初心者必見!はらみ線と包み線でトレンドの転換を見極めろ!

2018年11月12日

ローソク足のはらみ線と包み線の活用方法

FXの為替の値動きを予想する方法としてテクニカル分析が主流になっていますよね。

「テクニカル分析はやっているけど、ローソク足の形や組み合わせを気にしたことがない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

じつはローソク足の組み合わせにも、いろいろなサインが隠れているんです!

ローソク足の組み合わせで代表的なものがはらみ線包み線になります。

 

「はらみ線って何?」

「ローソク足の組み合わせってどうやって使えばいいの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

こんにちは!

やっとチャートを見慣れてきた大輔です。

ローソク足って、トレンドラインを引いたり移動平均線との位置を見たりしかしてなかったんですが、組み合わせで意味があるんですね。

そうなの。

ローソク足の組み合せにもいろいろな種類があるのよ。

そのサインを知っていればテクニカル分析と合わせて、より為替の値動きの予想が立てやすくなるわ。

テクニカル分析とローソク足!

武器を二つも手に入れれば、FXというダンジョンを攻略したも同然ですね!

大輔くんはすぐゲームに例えてくる気がするわ。

ゲームばかりやってFXをおろそかにしているんじゃないでしょうね・・・。

 

さて、では武器・・・じゃなくて今回は「はらみ線」と「包み線」についてご紹介します。

ローソク足の組み合わせはどんなものか、どんな風に活用していけばいいのか、僕と一緒に見ていきましょう!

 

ローソク足の基本的な見方についてはこちらの記事を参考にしていただければと思います。

初心者必見!『ローソク足』の見方を知るのがFXの第一歩!

 

はらみ線と包み線ってどんな組み合わせ?

はらみ線とは1本目のローソク足の中に、2本目のローソク足がすっぽり入っている組み合わせです。

お腹の中に赤ちゃんがいる「孕(はら)む」が語源になっていると言われています。

 

はらみ線を見ることで、為替相場のトレンド転換のサインを見極めることができます。

はらみ線は、1分足や5分足などあまり短かい足だとトレンド転換のサインとは言えないので、4時間足、日足などで確認したほうがいいでしょう。

 

はらみ線

 

2本目の位置は図のような1本目のローソク足の真ん中の位置だけではなく、1本目のローソク足の上のほうに現れたり、下のほうに現れたりします。

基本的な「はらみ線」の組み合わせは「陽線・陰線」「陰線・陽線」になります。

 

はらみ線は図のように「陽線・陽線」「陰線・陰線」の組み合わせもありますが、出現することは少なく、もし出現してもサインとはみなせないので、その場合はトレンド転換のサインとしてみなすのは避けたほうがいいでしょう。

 

包み線(抱き線)とは2本目のローソクが1本目のローソクをすっぽり包んでいる組み合せです。

 

包み線

 

1本目の位置は図のような2本目のローソク足の真ん中の位置だけではなく、2本目のローソク足の上の方にあったり、下の方にあったりもします。

基本的な「はらみ線」の組み合わせは「陰線・陽線」「陽線・陰線」になります。

 

はらみ線と同じく包み線にも「陽線・陽線」「陰線・陰線」の組み合わせはありますが、出現することは少なく、もし出現してもサインとはみなせないので、その場合はトレンド転換のサインとしてみなすのは避けたほうがいいでしょう。

 

はらみ線と包み線を見つけたらどう使う?

次にはらみ線と包み線の使い方についてご紹介します!

