FX始め方入門!初心者が少額で始める3つの手順と低リスクのやり方


FXの始め方。始める手順や必要なものとは

 

FXは実際、ポケットマネーほどの金額からでも始めることができる金融商品。
投資全般に興味があるサラリーマン、また学生主婦でもFXをやっている人は結構多いんですよ。
さっそくFXの始め方や基礎知識について紹介していきます!

最短5分で準備完了!
FXを始める手順3ステップ

↓初めて口座開設するなら総合力No.1のGMOクリック証券がおすすめ!↓

GMOクリック証券
預かり資産No.1
  • FX取引高が7年連続で世界第1位!
  • パソコンやスマホでの操作性が高く使いやすい
  • 24時間の無料サポート体制で安心

 

FX取引を始めるためにはFX口座と資金を準備しよう!

FX取引は資金FX口座の2つを準備すれば、すぐにでも始めることができます。

FX取引を始めるにはFX取引口座と資金を準備するだけ

【資金はどれくらい準備するべき?】
5万円~10万円を準備しましょう。
実際、FXは最低約4,000円から取引可能です(レバレッジ25倍の場合)。
しかしあまりに少ない資金で取引を始めてしまうと、大きな損失がでて口座内の資金が少なくなったときにFX取引を中断させられる可能性もあるため、資金は余裕をもって10万円程度準備しておくことをおすすめします。

レバレッジとは、少額の資金で大きな金額の取引をすることができる仕組みです。
例えばFX会社が定める最低取引金額が10万円だとすると、資金10万円が必要ですよね。
しかしレバレッジ25倍だと4,000円で10万円の取引ができます(4,000円×25倍=10万円)。

【FX口座はどうやって開くの?】
FX口座はスマホやパソコンでWeb上の公式サイトから簡単に開設できます。
口座の開設費や維持費も無料です!
次の章からFX口座の開設方法について詳しく説明していきます。

基本的なFX口座開設の手順

口座開設の手順

①~③までは最短5分以内で完了します。
FX口座を開設するには本人確認書類とマイナンバーが必要です。

口座開設に必要なもの

スマホで書類を撮影し、画像を申し込み画面で送信するだけで提出できます。
事前に用意しておくと、申し込みをスムーズにおこなうことができますよ。
ただし、マイナンバーと本人確認書類に記載されている住所が違っていると口座が開設できない場合があるので、確認して提出しましょう。

審査はFX会社の営業日内であれば半日~約1日で終わります
審査が終わった時点で口座開設は完了です!
ではさっそくFX口座を開設するにあたって、まずはどのFX会社がいいのかオススメのFX会社を紹介します。

総合力No.1!初めての口座開設に最適なFX会社

GMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 24時間体制の手厚いサポート
  • 大手のGMOインターネットグループで安心
  • 最大30,000円キャッシュバックキャンペーンも!(口座開設+期間内※に新規2,500万通貨取引)

GMOクリック証券FX取引高が7年連続世界1位!
取引コストを抑えることができ、金利による利益も比較的多いため総合的にトップクラスのFX会社といえます。

高性能の取引ツールであるスマートフォンアプリ「GMOクリック FXneo」では、直感的な操作ができ分析の種類も12種類と充実!
パソコンでの取引はもちろん、外出先での取引をするならGMOクリック証券がおすすめです。

最短5分で完了!口座開設の記入手順

口座開設となると、「難しいことを入力したり確認するのが必要なのでは?」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホでも最短5分で手軽に申し込みできます。
提出が必要となる本人確認書類などは事前にスマホで撮影しておくと、外出先でも口座開設できますよ。
必要があれば口座開設前にスクショしておき、実際に口座開設する際にお役立てください。
⇒パソコンでの口座開設手順はこちら

スマホで口座開設する手順(タップすると画像が拡大します)

必要事項の記入

必要事項の記入 PCからの申し込みでは、①と②は1ページの記入だけです。

住所などは提出する本人確認書類と同じ内容を記入するようにしましょう。
異なっていると審査に落ちてしまう可能性があります。
GMOクリック証券のPCでの口座開設の基本情報入力画面
GMOクリック証券の口座開設の国籍情報入力画面
年収や資産は自分に当てはまるもので最も近いものを選びます。
虚偽の記載をすると問題ですが、実際には大学生や無職の方でも口座を開設することが可能であり、できるだけ自身に近くかつ高い金額を選ぶと審査に通りやすくなります。
GMOクリック証券の口座開設の投資情報入力画面

