FXの練習で効果的な方法は?いちおしアプリと実践をすすめる理由


FXの練習方法 おすすめのアプリ

 

FXは投資商品ということもあり、いきなり自分のお金を使って取引するのは不安に感じるという方もいらっしゃいますよね。

「FXってアプリとかで手軽に練習できないの?」
「どんな風に練習したらいいのだろう」
と思っている方もいらっしゃるでしょう。

じつは、FXはデモトレードを利用すると、お金をかけずに手軽に練習することができるんです!

デモトレードはパソコンでも、スマホアプリでも利用できるのよ。

デモトレードとは、FX会社が提供するお試し版のようなものです。
実際の取引画面と仕様は同じであり、無料で誰でも利用できますよ。

初心者の方がいきなり大金をつぎ込んで取引をするとリスクが高くなってしまいます。
まずはしっかり練習をして、取引のスキルを上げていきましょう!
この記事では、パソコンで練習する方法とスマホで練習する方法、また練習のコツなどを紹介していきます。

FXの練習におすすめ!デモトレードが利用できるFX会社

DMM FX
DMMFX
  • 初心者から上級者まで使えるシンプルな操作性のスマホアプリ
  • LINEで24時間気軽に問合せできる
GMOクリック証券
GMOクリック証券
  • 高い機能性のPCツールやスマホツール
  • 業界最狭水準のスプレッドだから低コストで取引

FXを上達させるための効果的な練習方法

【手順1】まずは反復練習で取引の流れをつかもう

FXでは売買のタイミングを判断するために、相場を読む力が必要となります。
相場を読む力は、取引を繰り返すことによって身についていきます。

FXトレーダーは、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使して、相場の動きを予測しており、単なる直感で注文を入れているわけではありません。

「直感で注文をいれた」というのは、長年の経験があってからこそのものであり、取引歴が長くなるほど相場を予測するときに「なんとなくこうなるだろう」ということがわかるようになってきます。

また、FXは1回読みが当たったからといって、それからずっと成功するとは限りません

チャートは同じパターンになることはほとんどないため、その場その場のパターンを経験してからこそ相場を読む力が身についていきます。

さまざまな状況のチャートを見て、その後どのような動きをしたのかということを学んでいくことが大切です。

【手順2】練習するときは分析方法をしぼろう

反復練習をする際には、分析方法をしぼることも重要となります。
「この分析方法でも反復練習、あの指標でも反復練習」とたくさん身につけようとすると、どれも中途半端になってしまいがちです。

例えば、テニスでスマッシュの感覚を身につけたいと思ったら、しばらくスマッシュのみに絞って練習していくほうがいいですよね。
何かを身につけたいと思ったら、数をしぼって練習すると効果的です。

FXでも同様に、テクニカルを使用する際は「ボリンジャーバンドだけ!」などとある程度しぼって取引をしてみましょう。
テクニカル同士の組み合わせも考えて、13つ程度にしぼって練習するのがおすすめです。

まずはパソコンで練習するのがおすすめ

「FXの仕組みもよくわからない!」という場合は、まずはパソコンで練習することをおすすめします。
なぜならパソコンだとチャートが見やすく、分析もしやすいからです。
まずは、パソコンで練習するときに最適なデモトレードを紹介します。
⇒スマホで練習したい方はこちら

DMM FXのデモトレードは初心者から上級者まで使いやすい!

DMM FXではデモトレードが用意されており、ニックネームメールアドレスを登録するだけで利用することが可能です。(3カ月間を過ぎたら再度申し込みが必要)
取引ツールは初心者向けの「DEMO /STANDARD」と上級者向けの「DEMO /PLUS」の2つが用意されていいます。

 初心者向け「DEMO / STANDARD」

DMMFX デモ 初心者向け

「DEMO / STANDARD」の特徴
  • シンプルで操作がわかりやすい
  • 1画面でチャート分析から注文まで簡単にできる
  • 上のタブから経済指標とマーケットニュースがチェックできる

 

