どうやって始めればいいの?FXの始め方を解説します!

2018年9月17日

アイキャッチ

「FXを始めてみたい」と思ったら、まずはどんなことを知ればいいのでしょうか?

 

「FXに興味はあるけど、どうやって始めたらいいのかわからない」

「始める前にどんなことを知っておけばいいの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

こんにちは!
FXを勉強中の大輔です。
僕も最初はFXのことは、リサさんに手取り足取り教えてもらいました。

ホント、大輔くんは飲み込みが悪くて苦労したわ・・・。

リ、リサさん・・・。

ふふふ、冗談よ。
よく頑張ってるわね、大輔君。

よ、よかった。

リサさん、あまり僕をいじめないでくださいね。

さて、気を取り直して、今回はFXを始める前に知っておいてほしいこと、FXの始め方をご紹介します!

 

FXというと、リスクが大きく、初心者には難しそうというイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、FX取引はポイントを押さえれば、投資初心者でも取り組むことができる取引です!

今回は、FX取引の始め方と注意点について紹介します。

 

FX取引を始める理由

FXの取引を始めるに当たって、大切なことは自分なりの目標設定をきちんと行っておくことです。

まず、FXを始める目的は「資産を増やしていくこと」ですよね。

 

いざFXの取引を始めてみると、思うように資産を増やすことができない場合もあるでしょう。

うまくいかないと、自分の資産が減っていく焦りから誤った判断をしてしまい、余計に損失を膨らませてしまうことも少なくありません。

いつも安定した心構えで落ち着いて取引ができるよう、「資産を増やす」という目的は常に心に留めておくようにしましょう。

 

また、お金を稼いで何がしたいのか、やりたいことを実現するためにいくらが必要なのかを明確にしておくこともいいかもしれません。

ただなんとなくお金を稼ぎたいと思っている人は、少しうまくいかない場合でも「そのうち稼げればいいや」と考え、FX取引に必要な努力を怠りがちです。

 

FXで稼ぐためには、やはりある程度の基礎知識を持ち合わせていなければなりません。

具体的で明確な目標を持っている人は、目標を実現するため、こうした知識も積極的に学ぼうとします。

 

明確に目標を持っている人とそうでない人とでは、投資を行う上で必要な心構えが全く違ってきます。

この心構えの違いは投資の結果にも確実に表れるので、まずはFXを始めることで実現したい自分なりの目標を考えてみましょう。

 

手元資金が少なくても始められる

FXの最大の魅力は、少ない元手資金でも大きな額の取引ができることです。

その理由は、FXの最大の特徴であるレバレッジにあります。

レバレッジ

レバレッジとは、少額でも自己資金を担保として預けることで、手持ち資金の何倍もの取引ができる仕組みです。

このレバレッジを利用すれば、手持ち資金が10万円しかない場合でも、レバレッジ25倍なら250万円分の取引を行うことができます。

 

つまり、少額の資金しかなくても大きな利益を得ることが可能になります。

レバレッジをかけても、特別な手数料などはかかりません。

無料で資金を増やすことができるのは、FXならではの大きなメリットといえるでしょう。

 

レバレッジをかけることで、手元にある資金で運用した場合の数十倍もの利益を出すことが可能になりますが、その分リスクもあります。

1つは、レバレッジをかけた分、損失の額も大きくなるということです。

 

レバレッジをかけずに取引をした場合は損失も出資した金額の範囲内になりますが、レバレッジをかけた場合は損失を出資金以上の損失を出してしまう可能性もあります。

 

2つ目は、FXにはレバレッジを大きくかけると、損失が膨らめば強制決済にロスカットされてしまう可能性があるということです。

 

相場が自分の予想に反している場合でも、少し待っていれば回復して利益が得られる場合もあるでしょう。

しかし、高いレバレッジをかけてしまうと、少し相場が変動しただけでも損失が膨らみ、強制決済されてしまう場合があります。

高いレバレッジをかけすぎて失敗すると、中長期の取引ができなくなり、儲かるタイミングまで待つということができなくなってしまいます。

 

このように、FXはレバレッジの仕組みにより自己資金が少なくても始めることができますが、レバレッジを高く設定するとその分リスクも高まります。

初心者はあまり高いレバレッジを設定せず、2~3倍から始めるのがよいでしょう。

 

FXの取引口座を開くまでの流れ

ここでは、実際にFXの始め方について解説します。

FXを始めるためには、まずはFXの取引口座を開設する必要があります。

 

口座を開設するための条件は、20歳以上75歳未満であることです。

また、多くのFX会社では海外に住んでいる方の新規口座取得は難しく、国内在住が条件になっているようです。

 

