FX初心者の自動売買はアイネット証券のループイフダンがおすすめ!


ループイフダン

こんにちは、毎日FXを勉強している大輔です。
僕も自動売買を始めたいんですが、おすすめの自動売買ってありますか?

大輔くんは難しい設定とか苦手だから、シンプルに始められるループイフダンがいいんじゃないかしら?

ループイフダンとは、アイネット証券が提供しているサービスで、注文と決済を自動で繰り返すリピート型の自動売買です。
レンジ相場に強く、一定の値幅でコツコツ利益を積み上げていくイメージです。

アイネット証券の自社調べで2018年度上半期、ループイフダンを利用している人のうち80%の人が資産を増やしていると公表しています。
※2018年4月末時点と同年9月末時点を比較したとき、決済損益がプラスになり資産が増加した人の割合。

今回はループイフダンの仕組みや資金・設定の目安や注意点などをたっぷりご紹介します!

ループイフダンのメリット
  • 感情に振り回されずに取引できる
  • シンプルな設定ではじめられる
  • 1,000通貨単位からの取引が可能
  • 取引手数料はスプレッドのみ

↓ループイフダンを始めるならまずはアイネット証券で無料口座開設!

ループイフダンはどんな仕組み?

ループイフダンはあらかじめ設定したルールにそって取引をおこないます。
利益を狙う仕組みは簡単に言うと「安く買って、高く売る」をシンプルに繰り返していきます。
ループイフダンとは

ループイフダンは24時間チャンスを逃さず取引をしてくれます。
自分でトレードする裁量トレードの場合は「どこでエントリーや損切りしたらいいの?」「損失が膨らんでしまった・・・。もっと早く損切りしておけばよかった」など、感情に振り回されがちですが、自動売買なら感情に振り回されずに淡々と取引をしてくれます。

ほかの自動売買は取引をするたびに手数料が発生するものもありますが、ループイフダンは取引手数料が無料なのでスプレッドのみがコストとなります。
ループイフダンの最低取引通貨単位は1,000通貨単位になるので、1万通貨単位と比べると少額の資金から始めることが可能です。

また、ループイフダンの設定はとてもシンプルです。
以下の項目を設定すれば、取引を始めることができます。

通貨ペアと値幅 通貨ペアによって設定できる値幅は異なります。
細かい値幅を決めることはできません。
たとえば米ドル/円の場合だと、10銭・15銭・25銭・50銭・100銭の中から選択します。
売買方向 「買い注文はB」「売り注文はS」になります。
損切り 「損切りあり」か「損切りなし」のどちらかを選びます。
取引数量 1~1,000の間で数量を入力します。
取引単位は1単位=1,000通貨ですが、MXNJPY、ZARJPYのみ1単位=1万通貨になります。
最大ポジション数 資金と値幅から自動計算された現在持てる最大ポジション数が表示されるので、その数以内のポジション数を入力します。

ループイフダンは設定のときなど「ループイフダンS20」などと表記されますが、見方としては「ループイフダンS(売り)20(値幅20銭)」という意味になります。

ループイフダンの仕組みをもう少し詳しく見ていきましょう。

ループイフダンイメージ上の図の場合、ポジション数は3つで値幅は15銭、方向は「買い」(ループイフダンB15)です。
たとえば現在、米ドル/円のレートが100円だと仮定してループイフダンの注文を発注します。

ループイフダンの設定をして取引が開始されると、まずはクリック(成行)OCO注文で最初のポジション(A)を持ちます。
同時に値幅ごとにIFDO注文(B)が入ります。

クリック(成行)OCO注文とは現在表示されている価格でポジションを持ち、指値注文と逆指値注文を同時に出してどちらかが約定すればもう片方は自動的にキャンセルされる注文方法です。
指値注文はあらかじめ設定した利益が出たら確定し、逆指値注文は損失が出たら損切りとして実行されます。
※ただし注文を設定するときに「損切りなし」を選択した場合は指値注文のみ発注されます。

関連記事
指値注文・逆指値注文についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
⇒買うのも売るのもおまかせ!指値注文でFXの効率を上げよう!

