FXの始め方入門!初心者でもすぐ始められる準備やFX会社を解説


これを見れば大丈夫!FXの始め方

 

最近では気軽に始めることができるFX
「お小遣いを稼ぎたい!」
「資金集めをしたい!」
FXに興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

こんにちは、FXを始めたいと思っている大輔です!
FXって聞いたことはあるけど、具体的なことは正直わからないんですよね。
とりあえず適当に口座を開いて……。

FXを始めるならちょっと待って!
手軽に始められるFXだけど、リスクもあるのよ? 
失敗しないように、しっかり準備してから始めていきましょ!

FXは実際、ポケットマネーほどの金額からでも始めることができる金融商品。
投資全般に興味があるサラリーマン、また学生さん主婦でもFXをやっている人は結構多いんですよ。
さっそくFXの始め方を紹介していきます!

FXとは

FXは外国為替取引といって、異なる通貨の価値の差を利用して取引をおこなう「投資」商品です。
「ギャンブルとかではないの?」
と思う人もいるかもしれませんが、ギャンブルではありません。
FXはあくまで、通貨を売買する取引です。

通貨は、常にその価値が変動しています。
例えば、その国で大きな事件や政策発表などがあれば、その国の通貨価値が変動することも多いです。
ネガティブな出来事であれば、その国の通貨を所有している場合「売りたい!」と思うでしょう。
そのまま所有していると、その通貨の価値が下がってしまうことが考えられるからです。
反対にポジティブな出来事があれば、その国の通貨を「買いたい!」という人が増えます。
ある国の通貨を「買いたい!」という人が多くなれば、その国の通貨価値は高くなります。

FXの基本的な仕組み

このように、常に国の通貨価値は変動しています。
その価値の差を利用しておこなう取引がFXなのです!(ほかにも金利や原油価格などでも変動します)

通貨を安く買って、高く売ったらその差が利益となります。
反対に通貨価値の変動の読みが外れて、買ったときよりも売るときに価値が高いと損をしてしまいます。
売値と買値がわからないと、売るのか買うのかの判断はできませんよね。
トレーダーはレートを見てその判断をします。
レートとは通貨の交換比率のことで「今買うならこの金額が必要」「今売ったらこの金額になる」ということを示しています。
下の図は取引画面での、実際のレート表示です。

DMMのレート

FXは安く買って、高く売るのが基本となります。
しかし、現在のレートだけ見ても「これから高くなるのか」「今買っておいたほうがいいのか」という判断は難しいですよね。
トレーダーはチャートを見て、売買のタイミングを判断しています。

DMMのチャート画面チャートは過去の通貨価格の動向を示したものです。
「今までこのような動きをしたから、これからこのように動くだろう」とこれから価格がどのように動くのか予測することができます

予測するときには、さまざまな指標を使用します。
図では5本の細い線がありますが、これはテクニカル指標の一つであるボリンジャーバンドです。
ほかにもテクニカル指標には多くの種類があり、トレーダーは自分好みの指標を使って予測をしています。

またFXは、FX会社で取引専用の口座を作り、その口座に入金して取引をおこないます。
FX口座へはネットバンキングやATMなどを介して入金することが可能です。

FX口座の仕組み

口座を開設するときには、手続き上必要なものがあります。
次の章では、FXを始めるときに必要なものを紹介していきます!

