FXを始める前に要チェック!『証拠金』はFXトレーダーの軍資金だった

2018年9月17日

会社とお金

お金とお金のやり取りを行うFX。

資金がなければ当然始めることはできませんが、FXを始めるために必要なのが『証拠金』です。

 

「証拠金ってどんなお金?」

「証拠金はいくら必要なの?」

まだFXを始めていない方の中には、このように疑問に思っている方も多いと思います。

 

証拠金とは、一言で言えばFXトレーダーにとっての「軍資金」です。

多ければ多いほど安定した取引ができますし、いざというときは大勝負に出ることもできます。

しかし、何百万円という大金がなくても始められるのがFXの面白いところです。

こんにちは。

まだまだFX初心者の大輔です。

僕も決してお金持ちというわけではないんですよね・・・。

だからこそFXでお金を儲けたいんですが。

リサさんはどうですか?

あら、人の貯金を探るだなんて失礼よ。

でも、私もFXを始めたころは大輔くんと同じようなものだったわ。

まだ若いんだから、FXに回せるお金が限られるのは仕方ないわよね。

(リサさんはきれいだけど何歳なんだろう・・・?)

じゃあ、僕みたいな庶民はどうすればいいんですか?

(何か失礼なこと考えてる顔ね・・・)

安心して!

口座を開設するのも、実際に取引するのも、一般的な会社員なら十分可能よ。

ポイントは「証拠金」「レバレッジ」ね。

そうなんです!

僕みたいなごく普通の会社員でも、少し貯金があればFXを始めることができるんです。

 

今回は、FXを始める前にぜひ覚えておきたい「証拠金」と「レバレッジ」についてご紹介していきます。

僕と一緒に、FXの世界に足を踏み入れていきましょう!

 

FXに証拠金が必要な理由

まずは証拠金について学んでいきましょう。

そもそも証拠金とはどんなお金なのでしょうか?

 

証拠金とは?

証拠金とは、一言で言えば「担保」です。

FXを始めるためには、担保としてFX会社にお金を預けなければならないのです。

そのお金を証拠金(または取引証拠金)と呼びます。

 

証拠金という制度があるおかげで「証拠金取引」が成り立ちます。

 

証拠金取引とは?

FXは「外国為替証拠金取引」とも呼ばれるように、証拠金取引の一種です。

 

証拠金取引には証拠金が必要ですが、通貨を購入する際、その金額が動くわけではありません。

実際は通貨を売買した際の差益(もしくは差損)だけお金が動きます。

これを「差金決済」と呼びます。

 

たとえば、「1ドル=100円」の際にドルを買い、「1ドル=105円」の際に売ったとします。

この場合、お金の動きは「5円の差益が保証金に加算された」だけです。

下の図のように、普通のショッピングとはお金の流れが大きく異なります。

ショッピングの場合証拠金取引の流れ

一見面倒に見えるかもしれませんが、この仕組みによって少ない資金で大きな取引をすることができるんです!

 

ここまで証拠金と証拠金取引について簡単にご紹介してきましたが、実は証拠金にはいくつかの種類があります。

次からは、ぜひとも覚えておきたい3つの証拠金についてご紹介していきます。

 

証拠金の種類

1.最低証拠金

最低証拠金とは、新たに口座を開設するために必要となる証拠金のことです。

FX会社によって最低証拠金の金額は異なりますが、今では多くのFX会社に無料で口座を開設することができます。

もちろん証拠金がなければ取引はできないので、遅かれ早かれお金を入れる必要はあります。

 

2.有効証拠金

有効証拠金とは、預けている証拠金に含み損益を加算したお金です。

ちなみに、含み損益とは決済される前の損益のことよ。

たとえば「1ドル=100円」でドル買いして、その後「1ドル=101円」になれば、差額の1円が含み益というわけね。

これが1,000ドル分なら1,000円になるわ。

 

式にすると「有効証拠金=証拠金±含み損益」となります。

リサさんの例にあてはめると「有効証拠金=証拠金+1,000円」ということですね。

逆に「1ドル=99円」に下落した場合は「有効証拠金=証拠金-1,000円」になってしまいます。

 

3.必要証拠金

必要証拠金とは、実際に取引をするために必要になる証拠金のことです。

これも「必要証拠金=為替レート×Lot数(通貨の数量)/レバレッジ比率」の式で表すことができます。

たとえば、レバレッジ5倍で「1ドル=100円」のときに1,000通貨を買うのなら、「必要証拠金=100円×1,000通貨/5=20,000円」となります。

実際はもっと細かく複雑な数値になりますが、各FX会社が用意している取引ツールを利用することで簡単に求めることもできます。

 