ここからは口座を開設するための手順について説明します。

1.口座を開設したいFX会社の口座開設ページにアクセスします。

 

2.口座の開設ボタンをクリックし、注意事項などをよく読み同意して、進んでいきます。

 

3.基本情報を入力する画面が現れますので、名前や住所、生年月日等の必要な情報を入力します。

年収や職業なども、正しくしっかり入力しましょう。

虚偽の情報などを入力すると審査に落ちる可能性が高まります。

 

4.基本情報の入力が終わったら、次は本人確認書類のアップロードです。

多くのFX会社では、本人確認としてマイナンバーが必要になっています。

 

マイナンバーカードを持っている人は、用意する本人確認書類はそれだけで大丈夫です。

マイナンバーカードが無い人は、通知カードと、運転免許証やパスポートなど顔写真付き本人確認書類を合わせて用意します。

 

顔写真付き本人確認書類が無い場合は、通知カードに加えて年金手帳や印鑑登録証明書などの書類を2点用意しましょう。

 

本人確認書類の送り方としては主に3通りあり、

・インターネットで送信する方法

・FAXで送信する方法

・郵送する方法があります。

書類を送ったら、一通り口座の開設手続きは終了です。

 

5.書類を送ってから、順調にいけば数日で書類が入力した住所あてに送られてきます。

書類の中にはIDやパスワードの通知が同封されていますので、それを利用してログインすれば自分の口座が利用できるようになります。

 

これで口座の開設手続きは完了です。

あとは口座に入金をして取引スタートです。

 

スプレッドが狭いFX会社に注目

FXの取引をうまく行うために、自分に合ったFX会社を選ぶことはとても重要です。

ここからは、FX会社を選ぶ時のポイントについて説明します。

 

まずは、スプレッドが狭いFX会社に注目してみましょう。

スプレッドとは、FX会社に支払う手数料のようなもので、簡単に言えば買値と売値の差額のことです。

 

FXは為替レートを表示する際、買値と売値の2つのレートが同時に表示されます。

この同時に表示される2つのレートは必ず買値のほうが売値より高くなっていて、この買値―売値の差額がスプレッドです。

 

FXの取引を行う以上絶対にかかってしまうコストなので、取引を行う際にはこのスプレッドについても考慮しなければなりません。

 

このスプレッドのレートはFX会社によって少しずつ異なります。

FXの取引で表示される為替レートは、実は実際の為替レートではなく、各FX会社が設定したスプレッドを上乗せしたレートで表示されています。

 

スプレッドは通貨を買うときも売るときのどちらの場合にも上乗せされています。

スプレッドにより通貨を購入するときのコストが増え、売った時の利益が少なくなりますので、なるべくスプレッドが低い会社を選んだ方が利益をあげやすく、取引で有利になります。

 

取引ツールに慣れるためにデモトレードができるFX会社を選ぶ

FXの会社を選ぶうえでもう1つの重要なポイントは、デモトレードができる会社かどうかです。

デモトレードとは、実際に自分のお金を使ってトレードを行う前に、架空の資金で実際と同じようにトレードを行うことができる機能のことです。

デモトレード

実際にFXの取引を始めてみると、戸惑うことがたくさんあるでしょう。

自分のお金を使っていると、分からないことがあっても焦って操作・判断してしまい、失敗に繋がりやすくなります。

FX取引に慣れるためにも、事前にデモトレードを利用して練習しておくことをおすすめします。

 

デモトレードでは、ツールの操作がしやすいか、使い心地はよいかなどを確かめることができます。

さまざまな会社のデモトレードを試して、画面が見やすく操作がしやすいものを選べば実際の取引もスムーズに行うことができるでしょう。

 

また、デモトレードで練習をすれば、自分の取引のスタイルの確立や検証にも役立ちます。

練習を重ねて自分のスタイルを見つければ自信にもつながりますし、実際の取引でも落ち着いて取り組むことができるようになるはずです。

 

このように、デモトレードは自分に合った会社を選ぶのに非常に重要ですし、取引の練習も行うことができる便利な機能です。

ぜひ、デモトレードが体験できるFX会社を選ぶようにしましょう。

 

安心して取引を行うためにはFX会社も重要

口座開設をするときは、資金力が安定している大手のFX会社を選ぶことも重要です。

大切なお金を預けるわけですから、信用できる会社を選ぶようにしましょう。

 

