口座を開設する前に知っておくべし!スリッページについて詳しく解説

2018年9月17日

上向きのグラフ

FXをはじめるにはまず、口座を開設する会社を探す必要があります。

会社を選ぶときに重要なポイントが「スリッページ」です!

 

「スリッページって何?」

「スリッページってそんなに重要なの?」

そう思う方は多いのではないのでしょうか?

 

スリッページについてよく理解できずに口座を開設してしまうとFXをやっていくうえで不利な会社で取引をしてしまうことになるのです。

そのため、FXの基礎知識の一つとしてスリッページについて理解しておくことはとても重要です。

 

こんにちは、FXについて勉強中の大輔です。

だいぶFXに関する知識も増えてきましたが、まだまだ未熟者です。

 

そんな僕のためにFXの先輩でもあるリサさんがいつもFXのことについて分からないことを教えてくれます。

 

今回はみなさんと一緒に「fxスリッページ」について学んでいきたいと思います。

まずは1つ目の章でスリッページとはなにか知っておきましょう。

 

スリッページって?

スリッページとは、通貨取引が成立=約定(やくじょう)したが取引をする際に選んだ会社によって、通貨を注文したときの取引価格とは違う価格で会社との通貨取引が成立してしまうことをいいます。

このように短時間に価格がスリップする(滑る)ことをスリッページといいます。

スリッページの意味については理解してるけど

どんなタイミングでスリッページが起こるのか分からないな・・・。

そう言うと思って、スリッページが発生した場面を図にしてみたものがあるの。

これを見て!

スリッページ図1【イメージ図】

上の図を解説すると、緑色のは通貨の注文をした買い手側の表示で、赤いはFX会社が実質的に約定した表示です。

 

通常であれば緑のの時点で約定しますが、スリッページが起きることにより価格が移動し赤いの時点で注文した当初より高い価格で約定してしまっていることが分かります。

 

スリッページが起きることにより価格が赤いの時点に移動します。

すると、緑色ので約定した価格より高い価格で約定してしまっていることが分かります。

なんだか、スリッページが起きると注文した価格が高く約定してしまい、買い手側は不利になるということであまりいいことではないですね・・・。

確かに、スリッページが起こることで買い手側が不利になることがあるけど、スリッページは不利なことばかりではないの。

有利なスリッページだってあるのよ。

そう、リサさんの言う通りスリッページというものは不利ばかり起こすものだけではありません。

ときには買い手側が有利になることもあります。

 

先ほど解説した図をもとにスリッページが有利になる逆のパターンをみていきましょう。

スリッページ図2

これはユーロ円が200.07円の時点で通貨を買う注文をFX会社にして注文が成立するまでの間に通貨価格が200.06円に下がった場合です。

 

このようにスリッページは有利に動くことがあり、はじめに注文した価格より下がる場合があります。

スリッページが起きたからといって注文時の価格を上昇させるような不利な現象を必ず起こすというわけではないので、見誤らないことが大切です。

 

スリッページが起こることはFXの中ではめずらしいことではありません。

なぜこのようなことが起きるのか、次の章でスリッページが起こるしくみを確認していきましょう。

 

スリッページはなぜ起こる?

スリッページが起こる主な理由として次の3つのことが挙げられます。

《理由1》注文と約定の間に発生する価格の変動

通貨の注文を受けたFX会社は注文された通貨価格に従い約定します。

そのため、約定するまで間の短時間に注文した通貨の価値が変わってしまうとスリッページが起きます。

 

《理由2》システムの処理が遅い

通貨取引にはパソコンやスマートフォンを使い取引をする方がたくさんいます。

そのためパソコンやスマートフォンには多くの取引情報の処理を行うための負荷がかかり、スリッページが起きてしまうのです。

 

《理由3》為替レートの配信速度

FXの会社によっては為替レート(=外国通貨の交換比率を図にまとめたもの)が値動きの激しい時に取引をすることがあります。

その際、パソコンやスマートフォンの画面に表示させるとレートの配信する速度が遅くなり、FX会社と私たちの間で誤差が生じることによりスリッページが起きます。

 

ここまでスリッページについて解説しましたがスリッページと似たFX用語で「スプレッド」という用語があります。

スプレッドとスリッページは発音が似た言葉なのでFX初心者の方が間違えやすい用語でもあります。

 

スリッページを解説する際スプレッドは重要です。

 

スプレッドの意味についても知っておくとスプレッドはスリッページとは違うものだと区別しやすくなるので次の章でスプレッドとはなにか解説していきます。

 

スプレッドはスリッページに関係する?

そういえば、スリッページに似た言葉で

スプレッド・・・でしたっけ?

スリッページとなにか関係があるんですか?

