FXは土日がお休み!勝敗をわける土日の使い方と復習すべきこと


FXは土日がお休み!その理由と土日にやるべきこと

 

FXは平日24時間取引できるというのは有名です。
「じゃあ土日はどうなっているの?」
と思っている方もいるかもしれません。
じつは、FXは土日に取引することはできません!

僕は土日がフリーなこと多いので、できれば土日に取引したいんですけど・・・ちょっと残念です。
FXで土日にできることはないんですか?

そうね。
取引がない土日こそ、FXは検証と復習をするべきよ。

勉強ですか!
納得したようなしてないような・・・。
でもリサさんがそう言うからには、何かきっと理由があるはず!
ということで、今回は土日にFXができない理由と有意義に過ごすための知識を紹介します。

土日に取引ができない理由

FXは平日24時間取引できます。
なぜなら、FXは外国通貨を取引するものであり、世界中で取引されているものだからです。
日本の東京市場が閉まったとしても次に、ロンドン市場が開き、そしてニューヨーク市場が開く。
常に世界のどこかの市場が開いているため、FXの取引をおこなうことができます。

しかし、土日は世界中の為替市場が閉まってしまいます。
その結果、土日にFXの取引をおこなうことはできないのです。

例外として中東のイスラム教諸国では金曜日を休日とする国があり、一部の国では日曜日に取引が行われています。
ただし取引量が少なく限定的なので、あまり大きな動きはありません。
対応しているFX会社もほとんどないため、実質的にFXは土日に取引することができないのです。

土日はスワップポイントで稼ぐことができる

スワップポイントとは、2国間の金利差によって発生する利益のことです。
低金利通貨で、より高金利の通貨を買うとスワップポイントも大きくなります。

土日はFX会社が取引時間外となるため、スワップポイントを土日に受け取ることはできません。
ただし、土日分のスワップポイントは別の曜日に受け取ることができます。
土日をまたいでポジションを持っていると、土日分のスワップポイントも受け取ることができるのです!

土日も有意義に活用するために、スワップポイントの高いFX会社で取引するのがおすすめです!
ここではスワップポイントの高いFX業者を紹介します。

みんなのFX(1,000通貨取引)

みんなのFX

みんなのFXはドル/円のスワップポイントも80円と高いので、メジャー通貨での取引にもおすすめです。
なかでも、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、カナダドル/円の4通貨は業界トップ水準で高くなっています
受け取ったスワップポイントは再び投資資金として活用できますよ!

GMOクリック証券(1万通貨取引)

GMOクリック証券

GMOクリック証券のFXネオでは、ポンド/円のスワップポイントは75円となっており、比較的高水準です。
スワップポイントはロールオーバー方式を採用しているため、毎日その日分を受け取ることができます(土日分は毎週水曜に受け取りが可能)
ただしGMOクリック証券ではスワップポイントが日々変動するため、公式サイトで都度確認することをおすすめします。

土日に注意すべきこと

FXは土日に取引をおこなわない分、週明けに大きな動きをすることがあるので注意が必要です。
まず、月曜日には「窓」というものが見られることがあります。

「窓」に注意

「窓」は「窓開け」ともいい、週末に為替市場が閉まったときの終値と翌週に為替市場が開いたときの始値のギャップのことをいいます。
為替市場は24時間動いているので、通常はギャップが生じることはほとんどありません。

窓ができる要因としては、土日に世界的な事件や災害、テロなどの大きな出来事によって、為替に大きく影響して価格が変動し、休み前と価格の差ができて間が空いてしまうことが挙げられます。

窓開け

上の図に代表的な例として、ギリシャ危機におけるユーロの急落時の相場を示しました。
2015年6月26日、ギリシャはEUが示した支援・緊縮財政案への賛否を問う国民投票を7月5日に実施すると表明し、その戸惑いが相場にも表れるかたちとなりました。

ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念が高まった結果ユーロが急落し、翌週は週末の終値から4円近く下がった状態でスタートしたのです。

このように、情勢などの影響を受けて週明けに価格が乖離して取引が始まることがあります。
取引している通貨の状況や政策などについてはつねに情報を集めるようにして、土日明けの為替状況には警戒するようにしましょう。

窓埋め

「窓埋め」とは、開いた窓がのちに埋まるようにして相場が動く現象をいいます。
開いた窓はそのまま開いた状態になっていますが、上昇相場の場合は相場が下がったときに窓が埋まり、下降相場の場合は相場が上がったときに窓が埋まることになります。
窓埋め

相場はN字型で変動するといわれており、元の価格に戻ろうとする性質があるのです。

そのため、「窓(窓開け)」が起こった際は、ほとんどの場合「窓埋め」が発生します。
週明けに窓が発生した場合は、窓埋めが起こることを想定して、変動を予測するとよいでしょう。

祝日や年末年始は取引できるの?

