損切りが必要ない?両建てというFXの高等手法を解説


損切りが必要ない?両建てというFXの高等手法を解説

 

FXにはさまざまな手法が存在します。
そのなかでも、「損切が必要ない」といわれている手法をご存じでしょうか?

「損切りが必要ない手法なんてあるの?」
「損切りしないなんて、絶対に損するじゃん!」
と思われる方が多いかもしれません。

こんにちは、FXの手法に悩んでいる大輔です。
損切りが必要ない、そんな夢のような手法なんてあるんですか?
ええ、あるわよ。 両建てと呼ばれる手法ね。
でも大輔くんにはまだまだ扱えない手法になるわ。
僕にはまだ早いですか・・・。

ということで、今回は両建てと呼ばれる手法について紹介していきます。
簡単そうに思える両建てですが実際は非常に難しく、FX初心者が安易に手を出して大損するケースも多いです。
僕と一緒に両建ての意味や注意点、具体的な活用法などについて詳しく見ていきましょう。

 

両建てが可能なFX会社はこちら!

FX会社 特徴

DMMFX
(詳細はこちら)

DMM FXは両建てを使った取引が可能です!

スワップポイントの売買同値を活かして両建てスワップ運用をおこなう方にはおすすめしたいFX会社になります。

GMOクリック証券 
(詳細はこちら)

GMOクリック証券は売り買い片方の証拠金のみで両建てが可能なため、より収益アップを目指した取引をおこなうことができます!

ヒロセ通商
(詳細はこちら)

ヒロセ通商は業界最狭のスプレッドとして両建てにおすすめのFX会社です!

さらに約定力も99.9%と高いため、万が一の急な決済にも対応できます。

 

両建てが持つ基本的な意味

両建てとは、「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を保有することをいいます
FXでのトレードにおいて必ず必要な手法なわけではありませんが、両建てを効果的に取り入れることでより多くの収益を得ている投資家はたくさんいます。

損切は必要ない?両建てというFXの高等手法を解説

両建ての特徴は、「利益と損失が相殺される」ということになります。

上の図に示すように、「買い」のポジションと「売り」のポジションの両方を保有した両建てをしている状態です。
全体的に為替は上昇傾向のために、「買い」のポジションは決済せず、押し目などで一時的に下落したときに「売り」のポジションを決済しています。

そして、「買い」のポジションが為替の下落によって含み損失が発生しますが、「売り」のポジションの利益によって相殺されます。
そのため、先行き不透明な局面でのリスクヘッジに役立ちます。

その一方でコストがかさみやすいというデメリットもあります。
このように両建てにはメリットとデメリットの両方があり、経験豊富な投資家でも両建てに対する意見は分かれます。

損失が出ないなんて、やっぱり両建てすごいですね。
そうね。
でも両建てを行うにはいくつかポイントを押さえる必要があるのよ。

 

両建ての押さえておくべきポイント

バランスの取れたトレードを意識する

「買い」ポジションと「売り」ポジションのどちらか一方のみを保有している場合は、勝っているか負けているかを判断するのは難しくありません。

しかし、両建てで両方のポジションを持っているとどうでしょう。
チャートをみても、多くの場合は勝っているか負けているかさえ判別がつきませんが、両建てを使っている投資家たちは保有している1つ1つのポジションや全体のバランスについてよく理解しています。

そのうえで、状況に応じて利益確定や損切りなどを行っています。
一見無作為なようでも、FX上級者はしっかりと状況を把握した上でトレードを行っているのです。

むやみに両建てをしてその後の状況が理解できないでいると、気付けばほとんどのポジションが含み損という悲劇的な状況に追い込まれてしまうこともあります。
これによって損が重なり、資金を一気に失ってしまうことも十分にあり得ます。

このような失敗を避けるために大切なのが、「買いポジションの平均約定価格と売りポジションの平均約定価格のバランスを取る」ということです。
それぞれの平均約定価格を確認して、「買い」ポジションと「売り」ポジションで利益が出ているか、あるいは損失が出ているかをチェックしましょう。

もちろん、相場を的確に分析することも重要なポイントの1つです。
両建てでは広い範囲を注意して見る必要があるということは心に留めておきましょう。

 

両建ては押し目・戻しが大切

両建てを上手に使うためには、押し目戻しを押さえることがとても重要です。
押し目と戻しを的確に判断することで両建てを有効に使えるようになり、勝率も上がっていきます。

