FX会社に迷ったらここ!マネースクエアがおすすめな3つのポイント

アイキャッチ

FXを始めようと思っても、たくさんあるFX会社の中から1つの会社を選ぶのは大変ですよね。

まずは「自分の希望に合った条件」に当てはまるFX会社を見つける必要があります。

 

「FXに興味があるけど、FX会社はどれを選べばいいかわからない」

「FX会社の特徴が知りたいけど、どうやって情報を集めればいいの?」

 

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今回はFX会社の1つマネースクエア(通称M2J)をご紹介します。

こんにちは、大輔です!
日々FXについて勉強中です。
FX会社はたくさんあって迷っちゃいますよね。
僕はたくさんある中から1つを選ぶのは苦手です・・・。

あら、大輔くんは選ぶのは得意なはずよ。
だっていつも「武器」や「装備」を選んでいるものね。
ふふふ。

え? いつ僕がゲームで「武器」や「装備」を選んでいるのを見られたんだろう・・・。

 

さ、さて気を取り直して。

マネースクエアの特徴を一緒に見ていきましょう!

 

マネースクエアの口座情報

まずはマネースクエアの口座情報からご紹介します。

 

商品名 M2JFX
最小取引単位

1,000通貨単位

(ただし南アフリカランドは1万通貨単位)

通貨ペア数 11通貨ペア
取引時間 時期などによって異なりますのでこちらから確認してください
取引手数用

【南アフリカランド】

1万通貨単位以上の場合

1万通貨単位当たり200円

 

※せま割対応注文の場合

(せま割については下記の※を参照してください)

1万通貨単位当たり100円

 

【その他の10通貨ペア】

1万通貨単位以上の場合

1,000通貨単位当たり30円

(対ドル通貨は0.3ドル)

 

1万通貨単位未満の場合

1,000通貨単位当たり50円

(対ドル通貨は0.5ドル)

 

※せま割対応注文の場合

1,000通貨単位当たり10円

(対ドル通貨は0.1ドル)

 

※せま割とは、1回の取引で利益確定した金額が、規定内に収まる場合に適用されます。

せま割10は利益確定が10銭以内が対象です。

せま割30は利益確定が30銭以内が対象です。

 

せま割10についての詳細はこちらをご覧ください

せま割30についての詳細はこちらをご覧ください

その他手数料

クイック入金、円出金、無料

振込み入金の場合は顧客負担

外貨出金の場合は通貨別、50万通貨単位毎に6,000円の手数料がかかります

問い合わせ 9:00〜17:00 土日祝除く
レバレッジ

【個人】一律 4%(25倍)

【法人】こちらから確認してください

 

次はマネースクエアのスワップポイントの一覧表です。

表のスワップポイントは1万通貨単位の金額になります。

 

スワップポイントは日々変動しますので、取引の前に最新の情報を確認してくださいね。

マネースクエアの最新のスワップポイントはこちらからチェックできます。

(2018年8月21日時点)

通貨ペア

スワップポイント

(売り)

スワップポイント

(買い)

米ドル/円(USD/JPY) -62円 17円
ユーロ/円(EUR/JPY) 1円 -25円
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 0.49ドル -0.73ドル
豪ドル/円(AUD/JPY) -50円 15円
豪ドル/米ドル(AUD/USD) -0.14ドル -0.16ドル
NZドル/円(NZD/JPY) -50円 15円
NZドル/米ドル(NZD/USD) -0.14ドル -0.16ドル
カナダドル/円(CAD/JPY) -70円 40円
英ポンド/円(GBP/JPY) -45円 20円
トルコリラ/円(TRY/JPY)
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) -20円 5円

 

取引ツール

マネースクエアの取引ツールはパソコン、スマートフォン、タブレットで使用することができます。

取引画面のトップはポジション状況や維持率、ロスカット水準などがわかりやすく設計されているんです。

テクニカルを重ねて表示することもできるので、異なるテクニカルを見比べて取引のタイミングを判断するのに役立てられます。

 

マネースクエアがおすすめな3つのポイント

1.1,000通貨単位から取引できる

FX初心者の方は、最初はリスクを抑えた取引をしたいですよね。

通貨単位が大きくなるほどリスクも高くなります。

 