はらみ線と包み線をチャートで見つけたら、どんなサインになるのか、図と一緒に見てみましょう。

 

はらみ線のトレンド変換のサイン

はらみ線トレンド転換

①上昇トレンド中にレジスタンスライン付近で「陽線・陰線」の組み合わせの「はらみ線」が出たら、上昇トレンドの力が弱くなっていて、下降トレンドに転換するサインと言えます。

 

レジスタンスラインとは別名「上値抵抗線」とも呼ばれ、過去の高値が何度かその位置で上げ止まっていて、これ以上価格が上昇しないと予想する水準になります。

これ以上値段が上がらないように抵抗する位置になりますが、レジスタンスラインを抜けて上昇することもありますので、あくまで目安として考えましょう。

 

②下降トレンド中にサポートライン付近で「陰線・陽線」の組み合わせの「はらみ線」が出たら、下降トレンドの力が弱くなっていて、上昇トレンドに転換するサインと言えます。

 

サポートラインとは別名「下値支持線」とも呼ばれ、過去の安値が何度かその位置で下げ止まっていて、これ以上価格が下落しないと予想する水準になります。

これ以上値段が下がらないように支持する位置になりますが、サポートラインを抜けて下落することもありますので、あくまで目安として考えましょう。

 

包み線のトレンド変換のサイン

包み線トレンド転換

①上昇トレンド中にレジスタンスライン付近で「陽線・陰線」の組み合わせの「包み線」が出たら、上昇トレンドの力が弱くなっていて、下降トレンドに転換するサインと言えます。

 

②下降トレンド中にサポートライン付近で「陰線・陽線」の組み合わせの「包み線」が出たら、下降トレンドの力が弱くなっていて、上昇トレンドに転換するサインと言えます。

わぁ、こうして見るとローソク足もサインを出しているんですね!

そうなの!
ただローソク足だけで判断すると「だまし」にあう可能性が高くなるの。
合わせてテクニカル分析も使っていきましょう。

 

テクニカル分析と組み合わせて成功率アップ!

ここまで「はらみ線」と「包み線」についてお話してきましたが、ローソク足の組み合わせはあくまで「目安」です。

ローソク足だけで為替チャートの動きを予想せず、他のテクニカル分析と組み合わせて使っていきましょう。

 

テクニカル分析についてもっと知りたい方はこちらを参考にしてくださいね。

 

また、トレンド転換のサインであるダウ理論ダブルトップ・ダブルボトムも合わせて使っていくのがおすすめです。

ダウ理論とは、アメリカの証券アナリストであるチャールズダウが提唱した理論で「すべての情報はチャートの動きに現れる」という考え方です。

ダウ理論は6つの基本法則で成り立っています。

 

  1. 平均はすべての事象を織り込んでいる。(チャートには経済状況・投資家の心理など全てが現れる、という意味)
  2. トレンドは3種類ある。(長期・中期・短期)
  3. 主要トレンドは3段階で構成される。
    第1段階:腕の良い投資家がエントリーする場所・トレンドの始まり 
    第2段階:多くの投資家がエントリーする場所・トレンドを認識しやすいところ 
    第3段階:初心者がエントリーする場所・トレンドの終わり
  4. トレンドの平均は複数の指標で確認しなければならない。(異なるテクニカル指標を比べる必要がある)
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある。(参加者が少ないとトレンドとは言えない場合がある)
  6. トレンドは明らかな転換シグナルが発生するまでは継続する。(直前の高値を更新してさらに高値になる、または直前の安値を更新してさらに安値になる)

 

「ダウ理論」についてもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしていただけたらと思います。

 

次にダブルトップとダブルボトムを簡単にご紹介します。

トレンド転換のサインのダブルトップとダブルボトム

ダブルトップは、ローソク足のチャートが天井に2回触りMの形を描くことです。

上昇トレンドの価格が上がりきった天井圏で現れると、高値を更新できないという意味になり、下降トレンドへの転換のサインになります。

 

ダブルボトムは反対に、ローソク足のチャートが谷底に2回触りWの形を描くことです。

下降トレンドの価格が下がりきった谷底圏で現れると、安値を更新できないという意味になり、上昇トレンドへの転換のサインになります。

 

「ダブルトップ・ダブルボトム」についてもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしていただけたらと思います。

 

他にもある!ローソク足の組合せの種類

ローソク足の組み合わせには「はらみ線」や「包み線」以外にもいろいろな種類があります。

それぞれのローソク足の組み合わせと、その特徴を簡単に見ていきましょう。

 

