FX初心者向け!自分に合った取引の手法は?

2018年9月17日

アイキャッチ

 

FXにはいろいろな手法がありますが、人に個性があるように、手法も人によって「合う・合わない」があります。

 

「どうやって自分に合う手法を見つければいいの?」

「いろいろな手法をたくさん覚えたほうがいいの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
自分に合った手法ってどうやって見つければいいか、最初はわかりませんよね。

そうね。
まずは自分の生活スタイルから、どんな手法が合っているかを考えるといいわね。
あと相性もあるから、自分がやりやすい手法を見つけることがポイントね。

僕とリサさんの相性はバッチリですね!

まぁ、そういうことにしといてあげる。

 

お、リサさんが最近優しい気がする!

まぁそんなことは置いといて、自分に合ったFXの取引手法を見つける上で、まずは自分の生活スタイルから「取引期間」を考えてみましょう。

 

短期~長期の取引スタイル

FXの取引スタイルには短期、中期、長期があります。

短期~長期の取引方法は大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期保有」の4つになります。

 

それぞれの取引スタイルを見てみましょう。

【スキャルピング】

スキャルピングは超短期の取引です。

1回の取引では数秒~数分間で、数銭~数円の小さな利益を狙います。

1回の利益が少ないので回数を重ね、利益を伸ばしていくスタイルです。

取引の回数が多いので、チャートを見る時間を長く取れる人に向いています。

 

【デイトレード

デイトレードは短期の取引です。

今日持ったポジションをその日のうちに決済します。

1日の内に取引を終えるので、チャートをまめに確認することができる人に向いています。

 

【スイングトレード

スイングトレードは中期の取引です。

1回の取引の期間は数日から数週間で、相場の波の1周期の値動きを狙います。

小さな動きではなく、大きな波に乗るので、チャートをずっと見る時間がない人に向いています。

 

【長期保有

長期保有は、その名の通り長期の取引です。

1回の取引は数カ月~数年で、主にスワップポイントを狙った人に向いています。

ロスカットの確率を下げるため、レバレッジは低めに設定することがおすすめです。

 

FXの手法は大きく分けて2つ

FXにはいろいろな手法がありますが、大きく分けると順張り逆張りの2つになります。

自分が「順張りをやっているのか」、「逆張りをやっているのか」わからないまま取引することは相場に踊らされ、損失につながってしまいます。

 

今のトレンドが上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、レンジ相場なのかを知ることはとても重要です。

初心者の方はトレンドの転換を見極めるのか難しいので、まずは順張りで取引をするのがおすすめです。

 

順張り

順張りとは、トレンドの流れに乗って取引する手法です。

上昇トレンド中に買い、下降トレンド中は売りでポジションを持ちます。

 

順張り

順張りに使うテクニカル分析は基本的にはトレンド系です。

順張りはトレンドの波に乗って取引します。

上昇トレンド中なら「買い」、下降トレンド中なら「売り」を入れます。

 

トレンド系のテクニカル分析には、

・移動平均線

・MACD

・一目均衡表

・ボリンジャーバンド

・スーパーボリンジャー

・スパンモデル

などがあります。

 

テクニカル分析についてもっと知りたい方はこちら

トレーダーの武器!FXで押さえておきたい7つのテクニカル分析

 

スーパーボリンジャーとスパンモデルについてもっと知りたい方はこちら

スーパーボリンジャーとスパンモデルを使ってトレンドを見抜こう

 

逆張り

逆張りとは、トレンド転換を狙う手法です。

上昇トレンドの終盤で下降トレンドに転換すると予想して「売り」、下降トレンドの終盤で上昇トレンドに転換すると予想して「買い」を入れます。

 

逆張り

逆張りに使うテクニカル分析は基本的にはオシレーター系です。

逆張りはトレンドの転換を狙うため、トレンドの強弱を分析して「トレンドの終わりから新しいトレンドへと切り替わるとき」を見極めることが重要です。

 

オシレーター系はトレンドの「売られすぎ・買われすぎ」を判断し、トレンドの強弱を分析するために使います。

 

オシレーター系のテクニカル分析は、

・RSI

・ストキャスティクス

・モメンタム

・サイコロジカルライン

・移動平均乖離率

・DMI

 

などがあります。

 

オシレーター系についてもっと知りたい方はこちら

オシレーター系でトレンドの強弱を判断すべし!代表格6つをご紹介

 

逆張りはトレンドの転換を見極めることが重要です。

トレンド転換のダウ理論も参考にしてください。

 

