iサイクル2取引の実力は?FX初心者でも簡単な外為オンラインの自動売買


外為オンラインのiサイクル2取引

iサイクル2取引は外為オンラインが提供するリピート系自動売買ツールです。

一見難しそうなFXの自動売買も、iサイクル2取引ならFXの知識がなくても簡単にFX取引を始めることができます!

今回はiサイクル2取引のメリット・デメリットや、iサイクル2取引の仕組みについてご紹介していきます。

こんな人にiサイクル2取引がおすすめ
●FXの自動売買が複雑そうに感じる人
●あまり取引する時間がない人
●試しに自動売買を少額でやってみたい人
外為オンライン
外為オンライン
    • iサイクル2取引でかんたん自動売買!
    • 豊富な情報コンテンツやセミナー無料開催!
    • 新規口座開設で5,000円キャッシュバック!

1. iサイクル2取引の仕組み

iサイクル2取引の仕組み

iサイクル2取引の仕組みは、事前に設定した相場の変動幅の中で自動的に売買を繰り返すという「リピート系FX」と呼ばれる自動売買です。

こうしたリピート系と呼ばれる自動売買では、設定した変動幅を抜けて相場が動いてしまった場合、再度変動幅の設定を見直す必要があります。

外為オンラインのiサイクル2取引なら、相場が設定した変動幅を突き抜けても自動で再設定してくれるので、安心して取引を見守ることができます。

iサイクル2取引は寝ている間や仕事に行っている間でも自動で取引してくれるので、相場の状況を常に気にする必要がありません。

 

1-1. 初心者でもすぐ始められる!

iサイクル2取引が優れているのは、自動売買の設定を全て自動で組んでくれるところです。

他社のリピート系注文だと、変動幅の設定は手動でおこなう必要があるため、すぐに取引を始められません。

しかし、外為オンラインのiサイクル2取引では、「ランキング方式」と呼ばれる高い利益を見込める内容をランキングで一覧にしたものの中から選ぶだけの簡単な設計になっています。

iサイクル2取引のランキング方式

 

1-2. iサイクル2取引の実績は?

「実際にどれくらいiサイクル2取引で稼げるの?」という疑問もあると思いますが、なんと外為オンラインの公式サイトで運用実績をランキング形式で公開しています!

外為オンライン公式の「決済損益のランキング」で、現在iサイクル2取引がどれくらいの実力を持っているのか確認することができます。

実際に今どういう設定で利益が出ているのか詳細を確認できるので、iサイクル2取引の設定の参考に利用してみるのも良いでしょう。

 

2. iサイクル2取引のメリット

外為オンラインのiサイクル2取引におけるメリットは主に4つになります。

外為オンラインiサイクル2取引のメリット
  • 初心者から上級者まで幅広く利用できる
  • 相場を追従するから24時間安心取引
  • 1万円程度で始めることができる
  • 無料セミナーでより深く自動売買を理解できる

2-1. 初心者から上級者まで段階的に取り扱える

初心者でも簡単に始められるのがiサイクル2取引のメリットですが、「もっと利益を出せる設定にしてみたい!」という場合も細かな設定を段階的に設定することができます。

外為オンラインのiサイクル2取引では「ランキング方式」以外に「マトリクス方式」「ボラティリティ方式」という2つの注文方法があります。

iサイクル2取引のマトリクス方式

マトリクス方式はシミュレーション結果を元に算出された結果から、想定変動幅とポジション間隔ごとのリスク別に表示された中から最適な設定を決める方法です。

マトリクス方式なら、ある程度設定を自分で決められるため、自動売買での損失リスクを回避しやすくすることができます。

 

iサイクル2取引のボラティリティ方式

ボラティリティ方式は、売り買いどちらかの選択・想定変動幅・対象資産の3つの項目を設定する従来のリピート注文の方法です。

細かい設定ができるので、自動売買をより効率的に運用しようという場合はボラティリティ方式がおすすめです。

そのため、初心者だけでなく自動売買に慣れている上級者でも自由に設定ができるのがiサイクル2取引のメリットなのです。

 

2-2. 24時間相場を追従するから安心

相場内の売買を繰り返すリピート系注文は、想定の変動幅を超えてしまった場合は損失が出ないよう手動でストップさせる必要があるため、「半自動」とも呼ばれます。

しかし、iサイクル2取引なら相場の変動に合わせて自動で再設定をおこなうため、文字通り24時間自動売買をおこなってくれるシステムです。

さらに今までは買注文の設定をおこなうと買注文のみを繰り返し取引するシステムでしたが、設定時にポジション方向を「トレンド」に設定すれば、トレンド転換が発生したタイミングで自動的に逆の注文に切り替えてくれます。

iサイクル2取引のトレンド判断機能

 

2-3. 資金1万円から自動売買を始められる

外為オンラインは1,000通貨単位から取引を始めることができます。

1,000通貨単位ということは、仮に米ドル/円で取引しようとすると、最低でも5,000円から始めることができる計算です。

多少余裕を持って取引しようとしても1万円程度で自動売買を始めることが可能です。

まずはどれくらいの運用成果になるかやってみたいという方も少額で始められるのは大きな利点でしょう。

 

2-4. iサイクル2取引の無料セミナーがある

外為オンラインでは、iサイクル2取引に関する無料のセミナーを定期的に開催しています。

「自動売買ってそもそもなに?」という内容から「効率のいい設定方法は?」といった内容まで、iサイクル2取引をマスターするための情報を学ぶことができます。

いきなりiサイクル2取引を使ってみるのが怖いという人や、もっとiサイクル2取引を活用したいという人にはうれしいサポートです!

