FXは資金管理が重要!初心者にもわかりやすい資金管理講座


FXは資金管理が肝心

 

FX(外国為替証拠金取引)の話題になると、資金管理が大切ってよくいわれていますね。

 

「資金管理ってなぜそんなに大切なの?」

「資金管理って具体的にどうやればいいんだろう?」

 

あなたもそんな風に思っていませんか?

今回は初心者の方に向けて、資金管理についてわかりやすくお伝えしていきます。

 

こんにちは、FX初心者の大輔です!
なんだかみんな資金管理、資金管理っていうけど、FXで資金管理しないと、どうなるんですか?

 

そうね、あっという間にホームレスになれるかしら・・・。
FXはレバレッジが利くから損失額も大きいのよ。

 

なんですかそれ・・・、怖がらせないでくださいよ。
資金を管理するって、そんなことあたりまえじゃないですか。

 

でも、具体的にどう管理すればいいか、わかっているのかしら?

 

そういわれると、返す言葉がないな・・・。
失敗しないためにももっと勉強しなくちゃ!!

 

資金管理はなぜ大切なのか

FXの世界では、勝つために必要なことは?と質問すると、「3M」という答えが返ってくることでしょう。

3Mとは次の3つのことです。

Mind(マインド

Method(メソッド

Management(マネジメント

 

マインドは精神的な面(メンタル)、メソッドはトレードを行う手法、マネジメントが資金管理のことです。

これら3つが上手く機能することで、FXの世界で成功を収めることができるといわれています。

 

今回はこの3つの柱の1つである「資金管理(マネジメント)」について詳しくお話していきます。

 

FXで取引するうえで一番避けたいこと、それは大負けして全財産を失うことですよね。

資金管理とはそういったリスクを回避するための「リスク管理」が大きなウエイトを占めています。

つまり、資金管理をしっかりしていれば、たとえ負けても財産を全部失うという事態はまぬがれるのです。

 

FXで負けている人の大半がこの資金管理を怠っているといわれます。

これからFXを始める人も、もう始めている人も、しっかりこころして資金管理に取り組みましょう!!

 

資金管理とは

では資金管理とは何なのか、簡単にいうと次の2点です。

 

損切りのポイント

この2点が資金管理の核となります。それでは以下に詳しく解説していきます。

 

大輔君はFXをするにあたって、何を一番望んでいるのかしら?

 

それは少しでも利益を得て収入を増やすことかな。

 

そうね、多くの人はいかに利益を得るかに焦点を当てがちよね。
でもFXでは利益を得るのと同じくらい、失うチャンスもあるわよね。
トレードに失敗して全財産を失ってしまったときのことを考えているかしら?

 

そうゆう縁起でもないことは考えないようにしているんですよ・・・。
ハハハッ、プラス思考、プラス思考!!

大輔君、ダメよそれじゃあ、備えあれば憂いなしなのよ。
(この子、大丈夫かしら・・・能天気すぎるわ)

 

一度に取引する金額を決める

FXでは、レバレッジによって自分が持っている資金以上の金額を取引することができます。

そのため大きな利益を追求したいと思っている人は、高倍率のレバレッジにして取引したいと考えることでしょう。

しかし、ハイレバレッジで取引をするということは、負けたときの損失額も大きくなります。

 

Leverage(レバレッジ)とは?

FXでは実際に使える金額の何倍かの金額で取引を行うことができますが、この仕組みのことをレバレッジといいます。

担保となる金額(証拠金)にレバレッジを掛けるとき、「レバ〇〇倍」と短縮していうことが多いです。

以前は400倍といった倍率でもレバレッジを掛けることができましたが、リスクが高すぎるため日本では現在25倍までと定められています。

 

レバレッジについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。

自分の資金に合わせたレバレッジ管理でFX取引をしよう!

 

損失を最小限にとどめて利益を積み重ねていくことがFXを長く続ける秘訣です。

資金をすべて失ってしまったのでは、もうFXを続けることもできなくなってしまいますよね。

そのため、仮にすべてを失ったとしても再起できるだけの資金分しか取引しないようにしておくことが望ましいのです。

 

このような理由から、あらかじめ1度の取引で使える資金額を決めておくことが大切です。

自分の資金額に見合った取引額を設定する、これが大事なポイントでしょう。

 

大輔くん、ではエントリーした後、相場が期待と反対方向に動いたときはどうしているの?

 

そうですね~、その時の感覚で相場が反転するまで待つか損切りするか決めていますけど。

 

それは安全な方法とはいえないわね。
その時のフィーリングで損切りポイントを決めるなんて。
もしどんどん悪い方向に動いてしまって戻らなくなったら、取り返しのつかないことになる可能性があるでしょう?