取引規約への同意

口座開設の手順の取引規約への同意
一度規約に目を通し、チェックを入れていきます。
一番上の「一括で選択」を選択すると記入が早く済みますよ。
記入後に「入力内容の確認ページへ」をクリックすると確認画面がでてくるので、記入漏れなどがないか確認します。
GMOクリック証券の口座開設の規約確認画面

本人確認書類とマイナンバーを提出する

口座開設の手順の本人確認書類やマイナンバーの提出
申し込みをすると、本人確認書類とマイナンバーの提出画面が出てきます。
アップロード送信を選択すると、撮影した画像を選択するだけでOKです!
選択したら、「選択した画像の送信」をクリックして提出しましょう。
(アップロードのほかに、コピーを郵送で提出することも可能です)

入力内容や提出書類の審査(最短半日~1日)

本人確認書類とマイナンバーを提出すると、審査が始まります。
審査が開始したかどうかは登録したメールアドレスに送信されているので、確認しましょう。
審査にかかる日数の目安は2日~3日ですが、営業日内であれば最短で半日~1日で終わります。

審査が終わると口座開設は完了!

審査に通ると、登録した住所に郵送でログインIDとパスワードが届くので、その時点で口座開設は完了です。
そのログインIDとパスワードを取引画面に入力すると、取引を開始することができます!

少ない資金で始めたいなら1,000通貨から取引できるFX会社!

こんな取引がしたい!
  • 月2~3万円程度のお小遣い程度に少額で稼ぎたい
  • 用意できる資金が少ないけど取引したい
  • FXの取引のコツをつかみたい

という人は少額の1,000通貨から取引できるFX会社がおすすめです。
FXはおもに1,000通貨と10,000通貨から取引できるFX会社があり、10,000通貨は利益が大きいものの1,000通貨よりも損失したときの金額も大きくなるリスクがあります

また10,000通貨の取引は資金を10万円以上準備することが推奨であり、チャレンジしにくいこともあります。
FX初心者は大きな利益を狙うことよりも、まずは低リスクで少額から始められる1,000通貨で取引しつつ、FX取引の経験を積んでいくのが望ましいです。
では、少額の1,000通貨から取引できるオススメのFX会社を2社紹介していきます!

FX初心者でも利用しやすい自動売買がある「FXブロードネット」

FXブロードネット

  • 初心者にやさしいスタンダードなFX取引ができる
  • 取引に必要なツールの使い勝手が良い
  • FX初心者でも扱いやすい自動売買「トラッキングトレード」を提供!

FXサービス取引コスト満足度No1(ゼネラルリサーチ調べ)のFXブロードネットですが、1,000通貨から取引することができるのに加えて、FX自動売買サービスのトラッキングトレードを提供しています!
毎回注文を出す必要はなく、最初の注文で4つの項目を選ぶだけで24時間トレーダーに代わって利益を稼いでくれます。
「取引できる時間が少ないけど取引したい」「為替チャートの分析に不安がある」という方にはFXブロードネットがオススメです。

短期~長期トレードまで万能の「みんなのFX」

スワップポイント運用を始めるならみんなのFX

  • 業界最狭水準のスプレッドを提供!
  • トルコリラ/円110円・メキシコペソ/円155円の業界最高水準のスワップポイント
  • 新規口座開設+取引量に応じて最大50,000円キャッシュバック!

みんなのFXはトレイダーズ証券が運営するFXサービスであり、1,000通貨単位(実質約4,000円)から取引を始めることができます
またみんなのFXは、外貨を保有しているだけでもらえるスワップポイントが総合的に最も高く、スワップポイント狙いの取引を考えている人にもおすすめです。

そもそもFXとは?

FX外国通貨を売買する取引です!

