相場の分析を補助するプログラム!インジケーターを活用しよう!

アイキャッチ

 

FXで勝率を高めていくには、インジケーターを活用することは重要です。

 

「インジケーターって何?」

「いろんな種類があるけど何を使えばいいの?」

と思っていらっしゃる方も多いと思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!
インジケーターっていっぱい種類がありますよね!

そうね。
それぞれ特性があるから使い分けが重要よ

インジケーターを使い分けてスマートに取引できるようになりたいなぁ。

ということで、今回は僕とインジケーターについて勉強していきましょう!

 

インジケーターはFX取引をするうえで必要不可欠な「相場の分析」を補助してくれるプログラムです。

 

インジケーターにはいくつか種類があり、相場の形に合わせた分析機能をもつものを使用する必要があります。

少し複雑ですが、インジケーターをうまく使いこなせれば、投資が成功する確率がグッと深まります!

 

FX取引を成功させたいという人のために、インジケーターの基本事項ついて解説し、さらに今回は、4種類のインジケーターをご紹介します1

 

テクニカル分析においてインジケーターを活用する意味

テクニカル分析とは、過去の値動きをチャートで表示して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、その後の株価や為替動向を予想することです。

 

チャートは投資行動の結果を示すものなので、過去にもし似たようなパターンがあれば、また同じようなパターンが起こりえるだろうと予測します。

 

相場の動きを視覚的に把握することが可能なことや、経済に関する知識がそれほど必要ないことがメリットです。

もちろん、相場が必ず過去のパターンと同じになるとは限りませんし、突然の動きには対応できないなど、デメリットもあります。

 

一方で、各国が発表するニュースや経済指標から相場を分析する方法を「ファンダメンタルズ分析」といいます。

 

インジケーターは、テクニカル指標ともいい、為替レートの変動を分析するためのプログラムです。

為替レートの変動そのものや取引量の増減は見ればわかるものですが、移動平均レートや相場の方向性を数値化したデータは、インジケーターを使わなければ把握が難しいのです。

想定外の取引の発生を防ぎ、理想の取引を行うためには、必須のツールといえます。

 

テクニカル分析を行う際、分析に役立つデータをすべて自分で集めていては途方もない時間がかかるため、インジケーターを使って、効率よくデータ収集を行う必要があるのです。

 

3つのタイプ

インジケーター

インジケーターには3つのタイプがあります。

1つ目は、オシレーター系インジケーターです。

オシレーターとは、相場の強弱動向を示した指標のことです。

 

オシレーターは振り子を意味し、振り子のように相場が動くことからこう呼ばれるようになりました。

主に買われ過ぎや売られ過ぎなどを示す指標となり、0から100、もしくは-100から+100のような大きい範囲で示します。

 

なお、オシレーターは一定の範囲を前提として作られているため、その範囲を超えた相場の動きには対応できないという欠点があります。

 

また、オシレーター系のインジケーターは短期的な動きをとらえることが可能なように、反応速度が速く設定されているものが多いです。

 

2つ目はトレンド系インジケーターです。

トレンドは一度発生すると、なかなか反対の方向に相場が移行しないことが特徴です。

また、トレンドには強弱があり、基本的に強いトレンドほど反転する確率は低くなります。

 

そのため、トレンドの発生を素早く発見し、そのトレンドに乗ることが重要になってきます。

そして、トレンドが発生しているかどうかをわかりやすく視覚化してくれるツールが、トレンド系インジケーターなのです。

 

トレンドについて詳しく知りたい方はこちらをご参考にしてください。

FXにも流行がある?FXトレンドの意味とは?気になるFXの基本を解説!

