安心・安全な取引ができる!GMOクリック証券で口座開設をしよう


安心・安全な取引ができる!GMOクリック証券で口座開設をしよう

 

「FX会社がたくさんありすぎてどこを選んだらいいのかわからない」

「やっぱり大手が安心?」

 

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回はFX会社の中でもトップクラスの大手、GMOクリック証券についてお話していきます。

こんにちは! FXを勉強中の大輔です。 GMOクリック証券って業界内でもかなり大手ですよね?

そうなの。 GMOクリック証券はDMMFXと並んで、利用している人がかなり多いのよ。

FXを行う上で重要なポイントが「どこのFX会社で口座開設をするか」です。

FX会社ごとに色んな特徴があるため、自分の取引スタイルに応じた業者を選ぶことが大切になります。

 

たくさんのFX会社があるなかでも「手数料の安さ」と「安心・安全」な取引ができることで有名なのがGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の、FX取引の名前はFXネオになります。

投資する資金が多くなればなるほど手数料は大きなコストになります。

 

さらに、大きな資金を投資するならセキュリティ面に関してもきちんとした業者を選ばなくてはならないでしょう。

そこで、今回は手数料と安全性に定評のあるGMOクリック証券について徹底的に解説していきます。

 

GMOクリック証券はどんな会社?

GMOクリック証券は、インターネット通信業界で大手のGMOグループの子会社です。

GMOグループをまとめるGMOフィナンシャルホールディングスが100%出資しているグループ企業になります。

 

2005年10月にGMOクリック証券の前身となるGMOインターネット証券株式会社が設立されました。

その後、2007年12月にGMOインターネットが金融事業からの撤退を決定するに伴い、一時的にGMOインターネットとの資本関係は解消されます。

 

しかし、2010年に再度GMOインターネットと資本提携を行うことを発表し、完全子会社化されました。

そして、2011年4月に現在の社名である「GMOクリック証券」に社名変更を行い、翌年の2012年1月にはGMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社されています。

 

取り扱いしている金融商品は「株式取引(現物・信用)」「外国為替証拠金取引(FX取引)」「先物・オプション取引」「ワラント」「CDF」などです。

競合他社との差別化を図るため「手数料の安さ」「取引ツールの充実化」を推し進めた結果、業界大手の地位を確固たるものにしています。

 

月間取引高が最大級のFX会社

「GMOクリック証券は業界最大手の証券会社」という評価を裏付けるのがFXの月間取引高が6年連続1位という記録です。(2018年9月現在)

月間取引高とは「1カ月にどれだけの顧客がいくらの資金を動かしたか」という、いわば「ユーザーにどれだけ支持されているか」を示す数字になります。

 

GMOクリック証券の2017年年間取引高は「887.14兆円」、月間平均では「73.93兆円」です。

一方、一番の競合他社となる「DMM.com証券」の2017年年間取引高は「733.10兆円」、月間平均は「61.09兆円」なのでかなりの差が開いていることが分かります。

GMOクリック証券とDMM.com証券は「FX会社の2強」といえるでしょう。

 

また、GMOクリック証券は口座開設数および預かり資産残高に関しても業界トップクラスです。

口座開設数は「約53.7万」、預かり資産残高は「1493.35億円」となっており、アクティブなユーザーが多いことがわかります。(2018年9月現在)

ユーザーが多ければ多いほど資金の流動性は高まり、取引を行いやすい環境になります。

 

FX以外の金融商品の取引も簡単!

GMOクリック証券では株式の現物取引や信用取引、外国為替証拠金取引(FX)以外にもたくさんの金融商品を取り扱っています。

具体的には「投資信託」や「先物オプション」「外為オプション」に「クリック365」などです。

 

他にも「CFD」や「maneo」「債券」「NISA」まで取り扱っています。

投信信託からNISAまでかなり幅広い金融商品の中から自分の好みの商品を選択できることがGMOクリック証券のメリットの1つです。

 

その中でも、特にGMOクリック証券のCFDは選択できる金融資産が豊富で定評があります。

CFDとは差金決済取引と呼ばれる投資方法で、価格の変動に伴う損益部分(差金)だけを取引することをいいます。

 

FXもCFDの1つの形で、外国為替の差金取引をFXと呼びます。

GMOクリック証券のCFDでは株価指数に投資する場合であれば「日経平均株価」だけでなく「ダウ平均株価」「イギリス平均株価」「ドイツ平均株価」「上海・香港平均株価」など世界中の株価指数に投資できます。

 

他にも商品CFDであれば「金」「銀」「原油」「天然ガス」「大豆」「コーン」などにも投資可能です。

本来、こういった金融商品に投資する場合、専用の投資口座を開設する必要がありますが、GMOクリック証券のCFDを利用すればGMOの口座1つで世界中の金融商品に投資できます。

 