FXを始めるために必要なもの

・資金
・マイナンバー
・本人確認書類
・パソコン、スマホまたはタブレット

・資金
FXでは資金が必要となります。
自分の取引額に応じた資金を用意する必要がありますが、初心者の場合は10万円以下から取引を始めることをおすすめします。
少額から始めて、慣れてきたら徐々に金額を増やしていくとよいでしょう。

・マイナンバー
マイナンバーが記載された通知カード、または個人番号カードが必要になります。
確認方法として、郵送やFAX、画像のアップロードがありますが、アップロードするのが一番早く手軽です。

・本人確認書類
基本的に、本人確認書類は顔写真なしの場合は2点、顔写真付きの場合は1点、いずれかを用意したら大丈夫です。
こちらも、郵送、FAX、画像のアップロードがあります。

【顔写真なしのもの】
  • 健康保険証
  • 書類提出は全てのFX会社で必要です
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
【顔写真付きのもの】
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

・パソコン、スマホまたはタブレット
取引をするには、パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスが必要になります。
FX会社が提供する取引ツールは、それらに対応したものがほとんどだからです。
チャートの見やすさを考慮すると、パソコンがいいかもしれませんね。

パソコン取引ならマルチモニターもおすすめ
これからパソコンで取引しようと考えている方は、取引画面とチャートを同時に表示できるマルチモニターで取引することを推奨します。
マルチモニターならFXで取引をおこないながら別の作業をやっていても、わざわざ画面を切り替える手間が省けるため取引チャンスも逃しません。
マルチモニターは、FX以外でもパソコンを使うことが多い方であれば格段に作業効率が良くなるため、これを機会に導入してみてはいかがでしょうか。

この用語は知っておこう

準備するものが整ったら、FX会社を決めて口座を開設することになります。
会社を選ぶときに専門用語が出てきますので、事前に以下のものは知っておくと選びやすくなりますよ。

通貨数
10,000通貨のような表記があります。これは「10,000米ドル、10,000ユーロ」などの外国通貨の表記を統一したものです。例えば10,000通貨から取引可能な場合は、米ドル=110円で110万円の資金が必要ということになります。

レバレッジ
レバレッジは実際自分がもっている資金よりも多くの金額で取引できるシステムです。例えば、110万円で取引するならば、レバレッジ10倍で11万円の資金で取引することができます。日本では現在、最大レバレッジ25倍まで設定することができますが、慣れないうちはレバレッジ15倍までにすることをおすすめします。

スワップ
スワップは2国間での金利の差によって得られる利益です。
スワップが低い通貨を売って、スワップの高い通貨を買うとその金利差分の利益を得ることができます。そのため、取引通貨の組み合わせによっては、スワップが高いほうが利益を得やすいです。ただ、金利が高いものを売ると逆に損をしてしまうので注意しましょう。

信託保全
信託保全は、FX会社に何かあったときにトレーダーの資産が保護される仕組みです。受益者の代理人が信託状況を確認し、何かあったとき(FX会社が破綻など)には資産が返金されます。

約定
約定とは取引が成立することをいいます。FXでは、「ここで注文したい!」と思っても、システムの時差などにより少し価格がずれてしまうことがあるのです。約定力(率)が高いと、自分が思った通りに注文が通りやすいということになります。

通貨ペア
取引時の対象となる通貨の組み合わせです。「ドル/円」だと、円を使ってドルを取引する、という意味になります。通貨によって、流通量や変動に特徴があります。

スプレッド
スプレッドはFX会社の手数料のようなものです。売値と買値の差で、低いほどトレーダーにとってはお得になります。

FXの始め方

おおまかに、FXを始めるときの流れは以下の図のようになります。
まずはFX口座を開設するためのFX会社を決めます!
特徴を自分で比較しながら最適な会社を見つけましょう。
そして、その会社の口座開設手順に沿って口座を開設します。
口座が準備できたら、「どの通貨で取引するか」ということを決めてから、実際に取引スタートです!
次の章から、詳しく流れを見ていきます。

FXの始め方

大まかな流れは図のとおりですね。
僕はFX会社選びですごく悩みます・・・!