別名「外国為替取引」ともいい、異なる通貨の価値の差を利用して取引をおこなっていきます

簡単にいうと、1ドル=109円で買って、その後値上がりして1ドル=110円で売ったら、110-109円=1円の利益となりますよね。
FXはこのように利益を積み重ねていく取引です!

FXは為替の値動きで利益を得る

通貨価格は常に変動しており、FXはその差を利用して利益を積み上げることができます。
FXの取引の基本は、「安く買って、高く売る」「高く売って、安く買う」です。

FXでは円安と円高、どちらの場合でも利益を得ることができます。
これから上がると思ったら「買い」、これから下がると思ったら「売り」をいれるのが基本です。

しかし、FXでは予測通りに相場が動かない場合もあります。
その場合は、損失が発生してしまいます。

FXの仕組み

ここでは例としてドルと円での組み合わせを出しましたが、ほかにも取引できる通貨は多くあります。
例えば、ユーロ/円や英ポンド/円などです。
このように取引する通貨の組み合わせを通貨ペアといいます。
ユーロ/円だと、「円でユーロを売買する」という意味ですね。

FXのココがいい!5つのメリット

①少ない資金で大きな金額の取引ができる

FXには、最大の特徴ともいえるレバレッジという仕組みがあります!
レバレッジは元手の資金よりも大きな金額の取引ができることです。

レバレッジ

株では3倍までしか設定できませんが、FXでは最大25倍に設定可能!
少ない資金で大きな金額の取引ができる、これがFX特有の仕組みですね。

②平日24時間取引可能

FXは世界中で取引されており、常に世界どこかの取引市場が開いているため24時間取引が可能です。
おもな市場のサイクルは以下の通りです。

FX市場のサイクル

ちなみに、「ドル円だから東京時間でしか取引できない」ということはありません。
どの通貨も基本的に平日24時間取引できます!

③レートが下落しても利益を出すことができる

「なんで通貨を持っていないのに、売りから始めることができるんだ?」と疑問に思った方もいるかもしれません。
FXは一時的にFX会社から外貨を借りて、買いの決済をしたときに手に入れたドルをあとで返還する仕組みがあります
つまり、売り注文をいれて買いで決済することによって、価格が下落しているときでも利益を得ることができるんです 

下落したときでも利益を出せる

④損失は自分で設定して抑えることができる

FX損切りをすることで損失のリスクを制限することができます!
損切りとは、指定した価格で自動的に決済するように設定することです。

例えば、100円でドルを購入して損失を1円でおさえたいとします。
そしたら損切り注文を99円に設定しておけば、自動的に売りの決済がされて損失を1円で抑えることができるのです。

1円の損失で抑えたいときの損切り

⑤スワップポイントで自動的にお金が貯まる

スワップポイントとは、2国間の金利差分による利益のことです。
スワップポイントは、ポジションを持っている(注文をいれて維持している)状態だと毎日受け取ることができます
ただし、スワップポイントは利益を得る場合だけでなく、支払う場合もあるので注意しましょう。

スワップポイント

取引を始める前に知っておきたい基礎知識

チャートの基本指標!ローソク足

手あたり次第に取引を始める前に基本的な知識をつけることが大切です。
まずはチャートに表示される代表的なテクニカル指標である、ローソク足を紹介します。

ローソク足は、4つの値(始値・高値・安値・終値)を同時に表したものです。
チャートをよく見てみると、四角いものが並んでいると思いますが、それがローソク足です。

ローソク足

串カツのような形状ですが、それぞれに意味があります。

始値:ある期間内で最初に取引された価格
終値:ある期間内で最後に取引された価格
高値:ある期間内で取引された最も高い価格
安値:ある期間内で取引された最も安い価格

ある期間内というのは、自分で設定できます。
ローソク足にはおもに「月足・週足・1時間足・30分足・15分足・10分足・5分足・1分足」があり、それを選ぶことで時間ごとのローソク足が表示されます。

また陽線と陰線は「価格が上がったのか下がったのか」を表しています。
始値より終値が高い場合は陽線で表し、始値より終値が低い場合は陰線で表します。

陽線が続く場合は今後も上昇することが予測できるため「買い」、反対に陰線が続く場合は今後も下降が続くことが予測できるため「売り」のサインとなります。

取引はまず順張りで!