トレンド転換のダウ理論

ダウ理論とは、アメリカの証券アナリストであるチャールズ・ダウが提唱した理論で「すべての情報はチャートの動きに現れる」という考え方です。

 

ダウ理論は6つの基本法則で成り立っています。

1.平均はすべての事象を織り込んでいる

ダウ理論は株を基に作られていますが、平均というのはFXでいうとチャートにあたります。

チャートには投資家の心理や経済の状況などすべての事象が反映されます。

 

2.トレンドは3種類ある

トレンドには、短期(3週間以下)・中期(数週間~数カ月)・長期(1年~数年)の3種類があります

 

3.主要トレンドは3段階で構成される

第1段階:トレンドの始まりで腕のよい投資家がエントリーするところ。

第2段階:トレンドを認識しやすく、多くの投資家がエントリーするところ。

第3段階:トレンドの終わりがけで、初心者がエントリーしがちなところ。

 

4.トレンドの平均は複数の指標で確認しなければならない

1つの要素で判断するのではなく、複数の要素を組み合わせてトレンドを判断しなければいけないということです。

 

5.トレンドは出来高でも確認される必要がある

為替の動きがあっても参加者が少ないとトレンドとはいえないので、どれだけ取引の量があるか確認する必要があります。

 

6.トレンドは明らかな転換シグナルが発生するまでは継続する

明らかなシグナルというのは、ダウ理論では「直前の高値を更新してさらに高値になる」または「直前の安値を更新してさらに安値になる」ということです。

 

 

ダウ理論についてもっと知りたい方はこちら

上昇・下降の波に上手に乗って「押し目買い」「戻り売り」を狙おう!

 

1番シンプルな手法「ライントレード」

FXの取引には、テクニカル分析やファンダメンタル分析、ダウ理論など様々な手法がありますが、1番シンプルな手法がライントレード(水平線)です。

サポートラインレジスタンスラインと呼ばれる線を使ってトレンドやエントリーポイントを判断します。

 

サポートライン

サポートラインとは、別名「下値支持線」とも呼ばれ、これ以上価格が下がらないように支持している線です。

 

サポートライン

 

サポートラインは過去の安値を2つ以上つないだ線で、過去の安値は多くの投資家が意識しているポイントになります。

過去に2回支持されているということは買いの力が強いことを表しています。

3回目も支えられればまた上昇する可能性が高いので「買い」、下抜けすれば買いの力が弱まっていることを表すので「売り」のチャンスとなります。

 

レジスタンスライン

レジスタンスラインとは、別名「上値抵抗線」とも呼ばれ、これ以上価格が上がらないように抵抗している線です。

 

レジスタンスライン

レジスタンスラインは過去の高値を2つ以上つないだ線で、サポートラインと同様に多くの投資家に意識されているポイントです。

過去に2回抵抗されているということは売りの力が強いことを表しています。

3回目も抵抗されればまた下降する可能性が高いので「売り」、上抜けすれば売りの力が弱まっていることを表すので「買い」のチャンスとなります。

 

ラインが切り替わるパターン

レジスタンスラインからサポートラインに切り替え

サポートラインはずっとサポートライン、レジスタンスラインはずっとレジスタンスラインというわけではなく、相場はサポートとレジスタンスが切り替わりながら推移していく傾向があります。

 

上の図のように、価格が上昇しないように抵抗していたレジスタンスラインを上に抜けると、今度はこれ以上価格が下がらないように支持するサポートラインになります。

チャートに水平線を引き、このようなパターンを見つけてしっかりとトレンドを見極めていきましょう。

 

トレンドラインも合わせて使うと、今のトレンドが見やすくなります。

トレンドラインについてはこちらの記事をご覧ください。

FXにも流行がある?FXトレンドの意味とは?気になるFXの基本を解説!

