損失の拡大を防ぐ!ロスカットの基本的な仕組みを知ろう!

損失の拡大が防げる?ロスカットの基本的な仕組みを知ろう!



「ロスカットについて知りたい」

「損切りと何が違うの?」

という方がいらっしゃると思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
ロスカットと損切りって何が違うんでしょう。

自分でするのが損切り。
強制的にされてしまうのがロスカットよ。

 

FX取引で避けて通れないロスカットと損切り。

損失が大きくならないようにする、大切なシステムなんです。

今回はロスカットについて解説していきます。

 

ロスカットの定義

ロスカット

ロスカットとは、保有するポジションの損失が一定レベルに達した段階で、強制的にそのポジションを決済してしまうシステムのことです。

これは、ポジションを保有し続けることで損失がさらに拡大してしまうのを防ぐために行われます。

 

FX取引を行う際は、取引の規模に応じてFX会社の口座に常に一定の資金を入れておかなければなりません。

これを証拠金というのですが、証拠金維持率が一定レベルを下回った時点で自動的かつ強制的にロスカットの処理が行われます。

もしロスカットが行われないと、ポジションの損失が増えれば増えるだけ、FX会社に預け入れていた資金が減っていってしまいます。

それだけならまだいいのですが、預け入れていた資金を全額失ったあとも、場合によっては追加で損失を支払わなければならないこともあるのです。

 

これでは投資家が借金を負ってしまうことになり、非常にリスクが大きくなります。

ロスカットがあることで、仮に大きな損失が発生したとしても被害を最低限に留めることができるのです。

 

ただし、ロスカットがあるから絶対に借金を負わなくて済むとは限りません。

あまりにも為替相場が急激に変動した場合はロスカットの処理が間に合わないこともあるため、預け入れていた資金以上の損失が発生することもあります。

ロスカットは万能の救済システムではなく、あくまでも損失を最低限に抑えてくれる可能性のあるものだと覚えておきましょう。

 

FX会社がロスカットを設定している理由

FX会社がロスカットを設定しているのは、顧客サービスの一環であると同時に自分たちの会社を守るためでもあります。

ロスカットがなければ、投資家は損失が膨らみ続け、資金を失うばかりか借金を背負ってしまう恐れもあるでしょう。

 

そうなれば、FX会社は必要な証拠金を投資家から回収できず、企業として損失を被る可能性があるのです。

 

すべての証拠金を充当してもマイナスになってしまう場合、投資家は不足分を追加で入金しなければなりません。

不足する金額が多ければ多いほど、投資家が支払えずFX会社が損をするリスクが高まるのです。

 

つまり、投資家とFX会社双方の損失を防ぐことこそが、ロスカットが設定されている大きな理由だといえます。

 

急な相場の動きには注意をしておく

証拠金は、損失が発生した場合にスムーズに損失をカバーするためにFX会社に預けておくものです。

その証拠金の範囲内で損失を確定させることができれば、投資家の損失は最低限に抑えることができます。

 

そのために活用されているのがロスカットであり、投資家が対応できないときに損失が発生しても問題ないよう、ロスカットの決済は自動的に行われています。

 

ただし、いかにロスカットが設定されていたとしても、損失が確実に証拠金の範囲内で収まるとは限らないため注意が必要です。

えーと、どういうことなんですか?

ロスカットのシステムも万能じゃないのよ。

投資家の口座の状況はFX会社のシステムによってチェックされ、損失が膨らんだ時点でロスカットの決済が行われます。

ところが、このチェックは数十秒に1回というペースで行われていることが多く、相場の変動にリアルタイムで反応できるわけではありません。

 

たとえばチェックが行われた1秒後に為替の急激な変動が起きた場合、その後数十秒はシステムが損失に気づかず放置してしまうのです。

つまり、チェックの間に一気に相場が変動すれば、次のチェックが行われたときにはすでに証拠金以上の損失が発生している可能性もあります。
為替相場は世界中で24時間休みなく動いており、事件や経済指標などで繊細に反応します。