 

そして、3つ目がオシレーター系とトレンド系の複合型インジケーターです。

トレンド系インジケーターは大まかな方向性を示すものです。

そのため、方向性がわかったとしても随時更新されていく相場の適切なエントリーポイントがわからなければ思うような投資ができません。

 

トレンド系インジケーターより値動きに対しての反応が早いオシレーター系インジケーターと組み合わさった複合型なら、お互いの機能を最大限発揮できるのです。

 

1、時間と価格を指標化した「RCI」

ここからは4つのインジケーターをご紹介していきます。

代表的なインジケーターの一つに、「RCI」があります。

 

RCIはRank Correlation Indexの略で、「順位相関指数」と呼ばれています。

時間と価格それぞれに順位をつけ、2つの相関関係を数値化するのです。

 

RCI

RCIの値は-100~+100の間を推移し、価格が上昇を続ければ+100%に近づき、高値圏と判断します。

逆に、下落を続ければ-100%に近づいていき安値圏と判断します。

 

価格の動きによって上下するので、上がったら「買い」、下がったら「売り」といったように、売買のタイミングを計ることが可能です。

ただし、レンジ相場の場合はRCIの上下が細かくなるので、だましになってしまうこともあります。

 

また、RCIはオシレーター系とトレンド系の両方の性質を持った複合型インジケーターです。

 

オシレーター系指標は計算期間を変えても通常は動きが滑らかになりませんが、RCIは両方の性質を持っているため、比較的動きが滑らかになるという特徴があります。

 

RCIの売買タイミングとして、RCIが下げ止まりになってからすぐに買うのではなく、-90%や-80%を超えてから買うというような方法があります。

トレンドがある程度はっきりしてから買うことになるため、損をする確率を減らすことができます。

 

同じく、売るときも天井を打ってから売るのはなく、80%や90%を超えたら売って、-80%や-90%を下まわったら買い戻すといった方法が効果的です。

しかし、RCIが-90%や-80%を上回った後、価格があまり上昇せずに終わる場合もあります。

 

頭打ちになって80%や90%を超える前にRCIが下がることもあるので、その場合は、RCIが下がりだした時点で売るようにしましょう。

また、異なる2本のRCIを使って、より正確に相場を分析することも可能です。

 

2、当日の終値と過去の終値の変化率に注目する「ROC」

「ROC」はオシレーター系のインジケーターです。

 

ROC

過去の価格を基準とした比率を使い、相場を分析します。

ROCの基準線を100とすると、100より上で上昇中の場合は「買い」、それよりも下で「売り」となります。

 

上昇トレンドの場合は基準線を下から上に抜いた場合に「買い」となり、下落トレンドで基準線を上から下に抜いた場合に「売り」となります。

 

価格が上昇、または下降しているのに、ROCは下降または上昇しているなど、ROCが値動きと逆行している場合は、トレンド転換のシグナルなので、見逃さないようにする必要があります。

 

3、一定期間の終値を平均化した「移動平均線」

移動平均線は、テクニカル分析ではもっともメジャーなインジケーターといえます。

移動平均線

移動平均線は、その名の通り値動きの平均値を算出し、線で結んで表示するシンプルなものです。

 

基本的には線が上向きなのか、下向きなのかといったことや、価格との距離を見て、相場の方向性や値動きの勢いを分析します。

 

どんなに勢いが強い相場であっても、常に一方向に伸び続けるということはなく、ある程度上下をしながら高値・安値を更新していくものです。

この上下の動きは、移動平均線が示す平均の価格を軸に変わる可能性が高いのです。

 

そのため、過去の価格の幅や一定のパターンに加えて、移動平均線を使えば、より正確に相場の変動を予測することが可能となります。

 

移動平均線は期間設定ができるので、短期的なトレンドを把握するのか、長期的なトレンドを把握するのか、目的によって使い分けることができます。

そして、どちらの場合でも頭に入れておかなければならないのが、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」です。

ゴールデンクロス株価が下落した後に、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜ける現象を「ゴールデンクロス」といいます。

 

デッドクロス

逆に、株価が上昇した後に、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜ける現象を「デッドクロス」といいます。

 

一般的に、ゴールデンクロスは「買い」のサイン、デッドクロスは「売り」のサインなので、覚えておきましょう。

ただし、多くの投資家が注目している状態なので、必然的に「だまし」になる確率も高くなるので、注意が必要です。

 

移動平均線についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

他の投資家たちの動きを予測!移動平均線を用いた分析手法とは?

