FXの両建ては必勝法がある!活用方法と気をつけるべきポイント


FXの両建ては必勝法がある!活用するための知識と気をつけるべきポイント

 

こんにちは、FXの手法に悩んでいる大輔です。
リサさん両建てってどういう意味なんですか?
両建てというのは、売りと買いのポジションを両方保有している状態のことよ。
うまく利用すれば利益を稼ぎ続けられることだってできるわ

ということで、今回はFXにおける両建てについて紹介していきます。

また両建てはうまく利用することができればFXのスワップポイント狙いの取引で必勝法にもなる手法です。

片方の必要証拠金のみでOK!両建てにおすすめのFX会社はこちら!
FXブロードネット

FXブロードネット

  • 自動売買「トラッキングトレード」がおすすめ
  • 業界トップレベルの低スプレッド
  • 「取引分析」機能も使える!高機能な取引ツール
外為オンライン

外為オンライン

  • 自動売買iサイクル2取引が使える
  • レベル別のセミナーを毎月開催
  • 情報力が高い

「両建て」とは?

両建てとは、「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を保有することをいいます。

「買い」と「売り」の両方のポジションを持つことで、利益と損失が相殺されて損失を抑えたり新たな利益を生みだすことを目的とします。

「買いと売りポジションの両方を持てばいいだけ?」と簡単そうに思えるかもしれませんが、じつはポジションタイミングなどが難しく、大損するケースも多いのです。

そのため、相場分析をしっかりとおこない、慎重にエントリーする必要があります。

基本的な両建ての活用法

上昇・下降トレンドで両建てを活用

まず基本的な両建ての活用方法として上昇トレンドと下降トレンドの見極めがあります。

どんなに強い上昇トレンドや下降トレンドが発生しているときでも、相場が常に一方向に進むということはまずありません。

日足単位でみると、必ずどこかで押し戻しがあり、このタイミングで両建てをすることで利益を得ることができるのです。

例えば、上昇トレンドが発生している状態だと仮定しましょう。

このとき、「買い」ポジションを上昇トレンドが終わるまで維持できれば、かなりの利益になると考えられます。

さらに押し目が発生したタイミングで「売り」ポジションをとれば、両方のポジションから儲けを得られます。
上昇トレンドで両建ての活用

この方法はつなぎ売りと呼ばれ、両建ての活用方法としては最もポピュラーです。

しかし、つなぎ売りは口で言うほど簡単ではなく、押し目と戻しのタイミングを見誤ると両建てによってかえって損することもあります

両建てを上手に使うためには、押し目戻しを押さえることがとても重要です。

押し目と戻しを的確に判断することで両建てを有効に使えるようになり、勝率も上がるでしょう。

もちろん100%正確に押し目と戻しを見極めることはできませんが、テクニカル指標を駆使することで精度を上げることは可能です。

関連記事
押し目と戻しを詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。
「上昇・下降の波に上手に乗って「押し目買い」「戻り売り」を狙おう!」

レンジ相場で短期的に両建て

これは両建てにおいてよく使われている方法ですが、両建ては短期的に使うことも可能です。

例えば、レンジ相場で両建てを利用する方法があります。

レンジ相場で両建てを活用するときには、まずサポートラインで跳ね返ったときに「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を持ちます

レンジ相場で両建て-min

レジスタンスライン付近で反転したら、目標のpipsで「買い」ポジションのみを決済し、このときに同じpipsで「売り」ポジションの損切り注文を入れます。

こうすれば、相場が思うように動かなかった場合でも損失が出ることはありません。

予想通りに価格が下がってきてサポートラインで反転したら、「売り」ポジションを決済してプラスマイナスゼロにしましょう

これで、「買い」ポジションで得た利益をそのまま手にすることができます。

反対にサポートラインをブレイクして下降トレンドに変わったら、「売り」ポジションをそのまま持ち続けましょう。

順調に価格が下落すれば、儲けをどんどん伸ばすことができます。

両建てをリスクヘッジとして使う

リスクヘッジの両建て-min

上の図に示すように、「買い」のポジションと「売り」のポジションの両方を保有します。

全体的に為替は上昇傾向のために、「買い」のポジションは決済せず、押し目などで一時的に下落したときに「売り」のポジションを決済します。

そして、「買い」のポジションが為替の下落によって含み損失が発生しますが、「売り」のポジションの利益によって相殺されるということです。

そのため、先行き不透明な局面でのリスクヘッジとして使うことができます。

指標トレードに両建てを使う方法

指標発表時の値動きに乗って利益を上げるトレードを指標トレードといい、両建てはこの指標トレードで活用することもできます。

やり方としては、まず指標発表の前に「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を持ちます。

そして、ロスカットと指値を一定の幅で設定します。

こうすることで、片方のポジションはストップにかかるものの、値が動いた方向のポジションでは大きな利益を手にすることができます。
また、逆指値注文を利用する方法もよく知られています。

