マネックスFXはシンプルで見やすい画面が特徴!選ばれる理由とは?

2018年8月17日

マネックスFX アイキャッチ

 

FX会社にはさまざまなサービスがありますが、あなたはFXサービスにどんな魅力を求めていますか?

「自分はもっと取引画面がシンプルなほうがいいんだけどな」

「信頼できる会社で取引をしたい」

そんなことを思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

マネックスFXはマネックス証券のサービスの一つで、上記の要望を満たしてくれます。

どんな特徴があるのか気になりませんか?

確かに人によってどんなサービスで取引するか基準は違うわよね。

私は手数料の有無とかかしら。

マネックスFXは手数料も無料みたいですね。

そうなの!

費用が安くなるのは助かるわ

そういえば大輔くんは何を基準にしているの?

え、僕は何事もリサさんが基準ですよ?

まったく・・・。

頼りにしてくれるのは嬉しいけど、ちゃんと自分で決めるのよ?

 

大丈夫ですよ、FXのサービスはちゃんと自分のなかで条件がありますから。

そんな僕ですが「マネックスFX」というサービスが気になっていて、前にリサさんと勉強したことがあるんです!

今回はマネックスFXについて、どのような特徴があるのか僕と一緒に見ていきましょう!

 

マネックスFXの口座情報

まずはマネックスFXの口座情報です!

取引時間は冬時間とサマータイム実施時で異なるので注意してくださいね。

 

最小取引単位 1,000通貨
手数料 無料(インターネット取引手数料、クイック入金手数料、口座開設費、口座維持費)
取引時間

【冬時間】

(米国標準時間の11月の第1日曜~3月の第2土曜)

取引時間

日本時間の月曜7:00~土曜6:55

バッチ処理時間

日本時間の火曜~土曜の6:55~7:10

 

【夏時間】

(米国標準時の3月の第2日曜~11月の第1日曜)

取引時間

日本時間の月曜7:00~土曜5:55

バッチ処理時間

日本時間の火曜~土曜の5:55~6:10

お問い合わせ

電話での受付時間

オペレーター対応は平日8:00~17:00

自動音声対応は24時間(土日祝日を含む)

 

※回答に数日かかる場合があるがメールフォームでのお問い合わせも可

最大レバレッジ 個人25倍、法人100倍
通貨ペア数 16通貨ペア
スプレッド

原則固定(例外あり)

詳しくはこちら

スワップポイント 詳しくはこちら

 

マネックスFXが選ばれる5つの理由

具体的にマネックスFXにはどのような魅力があるのか気になりませんか?

僕と一緒に見ていきましょう!

 

用途に合わせた充実の取引ツール

まずは取引ツールの充実さが魅力となっています!

最近ではスマホでFXの取引をする人も多いようですが、マネックスFXでもスマホやタブレットに対応したツールがそろっています。

それぞれでツールの種類が異なるので詳しく見ていきましょう!

 

【MonexFX ブラウザツール】

MonexFXブラウザツールはマネックスFXでメインかつ基本となっているツールです。

マネックスFXを初めて利用する人は、まずこのツールでマネックスでの取引に慣れることをおすすめします。

ブラウザツールではデモ取引を行うこともできるので、初心者の方でもお試しで取引を体験できます。

 

【MonexFX SPEED Lite】

MonexFX SPEED Liteはタブレットでも操作可能となっており、チャートが画面に大きく表示されるようになっています。

またタッチ操作を利用した直感的な操作が可能になっているので、パソコンのキーボード操作が苦手な方でも扱いやすいかもしれません。

こちらもデモ取引が可能となっています。

 

【MonexFX SPEED】

他のツールと比べて、高機能となっているため上級者にも使いやすいツールです。

29種類ものテクニカル指標や19種類の描画ツールがあるので、細かい取引の設定も可能となっています。

 

またスピードを重視した人向けに注文入力を素早く行うことができる機能も付いているので、希望価格で注文が通りやすいです。

 

【スマートフォンアプリMonexFX SPEED】

スマートフォンアプリはシンプルで使いやすいデザインです。

iPhoneとAndroidのどちらにも対応しており、アプリをインストールした後に使用できます。

注文方法としては、成行、ファスト、指値、逆指値、トレール、 IFD、OCO、IFDOCOなどが搭載されており、用途にあわせて使用できます。

 

また8種類の足種や12種類のテクニカル指標があるのも魅力の一つです。

 

スマホ 持ち歩き

【携帯ウェブ版取引ツール】

これは主にガラパゴス携帯(ガラケー)に向けた取引ツールです。

docomo、au、SoftBank、Y!mobileの4つのキャリアで利用することができます

スマートフォンアプリのように専用のアプリをインストールする必要はありませんが、スマートフォンやタブレットと同様に通信料がかかってしまうので定額プランなどに加入することをおすすめします。

 

使いやすいチャート画面で初心者も操作しやすい

マネックスFXの2つ目の魅力は、とにかく画面が見やすいということです!