ローソク足の組み合わせの名称 特徴
窓(ギャップ)

前回のローソク足と今回のローソク足に重なる部分がないことを「窓(ギャップ)」と言います。

前回の終値より高い値段がつくことをギャップアップ、低く値段がつくことをギャップダウンと呼びます。

FXの相場が閉まる週末の価格と、相場が開く週明けの価格に差があることから起こります。

ギャップ(窓)は間を埋めようとする傾向があり、左の場合だと値段が下がる可能性があります。

経済のニュースなどもチェックしながら動きを見るようにしましょう。

切り込み線

1本目は陰線、2本目は陽線で、陽線が陰線の安値を下回る位置にあることを「切り込み線」と言います。

値段が下降した後に勢いが弱くなり、相場に買いが多く入ったと考えられます。

切り込み線が現れるときは相場の底と見られ上昇トレンドに転換する可能性があります。

かぶせ線

「かぶせ線」とは、1本目が陽線、2本目が1本目の陽線の高値を超えた陰線で、陰線の終値が陽線の実体の中にある組み合わせです。

陰線の終値が陽線の真ん中あたりに来た場合、売りが多く入ってきていると判断できます。

上昇する勢いが弱まり、上昇トレンドの天井付近でかぶせ線が現れると、下降トレンドへの転換のサインとなる場合があります。

毛抜き天井

陽線のあとに陰線が現れ、高値が同じ位置に来ることを「毛抜き天井」と言います。

相場の天井付近で現れた場合、高値を更新できず、陽線から陰線になっていて上昇トレンドの力が弱まっているため、下降トレンドに転換するサインの可能性があります。

値動きが大きいほど「だまし」が少なくなります。

毛抜き底

陰線の後に陽線が現れ、安値が同じ位置に来ることを「毛抜き底」と言います。

相場の谷底付近で現れた場合、安値を更新できず、陰線から陽線になっているため、下降トレンドの力が弱まり、上昇トレンドに転換するサインの可能性があります。

三川宵の明星

「三川宵の明星(さんせんよいのみょうじょう)」は3本のローソク足の組み合わせです。

1本目が大きな陽線、2本目がコマのような形(陰線または陽線)、3本目が大きな陰線になります。

三川宵の明星は天井圏で出ると上昇の力が弱まっていることを表し、売りのサインとして判断できます。

三川明けの明星

「三川明けの明星」は3本のローソク足の組み合わせです。

1本目が大きな陰線、2本目がコマのような形(陰線または陽線)、3本目が大きな陽線になります。

三川明けの明星は谷底圏で出ると下降する力が弱まっていることを表し、買いのサインとして判断できます。

三兵

「三兵(さんぺい)」は陽線が3回続くことを言います。

強い買いシグナルとされていますが、3回目の陽線で長いヒゲが出ている場合やコマの形になっている場合は、最高値をつけたためにそれ以上高くならない状態になり、買いが弱まる可能性もあります。

3回目がどんな形になるのかが重要になります。

出会い線

1本目のローソク足の終値と2本目のローソク足の終値が同じ位置に来る組み合わせを「出会い線」と言います。

左側の、陰線の後に陽線が来る場合は上昇する傾向があり、買いのサインと判断できます。

右側の、陽線の後に陰線が来る場合は下降する傾向があり、売りのサインと判断できます。

出会い線って名前が素敵ですね!
僕はリサさんに出会えて本当によかったです!

あら、ちょっと照れるわね。
これからもFXの勉強がんばっていきましょうね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はローソク足の組み合わせ「はらみ足」と「包み足」をご紹介しました。

 

トレンドラインや移動平均線などのテクニカル分析を使って「為替の売り買い」を判断される方は多いと思います。

ローソク足の組み合わせも一緒に取引の判断材料にすれば、よりエントリーポイントの予想がしやすくなります。

 

ぜひ「はらみ足」や「包み足」をテクニカル分析と一緒に使ってみてくださいね!

 

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商

為替

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。