もちろん100%正確に押し目と戻しを見極めることはできませんが、テクニックを駆使することで精度を上げることは可能です。

それでは押し目と戻しを判断するための代表的な4つの方法をみていきましょう。

・トレンドライン
トレンドラインとは、安値同士・高値同士をつないだ線のことです。
これを引くことで、次にどこで反発するかの予測を立てることができます。

・移動平均線
トレンドラインと同様に、移動平均線でも反発が起こりやすいといえます。
勢いが強めのときには20~25期間ほどの短期の移動平均線を、勢いが弱めのときには50~100期間ほどの短期の移動平均線をみるようにしましょう。

・フィボナッチ・リトレースメント
フィボナッチ・リトレースメントは、一時的な戻りの目標価格を判断する目的で使用されます。
なおフィボナッチはフィボナッチ級数を意味しており、リトレースメントには引き返すという意味があります。

・板情報
板情報では、注文の量などを確認できます。
板情報から得られた情報を用いて、押し目や戻りの予想を立てることも可能です。

 

ここでご紹介した方法のうちの1つを使うのもいいですが、おすすめは複数の方法を組み合わせることで、より正確に押し目と戻しを見極められるようになります。

押し目と戻しを詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

「上昇・下降の波に上手に乗って「押し目買い」「戻り売り」を狙おう!」

 

ポジションを育てていく姿勢を持つ

上昇トレンドや下降トレンドでポジションを長くホールドしたい場合には、押し目や戻しで両建てする方法が有効です。
しかし、「押し目や戻しでポジションを一度決済し、それと同時に逆のポジションを持てばいいのではないか」と思う人もいるのではないでしょうか。

確かに、このように考えるとあえて両建てをする必要性はあまりありません。
しかし、ここで重要となるのが「ポジションを育てる」という姿勢です。

1つのポジションを長く所有していると、そのポジションに対して少しずつ愛着が湧いてきます。
そして、そのポジションの含み益がどんどん増えて育っていくと大きな喜びを得られます。これはFXの楽しみの1つで、この感覚が分かるようになるとさらにFXが面白くなります。

持っているポジションを手放してもう一度エントリーすると、ポジションに対する思い入れはあまり強くなりません。
このことは、投資家のメンタルに大なり小なり影響を及ぼします。
そのため、ポジションを育てる姿勢を持つことは精神的な面でとても大切になります。

 

N波動を理解して正しく両建てを行う

「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方で利益を出すためには、相場の動きを読むための知識が必要になります。
そして、特に理解しておきたいのがN波動です。

N波動

波動にはN・E・P・Yの4種類があり、これらの中で最も基本的な形がN波動です。

N波動とはアルファベットのNのような形になっているチャートパターンのことで、Nの字を描くときに1波→2波→3波という波動を形成します

この波動の一番の特徴は、1波と3波の長さが同じになるということです。
これを理解することで、上昇トレンドや下降トレンドにおいて両建てをするべきポイントが分かるようになります。

FX初心者に多い失敗の1つが「エントリーポイントを見極めるまでは集中しているが、その後にとるべき行動が分からない」というものです。
そのためせっかく的確にエントリーしたにもかかわらず、その後の利益確定や両建てが上手くいかずに損失につながってしまうのです。
トレードでしっかりと勝ち切るためにも、まずはN波動の終点をしっかりと見極めることが必要です。

N波動について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください

エリオット波動理論で相場のパターンを把握しよう!

 

両建ての活用法

ここからは、両建てのトレード活用法について紹介していきます。

上昇局面と下降局面で両建て

押し目と戻しを的確に判断できるようになると、上昇局面と下降局面の両方で両建てを活用できます。
どんなに強い上昇トレンドや下降トレンドが発生しているときでも、相場が常に一方向に進むということはまずありません。
日足単位でみると、必ずどこかで押し戻しがあり、このタイミングで両建てをすることで利益を根こそぎ取ることができるのです。

例えば、上昇トレンドが発生している状態だと仮定しましょう。
このとき、「買い」ポジションを上昇トレンドが終わるまで維持し続けられればかなりの利益になると考えられます。
さらに押し目が入ったタイミングで「売り」ポジションをとれば、「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方から儲けを得られます。

この方法はつなぎ売りと呼ばれ、両建ての活用方法としては最もポピュラーです。
先ほど「両建てが持つ基本的な意味」で示した図も、つなぎ売りを行っています。
しかし、つなぎ売りは口で言うほど簡単ではなく、押し目と戻しのタイミングを見誤ると両建てによってかえって損することもあります

実践するときにはかなり難しい判断を迫られることもあるので注意が必要です。

 

一時的な反転で両建てを用いる

これは両建てにおいてよく使われている方法ですが、両建ては短期的に使うことも可能です。
例えば、レンジ相場で両建てを利用する方法があります。

一時的な反転(レンジ相場)での両建て

レンジ相場で両建てを活用するときには、まずサポートラインで跳ね返ったときに「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を持ちます
レジスタンスライン付近で反転したら、目標のpipsで「買い」ポジションのみを決済し、このときに同じpipsで「売り」ポジションの損切り注文を入れます。
こうすれば、相場が思うように動かなかった場合でも損失が出ることはありません。

