるということです。

テニスで例えると、ずっと壁打ちするよりも、実際に相手と打ち合うほうが、試合に向けての対策ができるのではないでしょうか。
さらに、チーム内で練習するよりも大会などに出場して経験を積んだほうが、より高みを目指せるでしょう。

これと同じで、FXでも本番で慣れていくほうが上達への近道です。
もちろん、基本的な知識を身につける必要はありますが、実際に取引しつつ身につく知識もあるということです。

 

緊張感は練習では体験できない

試合では練習と緊張感が異なると思いますが、試合を積み重ねるほど、その緊張感にも慣れやすくなります。
練習ではアプリにしてもデモトレードにしても、仮想的に資金が用意されて「失敗しても自分には直接被害は及ばない状況」になります。
そのため「失敗して損しても大丈夫」という気持ちになりがちです。

しかし、リアルトレードでは実際に自分のお金が増えたり、減ったりしていきます。
そのなかで試行錯誤して取引をおこなうため、相場を読み取る力もデモトレードより数倍早く身につきます。
「自分のお金が減っていく感覚」は練習では体験できないものです。

そのため、少額からリアルトレードをスタートしてその感覚に早めに慣れることが大切なのです。

 

デモとリアルでは約定力が違うことも

デモトレードで使用されているサーバーは、リアルトレードで使用されているサーバーと異なります。
そのため、「デモでは思い通りに注文が通ったのに、リアルでは全然通らない!」ということが実際に起こりうるのです。
とくにスキャルピングなどの短時間で取引を繰り返す行為は、サーバーに負担がかかりやすく、タイムラグによってスリッページ(注文した価格とズレて約定されること)が起きることがあります。
スリッページは約定力の高いFX会社を選ぶことで回避できますよ。

ほかにもリアルトレードでは、約定拒否されることがあります。
重要指標が発表されたときは注文が殺到する傾向があり、FX会社がサーバーへの負荷を避けるために約定拒否をすることがあるのです。

デモでは起こらないことがリアルでは発生するので、デモトレードよりも実際の取引で慣れていくことをおすすめします。

 

まずは少額で練習しよう

SBI FX トレード(1通貨取引)

SBI FX トレードは1通貨(約4円※)から始めることが可能です。
※レバレッジ最大25倍設定時
口座開設時には手数料がかからないので、安心して始めることができますよ。

SBI FXトレードの初回取引は実質無料!?初心者に選ばれる6つの特徴

先ほど、反復練習が大切だといいましたが、それはリアルトレードでも同じことがいえます。
SBI FX トレードは少額から取引できるので、チャートの反復練習にもおすすめです。

例え損失が出たとしても、100円取引で1円変動したときの損額は1円!
リスクをおさえて実践することができます。

ほかにも、SBIFXトレードはスワップポイントも高いので、金利による利益を狙うことも可能です!
スマホ用ツールもあり、外出先でも状況を確認することができますよ。
画面をスワイプできるので、操作性もあります。
気軽に少額から実践する際には、SBI FX トレードがおすすめです。

関連記事
SBI FX トレードについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひご参考ください。
「SBI FXトレードの初回取引は実質無料!?初心者に選ばれる6つの特徴」

 

外為オンライン(1,000通貨取引)

外為オンラインは1,000通貨(約4,000円※)から始めることができます。
※レバレッジ最大25倍設定時

外為オンライン

外為オンラインでは初心者でも活用できる自動売買「iサイクル注文®」が人気!
iサイクル注文はあらかじめ設定した注文通りに自動的に取引し、利益を積み上げていくシステムです。
例えば、「相場が上昇して指定した価格になると決済、相場が下落し指定した値段になれば損切り」ということを繰り返していきます。
設定は、ランキングから実績のあるものを選ぶことができますよ。

もちろん、通常の取引もおこなうことができます。
セミナーの満足度も高く、トレーダーブログなどの情報を得やすいのも特徴です。

 

FXブロードネット(1,000通貨取引)

FXブロードネットも1,000通貨(約4,000円※)から始めることができます。
※レバレッジ最大25倍設定時

FXブロードネット

FXブロードネットは「トラッキングトレード」という自動売買が人気です。
トラッキングトレードは、レートの動きを追いつつ売りと買いをセットで自動的におこないます。
レンジ相場(大きな変動がない相場)でも小さな利益を積み上げることが可能です。

また、FXブロードネットはタブレット用のツールやスマホ版(iPhoneAndroid)も充実しているので、外出先でのチェックにもおすすめですよ。

 

約定力が高いFX会社

マネーパートナーズ(100通貨)

マネーパートナーズは100通貨(約400円※)から始めることができます。
※レバレッジ最大25倍設定時

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは「約定力の高さ」が魅力です。
大手市場調査会社である、株式会社矢野経済研究所が実施したFXサービスパフォーマンステストにおいて、「すべらない約定率」では毎年第1位を獲得!
毎年調査をおこない約定力のある環境づくりに力を入れているので、約定力の高さで選ぶならマネーパートナーズをおすすめします。

 

まとめ
  • FXはアプリやデモトレードで練習ができる
  • 練習するときは分析方法をしぼって、反復練習をして相場を読む力を養うことが大切
  • しかし緊張感や心持ちはリアルトレードでしか身につかない
  • 実際は少額からリアルトレードに慣れていくことがおすすめ
合わせて読みたい
FXの勝ち方は意外とシンプル

FXの勝ち方が知りたい!勝つためのシンプルな6つのコツとは?

外資系投資銀行7社による 2019年度FX相場予測-min

外資系投資銀行7社による2019年の為替相場見通しまとめ

モメンタム

トレンド予測の指標モメンタムを使って、勝率UPを目指そう!

ダカールさん仲値インタビュー

Dakarさんに聞きました!FXで仲値がこんなにも大切だったとは!

南アフリカランドで取引しよう

スワップポイントをガッツリ狙え!南アフリカランドで取引しよう!

FX会社を6つのポイントから比較してみた

FX会社はどこも同じ?FX会社を比較することで特徴や強みが見えてくる!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x