「三角持ち合い」でエントリーポイントを見つけよう!


 

 

チャートにはエントリーポイントや決済ポイントとなる、さまざまなサインが現れるんです。

今回はチャートサインの1つ三角持ち合いをご紹介します!

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。 「三角待ち合い」僕もチャートでチェックしています! まぁ、僕の性格は角がないんで丸くて優しいですが。

大輔くんの性格なんて、誰も興味ないわよ・・・。 早く「三角待ち合い」の説明に入りましょ。

え? リサさん、もっと僕に興味持ってくださいよ。

リサさん冷たいなぁ。

さて、気を取り直して、三角持ち合いはレンジ相場で力を発揮するチャートパターンで、P波動やトライアングルとも呼ばれています。

レンジ相場では値動きが限定的であるため、比較的規則的な動き方をするものです。

 

三角持ち合いの基本的な捉え方

三角持ち合いとは、三角形の形をした相場展開のことを指し、レンジ相場で重視されるチャートパターンです。

三角持ち合い

上昇または下降のトレンドラインと1本の水平ライン、または2本のトレンドラインによって構成されます。

レンジ相場では通常、ボックス相場と呼ばれる一定の値幅から動かない相場展開が見受けられることが多いでしょう。

三角持ち合いはその時々で角度が違ってくるため、それなりに意識を向けておかないとつい見逃してしまうため注意が必要です。

 

三角持ち合いだけで判断するとだましにあってしまうこともあるので、水平線やトレンドライン、ボリンジャーバンドなどと併用することを心がけましょう

だましとは、売買サインが出たのに、相場がその反対に動くことです。

1つの指標だけで判断をしてしまうと、予想外の動きをしたときに冷静に対処できなくなってしまうものです。

 

いくつかの指標を組み合わせて総合的に判断していく姿勢が大切だといえます。

そのためにも、三角持ち合いの性質をしっかりと理解して、使いこなせるようになることが重要です。

 

三角持ち合いで押さえておきたい3つのパターン

三角持ち合いは大きくわけて3つのパターンがあります。

まず、「上昇トレンドライン+レジスタンスライン」のパターンでは、高い確率で上昇する可能性があるといえるでしょう。

上昇トレンド+レジスタンス

チャートの下側のラインが上昇トレンドライン、上側がレジスタンスラインとしたときに間に挟まれた三角形の部分が三角保ち合いとなります。

特徴としては、時間の経過とともにレンジの幅が次第に狭まっていって、ローソク足の動きが鈍くなっていくのです。

最終的には、高い確率で上方向にブレイク(同じ価格帯を抜け出すこと)することになります。

 

「下降トレンドライン+サポートライン」のパターンは、逆三角形を形成するものであり、下降トレンドラインとサポートラインによって三角持ち合いが形作られます。

下降トレンド+サポート

このパターンの場合では、最終的には下方向にブレイクする確率が高いでしょう。

そして、「均等型」のパターンでは、どちらの方向にブレイクするのかの判断が難しいのが特徴です。

均衡型

この相場展開でポジションを取るなら、どちらの方向に動いていくのか根拠をしっかりと見つけていく必要があります。

明確な根拠が見つけられない場合には、しばらく様子を見てチャンスを狙うのが有効だといえるでしょう。

 

三角持ち合いは、しっかりとチャート分析を行うことによって、ブレイクするポイントを見つけやすいメリットがあります。

ただ、思惑とは反対方向にブレイクしてしまうこともあるので、資金管理を適切に行うようにしましょう。

 

予想通りに動かない一例としては、重要な経済指標が発表されるときなどです。

市場が情報を消化するまでにタイムラグが出てしまうため、相場が乱高下してしまうことがあります。

そうしたときは、安易にエントリーをしてしまうのではなく、しばらく様子見をすることも重要です。

 

どのような相場展開でも、三角持ち合いは3つのチャートパターンに集約されます。

チャート分析を行っても、3つのパターンがつかめない場合は、ラインの引き方が間違っていたり対象となる時間軸が短かったりすることに原因があるでしょう。

 

三角持ち合いかどうかの判断がつかないようなときは、他の指標を使ってみるなどして、さらに細かくチャート分析を行っていくことが大切です。

 