開催場所は東京以外にも各地方でおこなわれますが、「それでも会場まで遠いよ…」という方のために、セミナー内容を動画でも配信しているため気軽に利用することができます。

 

3. iサイクル2取引のデメリット

iサイクル2取引における主なデメリットは2つです。

iサイクル2取引のデメリット
  • 自動売買だからといって完全放置できない
  • 取引手数料がかかる

3-1. iサイクル2取引の完全放置は難しい

既に自動売買を知っている人には当たり前かもしれませんが、iサイクル2取引もずっとほったらかしで稼げるわけではありません!

いくら自動で相場を追従すると言っても、iサイクル2取引でも限界がありますし、自動売買設定も相場の変化によって大きく変わります。

まれに自動売買を半年放置してたけど微益になっていたという話題もありますが、かなり偶然であると考えた方がいいでしょう。

実際にランキング方式の一覧も1週間で大幅に変わることもあるので、ある程度の期間で設定の入れ替えをおこなうことが大切になります。

 

3-2. iサイクル2取引だと注文から決済まで40円の手数料が発生

iサイクル2取引を利用する場合、1,000通貨あたり片道20円の取引手数料が必要になります。

注文1回で20円、ポジションを決済すれば20円の手数料で合わせて40円の取引手数料が必要です。

さらに外為オンラインはスプレッドが業界水準より少し高めに設定されているため、スプレッド1.0銭の米ドル/円で1回取引するとしたら手数料と合わせて50円が必要になります。

ただ、iサイクル2取引以外の自動売買でも同じくらい手数料が発生することや、ポジション間隔を大きくとれば取引回数を減らす=手数料をおさえることもできるので、コスト面での心配は必要ないと思います。

また、現在新規口座開設者限定で、90日間iサイクル2取引の手数料無料キャンペーンもおこなっているので、まずは手数料を気にせずiサイクル2取引を運用してみましょう。

 

4. iサイクル注文からiサイクル2取引で変化したことは?

iサイクル2取引はかつて「iサイクル注文」という自動売買ツール名だったのですが、2019年3月から現在の「iサイクル2取引」という名前に変わっています。

といっても、名前が少し変わっただけで自動売買の仕組みにはとりわけ大きな変化はありません。

そのためかつて「iサイクル注文」を利用したことがある方でも問題なく利用することができると思います。

唯一の変更点としては「注文中」という概念がなくなったことによる資金の拘束がなくなったことです。

4-1. 「注文中」という状態がなくなった

「iサイクル注文」では次の約定が出される前は「注文中」という状態で証拠金が拘束されることになっていました。

しかし、「iサイクル2取引」から注文ルールが代わり、指値・逆指値注文がターゲットレートに達すると自動的に約定するようになりました。

よって次の約定を待っている間に資金が拘束されることがなくなったため、iサイクル注文より自由度が増したといえます。

じつはちょっとしたところが変化しているんですね。

 

5. 新規口座開設者限定で90日間手数料無料!

外為オンラインでは現在、新規に口座を開設した方限定で開設から90日間、iサイクル2取引の手数料が無料になるキャンペーンをおこなっています!

実質手数料がスプレッドのみになるので、まずは試しに運用してみようという方や、今のうちに自動売買で稼いでおこうという方はこの機会に試してみるのをおすすめします。

外為オンライン口座開設キャンペーン

 

6. iサイクル2取引に関するまとめ

今回は外為オンラインのiサイクル2取引についてまとめていきました。

スプレッドや手数料が高いところはありますが、初心者でもランキングの中から設定を選ぶだけですぐ取引ができることや、少額で気軽にお試しできる点は自動売買初心者にはうってつけです。

慣れてきたら「ランキング方式」⇒「マトリクス方式」⇒「ボラティリティ方式」という感じで徐々にレベルアップもできるので、自動売買を長く使っていくなら是非ともおすすめしたいツールになります。

合わせて読みたい
外為ジャパン口座開設の流れ

外為ジャパン口座開設の流れ|書類提出までをわかりやすく解説!

みんなのオプション評判は上々?3つの特徴とFXトレーダーが知っておきたい活用法

みんなのオプション評判は上々?3つの特徴とFXトレーダーが知っておきたい活用法

インヴァスト証券 口座開設までの流れ

インヴァスト証券口座開設の流れ|申込条件・必要書類の注意点を解説!

みんなのFXのキャンペーンは難しい?最大5万円のキャッシュバックを手に入れる秘策

みんなのFXのキャンペーンは難しい?最大5万円のキャッシュバックを手に入れる秘策

マネーパートナーズで自動売買をするには? 初心者向けの4つの特徴と簡単な運用手順

マネーパートナーズで自動売買をするには? 初心者向けの4つの特徴と簡単な運用手順

LIGHT FX口座開設までの流れ

LIGHT FX口座開設の流れ|スマホで簡単に申し込む手順を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x