移動平均線が完璧な順序になっている『パーフェクトオーダー』を解説!


パーフェクトトレードアイキャッチ

 

みなさんは、パーフェクトオーダーという用語をご存知でしょうか?
パーフェクトオーダーはFX取引において重要な要素の1つです。
しかし、なんとなく名前を聞いたことがある程度という方は、 

「名前はたまに聞くけど、なんのことかさっぱりわからない」
「なんだか難しそうだし、覚えるのも大変そう」

と思っているのではないでしょうか。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!
パーフェクトオーダーって、なんだか名前の響きがカッコよくて気になります!

パーフェクトオーダーは、FX取引において重要な指標の1つよ。
そんなに難しい内容でもないし、覚えればFXで勝つための力強い味方にもなるわ。

名前がカッコいいだけじゃなく、FXで勝つための力強い味方になるなんて、なんだかスゴそう!
というわけで今回は、僕と一緒にパーフェクトオーダーについて勉強しましょう! 

 

パーフェクトオーダーとは

パーフェクトオーダーとは

パーフェクトオーダーとは、3本の移動平均線が交わることなく、同じ向きで並んでいる状態のことです。
この3本の移動平均線は、短期中期長期の線を指しています。
上昇トレンドか下降トレンドかで移動平均線の向きは異なりますが、どちらのトレンドでも線は交差することはありません。

トレードのスタイルによって重視する移動平均線は違います。
1本の移動平均線だけでもある程度トレンド傾向の把握は可能ですが、トレンドが変わる局面で見誤る恐れがあります。

上昇トレンドのパーフェクトオーダーでは、ローソク足と同じ向きで右肩上がりになっています。
下降トレンドでは、右肩下がりでローソク足と一緒に下を向いています。
上昇トレンドでのスタートは移動平均線のどれかがほかの移動平均線を上抜けした地点、ゴールは下抜けした地点です。
下降トレンドでは、下抜けした地点がスタートで、上抜けした地点がゴールになります。

移動平均線

このように、チャート分析を始めたばかりの人でも、パーフェクトオーダーは非常にわかりやすいラインを描きます。

 

2つの特徴

パーフェクトオーダーが備えている特徴の1つは、一度発生するとトレンド相場が中長期に渡って続く傾向にある点です。
短期間のトレンド相場では発生しません。
一時的に3本の移動平均線が並んだとしても、すぐに交差してその状態が続かないからです。

上昇トレンドでも下降トレンドでもこの傾向は変わりません。
トレンド傾向が強く相場が読みやすいのでついパーフェクトオーダーを期待しがちですが、3本の移動平均線が並んですぐにエントリーしてしまうと、予想がはずれたときに大損してしまう恐れがあります。
移動平均線がどのようなラインを描くのか、冷静になってトレンド傾向を見極めましょう。

もう1つの特徴は、パーフェクトオーダーは順張り以外のトレードとは相性が悪い点です。
パーフェクトオーダーになったらトレードフォローに徹するのがセオリーです。
あえて流れに逆らったトレードは必要ありません。
FXにおけるトレードの基本は、上昇トレンドでは安く買って高く売る、下降トレンドでは高く売って安く買い戻す、この2つです。
パーフェクトオーダーが発生したらトレンドの流れに素直に乗るようにしましょう。

 

パーフェクトオーダーを上手く活用するためのポイント

パーフェクトオーダー活用ポイント

パーフェクトオーダーを上手く活用することができれば、FXで利益を上げる可能性が高くなります。
そのため、特徴を理解しつつも上手く活用するためのポイントもしっかりとおさえておきましょう!