きれいな形の三角持ち合いが大切

三角持ち合いを利用して投資のチャンスを狙っていくためには、ブレイクするポイントをしっかりと見極めましょう。

そのために、三角持ち合いの形に注目をしてみるといいでしょう。

 

ラインに何度もタッチしている、きれいな形の三角持ち合いが形成されている場合は、すべての投資手法で有効だといえます。

三角持ち合いを有効に活用していくためには、まずはきれいな三角形を見つけることを心がけてください。

 

見極めるためのポイントはレジスタンスラインや上昇トレンドラインで何度も反発していることを確認する点です。

何度もラインにタッチ

反発を繰り返すことによって、ローソク足が上下で行き場をなくし、やがてブレイクを起こします。

 

レンジ内で何度も反発を繰り返しているということは、長い時間をかけて形成されたチャートであるといえるため、相場の根拠を見つけるうえでも有効に働くでしょう。

また、ほかの投資家もきれいな形の三角持ち合いを意識するため、チャートが基本通りに動きやすいといった特徴があります。

 

したがって、FXで投資を行うときはきれいな三角持ち合いが発生するのを待つと良いでしょう。

三角持ち合いのなかでも最もわかりやすいチャートパターンであるため、ほかの投資家の多くも意識するポイントです。

FXで勝ち続けていくためには、こういったわかりやすいチャートパターンを見逃さないことが重要だといえます。

 

スキャルピングでの注意点

スキャルピングを中心にトレードを行う場合は、三角持ち合いがブレイクした後の流れをあまり気にする必要はありません。

なぜなら、スキャルピングはとても短時間でポジションを決済してしまうため、ブレイク後にトレンドが発生するか、それとも「だまし」となるかは関係がないからです。

 

注意をしておきたい点は、まだ明確にブレイクをしていない段階で安易にポジションを持ってしまうことです。

スキャルピングでは、投資ルールを厳格に守ることが大切であるため、ブレイクポイントを正確に判断しましょう。

 

スキャルピングを行ううえで気をつけておきたい点は、重要な経済指標の発表時などではエントリーをしないことです。

スキャルピングは小さな値幅を何度も取っていくことが大切であるため、相場が上下に乱高下してしまうときは向いていません。

チャートの動きに振り回されてしまわないためにも、ポジション管理を適切に行うことが大切です。

 

デイトレードではブレイク後の押し目に注目する

スキャルピングとは異なり、デイトレードではポジションを比較的長く保有することになるため、チャート上の「だまし」には警戒をしておく必要があります。

まず気をつけておきたい点は、三角持ち合いをブレイクしたとしても、すぐに相場についていこうとしないことです。

 

ブレイクをしたからといってポジションを取ると、その後だましの発生に気づいたときに含み損を抱えた状態になる可能性があります。

上昇トレンドでは押し目を待ち、下降トレンドでは戻り目をしっかりと確認してからポジションを取るほうがいいかもしれませんね。

 

ただ、押し目や戻し目を待っていても、期待通りに巡ってこないこともあるでしょう。

三角持ち合いが形成されるまでの時間が長ければ長いほど、トレンドにも大きな勢いが出てくるためです。

 

そのような場合は無理をしてポジションを取ろうとせずに、次のサインが現れるまで待つことが大切になります。

トレンドには必ず終わりがあるので、次の三角持ち合いが形成されるまで様子を見ると良いでしょう。

 

スイングトレードでは戻し目でポジションを建てる

三角持ち合いのパターンを有効に活用していくためには、ブレイクをした後に押し目や戻し目をきちんと確認できるまで「待つ」ことが大切です。

ブレイク後の押し目を確認してからが本格的なスタートラインであり、その時点でポジションを持てば良いということです。

 

ブレイク後はそれまで三角持ち合いが形成されていたことによって、大きなエネルギーが溜まっています。

そのため、値動きが活発になるので押し目も頻繁に発生するので、焦る必要はありません。

仮に、ブレイク後に押し目とならずにラインを突き抜けてしまった場合はだましであるため、すぐに損切りを行いましょう。

 

数日~数週間をかけてトレードを行うスイングトレードでは、チャートが下落した後に一時的に上昇する「戻し目」を狙ってポジションを建ててみましょう。

スイングトレードはある程度大きな値幅を狙う必要があるので、相場の反発ポイントをよく見極める必要があります。

ただ、トレード手法にとらわれて安易にポジションを取ろうとしてしまうのではなく、明確なサインを確認できるまで様子見をすることも1つのポイントです。

 

