FXのポジションとは?初心者が損をしないために知っておきたいこと

position

ポジションという言葉、FXではあたりまえのように出てきますよね。

もし、FX初心者の方に「ポジションってなんですか?」と聞かれたら、あなたは説明することができますか?

 

「ポジションってなにかの位置のこと?」

「なんとなく理解はしてるつもりだけど・・・」

 

なんて方もぜひ一緒に確認しちゃいましょう。

ポジションは非常によく出てくる言葉なので、初心者の方はとくに知っておいたほうがいいですよ!

 

こんにちは!
FXのことをあれこれ勉強中の大輔です!
FX博士と呼ばれる日も近いかもしれません!

すごいわ、自信だけは一人前ね。
じゃあ基礎的なことなら人に説明できるかしら?
例えば、ポジションについてとか・・・。

・・・えっ?

えっ?

リサさんの冷たい眼差しが・・・。

では気を取り直して、僕と一緒にポジションについて見ていきましょう。

 

FXにおけるポジションとは

FXでのポジションという言葉の意味は、現在保有している通貨のことです。

つまり、「ポジションを持つ」ということは、含み益や含み損(損益が確定していない状態)を保持していることをいいます。

ポジション保有期間

ポジションの売り買いの注文をすることを、「ポジションを持つ」「ポジションを作る」「ポジションを建てる」などといいます。

また、持ち高を増やすことを「ポジションを膨らませる」にもなります。

 

オープンポジションとポジションクローズとは

「オープンポジション・・・開いているポジション?どういうこと?」

などと単語を聞いただけでは何のことかわからないかもしれませんね。

「オープンポジション」とは、現在保有している未決済のポジションという意味です。

 

オープンポジションが決済前なのに対して、保有しているポジションを決済することや決済済みのポジションのことを「ポジションクローズ」といいます。

 

ロングポジションとショートポジションとは

ロングポジションとは、外貨を買った状態のことで、「買いポジション」ともいいます。

 

ショートポジションとは、ロングポジションとは逆に、外貨を売っている状態のことです。

「売りポジション」ともいいます。

 

通貨を買いで注文して未決済の状態のことを「買いポジションを持っている」といい、通貨を売りで注文し未決済の場合は「売りポジションを持っている」といいます。

 

ちなみに、ポジションを持ってない状態のことを「スクエア」といいます。

 

ポジション保有期間とトレードスタイル

FX取引のスタイルはポジションの保有期間によって異なります。

ここではそれぞれのスタイルについて簡単に説明していきます。

 

1.スキャルピング

ポジション保有期間:数秒~数分

超短時間のうちに繰り返し売買をし、細かい利益を積み重ねていく方法。

低リスクで取引ができますが、相場を見極めるためには豊富な経験と高い集中力・瞬発力が必要です。

 

2.デイトレード

ポジション保有期間:数分~当日以内

1日の間に取引を繰り返す方法。

翌日にポジションを持ち越さず、その日のうちに損益を確定するトレードスタイルです。

 

3.スイングトレード

ポジション保有期間:数日~1週間程度

デイトレードよりも長い期間で決済するので、常に相場を見続けていなくても取り組めるトレードスタイルです。

 

4.ポジショントレード

ポジション保有期間:数週間~数カ月

ポジションを長期で保有することで、為替差益のほかにスワップで利益を稼ぐトレードスタイルです。

取引回数が少ないので、手数料がかさみません。

 

スキャルピングって、かっこいい響きですよね!

そこに反応するのね。
でも、大輔くんみたいなサラリーマンにはスイングトレードやポジショントレードのほうが合っているんじゃないかしら?
私もはじめのうちは経験したものよ。

それぞれのスタイルは人によって向き不向きがありますので、自分に合ったトレードスタイルを見つけましょう。

 

損をしないために大事なこと

先ほどもお話をしましたが、ポジションを持っている状態というのは含み益や含み損があります。

しかし、実際にはまだ利益や損失が確定していません。

保有しているポジションを決済することによって、初めて実際の利益や損失が確定します。

 

つまり、ポジションを持っているということは、利益を得るチャンス損失をするリスクを同時に持っているということなんです。

そして、ポジションを保有する期間が長くなるほど、その期間分だけのリスクにさらされることになります。

 

含み損が大きくなった状態でポジションを持ち続けることを「ポジションの塩漬け」といい、こうなってしまうと最終的に損切りで終わるケースが多くなります。

つまり、膨らみ続けた含み損の損失が確定してしまうんです。

 

そうしたリスクを防ぐためにも、明確な損切りが必要です。

はじめに、「どのくらい利益が出たら決済するのか」「どのくらいの損失までなら許容するのか」を決めておくことがとても大切です。

 

チャンスは見逃さず、リスクは防ぐ”

利益を得られるタイミングでの決済を狙っていきましょう。

 

初心者におすすめのFX会社

上で述べたように、初心者が失敗しないためにはできるだけリスクを抑えることが大切です。

リスクを抑えるためには、少額から取引を始める方法が挙げられます。

 

FX会社の多くでは1ロット、つまり10,000通貨から取引を始められますが、なかには1,000通貨という少ない金額から取引を始めることができるFX会社もあります。

つまり、1,000通貨で始めればFXのリスクを通常の1/10に抑えることができるんです。

 

そこで、ここでは1,000通貨で取引することができるおすすめFX会社をご紹介します。

初めての方は、リスクを抑えるためにまずは少ない金額で挑戦してみましょう。

 

おすすめFX会社 特徴
SBIFXトレード

オンライントレード最大手の会社なので、信頼感があり評判が業界トップレベルです。

そして、「1通貨単位から取引できる」というのが大きな強みでもあります。

 

サービスの1つに「積立FX」という自動購入システムがあり、長期的な運用を始めたい人におすすめです。

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン

初心者でも自分の条件に合った方針で通貨を自動売買できる独自の機能、「iサイクル注文」が使えます。

リスクを抑えて取引ができる「miniコース」から始めてみましょう。

 

ひまわり証券

過去のパターンから値動きを予想してくれる最先端のFX取引支援ツール「さきどりテクニカル」があり、経験の少ない人でも簡単に予測ができます。

「ループ・イフダン」というリピート系の自動トレードシステムもあるので、FXに慣れるまではシステムにお任せしてみるのもいいでしょう。

 

3社ともスマホ取引に対応しているので、いつでも相場のチェックが可能です。

また取引開始に必要な資金が1通貨単位4円からと少額のため、FX初心者でも気軽に始めることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポジションとは、決済前で利益や損失が確定していない状態のことです。

また、ポジションの保有期間によってトレードスタイルが4つに分けられます。

 

そして、ポジションを持っている間というのはチャンスと同時にリスクも持っているということなので、損をしないためにはあらかじめ明確な損切りの線を決めておくなどのリスク対策が必要です。

初心者の方には少ないリスクでチャレンジできる少額取引がおすすめです。

 

基本をしっかり覚えると、FXの情報への理解力が格段にアップますよ!

まずはきちんと基本を押さえて、どんどんステップアップしていきましょう。