そうね、FX会社もたくさんあるものね。
私は「いくらから取引できるのか」という点で判断したから意外と悩まずに済んだわ。

リサさんはいつもいろんなことをサラッとこなしちゃうんだよなぁ。
あらかじめ判断基準を決めておくといいかもしれませんね。

 

FX会社を決めよう

FXを始めるにあたって、まずはどの会社で口座を開くのかを決める必要があります。
少額から取引できるところだと、最小約4円から始めることもできるんですよ。

1通貨=約4円
100通貨=約400円
1,000通貨=約4,000円
※レバレッジ最大25倍にした場合

 1通貨から取引できるFX会社

SBI FX トレード

SBIFXトレード

1通貨から取引できる
・26通貨ペアで、マイナー通貨も取引可能
・小数点以下4位まで表示!
現在500円キャッシュバックで実質タダ!

初心者にも自信を持っておすすめできるのが、SBI FX トレードです。
SBI FX トレードは1通貨から取引可能で、最小約4円から始めることができます。
取引コストが少なく済むので、「FXの取引に慣れていない」という人におすすめ!
完全信託保全で安心です。

 

 100通貨から取引できるFX会社

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

・スリッページなしで約定率が高い!
・業界最狭水準のスプレッドで取引コストも抑えられる
完全信託保全でいざというときも安心!
・高性能の取引ツールで、上級者にもおすすめ

1日の取引数量の上限はないので、「たくさん取引したい」という方にもおすすめです。
約定力が高いのが特徴!
2つの商品があるので、お好みで選ぶことが可能です!

パートナーズFX:初心者から上級者まで本格的に取引をしたい人向け
パートナーズFX nano:少額から取引可能で、初心者におすすめ

 

 1,000通貨から取引できるFX会社

外為オンライン

外為オンライン

「iサイクル注文®」で便利!
・トレーダーのブログなど情報が盛りだくさん!
・セミナーの満足度の高さも魅力!
・1,000通貨から取引可能

外為オンラインは自動売買である「iサイクル注文」を目的に口座を開設する人も多いようです。
iサイクル注文はあらかじめ設定した注文通りに自動的に取引し、利益を積み上げていくシステムです。
例えば、「相場が上昇して指定した価格になると決済、相場が下落し指定した値段になれば損切り」ということを繰り返していきます。
その設定もランキングなどから選ぶことができるので、初心者にもおすすめです。

 

FXブロードネット

FXブロードネット

・注文の仕組みがわかりやすいトラッキングトレード(自動売買)
約4,000円から取引可能
・タブレット用の取引ツールがあり、操作もしやすい
・100%信託保全で安心

スプレッドが0.3銭(ドル円)と業界最狭水準となっています。
トラッキングトレードは自動売買のひとつで、レートの動きを追いつつ売りと買いをセットで自動的におこなうシステムです。
レンジ相場(大きな変動がない相場)でも小さな利益を積み上げることができます。
スマホでも取引や確認が可能なので便利です!

 

外為ジャパン

外為ジャパン

・平日は24時間サポート対応で安心!
・スプレッドが狭いので、取引コストを抑えたい人にもおすすめ
・クイック入金(ネットバンキングで即座に入金できるシステム)は約380の金融機関に対応
iPad対応の取引ツールも

外為ジャパンは、株式会社DMM.com証券が運営しているFXサービスの一つです。
各種手数料が無料になっているので、取引コストを低く抑えることができます!
また、クイック入金は「イオン銀行」や「セブン銀行」などにも対応していますよ!

 

 余裕があれば10,000通貨から

DMM FX

DMMFX

FXの口座数国内No.1!
・PC版やスマホ版アプリなど充実の取引ツール
24時間のサポート体制で安心
・10,000通貨から取引可能

DMM FXはトレーダーにも人気で、メイン口座として使用している人が多いです。
取引ツールが充実しておりスマホでも操作しやすいので、「外出先でも取引したい」という人にもおすすめ!
困ったときはサポート(電話・メールフォーム・LINE・AIチャット)で問い合わせできるので、安心ですね。
取引実績に応じてポイントを貯めることもでき、さらにそのポイントは現金化することが可能です。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