スプレッドが狭いためデイトレードなどに向いている

GMOクリック証券が多くのユーザーに選ばれるのは、金融商品の豊富さだけではありません。

GMOクリック証券は外国為替証拠金取引(FX)のスプレッドが狭いことで有名になった企業です。

 

スプレッドとは外国為替の売値と買値の差のことをいいますが、GMOクリック証券では競合他社に比べて最狭水準のスプレッドを提供しています。

 

【スプレッド】

・米ドル/円:0.3銭

・ユーロ/円:0.5銭

・ポンド/円:1.0銭

・豪ドル/円:0.7銭

・NZドル/円:1.2銭

・カナダドル/円:1.7銭

など、取り扱っている19通貨すべてで業界最狭水準のスプレッドになります。(2018年9月現在)

 

また、スプレッドには原則固定制変動制の2つがありますが、GMOクリック証券では原則固定制を採用しています。

原則固定制とは提示されたスプレッドが原則的に固定されている仕組みで、常に狭いスプレッドで取引することができます。

 

例外的に経済指標の発表時や要人の発言などで相場が急変した場合はスプレッドが変動する場合もありますが、基本的には固定されたスプレッドで取引が可能です。

スキャルピングデイトレードなどの売買回数が多いトレード手法ではスプレッドが利益に直結してきます。

 

また、取引手数料や口座開設費用に維持費用は完全無料です。

さらに、GMOクリック証券と提携している銀行からの入金であれば入金手数料も無料になるので、取引コストを抑えることができます。

 

スワップポイントが他社と比較して高い

FXは差益で儲けるだけが利益を上げる方法ではありません。

通貨間の金利差を利用したスワップポイントをもらうことでも利益をあげることができます。

スワップポイントとは安い金利の通貨で金利が高い通貨を購入したときにもらえる金利差のことをいいます。

スワップっポイント

たとえば、日本円(金利0.10%)でオーストラリア(金利1.5%)を買いポジションで持てば、【1.5%-0.1%=1.4%】のスワップポイントをもらえる計算です。

 

また、スワップポイントはニューヨーククローズ(マーケットが終了する時間)に日割り分を毎日もらえます。

ただし、スワップポイントは「安い金利の通貨で高い金利の通貨を購入した場合」のみ利益になります。

 

逆に「金利の高い通貨で、金利の安い通貨を購入した場合」は金利差分を支払わなければならないため注意しましょう。

そして、スワップポイントは国の情勢や政治状況によって日々変動しています。

 

プラスだったスワップポイントがマイナスになったり、マイナスだったスワップポイントがプラスになったりする場合もあるため、自分が保有しているポジションは定期的に確認しておきましょう。

 

取引ツールが使いやすい

GMOクリック証券では「デスクトップ」「ブラウザ」「スマートフォン」「モバイル」から自分に希望に合ったツールで取引をすることができます。

 

【デスクトップ専用アプリ】

デスクトップ専用アプリのはっちゅうくんFXPlusはFX取引専用のアプリケーションで、直感的な操作方法で取引をすることができます。

為替レート一覧、注文一覧、保有ポジション一覧、自分の口座情報や証拠金維持率などの、取引に関する情報が1つの画面に表示することができます。

レイアウトは自分の好きなようにパネルを配置することができます。

 

【ブラウザから取引】

FXネオのブラウザ取引画面は、新規注文、決済注文、注文の変更や取消を1つの画面で行うことができます。

はじめて使う人でも、どこに何があるのかわかりやすく、操作も簡単です。

画面左側には評価損益、決済損益、スワップポイント損益が常に表示されていて、いつでもすぐに確認することができます。

 

【スマートフォン専用アプリ】

・iPhone専用アプリ

iClickFXneoPlusは iPhone専用アプリで、新規・決済・ドテン注文、同一通貨の全決済注文が可能な「スピード注文チャート」を搭載しています。

 

・Android専用アプリ

FXraidPlusはAndroid専用アプリで、初心者でも迷わない取引の中心となるメイン画面をわかりやすく表示し、スピード注文やマーケット情報などに簡単にアクセスすることができます。

 

【モバイル画面で取引】

モバトレ君はNTTドコモ、SoftBank、au対応で、携帯電話からパソコン取引とほぼ同じように取引することができます。

通信料は自己負担になります。

 

取引できる時間が長い

FXをする上で重要なポイントの1つが取引可能な時間帯です。

FX相場は市場に参加しているプレイヤーが多い時間帯や取引が行われていない期間が開いてすぐなど特定の時間帯に大きく動くことが多々あります。

 

したがって、「どの時間帯に取引できるか」というのは損失に直結するポイントです。

この点、GMOクリック証券では取引できる時間が月曜AM7時~土曜AM7時となっており、他社よりも比較的長く設定されています。

 

特に注目するべきは「NYクローズでの切り替えで取引できない時間帯がない」という点です。

ほとんどの取引所ではNYクローズの切り替えが行われる「AM5:55~6:10」までの間は取引ができません。

 