通貨単位によってどれくらい損益が変わってくるのか、例を見てみましょう。

1,000通貨でポジションを持ったとき、為替の相場が1円動くと、

1円×1,000通貨=1,000円の損益

になります。

 

1万通貨でポジションを持ったとき、為替の相場が1円動くと、

1円×1万通貨=1万円の損益

になります。

 

経済の状況や通貨ペアによっても相場の値動きの幅は変わってきますが、1日に1円以上動くこともあります。

初心者の方はまずは少ない通貨単位から始めてみるのがおすすめです。

 

2.安心の信託保全

マネースクエアでは顧客の資金を会社の資金とは区分して管理しています。

預けている証拠金、為替差異、スワップを含んだすべての資金が三井住友銀行に信託されます。

万が一、マネースクエアや三井住友銀行が破綻することがあっても、顧客の資金は守られるので安心です。

 

3.ポイントがもらえる

マネースクエアにはM2Jポイントというものがあり、条件によってポイントがもらえます。

ポイントが貯まると、Apple製品、グルメ、ギフト券・旅行券など様々な賞品に交換することができます。

 

ポイントは「取引」「キャンペーン」「セミナー・イベント」で貯められます。

取引では新規・決済売買手数料に対し、サービスステータスのポイント還元に応じてポイントが貯まります。

 

サービスステータスは「現金残高+取引高またはポジション残高」に応じてポイント還元率が変わります。

詳しくはこちらをご覧ください。

取引してポイントが貯まるのは嬉しいですね!
僕は「おまけ」が大好きです。

大輔くんはDVDなんかも「おまけ」目当てでいつも初回限定版を予約しているものね。

な、なぜリサさんは、こんなにも僕の生態に詳しいんだ!?

マーケット情報が豊富

マネースクエアでは7種類の豊富なマーケット情報を提供しています。

どんな内容なのかを、それぞれ簡単にご紹介します。

 

1.市場調査部・レポート

・Today’s Flash!

今日の経済ニュースのポイント、欧米市場レビュー、本日の相場の見通しなどがレポートで配信されています。

更新は朝の8時半前後が多く、直近のニュースがまとめられているので、今日の取引の参考にすることができます。

 

・オセアニア・レポート

オセアニアをはじめ、高金利通貨のニュースやこれからの展開の予想などのレポートが配信されています。

更新は主に午後からされることが多いです。

 

・スポットコメント

マネースクエアで取引中の顧客向けのレポートです。

投資の初心者が知っておいたほうがよいこと、トレンドのニュースをもとに、為替の動きなどを分析したレポートを配信しています。

 

・注目のチャート

こちらもマネースクエアで取引中の顧客向けのレポートです。

通貨ペアの今後の見通しや分析など、現在注目の情報を配信しています。

 

・市場調査部・レポート

世界の経済情報のレポートです。

今後の注目の経済ニュースや、相場の動きに影響がありそうな各国のスケジュールについて配信しています。

 

2.ウィークリーレポート

・今週はこう動く!マーケット羅針盤

M2J FXアカデミア学長の吉田恒氏が執筆している、毎週月曜日に更新されるレポートです。

今週の為替の動きの予想などを配信しています。

 

・現役ファンドマネージャーの“極意”

金融業界に長く携わり、現役ファンドマネージャーとして活躍している西山氏による、毎週火曜日に更新されるレポートです。

経済ニュースや相場の分析や、西山氏の実際の取引手法などを配信しています。

 

3.マーケットコラム

アメリカの大統領の発言や世界の経済のニュースを配信しているレポートです。

アメリカや豪ドル相場などに特化したレポートが多くあります。

 

4.マンスリーレポート

毎月1回更新されるレポートで、その月にあった経済の出来事や、為替の動きなどについて書かれています。

また、世界で過去に起こった出来事と為替の動きを分析しています。

 

5.最新マーケット情報

・外国為替・FXニュース

指標や指標発表予定、要人発言など、リアルタイムの経済ニュースをチェックすることができます。

 