高金利のスワップでお得に!
・充実の7種類の取引ツールから選べる
信託保全で取引も安心
・10,000通貨から取引可能

GMOクリック証券はサーバーが安定しており、約定力が高いことも特徴のひとつ。
取引ツールは初心者でも見やすく、幅広い層から支持があります。
またスワップポイントが高いので、金利で利益を得たいというときにもおすすめです。
平日は24時間サポート対応しているので、初心者でも安心ですね。

口座を開設しよう

FX会社を決めたら、FX会社の公式ページなどから口座を開設することになります。
口座を開設するときの流れは以下の通りです。

DMMFXの口座開設の流れ

口座開設は、各FX会社の公式ページから行うことができます。
「口座開設」というボタンがあるので、そこから案内にしたがって進みましょう。
以下はDMM FXの場合です。

DMMの口座開設ボタン

ボタンをクリックすると、最初に取引時の注意点や規約などについての確認書類に目を通します。

DMMの承諾書類

理解できたら、各項目にチェックを入れます。
クリックするとチェックが入ります!

DMMの承諾確認

次に「特定取引を行う者の届出」という欄があります。
特定取引とは法律に規定されたFXを含む取引のことなので、つまり「特定取引(FX)を行う者の届出」と思ってもらって大丈夫です。
チェックを入れたら、登録情報を入力します。

特定取引

登録情報は氏名、生年月日、連絡先、住所などです。
基本的にこの箇所の記入は必須となります。

お客様情報

職業は「選択してください」という箇所をクリックすると、選択肢が表示されます。
既存の選択肢から入力し、その下に年収や金融資産などを入力しましょう。

DMMの職業確認

職業を記入したら、今までの投資経験についてのアンケートがあります。
数日くらいの間隔で取引を考えている場合は、「短期売買」。
「スワップで稼ぎたい!」という場合は、「金利・配当重視」という欄を選択します。
あくまでアンケートなので、初心者でどれを選んでいいのかわからない場合は、自分の目的に近いものを選べば大丈夫です。

DMMの投資目的

同意を求められるので、3つにチェックを入れます。

DMMの同意

これらを入力したら確認画面が出るので、確認後に「申し込む」ボタンをクリックしたら完了です!

 

通貨ペアを決めよう

口座を開設したら、取引を行う前に通貨ペアを決めます。
通貨ペアは「米ドル/円」「ユーロ/円」という表記になっており、英語表記だと「USD/JPY」「EUR/JPY」となります。
それぞれの通貨ペアで特徴がありますが、初心者には流通量の多い「米ドル/円」がおすすめです。
米ドルは通貨価値が比較的安定しており、情報も多いことから日本で取引している人も多いです。

関連記事
通貨ペアについてはこちらの記事で紹介していますのでご参考ください。
FXは危険と隣り合わせ!?リスクヘッジは必須スキルだった!

 

少額から実際に取引してみよう

通貨ペアを決めたら実際に取引をスタートしましょう!
初心者の場合は、少額から始めることをおすすめします。
最初から多額に投資すると、失敗したときの損失が大きくなります。

デモトレードという無料体験ツールもあり、そこで取引を練習してから始めるのも手です。
しかし、実際に少額から取引することをおすすめします。
なぜかというと、デモトレードでは仮想的にお金を入金し、失敗しても自分には直接影響はないため、危機感を感じることができないからです。
デモトレードでは自分が入金していなくても、数千万円単位の取引が可能なので、金銭感覚も身につけることが難しくなってしまうかもしれません。
デモでの金銭感覚をそのままにリアルで取引すると、失敗をするおそれがあります。
初心者のうちからリアルなお金を使うことに慣れているほうが、実際の緊張などを感じることができますよ。

