FXスキャルピングの大敵スリッページを防ぐ2つのポイントを紹介!


スリッページのアイキャッチ

 

狙ったところとちがうレートで決済されてしまったんですけど!
結構儲かったと思ったのにちょっと損しちゃいましたよ……。

あら、それをスリッページっていうのよ。
でもちゃんとスリッページの対策方法もあるから、しっかり学んでいきましょう!

スリッページとは、取引をおこなった際に注文したはずのレートとちがうレートで約定してしまうことを言います。

スリッページが発生すると約定からズレた分利益の損失につながるため、スキャルピングといった小さな利幅を狙う短期取引においては死活問題になりかねません。

そこで今回は、スリッページが発生する原因から対策方法まで解説していきたいと思います!

▼スリッページの心配がいらないFX会社はこちら!▼

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
  • 10年連続約定率100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 東証一部上場企業で安心
FXプライムbyGMO
FXプライム byGMO
  • 「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で約定率100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 数少ないスキャルピング公認のFX会社

スリッページ(約定力)とは?

スリッページとは

スリッページ(約定力)とは、発注・決済したときの値と実際に約定(注文確定)したときの値がズレてしまうことをいい、「すべる」という言い方でも用いられます。

FXはFX会社を通じて取引をおこなうものですが、この取引の間に「注文をおこなう」⇒「注文をもとにFX会社がインターバンク市場へ同じ注文をおこなう」⇒「取引確定」という流れがあるためタイムラグが生じることがあるのです。

また、スリッページは相場が活発な時になると発生しやすくなります。

相場が活発ということは取引に参加している人が多い状態であり、取引の数が多い分注文が通りづらくなってしまうためスリッページが発生してしまいます。

約定がズレるということはスリッページによっては得するときもありますし、反対に損をすることもありますが、損失のデメリットを考えると歓迎されるものではありません。

短期取引に大きな影響を与えるスリッページ

スリッページ1日の取引量が多いトレーダーほど注意しなければいけません。

とくにスキャルピングやデイトレードといった短期取引手法を使った取引をおこなう方は、1日に何度も取引をおこなう分スリッページに気を付けましょう。

スキャルピングは小さな利益を積み上げる手法なので、たとえすべった数値が小さくてもスリッページが頻繁に続けば大きな損失につながります。

そのためスキャルピング等の短期取引をおこなう際は、スリッページで利益が左右されないFX会社で取引することが重要です。

スリッページを防ぐ方法その1:約定力が高いFX会社を選ぶ

スリッページにおける主な原因は、FX会社の約定力にあります。

そのため、約定力が高いということは、注文から約定までのスピードが速いのでスリッページが少なく、約定拒否も少ないことを表します。

トレーダーが望む価格とタイミングで取引ができているということを意味するので、約定力が高い会社ほど安心・安定した取引ができるといえますね。

また、スリッページの発生率や起こるタイミングはFX会社によって異なるため、スリッページによるリスクを減らすためにも、複数の口座を作っておくこともおすすめします。
それぞれのFX会社のスリッページが起こるタイミングなどを把握して、状況に応じて使い分けるのも最適です。
それでは、約定力の高いFX会社を詳しく紹介していきます。

マネーパートナーズ(100通貨から取引可能)

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは、外部機関に調査を依頼しており、サーバーの強化にも力をいれています

複数のFX会社を対象にした調査では、スリッページ発生率0%で「すべらない約定率」第1位を獲得!
調査結果は公式サイトでも公表しており、確認することができますよ。

また、100通貨(約400円※)から取引できるので、少額から取引したい場合にもおすすめです。
※レバレッジ最大25倍設定時

FXプライムbyGMO(1,000通貨取引)

FXプライムbyGMO

口座開設者の半数以上が初心者というFXプライムbyGMO。
こちらも外部機関に約定力の調査を依頼しており、調査結果を公表しています。
約定率は100%で、スキャルピングにもおすすめです。
講師による無料のオンラインセミナーもあり、直接チャットで質問できるのも魅力の一つです。

スリッページを防ぐ方法その2:許容範囲を設定しておく

FX会社によって違いはありますが、スリッページの許容範囲を自由に設定することができます。
多くの場合、取引画面の「スリッページ設定」というところで設定が可能です。

「○(任意の数値)×0.1pips」というふうに設定できます。
ここで設定を「10×0.1pips」にすれば、1pips(10×0.1)までのスリッページを許容するということになります。

この設定によって、上下1pipsまでのスリッページなら約定し、1pips以上の場合は約定しないようにできます。

スリッページはどの範囲で設定するのが適切か?