 上級者向け「DEMO / PLUS」

DMMFX デモ 上級者

「DEMO / PLUS」の特徴
  • 20種類のテクニカル指標と描画ツールが使える
  • レイアウトが自由にカスタマイズできる
  • ポップアウト機能で選択パネルが別ウィンドウで表示できる

操作性が少し異なるので両方を試してみて、使いやすいほうで練習してみましょう。

ただし、DMM FXのデモトレードでは試すことができるツールが限られます
例えば取引状況を円グラフや棒グラフで分析できる「取引通信簿」は、実際に口座を持っていないと利用することができないので注意しましょう。

練習におすすめのいちおしアプリ

「練習したいけど、なかなか家に帰ってパソコンを開く時間がない」 そんな方はスマホアプリのデモがおすすめです。

GMOクリック証券は本番と同じアプリでデモができる

GMOクリック証券のFXスマホアプリ「GMOクリックFX」では、本番で使用するアプリでデモと切り替えることができます。
つまり、本番と同じアプリ画面でデモトレードができるのです!
本物の口座をもっていなくても右下の「デモ取引を始める」ボタンをクリックすると、すぐにデモトレードを始めることが可能です。

GMOクリック証券のデモアプリ画面

GMOクリック証券FX取引高が7年連続世界1位
スマホアプリは2018年9月に新しくリリースしたものとなっており、最新水準の機能性となっています。
直感的な操作が可能で、口座状況といった項目もわかりやすいです。

口座開設には2日~3日かかるので、本番の口座を今のうちに申し込んでおき、開設するまではデモ取引で練習するのが効率的かもしれませんね。

最大30,000円キャッシュバックキャンペーンも!

本番のスマホアプリにも違いがある

ほとんどのFX会社ではスマホでも取引ができるようにアプリが用意されています。
その機能性はFX会社によって異なります。

では実際にスマホアプリはどんな基準で選べばいいのでしょうか?
スマホアプリを選ぶポイントは以下の3つになります。

チャート分析がしっかりできる
FXの取引をするうえでチャートを分析することが一番大切です。
スマホアプリでも精度の高い分析をおこなう必要があるので、チャートが見やすく分析機能がしっかり用意されていることがポイントです。

 

チャートを見ながら注文できる
為替相場は常にレートが動いているため、狙ったレートですぐに注文ができたほうが有利になります。
そのためチャートを見ながら同じ画面で注文をできるアプリがおすすめです。

 

情報が豊富
スマホなら通勤中の電車や空き時間などに、手軽にニュースをチェックすることができるので、豊富な情報を提供しているアプリがおすすめです。
ほとんどのFXスマホアプリではマーケット情報が見れますが、経済指標が一覧で見れるアプリなら「今日はアメリカの雇用統計の発表だから大きくレートが動くかも?」など、為替相場に大きな影響を与える指標を簡単に確認することができます。

 

FX会社のアプリ比較表

下の表は、FX会社ごとのスマホアプリの比較表になります。
FX会社ごとによって使える機能は違ってくるので使う前にチェックしましょう!

FX会社名アラート
機能
経済指標テクニカル
指標
入出金
GMOクリック証券12種類入金のみ
DMMFX11種類
みんなのFX8種類
FXブロードネット×iPhone
(12種類)
Android
(11種類)
マネーパートナーズ×10種類入金のみ
FXプライム byGMO18種類
外為オンライン×iPhone
(11種類)
Android
(10種類)

この表のFX会社のアプリはすべてiPhoneとAndroidに対応しています。
自分の希望に合ったアプリをぜひチェックしてみてくださいね!

早く上達するためには少額から実践していくことが大切

FXの取引を早く上達させるためには、まずは少額からはじめて相場の感覚を肌で感じていくことが大切です。
実践がおすすめの3つの理由を詳しく見ていきましょう。

1.相手がいるからこそ実感がわく

FXは自分が売ったときに買う相手がいるからこそ成り立つ“取引”です。
本番で自分が取引したときに相手がいるから、やり取りができるということです。

テニスで例えると、ずっと壁打ちするよりも、実際に相手と打ち合うほうが、試合に向けての対策ができるのではないでしょうか。
さらに、チーム内で練習するよりも大会などに出場して経験を積んだほうが、より高みを目指せるでしょう。