もし予想通りに価格が下がってきてサポートラインで反転したら、「売り」ポジションを決済してプラスマイナスゼロにしましょう
これで、「買い」ポジションで得た利益をそのまま手にすることができます。

さらに、サポートラインをブレイクして下降トレンドに変わったら、「売り」ポジションをそのまま持ち続けましょう。
順調に価格が下落すれば、儲けをどんどん伸ばすことができます。
つまり、この方法は相場が上昇・下落のどちらに動いたとしても損失が出ないのです

 

指標トレードに両建てを使う方法

指標発表時の値動きに乗って利益を上げるトレードを指標トレードといい、両建てはこの指標トレードで活用することもできます。

やり方としては、まず指標発表の前に「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を持ちます。
そして、ロスカットとリミットを一定の幅で設定します。

こうすることで、片方のポジションはストップにかかるものの、値が動いた方向のポジションでは大きな利益を手にすることができます。

また、逆指値注文を利用する方法もよく知られています。
例えば指標発表前のレートが100.00円のときであれば、100.10円に逆指値買い注文、99.90円に逆指値売り注文をします。
そして、指標発表後にもしどちらかの方向に大きく動けばそこで儲けを得られます。

ただし注文レートで約定しなかったり「買い」と「売り」が両方ストップにかかったりする可能性もあるため、これは確実な方法ではありません。
損する可能性もあるということは理解しておきましょう。
指標発表時には短期間で値が大きく動くため、指標トレードはとても魅力的です。

しかし、指標の内容を事前に知ることはできません。そのため価格の動きを読むことができず、トレードには大きなリスクが付きまといます。

 

複数の通貨ペアで両建て

ここまでは、同じ通貨ペアで「買い」ポジションと「売り」ポジションを持つ両建てについてみてきました。
しかし、複数の通貨ペアで両建てを行うことも可能です。

通貨ペア

異なる通貨ペアを利用する場合、よく知られている方法が「強い上昇トレンドが発生している通貨ペアを買って、弱い下落トレンドが発生している通貨ペアを売る」というものです。
この方法ではその時々で最も大きな動きのある通貨ペアのトレンドに乗れるため、トレードに成功したときには大きな利益を見込めます。
さらに、急な反発があった場合にも損失を最小限に抑えられるのもメリットです

国内のFX会社では20種類ほどの通貨ペアしか取り扱っていない場合が多いですが、海外のFX会社であればより幅広い通貨ペアからの選択が可能です。
もちろん、両建てしたからといって簡単に利益を出せるほどFXは簡単ではありません。
両方の通貨ペアが毎日同じような動きをみせるということはなく、どんな通貨ペアを選んだとしても損をするリスクはあります。

両建てだからといって安心せずに、必ずチャートでサポートラインやレジスタンスラインを見極めることが大切です。

通貨ペアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください

最初の選択が肝心!FX初心者におすすめしたい3つの通貨ペア

 

両建てのデメリット

大きな含み損を抱えてしまう可能性

リスクヘッジになる両建てですが、正しく使えないと大きな含み損を抱えてしまうこともあります。
最も損を重ねやすいのが、含み損のあるポジションを一時的にカバーするために両建てを使ったときです。
これは俗に「フタをする」といわれています。

含み損があるポジションと逆のポジションを持てばそれ以降の損失が相殺されるのは、理論的には正しいといえます。
しかし、両建てした後に相場が大きく動くと、多くの人は含み益が出たポジションだけを決済します

その後に望む方向に相場が動けばいいのですが、多くの場合は残ったポジションの損失がどんどん膨らんでいきます。
こうして、両建てのための新たな資金と膨らんだ損失によって資金が底をついてしまうのです。

また、通貨ペアやトレンドの方向性、両建ての使い方によっては「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方が含み損となることもあります
FX初心者は「両建てだから損切りは必要ない」という認識を持っていることが多いですが、必ずしもそうとはいえません。
両建てだからといって過信することなく、どれくらいの含み損となっているのかを確認しながら適切な行動をとることが大切です。

 

使い方によっては取引手数料を支払うだけになる

両建てをするときに無視できないのが、取引手数料です。
たとえ利益と損失が相殺されてプラスマイナスゼロになっても、取引手数料は発生します。
さらに、ポジションを多く持つということは事実上の取引手数料であるスプレッドも多くなります

そのため、「リスクヘッジになるから」といってよく分からないままに両建てを行うと、最終的に取引手数料を支払っただけという結果にもなります。

まずは、両建ての使い方についての計画を入念に練ることが大切です。

 