スリッページの設定

スリッページの許容範囲は自由に設定ができますが、どのくらいの範囲で設定するべきなのかは投資金額やレバレッジ、投資スタイルや相場状況などによっても異なります。

スリッページの設定例
  • スキャルピングの場合・・・0.3~0.5pips
  • スイングトレードや今の取引を必ず約定させたい場合・・・5pips
  • 値動きの激しい相場で取引する場合・・・5~10pips

とくに1pipsの差が大きな影響を及ぼすスキャルピングでは必ず許容範囲を設定しましょう。

仮にドル円取引で0.5pipsすべってしまった場合、スプレッドの0.3pipsと合わせて0.8pipsを超えなければならないため、非常に不利な取引になってしまいます。

その他の投資スタイルでは、値動きが小さい場合は0pips近くのできるだけ小さな数値を設定しておくとよいでしょう。
ちなみに、スリッページはゼロに設定することも可能です。

じゃあ、スリッページはゼロにしておけばいいんですね!

でも、ゼロにしておくと注文した価格以外では約定しないことになるわ。
値動きが激しいときはまったく約定しないなんてこともあるし。
状況に合わせて設定を変えてね。


とくに、大きく相場が動いていて早く決済しないと損失が大きくなってしまうような場合には、スリッページゼロにしているといつまでも約定できなくなります。

相場の値動きが大きいとき、許容スリッページは5~10pips程度の大きめの値にしておくのがおすすめです。

許容範囲の数値はあくまで目安なので、一度許容範囲を設定してしまえばあとは安心というものではありません。

取引スタイルや相場の状況に応じて、柔軟に変えていくことが大切です。

逆指値注文ではスリッページが効かないこともある

チャートをしっかり見る

逆指値注文はあらかじめ指定した価格以上になったときに買い、価格以下になったときに売る注文です。
その条件を満たしたときに配信されるレートで約定するため、スリッページが生じます。
これを「逆指値が滑る」ともいいます。
逆指値注文はストップロス注文とも呼ばれ、主に損切りのために行われる注文です。

ストップロス注文は損失を大きくしないために行うもので、約定させることそのものが重要になる注文ですから、許容スリッページに関わらず指定された条件を満たせば約定することになります。
逆指値注文にはスリッページ設定が効かないというよりも、設定をしても意味がないといったほうが正確かもしれません。

スリッページを意識し過ぎるのもよくない

スリッページ設定は損失を防ぐために重要なポイントですが、スリッページを意識し過ぎるのもあまりよくありません。
スリッページのような細かな値幅にこだわり過ぎてしまうと、ポジションを建てるタイミングを失いがちです。

スリッページで損をしたくないからといって、スリッページゼロにこだわり過ぎてしまうと、逆に利益を上げるチャンスを失うことにもなりかねません。
スリッページに注意しておくことは大切ですが、ある程度の許容範囲をもっておくことも大切です。

スリッページの重要性は、投資スタイルによっても異なります。
スキャルピングや、デイトレードなど短期間に何度も取引を繰り返すようなスタイルの投資では、利益に直結するため重要度が高くなります。
しかしスイングトレードや長期トレードでは利幅(利益の大きさ)も大きくなるため、スリッページの重要度は低くなります。
自分の投資スタイルによって、スリッページ対策をおこなっていきましょう。

まとめ

スリッページはFXにおいて、とくにスキャルピングをおこなうときに影響を受けます。
しかし許容範囲を設定することで、スリッページによる損失を防ぐことが可能です。

ただしスリッページの主な原因はFX会社のサーバー処理能力が影響しているため、現状のFX会社でスリッページがつらいというのであれば、まずはFX会社を変えてみるべきだと思います。

さらにスリッページの具合はあくまで利用者の体感でしか測れないため、まずはスリッページが少ないとされる口座を実際に試して、問題ない口座か比較していくことをおすすめします。

▼スリッページの心配がいらないFX会社はこちら!▼

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
  • 10年連続約定率100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 東証一部上場企業で安心
FXプライムbyGMO
FXプライム byGMO
  • 「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で約定力100%,スリッページなし※2018年矢野経済研究所調査
  • 数少ないスキャルピング公認のFX会社

 

合わせて読みたい
FX初心者が最初に知っておきたい基礎知識

FXってなに?投資初心者が稼ぐために必ず見るべき入門基礎知識

FX会社の比較

FX会社は何を比較するべき?初心者おすすめFX会社の選び方とコツ

FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x