チャート分析に欠かせない!ローソク足の「陰線」の意味


SBIFXトレード

 

「ローソク足って、適当に覚えたから実はまだよく知らない・・・」

「陽線だけじゃなくて陰線も重要なの?」

そんなふうに思っている方もいらっしゃると思います。

 

こんにちは、FXに励んでいる大輔です!
僕も、最初はローソク足のチャートの見方がさっぱりわかりませんでした。

そうだったわね。
「謎の棒だらけのグラフしかないんです!!」って叫んでたのを覚えているわ。

早く忘れてください・・・。
あの時は初めて相場のチャートを見たので、他に簡単そうなグラフがないか探してたんです。

ローソク足の仕組みは簡単なんだけど。
確かに、見方を知らないと、なにがなんだかわからないわよね。

一瞬でチャートを見るのをあきらめたのは僕だけじゃないはず・・・!

実は、ローソク足さえわかってしまえば、チャートを理解することができるんです!

今回は、そんなローソク足の中でも、特に「陰線」に注目して見ていきましょう。

 

陰線は始値よりも終値が下回った線

 

ローソク足の形をした罫線には、一般的に黒く塗りつぶされた陰線と白抜きされた陽線の2種類があります。

終値が始値よりも安かったときには黒い陰線で表し、逆に始値よりも終値の方が高い場合には陽線で示すのです。

 

ローソク足

陰線や陽線のローソクの部分を「実体」といい、その上に突き出た細い線を「上ヒゲ」、下に突き出た細い線を「下ヒゲ」と呼びます。

また、ヒゲが突き出ていない陰線や陽線は「丸坊主」と呼ばれます。

 

上ヒゲの頂点部分は高値、根元の部分は始値を示し、下ヒゲの根元部分は終値、先端部分は安値です。

実体の長さやヒゲの長さによって、どの程度相場が動いているのかが把握できるというわけです。

 

たとえば、実体の長い陰線は、それだけ相場の記帳が弱かったということを表しています。

また、上ヒゲの長い陰線があれば、その銘柄が一度大きく上昇した後に下落したということが分かります。

 

そのほか、ローソク足はどれだけの時間によって形成されているかによって呼び名が変わります。

1日の動きを表したローソク足は「日足」、1週間の場合は「週足」、1カ月の場合は「月足」と呼びます。

そのため、「週足・陰線」であれば、その週は月曜日から下落気味の流れが続いていた可能性が高いということが分かるのです。

 

ローソク足は日本だけでなく海外でも利用されている

始値、終値、高値、安値の4つの値を一目で判断できるローソク足を発明したのは日本人だといわれています。

その発祥は江戸時代、堂島の米相場で使われていたものなのです。

 

また、考案者については諸説あるものの、当時の有力な米商人であった本間宗久だといわれています。

彼が考案したテクニカル分析の手法は「宗久の考案した酒田罫線法」として受け継がれ、200年以上経った現在でも広く使われています。

 

また、本間宗久が考案したといわれるローソク足の組み合わせから相場を読む方法を「酒田五法」といいます。

酒田五法には三山、三川、三空、三兵、三法があります。

 

三山は上昇から下落のパターンが3度連続して続くこと、三川はその逆で、下落から上昇のパターンが3度連続して起こることです。

上昇と下落が交錯して相場の傾向が急変する可能性がある場合を三空といいます。

そのほか、3日連続で上昇や下降が連続した場合が三兵、短い期間に上昇と下落を繰り返し、方向が定まらない場合は三法です。

 

古くからの伝統ある分析手法であるローソク足ですが、この罫線が使用されているのは日本だけではありません。

海外でローソク足は「キャンドル・チャート」と呼ばれており、株式相場や商品先物相場などにおいて使用されています。

 

陰線は下降相場を示している

陰線は主に下降相場で多く見られます。

これは陰線が始値に対して終値が安いものであるためです。

つまり、陰線が連続していると基本的に相場は下落しているということが分かります。

 

ただし、陰線が出ているからといって必ずしも相場が下降を続けるとは限りません。

実際にどのような意味があるのかを見極めるためには、前後のローソク足から得られる情報を元に分析することが大切です。

 

陰線には大きく分けて4つのパターンがあります。

 

ローソク図

まずは実体が長い「大陰線」です。

大陰線が出ている場合は売りの圧力が強く、この先も価格が下落し続ける可能性を示しています。

「どのくらいの長さになれば大陰線なのか」といった具体的な定義はなく、前後のローソク足の状況から判断する必要があります。

 

