初心者におすすめ!楽天FXならレバレッジも選べて1000通貨から取引可能

アイキャッチ

 

楽天証券

 

FXを始めるためには、まずはFX会社で口座開設をする必要があります。

「初心者向けのFX会社ってどんな特徴があるの?」

「たくさんありすぎてどの会社で口座開設したらいいのかわからない・・・」

 

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

こんにちは、今日もチャート分析にいそしむ大輔です。
僕は楽天といえば野球のイメージが強いです。

私はインターネットショッピングをよく利用するわ。
楽天ポイントが貯まると嬉しいし。

リサさんはネットショッピングで何を買ってるんだろう?
やっぱり洋服とか化粧品かな?

リサさんの私服はどんな感じなんだろ・・・。

今回は、取引ツールの使いやすさに定評があり、1,000通貨単位から取引ができたり、レバレッジも選べて初心者にもおすすめな楽天FXをご紹介します。

 

楽天FXの口座情報

楽天FXは、楽天株式会社の100%子会社です。

楽天株式会社は、日本最大級のショッピングモールや、さまざまな事業を運営しています。

まずは楽天FXの口座情報から見ていきましょう。

最小取引単位 1,000通貨単位
取扱通貨ペア

26通貨ペア

【対円通貨ペア】

ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円/、豪ドル/円、NZドル/円、ランド/円、カナダ/円、スイス/円、香港ドル/円、SGドル/円、Nクローネ/円、トルコリラ/円、人民元/円、メキシコペソ/円

【その他の通貨ペア】

ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドル、ドル/スイス、ポンド/スイス、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイス、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、豪ドル/NZドル、ドル/カナダドル

手数料 無料
レバレッジ

・スタンダード25倍コース

(ロスカット水準50~95%)

 

・レバレッジ10倍コース

(ロスカット水準40~95%)

 

・レバレッジ5倍コース

(ロスカット水準20~95%)

 

・レバレッジ2倍コース

(ロスカット水準20~95%)

 

・レバレッジ1倍コース

(ロスカット水準20~95%)

注文種類

・ASストリーミング注文(2ウェイプライス)(※1)

・ストリーミング注文(2ウェイプライス)(※1)

・指値・逆指値注文(シングルリーブオーダー注文)

・IF-DONE注文

・OCO注文

・IF-OCO注文

・全決済注文(※2)

・通貨ペア全決済注文(※3)

 

※1ASストリーミング注文・ストリーミング注文は、取引時間中のみ行えます。注文は受付順に約定しますが、相場の急な変動や注文の集中などにより対応できる数量を超えた場合は、注文が約定できず失効する可能性がありますので注意してください。

※2通貨別全決済注文の対象となる建玉が300万通貨を超える場合は利用できません。

※3全決済注文の対象となる建玉が各通貨ペアで300万通貨を超える場合は利用できません。

取引時間 月曜日 午前7時 ~ 土曜日 午前6時55分
必要証拠金

【個人】

スタンダード25倍コース(4%)

レバレッジ10倍コース(10%)

レバレッジ5倍コース(20%)

レバレッジ2倍コース(50%)

レバレッジ1倍コース(100%)

上記5コースから選択。

(口座開設時はスタンダード25倍コース、ロスカット水準50%の設定)

 

【法人】

毎週見直されるのでその都度チェックが必要です。

取引チャンネル(ツール)

・マーケットスピードFX

・iSPEED FX(スマートフォン)

・楽天FX-WEB

・楽天FX-モバイルWEB(モバイル)

※出典元: 楽天FX取引ルール

 

取引ツール

楽天FXではパソコンやスマートフォンなど、用途に合わせて4つの取引ツールを用意しています。

その中でもマーケットスピードFX2012年グッドデザイン賞を受賞していて、取引ツールの使いやすさには定評があります。

では、4つの取引ツールを、1つずつ簡単にご紹介します。

ツール

【マーケットスピードFX】

マーケットスピードFXは、Windowsのパソコンを使っている人向けのツールです。

 

・40種類のテクニカルチャート

・9種類の描画機能

・16種類の時間軸

以上から自分の好きなものを選んで取引することができます。

 