次に、注文をいれるときの方法を紹介します。
注文をいれるタイミング方法として、順張り逆張りがあります。

順張りと逆張り

逆張りは初心者が無意識にやってしまいがちですが、順張りで取引するのがおすすめです。
順張りだと、トレンドの流れ(要するに上昇しているか、下降しているか)を見て、その流れに沿って「買い」または「売り」をいれるだけです。

逆張りだと損切りを設定する場所がわかりづらいので、まずは順張りで損切りをきちんと設定しつつ、取引に慣れていきましょう。

成り行き注文で取引の流れをつかもう

さて、注文方法がわかったところで、実際に取引画面を開いてみると、成り行き注文やOCO注文など知らない言葉がでてくるはずです。
それはツールでどのように注文をいれるのか、というものです。
具体的に以下の注文があります。

  • 成り行き注文
    自分の好きなところで注文ができます。
    実際にレートを見ながら注文をいれるため、初心者にもわかりやすいです。
    まずは成り行き注文で取引してみましょう。
  • 指値注文
    「いくらで買うのか、いくらで売るのか」を指定して注文をいれます。
    指定した期間内にその価格に届かなかったら、注文が入らずにキャンセルされます。
  • 逆指値注文
    指値注文は利益を確保するための価格指定なのに対して、逆指値注文はこれ以上損失を出さないための損切り注文として使われます

まずは取引の流れを把握するために、成り行き注文で注文をいれて、好きなところで決済するのがおすすめです。
その後取引の流れがわかるようになってきたら、成り行き注文→保険として損切注文入れつつ→好きなところで決済、とちょっとずつ慣れていきましょう。

自分に合ったトレードスタイルで取引

トレードスタイルとは取引スタイルのことで、自分の生活スタイルや好みに応じて選ぶことができます。
FXではおもに4つのトレードスタイルがあります。

  • スキャルピング:数秒から数分の取引で、小さな利益を積み上げていきます。
  • デイトレード:注文を入れたその日のうちに決済をします。
  • スイングトレード:数日から数週間にわたってポジションをもちます。
  • 長期トレード:数カ月から数年にわたって、ポジションをもちます。 おもにスワップポイントによる利益を狙うときに効果的です。

このように、「どれぐらいの頻度で取引するのか」という視点からトレードスタイルを決めて、FX会社を選ぶのもおすすめです。
しかし、なかにはスキャルピングを禁止しているFX会社もあるので注意しましょう。

FXには24時間自動で取引してくれる自動売買も

FXには注文から決済まで自分で取引をする裁量トレードとは別に自動売買があります。
自動売買とは、24時間為替チャートの分析・注文の発注から決済までをすべて自動でおこなってくれるツールです

各FX会社によってさまざまな自動売買が存在し、初心者でもできる簡単な設定で運用させられるものから、自分で為替チャートの分析方法や取引方法のプログラムを作成して運用させる上級者向けまであります。

そして、この自動売買の大きなメリットはFX初心者でもプロの投資家が作成したプログラムを利用して、プロの投資家と同じ取引をすることができるんです!
「仕事が忙しくて取引をしている時間がない」「寝ている間も取引したいな」と思われる方は自動売買を利用してみるのもよいでしょう。

ただし、FXの自動売買は運用させてからずっとほったらかしにしてはいけません。
為替はさまざまな国の情勢で動き、変動していきます。
そのため、為替が予想外の動きをすると自動売買の設定したプログラムが機能しない可能性があるのです。

自動売買を運用させたら触らないことはせず、適度に自動売買のプログラムを確認し、ときには相場状況に合わせて設定やプログラムを変更することが大切です。

FX初心者が大損しないために守るべきこと

まずはドル円から取引を始めよう!