相場が急変することがあれば、決済が間に合わずロスカット・ルール以上に資金を失ってしまう可能性もあるのです。

 

ロスカット・ルールは自分で設定することもできる

証拠金がどれだけ少なくなればロスカットが行われるかは、各FX会社によって異なります。

ただ、口座を健全に維持するためにも約20~30%の証拠金維持率を求めているFX会社が多いです。

 

証拠金維持率とは、証拠金の額に対して損失がどの程度発生しているかを表した数字です。

たとえば証拠金が10万円でポジションが100万円だったところ、相場の下落でポジションが93万円まで下がったとします。

 

すると損失は7万円となり、証拠金が3万円しか残りません。

10万円に対して3万円なので、この時点で証拠金維持率は30%ということになります。

 

ロスカット・ルールが30%と定められているFX会社の場合、この状態になると強制的にロスカットが行われます。

その結果、7万円の損失は発生しましたが、3万円は手元に残すことができるのです。

 

このように、どの段階でロスカットするかは、損失を確定するためにも非常に重要なポイントです。

基本的にはFX会社が証拠金維持率などのロスカット・ルールを定めていますが、中には投資家が自分でパーセンテージや金額を決められるところもあります。

 

FX初心者で損失が心配な場合は、このようなFX会社を選んで高めの証拠金維持率を設定しておくと安心です。

 

あらかじめ損切りをしておくことも必要

損切りをしておく

思わぬ損失が発生したときでも、ロスカットがあれば証拠金以上の損をする心配はほとんどありません。

もちろん相場の急変など不測の事態では処理が間に合わず損失が膨らむ恐れはありますが、通常の相場の動きであれば問題なく損失を抑えることができます。

 

ただ、ロスカットはあくまでも「これ以上は資金を減らせない」といういわば最後の手段です。

預けてある資金の大半を失ってしまうことに変わりはないため、ロスカットに頼りすぎるのはやめたほうがいいでしょう。

少しでも損失を抑えるには、許容できる損失の範囲を超えたらすぐに自分でポジションを決済することも大切です。

ロスカット・ルールが30%なら、決済されれば証拠金は30%しか残りません。

 

そこまで損失が広がる前に自分で決済すれば、30%以上の証拠金を残すこともできるのです。

自分で損失を見込んで決済することを、「損切り」といいます。

 

「もう少し待てば相場が思った方向に進むかも」「損失を取り戻せるかも」と思いたい気持ちもわかりますが、そうこうしている間にさらに損失が膨らんでは元も子もありません。

ロスカットされる前に損切りのラインを自分で定めておき、状況を見極めながら潔く決済するようにしましょう。

 

レバレッジを低めに抑えておく

レバレッジのイメージ

FX初心者にありがちな失敗として、レバレッジを高く設定してしまうことが挙げられます。

レバレッジとは、自分が実際に預けている証拠金に対して、数倍から数百倍という金額の取引ができるようになる仕組みのことです。

 

たとえば10万円の証拠金を預けて100万円分の取引を行う場合は、「レバレッジ10倍」ということになります。

仮に1ドル100円のときに1万ドルのポジションを買っておくと、1ドル120円に値上がりすれば1万ドルが120万円となり、20万円の利益を得られます。

 

レバレッジが高ければ高いほど、少ない元手で大きなリターンを得ることができるのです。

こう聞くとレバレッジは非常に魅力的な仕組みに見えますが、いいことばかりではありません。

 

FXは基本的にリスクとリターンが比例するため、利益が大きくなるということは損失も大きくなる可能性があることを意味します。

高い利益を目指して高いレバレッジを設定してしまうと、少し相場が予想外の動きをしただけで大きな損失を被る恐れがあるのです。

 

初心者は一気に利益を上げようとして高いレバレッジを設定する傾向が強いため、くれぐれもレバレッジの内容には注意しなければなりません。

資金に余裕ができるまでは、できるだけレバレッジを低めに抑えるよう心がけましょう。

 