注文や建玉、ニュースなどもチャート上に表示させることができ、背景やレートの点滅方法など、詳細に設定をすることができます。

 

【iSPEED FX】

iSPEED FXはスマートフォン向けの取引アプリです。

「12チャート」「リストチャート」「1画面チャート」「チャートの形状」を切り替えることができます。

 

12チャート・・・4種類の異なるチャートを同時に1画面に表示することができます。

分足、日足、月足などのローソク足を同時に表示することができ、全体のトレンドを判断しやすくなります。

 

リストチャート・・・日足の4本値のレートと、チャートを並べて見ることができます。

 

1画面チャート・・・複数のテクニカル指標を同時に表示させたり、Tickチャートを同時に表示させることができます。

 

チャートの形状・・・トレンドラインを引いたり、トレンドラインの長さや位置を調節することができます。

 

【楽天FX-WEB】

楽天FX-WEBは、MacやWindowsのパソコンを使っている人向けで、ブラウザを利用して使うツールです。

「スピード注文」に対応していて、直感で取引をすることができます。

 

【楽天FX-モバイルWEB】

楽天FX-モバイルWEBは、モバイル用の取引ツールです。

チャートはもちろん、配信レートやニュース情報、注文機能や照会画面など基本的な機能を搭載しています。

 

FXヘッドライン

楽天FXは、FXの取引に必要な情報を5つのカテゴリーにわけて提供しています。

取引する前にチェックして、為替の予想の動きに役立てましょう。

ニュース

【経済カレンダー】

為替相場に影響を与える世界の主要指標や各種のイベントをカレンダー形式で見ることができます。

今月はもちろん、先月の経済カレンダーも見られます。

 

【毎ヨミ!為替Walker】

毎朝配信されている、為替のプロが注目ポイントをまとめたレポートです。

今日の予想や昨日の振り返りなどが伝えられて、毎日の取引に役立つ情報です。

 

【石原順「為替市場アウトルック」】

現役のファンドマネージャーである石原順氏が、独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用したリアルな情報を伝えてくれます。

人気記事ランキングから、よく読まれている記事も簡単に見ることができます。

 

【ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」】

毎週水曜日に新着が公開されている、為替リーディング歴22年のハッサク氏による記事です。

為替の基礎知識からマーケットの分析まで解説しています。

 

【マーケットライブ】

毎週金曜日の15時半頃~楽天証券のスタッフが動画で配信しています。

為替相場の概況や注目のトピックスなどを解説しています。

 

次に楽天のおすすめポイント4つをご紹介します。

 

楽天FXの4つのおすすめポイント

スプレッドが狭い

スプレッドとは売値と買値の差のことです。

スプレッドは実質的なFX会社への取引手数料になります。

取引量や取引回数が増えるほど、スプレッドが大きくなっていくので、なるべくスプレッドが狭い会社を選びましょう。

 

楽天FXの取り扱っている通貨ペアのうち、8通貨ペアは業界最狭水準のスプレッドです。

原則固定(例外あり)

ドル/円 0.3銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.0銭
豪ドル/円 0.7銭
ユーロ/ドル 0.4pips
ポンド/ドル 1.0 pips
ランド/円 1.0銭
人民元/円 1.8銭

(2018年9月28日時点)

 

レバレッジが選べる

レバレッジとは「てこの原理」のようなものです。

レバレッジをかければ、自分がFX口座に預けた資金よりも大きな金額の取引をすることができます。

レバレッジ

例を見てみましょう。

【レバレッジ2倍】

自己資金が10万円の場合は、10万円×レバレッジ2倍=20万円分の取引ができる。

 

【レバレッジ10倍】

自己資金が10万円の場合は、10万円×レバレッジ10倍=100万円分の取引ができる。

 

【レバレッジ25倍】

自己資金が10万円の場合は、10万円×レバレッジ25倍=250万円分の取引ができる。

 

楽天FXではコースによって「1倍」「2倍」「5倍」「10倍」「25倍」の中からレバレッジを選ぶことができます。

また途中でレバレッジを変更することも可能です。

初心者の方はあまりレバレッジをかけすぎず、低いレバレッジから取引をしていくほうが、リスクが小さく済むでしょう。

 

