FXのトレンド終了のサイン!ヘッドアンドショルダーの見方を紹介


 

FXで利益を出すためには、さまざまなサインを見逃してはいけません。

なかでも、トレンドの終了を告げるサインを見逃してしまうと、これまでの戦略がすべて裏目にでてしまうので損失が広がってしまいます。

トレンドの終了を告げるサインとして有名なのがヘッドアンドショルダーです。

こんにちは、トレンド相場で大儲けしたい大輔です。 ヘッドアンドショルダーって聞いたことないんですけど、頭と肩って意味ですよね?

直訳すると、そうね。 FXではチャートを見るときにヘッドアンドショルダーは重要なのよ。

 

ということで、今回はヘッドアンドショルダーについて紹介していきます。

僕と一緒にヘッドアンドショルダーの基本的な捉え方とエントリーポイントの判断の仕方について見ていきましょう。

 

ヘッドアンドショルダーの特徴

チャートパターンにはさまざまな種類がありますが、そのなかでもヘッドアンドショルダーは最も強烈なものだといわれています。

 

ヘッドアンドショルダーが現れると「トレンドが終わる」といわれているため、それまでの投資戦略を根本から見直さなければいけません。

「ヘッドアンドショルダーはトレンドが終わるときのチャートパターンである」という点については、まず大前提として覚えておく必要があります。

 

しかし、ヘッドアンドショルダーが発生したからといって、必ずしもトレンドが終わるわけではありません。

トレンドの強さによっては、ヘッドアンドショルダーが発生しても、それまでと変わらないトレンドが継続する可能性はもちろんあります。

 

ただし、ヘッドアンドショルダーは基本的にトレンドがあるときにしか発生しません

つまり、レンジ相場では発生しないのです。

トレンドがあるときにしか発生しないという条件があるため、ヘッドアンドショルダーは比較的精度の高い有効なトレード指標だといわれています。

 

ヘッドアンドショルダートップ(三尊)

ヘッドアンドショルダーは上昇トレンドで発生するケース下降トレンドで発生するケースでは呼び名が異なります。

上昇相場で発生するヘッドアンドショルダーをヘッドアンドショルダートップまたは三尊と呼びます。

 

ヘッドアンドショルダートップ

ヘッドアンドショルダートップのチャートパターンは上昇トレンドの山が頂点を起点にして左右対称に並んでいる形状をしているのが特徴的です。

本来の上昇トレンドは押し目を形成しながら右肩上がりに推移しますが、頂点以降は右肩下がりにチャートパターンが変化します。

 

上昇トレンド時の前回高値が左肩、上昇トレンドと下降トレンドの分かれ目となる頂点が頭、下降トレンドの戻り高値が右肩のように見えることからヘッドアンドショルダーと名づけられているのです。

日本では、まるで仏像が三尊並んでいるように見えるため、その名でよばれることもあります。

 

ヘッドアンドショルダートップが発生すると、頂点を境目として前回高値を超えられないチャートとなります。

そのため、下降トレンドが発生します。

 

ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)

ヘッドアンドショルダートップが上昇トレンドの終わりに発生するのに対して、下降トレンドの終了に現れるチャートパターンはヘッドアンドショルダーボトムと呼ばれます。

ヘッドアンドショルダーボトムは、ヘッドアンドショルダートップの上下を反対にした形です。

 

ヘッドアンドショルダーボトム

本来下降トレンドでは移動平均線などがレジスタンスラインとなって、右肩下がりにチャートが推移します。

しかし、ヘッドアンドショルダーボトムが発生すると、ある価格が底(ボトム)を形成し、それ以降は右肩上がりのまるで上昇トレンドのような形状になるのです。

 

底を起点として考えた場合に、下降トレンド時の前回安値が左肩、下降トレンドから上昇トレンドに移行する底が頭、上昇トレンドの押し目が右肩のように見えます。

また、ちょうどヘッドアンドショルダートップと上下反対に見えることから、日本では逆三尊と呼ばれるケースもあります。

 

ヘッドアンドショルダーボトムが発生すると、まるで上昇トレンドのように右肩上がりのチャートがしばらく続くケースがあるのです。

そのようなケースでは下降トレンドが終わり、上昇トレンドが発生していると判断されます。

 

つまり、「ヘッドアンドショルダーボトムの発生によって下降トレンドが終わった」ということです。

 

ネックラインに注目することが重要

ヘッドアンドショルダーを効果的に活用するためには、ネックラインについて詳しく知っておく必要があります。

なぜなら、ネックラインがサポートラインレジスタンスラインとして機能するからです。

 