いいところに気がついたわね!

そう。スプレッドとスリッページは対になったものなの。

スプレッドとは買い手側と売り手側の取引時に生じる為替レートの差のことをいいます。

また、FX会社に支払う手数料と簡単にたとえることが多いです。

 

たとえば、買い手側の為替レート価格(200.06円)に対して、FX会社からスプレッドが+0.03円付くとします。

 

その場合、買い手側の為替レート価格が200.09円になり、さらにスリッページが起きると

200.09円より上がるか下がるかによって約定する価格が変わってくるのです。

スプレッドとスリッページ図

元の注文価格に対してFX会社が手数料として0.03円足して買い手側に売り値として約定します。

そしてスリッページが発生することにより、右のように売り値価格が変動します。

 

スリッページにより価格が上昇した場合は売り値より高い200.10円で約定することになり、価格が下降した場合は200.08円で約定することになるのです。

(スリッページが0.01円の場合)

 

スプレッドスリッページのちがいとしては次のようになります。

スプレッドは「買い手側と売り手側の取引時に生じる為替レートの差」

スリッページは「約定している間に生じる価格の変動」

 

そのため、買い手側は余分なお金を払わないようにあらかじめFX会社のスプレッドがどのくらいなのか把握しておくことや、スリッページが起こることも想定して注文価格を見直しておくことが大切です。

 

価格設定をしよう!

スリッページは防ぎようのないものなのですが、万が一スリッページが起きてもいいように備えておくことはできます。

スリッページ設定に大切な2つのポイントを加えながらご紹介します。

 

値動きの状況に応じてスリッページの値を設定

為替レートには値動きが激しい場合と値動きが穏やかな場合に分かれます。

その値動きに合った値にスリッページを設定します。

 

次の表のように許容スリッページの値を設定しましょう。

スリッページ設定

このように値動きを予想し、あらかじめスリッページの値を設定しておくことで設定内の値で注文価格が変動するので、スリッページが発生しても不安になることがありません。

 

スリページの幅値を狭くしすぎないように

FX初心者によくある事例が、FX会社からのスプレッドが付いてくる注文価格と不利なスリページが発生してしまうことを恐れて、許容スリッページの幅を狭く設定をしてしまうことです。

 

しかし、スリッページの幅をあまり狭くしてしまうとFX会社が買い手側の価格に利益がないものと判断してしまい、約定しづらくなるのです。

そのため、無理をしない程度に自分の許容内でスリッページの幅を設定するようにしましょう。

 

通貨注文する前にあらかじめ限度価格を決めておくことで、スリッページによる価格変動が起きたとしても自分の許容範囲内での価格変動なので安心して約定できます。

 

そして、許容スリッページの設定にはFX口座を開設する会社選びも重要なポイントになるので次の章でスリッページがおきても安心できる最適なFX口座会社をご紹介します。

 

FX口座は会社選びが成功の鍵

スリッページが起こる確率は会社によって違うので慎重にFX口座を開設する会社を選ぶことがFXを成功させる重要なポイントになってきます。

どの会社もスリッページの設定をすることができますがその中でもスリッページの発生確率が確認できるFX口座会社は以下になります。

 

《スリッページの発生確率をまとめた会社》

スリッページ公表FX会社

FXをはじめる初心者に対して少しでも有利にFXができるよう、このようにスリッページが有利に発生する確率と不利になる確率を公表しています。

 

前の章でご紹介しましたが、どのくらい不利・有利なスリッページが発生しやすいのか把握するということも大切です。

さらにスリッページが少ないFX口座会社も知っておくと、スリッページを恐れることなくFXをすることができます。

不利なスリッページの発生が少ない会社選びをすることも重要なんですね。

そうよ。

どのくらいスリッページを起きているか

FX口座を開設する会社を確認しておくこともFXを成功するための秘訣ね。

 

まとめ

FX初心者が知っておくべき知識と一つとしてスリッページとはなにか解説していきました。

スリッページは通貨注文をしているわずかな時間に価格が上がったり、下がったりする現象です。

 

変動後の価格で注文価格が決まってしまうため当初の注文価格より値が上がってしまうこともあります。

しかし、不利なスリッページばかりではなく注文価格より値が下がる有利なスリッページもあるので決して悪いものではありません。

 

このようにチャートの変動が激しいFXの世界でスリッページを防ぐことは難しいので、FX口座を開設する会社であらかじめスリッページの価格設定をしたり、スリッページの発生が少ない会社を選ぶというように工夫すると、スリッページとうまく付き合っていくことができるでしょう。

 

約定力9年連続NO.1を誇るマネーパートナーズ
スリッピページが起きにくく、スピード約定します。
あなたもマネーパートナーズで口座開設をしませんか?

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