信用できる会社とは、第一に資金力があり経営基盤が安定している会社です。

大手で有名ということはもちろんですが、一歩踏み込んで会社の経営状態がわかる自己資本規制比率をチェックしてみるとよいかもしれません。

この比率が200%以上ある会社は、経営状態が良好で経営破綻のリスクは低いとされています。

 

反対に、140%を割ってしまっている会社は金融庁への報告も義務づけられており、安心とはいえません。

この自己資本規制比率は各会社でのホームページなどで公開されていますので、ぜひ確認してみるとよいでしょう。

 

また、全てのFX会社は顧客から預かった資金を他の金融機関などに預ける信託保全が義務付けられています。

万が一FX会社が破綻してしまった場合でも、顧客の資金は信託会社などが保管していますので返金される仕組となっています。

この信託先も確認しておくとよいでしょう。

 

買う・待つ・売るがFX取引の基本

FXの基本姿勢は、主に「買う」「売る」「待つ」の3つです。

FXで利益を出すためには、「安く買って高く売るか」、「高く売って安く売るか」の2通りしかありません。

FXは為替差益を狙って行う取引なので、株取引などとは異なり、売ってから買うという流れも成立します。

 

どちらの場合でも共通して重要なのは、相場の動きを正しく予想することです。

例えば相場がこれから上昇すると思ったら、買って売るという流れになります。

 

【買う】

予想通りに相場が上昇すれば、買った時より売った時の価格が高くなり、その差額が利益となります。

一方で、予想に反して相場が下がってしまった場合には、買った時より売った時の価格が低くなるため、差額が損失になってしまうのです。

 

【売る】

逆に相場がこれから下降しそうな場合には、売りでポジションを持ち、買いで決済します。

予想通りに相場が下がれば儲けとなり、外れて相場が上昇した場合は損失となります。

上がるか下がるか、どちらを予想した場合でも予想が当たれば利益が得られるのがFXの大きな特徴です。

 

【待つ】

こうしてみると、「買う」「売る」だけで十分な気がしますが、実はFXの取引を行う上で最も重要なのは「待つ」の姿勢です。

より多くの利益を得るためには、この「待つ」ことがとても大切です。

 

FXでは相場の変動で実際に自分のお金が増えたり減ったりするので、焦ってすぐにポジションを持ったり、決済をしてしまいがちです。

しかし、確実に相場が上がりそうなタイミング、下降しそうなタイミングが現れるまでじっくり待つことが大切なのです。

 

ポジションを持つための相場分析

FXでは、注文をしてから、決済して利益や損失が確定する前の外貨の保有残高のことをポジションと呼びます。

それぞれ外貨を買って決済を待っている状態はロングポジション、外貨を売って決済を待っている状態はショートポジションです。

 

FXでは新たに通貨の売買を行うことを「ポジションを立てる」といい、このポジションをどう立てて、どのタイミングで決済をするのかが損益を分ける非常に重要なポイントとなります。

適切にポジションを立て、利益を上げるためには、為替相場の分析は欠かせません。

 

相場の分析方法はいくつかありますが、大きく分けるとファンダメンタル分析テクニカル分析の2つがあります。

そこで、ここではこの2つの分析方法について紹介します。

 

ファンダメンタル分析とは、経済の状況や為替に影響する出来事などを分析して売買戦略を練る手法です。

景気や金利などはもちろんですが、各国の経済政策や経済指標の数値、経済的影響力のある人の発言などが判断材料になります。

相場の大きな流れを把握するのに向いている手法で、中長期の投資では非常に重要な分析方法になります。

 

一方のテクニカル分析は、チャートの動きを元に、過去の価格の動きから今後どのように動くかを分析する手法です。

チャートだけ見て分析するので、ファンダメンタル分析のように経済的な専門知識は必要ありません。

 

テクニカル分析の中には、「ローソク足」「単純移動平均線」「ボリンジャーバンド」などの手法があります。

いくつかの分析を組み合わせることで、より精度の高い分析をすることも可能です。

 

テクニカル分析についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

トレーダーの武器!FXで押さえておきたい7つのテクニカル分析

 

損切りポイントをあらかじめ決めておく

FXで大きな損失を生み出さないためには、ポジションを持った時に、あらかじめ損切りポイントを決めておくことが大切です。

損切りとは、より大きな損失を被ることを防ぐため、ある程度の損失が出たら決済を行って取引を終了することです。

損切り

 

FXは投資ですから、当然うまくいくときもあればうまくいかないときもあります。

利益が出ているときは問題ないのですが、損失が発生した時、損切りをいかにうまく行えるかが明暗を分けるポイントです。

 