ネックライン

ネックラインとは上昇トレンドの終わりに発生するヘッドアンドショルダートップの場合、頂点の前の押し目(底)と頂点の後の押し目(底)を水平に結んだ線で表されます。

実際に線で結んでみると、まるでヘッド(頭)とショルダー(肩)の間にあるネック(首)のように見えるため、ネックラインと名づけられているのです。

 

トレードに慣れていないと、ヘッドアンドショルダーに直接関係のあるネックラインだけに注意しがちですが、実際にはもう少し前後までネックラインとして機能しているケースがあります。

 

基本的には、ネックラインを上に超えた場合はサポートラインとなり、ネックラインを下に抜けた場合にはレジスタンスラインとなります。

また、サポートラインやレジスタンスラインの重要性は他のトレーダーも当然承知しているため、その近辺は売買が急増するポイントです。

 

ネックラインによるサポートラインやレジスタンスラインはチャート分析の基本中の基本とも呼べる重要な指標だといえるので覚えておきましょう。

 

ヘッドアンドショルダー発生後のエントリーポイント

ヘッドアンドショルダーは一時的な急騰や急落で形成されるものではありません。

基本的には、比較的長時間のローソク足で徐々にチャートが形成されます。

チャートが形成されるまでに時間がかかるということは、他の多くのトレーダーも意識する時間があるということです。

 

つまり、他のトレーダーたちも同じタイミングで同じ売買を行う確率が高いので、たくさんあるチャートパターンのなかでも強力な形だといわれています。

ヘッドアンドショルダートップでエントリーすべきタイミングは、ネックラインの最後の頂点です。

 

ネックラインを下に抜けた場合、そのネックラインは強力なレジスタンスラインに変化するのが一般的です。

そのため、ヘッドアンドショルダートップが発生したあとで、最後のネックラインを下に抜けた場合、再度上昇してきても上へ抜ける確率は低いといえます。

ネックライン近辺で売りポジションを持てば、高い確率で利益が出るといえるでしょう。

 

注意しなければいけないのは、ヘッドアンドショルダートップが発生したと仮定して、右肩のネックラインを下抜ける場所で焦ってポジションをとらないことです。

このポイントはヘッドアンドショルダーが発生するかどうかの分岐点であり、状況によっては反発してヘッドアンドショルダーが完成しなかったということもあります。

 

右肩のネックラインを下抜けることでやっと強力なチャートが形成されますので、必ずネックラインまで戻ってきたポイントでエントリーするように心がけましょう。

 

また、下降トレンド終了のシグナルであるヘッドアンドショルダーボトムについては、ヘッドアンドショルダートップの反対の取引を行えば問題ありません

 

ヘッドとネックラインの関係性

ネックラインを超えることで強力なサポートラインやレジスタンスラインに変化しますが、大切なのは「値幅は2倍になるケースが多い」ということです。

 

たとえば、ヘッドアンドショルダートップが形成されたときのヘッドの価格が1000円だとします。

ネックラインが750円だとすると、最終的に500円近辺まで価格が下落する確率が高いのです。

 

ヘッドからネックラインまでの価格差と、ヘッドアンドショルダートップ完成後のネックラインからその後の下落幅は変わりません。

そのため、ヘッドアンドショルダートップが完成する前に焦って売買を行うよりも、完成をしっかりと見極めてトレードするほうが効率よく稼ぐことが可能です。

 

また、ヘッドアンドショルダーボトムについても形が上下反対になっただけで、基本的には同様の方法でトレードするとよいです。

ただし、相場の動きによってはショルダー部分が水平にならず、斜めになってしまうことがあります。

 

そのようなときは、右のショルダー部分を基準に考えるほうがよいです。

最終的にトップから右ショルダーの値幅の2倍ほど価格が動くケースが多いといえます。

ネックラインが斜めになってしまうと、チャートの形状からどうしても値幅が小さくなりがちです。

 

しかし、たとえ値幅が小さくても利益を上げるための重要なサインである点については変わりません。

斜めのネックラインは分かりにくいという難点もありますが、できるだけ見落とさないようにしましょう。

 

トレンドラインやチャネルラインと組み合わせる

ヘッドアンドショルダーはそれだけでも非常に強力なチャートパターンであり、多くの場合で利益をあげられます。

しかし、どんなときでも利益をあげられる投資手法など存在しません。

 

そこで、ヘッドアンドショルダーで利益をあげる確率を少しでも増やすために、トレンドラインチャネルラインといった他のテクニカル指標と組み合わせるという方法があります。

トレンドラインとはローソク足の高値同士、または安値同士を結んで水平に引く線です。

 

トレンドラインは現在の相場状況を客観的に知るための手段として主に利用されます。

安値同士を結んだ線が右肩上がりになっていれば上昇トレンドラインと呼び、高値同士を結んだ線が右肩下がりになっていれば下降トレンドラインと呼びます。

 