 

リスク管理をしっかりしよう

FXで大切なことは「自分の資金を増やしていくこと」ですよね。

もちろん利益を伸ばしていくことは重要ですが、損失が大きければいくら利益が大きくなっても資金は増えていきません。

それどころか損失が上回って大事な資金を失ってしまう可能性もあります。

 

「損失をどれくらいに抑えるのか」をきちんと考え、相場が予想と反対に動いてしまった場合は自分で決めた金額の損切りを行うことが、資金を守る上ではとても大切です。

 

初心者は損切りを1%以内、中級者や上級者でも2%以内には抑えたいです。

資金の金額別で損切り1%以内の目安金額を表にしてみました。

連続で損切りした取引回数

資金
100,000円 300,000円 500,000円 1,000,000円
1回

99,000円

-1,000円

297,000円

-3,000円

495,000円

-5,000円

990,000円

-10,000円

2回

98,010

-990円

294,030円

-2,970円

490,050円

-4,950円

980,100円

-9,900円

3回

97,030円

-980円

291,090円

-2,940円

485,150円

-4,900円

970,299円

-9,801円

4回

96,060円

-970円

288,179円

-2,911円

480,298円

-4,852円

960,596円

-9,703円

5回

95,099円

-961円

285,297円

-2,882円

475,495円

-4,803円

950,990円

-9,606円

6回

94,148円

-951円

282,444円

-2,853円

470,740円

-4,755円

941,480円

-9,510円

7回

93,207円

-941円

279,620円

-2,824円

466,033円

-4,707円

932,065円

-9,415円

8回

92,274円

-933円

276,823円

-2,797円

461,372円

-4,661円

922,745円

-9,320円

9回

91,352円

-922円

274,055円

-2,768円

456,759円

-4,613円

913,517円

-9,228円

10回

90,438円

-914円

271,315円

-2,740円

452,191円

-4,568円

904,382円

-9,135円

 

資金が10万円の場合は1回の取引での損切は1,000円が目安です。

通貨取引数量によってどれくらい相場が動いたら1,000円になるのか見てみましょう。

 

FXではよくpipsという単位が使われます。

・1pips=1銭(0.01円)

・10pips=10銭(0.1円)

・100pips=1円

です。

 

pipsについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

pipsって何だろう?FX初心者が知るべきpipsの見方と活用方法!

 

・1万通貨単位で取引した場合、相場が10pips動くと「1,000円の利益または損失」になります。

・5,000通貨単位で取引した場合、相場が20pips動くと「1,000円の利益または損失」になります。

・1,000通貨単位で取引した場合、相場が100pips動くと「1,000円の利益または損失」になります。

 

例えば1日に相場はどれくらい動くのでしょうか?

もちろん経済状況などもあり、日にちによってだいぶ差はありますが、例を見てみましょう。

 

【2018年7月11日 米ドル/円】

安値110.77円

高値112.19円

差額:1.42円(142pips)

 

【2018年8月9日 米ドル/円】

安値110.71円

高値111.14

差額:0.43円(43pips)

 

たった1日でも、保有している1万通貨のポジションの相場が反対に動けば、損失はあっという間に1,000円を超えてしまいます

初心者の方はまずは少ない通貨単位で取引して、リスクを抑えましょう。

 

また、定期的に今までの自分の取引の利益と損失の割合を算出し、自分の取引のパフォーマンスが優れているのかどうか確認することをおすすめします。

 

自分のパフォーマンスを知るためには「プロフィットファクター・勝算・リスクリワードレシオ」の計算式を使うと便利です。

「プロフィットファクター・勝算・リスクリワードレシオ」について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

利益だけで判断してはダメ!プロフィットファクターで分析しよう

 

初心者にはこの方法がおすすめ!

初心者におすすめの手法は、

・順張り

・ライントレード

・リスク管理をしっかりする

・トレンド系とオシレーター系を1つずつ選んで組み合わせて使う

 

です。

初心者がトレンドの転換を見極めるのは難しいので、まずはトレンドの波に乗る「順張り」から始めてみましょう。

ライントレードはシンプルですが、過去の安値や高値は多くの投資家に意識されているポイントになりますので、しっかり押さえておいてください。

 

また、あまりたくさんのテクニカル分析を使うと複雑になり逆にトレンドがわかり辛くなってしまうこともあるので、自分に合ったものを2つほど選び、組み合わせて使いこんでみましょう。

 

他にも生活スタイルや目的によってどんな手法が合っているか簡単にまとめました。

【仕事をしていて1日中チャートを見るのが難しい人】

・スイングトレード

 

【チャートを長時間見ることができる人】

・スキャルピング

・デイトレード

 

【慎重にいきたい人】

・スワップポイント

 

【ハイリスクハイリターンを狙う人】

・逆張り

・値動きの大きな通貨ペア

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はFXの手法についてお話してきました。

 

「自分にはどんな手法が合うのか?」を考えて、自分に合った取引方法を選び、利益を伸ばしていきましょう。

今回の記事を手法選びに役立てていただければ幸いです。

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。