 

上昇トレンド

パーフェクトオーダーは、上昇トレンドと下降トレンドで移動平均線の並び方が異なります。
上昇トレンドでは、長期線が1番下中期線が真ん中短期線が1番上です。
ちなみに移動平均線とは、終値の平均値をつなげたラインのことです。

移動平均線の計算期間はいろいろありますが、一般的には、短期線は25日、中期線は75日、長期戦は200日で見ていきます。
また、移動平均線の計算方法は3種類あり、多くのトレーダーが利用しているのは指数平滑移動平均(EMA)です。

単純移動平均線(SMA)
指数移動平均線(EMA)
加重移動平均線(WMA)

自分なりのこだわりがあるなら単純移動平均(SMA)や加重移動平均(WMA)を使用しても構いませんが、多くのトレーダーが使用しているのは指数平滑移動平均(EMA)です。
FXにおいては、一般的な計算方法を活用したほうがチャートの分析がしやすくなります。
指数平滑移動平均(EMA)はほかの計算方法より直近の価格に近い値になりますので、今のトレンドを反映したより正確な移動平均線になるというのもメリットです。

的確に相場を読むなら、移動平均線の計算方法は指数平滑移動平均、短期線は25日、中期線は75日、長期線は200日でチャート分析をするのがおすすめです!

 

下降トレンド

下降トレンドのパーフェクトオーダーでは、長期線が1番上中期線が真ん中短期線が1番下になります。
中期線は真ん中ですが、長期線と短期線の位置が上昇トレンドとは逆になります。
この並びを遵守しながら、ローソク足と一緒に下降していくのが特徴です。

パーフェクトオーダーが続く限り、移動平均線がこれ以外の並びになることはありません。
移動平均線の並びが変わるのは、パーフェクトオーダーが終わるとき、すなわち、線がクロスするときです。
下降トレンドのパーフェクトオーダーが終わると、相場がもつれ合うか、上昇トレンドに転じるか、再度下降トレンドに入るかの動きが出てきます。

パーフェクトオーダーの移動平均線は非常にわかりやすい状態になりますが、終わりも見つけやすいものです。
パーフェクトオーダー発生時は、収束するタイミングもしっかり見極めたうえでのエントリーが重要です。

 

移動平均線とトレンド

パーフェクトオーダーでは、上昇トレンドでも下降トレンドでも、移動平均線が大きく傾くほど勢いのあるトレンドになります。
上昇、下降のどちらにおいても強いトレンドになるので稼ぎ時ともいえますが、時間足によってはパーフェクトオーダーが短期で収束しやすいので注意が必要です。
日足や五分足など、短い時間足の場合、トレンドの勢いが強いときはパーフェクトオーダー期間が短くなりやすいことを覚えておきましょう。

同じパーフェクトオーダーでも、時間足の長さを変えてみると移動平均線の見え方は変わってきます。
たとえば、短い時間足では上昇トレンドがすぐ終わっているように見えても、長期の時間足で見ると一時的なもみ合い状態になっているだけですぐに上昇していくケースが多々あります。

トレードのスタイルにもよりますが、トレンドの傾向を的確に判断するには、チャートの時間足は短期と長期の両方でチェックするのがおすすめです。
1つの時間足だけで相場を見極めようとすると、本格的にレンジ相場に入ったのか、ただのもみ合いでトレンドは続くのか判断がつきません。

パーフェクトオーダーはクロスによってスタートとゴールが決まるので比較的見極めは簡単ですが、それでもチェックする時間足によって見え方が変わります。
より多角的にチャート分析ができるように、時間足は複数確認しましょう。 

 

パーフェクトオーダーでのエントリー方法

FXでより多くの利益を出すには、トレンドが持続している間にどれだけ長くポジションを保有するかにかかっています。
パーフェクトオーダーでは、短期線と中期線がクロスするタイミングが狙い目です。
上昇トレンドの場合は、短期線が中期線を上抜けするときに買い注文を行います。
パーフェクトオーダー持続中はポジションを保有し続け、パーフェクトオーダーが終わる前、上昇トレンドが転換する直前に決済注文を出して取引を終了させます。

一方、下降トレンドでは、短期線が中期線を下抜けするときに売り注文をおこなうのがベストです。
上昇トレンドと同様、パーフェクトオーダー持続中はポジションを保有し、下降トレンドが収束する前に買い戻しを行って取引を終了させます。
パーフェクトオーダーのエントリーでは、5EMA5日移動平均線)もチェックするのがおすすめです。

