FX取引に必須!FX会社に担保として預ける証拠金について知っておこう


FXの証拠金について知っておこう!

 

 

「証拠金ってなに?」 「どうやって計算するの?」

そんな方もいらっしゃるでしょう。

こんにちは、FX勉強中の大輔です!
リサさん、今回は何を教えてくれるんですか?

そうねぇ・・・
証拠金についての説明と、証拠金維持率の計算方法について見ていきましょうか。

えっ、計算!?
ええと、サインコサインタンジェント・・・

三角関数なんて使わないわよ!
小学生レベルの計算だから、ちゃんと覚えてね。

掛け算割り算までなら、なんとかなります! さて、今回は証拠金について一緒に勉強していきましょう。

FX取引を行ううえで大切なのは資金管理です。 計画的に資金を活用しないと、相場が想定外の動きをしたときに身動きがとれず、あっという間にロスカットしてしまうでしょう。

資金管理を適切に行うために大切なのが証拠金です。 これからFX取引を行うことを検討している人は証拠金についての理解を深める必要があります。

そこで、この記事では証拠金の特徴や必要証拠金と有効証拠金の違い、証拠金維持率の計算方法などについて紹介していきます。

 

証拠金はFX取引のために必要な担保

証拠金とは、簡単にいうとFX取引を行ううえでFX会社に担保として預けるお金のことです。 FX取引は株式などの現物取引とは異なり、レバレッジをかけて自己資金以上に投資を行えます。 自己資金以上に投資ができる理由は、差金決済を用いているからです。

レバレッジ

差金決済とは、売買によって生じた損益の差額だけを元本に反映させる決済方法で、レバレッジを効かせた金融資産で主に利用されています。 たとえば、現物取引では元本100万円で1ドル100円のときに1万通貨を購入しようとした場合、元本が0円になってしまいます。 なぜなら、レバレッジの効かない現物取引で1ドル100円のときに1万通貨を購入するには、「100円×1万通貨=100万円」が必要だからです。

しかし、差金決済を用いるとレバレッジをかけた部分については元本からは引かれません。 たとえば、元本100万円で1ドル100円のときに1万通貨を購入しようとした場合、レバレッジを25倍に設定すれば4万円(100万円÷25倍)だけで取引が可能になります。 そして、この4万円に相当する金額のことを証拠金と呼ぶのです。

ただし、証拠金については決済するまで拘束されてしまいます。 そのため、このケースでは元本100万円から4万円が引かれた96万円で次のトレードを行わなければいけません。 つまり、保有している通貨数が増えれば増えるほど必要証拠金が大きくなり、使える元本は少なくなります。

元本が少なくなるということは、損失がでた際にFX会社が強制的に決済するロスカットが実行される危険性も高まるため、注意しなくてはいけません。 また、証拠金はレバレッジのかけかたによって同じ数量の取引でも異なる点にも気を付けましょう。

たとえば、1ドル100円のときに1万通貨を購入しようとした場合、レバレッジを10倍に設定すれば、必要な証拠金は10万円(100万円÷10倍)です。 一般的によくいわれるように、レバレッジを高く設定すると大きな金額の取引が可能になる反面、損失が大きくなる危険性もあります

一方で、必要な証拠金が少なくなる効果もあるため、ロスカットになりにくいということは覚えておきましょう。

レバレッジを高く設定したら一気に儲かりそう!

でも、それだけハイリスクにもなるわよ。
レバレッジは慎重に設定しましょうね。

FX会社によって証拠金の額は異なる

日本国内のFX会社のレバレッジは金融庁によって、25倍(2018年6月現在)までと制限されています。 過去においては50倍という時代もありましたが、高いレバレッジは借金を抱えてしまう人が出やすいという理由で、2011年8月からは現行水準が適用されているのです。

しかし、金融庁による25倍という制限はあくまで制限でしかありません。 つまり、25倍以内であれば問題ないということです。 そのため、FX会社のなかには最大倍率である25倍を適用せず、10倍までしかレバレッジを効かせられないところもあります。

また、証拠金は取引単位によっても左右される点には気を付けなければいけません。 単純に考えて1万通貨の取引と1000通貨の取引では、後者は前者の10分の1の証拠金でトレードが可能です。

1玉(利用するFX会社の最低取引単位のこと)当たりの取引数量はFX会社ごとによって異なります。 レバレッジの上限と1玉当たりの取引数量をFX会社が自由に決められるということは、必要証拠金もFX会社ごとによって異なるということです。

また、口座開設にあたって必要なお金のことを最低証拠金と呼びますが、これについてもFX会社によってまちまちです。 なかには、口座開設をしてもらうために最低証拠金を無料としているFX会社もあります。

 