FX初心者が取引を始めるなら、まずはドル円で取引し始めましょう
そもそも海外の通貨と取引するFXは、いろいろな国の情勢に大きく影響を受けます。

例として内紛やテロなどが発生してしまったときです。
先進国は内乱などが起こることは考えにくいですが、新興国は政治や経済が不安定であるため革命などが起こる可能性もあります

また聞き慣れない通貨ペアは情報も手に入りくく、為替の値動きも予測がしづらくなります。
しかし、その点ドル円は世界中の人に取引されており、為替の値動きも比較的に緩やかで情報もニュースなどで手に入りやすいことがあります
日本でも馴染み深いドル円との取引からFXを始めるのがおすすめです。

感情的に取引をおこなわない

FXで勝つためには、精神面も大切になってきます。
「チャートはトレーダーの心理を表す」と言われているほど、為替の動きと心理状態は結びついているのです。

取引をしていると損失に焦ってしまい、思ったところとは違うところで決済してしまうこともあります。
確実に利益を重ねるためには、感情的にならずに冷静に取引することが大切です。
また、取引する金額が大きくなるほど損に傾いたときの焦りは大きくなるので、慣れるまでは少額での取引を繰り返すことをおすすめします

まずは、「順張りの成り行き注文→損切り注文→利益がでたら決済」を淡々とおこなっていきましょう。

取引環境を整えておこう

FXでよりよい取引するうえで自身に合った取引環境を整えておくのも大事です
現在FXはPC・スマホなどのさまざまな端末から取引することができます。
例えば、外出先でよく取引する人はスマホアプリ家で取引するのであればパソコンがおすすめになります

とくにこれからパソコンで取引しようと考えている方は、取引画面とチャートを同時に表示できるマルチモニターで取引することを推奨します。
マルチモニターならFXで取引をおこないながら別の作業をやっていても、わざわざ画面を切り替える手間が省けるため取引チャンスも逃しません。

マルチモニターは、FX以外でもパソコンを使うことが多い方であれば格段に作業効率が良くなるため、これを機会に導入してみてはいかがでしょうか。

よくある口座開設のQ&A

Q.FX会社ってよく知らないのですが、自分の資金とかちゃんと管理してもらえるのでしょうか?

A.FXには信託保全という仕組みがあり、トレーダーの資金は安全に管理されます。

信託保全とは、FX会社が投資家の資金を第三者機関(信託銀行など)に預けることによって、FX会社の資産とは別に管理されるシステムです。
FX会社での事業に自分の資金が使われることもなく、FX会社が破綻したときも代理人等を通して資金が返却されます。
また、FX会社は大手ネット証券会社のグループ会社であることが多く、信頼性も高いところがほとんどですよ。
ただし、海外のFX会社は国内の規定に当てはまっていないところもあるので、FXを始める際は国内のFX会社をおすすめします。

Q.学生や主婦、無職の人でもFXを始めることはできますか?

A.始められます。実際に学生や主婦でもFXをやっている方は多いです。

収入がなくても給与は審査対象ではないため、収入が少なくても落とされることは基本ありません。
また、FX会社は借金があったとしてもそれが審査対象になることはないため、ほとんどの場合正常にFX口座を開設できます。
ただし、多くのFX会社では20歳以上を口座開設基準としているため、学生の場合は注意しましょう。

Q.FXって大損するとか聞くのですが、リスクは大丈夫でしょうか?

A.資金管理をしっかりとおこなっていると、大損するということは基本ありません。

・早めに損切り(損失を限定する)をすること
・口座に資金が少なくなったら安易に資金を出さないこと

最初は以上の2点を意識することが大切です。
とにかく「損小利大」を心がけましょう。

また口座に資金が少なくなっても、安易に投資資金を追加するのは資金がどんどん減ってしまう原因になるので避けた方がよいです。
損失が続くようなら、一度取引を見直してみましょう。
不安な場合は、まずは少額から始めることをおすすめします。

資金管理についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
FXは資金管理が重要!初心者にもわかりやすい資金管理講座

まとめ

いかがでしたか?
FXは資金と口座があれば始めることができます。
資金は最低取引単位によって異なり、1万通貨単位であれば実質約4万円、1,000通貨単位なら実質約4,000円から取引可能です。
口座開設時には提出書類があるので、事前に用意しておくとスムーズですよ。

合わせて読みたい
FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

アイキャッチ 人民元

将来大化けするかも?複雑な特徴を持つ通貨「人民元」を解説!

覚えておきたいFX用語集

この記事を読めば、誰でもすぐFXをはじめられる!FX用語決定版!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x