例えば指標発表前のレートが100.00円のときであれば、100.10円に逆指値買い注文、99.90円に逆指値売り注文をします。

そして、指標発表後にもしどちらかの方向に大きく動けばそこで儲けを得られます。

ただし注文レートで約定しなかったり「買い」と「売り」が両方ストップにかかったりする可能性もあるため、これは確実な方法ではありません

損する可能性もあるということは理解しておきましょう。

指標発表時には短期間で値が大きく動くため、指標トレードはとても魅力的です。
しかし、指標の内容を事前に知ることはできません。

そのため価格の動きを読むことが難しくリスクもあるので、慎重に取引をおこないましょう。

両建ては必勝法「スワップサヤ取り」が使える!

両建ての利用には、スワップサヤ取り(スワップアービトラージ)と呼ばれる手法が利用できます。

スワップサヤ取りとは、異なる2つのFX会社で一方は買いポジション、もう一方は売りポジションで同じ通貨を取引し、利益と損失を相殺したうえでスワップ利益を得る手法です。

両建ての必勝法スワップサヤ取りの仕組み

このスワップサヤ取りのメリットは為替変動にあまり影響を受けずに利益を受け取れることにあります

スワップポイント狙いに取引される高金利通貨に主にトルコリラやメキシコペソがありますね。

そして、スワップサヤ取りによる取引であれば、為替の値動きの影響受けずにトルコリラやメキシコペソなどの高金利スワップポイントを受け取ることできるようになります。

スワップサヤ取りおすすめのFX会社組み合わせ

スワップサヤ取りをおこなうには、どのようなFX会社を選べばいいのでしょうか。

スワップサヤ取りは基本的にFX会社を2社を選んで取引します。

一方は取引する通貨ペアの買いスワップが高いFX会社、もう一方は取引する通貨ペアの売りスワップが低いFX会社です。

各通貨ペアごとでスワップサヤ取りをおこなう場合、以下のFX会社の組み合わせで両建てすることをおすすめします。

通貨ペア買or売FX会社組み合わせスワップポイント
米ドル円みんなのFX85
DMMFX-72
豪ドル円みんなのFX45
DMMFX-31
南アフリカランド円FXプライム byGMO150
GMOクリック証券-110
トルコリラ円みんなのFX110
GMOクリック証券-90
メキシコペソ円みんなのFX160
マネーパートナーズ-140

※調査日2019年5月20日
※南アフリカランド円とメキシコペソ円は10万通貨単位のスワップで計算しています。

両建てのデメリット

証拠金・手数料は2倍かかる

両建ては「売り」と「買い」のポジションを同時に持つため、それぞれに証拠金が必要になります。

たとえば「売り」ポジションを1ロット、「買い」ポジションを1ロット持てば2ロット分の証拠金が必要です。

また両建てをするときに無視できないのが、取引手数料です。
たとえ利益と損失が相殺されてプラスマイナスゼロになったとしても、取引手数料は発生します。

さらに、ポジションを多く持つということは事実上の取引手数料であるスプレッドも多くなります
そのため、「リスクヘッジになるから」といって安易に両建てをおこなうと、「取引手数料を支払っただけで利益が出せなかった」という結果になってしまう可能性もあります。

初心者には両建ては難しい

リスクヘッジになる両建てですが、正しく使えないと大きな含み損を抱えてしまうこともあります。

最も損を重ねやすいのが、含み損のあるポジションを一時的にカバーするために両建てを使ったときです。

含み損があるポジションと逆のポジションを持てばそれ以降の損失が相殺されるのは、理論的には正しいといえます。

しかし、両建てした後に相場が大きく動くと、多くの人は含み益が出たポジションだけを決済しがちです

その後に望む方向に相場が動けばいいのですが、残ったポジションの損失がどんどん膨らんでいく可能性もあります。

損失が多くなれば、両建てのための新たな資金と膨らんだ損失によって資金が減ってしまいます。

また通貨ペアやトレンドの方向性、両建ての使い方によっては「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方が含み損となることもあります

「両建てだから損切りは必要ない」と思うかもしれませんが、必ずしもそうとはいえません。

どれくらいの含み損となっているのかを確認しながら適切な行動をとることが大切です。

両建ては非常に複雑で難しい手法の一つであり、安易に両建てに手を出してしまうと損失が大きくなってしまうことがあります。

両建てを使って効果的なトレードをするためには、十分な知識と経験、スキルが必要です。

両建てをする場合のFX会社を選ぶポイント

リスクの大きい両建てはあまり推奨されていないため、FX会社によっては取り扱っていません。

また両建てできるFX会社でも、コストはそれぞれ大きく異なります。

両建てではスプレッドの狭いFX会社が有利

両建てでは買いと売りポジションを両方持つため、スプレッド(コスト)がその分かかります。

そのため、両建てをするなら、スプレッドの狭いFX会社がおすすめです。

証拠金の取扱い方法の違い

両建てにおけるFX会社の証拠金の取扱いは、「両方のポジションに証拠金が必要」「片方のポジションに証拠金が必要」かのパターンに分かれます。

両建てをするなら、片方のポジションのみの証拠金で取引できるほうが負担が少ないです。

片方のポジションのみの証拠金で両建てができるFX会社では 両建てマックス方式を採用しており、「買い」の合計と「売り」の合計を算出したときに合計が多いポジションのみの証拠金が必要となります。