必要証拠金と有効証拠金の違い

証拠金には「必要証拠金」「有効証拠金」というものがあります。 必要証拠金とは、実際のトレードに必要な証拠金のことです。 たとえば、1ドル100円のときに1万通貨を購入しようとした場合、レバレッジを25倍に設定すれば4万円部分が必要証拠金と呼ばれます。

一方で、有効証拠金とは残された証拠金にその時点で保有している通貨の評価額を加えたものです。

たとえば、レバレッジ25倍で元本が100万円、1ドル100円のときに1万通貨を購入した場合、その時点での有効証拠金は必要証拠金と同じ4万円となります。 その後、1ドル105円まで円安が進んだ場合、保有する通貨の時価評価額は105万円となり5万円高くなります。 つまり、有効証拠金は「4万円+5万円=9万円」に変わるのです。

また、必要証拠金はトレードした時点で確定するのに対して、有効証拠金は相場の変動に合わせて毎日変化します。 有効証拠金はロスカットの判定に影響する証拠金維持率の計算式に含まれていますので、注視しておかなければいけません。

実際の計算については、各FX会社が自動的に行ってくれるケースがほとんどなので、利用者はそれを確認するだけです。 しかし、システムによっては確認しにくいものもあるので、できるだけ分かりやすいFX会社を選ぶようにするとよいでしょう。

 

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率はロスカットに大きく影響するため、これからFX取引を始める人は必ず覚えておきましょう。 証拠金維持率とは実際の取引に対して取引証拠金が占めている割合のことです。

計算式は「有効証拠金÷必要証拠金×100」となっています。

証拠金図

たとえば、レバレッジ25倍で元本が100万円、1ドル100円のときに1万通貨を購入した場合を考えてみましょう。 このケースでは必要証拠金4万円、有効証拠金96万円(購入直後で相場の変動はないものとする)です。 計算式は「96万円÷4万円×100」となり、その結果2400%が証拠金維持率になります。

証拠金維持率は高ければ高いほど資金に余裕がある指標です。 複数の建玉(未決済の玉のこと)を保有したり、評価額が下がってしまったりすると証拠金維持率も低くなります。

証拠金維持率が100%を切るとその時点での口座の残高ではお金が足りず、マイナスになっているということです。 このような状態になると、口座に資金を追加で入れなければいけない「追証」と呼ばれる連絡がFX会社から来ることがあります。

ロスカットの水準は各FX会社によってまちまちですが、一般的には30%あたりに設定していることが多い傾向です。 ロスカットの水準が高ければ損失を出したときのマイナス分は少なくなります。

ただし、夜中に相場が急変動した場合など、臨機応変に対応できないときにロスカットされる可能性は高くなる点はデメリットです。

証拠金維持率について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

要注意!証拠金維持率の目安を知ってロスカット防止につなげる

 

自分なりのルールを守って投資をすることが肝心

FX取引には、決済までにかける時間によって「スキャルピング」「スイングトレード」などの取引手法があります。 それぞれの取引手法によって、一度に投資する金額も異なるでしょう。

証拠金は余裕をもっておいたほうがよいのは当然ですが、「どれぐらいあればよいか」という指標はありません。 なぜなら、投資スタイルによって人それぞれに異なるからです。 つまり、FX取引において大切なのは自分の投資ルールをしっかりと守っていくことだといえます。

一時的な相場の変動によって冷静さを失ってしまい、証拠金維持率のことを忘れてトレードすると知らない間にロスカットされてしまうかもしれません。 いつ、どんな状況であっても自分の投資スタイルを守り、証拠金について意識を向けておくことが重要です。

また、FX会社はスプレッド(実質的な取引手数料)スワップポイント(通貨間の金利差によって取引可能日に生じる差益または差損)などがそれぞれに異なります。

長期・短期それぞれの投資スタイルに合ったFX会社を選ぶようにしましょう。

スワップポイントについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

スワップポイントってどんな仕組み?コツコツ利益を積み上げよう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

証拠金とは、FX取引を行う上でFX会社に担保として預けるお金のことです。 FX会社によって証拠金の額は異なります。

証拠金には、実際のトレードに必要な「必要証拠金」と、残された証拠金にその時点で保有している通貨の評価額を加えたものである「有効証拠金」があります

証拠金のことをきちんと覚えて、FX取引にチャレンジしてみてくださいね。

合わせて読みたい
FXの始め方。始める手順や必要なものとは

FX始め方入門!最短3日で取引する手順と基礎知識を解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

ニュージーランドドルを解説

他国との連動制が勝利の鍵!?「ニュージーランドドル」を解説!

アイキャッチ 人民元

将来大化けするかも?複雑な特徴を持つ通貨「人民元」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x