 

確かにそれで何度か大損してしまった苦い経験がありますけど・・・。

 

コンスタントに利益をあげているプロのトレーダーは、あらかじめ損切りポイントを決めておいてからエントリーするのよ。

 

損切りラインの設定

資金管理で大切なもう一つのポイントは、損切りラインを決めておくということです。

日本人の多くのトレーダーは損切りを躊躇して負けてしまう傾向があります。

 

「あともう少ししたら相場が上昇に転じるのではないか・・・」という気持ちはわかりますし、実際少し待ったら上昇したというパターンもあるでしょう。

しかし、それではギャンブルをしているのと変わりません。

 

プロのトレーダーは、損失を最小限に抑えるために、あらかじめ損切りラインを決め、相場がそのラインに達したら躊躇なく取引を終了するようにしています。

そうすることにより、1回の取引で再起できないほどの損失を追わないように自衛しているのです。

 

具体的な資金管理の方法

では次に、資金管理の具体的な方法について損切りを中心に解説していきましょう。

 

リサさん!!
じゃあ、どうやって損切りポイントを決めるんですか?

ふふふ・・・。
それはね、 基本的に「2%ルール」にのっとって決めるのよ!

2%ルール

FXの資金管理において「2%ルール」ということがよくいわれますが、ご存知でしょうか?

これは、一度の取引で資金額の2%までしか損失を許容してはいけない、というものです。

 

なぜ2%かというと、それくらいの損失率にしておくのが残りの資金で回復していくためにちょうどいいと先人が判断した結果です。

このルールはFXの古典書ともいわれる『投資苑2』に書かれています。

 

例えば、証拠金10万円で取引を始める場合、その2%は100,000円×0.02で2,000円です。

ということで2,000円までが許容できる損失額になります。

 

もし、この取引で負けて2,000円を失ったとすると、残りの資金は98,000円になります。

次に取引するときは98,000円の資金で、98,000円×0.02=1,960円 となり、1,960円が許容できる損失額です。

 

2%以内ですので、人によってはもっと少なく、1%にしている人もいます。

初心者の方は1%から始めるのがおすすめです。

2%より上に設定する人もいますが、それはかなりFX慣れした人や、資金がたくさんある人(あるいは向こう見ずなギャンブラー)がすることなので、基本的にはこの2%ルールを守っていきましょう!

 

損切り幅を決める

次に、損切り幅を決めていきます。

損切り幅というのは、許容損失額に相当するpipsがどれくらいあるかということです。

 

具体的には、エントリーポイントから何pips動いた時点が損切りポイントかという「幅」のことになります。

この損切り幅は取引する枚数によって変わってきます。

 

「pips」や「枚」といった用語の意味をよく知らないという方は、次の章で専門用語の説明が出てくるのでそちらを読んでみてくださいね。

 

では実際に米ドル対日本円で取引することとして、計算してみましょう。

 

資金額が百万円の場合、許容損失額はその2%の2万円になりますね。

1ドル=100円だとすると、百万円で買えるのは1万ドル分です。

ちょうど1枚分の取引ができますね。

 

なので、損切り幅は1枚で200pips、2枚で100pip、3枚で約67pips以内ということになります。

取引枚数を2枚、3枚と増やすと、その分損切り幅が狭くなりますね。

100pipsは日本円でいうと1円になるので、1枚で取引した場合、相場が2円期待と逆行したら損切りを実行するということになります。

 

以下に取引量に応じた損切り幅を表にまとめましたので参考にしてみてください。

ドル円で資金額1,000,000円(百万円)1枚=10,000通貨の場合

取引量

損切り幅

1枚(1万ドル)

200 pips

2円

2枚(2万ドル)

100 pips

1円

3枚(3万ドル)

   約66.7pips

     66.7銭

4枚(4万ドル)

50 pips

50銭

5枚(5万ドル)

40 pips

40銭

資金額10万円だと、1万通貨に満たず、1,000通貨での取引となります。

初心者の方は1,000通貨単位以下から取引を始めることがおすすめです。

 

ドル円で資金額100,000円(10万円)、1枚=1,000通貨の場合

取引量

損切り幅

1枚(1,000ドル)

20 pips

20銭

2枚(2,000ドル)

10 pips

10銭

3枚(3,000ドル)

       約6.7pips

           約6.7銭

4枚(4,000ドル)

5 pips

5銭

5枚(5,000ドル)

4 pips

4銭

 

取引枚数を2枚、3枚と増やすと、レバレッジも2倍、3倍と利かせなければならないことになります。

レバレッジとは、いわば証拠金を担保に借入れしたお金を取引に充てるというものですよね。

日本では25倍までレバレッジ可能ですが、慣れないうちはできるだけ少ない倍数で取引することをおすすめします。

 

専門用語の説明

ここでFXの専門用語を知らない方のために、前の章で出てきたFX専門用語を説明していきますね。

 

  Pips(ピプス)とは?