一方、実体が短い陰線は「小陰線」「コマ」と呼ばれます。

この陰線は、相場が横ばいの状態の際に多く現れます。

一つの小陰線が何か大きなシグナルになるというようなケースは少なく、相場が迷っている状態であることを示しています。

むしろ、小陰線が連続している状態でそれ以外の罫線が現れたときが大きなシグナルになるといえるでしょう。

 

実体よりも上ヒゲの方が長い場合を「上ヒゲ陰線」と呼びます。

上ヒゲ陰線が上昇傾向のあるときに出現した場合には、買い勢力が衰え始めていることを示しています。

つまり、もう天井が見えた状態である可能性が高いのです。

 

しかし、逆に下降傾向のある相場で上ヒゲ陰線が現れた場合には、相場が転換して上昇する可能性があるということを示しています。

実体よりも下ヒゲが長い陰線は「下ヒゲ陰線」です。

 

この下ヒゲ陰線も、1本だけ現れた場合には買い勢力の衰えを表しています。

下ヒゲ陰線も上ヒゲ陰線と同じように、どのような相場の状況で出現しているのかによって意味が180度異なってくるので注意が必要です。

 

また、始値と終値が同じ価格であったために実体のないローソク足を「寄引同時線」と呼びます。

この寄引同時線も相場の転換期に多く出現します。

売り勢力と買い勢力とのエネルギーのバランスが拮抗しているということを暗示している線です。

 

相場の流れをローソク足の動きから探る

ローソク足は1本だけを見るよりも、複数をまとめて見た方がより動向をつかみやすくなります。

なぜなら、ローソク足は2本以上をまとめてみた場合に意味が変わってくるということがよくあるからです。

 

とりわけ注意しなければならないのが、「はらみ線」「つつみ線」といった「連続線」です。

 

はらみ線

はらみ線は、前日のローソク足の範囲内に含まれてしまっているローソク足のことをいいます。

つまり、前日のローソク足に「はらまれている」わけです。

 

はらみ線は短期的に相場が一服するところで現れるといわれています。

とりわけ、このはらみ線に陰陽線ではなく寄引同時線が出現した場合には、高値のときであれば天井、下値のときであれば底の確認になるといわれています。

 

つつみ線

つつみ線はその逆で、前日のローソク足を「包んで」いる状態のローソク足のことです。

もしも高値圏でつつみ線が出現した場合には天井であることを暗示し、安値圏でつつみ線が出現した場合には底値であることを暗示しています。

 

また、上昇傾向の相場において、前日の値幅内で翌日のローソク足の線が引けた場合は「かぶせ線」といいます。

翌日のローソク足が前日の陽線を「被せている状態」です。

この線は上昇しようとする力を上から押さえ込んでいることを暗示しています。

かぶせ線が前日の陽線の安値を切らなかった場合には、押し目買いのポイントだといわれています。

 

そのほか、2本のローソク足が値を飛ばして並んでいる状態を「不連続線」と呼び、その2本のローソク足の間にある隙間を「窓」と呼びます。

 

窓

窓はその相場における買い勢力と売り勢力のバランスが崩れていることを表しており、大陽線や大陰線と同じ意味を持つとされています。

相場の格言では上昇相場の場合「押しは窓まで」、下降相場での場合「戻りは窓まで」といわれています。

出現した際には注意する必要があるでしょう。

 

過去の値動きを知ることで今後の取引の予想を立てる

陰線や陽線といったローソク足は、過去や現在の相場の状況を示した罫線です。

銘柄がどのように動いてきたかを知るために欠かせないものだといえるでしょう。

 

それだけでなく、これらのローソク足を上手に活用することで、将来を予測することができるようになります。

投資判断の1つとしてチャート分析を行うためにも、どのような状況でどのローソク足が現れるのかをよく理解しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はローソク足の陰線をメインに説明しました。

 

陰線は、始値に対して終値が安いものであるため、主に下降相場で多く見られます。

つまり、陰線が連続していると基本的に相場は下落しているといえます。

 

また、陰線には種類があり、それぞれの意味を覚えて分析することで、相場を理解することができるのです。

ローソク足の見方を知るのは、FXにおいて基本中の基本です。

ぜひ、しっかりと勉強をしたうえで取引きに臨んでくださいね!

 

ローソク足と酒田五法について、もっとよく知りたい方はこちらをご参照ください。

ローソク足はテクニカル分析の基本!酒田五法は今でも使えるのか

 

SBIFXトレード