FX初心者の注意点

慣れるまでレバレッジは低めに設定しよう

レバレッジとは、実際の資金よりも多額の金額で取引できるシステムのことです。

レバレッジ

レバレッジを3倍に設定している場合は、実際に取引できる金額が3倍になります。
例えば、自分の資金が2万円の場合は、レバレッジ3倍で6万円分の取引ができるということです。
初心者のうちは、レバレッジ1倍、最低でも5倍までに設定しておくことをおすすめします。
レバレッジを高く設定しておくと、少ない金額で大きな金額の取引ができますが、その分、損をしたときの金額も大きくなります。
リスクを回避するためにも、慣れるまではレバレッジを低く設定しておきましょう。

ロスカットに気をつけよう

ロスカットとは、一定の損失が発生したときにトレーダーの意思に関係なくFX会社によって自動的に決済されてしまうシステムのことです。
例えばトレードが正反対の方向に動いて証拠金がマイナス1万円になった場合、借金としてFX会社に1万円を支払うことになります

資金が全額なくなったうえ、さらに借金まで発生するのはイヤですよね。
FX会社はこういったユーザーのリスクを回避できるよう、証拠金がマイナスになる前に強制的にロスカットをおこないます。

これを避けるにはロスカットされない程度まで証拠金を多く入れて取引をする必要がありますが、初心者の方は証拠金を少なめで取引を始めることが多いと思われます。
そのため、初心者の方がロスカットに遭わないためには、ロスカットされる前に早めに損切りすることが大切になります。

損切りとは、未然に大きな損失を防ぐことです。
自分で「この価格になったら取引を決済する!」ということを設定しておき、損額を小さくすることが可能です。

 

勉強する時間がないならシステムトレード

でも忙しい人や、結局よくわからないっていう人もいると思うんですけど……。
それでも取引だけはしたい!!

そういうときは、システムトレードがおすすめよ。
設定さえしてしまえば、自動的に取引をしてくれるわ。

システムトレードは選択型のものがほとんどです。
既存の設定のなかから、自分に合ったものを選んで取引を進めていきます。
例えば、「前日と比べて〇円以上安いと買い」などということを設定すると、実際に〇円になると買いをおこなってくれます。
24時間パソコンに張りつく必要がないため、忙しい人にもおすすめです。
初心者でも利用できるシステムトレードは以下のものがあります。

・みんなのシストレ

みんなのシストレ

みんなのシストレは、ランキングから設定を選ぶことができます!
初心者の方でも、実際に成果を出している設定を参考にできるので安心ですね。

・iサイクル注文

iサイクル注文

相場を追い、自動的に売買を繰り返します。
「トレンド」機能が追加され、システムが自動的に売買のタイミングを判断することが可能です!

・トラッキングトレード

トラッキングトレード

トラッキングトレードは売値と買値を指定し、トレンドを追いながら売買できるシステムです。
注文は自分で行うため、全自動というわけではありません。

・ループイフダン

ループイフダン

新規注文とあわせて、決済時の注文をセットで出すことができる注文方法をイフダン注文といいます。
そのイフダン注文を繰り返すのが、ループイフダンです。
上昇レートの場合は、買いを繰り返し、下降レートの場合は売りを繰り返すことができます。

まとめ
  • まずはFX会社を決めよう
  • 1通貨や100通貨、1,000通貨から始めることができるFX会社が初心者におすすめです。
  • 資金を準備しよう
  • 初心者の資金は、10万円以下がおすすめです。 これ以上少なすぎたら、強制ロスカットになる可能性が高くなり、また多すぎても損失のリスクが高くなります。
  • 口座を開設しよう
  • 各FX会社のホームページに「口座を開設」というボタンがあるので、そこから開設しましょう。
  • 実際に取引しよう
  • デモトレードもありますが、資金感覚に慣れるために少額から実際に取引することをおすすめします。
合わせて読みたい
FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

アイキャッチ 人民元

将来大化けするかも?複雑な特徴を持つ通貨「人民元」を解説!

覚えておきたいFX用語集

この記事を読めば、誰でもすぐFXをはじめられる!FX用語決定版!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x