しかしながら、多くの人はこの損切りがうまくできません。

なぜなら、「もう少し待てば相場が反転して損失がなくなるかもしれない」という心理が働くからです。

損失が出た状態で、決済を行って確定させるのは勇気がいることかもしれません。

 

しかし、その一方でどんどん相場が予想と逆方向に動き、気づいたら手が付けられないほど損失が大幅に膨れ上がってしまう可能性もあります。

このような事態を防ぐために、あらかじめここまで損失が出たら損切りをしよう、と決めておくことが重要になります。

 

中には、あらかじめ決めていてもいざその事態に直面すると迷ってしまうという人もいるかもしれません。

そんなときは、逆指値注文を使ってみてはいかがでしょうか。

 

逆指値注文とは、事前に損失ポイントを設定しておくと、その損失を上回った時点で自動的に決済される仕組みです。

なかなか損切りができない人はぜひ活用してみてくださいね。

 

必要な情報が何かをよく見極める

FXを行う上で重要な相場の動きを正しく予想するために、情報を集めることは重要です。

しかし、多くの情報を集めれば必ずしも投資がうまくいくのかといわれれば、そうではありません。

 

状況に応じて情報を取捨選択し、必要な情報を集めることが何より大切なのです。

特に為替相場に大きく影響する情報は、政府や中央銀行の方針決定、利上げ、国際的な問題などです。

 

これらの情報は為替相場で長期的な流れを作るので、こうした情報はいつもチェックすることがおすすめです。

また、雇用統計や中央銀行の発表など大きな指標に関する情報も重要です。

 

他にも主要人物の発言や、小さな指標であっても時に相場に影響をあたえることがあります。

各指標や発表のスケジュールを把握して、状況によっては気を配るようにしましょう。

 

FXをうまく行うためには、「必要な情報は何か」を状況によって見極めることが大切です。

全ての情報を受け入れるのではなく、取捨選択して本当に必要な情報をもとに判断するようにしましょう。

 

日々の取引記録をチェックしよう

FXを行う上で、日々の取引記録は必ずチェックするようにしましょう。

なぜチェックをしたほうがいいかというと、反省を活かして次の取引でよりよい結果を残すためです。

 

日々の取引記録をチェックすることで、自分の取引のクセや反省点が分かります。

まずは問題に気づき、そこからどう改善していくのかを考えていきましょう。

 

取引記録には、「なぜ取引をしたのか」、「その時の相場はどのような状況だったのか」、「自分の気持ち」なども記録しておくとよいでしょう。

FXを行う上では感情を抑えて機械的な取引に徹することが必要ですが、感情に任せて取引を行ってしまっているかもしれません。

より細かい記録をつけることで、自分の勝ちパターン、負けパターンの傾向が少しずつつかめてくるはずです。

 

また、プロフィットファクターを使って、自分の投資パフォーマンスを定期的にチェックするのもおすすめです。

プロフィットファクターとは、ある期間の間での総利益が総損失の何倍かを示す数値です。

 

プロフィットファクターの計算式は以下になります。

総利益÷総損失=プロフィットファクター

 

プロフィットファクターについてもっと知りたい方はこちらをご参考ください。

利益だけで判断してはダメ!プロフィットファクターで分析しよう

 

税金のことも忘れずに考えておく

FXで利益が出たら、忘れずに頭に入れておかなければならないのが税金です。

FXの場合、原則として自ら確定申告を行い、税金を納める必要があります。

 

ただし、以下の人は確定申告を行う必要はありません。

・年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以下の人。

・専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の人。

・パート収入が65万円以下で、FXなどの所得が38万円以下の人。

 

確定申告をすべきなのにしないままにしていると、「無申告加算税」や「延滞税」などの罰金が課せられたり、最悪の場合は「脱税」ということにもなってしまったりします。

FXで儲けた分も含め、自分の所得がいくらなのか、確定申告を行う必要があるのかどうかきちんと確認するようにしましょう。

 

まとめ

今回はFXの始め方についてご紹介してきました。

FXを行う上では、自分に合った投資スタイルを確立することが大切です。

 

口座を開設する前に、まずはどの会社が自分の希望に合うか検討してみましょう。

その際は、デモトレードの機能を利用して実際の取引の感覚を確かめておくといいかもしれませんね。

 

いざ取引を始めたら、相場分析や情報収集は積極的に行うようにしましょう。

取引を有利に進めるためには欠かせない作業です。

 

初めからどんどんポジションを取りに行くようなことは避け、少しずつ経験を積んでいくことが大切です。

うまくいかないときには、自分の取引記録を確認してみるのもよいかもしれません。

 

ぜひ取引を始めるときの参考にしてくださいね!

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。