大きな流れを意識したエントリー以外にも、短期の押し目、戻り目でエントリーできるのがパーフェクトオーダーのメリットです。

 

トレード

パーフェクトオーダーは、初心者でもトレードしやすいトレンド相場ですが、より多くの利益を出すにはさらに意識したいポイントが3つあります。
1つ目は、パーフェクトオーダーでは短期、中期の移動平均線を意識することです。
短期線と中期線をそれぞれ支持帯、抵抗帯として見ると、そのポイントを狙ってトレンド相場に応じたエントリーができるようになります。

2つ目は、パーフェクトオーダーの発生をいち早く察知して、トレンド相場を見極めることです。
パーフェクトオーダーはトレンドフォローに徹して順張りするのが基本です。
順張りで利益を得るには、トレンド相場が持続している間にできるだけ長くポジションを保有する必要があります。
そのためにも、トレンドの見極めは初期の段階で行えるようにしましょう。

3つ目は、トレンド予測が当たった場合はできる限り利益を伸ばして、はずしてしまったらすぐに損切りをすることです。
FXで失敗する理由の多くは、損切りのタイミングを間違ってしまう点にあります。
チャート分析が正確にできれば的確に対応できそうに思えますが、利益が絡むと見誤る危険性が高くなるので要注意です。

 

短期25EMAと中期75EMA

パーフェクトオーダーの狙い目は短期線と中期線がクロスするタイミングです。
それは、短期線と中期線が押し目と戻り目のポイントになりやすいからです。
パーフェクトオーダーにおける25EMAは短期線75EMAは中期線となっています。
上昇トレンドで反落したポイントは押し目、下降トレンドで反発したポイントは戻し目と呼びます。

押し目と戻し目は短期線と中期線で表れやすく、トレンド発生中の絶好のエントリーポイントです。
パーフェクトオーダーの期間が長くなればなるほどトレンドの勢いも増していきますので、逃さずタイミングを見計らっていきましょう。

 

パーフェクトオーダーにおける注意点

パーフェクトオーダー注意点

パーフェクトオーダーのポイントを理解したところで、次は注意点もおさえておく必要があります。
大きな失敗をしないためにも、ぜひ覚えておいてくださいね!

 

自分の感覚だけで判断をしない

FXでもっとも危険な行為のひとつは、自分の感覚だけに頼ってトレードをおこなうことです。
注文方法や分析方法、為替相場を動かす要因は多岐に渡り、ひとつひとつ覚えてマスターしていくには多くの時間がかかります。
なかには、チャート分析も必要だと思うものの、それより自分で判断したほうが、より多くの利益を出せると思う人もいるようです。

しかし、チャート分析をおろそかにしてはFXで利益を出すことはできません。
むしろ、損害を出す可能性のほうが高いといって良いでしょう。
相場に関わる出来事は、ネットや新聞などのニュースで初めて耳にすることがほとんどです。
ニュースを知ってから急いで売り買い注文をしても、手遅れだったというケースは多々あります。

しかし、チャート分析をしっかりおこなっていれば、相場を動かす要因となる出来事さえもいち早く察知して対応ができます。
チャートの勉強と並行して無料デモトレードを繰り返す、エントリーポイントを他人に説明できるようになるくらいしっかり勉強するなど、地道に投資スキルを高めていくようにしましょう。

 

トレンドをおろそかにしない

パーフェクトオーダーに限らず、早い段階でトレンドの発生を見つけるのがFXの基本です。
パーフェクトオーダーは比較的見極めやすい状態ではありますが、それでもいくつか注意点があります。
たとえば、レンジ相場が続いたあとに上昇トレンドのパーフェクトオーダーが発生するとします。

移動平均線同士がクロスして上昇傾向が出てきたタイミングでエントリーしてもよさそうですが、確実にトレンドを読むならひとまずここは様子見をしたほうがいいでしょう。
近いうちに移動平均線がゴールデンクロスすれば、上昇トレンドになる強い根拠になります。
また、あらかじめレジスタンスラインを引いておいて、ローソク足が上向きにブレイクするかを確認するのもおすすめです。