うすれば、万が一のときの損失も小さく抑えることができるため、証拠金に余裕を持たせることができます。

ロスカットの可能性も抑えられるため、大切な資金を一気に失うことも避けられます。

 

経済指標の発表時にはポジションを整理しておく

FXに挑戦するにあたり、必ず知っておきたいのが「経済指標」というものです。

重要な経済指標

経済指標はその名の通り、世界各国の政府などが定期的に公表する、経済の成長率や安定性に関する指標のことです。

GDPや失業率など、耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

実は、この経済指標が発表された直後に為替相場が激しく変動することが多いのです。

特に注意したいのが、アメリカで発表される雇用統計や住宅販売件数、物価指数やGDPなどの指標です。

 

アメリカドルは世界でもっとも盛んに取引されている通貨であり、経済指標の内容しだいで世界中の投資家が一斉に取引を行います。

このため経済指標の発表前後は相場が思いもよらない急変を見せることがあり、もたもたしていると一気に損失が膨らむ可能性があるのです。

相場が動きやすいということは、うまく動きを予想すれば大きな利益を得ることも夢ではありません。

ただ、非常に相場が荒れやすいため、初心者にはかなりハードルが高くなります。

 

思わぬ損をしないためにも、重要な経済指標の発表前にはあらかじめポジションを整理しておいたほうがいいでしょう。

 

経済指標についてはこちらのリンク先でまとめていますので、ご参考ください。

毎月の確認が必須!経済指標で世界経済の状況を把握しよう!

 

ロスカットを防ぐには、資金管理を意識しておく

自己資金を管理する

安定した利益を得るためには、損失を把握してロスカットを防ぐことが何よりも重要です。

コツコツと利益を重ねていても、一度ロスカットが行われれば一気に資金が減ってしまいます。

 

ロスカットは損失を最低限に抑えてくれる頼りになる仕組みではありますが、そこまで損失を膨らませないことをまず心がけましょう。

ロスカットを防ぐには、自分の資金を徹底管理することが欠かせません。

 

自分が許容できる損失の範囲を慎重に見極め、そのラインに達したらロスカットを待たず損切りする勇気を持つことが大切です。

また、FXに投資する資金はあくまでも余裕資金の中で行いましょう。

 

生活資金や将来のために貯蓄している資金を費やすと、損失が発生したときに困ることになります。

生活のために損失を取り戻そうとしてレバレッジを高く設定し、余計に損失を膨らませる原因にもなりかねません。

 

仮に失っても生活に影響がない余裕資金で投資することで、冷静に損切りのタイミングを計れるようになるでしょう。

 

ポジションを取るときには慎重になる

そもそもロスカットされてしまう原因は、ポジションを持つことにあります。

ポジションの数が多ければ多いほど、相場が動いたときの損も大きくなってしまいます。

 

逆に、ポジションを持っていなければ当然ロスカットの心配はありません。

つまり、ロスカットを防ぐにはできるだけ慎重に相場を見極め、必要最小限のポジションを持つことが大切になります。

特にFX初心者の場合、取引に面白さを感じたり、すぐに利益を得ようとしたりしてとにかくポジションを持ちたがることもあります。

FXではリターンとリスクは表裏一体であるため、多くのポジションを持てばそれだけ損をするリスクも高まることを理解しなければなりません。

 

取引に慣れるまではポジションは安易に持たず、損失を抑えるためにも厳選して持つようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回はロスカットについて解説してきました。

 

FXは、自分の才能しだいで大きな利益を得ることもできる夢のある投資方法です。

もちろんいいことばかりではなく、利益を得られるのと同じだけ損失が発生する可能性もあります。

このことを忘れず、ロスカットやレバレッジなどにも気を配り、バランスの取れた投資を心がけることが大切です。

FXを長く続けるためにも、自分なりの投資ルールを作って適切に守っていきましょう。

 

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。