3つの証拠金をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

これらの証拠金のことを知れば、今度は「証拠金維持率」を求めることができるようになります。

とくに失敗のリスクが高い初心者にとって重要な単語なので、よく確認しておきましょう。

 

証拠金維持率の求め方

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の割合です。

FX会社によって細かい点は異なりますが、「数値が小さいほど証拠金が減少して危険な状態にある」と覚えておくといいでしょう。

 

証拠金維持率がFX会社の定めるボーダーラインを下回ると「マージンコール」が発生します。

マージンコールとは、取引によって有効証拠金が大きく減少する損失が出ないように、追加の入金か損切を促す通知です。

マージンコールに強制力はありませんが、さらに有効証拠金が減少すると「ロスカット」に陥り、強制的に決済されてしまいます。

つまりマージンコールとロスカットは、最悪の事態を回避するためのブレーキのような役割なのです。

それでは、マージンコールとロスカットの基準となる証拠金維持率を求めてみましょう。

 

計算方法

証拠金維持率は以下の式で表すことができます。

 

証拠金維持率=有効証拠金/必要証拠金×100

 

たとえば、有効証拠金が50万円、必要証拠金が10万円だったとします。

その場合「証拠金維持率=50万円/10万円×100=500%」となります。

 

マージンコールが発生する証拠金維持率は大きくても100%なので、まだ余裕があるといえます。

しかし、為替レートが下がって含み損が大きくなると、有効証拠金が減るので証拠金維持率も低下していきます。

 

各FX会社と証拠金維持率

先ほど言ったように、FX会社によってマージンコールとロスカットのボーダーラインは異なります。

その一部を表にまとめてみました。

マージンコール・ロスカットの基準

ご覧の通り、マージンコールの基準は100%、ロスカットの基準は50%で設定されていることが多いようです。

 

トレーダーの資産を守るためのシステムですが、急激な為替相場の変動があればロスカットの執行が遅れ、大きく損してしまうおそれもあります。

何度もマージンコールの通知が来るようであれば、そもそもFXの戦略が甘いと考えたほうがいいでしょう。

 

少しの証拠金で大きな取引を実現!

さて、はじめのほうで「証拠金の仕組みのおかげで少ない資金で大きな取引をすることができる」とご紹介したのを覚えているでしょうか?

実際は差金分しかお金が動かないFXは、預けた保証金よりも高額の取引を行うことができます。

その方法がレバレッジです。

 

レバレッジとは「てこ」を意味しており、証拠金倍率とも呼ばれます。

レバレッジを高く設定するほど高額の取引が可能になり、そのイメージが以下の図です。

レバレッジイメージ

証拠金が10万円だった場合、レバレッジが1倍なら取引金額も最大で10万円です。

しかし、レバレッジは最大で25倍にすることができます。

つまり、レバレッジ25倍なら250万円の取引ができるということです。

 

レバレッジが大きいほどハイリスクハイリターンになります。

大きなレバレッジをかけて通貨が下落すれば、含み損が大きくなってロスカットの危機に陥ります。

最大で25倍ですが、初心者の場合は2~5倍程度に控えておきましょう。

 

証拠金を取り巻く現状

ハイリスク・ハイリターンのレバレッジだけに、金融庁もレバレッジに関して慎重のようです。

最大25倍のレバレッジの倍率を10倍まで小さくする動きもありました。

実際に2010年には最大50倍に、2011年には最大25倍に引き下げられた過去があります。

 

しかし2018年5月29日には、その方針が見送られることが決定しました。

「他の金融商品とのバランスをとる」「倍率が高い海外のFX会社に顧客が流出してしまう」という理由とのことです。

 

その代わり、FX会社によっては上限が引き下げられるともいわれています。

FX会社は2008年のピークを境に減少傾向にありますが、今後も力のない会社は淘汰されていくのかもしれません。

こんな時流だから、GMOクリック証券やDMM.com証券のようなトップクラスの大手のほうが安心かもしれないわね。

う~ん・・・努力しているのはトレーダーだけじゃないんだなあ。

ますますFX会社選びの重要性がわかってきたと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

FXに必要な証拠金についてご紹介させていただきました。

まとめると以下のようになります。

 

・証拠金はFXのような差金決済に使われる。

・マージンコールとロスカットの基準(証拠金維持率)はFX会社によって異なる。

・レバレッジをかければ、預けた証拠金以上の取引ができる。

 

預けた証拠金を減らさず運用していくためにも、FX特有のお金の動きを覚えておくとよさそうですね。

 

初心者の方は最初はあまり大きな取引通貨単位で取引せず、最初は小さな取引通貨単位からはじめることがおすすめです!

みんなのFXなら1,000通貨から取引ができ、サポートも充実しています。

あなたもみんなのFXで口座開設しませんか?

トレイダーズ証券[みんなのFX]