大切なのは、パーフェクトオーダーが出たあとも複数の見方でチャートをチェックして、トレンド相場が始まる兆候をより多く見つけることです。
パーフェクトオーダーが始まったからとすぐにエントリーしてしまうと、強いトレンド相場にならなかった場合に損切りをしなくてはなりません。
損切りを繰り返していると利益を得るチャンスは減ってしまうので、パーフェクトオーダーでもトレンドの見極めは慎重におこないましょう。

 

資金・レバレッジの管理を必ずおこなう

FXはトレーダーのメンタルや知識、経験などが大きく反映される投資方法です。
しかし、どんなに経験豊富なトレーダーであっても、投資の基本を踏まえたトレードが大切なのは共通しています。
パーフェクトオーダーは初心者でも玄人でもわかりやすく、利益が出やすい状態です。
だからといって、より大きな利益を得るために高レバレッジで取引したり、いつもより高額の資金を投入したりするのはおすすめしません。

いくら強いトレンド相場になりやすい状態でも、あくまでも確率が高いだけではずれることもあります。予想がはずれれば当然損失になります。
仮に、チャンスだからといっていつもよりも高いレバレッジをかけていたら、損害の大きさに後悔することになるでしょう。
FXはハイリスク・ハイリターンの投資だということを、いつでも忘れないようにしたいものです。

FXで大きな利益を上げているのは、ほんの一握りのトレーダーです。
そして、大きな利益を上げている億トレーダーほど、基本に忠実な傾向にあることを忘れないようにしましょう。

 

おすすめのFX会社!

パーフェクトオーダーおすすめFX会社

パーフェクトオーダーを有効的に活用するには、良いFX会社で取引をおこなうことが大切です。
適当なFX会社を選んで取引をしてしまうと、チャートが見づらかったり、サイトが重くてチャンスを逃してしまうなど、さまざまな問題点が出やすくなってしまいます。
そこで、初心者から上級者まで安心して取引のできるFX会社を3社ご紹介します!

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FX取引高が世界1位の大手FX会社です。 取引手数料が無料でスプレッドも米ドル/円0.3銭原則固定と、取引コストも低くなっています。 現在、最大30,000円がキャッシュバックされるキャンペーンにも注目です!

FX会社おすすめポイント
GMOクリック証券

・高機能ツール「プラチナチャート+」

業界最狭クラスのスプレッド!

最大30,000円のキャッシュバック!

 

DMMFX

DMMFXは、FX口座数が約65万口座で国内第1位のFX会社です。 取引手数料、スプレッドともに業界最狭水準で、豊富なカスタマイズが可能なツールも使用することができます。 また、20ペア以上の通貨ペアを扱っているので、幅広い通貨ペアで取引が可能です!

FX会社おすすめポイント
DMMFX

6年連続でFX口座数国内第1位の65万口座!

・豊富なカスタマイズが可能なツール「DMMFX PLUS」

20ペア以上の通貨ペアを取り扱い!

まとめ

数あるチャートのなかでも初心者向きのパーフェクトオーダーですが、それでもさまざまな注意点やポイントを押さえる必要があります。
順張りで大きな利益を得られるからこそ、相場に関する正しい知識を身につけていきましょう。

パーフェクトオーダーの発生時は実践的に多くのことを学べるチャンスです。
ぜひ、この記事をFXで利益を上げる手助けとして活用してみてください!

合わせて読みたい
FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXはサラリーマンに おすすめの副業!

サラリーマンの副業はFX取引がベスト!おすすめ投資スタイルを紹介

FXの勝ち方は意外とシンプル

【FXの勝ち方】6つのコツ教えます!勝つ方法は意外とシンプル!

外資系投資銀行7社による 2019年度FX相場予測-min

外資系投資銀行7社による2019年の為替相場見通しまとめ

モメンタム

トレンド予測の指標モメンタムを使って、勝率UPを目指そう!

ダカールさん仲値インタビュー

Dakarさんに聞きました!FXで仲値がこんなにも大切だったとは!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x