トレンドラインとチャネルライン

それに対してチャネルラインは「トレンドの方向性や強さ」「トレンドの押し目と戻し目」などを教えてくれる指標です。

トレンドラインと平行に引いたラインのことをチャネルラインと呼びます。

 

たとえば、下降トレンドでは高値を結んだ下降トレンドラインが描けるはずで、その線をそのまま下にずらすことでチャネルラインの一つであるアウトラインも同時に描くことが可能です。

 

下降トレンドの終わりにヘッドアンドショルダーボトムが発生すると、アウトラインのある地点を底としてきれいに折り返しているケースがあります。

その後は上昇トレンドが発生し、ネックラインと下降トレンドラインが重なるポイントで上抜ければ、さらに強力なサポートラインとして機能するのです。

 

基本的に、複数のテクニカルを組み合わせて交差するポイントを見つけられれば、より確度の高い指標になります。

 

すぐに飛びつかない姿勢が大事

ヘッドアンドショルダーは数あるチャートパターンのなかでも強力な部類に入るため、適切なトレードを心がけることで、利益をあげる確率は高まります。

ヘッドアンドショルダーをチャート画面上で見つけた時点で他のトレーダーよりも有利な状況を作っているといえるでしょう。

 

しかし、ヘッドアンドショルダーを見つけたからといって焦ってエントリーしてはいけません。

ヘッドアンドショルダーが完成する前の時点ではだましが入る可能性もあるからです。

他のテクニカルも使用して、交差するポイントまで待ってからエントリーすることで勝率は上がります。

 

また、ヘッドアンドショルダーは形成されるまでにそれなりの時間がかかります。

形成される時間が長くなればなるほど、一般的にはサポートラインやレジスタンスラインとしての機能も強くなります。

 

ただし、時間が経過するごとに「エントリーしてみたい」という誘惑にかられてしまう点には気をつける必要があります。

本来のエントリーポイントよりも早く売買を行うと、十分な利益がとれないばかりか損切りをしなくてはいけないケースもあります

 

「十分なチャンスがくるまでエントリーをしない」というのもFXにおける投資手法の一つで、それができるトレーダーこそ勝てる人だという意識が重要です。

 

トレンド転換のサインをよく見極める

先ほどもお話ししましたが、残念ながらヘッドアンドショルダーにもだましが入る可能性はあります。

ただし、ヘッドアンドショルダーの形成でだましに合うときは、テクニカルの理解不足や自らの過信というようなトレーダー自身に原因があるケースが多いです。

 

よくある間違いとしては、ネックラインをブレイクした場所を売買サインだと勘違いしてしまうというものです。

 

たしかに、一般論としてはサポートラインがブレイクされた場所は売買サインだといわれており、その後はブレイクした方向へトレンドが移行していきます。

しかし、ヘッドアンドショルダーの完成は、ネックラインを抜けたあとで、再度ネックラインまで価格が戻ってきたときの状況で判断する必要があります。

 

たとえば、上昇トレンドの終了としてヘッドアンドショルダーが表れたときは、ネックラインを下抜けてから「再度ネックラインまで価格が戻ってきて押し返された時点」で完成です。

一時的にネックラインを下抜けて再度ネックラインまで価格が戻ってきても、その後上昇トレンドが再開するリスクは少なからずあります。

 

必ず、押し返されたのを確認してからエントリーするようにすべきです。

また、ヘッドアンドショルダーは真ん中の山が最も高く(または低く)ならなければいけません。

一見するとヘッドアンドショルダートップを形成しそうなチャートでも3番目の山が高くなってしまっては、上昇トレンドが継続していると判断する必要があります。

 

だましを回避するコツ

トレードを振り返って分析すると「テクニカル分析に間違いはなかったはずなのに損失を出してしまった」というケースもあるかもしれません。

そのようなときは、まず時間軸をどのように分析していたかを確認してみるとよいです。

自分で分析したよりも長い時間軸のトレンドに売買サインが勝てなかったという事例がよくあります。

 

たとえば、2時間足では上昇のサインが出ているのに、8時間足の下降トレンドのレジスタンスに勝てなかったというケースです。

トレードに慣れてくると自分の得意の時間足というのが分かってきます。

しかし、それに頼ってばかりいると、より大きなトレンドが発生したときに勝てなくなってしまうでしょう。

 

たしかに、得意な時間軸でトレードを繰り返してスキルを磨くのも悪くはありません。

しかし、1つの時間軸だけで判断しようとすると、だましに逢いやすくなりますので、トレードを行う時は、必ず複数の時間軸を意識しながら行うようにしましょう

 