 

4、移動平均線との乖離で判断する「エンベロープ」

「エンベロープ」とは、移動平均線から上下に一定に乖離させた線のことです。

価格が移動平均線から、どの程度離れたかを見るために用いられるインジケーターになります。

 

エンベロープ

 

一般的には、エンベロープの上限・下限がトレンドの反転のポイントとなり、売買サインに使われたり、支持するのか、抵抗するのかといったりするような判断材料として有効です。

 

これは、移動平均線からある程度乖離した価格は、移動平均線へ回帰するという考えがもとになっています。

乖離の目安は相場によって異なりますが、一般的に為替市場では25日移動平均線対比で「2~3%」といわれています。

 

インジケーターの弱点

トレンド系インジケーターはトレンド相場に強く、レンジ相場に弱いです。

逆にオシレーター系のインジケーターはレンジ相場に強く、トレンド相場に弱いです。

 

分析しようとする相場に合っていないインジケーターを単体で使うことは逆効果であり、思わぬ損失を招くことになるので、注意が必要です。

得意とする相場に合わせてインジケーターを使うか、2つ使う、または複合型のインジケーターを使いましょう。

 

また、インジケーターは特性上どうしても急なチャートの動きについていけません

FX取引は相場が激しく変動することは珍しいことではなく、見逃したり判断を誤ったりすることで、結果に大きな差が出てしまいます。

 

こまめにチャートを確認していれば防げる確率が高まりますが、それでもインジケーターが示す情報にだけ目を向けていると、思わぬハプニングが起こりかねません。

インジケーターは頼りになる存在ですが、あくまでその役割は「補助」であることを覚えておきましょう。

 

ファンダメンタルズ分析も考慮してみる

ファンダメンタルズ

 

テクニカル分析はあくまで投資するうえでの判断材料の一つでしかありません。

より投資の成功確率をあげるためには、ファンダメンタルズ分析を絡めることが重要です。

 

FX取引においても、経済指標や各国の要人による発言によって、為替が大きく変動することは少なくありません。

 

経済指標とは物価指数や雇用系指標、国際収支のことで、週ごとや月ごと、四半期ごとに各国より発表されます。

政策金利の利上げ、利下げは為替レートに大きな影響を与えるのです。

 

そのため、それに関わる経済指標の発表時には、多くの投資家が注目し、結果大きく相場が動くことになります。

 

さらに、FX取引では海外の通貨と組み合わせて取引をすることもあるので、他国の経済状況について、詳しく知っておく必要があるといえます。

 

すべての国の情報を網羅することは難しくても、注目されている市場については、調べる癖をつけましょう。

ファンダメンタルズ分析の材料は、なんといっても「ニュース」です。

各国の金融政策についてのニュースなど、最新のものはチェックすることが大切です。

 

既に多くの人がその情報を知っている場合には、相場が変動することはありません。

これを織り込み済み」といいます。

ファンダメンタルズ分析において重要なのは、情報の「鮮度」ということになるでしょう。

 

いつ発表されたのか、情報の出どころはどこかといった部分に注目して、判断材料を集めてください。

 

ファンダメンタルズ分析についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考にしてください。

利益を上げるために有効な方法!FXにおけるファンダメンタルとは?

まとめ

いかがでしたか?

 

FX取引をするうえで役に立つインジケーターですが、どんな種類のものでも勝率を100%保証するものではありません。

 

トレンド相場で勝負するならトレンド系インジケーター、それ以外で勝負するならオシレーター系のインジケーターといったように、自分の投資スタイルに合わせたインジケーター選びが重要です。

 

また、2つの機能を合わせた複合型のインジケーターを使うのも良いでしょう。

使用できるインジケーターの数に制限はありませんから、うまく組み合わせて投資を成功させてください。

 

インジケーターは、あくまでテクニカル分析をしたときにのみ補助になるプログラムです。ファンダメンタルズ分析なども行って、できる限り情報を集めましょう!

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。