Pips(ピプス)とは為替レートが変動するときの最小単位のことです。

通貨ペアによって違い、円が入っている通貨ペアであるクロス円のpipsは小数点第2位(1銭)です。

 

その他、クロス円以外のペアであるユーロ対米ドル、ポンド対米ドルなど、米ドルが絡んだ場合は小数点第4位と考えればいいでしょう。

Pipとは「Percentage in Point」の略で、1つでpip、2以上で複数形pipsです。

 

Pips(ピプス)についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。

pipsって何だろう?FX初心者が知るべきpipsの見方と活用方法!

 

  クロス円とは?

クロス円とは通貨ペアの中で“米ドル以外の通貨と日本円のペア”のことをいいます。

米ドル以外の通貨と取引をするには、基軸通貨である米ドルを介さないとできません。

 

例えば、ユーロと取引したい場合のレートは、ユーロ対米ドルのレートと米ドル対日本円のレートを掛け合わせたものとなります。

ちなみに、米ドルと日本円のペアのことは「ドルストレート」といいます。

クロス円やドルストレートなど通貨ペアについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。

FXに欠かせない通貨ペア選びのポイントを解説

 

  枚(ロット)とは?

FXでの取引においてロットともいわれます)とは1回の売買取引における取り扱い単位を表します。

一般的には1枚=10,000(1万)通貨です。

 

少額取引を可能にするためFX会社によっては1枚が1,000通貨や100通貨であるところもあります。

また、南アフリカの通貨ランドの場合は1枚が10万通貨になる、といった例外もあります。

 

資金管理の注意点

FXの資金管理について、だいたいわかっていただけたでしょうか?

それでは最後に、これだけは絶対やってはいけないという注意点をお伝えしておきますね。

 

自分の全財産を取引に使わない

FXで取引に使う自己資金は、全部失ったとしても生活に支障がない程度の余剰資金を充てなければなりません。

これはもうおわかりのことだと思いますが、利益額を大きくしたいがために投資金額として自分の持っている財産をつぎ込んでしまうと、失敗したときに丸裸になってしまうからです。

 

いくらギャンブラーの血が騒ぐからといって、後先考えずに突っ走ることだけはやめておきましょう。

 

損切りを躊躇しない

もう一つ、やってはいけないことは、損切りポイントで躊躇してしまうこと です。

相場が逆行して損切りポイントに達したときに、「あと少し待っていれば反転するかもしれない!」と思ってしまうことは多々あるでしょう。

そして望みを捨てきれず躊躇して取引終了する機会を逃してしまうのです。

 

そのままずるずると相場が逆行し続ければ、諦めて損切りした時点では許容損失額を大幅に超えてしまいます。

また、いつか相場が戻るときまで待っていようと塩漬け状態を選べば、その間資金を運用することができないので結果的に損をすることになってしまうでしょう。

 

いずれにしても結果的に、より大きな損失になることは避けられません。

そうであれば、損切りは最善策と頭にインプットして機械的に実行していくのが賢いやり方といえるでしょう。

 

トカゲの損切り

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はFXで取引するうえで大切な資金管理についてお話してきました。

 

資金管理はFXで利益をあげ続けるために欠かせない要素です。

自己資金を失ってしまってはFXを続けることすらできなくなってしまいますからね。

投資金額は、仮にすべてなくなっても生活に支障のない範囲で設定しましょう。

 

まずは許容損失額を2%ルールにのっとってあらかじめ決めておくことが大切です。

そして相場が損切りポイントに達したら迷わず取引を終了しましょう。

 

1度の取引における損失を最小限に抑え、トータルとして利益をあげれば大丈夫です。

できればエクセルやGoogleシートを使って資金管理表を作ると便利ですよ。

 

資金管理さえしっかりしていれば、みなさんもFXを長く続けていくことができるはずです!

 

FX会社 特徴

  DMMFX(詳細はこちら)

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

  GMO(詳細はこちら)

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

  SBI FXトレード(詳細はこちら)

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。

 

合わせて読みたい
覚えておきたいFX用語集

この記事を読めば、誰でもすぐFXをはじめられる!FX用語決定版!

香港ドルは超安定通貨-min

香港ドルは退屈な通貨?ペッグ制変動幅を有利に活かせ!

ドルを制する者

ドルを制する者はFXを制す!?ドルを大きく変動させるイベントとは?

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x