危険信号発令!マージンコールの意味や発令する仕組みを詳しく解説

2018年9月17日

警告

FXでは口座を開設後に証拠金(資金)を担保として取引をはじめます。

 

為替に夢中になっていると証拠金の残高がどれくらいあるのか確認することを忘れてしまうことがあるかと思います。

そのため、いざ為替をするとなると証拠金が足りず為替自体おこなうことが困難になります。

このような事態から守るために存在するのが「マージンコール」です。

 

「マージンコールってなに?」と疑問に思う方や、初めて耳にした方は多いのではないのでしょうか?

マージンコールは、私たちの大切な証拠金を守る重要なシステムです。

こんにちは、FXについて勉強中の大輔です。

マージンコールって不思議なFX用語ですね。

そうね。

マージンコールをこれから勉強する大輔くんのためにいろいろ教えるわ。

しっかり学んでいくようにね!

 

さぁ、今回はあなたと一緒に「マージンコール」について学んでいきたいと思います。

まずは1つ目の章でマージンコールとはなにか知っておきましょう。

 

マージンコールとは?

FX口座を開設した後、その口座に証拠金を担保として預けます。

その証拠金を元手に取引を行いますが、買った通貨が下落すると含み損が発生してしまいます。

 

そして証拠金が一定の損失を超えるとき、大きな損失を防ぐために警告を鳴らすものが

「マージンコール」になります。

 

つまり、マージンコールとは証拠金不足を知らせるものです。

また、「このままだとロスカット(強制決済)になりますよー」「早く追加入金してださい!」という意味もあります。

「マージンコール=命綱」と例えられるほど、為替をおこなう私たちにとっては重要な意味が含まれているのです。

マージンコールってそんな意味があったんだ!

そうよ。

マージンコールにはとても重要な意味が含まれているの。

FXにはリスクがつきものだから、万が一の事態に備えてマージンコールというシステムがあるの。

 

マージンコールが起こる仕組みについて知らないFX初心者は数多くいます。

どんな状況になったときマージンコールが起きるのか、その仕組みを次の章で見ていきましょう。

 

マージンコールの仕組み

前の章でご紹介しました通り、マージンコールは一定基準以上の証拠金の損失をする前に警告する意味があります。

たとえば、レバレッジという方法では多くの利益を得ようと何倍もの証拠金をかけます。

その結果予想外の損失が出てしまい、口座残高から証拠金が一定基準に到達してしまった場合にマージンコールが発令します。

うーん、そう言われても具体的なイメージが浮かびません・・・。

安心して。

マージンコールが起こるしくみを図にしてみたものがあるわ。

一緒に見てみましょう。

 

【イメージ図】

(例)レバレッジをかけて150万円の含み損をし、マージンコールが起きた場合

マージンコールイメージ図

:証拠金が満たされているとき

:マージンコールが起こる一定基準

 

このように150万円の含み損をした場合、保有している証拠金300万円から150万円まで下降します。

そのとき、残りの証拠金と必要な証拠金を割ったものが証拠金維持率となります。

証拠金維持率は下の式で求めることができます。

 

証拠金残高÷必要な証拠金=証拠金維持率

 

残高が証拠金維持率に到達してしまうとマージンコールが発令するのです。

どう?

少しはマージンコールのしくみについてイメージできたかしら?

はい!

図で見てみるとマージンコールが起こる具体的なタイミングがよく理解できます。

 

ここまでマージンコールについて解説しましたが、もしもマージンコールの警告を見逃してしまった場合はどうなってしまうのか見ていきましょう。

 

ロスカットとは?