IFDO注文とは自動で新規注文と決済注文ができる注文方法です。
新規注文が入った後は、OCO注文と同じで指値注文と逆指値注文を同時に出し、どちらかが約定すればもう片方はキャンセルされます。

・買いの場合:〇〇円になったら買い、〇〇円以上になったら売る(利益確定)または〇〇円以下になったら売る(損切り)
・売りの場合:〇〇円になったら売り、〇〇円以上になったら買う(利益確定)または〇〇円以下になったら買う(損切り)

注文が決済されるまで最大ポジション数を超える注文を持つことはありません。
また同じ価格の注文を同時に持つことはなく、決済された後に新たな新規注文が発注されます。

アイネット証券とひまわり証券を比較

ループイフダンはアイネット証券だけでなく、ひまわり証券でも利用することができます。
アイネット証券が最初にループイフダンのサービスを始め、その後ひまわり証券がライセンス供授を受けています。
2社のループイフダンの違いを比較してみましょう。

FX会社名 通貨ペア数 ロスカット セミナー
アイネット証券 14種類 損切り設定「あり」「なし」選択ができる あり
ひまわり証券 5種類 損切り設定「あり」のみ なし

アイネット証券とひまわり証券では「通貨ペア数」「ロスカットの設定」「セミナーの有無」の3つの違いがあるんですね。

アイネット証券では毎月東京の丸の内でループイフダンのセミナーを開催しています。
セミナーでは初心者向けと上級者向けにわかれていて、誰でも無料で参加することが可能です。

またオンラインセミナーも用意されていて、アイネット証券の公式ホームページから見ることができるんです。
いつでも誰でも視聴することができ、10つの動画でループイフダンの仕組みから取引のポイントまで解説しています。

ループイフダンの資金と設定の目安

ここからはループイフダンを始めるのに必要な資金と、資金に見合った設定のしかたを見ていきましょう。
ループイフダンは取引が始まったら、あとは自動でお任せになるので最初の設定がとても重要です!

資金の目安

ループイフダンで取引するなら資金は30万円以上あるのが望ましいですが、まずは10万円から始めることも可能です。
ただし10万円から始める場合は、利益が出たら引き出さずにそのまま資金にプラスしていくか、毎月1万円ずつ資金を追加するなどして資金を少しずつ増やしていく必要があります。
長期になるほど変動幅は大きくなる可能が高いので、安心して取引をしていくために、大きな変動幅にも耐えられるような資金で取引をすることが大切です。

設定のポイント

ループイフダンを設定する際は、自分の取引の目的、想定する変動幅、自己資金などと照らし合わせていきましょう。
下の図は「積極的に取引していきたい場合」と「余裕を持って取引していきたい場合」を比較しています。
積極的に取引をしていきたいOR余裕を持って取引したい

上の図ように、値幅を小さくすれば持てるポジションも増えて取引回数が増えるので利益が積み重なりやすいですが、反対に含み損も膨らみやすいためリスクも高くなります。
また値幅が小さいと1回の取引の利益が少なくなるため、スプレッドがかかることを考えると利益がかなり小さくなってしまうかもしれません。
反対に値幅を広くしてポジション数を減らせば、利益を得られる回数は少なくなりますが、1回の取引の利益が大きくなり、さらにリスクを小さく抑えることができます。

設定の具体例

ここでは10万円で取引をスタートする場合で考えてみます。
ループイフダンはレンジ相場に向いているため、レンジを形成している通貨ペアを選ぶことがポイントになります。

たとえばトルコリラ/円はここ数年は相場がずっと下降トレンドなので、レンジを形成していません。
レンジを形成している通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル円、ユーロ/ドルなどです。

取引をする通貨ペアが、過去にどのくらい変動しているのかを確認しておきましょう。

下の表はアイネット証券の公式ホームページに載っているレート変動確認表です。
レート変動幅確認票

たとえば「米ドル/円」だと、3カ月で3.7円、1年で9.5円、3年で19.1円、5年で26.3円、10年だと50.3円の値動きがあります。
変動幅を確認したら次は下の目安資金表を確認します。