底値を見極めるポイント

下降トレンドが終了するサインのヘッドアンドショルダーボトムにおいて重要なのは、底値を見極めることです。

ヘッドアンドショルダーボトムのチャートは3回底値を探りにいっていますが、2番目の底が最も深く沈んでおり1番目と3番目の底はほとんど同じぐらいの価格で下げ止まっています。

 

注目すべきなのは3番目の底値を付けた場所です。

「3番目の底値が2番目の底値まで深く沈まなかった」うえで、「1番目の底値も超えなかった」という状態で初めて「底値が固い」と判断できます。

もしも、3番目の底値が2番目の底値を割り込むようでしたら、下降トレンドは継続中と判断しなければいけません。

 

底値を見極めたら、次にするべきことはエントリーするタイミングを見極めることです。

ヘッドアンドショルダーボトムでは2番目の底値を狙ったあとの戻り高値がネックラインになります。

 

このネックラインはすでに利益がでている人たちの決済ポイントであると同時に、戻り売りで利益を出そうとしている人たちのエントリーポイントでもあります。

このポイントを超えられるということは、相場のなかでかなり強い上昇圧力が発生している証拠だといえるのです。

そのため、買いでエントリーする場合は「ネックラインを超えてから」が基本となります。

 

天井を見極めるポイント

ヘッドアンドショルダートップが発生するのは上昇トレンドの終了時であるため、大切なのは天井を見極めることです。

 

ヘッドアンドショルダートップのチャートは3回ほど高値に挑戦しますが、いずれも跳ね返されてしまい、2番目の山を天井として徐々に右肩下がりに移行する形となります。

その後は下降トレンドになってしまうのが一般的です。

 

しかし、ヘッドアンドショルダートップのパターンでも、3番目の山の戻り安値がネックラインを下に抜けないケースもあります。

つまり、予想できない動きをするケースもあるのです。

 

予想できない動きをする要因としては、ヘッドアンドショルダーが上手く機能しないことで「買いと売りのポジションが溜まる状態」などが考えられます。

ポジションが溜まると、ふとした拍子に損切やロスカットなどを巻き込んで一定方向へ大きく動くことがあるからです。

 

正しいヘッドアンドショルダーの形を覚えておいて、波形が崩れたら一度手じまいをするというのも、身を守るためには必要になります。

 

慣れるまでデモトレードで練習してみる

ヘッドアンドショルダーの捉え方をマスターできれば、勝率は上昇します。

しかし、これからFX口座を開設しようかという初心者には、いきなり自己資金を投資して試してみるというのは酷な話しです。

 

そこで、FXの実際の相場の動きを正しく理解していくために、デモトレードで練習してみるとよいでしょう。

FX会社の多くは新規顧客を開拓するために、無料でデモトレードを用意しています。

デモトレードでは実際にお金を失う危険性はないので、思い切って自分の思う通りの相場分析を試してみましょう。

 

また、デモトレードでは実際に使うシステムの一部を使用できるケースが多いので、これから口座開設するFX会社を選定するという人は、システムの使い勝手についても確かめることもいいでしょう。

 

デモトレードについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

「FXを始めるなら練習は必須!スマホアプリ・デモトレードで勉強しよう」

 

デモトレードは勝てても、本番では勝てない人もいるわ。 本番を想定して少額のトレードでデモトレードするのがおすすめよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はヘッドアンドショルダーについて紹介してきました。

 

ヘッドアンドショルダーは比較的長い時間をかけて徐々に形成されるものなので、相場の参加者に認知されやすく強力なチャートです。

チャートの完成までに時間がかかるからといって焦ってエントリーしないで、確実にポイントまで引き付けてからエントリーするようにしましょう。

 

忍耐強く待つことも勝てるトレーダーになるための方法ですので、複数のテクニカルを併用して綿密な分析を行ったポイントで利益を稼いでいきましょう。

 

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商 (詳細はこちら)

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。

合わせて読みたい
FXで儲かるための3つのコツ|取引前に注意すべき儲からない原因を徹底解説

FXで儲かる4つのコツ|取引前に注意すべき儲からない原因を徹底解説

FXっていくらから始められる?

FXはいくらあればスタートできる?FXを始めるために最適な資金とは

FXを1,000円で始める方法|初心者が低リスクで取引できるおすすめのFX会社を紹介

FXを1000円で始める方法|初心者が少額で取引できるおすすめのFX会社を紹介

マネーパートナーズ 口座開設までの流れ

マネーパートナーズ口座開設の流れ|審査基準と注意点を解説!

FXを10万円で始めよう

FXを元手10万円からスタートしよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXはサラリーマンに おすすめの副業!

サラリーマンの副業はFX取引がベスト!会社バレ対策とおすすめ投資法を紹介

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x