他社と比べても画面の構成は比較的シンプルになっており、初心者の方でも操作しやすくなっています。

 

先ほどは取引ツールの種類についてご紹介しましたが、すべての取引ツールに関係なく画面は見やすくなっており、注文に戸惑うことも少ないと思います。

とくにログイン後のトップ画面には必要な情報が凝縮しているので、レートやチャートがどこにあるのか判断しやすくなっています。

 

100%信託保全で資金も安心

マネックスFXではトレーダーの資産を信託保全によって管理しています。

信託保全とは、トレーダーの資産(証拠金)を会社の資産とは別に管理することによって、万が一に会社が倒産した場合でも信託先である銀行からトレーダーの資産が返ってくるというものです。

簡単に言うと、トレーダーの資金を守る仕組みがマネックスFXにはある、ということになります!

 

マネックスFXでは「三井住友信託銀行または日証金信託銀行(顧客証拠金口)」で区分管理を行っており、破綻したときには受益者代理人を通してトレーダーに資金が返還されます。

信託保全 マネックス

 

受益者代理人は社外の弁護士で、破綻時以外はマネックス証券の信託状況を監督しています。

また信託保全は取引の元本を保証するものではないほか、信託される資金は取引時の損益を差し引きしたものなので注意しましょう。

 

丁寧なサポート体制

FXは平日24時間取引可能ということもあり、いつでもサポートを受けられるのか気になるところではないでしょうか?

自動音声受付は24時間受けることができますが、オペレーター対応の問い合わせは平日の8:00~17:00と限定されています。

 

しかし問い合わせの丁寧さには定評があり、サポートサービスの国際機関「Help Desk Institute」の日本組織が主催する【2017年問合せ窓口格付け】において最高ランクである三ツ星を獲得しています!

何か困ったことがあった場合は、気軽に問い合わせてみてもいいかもしれませんね。

僕はリサさんみたいに丁寧に教えてもらうのが好きだから、わりと活用しちゃいそうです・・・。

大輔くんは困っちゃうとパニックになりがちだからね。

オペレーターの人に迷惑かけちゃダメよ?

取引以外の個人的なことで困ったときには、リサさんに問い合わせますね!

まぁ・・・。

大輔くんなら仕方ないわね。

 

東証一部上場企業だから信頼できる!

また、マネックスFXは信用性が高いことが魅力として挙げられます!

マネックスFXを提供するマネックス証券は、東証一部に上場しているマネックスグループ株式会社の傘下です。

会社情報は以下のようになります。

会社名 マネックスグループ株式会社(東証一部【8698】)
口座数 24万7644口座(2018年6月時点マネックス証券のFX口座数)
資本金 10,393,550,000円(2018年8月7日時点)
決算期 3月31日

詳しい情報を公開しているという点でも信用性があるといえますね!

 

もう1つのサービス「FX PLUS」と「マネックスFX」の違い

ここまでは「マネックスFX」の魅力についてご紹介してきましたが、ここではマネックス証券のもう一つのサービスである「FX PLUS」との違いについて説明していきます!

 

マネックスFX

【口座に関して】

マネックスFXはもともとマネックス証券とは別の会社でしたが、2012年に吸収分割するかたちでマネックス証券に引き継がれました。

その関係で現在もマネックス証券の口座とは別の「マネックスFX専用の口座」が必要となっています。

 

【ロスカットレベル】

またロスカットレベル(自動的にポジションが清算される証拠金維持率)は変更可能です。

変更できるロスカットレベルはレバレッジによって分かれます。

 

・レバレッジ25倍未満:30%、40%、50%、60%、70%、100%

・レバレッジ25倍以上:50%、60%、70%、100%

 

【その他】

マネックスFXは情報提供に関して言うと、FX PLUSよりも優れています

無料で開催されるオンラインセミナーもあり、情報の量や質に関してはマネックスFXのほうが一歩上と言えます。

パソコン 観葉植物

 

FX PLUS

FX PLUSは約定拒否やスリッページが基本的にないため、実質業界1位の約定率を誇っています。

「なぜ約定拒否やスリッページがないのか気になる!」

という方もいらっしゃると思いますが、理由としては市場調査で明らかになっていることが挙げられます。

 

2018年3月15日~3月16日に行われた矢野経済研究所による米ドル/円レートでの約定率調査では、約定率100%という結果が出ました。

 

またトレーダー側でもスリッページが発生しなかったということが明らかになっています。

(矢野経済研究所は大手の市場調査会社で、マーケティング調査分野では客観的調査を行うことで信頼性のある会社です。)

 

そんなFX PLUSですが、マネックスFXとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

【口座に関して】

FX PLUSはマネックス証券の総合口座の一部という扱いになるので、マネックス証券で株やその他の投資を行っている人はその口座から直接FX PLUSへの資金移動ができます

 

【ロスカットレベル】

マネックスFXと同様に、FX PLUSもロスカットレベルは任意で変更可能です。

とくにレバレッジによる制限はありませんが、50%、60%、70%、100%から選ぶことができます。

 