両建てはすべてのFX会社でできない

リスクの大きい両建てはあまり推奨されていないため、FX会社によっては取り扱っていません。
また、両建てできるFX会社でもコストはそれぞれ大きく異なります。

 

  両建てではスプレッドの狭いFX会社が有利

両建てではポジションを2つ持つため、スプレッドコストが2倍になります。
そのため、損を重ねないためにはスプレッドコストについてより気を配らなくてはいけません。
両建てをするなら、スプレッドの狭いFX会社が望ましいです。

 

  証拠金の取り扱い方法は3パターン

両建てにおけるFX会社の証拠金の取り扱い方には、「両方のポジションに証拠金が必要」「片方のポジションに証拠金が必要」「相殺されるため証拠金は不要」の3パターンがあります。
両建てをするなら、両方のポジションに証拠金が必要なFX会社を選ぶのはあまり得策ではないといえます。
それに対し、片方のポジションに証拠金が必要なFX会社は、比較的有利です。

これらのFX会社では 両建てマックス方式を採用しており、「買い」の合計と「売り」の合計を算出したときに合計が多いポジションのみの証拠金が必要となります。
そして、両建てをする投資家に人気があるのは証拠金が必要ないFX会社です。

 

  慎重にFX会社を選ぼう

一昔前であれば両建てができないFX会社がほとんどでしたが、投資家から希望が多かったこともあり現在では多くのFX会社で両建てすることができます。
だからこそ、両建てするときには多くのFX会社の中から慎重に選ばなければいけません。
トレードで儲けを出すためには知識やスキルが必要なのはもちろんのことですが、FX会社選びも大切です。

 

FX初心者に両建ては難しい?

両建ては「損切りが必要ない」とされている手法であるため、両建てに詳しくないFX初心者にとってはとても魅力的な手法です。
しかし、両建ては非常に複雑で難しい手法の一つであり、安易に両建てに手を出したFX初心者が痛い目に合う例は少なくありません

両建てを使って効果的なトレードをするためには、十分な知識と経験、スキルが必要となるのです。
ちなみに、多くのFX会社では両建てを推奨していません。

両建てでは「買い」ポジションと「売り」ポジションの両方を保有することになりますが、経験の少ないFX初心者はポジション管理ができず、混乱してしまうことが多いからです。
また、両建てすることによってスプレッドも2倍になることも両建てを難しくする理由の1つです。
そのため両建てをするときには、まずは活用法や注意点について正しく理解する必要があります。

 

両建ては資金管理が大切!

両建てにおいて大切とされているのが資金管理です。
2つのポジションを同時にトレードするため、あまり計画性なくポジションを持ってしまうと逆に大きな損失につながりかねません。
さらに初心者の方には両建てした場合の決済タイミングで悩む方も多く、メンタル的にもつらい手法になってきます。

両建てを始める前に、まずは資金管理の考え方を改める必要があるかもしれません。
そこで、資金管理をより理解するために西原宏一氏の思考パターンセミナーDVD」をおすすめします!
たった29,000円元外資系金融機関のチーフトレーダーならではの資金の考え方や、トレード計画の立て方といった戦略的な部分まで網羅できます!

他にも購読者限定のトレードに使えるうれしい特典も!

西原宏一のシンプルFXトレード」の分からない部分が質問できる有料掲示板+メルマガ1ヶ月無料

「シンプルFX-PLUS」を有効活用するための有料掲示板+メルマガ1ヶ月無料

 

両建てを始める前に、プロの資金管理テクニックを理解しておけばメンタル面も安定して取引することができます。
一度はプロの取引思考を知っておきましょう!

西原宏一のトレード思考パターンセミナー

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はFXの手法、両建てについて紹介してきました。
両建ては「買い」と「売り」を同時にエントリーして、利益と損失を相殺することでリスクヘッジを目的とした手法です。

しかし、FX初心者にとって両建ては難しい手法であるため、いきなりチャレンジすることはおすすめしません。
トレードの腕が上がってきたら、十分に理解を深めたうえで両建てに挑戦してみてください。

 

取引ツールがおすすめのFX会社

FX会社 特徴

DMMFX
(詳細はこちら)

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

また、初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMOクリック証券 
(詳細はこちら)

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商
(詳細はこちら)

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

合わせて読みたい
ダカールさん仲値インタビュー

Dakarさんに聞きました!FXで仲値がこんなにも大切だったとは!

レートが上がるか下がるか!バイナリーオプションで利益をつかめ

レートが上がるか下がるか!バイナリーオプションで利益をつかめ!

南アフリカランドで取引しよう

スワップポイントをガッツリ狙え!南アフリカランドで取引しよう!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x