勝てない人は今すぐ見直そう!ライントレードでシンプルな取引!

アイキャッチ

「たくさん分析したのに、なかなか勝てない・・・。」

「まだ自分に合ったトレード方法が見つかってない。」

そんな方は、基本のライントレードで取引をしてみましょう。

特に、いろいろやったのに勝てないという方は、これ以上沼にはまらないように取引方法を今すぐ見直す必要があります。

 

ブツブツ・・・

大輔くん、ブツブツ言ってないで挨拶して!

あっ!
こんにちは、大輔です!
実はテクニカル分析の計算が全然終わらないんですよ~!

難しいテクニカル分析ばかりを組み合わせれば勝てるってわけでもないのよ。
もちろん、予測の根拠付けをするのは大事だけど、シンプルに考えた方が勝てるなんてこともよくあるわ。

ううーん、テクニカルの計算ばかりしていたら知恵熱が出ました・・・。

数学が苦手な僕には向いていなかったのかも。

 

さて、気を取り直して、今回は、ベーシックな相場の予測方法であるライントレードについて勉強していきましょう!

 

ライントレードとは

ライントレードは文字通り、ラインを使ったトレード方法です。

チャートの高値や安値を結ぶラインを引くことで相場を予想していきます

 

ライントレードは計算式などの難しいテクニカル指標を使わないので、数あるトレード手法のなかでも比較的シンプルで、簡単に相場を予想することができます。

また、ラインを引くことでエントリーポイント候補がわかるだけでなく、損切りするべきポイントも見ることができます。

そのため、これからFXを始める方にライントレードはおすすめの手法です。

 

ライントレードで本当に勝てるのか?

ライントレードは、数あるトレード方法のなかで最も基本であり、有効なものです。

線がしっかり引くことができれば、初心者の方でもエントリーポイントや決済ポイントを見つけることができます

重要なラインが引けたら、他のトレード方法よりもずっとシンプルに利益を狙うことができるのです。

 

そもそも、ラインは多くのトレーダーたちが相場を見て投資をすることによって機能しています。

つまり、ライントレードはFXの取引をしているほとんどの人が使っている手法なのです。

 

他でいろいろなテクニカル分析を試したけど勝てなくて、結局基本のライントレードに戻したら途端に勝てるようになったという話もよくあります。

もちろん、絶対に勝てるというわけではありません。

トレード方法は人それぞれで好みや得意不得意があると思いますが、今回は基本のライントレードについてお話をします!

 

どのチャートにラインを引けばいいの?

初めに少し述べたように、ライントレードはチャートにラインを引くことでエントリーポイントを見つけ、そのタイミングで取引をしていく方法です。

ひとくちにチャートといっても、分速・時足・日足・週足・月足など、時間の幅ごとに種類があります。

初めてライントレードをする方は、どのチャートにラインを引けばいいか迷ってしまいますよね。

 

初心者の方に最もおすすめしたいのは「1時間足」です。

というのも、1時間足なら相場の動きがほどよく見やすいからです。

 

また、1時間足は相場の見方に慣れるまでは最も基本として見るべきチャートです。

初めてライントレードをする人は、まず1時間足にラインを引くことから始めてみましょう。

 

また、ポジションを保有する期間によって、ラインを引くべきチャートは変わってきます。

FXのトレードスタイルには、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードなどの種類があります。

 

例えば、ポジションを長期保有するポジショントレードをするのに、分足チャートにラインを引くとは細かすぎて重要な線がわかりにくくなってしまいます。

慣れてきたら自分のトレードスタイルによって、ラインを引くチャートを変えていくのがいいでしょう。

 

基本のライン3種類の引き方

ラインの種類は大きく「水平ライン」「トレンドライン」「チャネルライン」の3つに分けられます。

順番に見ていきましょう。

水平ライン

水平ライン

水平ラインとは、チャートに水平に引くラインのことです。

過去の2~3つの高値と、過去の2~3つの安値をそれぞれ水平になるところで結びます。

多くのトレーダーが高値と安値を意識してトレードしているため、この水平線がサポートラインやレジスタンスラインになります。

 

シンプルですが、水平ラインは多くのトレーダーが注目する最も重要なラインであるといえます。

また、ライントレードにおいて、最初に覚えるべき基本の線でもあります。

水平ラインだけを使って、シンプルにトレードする人も多いのです。

 

トレンドライン

トレンドライントレンド(相場の流れ)に沿って斜めに引くラインのことです。

相場が上がっているのか下がっているのか、また、トレンドラインの角度によってトレンドの強さが見て取れます。

上昇トレンドライン

上昇トレンドのときは、相場の安値をつないで右上がりの線を引きます。

これがサポートライン(支持線)となります。

加工トレンドライン

下降トレンドのときは、相場の高値をつないで右下がりの線を引きます。

これがレジスタンスライン(抵抗線)となります。

 

トレンドラインについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

チャートに『トレンドライン』を引いて相場の波に乗ろう!