【自動注文の一つ「オートレール」】

FX PLUSは「オートレール」という自動注文が最大の魅力となっています。

簡単に言うと、トレール注文を自動的に反復し繰り返していくというシステムです。

 

トレール注文を初めて聞いたという方もいらっしゃると思いますが、トレール注文とは損切りの幅を決めておき、レートに合わせて損切り注文の値段も変動するという注文方法です。

つまり安全装置を取り付けた注文を自動的に行う方法と言えます。

詳しい仕組みについてはこちらのページをご覧ください。

 

【分析ツール「トレカル」】

またFX PLUSには「トレカル」というAIによる分析ツールもあります。

トレカルはトレーダーの過去の取引状況をAIが把握することによって、トレーダーの傾向を『診断書』として提示してくれます。

「順張り傾向」や「勝率」などといった項目を円グラフで提示するほか、シミュレートした結果なども提示されます。

『診断書』を見ることによって、自分の取引傾向を客観的に知ることができるのです!

 

また診断書の他にも目標の取引スタイルと現時点との違いを表す『処方箋』があります。

処方箋ではどのようにしたら目標の取引を行うことができるのかをわかりやすくアドバイスしてくれます。

 

リサ 処方箋

※登録日を基準に、以下の2つの項目を満たしていることが条件となります。

・直近120営業日前から直近10営業日までの間に40取引

・直近10営業日の間に2取引

 

条件となる取引回数は「新規建て」と「決済」で1回とカウントされます。

また「新規建て」に対して2回に分けて決済した場合は2回とカウントし、オートレールの取引はカウントに含まれないので注意が必要です。

 

マネックスFXの評判・口コミ

ここまでマネックスFXにはどのような特徴があるのか、お分かりいただけたのではないでしょうか?

とはいえ、FXは実際にサービスを利用してみないとわからない部分もあると思います。

ここからはネットに寄せられているマネックスFXの評判や口コミに関してご紹介します!

(出典:価格.com

 

米ドル/円のスプレッドは0.3銭が多いけど、0.2銭はなかなかないと思う。
 
 
確かにスプレッドは狭いですね!

僕はFXサービスを選ぶときは、スプレッドの狭さも判断基準にしています。

スプレッドが狭いと、1回あたりの取引費用も少なくなるので、こまめに決済を繰り返すスキャルピングもしやすいです。

 

サポートが親切!

画面の操作について問い合わせてみたら、丁寧に説明してくれた!

 

丁寧な対応だという評判があれば、電話をかけるときも安心できますね。

初心者にもおすすめの魅力だと思います!

 

1,000通貨からでも取引できるし、最高では300万通貨と多額でも取引ができるので幅広い!

 

1,000通貨から取引可能なのは確かに魅力的と言えます。

資金に余裕があるときは、多めにつぎ込むこともできるので資金を調節できるという点ではいいですね。

 

情報量はまあまあです。

しかし見にくいと感じるときがあります。

 

情報が提供されるのはありがたいことですが、見にくいと感じることがあるみたいですね。

しかし情報の質に関してはとくに問題なさそうです。

 

取引ツールによっては使えないテクニカル指標があったりするので、そこは少し不便。

 

上級者の場合はスマホアプリやブラウザツールなどで希望のテクニカル指標がないということもあるようです。

取引ツールによって搭載される機能に差がでてしまうのは仕方のない点ではないでしょうか。

 

通貨数は少ないけど、主要なものはそろっているからとくに不便に感じない。

 

通貨数は他社の場合、19~20通貨ペアが多いです。

マネックスFXは2018年1月よりトルコリラ/円やメキシコペソ/円、人民元/円の取り扱いを始めて現在は計16通貨ペアとなっています。

確かに他社と比べて少ない気もしますが、主要なものがそろっているのでとくに問題なさそうです。

 

FX会社としては老舗だし、約定率は高いと思う。

 

約定率が高いのは本当のようですね。

自分が「この価格で注文したい!」と思ったときに、スベらずにそのまま約定できるので損も発生しにくくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

人によってFXサービスを選ぶポイントはそれぞれ異なると思いますが、自分の基準に沿ったFXサービスで取引を行うことが大切です。

 

マネックスFXは見やすい画面操作で初心者の方でも、また豊富なテクニカル指標で上級者の方でも操作できる、珍しいタイプのFXサービスとなっています。

また操作しやすい取引画面も特徴の一つであるほか、丁寧なサポートも定評があります。

 

僕個人の意見としては、公式サイトも充実している印象がありますね。

FXの知識に関してわかりやすく紹介されているほか、マーケット情報に関しても項目ごとに簡潔に説明されているので情報を集めたいときにもおすすめです!

 

またブラウザツールなどはデモ取引が体験できるので、気になる方は試してみてもいいかもしれません。

僕も体験してみたいので、デモ取引で少し様子を見てみようと思います!

 

マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(井上哲男氏)
マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(井上哲男氏)
マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(井上哲男氏)?|?fx-on.com