FXは世界中で取引できるのが魅力となっていますが、祝日は国によって異なります。
日本が祝日でも、世界ではその日が祝日ではないことがあるのです。

そのため日本が祝日でも世界のどこかの市場は開いていることが多いため、基本的にFXは通常通り取引を行うことができます。

クリスマスである12月25日は世界の主要市場が軒並み休業となるので、取引できません。
年末年始は12月31日は市場がオープンしているため取引できますが、元日はFX会社が休業となるため取引できません。

ただ、クリスマス後から年末年始にかけては為替変動が大きく、スプレッド(売値と買値の差で実質的な取引手数料)が広がることもあるので初心者が取引するのは避けたほうがよさそうです。

祝日は取引可能

取引できない土日は相場の復習と検証にあてる

取引のできない土日は平日におこなった取引の振り返りをすることをおすすめします。
トレーダーは取引することを重要視している方が多いですが、じつは復習こそが利益を継続して確保していくためのコツだったりするのです。
取引することよりも、復習の時間が何倍も大切ともいわれています!

損切りが適切にできているかを確認

まずは損切りを適切にやって、損失を抑えられているのかということを確認しましょう。
損切りとは、注文とは反対に相場が動いたときに損失を限定するための注文です。

ルール通りの取引ができていないにも関わらず、利益を確保することばかり考えていては損失を抑えることはできません。
「どのように利益を伸ばすのか」ということを考える前に、「損失をどれだけ抑えることができるのか」ということを考えることが大切です。

取引が相場に合っていたかをチェック

リアルタイムで取引しているときには適切な取引だったと思っていても、あとから振り返ってみると「エントリーポイントはもっとあった」とか「エントリーを見送ったときの判断は間違っていた」と気づくこともあります。

利益が確保できなくなることが長期間続く場合は、自分の取引方法が相場の傾向に合っていない場合もあるのです。
そのため、平日におこなった取引は土日に復習し、都度調整することをおすすめします。

分析方法を変えてみる

取引がうまくいっていない場合は、現行の分析方法を変えてみるのも方法の一つです。

 テクニカル分析

テクニカル分析とはこれまでの為替相場をチャートによって分析することです。
種類も多いので、いくつか試して様子を見るのもよいでしょう。

関連記事
テクニカル分析について、詳しくはこちらをご参照ください。
「トレーダーの武器!FXで押さえておきたい7つのテクニカル分析」

 ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、各国の指標を見て相場を分析することです。
指標はさまざまなものがありますが、代表的なものではアメリカの雇用統計や鉱工業生産指数などが挙げられます。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析はいわば対極的な位置にあります。
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析をバランスよく使用するのもおすすめですよ。

関連記事
ファンダメンタルズ分析について、詳しくはこちらをご参照ください。
「毎月の確認が必須!経済指標で世界経済の状況を把握しよう!」

 プロフィットファクター

取引を見直すときには、プロフィットファクターを参考にするのもよいでしょう。
プロフィットファクターは、投資でうまく利益をあげられているか判断する数値で、算出方法は以下の式になります。

一定期間における総利益÷総損失

1がプラスマイナスゼロで、1以下だと損失になっていることを表します。
2以上が理想的なのですが、1.3~1.5が平均的なプロフィットファクターの目安になります。

関連記事
プロフィットファクターについて、詳しくはこちらをご参照ください。
利益だけで判断してはダメ!プロフィットファクターで分析しよう

まとめ

いかがでしたか?
FXは土日に取引できないからといって、何もできないわけではありません。
とくに土日分もスワップポイントを受け取ることができるのは、魅力の一つといえます。
「利益を得るために土日も無駄にしたくない!」という場合は、スワップポイントの高いFX会社を活用しましょう。

平日の振り返りをするときは、損切りや取引と合っていたかを見直し都度調整していきましょう。
分析方法を見直すのも方法の一つです。

合わせて読みたい
FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x