 

チャネルライン

チャネルライン

チャネルラインは、相場を挟む形でトレンドラインに平行に引く線です。

この2つの線に挟まれたところをチャネルといいます。

このトレンドラインとチャネルラインを、サポートラインとレジスタンスラインとして相場を見ることができます。

 

ラインを引くと、相場の動きがわかりやすいですね!
難しい分析をしなくても、単純な動きはこれで見ていくのがよさそうです。

シンプル・イズ・ザ・ベストよ。
トレンドラインを引くにはちょっとコツがいるから、初めてライントレードをする人は、まず水平ラインから引いてみてね。

サポートラインとレジスタンスラインを使う

サポートライン

相場からエントリーポイント候補を見るときには、サポートラインとレジスタントラインが使われます。

また、サポートラインとレジスタントラインに挟まれた相場のことをレンジ相場と呼びます。

サポートライン

サポートラインは、相場の安値同士を複数結んで引きます

価格が下降したときにこのラインまで達すると、相場が反転して上昇していくという価格を示すラインです。

サポートラインで支えられているうちは、相場は上に進むので買いで注文するのがいいでしょう。

また、相場がサポートラインを下に突破したら、その時は売りが有力です。

 

レジスタントライン

レジスタントライン

レジスタントラインは、サポートラインと反対に、相場の高値同士を複数結んで引きます

価格が上昇したときにこのラインまで達すると、相場が反転して下降していくという価格を示すラインです。

レジスタンスラインで跳ね返されている間は、相場は下に落ちてくるので売りで注文するのがいいでしょう。

また、相場がレジスタンスラインを突破したら、そのときは買いが有力です。

 

レジスタンスラインについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

価格抵抗線とも呼ばれる『レジスタンスライン』を自分の武器にしよう!

 

 

相場の転換ポイントを狙う

相場が転換するポイントでは値動きが特に激しくなることが多いので、相場の流れを予測してうまくエントリーができれば大きな利益を得られるチャンスです。

ここでは、基本的な相場の転換ポイントを2つ紹介します。

 

レジサポ転換

レジサポ転換

レジサポ転換は、その名の通り、それまでレジスタンスラインだったものがサポートラインとして機能し始めることをいいます。

値動きがレジスタンスラインを突き抜けて進み、突き抜けたところと同じ位置まで落ちたら上に跳ね返っていくことです。

 

レジサポ転換が起こったら、基本は売りと買いが決まった方向へエントリーします。

図の場合は買いが有力候補です。

また、反対にサポートラインがレジスタンスラインとなることをサポレジ転換といいます。

 

ブレイクアウト

ブレイク

先ほど説明した、相場がレジスタンスラインやサポートラインを突破することをブレイクといいます。

また、ブレイクアウトは、値動きがレンジ相場からレジスタンスラインやサポートラインを突き抜けて伸びていくことです。

 

これも、レジサポ転換と同様に、基本は売りと買いの攻防の決着がついた方向へエントリーします。

ブレイクアウトは相場の大きな転換ポイントとなるので、これに乗じることができれば大きく利益を上げるチャンスです。

 

ブレイクについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

相場が大きく変化する!レンジブレイクを見極めよう!

 

ライントレードで気を付けること2つ

ダマシに注意する

ライントレードの最大のデメリット、それはダマシがあることです。

ライントレードにおけるダマシは、相場がラインをブレイク(突破)したと見せかけて再度戻ってくることをいいます。

dream甘し

 

ダマシは、多くのトレーダーが注目しているポイントを狙って、ブレイクアウトと反対方向のポジションを持つトレーダーがいることにより起こります。

 

ダマシが起こると、予測の真逆へ相場が進んでしまったりするので、きちんと損切をしないと大きな損失につながる恐れがあるのです

 

重要なラインを見失わない

ぐちゃぐちゃ図

 

チャートに細かく線を引こうとしたら、いくらでも引けます。

しかし、たくさん線を引けばそれだけ線が重なってぐちゃぐちゃになり、どこを大事なポイントとしたらいいのかわからなくなってしまいます。

 

そうなっては、せっかく引いたラインのせいで余計に迷うことになりますよね。

しかも、細かく引いたラインにはあまり意味がないことが多いのです。

見づらいチャートにしないためにも、重要なラインに絞って見ていくことが必要です。

 

相場はトレーダーたちが取引をすることにより動きます。

なので、みんなが注目するような大きな値動きの変化を見つけてラインを引くのがよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ライントレードは、チャートの高値や安値を結ぶラインを引くことで相場を予測する方法です。

 

もっとも基本的でシンプルな取引方法なので、初心者の方にもおすすめです。

これまで他の取引方法で勝てなかったという方も、一度ライントレードでシンプルな取引を試してみてくださいね。