マージンコールの警告が出ているのにも関わらず口座残高を確認しない、追加入金をしない場合、持っているポジションが強制的に決済されるシステムが発動します。

そのシステムが「ロスカット」です。

本人の許可なく自動決済されてしまう

ロスカットって・・・なんだか怖いですね。

そうね。

ロスカットにならないようにマージンコールの警告は無視できないわ。

 

マージンコールのしくみを理解することも重要ですが、ロスカットが起きるしくみも図で表したものがあります。確認しておきましょう。

 

【イメージ図】

以下の図はロスカットになる過程をあらわしたものです。

ロスカットイメージ図:マージンコールが発令中

:ロスカットが発動した時点

 

マージンコールが発令されてから何も手を尽くすことなく放置をした結果、証拠金が150万円以下を下回り、ロスカット(強制決済)になってしまいました・・・。

 

このような悲しい結果になる前にマージンコールの警告を見逃さないようにしましょう。

そうすれば、ロスカットから危機回避できるかもしれません。

 

ロスカットはマージンコールと同じく各FX会社によって発令される基準が違い、ロスカットの基準が設定できるFX会社もあります。

FX口座を開設する前に、各FX会社でマージンコールとロスカットが行われる基準がどのくらいの値なのか調べておくといいでしょう。

 

マージンコールロスカットのシステムをまとめると、以下のようになります。

 

・マージンコール:大きな損失を防ぐために警告してくれるシステム

・ロスカット:追加入金ができない場合に自動的に取引額を決済するシステム

 

マージンコールとロスカットといったシステムは大きな損失を防ぐためにつくられたものなので、手元にある証拠金の残高を考えて為替をする必要があります。

 

それではマージンコールが起きないようにするためにはどのように対策したらいいのか次の章ではマージンコールの対策方法と対処方法について見ていきましょう。

 

マージンコールの対策・対処法

まずはマージンコールの対策方法について主に2つご紹介します。

マージンコールの対策

【レバレッジをかけすぎない】

レバレッジは証拠金を何倍もの取引価格にすることができますが、その反面取引した証拠金を損失してしまうといったリスクがあります。

レバレッジをかけることは決して悪いことではありませんが、手元にある証拠金の残高を確認してレバレッジをかけてもいいのか考えることが大切です。

 

【口座残高を確認する】

どれくらいの証拠金があるのか残高を確認することで為替に使う証拠金を自分で見直すことができ、マージンコールを未然に防ぐことができます。

もしこのような対策を駆使してもマージンコールが起きてしまった場合は、あわてずに次のような行動をとるといいでしょう。

 

マージンコールの対処方法

【口座に追加入金をする】

マージンコールの意味でお伝えしたように「早く追加入金をして下さい!」と言っているので、FX口座に足りない分の資金を入金します。

そのようにすれば、証拠金基準率が再び満たされるようになりマージンコールがおさまります。

 

【手元にある持ち高を決済する】

現在持っている買い注文を減らすことにより、必要な証拠金が減るのでマージンコールが止まります。

ただし、取引が成立する前に持っているポジションを決済する必要があるのでマージンコールが発令したらすぐに対処するようにしましょう。

大輔くんもあなたも、証拠金をレバレッジにかけ過ぎないようにしてマージンコールには気を付けましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マージンコールは決して怖いものではなく大きな損失をさせないため、せめて手元の資金だけは確保できるように証拠金不足を知らせる意味があり、一定基準の証拠金が満たなくなってしまうことで起きてしまうのです。

 

このようなことを防ぐためには、現在の証拠金残高を確認する必要があります。

万が一このような対策法がとれず、マージンコールが発令してしまった場合は

 

・FX口座に追加の証拠金を入金する

・手元の持ち高が約定する前に決済する

 

といった対処方法をとるようにしましょう。

もし、マージンコールの警告を見逃し放置してしまうとロスカットといって自動に決済が行われてしまうことにより為替の取引ができなくなります。

このようにマージンコールが発令することがないよう、自分の証拠金の残高を把握するなどして気を付けましょう。

 

初心者の方は最初はあまり大きな取引通貨単位で取引せず、最初は小さな取引通貨単位からはじめることがおすすめです!

みんなのFXなら1,000通貨から取引ができ、サポートも充実しています。

あなたもみんなのFXで口座開設しませんか?

トレイダーズ証券[みんなのFX]