これと同じで、FXでも本番で慣れていくほうが上達への近道です。
もちろん、基本的な知識を身につける必要はありますが、実際に取引しつつ身につく知識もあるということです。

2.緊張感は練習では体験できない

試合では練習と緊張感が異なると思いますが、試合を積み重ねるほど、その緊張感にも慣れやすくなります。
練習ではアプリにしてもデモトレードにしても、仮想的に資金が用意されて「失敗しても自分には直接被害は及ばない状況」になります。
そのため「失敗して損しても大丈夫」という気持ちになりがちです。

しかし、リアルトレードでは実際に自分のお金が増えたり、減ったりしていきます。
そのなかで試行錯誤して取引をおこなうため、相場を読み取る力もデモトレードより数倍早く身につきます。

そのため、少額からリアルトレードをスタートしてその感覚に早めに慣れることが大切なのです。

3.デモとリアルでは約定力が違うことも

デモトレードで使用されているサーバーは、リアルトレードで使用されているサーバーと異なります。
そのため、「デモでは思い通りに注文が通ったのに、リアルでは全然通らない!」ということが実際に起こりうるのです。

とくにスキャルピングなどの短時間で取引を繰り返す行為は、サーバーに負担がかかりやすく、タイムラグによってスリッページ(注文した価格とズレて約定されること)が起きることがあるんです。
スリッページは約定力の高いFX会社を選ぶことで回避できます。

ほかにもリアルトレードでは、約定拒否されることがあります。
重要指標が発表されたときなどは注文が殺到する傾向があり、FX会社がサーバーへの負荷を避けるために約定拒否をすることがあるのです。

デモでは起こらないことがリアルでは発生するので、デモトレードよりも実際の取引で慣れていくことをおすすめします!

少額(100通貨単位)から取引できる!マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

  • nanoなら100通貨単位から取引ができる
  • 約定力が10年連続第1位だから狙ったレートで注文できる
  • 2019年のオリコン顧客満足度「FX取引」で第1位!

マネーパートナーズnanoなら100通貨(約400円※)から始めることができます。
※レバレッジ最大25倍設定時

またマネーパートナーズは「約定力の高さ」が魅力です。
大手市場調査会社である、株式会社矢野経済研究所が実施したFXサービスパフォーマンステストにおいて、「すべらない約定率」では毎年第1位を獲得!
毎年調査をおこない約定力のある環境づくりに力を入れているので、約定力の高さで選ぶならマネーパートナーズをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?
FXはアプリやデモで練習できます。
練習時には何となく練習するのではなく、分析方法をしぼり反復するなどのポイントを抑えると効果的です。

しかし練習と本番では、実際に自分の資金を管理するという面で心持ちが大きく異なります。
FXは、練習よりも実際に少額から始めるのがおすすめです!

  • FXはデモトレードで練習ができる
  • 早く上達したいなら少額からリアルトレードに慣れていくことがおすすめ
  • 練習するときは分析方法をしぼり、反復練習をして相場を読む力を養うことが大切

 

FXの練習におすすめ!デモトレードが利用できるFX会社

おすすめのFX会社の特徴
DMM FX
DMMFX
  • 初心者から上級者まで満足して使える取引ツール
  • LINEで気軽に問合せできる
GMOクリック証券
GMOクリック証券
  • 業界最狭水準のスプレッドだから低コストで取引
  • サポ-トが24時間体制
合わせて読みたい
FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXはサラリーマンに おすすめの副業!

サラリーマンの副業はFX取引がベスト!おすすめ投資スタイルを紹介

FXの勝ち方は意外とシンプル

【FXの勝ち方】6つのコツ教えます!勝つ方法は意外とシンプル!

外資系投資銀行7社による 2019年度FX相場予測-min

外資系投資銀行7社による2019年の為替相場見通しまとめ

モメンタム

トレンド予測の指標モメンタムを使って、勝率UPを目指そう!

ダカールさん仲値インタビュー

Dakarさんに聞きました!FXで仲値がこんなにも大切だったとは!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x