・FXチャート

マネースクエアで取引できる11の通貨ペアのチャートが見られます。

 

6.経済指標・価格データ

・経済カレンダー

市場に影響がある可能性がある「世界各国のイベント」をカレンダーで見ることができます。

 

・政策金利データ

主要各国の政策金利表を見ることができます。

 

・ヒストリカルデータ

マネースクエアで取引できる11の通貨ペアの「日足」「週足」「月足」のCSVデータを見ることができます。

 

7.トレード参考データ

・主要指標

LDN-NY(ロンドン・ニューヨーク)関連・アジア・オセアニア関連の指標を見ることができます。

 

・みんなのリピート

リピート注文に関するデータを独自に集計して情報を提供しています。

各通貨ペアのリピート注文発注状況および成立状況を見ることができます。

 

自動売買のトラリピ

マネースクエアのサービスには「トラリピ(トラップリピートイフダン)」というシステムトレードがあります。

システムトレードとは、あらかじめ決められたルールに沿って取引を行う自動売買のことです。

 

システムトレードについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

システムトレードのここがいい!多忙な人にもおすすめな理由と注意点

 

トラリピは「トラップ」「リピート」「イフダン」の3つのしくみをまとめた注文です。

トラップリピートイフダン

トラップ:いくつもの注文を、等間隔で仕掛けます。

 

リピート:決済されたら、新規注文が自動で発注されます。

これをくり返します。

 

イフダン:「もし〇円で注文したら、〇円で決済する」という注文と決済をセットで設定します。

 

トラリピは初心者でも簡単に設定することができます。

仕掛けるレンジを決め、画面に沿って設定していくだけで簡単に注文をすることができるんです。

また、バックテストの結果をもとに「利益率の高い順」にランキングになっているので、ランキング結果から選んだ設定をそのまま使って注文することが可能です。

 

トラリピのメリットとデメリットをまとめました。

【メリット】

・リピート機能なので再発注する手間がはぶける

・感情に振り回されずに取引ができる

・初心者でも始めやすい

・チャートをずっと見ていなくていい

 

【デメリット】

・ロスカットされる場合もある

・自動売買なので相場を読む力が身につかない

・相場の急な変動に対応できない可能性がある

・マネースクエアの通常のFXと同様に「取引手数料」がかかる

 

口座開設の手順

マネースクエアの口座開設の手順を簡単にご説明します。

個人

1.必要事項の入力

マネースクエアの公式ホームページの「口座開設」をクリックし、「口座開設お申込みページ」をクリックします。

「FX個人口座の開設はこちら」をクリックしてフォームに必要事項を入力します。

 

2.本人確認書およびマイナンバーの提出

必要書類をアップロード、または郵送で提出します。

 

3.審査

 

4.ID番号の発行

IDが記載された「口座開設のご案内」が郵送で送られてくるので、書類が届いたらマイページにログインします。

 

5.入金後に取引スタート

 

 

法人

1.必要事項の入力

マネースクエアの公式ホームページの「口座開設」をクリックし、「口座開設お申込みページ」をクリックします。

「法人のお客様」タブをクリックし、「FX法人口座の開設はこちら」から必要事項を入力します。

 

2.申込書の送付

法人所在地宛てに、入力内容を反映した申込書が送付されます。

 

3.申込書・本人確認書類および法人番号の提出

必要書類を揃え、郵送で提出します。

 

4.審査

 

5.ID番号の発行

IDが記載された「口座開設のご案内」が郵送で送られてくるので、書類が届いたらマイページにログインします。

 

6.入金後に取引スタート

 

まとめ

いかがでしたか?

初心者の方はリスクを抑え、少ない通貨から取引を始めるのがおすすめです。

マネースクエアなら1,000通貨単位から取引ができます。

 

またFXにあまり慣れていない方やチャートを見る時間があまり取れない方にはシステムトレードのトラリピがおすすめです。

マネースクエアでFXを始めてみてはいかがでしょうか?

 

マネースクエア 比較サイト様向け広告
マネースクエア 比較サイト様向け広告
マネースクエア 比較サイト様向け広告?|?fx-on.com