マネーパートナーズで自動売買をするには? 初心者向けの4つの特徴と簡単な運用手順


マネーパートナーズで自動売買をするには? 初心者向けの4つの特徴と簡単な運用手順


最近忙しくてFXの取引できない
寝ている間も稼ぎたい

一時の時間も無駄にせずFXで稼ぎたい人は多いでしょう。

マネーパートナーズの「HyperSpeed NEXT」では、忙しくて取引できない人も自動売買におまかせすることが可能です。

自動売買を利用すれば、自分が取引できないときでもポジションを保有・決済をおこなってくれます。

今回はマネーパートナーズの自動売買の特徴や、手順などについて簡単にご紹介していきます。

マネーパートナーズの自動売買の特徴4つ

マネーパートナーズの「HyperSpeed NEXT」に搭載されてる自動売買は、トレーダーが売買ルールを組み合わせてストラテジーを作成し、稼働させるときに売買ルールに従って注文を発注させるツールです。

そして、マネーパートナーズの自動売買は4つの特徴があり、トレーダーにもやさしい設計となっているのです。

 

常時ログインしなくともOK

「HyperSpeed NEXT」の自動売買で作成したストラテジーは、すべてマネーパートナーズのサーバーに保存されます。

そのため、自分のPCの電源OFF・マイページにログインしていない状態でも、売買ルールの条件を満たしていれば自動で注文を発注してもらえるのです。

「日中が仕事で忙しい方」や「寝ている間も取引したい方」はチャートを見る必要がなくとも、安心です。

自動売買の稼働状況は「HyperSpeed NEXT」のみで確認可能なので、空いた時間で週3日に1度程度は確認しましょう。

 

追加手数料が0円!

自動売買をご存知の方で、「取引・分析が自動」のほかに浮かぶのが取引コストですよね。

多くのFX会社の場合、スプレッド以外に自動売買の取引手数料が発生します。

マネーパートナーズのスプレッド

しかし、マネーパートナーズの自動売買は取引手数料が発生しません!

発生するのは1万通貨取引(パートナーズFX)のスプレッドだけなのです。

証拠金が10万円の方でも余分な手数料に困ることがありません。

 

ストラテジーごとにポジション管理

マネーパートナーズの自動売買は1つの取引口座で複数のストラテジーを稼働させ、ストラテジーごとにポジションを制御しています。

そのため、裁量取引でポジションを保有したとしても、自動売買で決済されることはないのです。

一方ストラテジーを停止させることなく、ストリーミング注文でリアルタイムの決済を可能としています。

どうしても今のレートでポジションを決済したいときにありがたいですね。

またポジションに対して利食い・損切りを設定しておくこともできます。自分の利益・損失のルールがある方は有効に活用できるでしょう。

 

バックテストで成績チェック

ストラテジーを作成後には、バックテストをおこなうことができるのがマネーパートナーズの自動売買です。

バックテストとは、過去の取引データをもとに作成したストラテジーの運用成績をシミュレートする機能をいいます。

そして、ストラテジー作成後は必ずバックテストをおこなうことで、よりよい自動売買運用が可能となるのです。

いろいろな組み合わせでバックテストをしたいときは、複数バックテスト機能で1度の手順で確認できますよ。

 

マネーパートナーズの自動売買の手順

ここからはマネーパートナーズの自動売買を運用していく手順を簡単にご紹介していきます。

自動売買の運用手順
1.ストラテジーを作成する
2.売買ルールを設定する
3.ストラテジーを保存する
4.バックテストをおこなう(成績状況で手順1からやり直す)
5.保存したストラテジーで自動売買開始!

まずは自動売買の基本となるストラテジーの作成をおこないます。

名称通貨ペア足種別利食い&損切り」や売買ルールを設定し、バックテストで成績をシミュレートしていきます。

よいストラテジーを組み上げたら、いよいよ自動売買運用開始です。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

  • 約定力10年連続1位!
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 新規口座開設で最大10万円キャッシュバック!

※土日申込みの場合は翌々営業日からの取引となります

マネーパートナーズの自動売買のデメリット

このマネーパートナーズの自動売買はメリットばかりでなく、デメリットもあります。

 

移動平均線しか使えない

「HyperSpeed NEXT」の自動売買は、残念なことに現在ストラテジで組み込めるテクニカル指標が「移動平均線」のみとなっています。

人気のボリンジャーバンドやスキャルピングで利用されるエンベロープなどを設定することができず、トレーダーによっては得意な取引スタイルを自動売買に反映することが不可能なのです。

今後マネーパートナーズの自動売買のテクニカル指標は追加されていく予定のようですが、移動平均線のみで満足できない方は他社の自動売買を利用してもよいでしょう。

 

10,000通貨からの取引のみ

マネーパートナーズの自動売買はパートナーズFXのスプレッドが適用されますが、それに伴って最低取引単位も1万通貨からとなります。

つまり、資金が10万円未満の方は自動売買運用をおこなうことが難しいです。

マネーパートナーズで自動売買をしたい方は資金を多めに準備したうえで取引しましょう。

 

マネーパートナーズの自動売買まとめ

今回はマネーパートナーズの自動売買について紹介してきました。

マネーパートナーズの「HyperSpeed NEXT」は自動売買機能が搭載されており、忙しくて取引できない場合でも効率よくポジションを保有して、利益を稼ぐことを可能としています。

また他社の自動売買と異なり、追加手数料もないために資金もパートナーズFXの取引同様に10万円以上からでおこなうことができます。

しかし、設定できるテクニカルも移動平均線のみとなっていますので、トレーダーによって物足りないと思われる方もいらっしゃるでしょう。

「まだ自動売買歴は浅いけど、自分でストラテジーを組んでみたい!」という方は、マネーパートナーズでストラテジーを利用した自動売買を始めることをおすすめします。

合わせて読みたい
ヒロセ通商はスキャルピングできる?|公認されている理由とは

ヒロセ通商はスキャルピングできる?公認されている理由とは

ヒロセ通商のキャンペーンは難しい!初心者に厳しい取引条件とは?

ヒロセ通商のキャンペーンは難しい?初心者に厳しい取引条件とは

JFXはMT4が利用可能!気になる特徴とデメリットは?

JFXはMT4が利用可能!気になる特徴やデメリットは?

JFXのキャンペーンの条件は厳しい?申込み前に知っておきたい取引攻略法

JFXのキャンペーンの条件は厳しい?申込み前に知っておきたい取引攻略法

JFX口座開設までの流れ

JFX口座開設の流れ|申込から入金方法までの注意点を詳しく解説!

ヒロセ通商 口座開設までの流れ

ヒロセ通商口座開設の流れ|申込をスムーズに済ませる方法を解説

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x