片道の証拠金で両建てができるおすすめのFX会社

FXブロードネット

FXブロードネット

  • リピート型自動売買「トラッキングトレード」が利用できる
  • 業界トップレベルの低スプレッド
  • 自由自在にカスタマイズできる!高機能な取引ツール

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドを設定しているので、取引コストを安く抑えることができます。
取引ツールには「取引分析」を自動でしてくれる機能や、自分で設定した画面レイアウトを最大10個保存できるなど、多数の機能が用意されています。

またリピート型の自動売買「トラッキングトレード」は自動で注文を繰り返してくれるので、感情に左右されずに取引をすることが可能です。

外為オンライン

外為オンライン

  • コツコツ利益を積み上げる!自動売買「iサイクル2」が使える
  • レベル別のセミナーを毎月開催している
  • アナリストのレポートなど豊富な情報を提供

外為オンラインでは毎月セミナーを開催していて、レベル1からレベル6にわけられているので、自分のレベルに合ったセミナーを受講することが可能です。

またマーケット情報では有名アナリストやディーラーのレポートなど取引に活かせる情報を多数発信しています。
外為オンラインではリピート型自動売買の「iサイクル2取引」を利用することができます。

両建ての押さえておくべきポイント

バランスの取れたトレードを意識する

むやみに両建てをしてその後の状況が理解できないでいると、「気づけばほとんどのポジションが含み損」という状況に追い込まれてしまうこともあります。
これによって損失が重なり、資金を一気に失ってしまうかもしれません。

このような失敗を避けるために大切なのが、「買いポジションの平均約定価格と、売りポジションの平均約定価格のバランスを取る」ということです。
それぞれの平均約定価格を確認して、「買い」ポジションと「売り」ポジションで利益が出ているか、あるいは損失が出ているかをチェックすることが大切です。

もちろん、相場を的確に分析することも重要なポイントの1つです。
両建てでは長期トレンドから短期トレンドまで広い範囲を注意して見る必要があります。

複数の通貨ペアで両建て

両建ては複数の通貨ペアでおこなうことも可能です。
異なる通貨ペアを利用する場合、よく知られている方法が「強い上昇トレンドが発生している通貨ペアを買って、弱い下落トレンドが発生している通貨ペアを売る」というものです。

この方法ではその時々で最も大きな動きのある通貨ペアのトレンドに乗れるため、トレードに成功したときには大きな利益を見込めます。
さらに、急な反発があった場合にも損失を最小限に抑えられるのもメリットです

もちろん、両建てしたからといって簡単に利益を出せるわけではありません。
両方の通貨ペアが毎日同じような動きをみせるということはなく、どんな通貨ペアを選んだとしても損をするリスクはあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はFXの手法、両建てについて紹介してきました。
両建ては「買い」と「売り」を同時にエントリーして、利益と損失を相殺することでリスクヘッジを目的とした手法です。

しかし、FX初心者にとって両建ては難しい手法であるため、いきなりチャレンジすることはおすすめしません。
トレードの腕が上がってきたら、十分に理解を深めたうえで両建てに挑戦してみてください。

片方の必要証拠金のみでOK!両建てにおすすめのFX会社はこちら!
FXブロードネット

FXブロードネット

  • 自動売買「トラッキングトレード」がおすすめ
  • 業界トップレベルの低スプレッド
  • 「取引分析」機能も使える!高機能な取引ツール
外為オンライン

外為オンライン

  • 自動売買iサイクル2取引が使える
  • レベル別のセミナーを毎月開催
  • 情報力が高い
合わせて読みたい
FXを1,000円で始める方法|初心者が低リスクで取引できるおすすめのFX会社を紹介

FXを1000円で始める方法|初心者が低リスクで取引できるおすすめのFX会社を紹介

マネーパートナーズ 口座開設までの流れ

マネーパートナーズ口座開設の流れ|審査基準と注意点を解説!

FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXはサラリーマンに おすすめの副業!

サラリーマンの副業はFX取引がベスト!会社バレ対策とおすすめ投資法を紹介

FXの勝ち方は意外とシンプル

【FXの勝ち方】6つのコツ教えます!勝つ方法は意外とシンプル!

外資系投資銀行7社による 2019年度FX相場予測-min

外資系投資銀行7社による2019年の為替相場見通しまとめ

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x