1,000通貨単位から取引ができる

FX会社によっては1万通貨単位からしか取引できない会社もありますが、楽天FXは1,000通貨単位から取引をすることができます。

 

通貨単位が小さいと、狙う利益も小さくなりますが、リスクも少なくなり、資金も少なくて済みます。

初心者の方は小さな通貨単位から取引を始めていくことがおすすめです。

 

デモトレードがある

デモトレードでは、本番と同じ環境で取引のシミュレーションをすることができます。

口座開設をしなくても、ニックネームとメールアドレスで簡単にデモトレードを申し込むことができます。

 

いきなり本番の取引をするのが怖い人や、取引ツールに慣れてから本番の取引を始めたい人におすすめです。

またデモトレードを行うときは仮想資金で取引ができるので、無料で取引の練習をすることができます。

FXを始める前に、僕もリサさんに「3か月~半年くらいはデモトレードをやりなさい」って言われましたよね。

でも我慢できなくて、1か月くらいで私に内緒で本番の取引もしていたわよね?

あれ、なんで知ってるんですか・・・?

 

楽天FXの評判は?

ここまで楽天FXの特徴やおすすめポイントをお話ししてきました。

しかし実際に取引してみないとどんな感じなのかよくわからないかもしれません。

そこで、楽天FXの評判や口コミをご紹介します。

 

(出典:価格.com

出金スピードの速さがいいです。
他のFX会社にはない、銀行連携型FXの一番の特長だと思います。

 

銀行連携型だと出金にかかるスピードが速くていいですね!

すぐにお金が必要なときなど便利ですね

 

外出していても取引したいので、PCよりスマホで利用していますが、スマホアプリは使いやすさ抜群で快適です。

 

仕事でなかなかパソコンを開いてチャートを見る時間のない方にとって、スマートフォンのアプリが使いやすいのは大事ですね。

僕も仕事の休憩中なんかはスマホアプリでチェックしています。

 

最小通貨単位が1,000通貨であり、上限は200万通貨なので色々なトレードスタイルで取引が出来るのが魅力です。
約定率は時折スリップするので、余裕を持って取引する必要があります。

 

取引通貨単位が1,000通貨から200万通貨なので、初心者から上級者まで満足して取引することができますね。

ただ約定するときは少し気をつけたほうがいいのかもしれません。

 

キャンペーン的なものはないかなと思います。
そういうものが好きな方には、面白味がないかも知れません。

 

他のFX会社にあるような、「取引条件を満たせば商品がもらえる」みたいなキャンペーンがないのは少し寂しいですね。

でも、楽天ポイントがもらえるキャンペーンなどはあるみたいなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

グッドデザイン賞を獲った取引ツールがシンプルかつ格好良く使い勝手も抜群ですね。
初心者から玄人までしっかりと対応しています。

 

楽天FXの取引ツールは、2012年にパソコン向け取引ツールとしてグッドデザイン賞を受賞しています。

取引ツールが見やすいと、取引するときにストレスがなくスムーズに操作できるので良いですね。

 

口座開設の流れ

楽天FXで口座開設をするときの流れをご紹介します。

 

1.楽天FXの公式ホームページから「口座開設」をクリックします。

「楽天会員の方」「楽天会員ではない方」を選びます。

「楽天会員ではない方」を選んだら、「お客様情報の入力」に必要事項を入力します。

楽天会員の方は3から手続きをしてください。

 

2.本人確認書類を提出します。

 

3.郵送でIDとパスワードが届くので、「楽天FX口座開設」、または「楽天会員の方」にログインします。

 

4.「FXメニュー」から「申込」ボタンをクリックします。

登録情報を確認して、外国為替証拠金取引について質問に答えたら、手続き完了です。

 

5.入金したら取引を始められます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、楽天株式会社の100%子会社「楽天FX」をご紹介しました。

 

楽天FXの4つのおすすめポイント

・スプレッドが狭い

・レバレッジが選べる

・1,000通貨単位から取引ができる

・デモトレードがある

 

また楽天FXの取引ツールは初心者でも使いやすいデザインです。

楽天FXが気になったら、まずはデモトレードから試してみてはいかがでしょうか。

楽天証券