エントリーのタイミングを逃さないOCO注文

OCO注文とは、新規で注文をする場合や決済注文を出すときに2種類の指値注文を出す方法のことを指します。

特徴としてはどちらか1つの注文が成立したときに、もう1つの注文が自動的にキャンセルされる点です。

 

三角持ち合いの相場展開であれば、ブレイク後の動きが不透明なときも往々にしてあります。

基本的には押し目や戻し目を確認してからエントリーするべきではあるものの、OCO注文を活用することでリスクを抑えて注文をすることが可能になるでしょう。

 

たとえば、現在価格が100円であった場合に「105円」と「95円」の決済注文を同時に入れたい場合にOCO注文を活用します。

この場合であれば、105円が利益確定のための指値注文(リミット)です。そして、損失を確定させる逆指値注文(ストップロス)が95円ということになります。

 

相場がどちらの方向に動いたとしても、利益を狙うと同時に損失も限定させることができるでしょう。

自分なりの損切りポイントをよく見極めたうえで、効果的に活用してみてください。

 

安値を切り上げていく三角持ち合い

三角持ち合いのなかでも、高値が一定の水準で安値を徐々に切り上げていく場合は、先行きに対して強気の三角持ち合いだと判断できます。

投資家が前回の安値まで下がるのを待ちきれずに買いポジションを持つため、安値が切り上がっていく構造です。

 

そして、高値と安値の幅が狭まってくると、やがて上方向にブレイクする可能性が高いといえます。

大事なポイントは、どれくらい長い時間をかけて三角持ち合いが形成されたかということです。

一般的に、三角保ち合いの期間が長ければ長いほどエネルギーを溜め込んでいるため、いったんブレイクすると1つの方向に動きやすいといった特徴を持っています。

 

高値が切り下がっていく三角持ち合い

安値を切り上げるパターンとは逆に、高値が切り下がっていく三角保ち合いもあります。

安値は一定のラインで底堅いものの、上昇する力が弱いため先行きに対して弱気な相場展開だといえるでしょう。

 

市場参加者から見れば、前回の高値まで上昇する可能性が低く、ポジションを決済しようとタイミングです。

特に、底堅く推移していたと思われていた安値が窓を開けたタイミングでは、一気に相場が崩れる可能性が高いといえます。

 

投資家が一斉に損切りを行ったり、新規で売り建てを行ったりする市場参加者も増えるので警戒が必要でしょう。

相場は上昇よりも下落のスピードのほうが速い傾向にあるため、いったん損切りを行うほうが無難です。

 

有効なラインを引くのは難易度が高い

三角持ち合いを判断するためのラインを引くのは、なかなか難しい部分があります。

基本的には、値幅の大きかった高値と安値を結んで有効なラインを引いていくものの、どの地点の値を取るかで三角形ができる形も角度も異なってしまうでしょう。

 

FX初心者の場合であれば、1本のラインで判断を行おうとせずに、何本もラインを引いていくなかで少しずつ精度を高めていきましょう。

相場はただランダムに動いているのではなく、その時々の投資家心理が色濃く反映されています。

水平線とトレンドラインを引くだけでも、サインを見つけやすくなります。

 

また、チャートを細かく分析していくと過去のレートが現在の相場展開に大きな影響を与えていることがわかるでしょう。

一定の水準で何度も高値が押さえつけられているような相場展開であれば、その高値をブレイクした段階で一気に相場が動くということもあります。

 

三角持ち合いのチャートを見つけるのが難しいと感じるときは、高値と安値で何度も反発しているところを軸に水平線を引いてみると、レンジ相場の1つの流れがわかるでしょう。

ポイントとしては、分足・時間足・日足ごとのチャートで同じようにラインを引いて見比べてみることです。

全体が同じような動きを見せているのであれば、ポジションを持つときの明確な根拠となるでしょう。

 