ループイフダンをはじめ自動売買は長期で運用するのが一般的なので、まずは1年の変動幅で考えてみます。
米ドル/円の変動幅が1年で9.5円なので、それ以下の変動幅7円のところを見てみます。
1,000通貨で取引をする場合での10万円以内で収まる設定は「値幅100銭」「ポジション数8」、目安必要資金は赤い四角で囲った「72,000円」になります。想定する変動幅

ほかにも取引ツールからループイフダンランキングを見ることもできます。
このランキングというのは「期間」「通貨ペア」「ポジション方向」ごとに絞り込みができ、その中で利益を上げている設定順に1位から最下位まで確認することが可能です。

ランキングの中から選択して、同じ設定で取引をすることもできます。
ただしランキングは参考程度にして、しっかりと自分で設定を考えていくことが大切です。

ループイフダンの注意点

ループイフダンで気をつけておきたい3つのポイントをまとめます。

  • リスクの高い設定にしない
  • 損切りを入れておく
  • 放置しすぎない

リスクの高い設定にしない

自己資金に見合っていない大きな利益を狙いすぎて、取引数量を増やしたり、ポジションを持ちすぎるのは危険です。
たとえば1,000通貨から2,000通貨に増やせば単純に狙える利益は2倍になりますが、本来なら2倍の資金が必要になります。

損失が膨らむと強制ロスカットされて大損につながってしまうかもしれません。
取引する通貨ペアが資金に対してどれだけの変動に耐えられるのかをあらかじめ想定し、バランスの良い設定にすることが大切です。

損切りを入れておく

損失が膨らむと強制ロスカットされることも考えられます。
あらかじめ損切り設定をしておけば、それ以上に損失が膨れることがありません。
特に値幅を狭く設定している場合は、損切りを入れておくことが大切です。

放置しすぎない

自動売買は基本的には自動で取引をおこなってくれるのでずっとチャートを見ている必要はありませんが、長い期間放置しているのは危険です。
為替相場が大きく変動した場合は、ループイフダンを停止するか、設定を変える必要があるかもしれません。
定期的に為替相場の状況やループイフダンの利益、取引パフォーマンスなどをチェックしましょう。

ループイフダンを始めるには

ループイフダンを始めるにはまずアイネット証券で口座を開設する必要があります。
口座を開設したら、マイページにログインし、取引ツールの「ループイフダン注文」をクリックします。

ループイフダン始め方
上の図の①の画面が出てきたら「売買システム(通貨ペアと値幅)」「損切り設定」「取引数量」を入力して「次へ」を押します。
②の画面で最大ポジション数を入力し「確認」ボタンを押します。
次画面で設定の内容を確認し、「開始」ボタンを押せば取引スタートです。

まとめ

今回はアイネット証券が提供している自動売買のループイフダンについてご紹介してきました。
ループイフダンは自動で注文と決済を繰り返すので、自分で取引をする必要がなくチャートを見る時間のない人や、感情に振り回されずに取引したい人に向いています。

ただし為替相場は変動していくので、長期にわたって放置しておくのは危険です。
定期的に相場をチェックし、必要なら設定を変えていきましょう。
あなたも自動売買のループイフダンで取引を始めてみませんか?

アイネット証券

アイネット証券

    • ループイフダンの通貨ペア数14種類!
    • ループイフダンのセミナーが充実
    • 取引手数料はスプレッドのみ
合わせて読みたい
FX始めるなら元手資金10万円がベスト!少額投資で稼ぐためのコツとは

FXを始めるなら元手資金10万円がベスト!少額投資で稼ぐためのコツとは

FXTFの評判 | 口座開設前に知りたいメリット・デメリットを紹介!

FXTFの評判は?国内で希少なMT4が使える口座をオススメするこれだけの理由

8つのポイントでランキング!FX会社の特徴や強みを探ってみた!

8つのポイントでランキング!FX会社の特徴や強みを探ってみた!

外為どっとコムで取引を始めよう

取引の参考にしたい情報が豊富!外為どっとコムでFXを始めよう

プロ志向のあなたにおすすめ!外為ファイネストでFXデビュー!

プロ志向のあなたにおすすめ!外為ファイネストでFXデビュー!

DMMFXのキャッシュバックキャンペーン

DMM FXの評判は?国内口座数No1に選ばれる6つの理由とは

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x