週明け月曜日の早朝などは取引所が開いていない間に相場を急変させる材料が出ていることがあり、相場が大きく動きやすい時間帯です。

早朝でもGMOクリック証券であれば取引は可能なので相場の急変にも即座に対応することができます。

 

デモトレードでFXの練習ができる

全くFXをしたことがない人からすれば「いきなり本番のトレードをするのは心配」という人も多いのではないでしょうか。

初心者でも安心してFXに参加できるようにGMOクリック証券ではデモトレードという機能が用意されています。

デモトレードとは実際に利用するツールを使って本番と同じようにトレードを行うことができる機能です。

 

使う資金はデモトレード用の仮想資金なのでリアルマネーを使う必要はありません。

資金は仮想ですが、相場は現実のリアルタイムで動いている相場を使います。

 

「どのタイミングでエントリーするのか」「注文方法はどうするのか」など取引に関する実践的な練習を行うことが可能です。

GMOクリック証券では初心者向けとして「FXネオ デモ取引」、経験者向けに「はっちゅう君FX Plus」という2つのツールを用意しています。

デモトレードは無料で1カ月行えるので、しっかりとツールの使い方をマスターしてから本番の取引を行いましょう。

 

口座開設がスピーディー

FXを行うには取引口座の開設が必要不可欠ですが、GMOクリック証券では口座開設も簡単で最短2営業日で済みます。

まず、GMOクリック証券の公式ホームページにアクセスし口座開設ページを開きます。

パソコン

口座開設者の基本情報を入力し、本人確認書類をアップロードしましょう。

利用できる本人確認書類は「運転免許証」や「住民基本台帳カード」「パスポート」などです。

「顔写真付きの書類」が推奨されますが「各種健康保険証」や「年金手帳」「印鑑登録証明書」「住民票の写し」などでも申請できます。

 

ウェブ上にアップロードする以外は郵送でも送付できますが、口座開設まで時間がかかるため、すぐに開設したい人はアップロードしましょう。

口座開設に必要な手続きはこれだけです。

 

申請を行った後は審査になり、審査が終わったら、登録住所に口座開設完了の案内が郵便で届きます。

これで口座開設は完了し、あとは入金すればFX取引をスタートすることができます。

 

入出金に素早く対応してくれる

GMOクリック証券では、以下の4つの入金方法があります。

・インターネットバンキングからの入金

・金融機関窓口・ATMからの入金

・証券コネクト口座からの入金

・投資信託の自動引き落とし

 

この中でも一番簡単に、かつ即時入金できるのが「インターネットバンキングからの入金」です。

インターネットバンキングを登録している口座を持っている場合、GMOクリック証券にその口座を登録すれば取引口座にリアルタムで即時入金することが可能なサービスになります。

 

主な提携先銀行は「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行」など11行です。

また、出金に関しては口座開設の際に登録した銀行口座に15:00時までの出金申請で翌営業日に、17:00時以降の申請で翌々営業日に振り込まれます。

出金手数料は無料で、出金後の余力はリアルタイムで反映されます。

 

定期的にキャンペーンを行っている

GMOクリック証券でもは定期的にキャンペーンを行っています。

時期にもよりますが、FX口座開設で最大3万円キャッシュバックや金利最大12倍キャンペーンなどかなりお得に取引をスタートすることが可能です。

その他にも「米沢牛プレゼント」や「現物取引手数料無料キャンペーン」などいろいろなキャンペーンを行っているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

ただし、キャンペーンに応募するときは、プレゼントの受け取り条件をきちんと確認しておく必要があります。

一定の取引量が必要な場合や入金額に条件がある場合もあるので確認しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

GMOクリック証券は、サーバーの安定性やシステム面の強さはもちろん、スプレッドも業界最狭水準で取引ツールも充実しています。

 

東証一部上場のGMOグループが運営しているだけあって、サービス内容は一流です。

取引ツールも充実していて、パソコンからやスマートフォンからなど、自分に合ったスタイルで取引をすることができます。

 

まだ口座を開設していない、利用したことがないという人はこの機会にGMOクリック証券を利用してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい
FXTFの評判 | 口座開設前に知りたいメリット・デメリットを紹介!

FXTFの評判は?国内で希少なMT4が使える口座をオススメするこれだけの理由

8つのポイントでランキング!FX会社の特徴や強みを探ってみた!

8つのポイントでランキング!FX会社の特徴や強みを探ってみた!

YJFXのおすすめポイントをご紹介

スマホアプリで取引するならココ!YJFXが選ばれる理由とは?

外為どっとコムで取引を始めよう

取引の参考にしたい情報が豊富!外為どっとコムでFXを始めよう

プロ志向のあなたにおすすめ!外為ファイネストでFXデビュー!

プロ志向のあなたにおすすめ!外為ファイネストでFXデビュー!

DMMFXのキャッシュバックキャンペーン

DMM FXは国内口座数No.1!選ばれる6つの理由と注意すべきこと

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x