チャートに水平線を引くときには、レジスタンスラインとサポートラインを強く意識しておく必要があります。

レジスタンスラインは上値抵抗線とも呼ばれ、2回以上高値を抑えられた地点を結んだラインのことです。

レジスタンスライン

その一方で、サポートラインは2回以上安値が支えられたラインのことを指します。

強く意識されている水平線は機能し続けるため、流れに逆らわずにトレードをしていくことが大切になるでしょう。

サポートライン

また、有効だと思われる水平線にトレンドラインを追加してみると、さらに厳密な相場の動きを知ることができます。

トレンドは一定期間、同じ方向に相場が動いていく根拠となるので正確に捉えることが大切です。

 

有効なラインを引くためには、知識や経験が必要であるものの、まずは水平線の引き方を身につけてみましょう。

水平線はこれがなければトレードが成り立たないといえるほど重要なものであり、たった1本のラインを見逃してしまったばかりに大きな含み損を抱えてしまうといったこともあります。

テクニカル分析を行うときは、常にラインのことを意識してみてください。

 

ボリンジャーバンドを併用すると有効活用できる

三角持ち合いは2本のラインで相場展開を判断するものの、そこにボリンジャーバンドを加えるとさらに有効活用できます。

ボリンジャーバンドとは、移動平均線とその上下の値動きの幅を示す栓を加えたテクニカル指標のことです。

ボリンジャーバンド1

統計学を応用した手法であり、「価格の大半がこの帯(バンド)のなかに収まる」といったルールを基に活用します。

ボリンジャーバンドは高値と安値の幅が狭まり、エネルギーを溜め込んだ状態(スクイーズ)を見せます。

そして、上下のどちらかにブレイクするとバンドが上下に大きく広がり、価格がその動きに連動(バンドウォーク)するでしょう。

ボリンジャーバンド2

三角持ち合いでもバンドウォークでも、ブレイクポイントを見つけることが大切です。

ボリンジャーバンドを表示させて、さらに三角持ち合いの根拠となるラインを見つければ、今後の相場の流れを的確につかむことができるでしょう。

この手法はトレードスタイルに関係なく、どの場面でも応用ができるため基本を身につけておくことが大切です。

 

バンドウォークについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ!見極めるには?

 

バンドが収縮すると一定方向に相場は動き出す

ボリンジャーバンドの特徴として、バンドが収縮すると一定方向に相場が動き出すといった点があげられます。

1つのトレンドが発生したとき、「どこまで価格が上昇(下落)するのか?」という点を見極めるための1つの目安としてボリンジャーバンドを活用してみましょう。

 

ボリンジャーバンドを理解するうえで大切なことは、標準偏差に対する考えを把握しておくことが重要です。

特定の期間のデータが同時期の平均値からどの程度離れているかを示したものが標準偏差であり、単位として「σ(シグマ)」を用います。

1σを基準として倍にしたものが2σ、3倍が3σといった具合です。そして、平均値より下回る水準は「-1σ」といった風に表現します。

 

σ内に価格が収まる確率は以下の通りです。

・価格がプラスマイナス1σに収まる確率が68.2%

 

・プラスマイナス2σに収まる確率が95.4%

 

・プラスマイナス3σに収まる確率が99.7%です。

 

ボリンジャーバンドなどのオシレーター系の指標は「だまし」が発生することが多いため、ボリンジャーバンドのみを根拠として、エントリーするのは避けたほうが良いでしょう。

三角持ち合いなど、ほかの指標と併用して使うことを心がけましょう。

 

ボリンジャーバンドは順張りでポジションを取るときに有効に働くものであり、利益確定の目安を示してくれます。

今のタイミングで売買をするのが適切かどうかを判断する1つの基準として機能するものだといえるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

三角持ち合いはきれいな三角形が形成される場面を基本として、活用していくことが大切になります。

そして、ブレイク直後にエントリーをするのではなく、押し目や戻し目をしっかりと確認してから、ポジションを持つようにしましょう。

 

ブレイク後はだましが発生してしまうこともあるため、安易にエントリーをしてしまうのはリスクが高いといえます。

三角持ち合いだけで判断をせず、水平線やトレンドライン、ボリンジャーバンドなどを併用して判断してみてください。

チャートパターンの特徴をしっかりとつかむことで、損切りのポイントや利益確定のタイミングを明確にすることができます。

自分の投資ルールと合わせて、三角持ち合いを活用してみましょう!

FX会社 特徴

DMMFX (詳細はこちら)

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO (詳細はこちら)

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

  SBI FXトレード (詳細はこちら)

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。

合わせて読みたい
FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x